2018年05月21日

ピザ配達人と首輪爆弾と真相『邪悪な天才 ピザ配達人爆死事件の真相』



 ネットフリックスで配信されてる『邪悪な天才 ピザ配達人爆死事件の真相』を観た。2003年にペンシルベニア州エリーで起きた実際の事件の真相に迫ろうとするドキュメントだ。
 エリー市の銀行に強盗が押し入り金が奪われる。警察はすぐに犯人を取り押さえたが犯人は「首輪に時限爆弾がつけられている!」と叫んだ。その男はピザ屋の配達人、ブライアン・ウェルズで配達に行った先で首輪をはめられ「強盗してこい」と言われたという。ウェルズはメモを持たされ、指示通りにすれば爆弾を外してやると書かれてあった。細かい字でビッシリと書き込まれたメモが9枚。
 警察は爆発物処理班を呼んだが、周囲の道路に張られた通行規制のため処理班の車は延々遠回りをする羽目になり、現場まで4ブロック先の位置で爆弾は爆発。その瞬間はテレビで生放送されていた!ウェルズが着ていた白いシャツの胸にはGUESS(推理しろ)と書かれてあった。

 この事件知ってる!映画評論家の町山さんの『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか 超大国の悪夢と夢』という本に書いてあったからだ。

事件の詳細↓
http://www.asahi.com/motion/ap/wmp/TKY200309050152.html


 残されたメモには強盗の手順、その後首輪を外すための鍵の入手方法が書いてあった。現場近くの道路を延々と周り、数か所に置いてある謎を解かないと次のヒントにたどり着かないという、まるで謎解きゲームのようだった、と警察はいう。時限爆弾のタイマーは60分で、「とてもそんな時間ではすべての謎を解いて鍵を手に入れられない」初めからウェルズは殺される予定だった?

 ウェルズが強盗時に持たされていた杖型の銃や、首輪からはまったく証拠が見つからず、容疑者はまったく絞れなかった。その後ウェルズの同僚だったロバート・ピネッティが自宅で死んだ。死因は薬物の過剰摂取。FBIによる事情聴取の前夜に。ピネッティの死が事件にどう関係するかはわからず、捜査は難航。

 しかし事件は急展開を迎える。「ある女の家に死体がある。処分を依頼されたが断った」という通報があった。現場に駆け付けた警察は冷凍庫に放り込まれた死体を発見、女を捕らえる。女はマージョリー・ディール・アームストロングといい、冷凍庫の死体は彼女の夫、ジェームズ・ローデンだった。マージョリーは夫を殺したとして逮捕されたが「ビルがやったのよ!あいつは大ウソつきよ」と警察署にやってきたテレビカメラに叫んだ。ビルとは警察に冷凍庫の件を通報したウィリアム・ロススタインという元電気配管工だ。彼女と長年の友人だったロススタインはローデンに嫉妬して殺されたのだと。
 FBIはこの二つの事件が関連しているとして捜査を始める。マージョリーの自宅、ウェルズがピザを配達した電波塔の隠れ家はともに離れていない距離だ。そしてマージョリーは以前にも同居していた恋人を殺した容疑がある(正当防衛とされて無罪になった)。さらにウェルズの家には機械の部品が山ほどあった。マージョリーはロススタインを「俺に逆らうととんでもないことになる、とよく脅すのよ」と言っていた。

「倹約家で金属の収集癖がある」「機械に詳しく凶暴性がある」

 というFBIのプロファイリングにも一致するためロススタインはうそ発見器にかけられたが結果はシロ。「切り抜ける方法を知っているんだ」とFBIは悔しがる。
 そうこうしているうち事件から一年後にロススタインはガンで死んでしまう。一方マージョリーはローデン殺しの件で服役中にムショ仲間にピザ配達人爆死事件のことをさも自分たちがやったように語っていた。首輪爆弾を作ったのはロススタインだとも。
 2005年にマージョリーは刑務所の移動を条件に情報を渡す。マージョリーは仲の悪い父親の遺産が自分に入らないことに腹を立て、父親を殺すことを計画。釣り仲間のケネス・バーンズに殺しを依頼(ケネスはやる気がなかったと証言)、その金を工面するために銀行強盗を計画。実行犯を脅すために使う首輪爆弾をロススタインにつくらせた(ローデンは計画を邪魔しようとしたので殺した)というえらく遠回しな計画だった。

