2018年09月23日

サメVSステイサム!食うか食われるか?『MEG ザ・モンスター』



 上海の海底に建設された海洋研究所ではマリアナ海溝の調査が行われていた。海底とされていた地点を越えてさらに潜航する探査艇。しかし探査艇は謎の巨大生物に攻撃を受けて浮上できなくなる。研究所の責任者ジャン博士(ウィンストン・チャオ)は元レスキュー隊員のテイラー(ジェイソン・ステイサム)に助けを求める。テイラーは5年前に沈没した原子力潜水艦の乗組員救助に向かったが謎の巨大生物の攻撃を受け、仲間を見捨ててしまった過去があった。ジャンとテイラーは今回の事故が5年前と同じ巨大鮫メガロドンが起こしたものだと想定し、テイラーは最新の潜水艇で救助に向かうのだが。


 今時珍しい巨大生物のモンスター・パニック映画。今は何年だよ?日曜洋画劇場で淀川長治さんが『ジョーズ』と同じ原作者のピーター・ベンチリーのイカ映画『ザ・ビースト』を楽しそうに紹介していた時代じゃないんだぞ!と侮るなかれ。本作は全世界で興行収入4億7300万ドルを突破しており『ジョーズ』(75)が持つサメ映画歴代記録4億7000万ドルを40数年ぶりに更新したのだ!

 今更サメ映画なんてCGを使ってド派手に暴れまわるぐらいしか作りようがないと思ったが、本作はメガロドンに対して段階を踏むアプローチを描いて観客を飽きさせない。まずは最新の潜水艇(これが『ウルトラマン』とか『原子力潜水艦シービュー号』とかに出てきそうなデザインのメカでカッコいいぜ)で救出に向かう。すると探査艇は巨大なイカに襲われる!これは前述したベンチリーの『ザ・ビースト』へのオマージュか!?サメかと思ったらイカ!と思わせてそいつがメガロドンに食われて無事主役登場。それをなんとか追い払うが研究所のスポンサーは犠牲になった遺族らへの訴訟対応としてメガロドンを捕まえようとする。まずはGPSを打ち込み、シャークケージに入れた囮を使ってサメを捕獲するがさらにデカいメガロドンが現れて『ディープ・ブルー』で演説をぶつサミュエル・L・ジャクソンが無惨にサメに食われたみたいに飲み込まれる。海水浴客でごった返すビーチにメガロドンが来襲、大惨事の中生き残ったテイラーたちが最後の戦いを挑むのだ。

 全長23メートルとバカでかすぎるメガロドンと対決するのは世界一カッコイイハゲ、ジェイソン・ステイサム。元水泳の飛び込み選手で逆三角形の肉体はスタローンみたいなステロイド系の筋肉ではなくナチュラル・マッチョなステイサムが体一つで海に飛び込みサメと死闘を繰り広げる様は説得力がある。彼のおかげで単なるB級アクション映画の範疇を軽く飛び越えた。
「サメは俺が片付ける!」と銛一本、いやナイフ状の武器で戦いを挑むクライマックスは『白鯨』のエイハブ船長かと見まがう狂乱のバトルだ。ヒロイン的立場の登場人物がいるものの、ステイサムは彼女の代わりにシャワーシーンまで見せつけて観客へのサービス(?)も忘れない。もはやこの世界で互角にやりあえるのはメガロドンとステイサムしかいないという一騎打ちの前には少々辻褄の合わない脚本(探査艇が海底と思われる海層より深く潜航したことでメガロドンが深海からあがってきた、という説明があるんだけどじゃあ5年前にステイサムらを襲ったのはなんなんだよ?)とか全然気になりませんね


  


Posted by 縛りやトーマス at 11:27Comments(0)映画

2018年09月19日

自己完結しているオタクに捧ぐラブストーリー『君の膵臓をたべたい』(アニメ)



 君の膵臓をたべたい。奇妙なタイトルである。これがホラーなら違和感もないが純愛映画なのだ。食べたいほど愛してるのか?食べたいならまだわかる。これが「売りたい」だったら大変だ。金欲しかったら膵臓売れぇ!!昔そんな人がいました。あれは腎臓だったかな。

