2019年03月11日

声優業界あるある「弟と仲が良い」

 声優業界によくある「弟いますアピール」。彼氏(もしくは仲の良い男性)とデートしたり、いちゃついているのを隠すため「男」にあたる部分を「弟」に偽装するやつである。なぜか「兄」であるケースは少ない。夢アドの京佳みたいに兄と仲良いアピールしていてもイラつかされるだけだからだろう。

 さて、人気若手声優の一人Lynnちゃんもそんな「弟」アピールの激しい娘だ。弟とは大の仲良しでクツをお揃いにしたり、一緒にディズニーランドに行くそうである。


Lynn (りん)
‏@Lynn_0601_

#弟の日
弟とはずっと仲良しです。
2人でディズニー行っちゃうくらい!
ここ数年、弟としか行ってない。笑
いつも応援してくれている弟よ、ありがとう✨

http://urx.red/8Wd6




「弟と仲の良い声優」などというのは、ちょぼらうにょぽみ先生判定によると「不祥事」に過ぎないと思い込んでましたけど、実在するんだなー…





 …って騙されるかっ!(壁パンチ)

 Lynnちゃんはともかく、家族であることを隠れ蓑に男といちゃつく女性声優…ゆるさん!断じて!声優ナマハゲが降臨するぞ!悪い声優はいねえがぁ~

  


Posted by 縛りやトーマス at 13:31Comments(0)声優オタク

2019年02月14日

若い声優オタクは大体厄介

 イキリピンチケばかりでおなじみのラブライバーがまたやらかしましたよ。

「ラブライブ」イベントで声優サイン上に書き込み 過激ファンツイートが炎上

https://www.j-cast.com/2019/02/11350063.html

 聖地沼津で行われたイベントに参加者が寄せ書きできる応援フラッグが用意されており、出演した声優陣もサインをしていたのだが、ひとりのファンが推している声優の諏訪ななかが書いたサインの余白部分に重なるようにメッセージを書き、自分の名前も横に書いた。その画像をツイートにアップしてアピール。要するに推しの声優に認知してもらおうという認知厨だったわけだ。


そのサイン

 当然のごとく炎上して本人はツイ消し逃亡。噂では諏訪さん本人も人づてでこの事を聞き、大変ご立腹だったという。サイン書いた人よかったね。認知してもらえたよ。
 目立って認知されれば何やってもかまわない、という人間なので、きっと今頃は反省もせず自慢げに吹聴することでしょう。
 この件で「どうしてラブライバー(特にAqoursファン)は厄介ばかりなの?」という意見を見かけたが、そりゃあ支持層が若い連中だからでしょ!
 若い連中には「オタク=知識のインプット→アウトプット」という考えがないので単に騒げればなんでもいい人がほとんどで、まだ歴史の浅いラブライブ!は恰好の材料。さらにAqoursは構成メンバーが20代だから、ファンも10代が多かろう。そりゃあ厄介になるわな。それに比べてμ'sはナンジョルノやみもりん、えみつんにうっちーなど3(ピー)な世代ばかりなのでファンもおとなしいでしょう(それはどうかな)。
 とりあえずみんな頭冷やそうか。

  


Posted by 縛りやトーマス at 03:25Comments(0)声優アニメオタク

2019年02月11日

あおちゃんのバンブルビー愛、実る

 3月に公開予定の実写映画トランスフォーマーシリーズの最新作『バンブルビー』にディセプティコン(デストロン)のシャッター役吹き替えに悠木碧さんが決定!

ガチすぎる“バンブルビー愛”が話題に!熱狂ファンの悠木碧、濱野大輝と吹き替え声優に抜てき
https://eiga.com/news/20190207/15/

 悠木碧さんはガチすぎる実写トランスフォーマーファンとして有名なので、満を持しての起用です。

声優・悠木碧さんのトランスフォーマー愛がスゴい! ついに、バンブルビーの母になる「ビー、私がママだよ…。」
https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1503910355

 ハマると際限なく浸かってしまうのは、隙あらば移動中に課金するポイントカードを買ってしまうほどの沼体質なあおちゃんの悪い癖ですが、そういうところも愛せるわー
 タカラトミーに次いで映画公式にもガチヲタとして認定された悠木碧さん、今後レギュラー出演も期待されるところ。ハリウッド実写映画の吹き替えというと、話題性のためにタレントを優先されがちなのですが、今回のようにガチ愛のあるプロ声優の起用が積極的に進められるかもしれません。



  


