2019年08月14日

映画は人を殺さない

 以下、時事通信より。

乱射影響か、映画公開中止=米ユニバーサルの「ザ・ハント」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081100227&g=int

 これは3日にテキサス州エルパソのウォルマート、そして数時間後にオハイオ州デイトンと、相次いで発生した銃乱射事件の影響を受け、ユニバーサル映画が9月に公開を予定していた映画『ザ・ハント』(原題)の公開を中止したというニュース。

 中止になった『ザ・ハント』は銃規制に反対する共和党支持者を拉致し、「エリート」とされる富裕層がさらった人間を人間狩りのターゲットにするという内容だ。これが低予算の、無名のスタッフ、出演者で作られたローバジェット映画ならまだしも、制作は『パラノーマル・アクティビティ』『ゲット・アウト』『インシディアス』のジェイソン・ブラムの会社、ブラムハウス・プロダクション。ブラムハウスでは年に一度、どんな犯罪も合法化されるアメリカを描いた(故・中島らもの短編『日の出通り商店街いきいきデー』のパチモン)映画『パージ』をシリーズ化していたから、形を変えた関連作品ということかも。『ザ・ハント』は出演者もオスカー俳優のヒラリー・スワンクに『なんちゃって家族』『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』に出ていたエマ・ロバーツという布陣。




 もちろん、ジェイソン・ブラムは風刺としてこれらの映画をつくっているわけなんだけど、共和党関係者が狩りのターゲットになるというのはさすがにストレートすぎたか。トランプ大統領もこの映画に不快感を示している(あいつは自分のお気に召さないものにはいつも過剰に不快感を表してるけど)こともあって、ユニバーサルが公開の延期を決定。

 変なのは、人を殺しているのはいつも銃なのに、その銃はちっとも規制されず、事件と直接関係ない映画が規制されるのだ。映画は人を殺さない。人を殺すのは銃だ。

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:57Comments(0)ハリウッド・スキャンダル

2019年07月18日

実写化も東京オリンピックも中止だ中止

 ハリウッドで実写映画化が予定されていた『AKIRA』の製作が中止に。


『AKIRA』実写映画が無期限休止 急転直下の展開にファン衝撃

https://kai-you.net/article/66025

 レオナルド・ディカプリオがプロデュースし、ニュージーランド出身の映画監督、役者でもあるタイカ・ワイティティが監督する予定のハリウッド版『AKIRA』は2021年に公開するという時期まで発表して(それが今年5月のこと)、制作がスタートしていたはずだが、ワイティティ監督が『マイティ・ソー』シリーズの新作の監督に決まったため、撮影時期がかぶる『AKIRA』は無期限の休止ということに。

 企画自体が消滅したわけではないのが救いだが、『AKIRA』実写は噂に上っては消え、ハリウッド版に関しても何度となく企画が上がっては実現しない、の繰り返しだったので、公開時期まで発表されていた今回の企画には一部で期待が寄せられていたのだけど・・・

 そもそも「アメリカの支配なんかいらねぇ、ここは俺たちの国だ!」と戦後アメリカの支配にNo!を突き付ける原作漫画(アニメ版はともかく)をハリウッドで映像化するのは難しいのでは?どうせアメリカ人が主演するんだし。

 いっそのこと作品内の東京オリンピック(2020年に開催する!)のように中止だ中止!粉砕!




  


Posted by 縛りやトーマス at 00:07Comments(0)アニメ漫画ハリウッド・スキャンダル

2018年12月30日

改名カルキン

 この間、クリスマスでしたが、この時期に見る映画といえば『ホーム・アローン』ですね。パート2にはあのトランプ大統領も出ているので話題性もバッチリです。
 その『ホーム・アローン』に主演したマコーレー・カルキン君はその後あっという間に人気凋落し、ストリップ・バーでダンサーの胸元にドル札を突っ込むなどイメージを粉々にするスキャンダルばかりが目立つようになり、「堕ちた元子役」「アメリカのケーキ屋ケンちゃん」と呼ばれるように(何処で)。
 そんなカルキンがイメージを払拭すべく、改名することに。

マコーレー・カルキンがついに改名!正式決定した「新たな名前」は?
https://front-row.jp/_ct/17238987

 新しい名前はマコーレー・マコーレー・カルキン・カルキンに。
 言い難いし、これじゃあ結局マコーレー・カルキンって呼ばれるようになるんじゃない?なんか石森章太郎から石ノ森章太郎に表記が変わった、ぐらいの。全然違う名前にするのかと思ったら…マコーレー・カルキンの名前を忘れないでくれ、という心の叫びが聞こえてくる。プリンスが「かつてプリンスと呼ばれたアーティスト」としても長すぎるから「元プリンス」呼ばわりした、みたいなことになりそうな。
 能年玲奈が「のん」にしたようにカルキンも「マン」とかにするのはどう?


