2019年10月15日

RIZINした大阪の夜

 グラドル、女優の小倉優香さんがRIZINに出場している総合格闘家の朝倉海と交際している疑惑!


グラドル小倉優香がRIZINの朝倉海と付き合っているという噂
https://yamachan01.com/blog-entry-11898.html


総合格闘技を応援する小倉優香(嘘)

 関西が台風圏内に入っていた12日、小倉優香は大阪・道頓堀のひっかけ橋にいることころをインスタに投稿。大阪府立体育館で行われていたRIZIN.19を観戦。現場でこの大会に出場していた朝倉海の傍をまるで彼女のようにうろついていたのであった。

 それならまだ総合格闘技のファンなので、関係者のご厚意でリングサイドを歩かせてもらってた、などの言い訳は成り立つと思うが、その後朝倉が道頓堀で食事している画像をアップしたところ、その画像には小倉がインスタにアップしたジャケットと同じ柄のものが写り込んでいたのであった・・・
 さらに大阪・羽曳野の総合格闘事務所、志に所属する白川陸斗のインスタと小倉のインスタに挙げられた料理画像がまったく同じという・・・小倉のインスタには朝倉海の実兄、朝倉未来を撮った画像もアップされていたので、兄弟ぐるみの付き合いってことなんでしょう。完全に真っ黒です。




 この脇の甘さは、かつて女優の金田美香がガンバ大阪(当時)の中澤聡太とデート中にまったく同じ料理の画像をブログにアップしてしまい、交際がモロバレになった一件を彷彿とさせますね(その時は「仲の良い友達」と言い張ったが、その後結婚)。

 この疑惑を小倉本人は「格闘技が好きなだけです」と言い逃れしているが、なぜかそれらの画像を軒並み削除しているので、疑惑を認めたといってもいい!(決め打ち)
 RIZIN.19では1R52秒ノックアウト勝利を収めただけに、この夜は大いにRIZINしたのではないかと想像をたくましくするところ。
 これから小倉優香を見るたびに豊橋の不良、朝倉兄弟の顔が頭に浮かんでモヤモヤしますわ!

 アクション女優を目指して修行中の彼女。不良の誘惑に負けず世界に羽ばたいてほしいものです。


せっかくなので小倉優香さんのセクシーショットあげておきますね

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:00Comments(0)アイドルネットアスリート系

2019年10月12日

スミーニャ軍曹の鬼解説T-34

 10月末に日本公開されるロシア映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』は伝説のロシア映画『鬼戦車T-34』のリメイクなのですが、最初に予告編を見たとき、「戦車でロシアだから、上坂すみれさんあたりが宣伝大使に選ばれたりしないかなあ」と思ってたら、その通りになりました。ほんまにやってどうすんねん。

発射!着弾!爆破!上坂すみれがロシア×戦車映画「T-34」の見どころナビゲート
https://natalie.mu/eiga/news/350916

 各映画会社が海外映画の宣伝のためにありとあらゆる手段を用いて旬の(または旬でない)タレントを使ってなんとかしてワイドショーに取り上げてもらって、「あの番組で何秒流れた」「この番組で長めに使われた」と広告会社だけが満足して、動員にはまったくつながらない・・・そんな間抜けな光景を何度も見てきましたが、珍しく作品と宣伝キャラがズバリハマった宣伝を観ました。配給のツインさん、お疲れ様です。

 Пойдем в кино!(映画館にいこう!)


すみぺの作品解説



  


Posted by 縛りやトーマス at 05:23Comments(0)映画声優

2019年10月10日

犬が修斗する映画『ジョン・ウィック:パラベラム』



 キアヌ・リーブスの大ヒットシリーズ『マトリックス』(今年で公開20周年!)でキアヌのダブル・スタントを担当したチャド・スタエルスキとコンビを組んで制作された『ジョン・ウィック』シリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』はかつての仲間や恩人に見捨てられ、孤立無援となったジョン(キアヌ)が自身のルーツを追い求めながら血なまぐさい世界から解き放たれて自由になりたいという願いのために世界中を旅するサバイバル・ロードムービーだ。

 ジョンは愛する妻のために殺し屋稼業を引退しようとするが、手練れを失いたくない組織から正体不明の殺し屋ババ・ヤガを殺せば引退を認めるといわれる。組織はジョンを失うぐらいならいっそ死んでしまえばいいと思っていたが、予想を裏切りジョンはババ・ヤガをしとめる。しかし正体がわからないババ・ヤガの居所を突き止めるためにイタリアン・マフィアの組織の力を借り、その際「どんな仕事でも一度だけ引き受ける」という誓約をしながら、それを守らず引退したので家を爆破されてしまう。そして殺し屋専門のコンチネンタル・ホテルの掟を破りイタリアン・マフィアのボスをホテル内で殺したためにホテルを出禁になり、1400万ドルの賞金をかけられ世界中の殺し屋に命を狙われる。世界中が敵!