Posted by 縛りやトーマス at 00:10Comments(0)映画声優オタク

2019年01月20日

NGT48騒動、いまだに収まらず

 NGT48メンバー、山口真帆が号泣の動画配信にて暴行事件の詳細を語って以降、騒動はまったく沈静化することなく、日を追うごとに新情報が出てくる有様。NGT48運営及びAKSの対応は常に後手後手で、被害者とファンが望む真相の究明はまったく行われず、襲撃を示唆したとされるメンバーや暴行犯の黒幕とされる人物、劇場の元支配人は表に顔を見せず逃亡中。第三者委員会による調査を行うといわれてもまったく信用できないのであった。
 この騒動をきちんと取材、検証するメディアはほとんどなく、頼みの綱である雑誌社もネット上に流布される真偽不明の情報を垂れ流すぐらいで、先週発売された雑誌で独自の新情報を仕入れていたのは襲撃犯と深いかかわりだったという文春(笑)とFRIDAYぐらいであった。FRIDAYは新潟県警の副所長に直撃インタビューし、警察が不起訴に至った流れを聞き出している。答えられない質問もあったが、答えられることは答えているというところが大きい。「犯人たちはそこにいる根拠があった」(ネットで言われているマンションに住んでいた、という想像の裏付けか?)という発言や、不起訴にしたことに対する世間の批判に「いろいろと思うところがある」とまでコメントしているのは重要ではないか。
 FRIDAYの記事中で気になるのは事件直後、山口とメンバー、暴行犯、スタッフ?らが近くの公園で一時間近く話していて、その後警察が呼ばれたという部分。警察が呼ばれるまで1時間あったのは、スタッフないし今村元支配人が警察沙汰にはしないでほしい、という説得のためだったとも思える。警察が不起訴にしたのは山口、NGT48側が被害を訴え出なかったからだとしか思えないが、山口狂言説を支持する勢力が「不起訴になったのはそもそも暴行自体がなかったから」と言ってるんだよな。暴行犯と1時間も話すのはおかしい、とか。それは暴行の被害が幸いにも軽かったからだけなんだけどな。こういう連中はレイプされるとか、切り刻まれなければ暴行ではない、とか平気で言いそうだから。

 新潟県警としてもまさに「いろいろと思うところがある」からこそFRIDAYのインタビューに答えたのではないか?そしてFRIDAYと同じ発売日18日の東京スポーツにはこんな記事が出た。

NGT48暴行騒動で20代女性マネジャーも!ハンター集団の餌食
http://urx3.nu/Ps0c (キャッシュ)

>今回の騒動で本紙が報じたのは、アイドルたちを標的にした“アイドルハンター集団”の暴挙だ。女性ファンにまで手を出そうとする悪質さを伝えたが、他の被害者が存在した。それも運営側の内部関係者だ。

>「昨年いっぱいで退社した20代の女性マネジャーAさんです。彼女はハンター集団などマナーの悪い暴走ファンを問題視し、必死に闘っていた。さらに、風紀を乱しているメンバーにも注意できる貴重な人物でもあった。そのため、メンバーと接触したいハンター集団は彼女のことを毛嫌いし、食ってかかるなど、嫌がらせもしていました」(地元メディア関係者)
>その嫌がらせは日々エスカレート。ついには彼女をガムテープでぐるぐる巻きにするなど、度を超えたレベルにまでなっていったといわれる。これが事実ならハンター集団の行為は決して許されるものではない。

>Aさんはハンター集団と闘う恐怖と、山口らメンバーを守れなかったじくじたる思いを周囲に明かしながらも、新潟の地をひっそりと離れたという。


 ガムテープでぐるぐる巻きにされるってどういう状況なの?暴行まがいのことを平気でして、排除されるどころか放置されてるんだから、メンバーへの襲撃、暴行ぐらいなんてことないだろう(ちなみにこの東スポの報道をNGT側は完全に否定して抗議。東スポ側は記事を引っ込めた。事件の糾明に関しては腰が重いくせに、こういう時だけは迅速ですね!)

 オフパコサークル紛い、気に入らないマネージャーすら暴力で排除しようとする(という疑惑)チンピラが「太客」と称して客席に居座ってるNGT48もはやアイドルグループでもなんでもない、ヤリサー、オフパコ集団といってもよい。一刻も早い事件の糾明と健全化が求められるだろう。



  


Posted by 縛りやトーマス at 22:12Comments(0)AKB48オタク日本のとんでも事件NGT48

2019年01月12日

山口真帆を守ろうぜ

 NGT48の山口真帆が暴行事件に巻き込まれ、しかも暴行犯たちに山口の住所を教え、犯行をそそのかしたのが同グループのメンバーだったのではないか?ということからネットが大騒ぎになっている一件ですが、このニュースはNHKニュースを皮切りに、フジテレビ、日テレなども報道するようになって一般世間にすら浸透し始めています。