 しかしこれだって真相ではない!ムショのマージョリーはバーンズを「大バカ」と呼び、「私は正当防衛とはいえ二人の夫を殺した。なんだって父親の殺しをあんなバカに依頼するのさ!自分でやった方が安上がりだよ!」というのだ。
 バーンズとマージョリーは互いを「真犯人」といって罵り合ったが、2007年ついにマージョリーは終身刑+30年の有罪判決。マージョリーは獄中からとんでもない真相を告白する。ウェルズもピネッティも事件の「共犯」だというのだ。「あいつは共犯なんだ!だから犠牲者じゃないんだよ!」これは重い罪を逃れるためのデタラメなのか?それとも…

 ロスステインは寂しい男で、女性の愛を望んでも得られず、いろいろな道具を発明しても誰にも認められない。マージョリーはかつては総代をつとめるほどの秀才で美しかったが、心を病んで躁と鬱の間を行ったり来たりした。夫を二人も「正当防衛で」殺したはずのマージョリーが内縁の夫扱いだったロススタインだけは殺さずにいた。そしてピザ配達人爆死事件という世にも奇怪な事件を起こした。二人はまるで犯罪で結ばれたボニー&クライドのような関係に見える。
 というと『俺たちに明日はない』みたいなカルトでロマンティックなクライムサスペンスに思えるけど、実際はどうかしてる人たちの外道以下な事件だから。ドキュメントの力って恐ろしい。

  


2018年05月04日

絶望するビリー

 アーケードゲーム『ドンキーコング』の世界初100万点プレイヤーとして君臨していたゲーマーのビリー・ミッチェルのハイスコアが不正であるとして記録が取り消しに。

『ドンキーコング』世界記録が不正で取り消しに。初の100万点達成プレイヤーの栄誉が移動
https://japanese.engadget.com/2018/04/13/donkeykong/
アーケードゲーム界のカリスマが保持する『ドンキーコング』元世界記録が無効に。原因はエミュレーターの使用
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180205-62261/

 ビリー・ミッチェルは『パックマン』のパーフェクトゲームを達成したり、『ドンキーコング』でもハイスコアランキングのトップに長らく君臨しゲーマー界のカリスマとして知られていましたが、チャンピオンである彼に普通の高校教師のスティーヴさんが挑む映画『The King of Kong: Fistful of Quarters』ではチャンピオンの特権を利用して優位な状況で勝負を挑んだり、子分を使って妨害しようとしたりする傲慢な一面もあり、映画ではスティーヴさんに「お前の基盤、おかしいんじゃねえか?」と難癖つけてたけど、なんと本人がエミュレータでハイスコアを出していたと暴かれてしまったのです。お前がインチキしてたんじゃねえか!

 この騒動の発端は今年1月にアタリ2600のゲーム『Dragster』の世界記録が不正であったとされたことから。

世界最長の「破られることのなかったゲーム内ハイスコア」ギネス記録が無効に。36年を経て不正と判定される
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180130-61960/

 不正で記録をはく奪されたトッド・ロジャースはビリー・ミッチェルの『ドンキーコング』ハイスコアの記録証人であったことから「ビリーの記録も不正なんじゃないの?」ということで検証が行われたところ、エミュレータによる不正が発覚。初の100万点プレイヤーの称号はスティーヴさんのものになったのである。
 ビリーはいかにも不正しそうな嫌なやつだったので人は見た目が9割って本当だったんだなあ。せっかくだから堕ちたヒーローが正規の基盤で100万点を目指し、名誉を取り戻すキング・オブ・コングの続編でもつくらない?



  


Posted by 縛りやトーマス at 07:58Comments(0)ゲーム世界のとんでもニュース

2018年04月16日

モリトモ・ペーパーズとは規模が違い過ぎるな『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』



 1971年、泥沼化する一方のベトナム戦争を分析した国防総省の機密文書、“ペンタゴン・ペーパーズ”をスクープしたニューヨーク・タイムズ、そして追随したワシントン・ポストの記者たちの奮闘を描く。

 ベトナム戦線に同行したアナリストのダニエル・エルズバーグ(マシュー・リス)は「戦線は悪化している」と報告するが、それを聞いた国防長官のロバート・マクナマラ(ブルース・グリーンウッド)はマスコミに「戦線は好転している」と正反対のことをいう。政府の方針を疑問に思ったエルズバーグは7000ページからなるベトナム戦線の分析・報告書“ペンタゴン・ペーパーズ”のすべてをコピーし、密かに持ち出す。
 コピーは大手新聞社のニューヨーク・タイムズに持ち込まれ半年に渡って分析される。タイムズは「世紀のスクープ」としてペンタゴン・ペーパーズを取り上げる。終わりの見えないベトナム戦争に疲れ果て反戦運動が高まり続けるアメリカ国内には衝撃が走る(当然)。しかしニクソン大統領(当時)は「機密漏洩だ!タイムズに圧力をかけろ!」と部下に電話で命令を飛ばす。映画の中で使われている音声はなんと本物のニクソン大統領の肉声(!)。

