2018年12月17日

SFポリス・ストーリー『ポリス・ストーリー/REBORN』



 ポリス・ストーリーユニバース10周年!
 …と日本の映画会社が勝手につけた煽り文句も勇ましいジャッキー・チェン主演最新作。直接関係しているシリーズは1985年の『ポリス・ストーリー/香港国際警察』からはじまって88年の『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』、92年『ポリス・ストーリー3』、96年の『ファイナル・プロジェクト』4作品だ。
 93年の『新ポリス・ストーリー』、2004年の『香港国際警察/NEW POLICE STORY』なんかは直接の続編でもなんでもなく、日本の映画会社がジャッキーが刑事役だから、という理由で勝手にシリーズにしているだけ。そう、この『ポリス・ストーリー/REBORN』も続編ではない!ややこしい!ただし、本作には主題歌としてあの“英雄故事”を新録版で採用している。あの

♪パンチーンゴー ンガァンホンチー ペンチョッ ヤッサンチィ
ラゥホンヒュッ チョンチャクサム チョィチャム ダァイーイ~

♪クヮボゥセェン ワンセェンゴ イゥホゥィセ~ メンチ!



 でおなじみの英雄故事は初代ポリス・ストーリーの主題歌としてジャッキー自らが熱唱して話題に。その英雄故事を本作主題歌にしているのだから、これはもう本編のシリーズと解釈してもいいのではないか。

 しかし本編シリーズとは実質無関係といっても「ジャッキー主演作」の看板を掲げる以上、ド派手なアクション、危険なスタント、超絶カンフーに挑むジャッキーが見られるはず!

 今回ジャッキーが演じるのは国際捜査官リン。白血病で危篤に陥った娘シーシーが気になるが、遺伝学者ジェームズ博士の護衛のために駆り出される。博士は武器商人のために生化学兵器を無理やりつくらされており、その実験体だったアンドレと彼が率いるハイテク武装集団に命を狙われていた。

 このハイテク武装集団が黒いプロテクターに身を包み、ジャッキーたちに襲い掛かる!アンドレは全身真っ青肌で血管が浮き出た、どうみても化け物…彼らは博士を攫おうとするもジャッキーの奮戦により無事博士は守られた。が、ジャッキーは現場で爆死!娘も病院で息を引き取る!
 絶望すぎる冒頭から13年後、舞台はオーストラリア。女子大生ナンシーを付け回す謎のハッカー、彼女の命を狙うアンドレ、そしてナンシーを守ろうとする覆面の男が3つ巴のバトルを繰り広げる。覆面の男は死んだと思われていたジャッキーで、彼はナンシーをひそかに見守っていた。ナンシーは死んだと思われたがジェームズ博士の発明、人工心臓によって命を救われたシーシーで、細菌兵器に冒され死期が迫っているアンドレは彼女の心臓から流れる血液を利用して生き永らえようとしていた!攫われたナンシーを救うべく、アンドレのアジトである空中戦艦にのりこむジャッキー…ってちょっと待て!空中戦艦ってなに!!

 もはやポリス・ストーリーとはかけ離れすぎたSF映画じゃないですか!というのも仕方がない。本作は中国資本で作られており、監督のレオ・チャンは中国出身だし、ハッカー役のショウ・ルオとナンシー役のオーヤン・ナナは台湾出身。ちなみにオーヤンは日本でも有名な歌手、欧陽菲菲の姪!悪役を演じているのはオーストラリアで活躍するカラン・マルヴェイとテス・ハウブリック。これは中国資本で作られ、世界中から様々なニューフェイスを集めてつくられたSF映画というコンセプトだったのだ。
 日本がポリス・ストーリーという名前にこだわりすぎて予告編もそれらしく作られていたが、海外版予告編ではSF映画としてつくられていたので、海外の観客は違和感がなかったろう…



 トンデモSF映画になった上に、65歳のジャッキーはアクションの後に息を切らしたり、ぜえぜえ言いながら駆けずり回ったり、今までは染めていた白髪もそのままにしている。かつてのファンはちょっとショックなんだけど、老いていることをあえて隠さずに、「僕はもう年なんだよ…」と言いながらスタントなしのアクションに挑んでいるわけ。さすがに全盛期のスピードはもう出せないが、65歳のジャッキーができるアクションに限界まで挑むのだ。こんなに動ける65歳、他にいる?シドニーのオペラハウスから滑り落ちてたよ!できねえよ!65歳で!
 ジャッキーは不死身だ!!誇り高い男は全力でぶつかる!

  


Posted by 縛りやトーマス at 09:09Comments(0)映画

2018年12月16日

ヤバい黒パンツ

 14日にスクウェア・エニックスのスマホゲーム『シノアリス(SINoALICE)』の公式生放送番組「生SINoALICE 〜来たれ!それは最悪のクリスマスSP プレゼント盛り沢山ダヨ〜」がニコニコで配信され、ゲーム内でキャラクターの声をあてている内田真礼、三瓶由布子、喜多村英梨さんが出演していたのですが、その最中にうっかりパンツが写ってしまう事案が発生!しかも黒!さすがに画像を貼るのは憚られるので、みなさん個人で画像検索してください!!