 去る10日にはNGT48三周年記念公演が行われ、渦中の人物である山口真帆本人は途中から参加し、騒動についてもコメントしました。

暴行被害告白のNGT山口真帆、3周年記念公演に参加「たくさんお騒がせして…」ファンどよめき後に大歓声
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/10/kiji/20190110s00041000265000c.html

>パフォーマンス後に「ありがとうございます。この度はたくさんお騒がせして申し訳ありません」とあいさつ。「先日お伝えしたように、私にも守りたいものがあり、このような形での発信となり、お世話になった方たちにも迷惑を掛けてしまいました。AKSとの方とも話し合いをしました。これをきっかけにNGTが新しい方向に向かっていけるように、私もチームGの副キャプテンとして頑張ります。NGTを引き続きよろしくお願いします」と語ってから深々と頭を下げた。

 この一件で被害者のはずの山口が謝罪気味のコメントをさせられるって意味がわからないよ…責任者であるはずの今村支配人は姿すら見せず、現在もノーコメントなのです。公演終了後には公式が今回の一件についてコメントを(ようやく)出しました。

https://ngt48.jp/news/detail/100003058

 ファンを名乗る男性2名が警察に逮捕、実行犯ではないがこの事件に関与したファンの男1名も運営側で把握している、実行犯とメンバーの関係性についてはメンバーの一名が帰宅時に男から声を掛けられ、自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を教えてしまったことを運営側は確認、3名については公演、握手会などに一切参加できなくしている、などの公式発表があり、今後の対策として各メンバーに防犯ベルを持たせるなどをすると、合わせて発表。

 この公式発表にネットでは更なる批判と追及が寄せられることに。「メンバーの一名が帰宅時に男から声を掛けられ、自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を教えてしまった」というコメントには「状況が不可解」であるというツッコミが。山口の告発ではメンバーと繋がっている(メンバーがファンとプライベートな関係を持つ、の意)男に山口の自宅住所を教えたばかりでなく、マンションのほかのメンバーが住んでいる部屋から男が出てきた、ということだったのに、運営の公式コメントでは道端で会ったファンに山口が帰宅する時間を教えたことになっているじゃないか。たったそれだけでマンションの部屋番号まで知ることは不可能。それに「メンバーの部屋から男がでてきた」という証言と整合性が取れないではありませんか。
 対策として防犯ベルを持たせるというのも、変な話。この事件はメンバーが暴行犯に住所を教えて犯行をそそのかした(とされる)計画的な傷害事件なんだから、防犯ベルなんか持たせたって意味ないんだけど。どうやら運営はこれがメンバー同士のいざこざから生じた計画的な傷害事件として扱われたくなくて、「ファンの暴走」として幕を引きたいのだろうか。告発直後に暴行事件のことを報道した日刊スポーツの記事では

山口真帆の暴行被害、他のメンバー関与は認められず
https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201901090000739.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

>メンバーの関与を指摘するツイートもしていたが、警察が男らのSNSや通話履歴を調べた結果、メンバーの関与は認められなかったという。

 日刊スポーツはAKB新聞の発行元。なるほど


 これらの流れから山口寄りの姿勢であるネット民たちは「もうマスゴミと運営は信用できない」とNGT48劇場支配人・今村の解任を要求する署名を集め始め、さらに独自の捜査網による新事実の発覚に努めており、現状判明したとされる真相

・NGT48メンバーの多くが住むマンションが一部の素行の悪いメンバーによって男を連れ込むヤリ部屋と化している
山口真帆はそれらの素行不良メンバーによる行為を非難していた
・素行不良メンバーはそれを逆恨みして、連れ込んでいる男に山口を襲撃させる
・事件当時、マンションの廊下で騒ぎになったため、他のメンバー、スタッフらが駆け付け事なきを得る
・警察の聴取により素行不良メンバーの関与が発覚、今村支配人に報告。今村は対処すると約束
暴行犯の背後に、あるファンの男Aがおり、Aは今村支配人と仲の良い厄介ヲタである。メンバーの住所を売る、ストーキングするならどの行為で知られているが、今村と特別な関係であることからライブ最前の特等席を与えられている。
・このAや素行不良メンバーには何のお咎めもなく、今村は何の対応もしないままだった。この対応に不審を抱いた山口がSHOWROOMで告発
・素行不良メンバーのひとりで暴行犯をそそのかしたとされるメンバーBが山口を煽るようなコメントにリプライする
・劇場3周年記念スペシャルの途中から山口が参加。コメントを出す
素行不良メンバーのひとりとされるメンバーのインスタグラムの投稿にNGT48・菅原りこが「いいね」を押す。菅原は山口と仲のいいメンバー
・3周年記念イベントを山口、菅原、メンバーBが欠席