大人になって『ホーム・アローン』のセルフパロディをするカルキン

  


Posted by 縛りやトーマス at 08:21Comments(0)ハリウッド・スキャンダル

2018年09月29日

また延期?

 映画業界では間もなく11月からの年末公開ラッシュとなりかき入れ時を迎えるわけですが、ある年末公開映画の公開延期ニュースが。



映画.com
@eigacom

【#速報】

「Deadline Hollywood」によると、今年12月21日に全米公開が予定されていたJ・キャメロン製作の「#アリータ バトル・エンジェル」が、来年2月14日に公開延期となり、代わりにタイトル未定の「#デッドプール」が公開される模様です。

https://twitter.com/eigacom/status/1045834473676230657

 キャメロンの『アリータ バトル・エンジェル』は日米同時公開の大作だったのですが、この度の延期(まだ公式の発表ではないですが…)となり、ただでさえ今年の年末は大作映画が少ないと言われているのに…ちなみに2018年末の大作映画は

・ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(11/23)
・シュガー・ラッシュ:オンライン(12/21)
・アリー/ スター誕生(〃)
・仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(12/22)


 これぐらいしかないですよ…『ジャスティス・リーグ』『探偵はBARにいる3』『オリエント急行殺人事件』『ガールズ&パンツァー最終章 第一話』『DESTINY 鎌倉ものがたり』『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』『カンフー・ヨガ』『スターウォーズ/最後のジェダイ』『バーフバリ 王の凱旋』…あと『鋼の錬金術師』(笑)とかやってた去年末の大作ラッシュと比べるべくもないラインナップ…キャメロンだけが唯一の救いだったというのになぜ延期した。

 しかも『アリータ~』って一度延期してるんですよね。

「アリタ:バトル・エンジェル」の日本公開が2018年12月に延期
https://jp.ign.com/alita-battle-angel/22439/news/201812

 その理由は主人公のでかすぎるアニメ目を若干小さくするように修正していたとか…作業が間に合わなかったのかな?それをやると全体的に主人公の絵を修正しなきゃならないので、やってるうちにこうじゃない、もう少し調整しないと…ここも、あそこも、変に見えないようにしなきゃ!とまるで整形する度に満足できずあれもこれもと手術する整形中毒者になったように…
 いつまでやっても満足しないよ!妥協して妥協!もともと大した顔じゃないんだから!

  


Posted by 縛りやトーマス at 11:03Comments(0)ハリウッド・スキャンダル

2018年06月28日

俺ちゃんの映画、どうなるの?

 ついに恐れていた事態が現実になった。映画会社21世紀フォックスがウォルト・ディズニーに買収されたのだ。


米司法省、米ディズニーによる21世紀フォックス買収を承認
https://eiga.com/news/20180628/14/

 ディズニーによるフォックスの買収は去年あたりから具体的な金額の話になっており、記事内にもあるがコムキャストが買収合戦に参加し、ディズニーが買収額を引き上げてきた。この買収の背景には配信サービス、ストリーミング業界の再編があるという。

ディズニーのフォックス買収で、ストリーミング業界が激変する
https://wired.jp/2017/12/29/disney-fox-streaming/

 配信サービス大手のHuluの大部分を所有することになるディズニーがこれをきっかけに独自の配信サービスを始めることになるだろうという。そんなことよりも不安なのが、21世紀フォックスを買収することによってフォックスのもつ映画コンテンツ、スター・ウォーズシリーズやマーベル・コミックの映画に少なからず影響があるだろうということだ。

 ハン・ソロのスピンオフ映画の苦戦が伝えられるスター・ウォーズがますます拡大化するかもしれないしマーベルのシリーズはますます増えるだろう。それだけならまだいいけど(よくない)作品の内容にディズニーの規制が強くなることが危惧される。現状でさえMCU映画でレズビアンの要素をキャラクターから消したりするディズニーがフォックス買収でデッドプールの権利を手に入れるわけですよ!そしたらパンセクシャルの要素なんて消えてなくなるに違いない!FOXネットワークの『ザ・シンプソンズ』はFOXニューズにとって不適切なギャグを飛ばすほど反抗的だが、ディズニー傘下になることによってそんなユーモアも薄められるかも知れない…そんな未来は見たくないぞ!タイムマシンでこの買収をなかったことにするしかない!?