 住野よる原作によるライトノベルのアニメ化。2017年に実写化されて35億円のヒットを記録…したものの、実写版は原作とは一部を変更され、登場人物たちが大人になって12年前の物語を回想するという内容に原作者の住野先生が不満だったと言う。
 実写版の主演はDISH//の北村匠海に当時はまだ実写『あの花』や映画『咲-Saki-』の主演ぐらいでしか知られてなかった浜辺美波というキャスティングが弱いと思われたのか、それをカバーするために客の呼べるスター、小栗旬や北川景子を「大人になった現在の登場人物」として入れたのがいかにも東宝映画らしいね。アニメ版は実写より前に企画されていた上に住野先生自ら参加していたというので、実写版のような納得のいかない変更はなく原作に忠実につくられた。


 病院のロビーで偶然拾った一冊の本を拾った僕(物語の主人公。CVは高杉真宙)。「共病文庫」とかかれたその本は「僕」のクラスメイト山内桜良(CV:Lynn)がつづった秘密の日記。桜良は膵臓の病気により余命僅か。「僕」は桜良の両親以外では唯一病気のことを知る人物となる。それをきっかけに桜良と「僕」は仲良くなるのだが、「僕」は自分以外に興味のない「友人のいない」人間だった。
「僕」が友人をつくらないのは相手を見て「この人は自分のことをどう見ているのか?」が気になりすぎて友人ができない、という性格は友達がつくりにくい人間の内面を見事なまでに表していて、草食系という言葉では言い足りないほどの受け身野郎。「僕」は桜良に振り回され、どう見たってデートにしか見えない行為をし、挙句は一泊旅行にまで付き合わされる(「僕」はあくまで「付き合わされる」。ラノベオタクの人にわかりやすくいうとハルヒとキョンのような関係)。恋人同士でもなければやらないようなことを平気でしているのに二人は最後まで恋人にはならない。恋人にならない純愛映画!?なんだそれは!!

 象徴的なのが二人が劇中でやる真実か挑戦かゲーム。トランプを一枚ずつ引き合って数字の大きい方をめくった方が負けた相手に「真実か挑戦か」と聞き、負けた方は必ず「真実」と答え、勝った方は相手が答えにくい質問をする。負けた方は質問に真実を答えるか、答えたくない場合は「挑戦」を選ぶ。勝った方は相手に要求をし、負けた方はそれに「挑戦」しなくてはいけない。
 桜良は「わたしのカワイイと思うところをみっつ選んで」といい、「僕」は答えられないので「挑戦」を選ぶ。桜良は「わたしをベッドまで運んで」と要求。ヒロインにそこまで言われないとできない主人公!
 この「真実か挑戦か」ゲームは本作の最大の魅力。最後の最後まで恋人なのかどうかもはっきりしない二人の関係を表している。二人は他愛もない質問ばかりして桜良も「君はわたしのことが好き?」とか聞けばいいのに質問すらしなくてモヤモヤする。でもこれはそんなことをとても聞けないが、言わなくても自分の中ではわかっている自己完結しているオタクが好むラブストーリーなのだ。

 こんな話が多くの一般客に受け入れられているという真実。ビックリしました。時代がオタクに追いつこうとしている!

「僕」の声を演じた高杉真宙は『仮面ライダー鎧武』でヒーローになれないのならいっそ巨悪になってやる、と覚悟を決めながら小悪党にすらなれなかったよ…というひとり難しい役どころを演じていたが、今回も捉えどころのない自己完結する主人公を丁寧にきめ細かに演じていた。芸能人吹き替えと侮ることはできない。


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:11Comments(0)映画アニメオタク

2018年09月15日

家の鍵をなくしたストーカー

 元アイドルのストーカーOに引き続き、ストーカー事件がまたまた発生。

「家の鍵なくした」タレント中川翔子さんを待ち伏せ ストーカー規制法違反容疑で33歳無職男を逮捕
https://www.sankei.com/affairs/news/180914/afr1809140038-n1.html


 また無職か・・・

>捜査関係者によると、柴容疑者は8月下旬、都内の中川さん宅の郵便受けに「連絡先を教えてください」などと書いたノートを投函(とうかん)。今月上旬、中川さんから相談を受けた警視庁が、ストーカー規制法に基づく文書警告を行っていた。

>逮捕容疑は13日夜、警告を受けていたにもかかわらず、中川さんの自宅周辺をうろつくなどしてつきまとったとしている。関係者の通報を受けて駆けつけた警察官が柴容疑者を取り押さえた。