おまけ
・ファンの男Aが真相を暴こうとするまとめサイトの荒らしを2chのコテハン、F9に依頼するが、やりとりをすべて暴かれてしまう


 これらの情報から、ネット上ではマンションがヤリ部屋になっている事実が発覚するとグループ全体の危機になり、自分の管理責任を問われると思った今村支配人が、山口を犠牲にして自己保身に走った、というのが真相だという説が生まれています。
 グループを守りたいがために今村がひとりで問題を背負い込んだ、というのは僕が当初予想した真相なんですが、そこまでして山口と仲の悪いメンバーを守る必要があるのかわからなかった。信憑性はともかくとして、まとめサイトに出ている「真相」とやらを当てはめると確かに不可解な状況や対応が納得できる。意見の中には「今村よりもっと上のAKBの全体的な責任者が真相を闇に葬ろうとしている」なんていうのもありますが、それならNHKニュースをはじめ、各民放に後追い報道までさせないと思います。話題にさせないようにマスコミ対応するはずで、今村支配人ひとりが誰に相談もせず、ひとり背負い込んだからこその騒ぎになってるのだと。ひとりで背負い込む理由はヤリ部屋の実態や、厄介ファンAとの関係を暴かれたくなかったからだとすると、いくらかの説得力はあります。

 これらが真相だとすると、NGT48というのはなんなのでしょう?アイドルグループの名を借りたオフパコサークルじゃないですか。男のメンツも中性ぶったケダモノチン〇野郎ばかりだし。こんな連中に比べたら山口真帆のハレンチハレンチ動画なんてかわいいもんやったんや!!



  


Posted by 縛りやトーマス at 16:12Comments(0)AKB48オタク日本のとんでも事件ネットNGT48

2019年01月09日

AKBグループ過去最大級のスキャンダル!NGT48・山口真帆に何があった

 一年間のどうしようもないニュースを集める地下ニュースグランプリ、最近の傾向としてAKBがらみの凄いニュースが全然なくなって、AKBもいよいよ落ち目といった感がしていたのですが、久しぶりに過去最大級のビッグスキャンダルがやってきたぞ!

NGT48 山口真帆さん、号泣しながらNGTの裏側を配信で暴露→BANされてしまう 「なんでこんな怖い目にあわないといけないの?」「今回私は助かったから良かったけど、殺されてたらどうするんだろうって思うし(涙)」
http://chikaidol-matome-fire.com/topik_215/




 あのハレンチ動画でおなじみの(https://matome.naver.jp/odai/2147902947937984001)NGT48・山口真帆が1/9に配信したSHOWROOM配信で号泣しながら命の危険を訴えた。命の危険とは?
 配信の内容をおおまかにまとめると、「NGTに悪い事してる人がいる」「他のグループでは許されないのに何でNGTだけ許されているのか」「NGT劇場支配人はクリーンなNGTにする、悪い事する人間は解雇する、といったのに」「殺されるかもしれない」「モバメ送っても全てストップ」という…
 この配信は突然停止し、その上アカウントがBANされてしまった!ファンが騒然となる中、垢BAN後数時間経ったところで山口真帆はTwitterアカウントを鍵付きにして投稿。その投稿で彼女は

「先月の公演終わりに帰宅時に男二人に襲われ、その男はあるメンバーから(山口の)自宅住所、帰宅時間を教えられ、またあるメンバーは(山口の)家に行け、とそそめかして(ほのめかして、そそのかして、の間違いと思われる)いた、ファンと繋がらなかったら、繋がってるメンバーに個人情報ばらされて、襲われないといけないんですか」
「全部嘘だと思いたいけど真実です。襲われたとき信じられるメンバーに助けを求めました。その子も警察が来るまで犯人の証言を聞いたし、スタッフさんもいました。次々出てくるメンバーの名前にその子も泣いていました。もう真面目に頑張っている子が安心して安全に活動できなくなるのは嫌」


 と、俄かには信じがたい証言の数々にNGTファンでもなんでもないこちらもドン引きです。彼女の証言によると公演終わりに自宅で二人組の男に襲われ、その男たちは他のNGTメンバーから山口の住所を聞き、襲うようにそそのかされたと。しかも一人に襲われてるうちに山口の向かいの部屋からもう一人の男が出てきて、それは他のメンバーの住んでる部屋って…これ、本当の話なの?
 そしてこの報道をNHKニュースが後追い報道しました。

ファン2人がアイドル宅押しかけ
01月09日 11時52分

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190109/0023654.html

「NGT48」メンバーの自宅に男2人が押しかけトラブル 新潟
2019年1月9日 17時40分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772051000.html

