2020年01月06日

話盛りすぎですよ!『コンフェッション・キラー 疑惑の自供』



 米国史上最多の360人以上を殺しテキサス州で死刑判決を受けた連続殺人鬼、ヘンリー・リー・ルーカス。彼の犯した殺人はあまりに膨大で本人も思い出せないぐらいなので、犯行時の状況を思い出せた時には「ルーカス特別捜査班」のメンバーを呼び出して自供をはじめる。ヘンリーの自供によって未解決だった事件のいくつかが解決し、誤認逮捕されていた容疑者は釈放されていった。獄中の死刑囚に警察が捜査のために話を聞きに行くという、あの『羊たちの沈黙』に登場するドクターレクターのモデルになった人物だ。

 そのヘンリー・ルーカスのドキュメンタリー、『コンフェッション・キラー 疑惑の自供』がネットフリックスで配信されているので観た。
 僕がヘンリーを知ったのは『羊たちの沈黙』を観た時と、世界中の連続殺人鬼を取り扱った平山夢明の『異常快楽殺人』を読んだ時だ。この本では『厳戒棟の特別捜査官』という中でヘンリーが取り扱われている。



 幼いころから淫売の母親に虐待されて育ったヘンリーは精神と身体の両方に傷を負い、23歳のころに結婚を誓った女性と母親が口論の末に家を出て行ってしまい、さらに母親から罵られたことをきっかけにその場で母親を殺害、40年の刑を食らうが、ベトナム戦争の影響による国家の財政圧迫を理由に10年で仮釈放となる。釈放直後にバス停で女性を殺害、金品を奪って逃亡。その後はあちこちを転々とし、フロリダでオーティス・ツールという「同性愛者の美青年」と仲良くなり、週末は二人で出かけていった先々で暴行、強盗、殺人を繰り返す。オーティスから「死の腕」という組織を紹介してもらったヘンリーは入会テストに合格し、組織からの依頼で誘拐、殺人を引き受けるようになる。組織から証拠を残さない技術を叩き込まれ、全米中を遠征して殺人行脚をオーティスとともに続けたがまったく捕まらなかったという。彼を疑った保安官に嘘発見器にかけられたが、「死の腕」の教育によってそれもパスしてしまう。ただ一度ドジを踏んだことで逮捕されてしまったヘンリーは獄中で「神の声」を聞いたことでクリスチャンに目覚め、連続殺人の告白をはじめた・・・

 という風に紹介されていた。ネット上の記事なんかでもヘンリー・ルーカスが紹介されるときはこんな感じだった。ところがネットフリックスのドキュメンタリーを見てみると、まったく違う。なんとこのヘンリーの自供はすべて誘導尋問によるもので、彼は連続殺人鬼ではないというのだ。


 テキサスでオーティスのいとこの少女、ベッキーとヘンリーは恋仲になる。だがつまらない諍いからベッキーを殺害、証拠隠滅のためにベッキーの祖母も殺害し遺体を捨てる。この一件を保安官にかぎつけられついにヘンリーはお縄になる。最初はしらを切っていたヘンリーだが、やがて保安官にベッキーと祖母の殺害を告白する。
 裁判所で事件の判決が下されようとした時、ヘンリーは突然

「残り100人の女性の殺人は?」

 と言い出し法廷は騒然となる。

 100人以上の連続殺人事件の容疑者となったヘンリーを捜査するため、全米の警察に犯人が捕まっていない女性の殺人事件について調査するよう通達が飛び、膨大な件数を処理するための「特別捜査班」が設けられ、テキサスのバウトウェル保安官がリーダーとなってヘンリーを尋問することに。バウトウェルはテキサス警備隊の伝説的な英雄で、あのテキサスタワー銃乱射事件の時に飛行機で現場上空を飛んで、機体に銃撃を受けながら犯人の位置を無線で知らせた男だ。バウトウェルは公安局長ジム・アダムスと交渉して専属の捜査班を組むよう、交渉しそれが認められる。アダムスは捜査班の窓口にテキサス警備隊のボブ・プリンスを指名した。

 特別捜査班の尽力によって全米中の未解決事件をヘンリーは自供していった。そんな中、ジャーナリストのエインズワースがヘンリーを取材をしたいと申し出る。エインズワースは殺人事件の容疑者を取材するジャーナリストで、30人以上の女性を殺したテッド・バンディとも直接面談したことがある。バンディを超える100人以上を殺した希代の殺人鬼!興味を惹かれないわけがない。

