2020年04月07日

エディ・マーフィ大復活『ルディ・レイ・ムーア』



「俺の名前はドールマイト。クソを消すのが俺の仕事だ」

 70年代に活躍した黒人ラッパー、ルディ・レイ・ムーアの伝記映画『ルディ・レイ・ムーア』はアカデミー賞にノミネートすら噂され(実際は未ノミネートに終わった)、ムーアを演じたエディ・マーフィはラジー賞の「名誉挽回賞」に選ばれた。本作のエディはここ20年ぐらいの不発ぶりを完全払拭し、なんなら歴代ベストワークではないかと思われるキマリっぷりを見せてくれた。ルディ・レイ・ムーアってなんなんだ??


 70年代のロサンゼルス。レコード屋の副店長(という肩書だが実際はアルバイト)をしているルディ・レイ・ムーアは田舎から飛び出して歌手として成功を目指す男だが、すでに中年。レコードはまったく売れずナイトクラブの前座でスタンダップ・コメディをやっても誰も笑ってくれない。俺はこのまま埋もれてゆくのか?

 レコード店の営業の邪魔をする浮浪者のリコ(ロン・シーファス・ジョーンズ)がやってきてムーアは彼を追い出すが、すごい勢いで下ネタをかます。それは往年の黒人コメディアン、ドールマイトのネタだったがそれを聞いたムーアはドールマイトのネタを今風にアレンジすれば受けるんじゃねえか?とリコに酒をおごってネタを書き留める。ナイトクラブの前座でムーアは巨大なアフロヘアのヅラをかぶり、ド派手なスーツに身を包んだポン引き風の衣装で“ドールマイト”を名乗ってうんと濃い下ネタをまくしたてる。

「親父はイカレチンポ、おふくろは腐れ娼婦!そしてあんたはケツで商売しているエロライオン!」
「妹さんに至っては凄腕テクニシャン、ミミズのチンポをおしゃぶりできるそうです!」
「そいつはおじさんを手籠めにし、おばさんと姪御さんにも手をかけた!気を付けないと次はおばあちゃんまで毒牙にかかってご昇天!」


 このネタがバカ受け。“ドールマイト”の仮面をかぶったムーアは一躍スターダムに駆け上がる。下ネタだらけのレコードは「こんな下品なの売れない」とレコード会社にハネられたので、自主制作。そうしたらこれも爆発的ヒットとなり、メジャーから全米流通に。

 大金が転がりこんだムーアは気前がよくなり、友人たちを食事に誘って「今、受けてるらしいぜ」という映画を観に行く。それはビリー・ワイルダーの『フロント・ページ』。ところがこの映画がまったく面白くなかった!

「これの何が面白いんだ?黒人はちっとも感情移入できねえ!俺たち黒人が面白いと思う映画がねえんだ!」「黒人がスカッとして、笑える映画をつくるしかない!」

 ムーアはドールマイトを主演にした映画製作に挑む。内容は?カンフーがあって売春婦が出て、おっぱい、バイオレンス・・・

 折しも時代は70年代のブロックプロイステーション全盛期。『黒いジャガー』『スウィート・スウィート・バック』『スーパーフライ』『コフィー』といった黒人を主役にしたB級映画が話題になっていた。映画に出る黒人といえば大金持ちの家で雇われるボーイか靴磨きしかない時代にブラックプロイステーションはイカす黒人がちょっとワルなダーティー・ヒーローを演じて白人たちをぶちのめす映画で活躍していた。
 今だ苦難にあえぐ黒人たちに夢と希望を与えたい!ムーアは映画製作に挑むが、スポンサーは現れない。「君は狭い黒人コミュニティの中だけのスターなんだ。全国区ではない」と厳しい現実を突きつけられる。
 ムーアはあきらめない。私財をなげうち、レコードの権利まで担保に入れて自主映画『ドールマイト』(1975)を作る。
 これで俺もリチャード・ラウンドトゥリーやメルヴィン・ヴァン・ピープルズのようなスターになるのだ!しかし彼には二人にあった決定的な要素が欠けていた。ラウンドトゥリーやピープルズは二枚目のルックスがあったが、ムーアの見てくれはただのさえない中年だったからだ(しかも腹が出ていた)。
 さらにドールマイトが劇中で披露するカラテ・アクションはヘナチョコで、演技も大根。本人と周囲の友人たち、若手スタッフ(UCLAの学生)らがカットがかかる度

「これは最高傑作だ!」

 と騒いでるのがなんとも。 劇中見せ場になるベッドシーンの描写は『ドリフ大爆笑』も底抜けで、ベッドで白人女を突き上げる衝撃で部屋中がギシギシいって、天井が落ちてきたと同時に昇天!ダメだこりゃ!!