 自宅の郵便受けに「連絡先を教えてください」と書いたノートを投函、というこの時点で怖すぎ!自宅を知ってるだけで嫌だよ!しかもノート。なぜノート?手紙じゃなくてノート!なんで!「家の鍵を無くした」ってでっちあげの理由もアホすぎ。家の鍵がなけりゃケーキを食べればいいじゃない!
 そしてストーカーOの時にもいったけど文書警告とか本当に意味ない。結局また家に来てるし!
 今ACジャパンの「日本骨髄バンク支援キャンペーン」CMでは白血病で亡くなった父・中川勝彦の年齢を越えた彼女が父との思いを綴っているがストーカー男はこれを見たのか?ストーカーにかまってるどころじゃねえんだ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:40Comments(0)アイドル今日の無職

2018年09月14日

未来結婚

 女優の志田未来さんが結婚を発表。

志田未来、一般男性との結婚発表 お相手は「古くからの友人」
https://www.oricon.co.jp/news/2119560/full/

 ドラマ『14歳の母』に主演して話題をさらった彼女、まだ25歳だったのか。芸能人で25歳の結婚は割と早めの気もしますが、9歳から芸能界にいた彼女からすれば適齢期なのかしら?

 さて志田未来ちゃんといえば2008年、ネット上で彼女に対する殺害予告が書き込まれ警察が緊急配備されたのですが、そこにファンという称する無職の男(23)が自宅のフェンスを乗り越えようとして警察に逮捕されたことがあるのです。ファンの男は「ネットの書き込みを見て彼女に会いに来た」と証言、当時はこのファンが殺害予告を書き込んだんじゃないの?と言われましたが、ひょっとしたら熱狂的なファンが「志田未来ちゃんの未来は俺が守る!」と思って来たのかもしれないじゃないか!その翌年に彼女主演の『誰も守ってくれない』という映画が公開されたから、間違いない!今回の結婚、無職のファンの人も祝福してくれるかな?




  


Posted by 縛りやトーマス at 20:18Comments(0)日記

2018年09月12日

11年ぶり4度目の逮捕

 二度あることは三度ある、一度やったらやめられない!
 とは覚せい剤について言われることですが、よっぽどいいからやめられないんでしょうな。そんなにええんか?ええのんか?

三田佳子次男・高橋祐也容疑者、4度目覚醒剤逮捕 11年に「少しでも親孝行」も更生できず

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180911-OHT1T50302.html

 この度11年ぶり4度目の逮捕となった三田次男。こうなるとまともにやめられたのは唐十郎の劇団にいた時とリハビリセンターに居た時だけだろう。中毒患者は徹底的に薬物から隔離された生活送らなきゃダメよ!
 三田次男は二度目の逮捕の時に自宅地下室でグラドルと薬物乱交パーティーしていて話題になったけど、2004年に公開された映画『ドラッグストア・ガール』になぞらえてドラッグ(覚せい剤)ストア(地下室)ガール(グラドル)とその後も揶揄され続けてた。ちなみにこの映画はドラッグストアの社長役で三田佳子が出演していて脚本担当の宮藤官九郎の嫌がらせとも受け取れる凶悪なキャスティングにひっくり返ったものだ。

 三田次男も晴れてヤク中甲子園の優勝候補になったのでこれからも頑張ってくださいね(何を)。栄冠は君に輝く。


優勝候補:
岡崎聡子(7回+6回の逮捕歴)
清水健太郎(6回+脱法ハーブ1回)
田代まさし(4回+覗き1回)
高橋祐也(4回)←new!

強豪:
横浜銀蝿・翔(3回)
岡村靖幸(3回)
小向美奈子(3回)
赤坂晃(2回)
西川隆宏(2回)
倖田梨紗(2回)
麻生希(2回)

新鋭:
押尾学(1回)
酒井法子(1回)
いしだ壱成(1回)
ASKA(1回)
長渕剛(1回)
槇原敬之(1回))
高知東生(1回)
浜田文子(1回)
江夏豊(1回)
清原和博(1回)
野村貴仁(1回)
高部あい(1回)
中山史奈(トルエン)

  


Posted by 縛りやトーマス at 12:15Comments(0)ヤク中甲子園