 バウトウェルはエインズワースの取材を歓迎した。ヘンリーに会いたいという人間はたくさんいたが、バウトウェルは「俺が会わせてやるよ」とまるでマネージメントしているタレントを会わせるような感覚でヘンリーを紹介する。なんと日本からもクルーがやってきているのだ。クルーは日本からおみやげを持ってきて渡すとヘンリーは大喜び。日本のクルーはさんづけでヘンリーを呼んで話を聞く。海外のスターに会っているみたいに。随分のんきだなあ。目の前の男は連続殺人鬼だぞ!
 と思うのだが、残されている記録映像では会談の様子はゆるゆる。なにしろヘンリーは手錠も腰縄もかけられていない。タバコだって吸い放題。

 日本のクルーを交えた会話の中で、ヘンリーは「日本にも行ったことがあるんだ」という。どうやって?と聞くと「車を運転してね」と笑う。え?車で?アメリカから日本へ車で行けるわけがない。この男、なんか変だぞ。
 その後部屋でエインズワースと二人きりになったヘンリーは「ここだけの話だけど、殺しは、全部作り話なんだ」と言い出す。


 ヘンリーの自供はバウトウェルらの誘導尋問によって行われたものだった。バウトウェルは全米の未解決事件の中から都合のいいものを選んで「〇月〇日、ここにいたよな?ここで女性が殺されているんだ」とヘンリーに告げて遺体のあった場所を地図や写真でそれとなく指し示して「ヘンリーが自白した」「犯人しか知らない情報を知っていた」といい、未解決事件の犯人をヘンリーにしていたのだった。

 これがなんで発覚したのかというと、バウトウェルの特別捜査班は未解決事件の犯行日をリストアップし、何月何日に犯行、そのあと移動して何日には犯行・・・という風にパズルを埋めるみたいにヘンリーの殺人行脚をつけていったのだが、それが明らかに不可能な日程なのだ。例えば10月2日にワシントンで犯行、そこから3200キロ移動して10月4日ヒューストンで誘拐未遂事件を起こす。960キロ先のアーカンソーで殺人、1530キロ移動して10月16日ニューメキシコでまた殺人、10月27日1600キロ先のネバダで殺人、2600キロ移動して10月29日ルイジアナで殺人、3400キロ移動したケベックで殺人、これが10月31日。11月2日に3200キロ移動した先のミズーリでまたまたまた殺人・・・
 一か月の間に1万7700キロを移動しての殺人行脚。時速80キロで車を飛ばして休息もなし、という条件でなければ達成できない。「巡航ミサイルでもなけりゃできない」と言われる。こんなことはありえない。するとバウトウェルは「彼は運転や車上生活が好きだったのです」・・・って何の説明にもなっていない!

 エインズワースらこの一件に疑問を持つ人はヘンリーを「話を盛るタイプ」として、自暴自棄になっていたヘンリーはバウトウェルら保安官たちを喜ばせたかったのだろうという。一件解決するごとにシェークをもらえるという条件でヘンリーは犯行を認める書類にサインし続ける。

「これは冤罪だ。とんでもないことになっている」

 特別捜査班の悪行を暴こうとする人が現れるのだが、公安局長のアダムスはそういった「余計な事をするやつら」を元FBI副長官だった権力を利用して陥れていく。盗聴、尾行、不法侵入、懇意にしているマスメディアを使って批判させる。それでも黙らなきゃ犯罪をでっちあげろ!ヘンリーを救おうとしたある検事は詐欺、賄賂の罪で手錠をかけられ人生を台無しにされてしまう。

 バウトウェルらは未解決事件を処理した英雄として扱われたかったのとテキサスでは保安官は偉大なヒーローでなくてはならない、という周囲からのプレッシャーがそうさせたのだろうとエインズワースらは分析する。
 しかしやってもいない犯罪をやったことにされたヘンリー、そして事件の犠牲者遺族はたまったものじゃない。ヘンリーの誘導された自供のせいで真犯人の多くは逃げおおせており、遺族らは「バウトウェルに騙された」と肩を落とす。

 とまあ、平山先生の『異常快楽殺人』と全然違うことになっていたのだった。当時、平山先生が入手できた資料にはここまで書かれてなかったんだろうなあ。彼もまたバウトウェルの被害者なのかもしれない。
 嘘つきとまではいわないけど、しかしいくらなんでもこりゃひどすぎでしょ!と思うのがヘンリーの相棒オーティスを『異常快楽殺人』の中では「同性愛者の美青年」としているところ。番組ではオーティスの映像もあるんだけど


右がヘンリー。左がオーティス。

 ・・・美青年て、どこがや、ど・こ・が!(いくらだいぶ年を経た後とはいえ!)