NGT48山口さん宅に押しかけ
01月09日 17時42分

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190109/0023676.html

>警察によりますと、先月8日、「NGT48」のメンバー、山口真帆さんの新潟市内にある自宅の玄関先にファンの男2人が押しかけ、帰宅した山口さんの顔をつかむなどしたとして、暴行の疑いで逮捕されました。

>2人はいずれも25歳の無職と男子大学生で、調べに対し「山口さんと話がしたかった。大ごとになるとは思わなかった」と供述する一方、暴行の容疑については否認していたということで、その後、不起訴になり釈放されています。


 詳細な事件の様子が伝わる内容で、何より驚くのはこの二人の男が不起訴になっていること。山口真帆のツイッターでは「他のメンバーにより山口の家にいくようそそのかされた」ことも報道されていません。
 不起訴になったのは山口のツイッターにもある通り、お世話になっている人に迷惑がかかるから、NGTのイメージを傷つけるから、ということでこんな目に遭いながらも被害を訴えなかったのでしょう。NGTの劇場支配人・今村悦朗に相談しても「クリーンなNGTにするって言ったのに。新しいNGTにするって。 悪い事してる奴らだって解雇するって言ってくせに、何も対処してくれてなくて」この通りなしのつぶてだったことがSHOWROOMでの告発につながったと。
 今回の経緯を山口真帆が明かした「事実」+想像でまとめると

・山口真帆がファンと繋がっているメンバーらを注意する
・注意されたメンバーに逆恨みされ、山口の住所、帰宅時間などを犯人の男二人に教えて「家にいけ」とそそのかす
・山口襲われるもなんとか助かり、信じられるメンバー、スタッフを呼んで警察に連絡
・警察が犯人二人を聴取、その場で個人情報を流出させたメンバーの名前を聞き出す
・劇場支配人・今村に訴え、今村は対処すると約束。それを信じて山口は迷惑をかけたくないと、告訴しなかったため、犯人は不起訴に
・ところが今村は何もせず、逆に被害妄想だといわれる
・何もかも信じられなくなった山口がSHOWROOMで告発
・配信を切られ、垢BAN。Twitterを鍵付きにして(現在は鍵なし)連投



 いつもなら報道を隠蔽してしらを切りとおすところですが、NHKが地元新潟、さらに全国区のニュースで報道したことにより。NGT48側も知らぬ存ぜぬはもう、無理でしょう。
 ネットでは犯人の男たちの正体探しと、個人情報を流出させたほかのメンバーの特定をはじめ、あっという間に犯人とメンバーを特定。真実かどうかわからないのでここでは書きませんが、検索したらすぐにでてきます。メンバーの名前がなぜ特定されたのかというと、山口がそのメンバーのTwitterフォローを最近になって外したから…ってそんな安易な!
 さらにNGTは繋がり厨なファンとの集いがあって特定メンバーが気に入らないメンバーの個人情報を流出させてるとかいう情報もあって…このグループなんなの?怖すぎるんだけど!!

 全部妄想じゃないの?という気もするが、以前、元AKBで移籍してNGT入りした荻野由佳が帰宅時に車で連れさられそうになったというのだ。
北朝鮮を連想?NGT48・荻野由佳の誘拐未遂事件が怖すぎる!
https://www.asagei.com/excerpt/110646

 これをテレビバラエティでしゃべっちゃう荻野もどうかと思うけど、これは「個人情報が流出している」事実の裏付けともいえなくない。他にも同じNGTの中井りかや奈良未遥が自宅でSHOWROOM配信中に外からファンがコールを入れる声が聞こえたりとか、どう考えても、流出してるよね。

 今回の一件、ちょっとやそっとで収まるとも思えない。というか収まっちゃだめでしょ…NGTを覆う闇はあまりにも深すぎる。

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:10Comments(0)AKB48オタク日本のとんでも事件ネットNGT48

2019年01月03日

覚えていれば、存在するヒーロー『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』



※文中に『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』のネタバレについて書かれています。気になる人は映画本編を見てから読んでください。


 最新作のジオウ、前作のビルドが共演するクロスオーバー作品であり、歴代ライダーも出演する、「平成最後の仮面ライダー映画」という位置づけにふさわしいオールスター映画だ。「仮面ライダーはテレビの中の存在で、虚構の存在なんだ!というあまりに衝撃的な内容である。
 仮面ライダージオウ・常盤ソウゴ(奥野壮)と仮面ライダービルド・桐生戦兎(犬飼貴丈)、それぞれの世界で仲間たちの記憶が改変され、失われていく。それはすべての記憶を消し去って自らが唯一のライダーとして君臨しようとするスーパータイムジャッカー・ティード(大東駿介)の企みであった。ティードは正体不明の少年、シンゴ(斎藤汰鷹)を追っており、ソウゴと仮面ライダーゲイツ・明光院ゲイツ(押田岳)は戦いに巻き込まれるが、そんな彼らに一般人たちが声援を送り、スマホのカメラを向け始める。二人の戦いはまるで遊園地のヒーローショーのように周りからみられていた。戦いの場に居合わせた高校生・アタル(福崎那由他)からもアトラクションのショーと勘違いされる。新世界からやってきた戦兎たちと合流する中で仲間たちの記憶が消え始める。やがてティードに洗脳された戦兎が敵に回る中、この世界では仮面ライダーが実在しない、「テレビの中のヒーロー」にされていることを知る。