「ディズニーがFOXに買収されたら腑抜けた映画ばかりになっちゃうぜ!なあベッカム」
「そうだな。『あなたは私の婿になる』みたいな映画ばかりになるな」
「あれは傑作だろ!」

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:49Comments(0)ハリウッド・スキャンダル

2018年04月21日

巨匠のマジコン疑惑

 80年代オタクが大歓喜の映画『レディ・プレーヤー1』、日本でもつい公開され大ヒットを記録。巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督がまるで30~40代ぐらいの時に撮ったかのような瑞々しいアクション・アドベンチャーで、まさに年代そのものが80年代に回帰したかのような傑作の誕生です。これを71歳のスピルバーグが撮っているというのは物凄いことです。
 そんなスピルバーグ監督が来日、映画について語ってくれました。

【インタビュー】『レディ・プレイヤー1』スティーブン・スピルバーグ監督「皆さんを、空想と希望のある世界にいざないたかった」
https://ovo.kyodo.co.jp/interview/a-1149929

>-監督は、実際にVRゲームをプレーしたことはあるのでしょうか。

>プレイステーションで「マリオ」などをやりました。最初にやったときはゴーグルを外したくありませんでした(笑)。


 「プレイステーションでマリオをやった」ってどういうこと?映画の中にガンダムが出てきたり、『シャイニング』を追体験していることよりもこっちの方が気になってしょうがない!
 まさか巨匠がマジコン的なアイテムを使っていたということなのでしょうか?いやそんなことはあるまい。なにしろスピルバーグは巨匠ですから、巨匠に相応しいPSでもマリオが遊べる巨匠専用ハードを所有しているに違いない。さすが巨匠は一味違うぜ。




  


Posted by 縛りやトーマス at 23:18Comments(0)オタクハリウッド・スキャンダル

2018年02月06日

HUGっとラセター

 セクハラ問題に揺れるハリウッドで「お前もかい!」と突っ込まれていたピクサーのジョン・ラセター。騒動以降休職していたようですが、このまま退職の模様。

『トイ・ストーリー』ディズニー/ピクサーCOOジョン・ラセター、ハラスメント行為で休職後そのまま退職の可能性が浮上
https://theriver.jp/john-lasseter-after/

 不適切なハグだもんなあ。そらあかんわな。命知らずのデスゲームも真っ青の行為だわ。「やあ僕ミッキーマウスだよ☆不適切なハグをしたくなっちゃうんだ☆」とか言いながらセクハラしてたのかと思うと夢の国も永久閉鎖されそうです。
 性癖がバレてしまった以上、いっそのこと開き直って大人のおもちゃが夜になると動き出す『アダルト・トイ・ストーリー』とかつくったらどうですか?」





  


Posted by 縛りやトーマス at 19:25Comments(0)アニメハリウッド・スキャンダル

2017年10月29日

セクハラ飛び火

 ハリウッドは毎日のように大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ報道が繰り返されてる。映画なんか見ている場合じゃないぜということで、35年ぶりに続編がつくられた『ブレードランナー2049』も思ったほど客が入らない様子。被害者が次から次へとあらわれて「ひとりで充分ですよ!わかってくださいよー」とワインスタインも愚痴をこぼしたという(嘘

 ワインスタイン騒動の影響は現在他の人のセクハラ問題へと飛び火しており、ワインスタインを非難したベン・アフレックが過去のセクハラを暴露されてフル炎上してたり、セクハラの事実を知りながら友人だからと何もいえなかったタランティーノなどがバッシングを受けている模様。
 そして騒動は政界にも飛び火した。


ブッシュ元大統領がセクハラ謝罪 34歳米女優、インスタで「体触られた」
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/10/26/kiji/20171026s00042000125000c.html

 まさかのブッシュ大統領、といってもプレッツェルに喉詰まらせてたジュニアの方じゃなくて、パパ・ブッシュの方。2014年に行われたイベントで女優のヘザー・リンドにセクハラを働いたという。現在93歳だから、90歳の時!車いすに乗ったままリンドの背後から体を触ったそうな。爺さん現役すぎ!プレッツェルに喉詰まらせてた息子とは訳が違う!
 リンドの告発を受けてパパ・ブッシュは「不快に感じさせたのであれば心から謝罪する」といったそうだが、不快に思わなかったらいいのかよ。それ、謝罪してるって言わないのでは。




  


2017年10月17日

失われたうまい棒

 12月16日に公開される映画『オレの獲物はビンラディン』の前売り特典として主演であるニコラス・ケイジの顔をパッケージデザインに使用したうまい棒、その名もニコラスティックがつくことが報道されていましたが、直前になって配布中止に。なんと、本人の許可を取っていなかったとのこと…


ニコラス・ケイジ主演映画の“特製うまい棒”配布中止「肖像権の使用許諾与えていない」
http://www.oricon.co.jp/news/2098853/full/


>FilmNation International, LLCとトランスフォーマー社は、ケイジがこの施策について認識しておらず「肖像権の使用許諾も与えていない」と文書を通じ説明。「特製うまい棒」配布のニュースが拡散したことで、ケイジが日本の製菓会社に対して肖像権を与えているような誤解が生じてしまったとしている。

 一部映画ファンの反応の中には「こんなバカなものに許可出すわけねーじゃんw」とうまい棒そのものにケイジが拒否反応を示したかのような書き込みが散見されるが、果たしてそうだろうか?