 結果、タイムズは「最高裁の判断にゆだねる」として途中で記事を差し止める。タイムズのスクープに臍を噛む思いだったワシントン・ポストの編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は自分たちがこのスクープを後追いし、ベトナム戦争の真実を伝えるのだ、とペンタゴン・ペーパーズのコピーをなんとか手に入れようとする。そんな折、ポスト編集部にヒッピー風の恰好をした女性が靴箱を持って現れ、箱を手渡して去っていく。その中にはペンタゴン・ペーパーズのコピーの一部が…この人が何者なのか、映画の中の登場人物でなくても気になるが、その正体は映画の後半で明かされる(まさかこんな人が…というオチで驚く)。
 コピーを入手したブラッドリーと記者たちは数日で後追いのスクープをしようとするが、折しも株式上場を果たしたばかりのポスト上層部らはタイムズが圧力に屈しかけているのを見た上に、ニュースソースが同じとなればタイムズ同様、自分たちも国家機密漏洩罪になるのでは?と記事を掲載することにストップをかけようとする。ブラッドリーらと上層部、顧問弁護士らの意見はぶつかりあい、掲載するか否かはワシントン・ポスト社主であるキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)の判断にゆだねられる。
 グラハムは前社主である夫のフィリップの自殺を経て社主になるのだが、それまでは単なる新聞社のお嬢様で、新聞のことなど何もわからないし、新聞社の人間として政府の高官らや大統領ともプライベートの付き合いがある身分。マクナマラ長官とは普段からランチの時に同席するような仲だったりする。ポストがペンタゴン・ペーパーズをスクープすることは友人・知人を敵に回すことになるのだ。プライベートの付き合いを取るか、それとも合衆国憲法修正第一条に則って国民の知るべき権利のためにこのスクープを掲載するのか?


 スピルバーグ監督は新作『レディ・プレーヤー1』の撮影後にこの企画に取り掛かり、わずか9か月ほどで企画・撮影・完成となり、アメリカでは2017年12月に限定公開、翌年1月に拡大公開。こんな突貫作業になったのはトランプ大統領下のアメリカでマスメディアを「フェイクニュース」呼ばわりし、萎縮する報道に「ビビらずに真実を報道しよう、ペンタゴン・ペーパーズを報道したタイムズとポストを見習おうよ!」と喝を入れるためだったという。
 今、この映画を一番楽しめるのは日本人であることは間違いない。日本でも今、モリトモ・ペーパーズ問題が大きく報道されているが(なんというベストタイミング!)、多くのメディアがビビッてしまい、まともに報道できないではないか。本家に比べてあまりにも規模が小さすぎるけれど、日本のマスメディアもぜひ戦って欲しい。
 政府に媚びを売るのが報道ではない、報道は国民の知るべき権利のためにあるのだというメッセージ、そして男性優位社会の中でまともに声をあげられなかったキャサリン・グラハムら女性たちが勇気を振り絞って戦う姿こそが正義というテーマははベトナム戦争の時代であろうが、2018年であろうが、不変のものだ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:35Comments(0)世界のとんでもニュース

2018年02月19日

高めの芸術点

 世間はどうか知りませんが僕は特に興味もない平昌五輪ですが、みなさん見てますかー!多分人気なんでしょう。そんな五輪のフィギュアスケート・アイスダンスペアでまさかの大珍事発生です。


http://yamachan01.com/blog-entry-10319.html

 衣装の脇からポロリ発生。最近のテレビ中継はハイビジョンでNHKなんて4Kとかですからね。高画質さらにスローモーションでどんな瞬間も逃さない。それがためにこんな恥ずかしいことになってしまうなんて…ガードの固い日本人選手ではありえないでしょうが、さすがは欧州。芸術のためならポロリも辞さないその姿勢、嫌いじゃないわ!芸術点は一体何点だったのでしょう?




  


Posted by 縛りやトーマス at 22:22Comments(0)世界のとんでもニュースアスリート系

2017年12月20日

ハラキリ!スシ!サムラーイ!