 平山先生、ヘンリーばりに話盛りすぎですよ!話盛りすぎて観てもいないビデオのレビューをでっちあげてた平山先生らしいけど!

  


2019年09月29日

大きい股間の疑惑

 チャールズ・ブロンソンの西部劇『正午から3時まで』でブロンソンは強盗団のひとりグラハム・ドーシーを演じている。銀行強盗を結構する直前に乗っている馬がダメになり、一軒の民家から馬を拝借しようとする。その民家にいた未亡人アマンダ(ブロンソンの嫁、ジル・アイアランドが演じている)に一目ぼれしたドーシーは馬がないと嘘をつき、家に留まる。亡き夫に操を誓うアマンダだったがやがて二人は惹かれあい、正午から3時までの3時間だけ愛し合う。
 仲間たちが強盗に失敗したと聞かされ、ドーシーは彼らを助けにいく。仲間が縛り首になると知ったドーシーは途中で出会った歯科医のフィンガーになりすまし、ドーシーと間違われた彼は射殺される。しかしフィンガーが詐欺師だったことからドーシーは刑務所に入れられてしまう。入れ替わりを知らないアマンダはドーシーが死んだと思い込む。警察にドーシーとの関係を話したことで彼女は町中から「ふしだらな女」と責められるが、「私たちは正午から3時までの間、確かに愛し合ったのです」と強く訴え、世間の同情を買うことに成功する。この話を本にしようとする作家に「ドーシーは長身のハンサムで・・・」と思いっきり美化したドーシー像を語るアマンダ。
 一方、塀の中のドーシーはアマンダが忘れられず脱獄する。外に出ると自分とアマンダのことを書いた本がベストセラーになり、二人のなれそめは『正午から3時まで』という舞台になり、アマンダの家は観光地化していた!しかしドーシーの姿は似ても似つかぬ「長身のイケメン」にされてしまっていた!憤慨したドーシーはかつての仲間たちに不満をぶちまけるが彼らはドーシーのことを観ても誰のことだかわからない。

「お前誰だ」
「俺だよ、ドーシーだよ」
「嘘をつけ、ドーシーは長身のハンサムだ。お前なんかとは似ても似つかない」

 本に書かれたドーシー像が定着してしまっていて、本物のドーシーを知っている仲間たちもそっちが本物だと思い込んでいるのだ(そんなアホな)。
 ドーシーはアマンダに会いにいくが、当然自分が美化したドーシー像が本物だと思っているのでブロンソンを見てもわからない。ドーシーは「証拠を見せてやる」と服を脱いで股間を見せつける!それでアマンダもようやく本物のドーシーだと気づくのだ(爆笑)。


「股間が大きすぎて怪しい」万引きを疑われた男性。無実を証明するために約25センチのイチモツを見せる(イギリス)
http://karapaia.com/archives/52282954.html



 と、そんなコメディ映画のことを思い出したこの事件。衣料用品店でイチモツがでか過ぎる男が、股間のふくらみを観て万引きを疑われ「だったら証拠を見せてやるぜ!」とパンツを脱いで潔白を証明した。侮辱された、と男は憤慨しており、店側は男の高圧的な態度や「パンツを脱げとは強制していない」というものの、衣服がパンツに入るわけはないんだし、店側の態度もどうかと思うよね。

 ちなみにブロンソンの映画の続きは、今更本の内容は誇張したんだといえないアマンダは自殺して世間の夢を守る。アマンダ殺しの罪で捕まったドーシーは塀の中で「俺が本物のドーシーなんだよ!」と空しく叫ぶが誰にも信じてもらえない。異常者扱いされた彼は精神病院に収容されてしまい、そこの入院患者たちだけは彼が本物のグラハム・ドーシーだと信じてくれるのだ。怖いオチだな!