 仮面ライダーが虚構の存在、という禁断の果実に手を出した内容。その世界をつくるきっかけになる高校生・アタルにはかつて行方不明になった兄がいて、家族がずっといなくなった兄のことばかりを気にかけていて、テレビで活躍する仮面ライダーが助けに来てくれたらいいのに、という思いをずっと抱いていたが、それは叶わない。仮面ライダーはテレビの中で活躍しても、現実世界の悩みを解決してくれるわけではない。というかなりきわどいテーマに挑んでいて、ライダー、特撮オタクのみなさんは痛いところを突かれてしまって、映画を観に行っても嫌な気持ちにさせられるのではないかと思ってた。そんな「現実に帰れ!」とか「気持ち悪い!」とか僕たち言われたくないんですけど!

 あの9.11テロの時にマーベルコミックのヒーローが倒壊するワールド・トレード・センタービルから人々を助け出したように、この映画は記憶を失っていく仲間たちを見ながらも、宣言する。「覚えてさえいれば、ライダーは存在する」と。映画『リメンバー・ミー』で死んだ人はあの世で元気に生きているが、現世の人たちが死んだ人のことを忘れた時に本当の死を迎えるように、記憶さえ消えなければライダーは本当のヒーローとして存在する。
 そう宣言するのが仮面ライダービルド・桐生戦兎というところがツボで、彼は本編でも存在自体があやふやな男で、彼が自身のアイデンティティを確立するまでの間、ずっと悩み続け、戦いにも迷い、敗れ続ける。それが今回の映画では不確かな存在に悩む仮面ライダージオウ・常盤ソウゴに「俺は俺で、ここに確かに存在する」とビルド本編の悩み続ける姿がウソのように堂々たる姿を見せつけるのだった。しかも雨の中で…(ビルド本編を見ていた人は「雨の中の桐生戦兎」が彼にとってあまりいい思い出のないシーンばかりだったことを記憶していると思われるが、それだけに感動もまたひとしおの場面になっている)


 さらに映画本編最大の盛り上がりを見せるポイントとなっている、仮面ライダー電王・野上良太郎を演じる佐藤健は役10年ぶりに同役を演じたわけだが、佐藤がライダー出演後、あまりに売れっ子になってしまい番組終了後も次々作られる映画版に出られなくなったので別の役者を使う羽目になってしまい、佐藤は電王には出ないのか?と言われてた。まさに存在自体が忘れ去られるというか、なかったことにされかけていて、そんな彼が再登場したのは「覚えてさえいれば、ライダーは存在する」というテーマともぴったり。
 現実の世界が辛くて虚構の中の世界に逃げ込んだ人物が、虚構の中の世界で救われたからこそ現実の世界でも救われたというのは『SSSS.GRIDMAN』にも相通じるものがあり、僕たち(誰よ)も救われた。

  


Posted by 縛りやトーマス at 20:35Comments(0)映画特撮・ヒーローオタク

2018年10月28日

全編PCの画面で展開する、追っかけが女優を救う…のか?『ブラック・ハッカー』

 全編PCの画面で制作された映画『サーチ』(2018)が話題になってますが、意外なアイデアのように見えて2015年には『アンフレンデッド』という全編Skypeの画面で構成されている映画があって先駆者というのは必ずいるものだなと(ちなみ両作品とも制作は同じティムール・ベクマンべトフ)。

 ところがさらに先駆者がいた!それが2014年のスペイン映画『ブラック・ハッカー』だ!監督は『シンクロナイズドモンスター』(2016)が話題になったナチョ・ビガロンド。主演はイライジャ・ウッド(ウッドは制作も兼任)。


 人気女優ジル・ゴダード(サーシャ・グレイ)のファンサイトを運営している追っかけ青年ニック(ウッド)はジルの新作映画『ダークスカイ 第3の波』の宣伝キャンペーンとして行われた「ジルと会食ができる豪華プレゼントが一名様に当たる!」企画に参加し、見事当選。期待に胸を膨らませてLAのホテルに泊まり、会食のはじまる夜までホテルの部屋で新作映画のキャンペーンをしているジルの動画配信を見ていたニックのPCに電話がかかってくる。電話の相手はコードと名乗り「会食は中止になった。ジルがわがままをいって中止にさせた」と告げる。そのころジルは記者会見でネットに流出した卑猥な動画について質問をされ、「映画会社が宣伝のために流した」と不満を言って会見場を飛び出していた。