 映画『ラストサムライ』公開時に連載していた『真・ヒゲのOL薮内笹子』の最終回で映画にかぶれた白人のサムライマニアと黒人の新選組マニアが対立するというギャグに腹抱えて笑った記憶がある。外国人のサムライマニアはなぜか笑いを誘うよねと思ってたら笑ってる場合ではない事件が起きた。

英国の刀の専門家が「ハラキリ」自殺 海外メディアで話題に
http://news.livedoor.com/article/detail/14053087/

 日本刀のコレクターである51歳の英国人が腹部に刀を突きさした状態で発見されたのだという。


>2017年2月、実家に帰ってきたころには「体重も減り、寝室にこもりきり」とまるで別人に。そんな中、男性の元に一振りの刀が届く。もともと自ら所有していた刀で、ロンドンの専門家に預けていたものが返送されてきたのだという。刀の種類や来歴などは明らかではない。
>そして直後の6月、男性は自らの腹部などに刀を突き立てた状態で発見された。



 アーサー王伝説の国イギリスでサムライマニアになるとは変わった趣味の人だな。とはいえアーサー王伝説って女が男同士の結束を乱したり、自分に仕えた騎士が裏切ったりとか、イヤーな話だし絶望して自殺したくなるのもわかる(違う、そうじゃない)。
 日本刀だけではなく、武士道にも興味を持つようになっていたという男性の死を英メディアは「ハラキリ=自殺」と断定しているという。
 武士道に染まったからといってハラキリまで実践するのはありえないんじゃない?僕の想像だが、この英国人が手にしたのは妖刀なのではないか。怪しげな来歴の日本刀を入手した男性は専門家に調べてもらったが、不吉なものを感じ取った専門家がそのまま送り返し、妖刀に命を奪われたとか。こうしてイギリスに聖杯伝説に匹敵する妖刀伝説が誕生することに…

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:34Comments(0)世界のとんでもニュース

2017年10月29日

セクハラ飛び火

 ハリウッドは毎日のように大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ報道が繰り返されてる。映画なんか見ている場合じゃないぜということで、35年ぶりに続編がつくられた『ブレードランナー2049』も思ったほど客が入らない様子。被害者が次から次へとあらわれて「ひとりで充分ですよ!わかってくださいよー」とワインスタインも愚痴をこぼしたという(嘘

 ワインスタイン騒動の影響は現在他の人のセクハラ問題へと飛び火しており、ワインスタインを非難したベン・アフレックが過去のセクハラを暴露されてフル炎上してたり、セクハラの事実を知りながら友人だからと何もいえなかったタランティーノなどがバッシングを受けている模様。
 そして騒動は政界にも飛び火した。


ブッシュ元大統領がセクハラ謝罪 34歳米女優、インスタで「体触られた」
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/10/26/kiji/20171026s00042000125000c.html

 まさかのブッシュ大統領、といってもプレッツェルに喉詰まらせてたジュニアの方じゃなくて、パパ・ブッシュの方。2014年に行われたイベントで女優のヘザー・リンドにセクハラを働いたという。現在93歳だから、90歳の時!車いすに乗ったままリンドの背後から体を触ったそうな。爺さん現役すぎ!プレッツェルに喉詰まらせてた息子とは訳が違う!
 リンドの告発を受けてパパ・ブッシュは「不快に感じさせたのであれば心から謝罪する」といったそうだが、不快に思わなかったらいいのかよ。それ、謝罪してるって言わないのでは。




  


2017年08月29日

ドッタンバッタン大騒ぎ(だけど通常放送)

 本日早朝に北朝鮮が相変わらず無意味なミサイル発射。各局一斉にミサイル報道がなされ、本日最終回を迎える『けものフレンズ』の再放送が無事行われるのかフレンズのみんなが不安いっぱいに(ミサイルが飛んできたことよりも、だ!)

 …しかし、何事もなかったかのように最終回は放送されたのでした。すごいぞテレビ東京!



 各局ミサイル報道ではなんとか国民を安心させようと不安を煽る内容ばかりやっていましたが、アニメが普通に放送されることのほうがよっぽど国民は安心しますよ。
 しかしテレ東は結局キー局というプレッシャーからかL字枠放送をしたものの、テレビ大阪、テレビ愛知などは堂々L字枠なしの通常放送という英断。


テレビ東京      テレビ大阪

 北の指導者様はトランプと仲良く茶番のチキンレースを演じ、日本国民を不安にさせて政権を維持したい安倍政権とマッチポンプを仕掛けて当たりもしないミサイルを打ち上げて喜んでますけど、なんとも思っていないテレビ東京グループに歯ぎしりしていることは間違いない。ミサイルにすら動じない、かばんさんはすごいのだー!