 ジョンは自由になろうとしただけなのに、周囲の人間がそれを許さず「お願いだから、かまわないでくれ!」とジョンがいえばいうほど争いを招き入れ、戦火が拡大する。爽快感よりも死の匂いが付きまとう戦いを彩るのがシリーズ用に考案された「ガン・フー(銃+カンフー)」、「ナイ・フー(ナイフ+カンフー)」「カー・フー(車+カンフー)」といった格闘術。ついに今回は馬を使った「マー・フー(馬+カンフー)」「ドッグ・フー(犬+カンフー)」が登場、特にドッグ・フーは誰も見たことがない衝撃のアクションであると断言できる。
 まず犬に命令すると相手の腕に噛みつく。そして加えたまま人間を床に投げたおす。とどめは急所に噛みついてジ・エンド。これって打・投・極だから佐山サトルが考えた修斗じゃないか!犬が修斗する映画・・・僕は初めて見た!タイガーマスクに宣伝してほしかった。

 拡大化する物語はついにライバルの殺し屋まで生み出した。それがジョンを倒して殺し屋No.1の地位を狙うゼロ。演じるは『ジェヴォーダンの獣』『クライングフリーマン』のマーク・ダカスコス。本当は真田広之が出演する予定だったが、真田が張り切りすぎて撮影前にケガをしてしまった代役らしい(真田、何してんの!)
 ダカスコスは微妙なイントネーションの日本語を操る殺し屋で、普段はNYでカウンターのある寿司屋の板前をしている。殺し屋兼寿司板前の部下として忍者の末裔を雇ってる(そのうちのひとりがヤヤン・ルヒアン)んだけど、店のBGMがきゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」という日本人でもやらんようなベタなギャグをやっていて、なんだこれくしょんと思った。

 つらい物語の中でも笑いを忘れないチャド・スタエルスキとキアヌのメッセージ、しかと受け止めたぜ。ジョンの人生に犬が必要なように。この争いが次なる争いを生む物語にも笑いが必要だった。

 ちなみにダカスコスの寿司屋のカウンターには猫がいて、食べ物の店で動物置くなよ!と一瞬思うが、動物園前の居酒屋、かんむり屋にも猫が常時いるので別におかしくはなかった。さすがキアヌ、日本のラーメン好きなことはある。かんむり屋までチェックしていたとは・・・(してません)

  


Posted by 縛りやトーマス at 13:56Comments(0)映画音楽

2019年10月08日

水嶋ヒロさんの料理番組がほぼカブト

 クリエイターで小説家で俳優の水嶋ヒロさんがYouTubeチャンネルを開設、家庭料理に挑戦する番組“Hiro-Meshi Japanese Home-style Cooking”をスタート。




 本人のブログでも紹介。

番組つくってみた ①
https://ameblo.jp/hiromizushima-blog/entry-12532668359.html

 もともと娘さんのために料理をつくってる様子はブログでも何度か紹介されていたものの、ヒロ曰く全然上手くないので、きちんと料理を習いたいと思っていて、今年のはじめに海外の友達から日本のベーシックな家庭料理を教えてくれと頼まれたことからこの企画がスタート。パイロット版として「からあげ」「出汁巻き卵」の二つが配信されました。





 本人自ら料理の初心者というだけあって、手元がおぼつかないあたりがなんとも。からあげで小麦粉に塗すあたりや、出汁巻き卵で卵割るところとか・・・しかしヒロさんが料理をする、というコンテンツはどうしたって彼が主演した『仮面ライダーカブト』の主役、天道総司を思い出してしまいます。天道は料理の腕前は天才的という設定でしたけど・・・

 それはともかく、ヒロさんの指がすっげえ綺麗でつたない手さばきでもうっとりしちゃいますね。海外向けコンテンツということで、これネットフリックスの料理番組ジャンルに交じって公開されたらダラダラと見てしまいそうです。


  


Posted by 縛りやトーマス at 18:10Comments(0)特撮・ヒーローネット食べ物

2019年10月07日

チゥーストヴィンヌイな、すみぺ写真集

 自身のライブ円盤は「ドライブレコーダーのようなもの。事故映像を確認するために記録している」と言ってはばからない人気声優の上坂すみれさんがオール取り下しの写真集を出すことが決まったぞ!

上坂すみれ初の完全撮り下ろし写真集「すみれいろ」が発売決定。東京・大阪にて発売記念トークショーを実施
https://moca-news.net/article/20191005/2019100521230a_/01/?afid=zeroes

>大人の女性へとステップアップしていく“すみぺ”の等身大でナチュラルなスタイルから、王道のロリータファッション、そしてボン♥キュッ♥ボンなランジェリーカットに、貴重な水着ショットも披露。スタッフにはアーティストデビュー時からステージ衣装などを一貫して手掛けるスタイリストの佐野夏水氏を始め、少女の儚い世界観を表現したら右に出る者がいないヘアメイクの双木昭夫氏、フォトグラファーは女性の美しさを引き出す鬼才・桑島智輝氏という“チーム上坂すみれ”の面々が集結。今の上坂さんが詰まった一冊となっている。

>ここまで脱ぎ散らかすのは今回だけだぞ!という気持ちでがんばってきましたので(笑)、ありのままの私をご覧いただければと思います”


 と、何やらこれまでのフォットブックやら諸国漫遊記やらとは一味違う風な写真集である様子。宣伝用に公開された写真を見ると・・・



 なんと過去最大級の露出じゃありませんか!僕が保存しているすみぺ歴代最高のセクシーショットを超えた!


歴代最高のセクシーショット


 脱ぎ散らかしたとは、まんざら盛っているわけではなかった・・・!発売記念トークショーにもぜひ駆け付けたいと思います。マラジェッツ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:22Comments(0)声優