 人気タレントと会食ができるキャンペーンに参加して騙されるって、ミスタードーナッツの高橋由美子手作りお弁当二名様プレゼントの当選者が女性だったあの一件を思い出して冷静ではいられません。

 コードはジルの携帯や会場、ホテルの監視カメラに不正アクセスをしてあやつることができ、ニックのPCでそれが見られるようにする。コードはジルが自身のエージェントとデキていると暴露すると、まさにジルはタクシーでエージェントの泊っているホテルに行くところであった。コードの指示でエージェントの部屋を自分の宿泊している部屋から盗撮させられる羽目になるニック。
 コードとの連絡が一旦切れたころ、ニックのPCには観たことのないアイコンが表示され、それをクリックするとゴーグルをつけた3人組が現れニックのことをネバダと呼ぶのだがニックには何のことかわからない。
 エージェントの部屋にやってきたジルは口論になって部屋を飛び出してしまう。エージェントは盗撮に気付きニックの部屋までやってくる。コードの指示でエージェントをスタンガンで気絶させるニックだが、エージェントを拘束しろという指示には「もういやだ」と拒否。しかしコードはスタンガンを使うニックの映像を警察に見せるといって脅し言うことを聞かせる。コードはニックを助けてやるといってオンラインにしたままのノートPCを持たせ、駐車場の車で脱出させる。
 コードはノートPCのウェブカメラでニック自身を写したままにするよう命じ、車に置かれたカメラ付き端末をダッシュボードに載せるようにいい、ある場所まで車を走らせる。ニックのPCにはコードがジルの自宅に潜入するライブ映像が配信され、いつでも危害を加えられると脅してくる。ジルの身を守るためニックはコードの言われるままにジルのPCにファイルを送信する。それはエージェントが拷問される映像だった。ニックはコードが連絡を絶った隙にアイコンをクリックしてゴーグル姿の3人組に連絡する。彼らはフランスにるハッカー(トリオップス)で彼らの世界では伝説のハッカー・ネバダを信奉していて、ニックをなぜかネバダと勘違いしている。ニックは彼らと連携を図ってジルを助け出し正体不明の男・コードを捕まえようとする。


『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでは世界を破滅から救う主人公を演じて一躍有名になったイライジャ・ウッドだがそれ以外ではしょぼくれた少年や気持ち悪い変人の役が多く、『アイス・ストーム』(1997)では隣の家の少女(まだおっぱいを小さくしていない頃のクリスティーナ・リッチ!)とデキちゃって自分の弟と本当の穴兄弟になったりとか、『シン・シティ』(2005)では連続幼女殺人鬼だったり。『パラサイト』(1998)はいじめられっこだけど寄生生物に立ち向かうヒーローの役だったけど…

 本作でもごく平凡な(イライジャ・ウッドだからその説明で許されているのであって、世間一般的にはキモヲタといわれておしまい)女優のおっかけを演じるウッドの見た目は如何にも、なので彼がヒイヒイいいながら憧れの女優を救おうとする展開にはつい感情移入しちゃうな。オタクを演じられる役者ってすごいわあ。
 全編PCの画面で展開しながら、外に出て行ってカーチェイスやったりするアウトドアさがまた売りで部屋の中だけで進行しがちな映画のテーマを気持ちよく裏切ってくれてよいですね。終盤の展開もひねりを効かせていて途中でなんとなく読めるとはいえ、あっと驚くクライマックスにしているところは面白い。
 ただしホテルの監視カメラから他人のスマホのカメラまでコントロールするってできるの?と思うし。ハッキングすればなんでもできる!と思われがちなパソコンに対する知識が少なかった昔のSF映画モドキ風の話はちょっと無理があるのでは。
 しかしこれが後の『アンフレンデッド』や『サーチ』につながると思うとバカにはできない。挑戦的な実験作なんですよ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 03:04Comments(0)映画オタクレンタル映画館

2018年10月13日

少しぐらい身綺麗にして来いよ

 前日に風呂に入らずイベントに来る奴とか、フケまみれの髪で来る奴とか、他人の容姿には厳しくても自分の見た目は知らんぷりのアイドルオタクのみなさんにグラドルの葉月あやちゃんからキッツイ突っ込みが。



葉月あや
‏@ayaaaa_com

女の子達がバッチリメイクして可愛い服着て私に会いに来たと思うとそれだけで愛おしく感じて抱きしめたくなる。
女の私に会うのにこんな可愛くして来るんだから男性とデートの時は戦闘力100で来るわけじゃん。

男性諸君、女性の服とメイクは必ず褒めてやれよまじで
12:46 - 2018年10月13日

https://twitter.com/ayaaaa_com/status/1050955865765818368

 これは遠回しに「女の子は可愛い服着てバッチリメイクでやってくるというのにホントおまえらは」というメッセージと受け取りました。だからおしゃれがわからず、加齢臭のするオッサンはもうイベントにはいかない方がいいのです。辛い思いをするだけです!!