 出来上がった映画はもう、本当に・・・どうしようもない・・・出来で誰も配給を買ってくれない。ムーアと友人たちだけが史上最高の傑作が誕生したと大騒ぎしていたのだ(クソを消す以前にこの映画がクソだった!)。このやり取りは駄作映画界の『市民ケーン』と言われたトミー・ウィゾーの『ザ・ルーム』の内幕を描いた『ディザスター・アーティスト』みたいで爆笑必至。どう考えてもハチャメチャな作品になるとしか思えない『ドールマイト』をムーアだけは絶対傑作と信じて疑わなかった。この自分の才能を信じて疑わない、異常なまでのポジティブさが彼の成功を支えたといっても過言ではなく、「ポジティブな黒人」というキャラで80年代に大スターとなったエディ・マーフィとかぶって見える。長い落ちぶれ時代を経験したエディがムーアを完璧に演じられたのもよくわかる。

 ここ20年は落ちぶれて半ば引退状態に追い込まれていたエディはこの作品に手ごたえを感じて、かつての大ヒット作『星の王子様 ニューヨークへ行く』のパート2をこの映画のスタッフと制作すると発表。エディの快進撃再びか!?

※映画はネットフリックスで配信中!


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:25Comments(0)ネットフリックス

2020年04月05日

3日後に閉店するカフェ

 100日後に死ぬという斬新かつ潔い設定がいまだかつてない物語を生み出した『100日後に死ぬワニ』。先日、無事死んでくれてありがとう!というオチだったが、実に感動的だった。その余韻に浸る間もなく「書籍化」「映画化」「グッズ化」「コラボカフェ化」が次々と発表され、現代ビジネスの強欲さをまざまざと見せつけられた。

 その背後に見え隠れする電通の存在にはさすがに苦笑した。あの「入社100日後に死ぬ」と言われている電通が100日後に死ぬワニのビジネス化とは、面の皮が厚いというかなんというか。

 その強欲ビジネスのひとつ、コラボカフェ(https://100wani-cafe.jp/)の東京開場が4/1よりオープン。事前予約が必要で、80分の入れ替え制になっているうえに追加オーダー、グッズ購入の時間も決められているのは多数の来場者を見越しており、混雑を避けるための措置と思われる。ワニファンの人々がコラボカフェに殺到、我さきにとワニグッズを買い求め、転売市場が大盛り上がりする・・・そんな光景は杞憂に終わった。だって客が来なかったんだもん!

【天国グルメ】100日後に死ぬワニカフェついにオープン / もしもの時の備蓄カレー1749円を食べてみた
https://main-dish.com/2020/04/01/100nichigo-ni-shinuwani-cafe/

本日4月1日オープン! ワニくんの思い出がいっぱいの「100日後に死ぬワニカフェ」に行ってきた
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6945391


 「東京メインディッシュ」と「ガジェット通信」によるリポートには共通する点があった。

>事前予約の入れ替え制だが、飛び込みでも席に余裕があれば入れることもあるようである。今回、客は私一人だけだった。
(東京メインディッシュ)

>筆者の一つ前の回に来店したと思われる「東京メインディッシュ」のクドウ記者によれば、今回、客は私一人だけだった。とのこと。筆者の回も私一人だけだった。


 4月1日は平日で、記事を見る限り昼間と思われる。最初の週末になればもう少し集客あるんじゃないですか?と思ったが、それもなかった。なぜならコラボカフェはオープン3日で営業休止となったからだ。


2020.04.03
100日後に死ぬワニカフェ 臨時休業及び開催延期のお知らせ

https://100wani-cafe.jp/news/809/

>新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて、お客様ならびに従業員の感染予防及び拡散予防のため、「100日後に死ぬワニカフェ」を4月4日(土)以降、臨時休業及び開催を延期させていただくことにいたしました。