 まれいたそ演じるキャラクター、グレーテルは青年なんだけど女性物の黒パンツ履いている設定なので「キャラの設定に合わせて黒パンツにしたのか、さすがだな」と称賛のコメントが相次いでいます。



 動画ではパンチラ直後に出演者のマフィア梶田(『シン・ゴジラ』で石原さとみのボディガードやってた人)が眉間を指で押さえるというナイスリアクションをしており、『ポプテピピック』あたりでいじられないかな~
 かつては個撮アイドルとして人気を博しており、黒々とした噂のある内田真礼さんが仕事用に黒パンツを履くというのは、いろいろと匂わせてくれますね…

せっかくなので天使のように可愛い内田真礼さんの画像貼っておきますね

  


Posted by 縛りやトーマス at 12:14Comments(0)声優

2018年12月14日

ハリウッドデビューの被害者たち

 日本の女優がハリウッドデビュー…この言葉に我々(誰だよ)は何度となく騙されてきた。騙されても騙されても犠牲者は次々と現れた。振り込め詐欺の被害者のように。

 松田聖子が『アルマゲドン』で「私はショッピングに行きたいの!」と叫び、北川景子が『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』にどこに映ってるのかもわからないぐらいの出演だったり、森川美穂が飛行機で渡米するところまで激写されたのに、「カジノの客」という扱いだった『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』とか…

 そんな被害者たちの姿を見ても懲りずにハリウッドデビューを果たす女優たちがまた現れるのだ。そしてあらたな被害者が誕生したぞ!

山崎紘菜、実写映画「モンスターハンター」でハリウッドデビュー!
https://eiga.com/news/20181213/3/

 ポール・W・S・アンダーソンの『モンスターハンター』で山崎紘菜がハリウッドデビュー!山崎といえばTOHOシネマズに映画観に行ったら必ず出てくるあの子で、それ以外に何をしているのか思い出せない女優ですがな。おめでとう。ついに代表作ができたぞ。
 ちなみに山崎が演じるのは受付嬢ことハンドラー。モンハンシリーズにはギルドガールズとか受付嬢というキャラがいるけど、ハンドラーってのは今年発売されたPS4の『モンスターハンター:ワールド』に登場する受付嬢らしい。らしいっていうのは、僕はモンハンやったことないのでよく知らない。僕はラブプラスで忙しかったんだよ
 なのでネットで検索したら、悪口いっぱい書かれててすげえ不人気キャラなんだけど…そんな不人気キャラを押し付けるなよ!アンダーソン!!バイオシリーズで中島美嘉やローラを出したりしていて、アンダーソンは日本が大好きなんだな、と思ってたらこの扱い。


>山崎が演じることになったのは、ゲームではステージ、モンスターについてプレイヤーに説明をしてくれるハンドラー(受付嬢)だ。「ハンドラーという役はゲームで実在するキャラクターでファンがたくさんいるので期待を裏切らないように演じられたらと思います」と胸中を吐露


 ファンがたくさんいる受付嬢の中でも不人気キャラを押し付けられちゃったのに健気なコメントをして、かわいそうになってきた。このまま新たな被害者になってしまうのか、「実写になったら意外と可愛かった」と土壇場の逆転ホームランを放つのか、山崎紘菜の明日はどっちだ!?



  


Posted by 縛りやトーマス at 20:47Comments(0)映画ゲームネット

2018年12月13日

俺のおかげでヒットした!自画自賛だらけの前田有一

 今年最大の話題作『カメラを止めるな!』のレンタルがついに始まり、この機会にはじめて作品を観た、という人が次々と感想をSNSに書き込んで第二次ポンデミックというべき状況になっています。



 この作品は一般のファン以外にも評論家やライターの人たちが仕事、利益度外視で「この映画、とにかく面白いから観てくれ!」とSNSなどで情報を拡散して、噂が噂を呼ぶ形で人気が広まっていったことも話題になった。鑑賞済みの人たちがなんとかネタバレを避けようとして苦労しながらSNSに書き込んでいるのはおかしかった。今年は他にも『若おかみは小学生!』なども同様で、「全然メジャーではないけれど、とにかく面白いので観てくれ!」と誰に頼まれたわけでもなく、お金が入るわけでもないのに仕事で映画を観る人たちが無償の愛を捧げていた。それぐらいの魅力があったわけだ。

 ところが世の中には無償の愛なんて捧げたくもない、仕事と金のことだけ考えて映画の話題でバズりたい、と考える人もいる。言うまでもないが自称映画批評家の前田有一のことである。