  


Posted by 縛りやトーマス at 14:58Comments(0)オタク

2018年09月19日

自己完結しているオタクに捧ぐラブストーリー『君の膵臓をたべたい』(アニメ)



 君の膵臓をたべたい。奇妙なタイトルである。これがホラーなら違和感もないが純愛映画なのだ。食べたいほど愛してるのか?食べたいならまだわかる。これが「売りたい」だったら大変だ。金欲しかったら膵臓売れぇ!!昔そんな人がいました。あれは腎臓だったかな。

 住野よる原作によるライトノベルのアニメ化。2017年に実写化されて35億円のヒットを記録…したものの、実写版は原作とは一部を変更され、登場人物たちが大人になって12年前の物語を回想するという内容に原作者の住野先生が不満だったと言う。
 実写版の主演はDISH//の北村匠海に当時はまだ実写『あの花』や映画『咲-Saki-』の主演ぐらいでしか知られてなかった浜辺美波というキャスティングが弱いと思われたのか、それをカバーするために客の呼べるスター、小栗旬や北川景子を「大人になった現在の登場人物」として入れたのがいかにも東宝映画らしいね。アニメ版は実写より前に企画されていた上に住野先生自ら参加していたというので、実写版のような納得のいかない変更はなく原作に忠実につくられた。


 病院のロビーで偶然拾った一冊の本を拾った僕(物語の主人公。CVは高杉真宙)。「共病文庫」とかかれたその本は「僕」のクラスメイト山内桜良(CV:Lynn)がつづった秘密の日記。桜良は膵臓の病気により余命僅か。「僕」は桜良の両親以外では唯一病気のことを知る人物となる。それをきっかけに桜良と「僕」は仲良くなるのだが、「僕」は自分以外に興味のない「友人のいない」人間だった。
「僕」が友人をつくらないのは相手を見て「この人は自分のことをどう見ているのか?」が気になりすぎて友人ができない、という性格は友達がつくりにくい人間の内面を見事なまでに表していて、草食系という言葉では言い足りないほどの受け身野郎。「僕」は桜良に振り回され、どう見たってデートにしか見えない行為をし、挙句は一泊旅行にまで付き合わされる(「僕」はあくまで「付き合わされる」。ラノベオタクの人にわかりやすくいうとハルヒとキョンのような関係)。恋人同士でもなければやらないようなことを平気でしているのに二人は最後まで恋人にはならない。恋人にならない純愛映画!?なんだそれは!!

 象徴的なのが二人が劇中でやる真実か挑戦かゲーム。トランプを一枚ずつ引き合って数字の大きい方をめくった方が負けた相手に「真実か挑戦か」と聞き、負けた方は必ず「真実」と答え、勝った方は相手が答えにくい質問をする。負けた方は質問に真実を答えるか、答えたくない場合は「挑戦」を選ぶ。勝った方は相手に要求をし、負けた方はそれに「挑戦」しなくてはいけない。
 桜良は「わたしのカワイイと思うところをみっつ選んで」といい、「僕」は答えられないので「挑戦」を選ぶ。桜良は「わたしをベッドまで運んで」と要求。ヒロインにそこまで言われないとできない主人公!
 この「真実か挑戦か」ゲームは本作の最大の魅力。最後の最後まで恋人なのかどうかもはっきりしない二人の関係を表している。二人は他愛もない質問ばかりして桜良も「君はわたしのことが好き?」とか聞けばいいのに質問すらしなくてモヤモヤする。でもこれはそんなことをとても聞けないが、言わなくても自分の中ではわかっている自己完結しているオタクが好むラブストーリーなのだ。

 こんな話が多くの一般客に受け入れられているという真実。ビックリしました。時代がオタクに追いつこうとしている!

「僕」の声を演じた高杉真宙は『仮面ライダー鎧武』でヒーローになれないのならいっそ巨悪になってやる、と覚悟を決めながら小悪党にすらなれなかったよ…というひとり難しい役どころを演じていたが、今回も捉えどころのない自己完結する主人公を丁寧にきめ細かに演じていた。芸能人吹き替えと侮ることはできない。


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:11Comments(0)映画アニメオタク