2017年04月29日

20年後の悲惨な未来『T2 トレインスポッティング』



 20年前の1996年といえば単館公開映画全盛の年でラインナップをあげるだけでもゾクゾクする。『ユージュアル・サスペクツ』『イル・ポスティーノ』『デッドマン・ウォーキング』『天使の涙』『スワロウテイル』『キッズ・リターン』そして『シベリア超特急』(笑)その中でも『トレインスポッティング』は別格であり、特別であった。当時、職なし金なし彼女もなしのどん底人生(あれ?今とあんまり変わってないな)だった俺はスコットランド・エディンバラで職、金、希望、何もないがドラッグだけはあるというジャンキーたちが「人生を選べ、未来を選べ」と無限の選択肢があるように嘯きヘロインを決めている様子を見て、ドラッグはアネトン咳止めシロップぐらいしか決めたことないくせに、ビョーキ野郎になった気分でいた。そんな映画の20年ぶりの続編は物語も登場人物もそして観客の俺もきっちり20年過ぎていた。

 本作は映画『トレインスポッティング』の続編であり、原作者アーヴィン・ウェルシュの『トレインスポッティング ポルノ』(原作本『トレインスポッティング』の続編)をベースにしている。だがこの本は「原作の続編」ではなく「映画の続編」だ。映画『トレインスポッティング』のラスト、コカインを売って大儲けした金を持ち逃げしたレントン(ユアン・マクレガー)は気のいい友人のスパッド(ユエン・ブレムナー)にだけは分前をコインロッカーに残した。原作では単にスパッドのことを気にかけただけで金は渡さなかったのだが、映画を見てラストの改変を気に入ったウェルシュが映画のオチを公式に採用して書かれたのが『トレインスポッティング ポルノ』だ。『T2 トレインスポッティング』は原作本『~ポルノ』、映画のオチを採用した続編(ややこしい)。

 レントンはオランダ・アムステルダムで持ち逃げした金を元に事業をしていたが、会社は潰れ、妻に追い出され、健康面にも不安が残る。20年ぶりに実家に帰ってくるが母親は他界、老いた父は母親の願いでレントンの部屋をそのままにしておいていた。何も変わっていない部屋でレコードに針を落とす(イギー・ポップの『Lust for Life』!)が変わり果てた自分にぞっとして針を戻す。
 自分が裏切ったかつての友人たちも変わり果てていた。シック・ボーイ(ジョニー・リー・ミラー)は叔母から譲り受けたパブの経営者になっていたが、新しい恋人ベロニカ(アンジェラ・ネディヤコバ)をつかって強請りに精を出す日々。スパッドは恋人のゲイル(シャーリー・ヘンダーソン)と結婚し、息子も産まれていたがサマータイムの導入が理解できず(マヌケすぎ!)遅刻つづきで仕事を首に。自暴自棄になった彼はまたドラッグ漬けになって自殺未遂を起こす。アル中の暴れん坊ベグビー(ロバート・カーライル)は殺人の罪で服役中だが、保釈が下りなかったことから脱獄。息子を誘ってコソドロを始めるが大学にいってホテルの経営を学んでいる息子は「オヤジの仕事には興味がもてない」と反発。大学だの、ホテル経営だの、ベグビーには当然理解できない。

 20年前はノーフューチャー!とばかりに好き放題に青春を謳歌し、それでもいくらでも選択肢はある、人生を選べる!といっていた連中を待っていた未来がコレ?金も仕事も女もない、あるのはドラッグとちっぽけな友情だけだった…あまりに悲惨すぎる20年後に涙するしかない。役者もみーんな年取って髪の毛は薄くなって禿げ上がり、少し走るだけで息が上がる。前作の象徴的な万引きの追っ手から逃げる疾走パートはもう再現できない!ドラッグなんて遊び程度にやって、きちんと就職のための勉強をしていたレントンの女友達、ダイアン(ケリー・マクドナルド)が弁護士になってバリバリ働いていて、しょぼくれたレントンに愛想尽かすところとかもう見ていられない。一体どうしてこうなっちまったんだ!俺たちの20年間はなんだったんだ!?
 やがてレントンは怒り狂うベグビーと再会する。20年ぶりのツケを精算しなくてはならないから。クライマックスもやはり原作とは違う結末が待っている。

 20年後に、同じ役者とスタッフで続編がつくられた意味のある内容だ。最近は80年代の映画ですらノスタルジーだといってリブートされる時代だが、大抵は単なるビジネス以上の理由がなかったりする。『T2 トレインスポッティング』は他のどの映画とも違う、20年後だからこそつくられた意味のある続編だ。俺たちは20年後の今も人生を、未来を選ぶ。どんなに悲惨でも。


これがラストにかかって一作目とつながってエンドロール

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:36Comments(0)映画

2017年04月28日

たちまちあふれる

 MUTEKIデビュー予定の仲村みうちゃんの表ジャケ写とタイトルが発表されたよ。




Fade In 仲村みう

全国の皆様お待たせしました!人気絶頂で引退した伝説のグラビア女王【仲村みう】が満を持してMUTEKIデビュー!イメージビデオ、写真集もトップセールスを記録し、今なお復活を求める声が多い彼女が遂に期待にこたえてくれました!スレンダー極上ボディのヌードの先の秘部解禁!ディープキス、クンニ、生フェラ!それ以上のスケベなことやっちゃってます!感度良好SSS級グラビアアイドルの一本限定出演の永久保存版!!