 現在大ヒット中の『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットを公開当初から予想していたという前田有一は「前田が褒めれば20億円が上積みされるといわれています」などとのたまう。

https://twitter.com/maedayuichi_/status/1069814769593401344

映画批評家 前田有一
‏ @maedayuichi_

映画業界の未来を的確に予言している前田氏でーす
前田が褒めれば20億円が上積みされるといわれています。まさに福の神

>公開当初からこのブームを予測していた映画批評家の前田有一氏



 公開前ではなく公開当初というのもアホらしいが、大体『ボヘミアン・ラプソディ』のブームなんて誰でも予想できるわ!しかも俺が褒めたおかげでヒットしていると言わんばかりの自画自賛。こいつが『ボヘミアン・ラプソディ』がらみでバズり、サイトへのアクセス増加をせこく目論んでいるのはいうまでもないが、前田有一の頭にあるのはブームが予測できる俺はスゴイ批評家だ、というアピールだけ。仕事も何も関係ないけど、面白い映画を観客に観てほしい、という意識はさらさらなく、ただ自画自賛と俺はスゴイというアピールがあるだけなのだ。

 この人ぐらいだよ、「俺のおかげでヒットした」的な意見を拡散する評論家って。


  


Posted by 縛りやトーマス at 20:45Comments(1)映画お前は何を言っているんだ

2018年12月11日

リアル大人の鬼ごっこ『TAG タグ』



 一年のうち5月の一か月間かけて少年たちは鬼ごっこを楽しんだ。最後に鬼になった者は一年間負け犬呼ばわりされるのだ。彼らは翌年にも同じことをやった。それを…30年間続けた!と、いう事実の実写化『TAG タグ』を観た(AmazonプライムやTSUTAYAで観られます)
 これはウォールストリート・ジャーナルに掲載されたワシントン・スポケーンで鬼ごっこを約30年続けている10人の男たちを取材した記事が元になっている。DVDに収録されたメイキングでは男たちが本気の鬼ごっこを繰り広げる様子が収められている。「タッチ返しは禁止」「鬼か?と尋ねられたら迅速に答えなければならない」と明確なルールがつくられ、一か月にわたって行われるのでいついかなる時も隙は見せられない

 ゴルフを楽しんでいるところにカートに乗って接近、タッチ!「お前が鬼だ!」
 シャワーを浴びている時にやってきてタッチ!「お前が鬼だぞ!」
 野球の観戦をしているところにマスコットキャラの着ぐるみでやってきてタッチ!「今度はお前だ!」

 この光景はまるで命がけでバカな行為に挑む『ジャッカス』みたい。この人たち、すげえバカ。だけどタッチされた方も想像もしていない手段やタイミングでやってくる鬼にタッチされて爆笑。
 この時点ですでに面白いけど、映画版はこの事実をさらに面白くアレンジしている。鬼ごっこをしていた5人のうち、今は大企業の社長として成功しているキャラハン(『ベイビー・ドライバー』のジョン・ハム)が雑誌のインタビューを受けていると、掃除のおじさんがやってきて、「ターッチ!お前が鬼だぞ!」それは鬼ごっこ仲間のホーガン(演じるは『ハングオーバー!』シリーズの歯科医役でおなじみ、エド・ヘルムズ)だった!この後、キャラハンが部屋のガラスを椅子でたたき割ろうとして失敗するシーン、爆笑。
 二人は他の仲間、マリファナ中毒のチリ(『21ジャンプストリート』『LEGOムービー』のジェイク・ジョンソン)、精神科医のカウンセリングを受けている最中のケヴィン(ハンニバル・ブレス)と団結してジェリーを今度こそ鬼にしようと企む。
 ジェリーは29年間、鬼になったことが一度もない最強の男で、ホーガンたちは節目の年である30年目こそヤツを鬼にして鬼ごっこを終えようというのだ。このジェリー役が『アベンジャーズ』シリーズのホークアイ、ジェレミー・レナー!彼はホーガンたちが迫ってもスローモーションでひょいひょいタッチしてくる手を交わし、パルクールを駆使し二階から飛び降りて逃げ切ってしまう。この飛び降りる場面で失敗してレナーは両腕を骨折、以後はギプスを嵌めたまま撮影したので本編ではCG処理したそうだ。『アベンジャーズ』や『ミッション・インポッシブル』ならまだしも、鬼ごっこ映画で骨折するなよ!レナー、どこで本気出してんだ…

 そんな大人のリアルすぎる鬼ごっこは口の悪すぎるホーガンの妻や鬼ごっこ仲間に入れて欲しいバーの店員らを巻き込んでエスカレート。ジェリーの結婚式を狙って計画を実行するホーガンたちをあざ笑うように罠を張って待ち伏せるジェリー。ただひとり諦めきれないホーガンがマナー違反ギリギリのタッチを迫る。クライマックスにはブラックすぎるキツ目のジョークがあるんですが、思わぬ感動的なオチが待ってるんですよ。
 実在の鬼ごっこをやってる人たちも「30年間鬼ごっこをやり続けることで友情がつながってきた。つながりを保つ手段があるのはいいことだよ」「鬼ごっこは逃げるためじゃなく、顔を合わせるためさ」っていってるし。大人になってもバカができるなんてすばらしい。

  


Posted by 縛りやトーマス at 23:55Comments(0)映画レンタル映画館