「撃たないでくださーい!」(撃っても無駄だから…)

  


Posted by 縛りやトーマス at 08:41Comments(0)アニメ世界のとんでもニューステレビ

2017年05月08日

サメざめ

 AVのナンパシリーズとか職業モノなどのドキュメント風AVは言わずもがな大体仕込みなんですが、さすが本場アメリカは仕込みとは思えないリアルさですな。

【動画あり】水中撮影中の米AV女優がサメに襲われる事故が発生した件
http://blog.livedoor.jp/pururungazou/archives/8864948.html

 女優が入っている檻がどう見てもサメが普通に入ってこられる隙間があって下手すりゃ頭全部入ってこられるやんけ!!一歩間違えたら喰われるレベルで日本の仕込みドキュメント風AVとは格が違う。世の中にはこれ見て興奮する変態がたくさんいるんですね!

 って書いてみたけど、噛まれる瞬間はカメラ回ってないし、(なぜか不自然に上半身だけ写してる)ひょっとするとこれも仕込み、ヤラセかもしれないね。普通に考えて檻を見た時点で「棒の間、広すぎない?」って言うような。流れる血、噛み跡の残る足の傷もハリウッド仕込みの特撮かも知れませんよ。少し前に日本でホラー映画の撮影中、出演タレントがクラゲに刺されて海難事故騒ぎになった、ってニュースがあったけどそれと似たようなもんかな。





  


Posted by 縛りやトーマス at 11:14Comments(0)世界のとんでもニュースAV

2017年04月09日

トップレスコーヒーをめぐる冒険

 外を歩いてちょっと休憩しようと思うとどこへいってもスタバやドトールだらけで水っぽい不味そうなコーヒーを飲まされ居心地悪いわでコーヒーショップはちっとも憩いの場ではなかったりするのだが、最近アメリカのコーヒーショップが大ブームを起こしているというではないか。


おっぱい丸出しの美女が接客「トップレスコーヒー」が全米でブームの兆し
http://www.cyzo.com/2017/04/post_32189_entry.html

 美女がおっぱいのトップにシールを張っただけの状態で接客してくれる「トップレスコーヒー」!おっぱい・バリスタたちが厳選されたビーンズでコーヒーをサーブするという。トップレスコーヒー!おっぱいバリスタ!夢のあふれるワードしかないな。
 昨今のコーヒーショップのサイズ表記といえばSとかMじゃなくてT(トール)とか一見してわけのわからないものになっており一見を殺すメニューとなっているがトップレスコーヒーではサイズはA~DD"カップ”サイズである。こんなわかりやすいことはない。店舗形態の多くはドライブスルー形式のコーヒースタンドといい、店に座ってじっくり飲むタイプの店ではないというのもいい。スケベオヤジがトップレスバリスタを見ながらニヤニヤコーヒー飲まれてもねえ。そこはサーブされた揺れるコーヒーを手渡されるまでの間、ゆれるおっぱいとお尻をたしなむ程度の刹那の時間を過ごすのが大人の行為といえよう。そこは違いのわかる男でありたい
 日本もネスカフェアンバサダーのCMでおしゃれムードを出してないでトップレスコーヒーでアンバサダーしろよ(意味不明)!



  


Posted by 縛りやトーマス at 22:32Comments(0)世界のとんでもニュース食べ物

2016年12月24日

バクバクロコダイル

 サッカーの王様、ペレがED治療薬のCMに出ていた時はあんなスーパースターでも勃たない時があるんだな、ゴールを決められなくて大ショックなんだ…としみじみしたもので、男にとって勃つの勃たないのに人生かかってるんだから、もしそれを治せるのなら命がけにもなるよね。


クロコダイルの強姦試みた3人の男が死亡、南アフリカーマスコミ
https://jp.sputniknews.com/incidents/201612233170727/


ZW Newsが伝えたところによると、南アフリカ共和国のリンポポ州に住む3人の兄弟がクロコダイルの雌を強姦しようとして死亡した。兄弟たちはインポテンスに悩んでおり、地元魔法使いが「民間」療法を勧めた。兄弟はクロコダイルを捕まえることに成功したものの、その瞬間に他のクロコダイルが襲ってきた。


 同種のセック スができないというのに、獣姦にステップアップとは大胆だな。そもそも勃たないんじゃないの?で、異種族にメスを奪われると思った雄に食われちゃってるし。大人しく人間同士で満足していればよかったのに…ってそういう話じゃなかったっけ??




  


Posted by 縛りやトーマス at 11:06Comments(0)特撮・ヒーロー世界のとんでもニュース