https://www.mutekimuteki.com/works/tek092/

 また一本限定か…「スレンダー極上ボディのヌードの先の秘部解禁!ディープキス、クンニ、生フェラ!それ以上のスケベなことやっちゃってます!」とあるけど、モロにしちゃっているのかどうかの表現を避けているのが気になるところ。夢川エマちゃんは解禁て書いてあったのに。しかし期待度大であることは間違いない。
 タイトルの『Fade In』はグラドル引退直前に出したDVD『Fade Out』のアンサーってことなんだろうけど、勇者ライディーンを思い出すな。たちまちあふれる神秘の◯◯か…

  


Posted by 縛りやトーマス at 12:39Comments(0)アイドルMUTEKIAV仲村みう

2017年04月28日

正義か悪かウルトラマンジード

 7月から放送されるウルトラマンシリーズの新作、『ウルトラマンジード』のメインスタッフ、キャストが発表。主役のジード役には濱田龍臣。メイン監督はおなじみ坂本浩一、シリーズ構成は乙一という布陣。

ウルトラマンジード公式
http://m-78.jp/geed/teaser.php

 主役の濱田龍臣は『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』にジャンボットを操る少年・ナオ役で出演していたが、この度ウルトラマンとしてシリーズに帰ってきた!しかも史上最年少、16歳のウルトラマンだ。しかも設定は最凶の悪役、ベリアルの息子という設定で嫌でもウルトラマンゼロと戦う宿命なのだろう。しかしこれは悪役なのか?正義の味方なのか?
 シリーズ構成には特撮関係では初起用と思われる乙一で、よりダークな物語になることが予想され、今までのウルトラシリーズとは一線を画する予感だ。あまり挑戦的な企画をやらないイメージのある円谷プロも2017年は変革の年なのか!?




  


Posted by 縛りやトーマス at 01:20Comments(0)特撮・ヒーロー

2017年04月26日

コレジャナイ『ゴースト・イン・ザ・シェル』



 ネットに脳から直接アクセスする「電脳化」そして「義体化」と呼ばれるサイボーグ技術の発達により高度な進化を遂げた近未来。人間と機械の境目が曖昧になった時代では「果たして自分は人間なのか?機械に『お前は人間だ』という夢を見させられているだけではないのか?」という問題が起こった。人は機械と区別するために自我や意識を指す「ゴースト」という概念を用いるようになった。
 士郎正宗の原作漫画を劇場用アニメにした『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は日本での興行成績はイマイチだったが、アメリカのビルボード週間売り上げで一位を記録したことなどでカッコイイ日本のアニメ、「ジャパニメーション」という言葉が広く知られるきっかけにもなった。

 現実と夢の境目が曖昧になるテーマに取り憑かれている押井守はさすが原作のテーマを理解していたが、今回製作されたハリウッド実写版では押井守による劇場アニメ版の「人形使い」といったキャラクターやテーマは大衆には難しすぎると判断したのか、主人公の少佐(スカーレット・ヨハンソン)が所属する公安9課は単にサイバーテロ犯罪と戦う正義の部隊のような表現をされてしまっている(実際は表に出すことができない汚れ仕事を請け負う組織)。
 少佐は過去に事故にあって両親を亡くし、全身義体化することで生き延びたという設定にされ、原作や押井のアニメではその正体は定かではない(神山健治による連続アニメ版では過去が語られる)のだが、ハリウッド版では安っぽい正体や過去が設定され、興ざめ。
 『ブレードランナー』を背伸びさせたような未来都市のビジュアルはちっとも魅力的でなく、公安9課の課長・荒巻にキャスティングされたビートたけしは全員が英語を話している中、堂々と日本語を話す。スタッフは「電脳化の発達によって違う言語でも瞬時に脳内で変換される」といった苦しい言い訳をしている。『攻殻機動隊』の下敷きになった『ブレードランナー』では人種、言語の違う人間が混在しており、シティ・スピークといった独自の言語も登場していたことに比べても進化どころか退化してるじゃないか。
 ビートたけしは日本のマンガ、アニメ作品が実写化された際「実写版というのは必ず、コミックやアニメに負けてファンから『こうじゃない』と文句を言われるのが定説」として本作を「初めて成功した実写化」と胸を張るが、この『ゴースト・イン・ザ・シェル』が明らかに定説ですよ!いつものわけのわからない日本描写もあるしね。墓石にでっかく『命』って彫ってあるのを見た時は腰が砕けた。たけし怒れよ!「ファッキンジャップぐらいわかるよバカヤロー!」って引き金を引いいてほしかった。僕らが見たかった攻殻はコレジャナイ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 11:19Comments(0)映画漫画

2017年04月25日

元国民的アイドルグループの低レベル化

 マキシングからデビューした紗凪美羽は「元グラビアアイドル」という肩書だったんだけど、実は元AKBでもあるそうで。

AKB48に半月在籍していた坂田涼が紗凪美羽としてAVデビューしていた
http://minkch.com/archives/20664.html#more-20664

 第3期追加メンバーオーディションに合格して候補生になったが2週間で辞退という、さすがにこれで「元国民的アイドルグループ」と称するのはメーカーも憚ったのか。ルックス、ボディ的にもイマイチで見る気も起きなかったので放置したんだけど。
 やまぐちりこ、や橘梨紗といったレジェンド級女優を排出したのも遠い過去。元AKBもAV業界ではすでに出がらしですな。




  


Posted by 縛りやトーマス at 07:55Comments(0)AKB48AV