つきましては4月4日(土)以降の会期中の全ての事前予約をキャンセルとし、返金対応をとらせていただきます。ご来店を心待ちにされていたお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。


 100日どころか、3日で死んでしまうとは・・・絶対コロナウィルスが休止の理由じゃないだろって。最初の週末すら待てず3日でギブアップとは、よほど収益が望めないので撤退は早いうちにしようということなのか、もしくはコロナのせいにしておけば、国から補償金でも出るのかな?何かというとすぐステマする電通も、ワニカフェだけは手も足も出なかったんだな・・・

 そもそもが100日間という限定期間の「お祭り」だったのにそのあとも商売しようというやり方にセンスがなさすぎるんですよ。
 漫画の方は面白いので、来週発売のコミックスはみんな買おうね。





  


Posted by 縛りやトーマス at 02:44Comments(2)漫画ネット食べ物

2020年04月03日

MOVIX堺営業休止



 行きつけの映画館、MOVIX堺が今週末の営業を中止、来週のレイトショー興行を休止にすると発表。

https://www.smt-cinema.com/site/sakai/

 埋立地にあるMOVIX堺はその立地故に車でも持ってないと行き来が大変(送迎バスは出ているがレイトショー対応していない)だが、12スクリーンと堺では最大なのでよく利用させてもらってますが、平日の昼間はいつもガラガラで週末興行が生命線と思われてたので、営業休止は思い切ったもんです。今日から『メイドインアビス』の新作や『バーフバリ』スタッフが関わった『サーホー』といった話題作が公開されてるのにこれはつらい。
 本当に映画館は大丈夫なのか??がんばれMOVIX堺。   


Posted by 縛りやトーマス at 18:02Comments(0)映画

2020年04月01日

男のキャンプ、あきキャン△

 4月1日、アニメ『ゆるキャン△』の制作に入っているフリューのYouTubeチャンネルに同作に出演している声優の大塚明夫さんがキャンプをする新番組「あきキャン△」がスタート!エイプリルフールネタかと思ったらガチでした。


※現在3話までアップされています

 大塚さんはアニメ本編のナレーション担当で、実際には出番がないのですが、リンちゃんのおじいちゃん役としてキャスティングされており、アニメの前に実写版(?)として初出演するとは。2期ないし劇場版での出演も期待されますね。

 動画の最後には本編にイヌ子役で出ている豊崎愛生さんの「愛生キャン△」スナップショットもあり、こちらの動画のアップロードも期待ですわ!

 それでは今日も一日バリバリシマリン!


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:26Comments(0)声優アニメ食べ物

2020年03月31日

原材料名はちゃんと表記しよう

 コロナ騒動収まらぬ中、メディアのニュースもウィルス関連のものが集中的に取り上げられているのですが、その陰で他のニュースもきちんと報道されているのです。


「バター香る」なのにバターゼロ 山崎製パンに措置命令
https://www.asahi.com/articles/ASN3Z6D20N3ZIIPE01M.html

>原材料にバター、もち米粉を使用していないにもかかわらず、原材料欄に表示、また、商品名も消費者の誤認を招く表示になっていたという。
>山崎製パンによると、生産ラインの切り替え時間を短縮するために、他商品の生地を転用したためだという。


 こういうの、どうやってバレたんでしょうねえ。購入者が「バターの香りがしない!いつもはしているのに!」とか言い出したのかな。食パンの商品ごとにパン粉の落ちる量や食感をチェックしているマニアはいるというし。「食べた時のパン粉の落ちる量で主婦がブランドを見限る世界」と言われる食パン業界なので他社社員による厳しいチェックがあったのかも。
 しかし原材料に使われていない原材料を記載すると景品表示法違反になるのですね。それならスーパー玉出の総菜なんかはアウトのような気もしますが・・・


原材料が以前に商品名が「かぼちゃ」ではなく「かぼちや」、しかも「ココロッケ」と何もかも間違っているスーパー玉出

  


Posted by 縛りやトーマス at 18:51Comments(0)スーパー玉出・ミー食べ物