こんなバカなもの

 去年、ケイジは『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』の日本公開時にケイジの顔を模した金太郎飴、『ペイ・ザ・ゴースト 特製組飴』通称ニコラス・ケイジ飴を二個(“ニコ”ラスだけに)前売り券の特典としてつけていたのだ。



 こっちの方が相当バカなものに見えるんだけど!これに許可出してたんだから、うまい棒だってきっとOKだったに違いない。単純なほうれんそうのミスで本人が企画を把握してなかったんじゃないかな。こんなことでケイジが腹を立てそうにも思えないし。
 それに日本ではケイジ主演映画ってどんなに小品でも必ず公開されてるし。本国ではVOD、限定公開だった『ダーティ・コップ』ですら全国公開されてるんだから。そんなおいしいビジネスの相手である日本の国民的菓子とのコラボを断るはずがない。きちんと許可さえ取っていれば…

 でもマスコミ試写はもう始まってるから、観に行った関係者には配られてたかもね。将来価値が上がるかもしれないので関係者は大切に取っておいた方がいいよ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:36Comments(0)ハリウッド・スキャンダル食べ物

2017年02月18日

CG疑惑をまず晴らそうよ『マリアンヌ』



 第二次大戦中のモロッコ・カサブランカ。イギリス軍カナダ人パイロットの工作員マックス(ブラッド・ピット)はフランス人レジスタンスの工作員マリアンヌ(マリオン・コティヤール)と落ち合い、ドイツ人の要人を暗殺するミッションに挑む。二人は夫婦のフリをしてパーティーに潜入し、要人を仕留めるのだ。成功率数%という紙のように薄い確率の作戦を遂行する二人は死を覚悟するのだが、その状況が二人を燃え上がらせる。
 見事暗殺に成功し脱出する二人。逃走中の車内でマックスは「ロンドンで結婚しよう」とマリアンヌにプロポーズ。「極限状態で結ばれたカップルは長続きしないぞ」という上司フランク(ジャレッド・ハリス)の嫌味もなんのその、二人は式をあげる。式の日にはマリアンヌのお腹に子供がいて、ブラピ早すぎだよ!!
 そして娘が生まれ、永遠に続くと思っていた二人の愛は「ある疑惑」によって引き裂かれようとする。S.O.E(特殊作戦執行部)によってマリアンヌにドイツの二重スパイという疑いがかけられる。S.O.Eはマックスに偽の情報を流し、それをメモしてマリアンヌの目につくろところに放置しろという。S.O.Eが解読しているドイツの暗号に偽情報が流れていればマリアンヌがスパイだという証拠になる。72時間後に判明するのでもし彼女がスパイならその場で殺せ、できないなら君も裏切り者として処分する…マリアンヌへの疑惑が深まるマックスはそれでも妻の無実を信じて疑惑を晴らそうと動き出す。


 愛する妻を一心に案じて疑惑を晴らそうと東奔西走する一途な男の役をつい先日離婚したばかりのブラッド・ピットが演じる…(離婚の理由は朝からラリラリだったとか)という「ハハハ、ご冗談を」なお話にずっこける。そんな純な男やったら何度も離婚しないだろうに…ブラピといえばアンジェリーナ・ジョリーとアフリカ旅行行った時に現地部族の村に泊まって、テントの中から毎晩喘ぎ声を響かせて部族の男性から「あんな美人を毎晩喜ばせているお前は真の勇者だ!」と絶賛されて部族に伝わる勇者の称号(多分でっかいチンコケース)をもらったブラピ兄貴はどこにいってしまったんだ!
 キャスティングのマヌケさの上にストーリーも空虚。マリアンヌは終始「怪しい女」としてしか描かれないので、サスペンスが一切盛り上がらない。例えばブラピが1人で妻の疑惑を晴らそうとしてマリアンヌのレジスタンス時代の同僚を見つけて写真を見せるんだけど同僚は戦時の負傷で視力を失っていたり、同僚に言われてフランスにいるレジタンスメンバーに会えと言われ、部下を使ってフランスに向かわせたらそいつの飛行機が撃墜されたり、もう何もかもが怪しい状態で、マリアンヌに疑わしい部分がないと全然証明されないままクライマックスを迎えるんだから、あのオチは誰も驚かないだろ。

 ただ監督であるロバート・ゼメキスが今まで培ってきたVFX、CG技術の高さは遺憾なく発揮されており、53歳のブラッド・ピットの若々しいこと!あれはどう見てもCGじゃないかと…
 ブラピは妻の疑惑を晴らす前に自身のCG疑惑をまず晴らさないと!

  


Posted by 縛りやトーマス at 06:33Comments(0)ハリウッド・スキャンダル