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:49Comments(0)世界のとんでもニュース

2019年06月13日

114通りの未来を観た男

 いまだかつてない勢いのオープニング成績をたたき出したものの、結局失速して『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『アバター』の記録越えはならなかった『アベンジャーズ/エンドゲーム』の興行成績ですが、別のところで新たな記録が誕生してました。

米のマーベルファン、『アベンジャーズ/エンドゲーム』110回観賞しギネス記録破る

https://www.afpbb.com/articles/-/3229623?cx_part=top_focus&cx_position=1

 フロリダ在住の男性アグスティン・アラニスさんが『アベンジャーズ/エンドゲーム』を劇場で110回鑑賞し、去年、『アベンジャーズ/インフィニティ―・ウォー』を劇場103回観た、というほかのアンソニー・ミッチェルさんの記録を更新し、まだ未公認だがギネス記録を更新することになる模様。

https://twitter.com/SinarOnline/status/1138962054025400320

 ちなみに昨日(6月13日)の時点で114回目を観た様子。

https://twitter.com/agalanis17/status/1138996418285309952


 こういう観た回数自慢はあんまり大したことなくない?だってただ観るだけじゃないか・・・と思ったりもするが、このアラニスさんが

「僕は1日10時間働き、平日は少なくとも6時間かけて2回エンドゲームを見ている」


 という。1日10時間って、アメリカの社畜だったのか(何をしている人なんだろう?)。10時間も働いたら、僕なら食って風呂入って寝て終わりだね!その状況で記録達成とは、そら自慢してええわ。
 ひょっとしたら114回のうち1回ぐらいはサノスが勝利するターンもあったのかも知れないしな!ドクター・ストレンジの1400万通りの中にこの勝利への道はあったのだろうか?




  


Posted by 縛りやトーマス at 18:33Comments(0)映画オタク世界のとんでもニュース

2018年12月19日

バンビを月一回観る権利をやる

 アメリカ・ミズーリ州で鹿の密猟をした男が月一回、ディズニーの『バンビ』を鑑賞する刑を言い渡された。

判決は「バンビの刑」。シカの密猟者に、月1回の鑑賞を刑務所で

https://www.huffingtonpost.jp/2018/12/18/bambi-sentense_a_23621115/

 容疑者は家族とともに密猟をし、数百頭の鹿を殺害した容疑。裁判所は一年の禁固刑と毎月一回『バンビ』を鑑賞するように義務付けた
 ディズニーの『バンビ』は親鹿を猟師に殺されたバンビが力強く生きていく話だから、矯正目的ということか。しかし容疑者は鹿の頭部を切り取って持ち去ったというやつだよ。食べるためならまだしもねえ、変態でしょう。そんなやつがただバンビを見せるだけじゃあなんの反省もしないよ。見せるときは器具に固定して、瞼を閉じられない状態でルドヴィゴ療法みたいにしないと。『バンビ』を見せたら気持ち悪くなって吐き出すぐらいまで追い詰めないとダメだよ!



  


Posted by 縛りやトーマス at 21:03Comments(0)世界のとんでもニュース

2018年11月06日

なめくじチャレンジ

「食糧難に陥った時、虫は食料として代用可能か?」という本が出てたけど、カタツムリやナメクジは代用できるか?


豪、ナメクジ食べた男性死亡 寄生虫感染8年闘病

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018110601002818.html

 結果…できない!
 以前ごぼうを生で食ったことあったけど、腹を下すぐらいで全然大丈夫でしたね(それは大丈夫といわない)。なので生き物は警戒した方がよい。植物なら大丈夫。

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:53Comments(0)世界のとんでもニュース

2018年05月21日

ピザ配達人と首輪爆弾と真相『邪悪な天才 ピザ配達人爆死事件の真相』



 ネットフリックスで配信されてる『邪悪な天才 ピザ配達人爆死事件の真相』を観た。2003年にペンシルベニア州エリーで起きた実際の事件の真相に迫ろうとするドキュメントだ。
 エリー市の銀行に強盗が押し入り金が奪われる。警察はすぐに犯人を取り押さえたが犯人は「首輪に時限爆弾がつけられている!」と叫んだ。その男はピザ屋の配達人、ブライアン・ウェルズで配達に行った先で首輪をはめられ「強盗してこい」と言われたという。ウェルズはメモを持たされ、指示通りにすれば爆弾を外してやると書かれてあった。細かい字でビッシリと書き込まれたメモが9枚。
 警察は爆発物処理班を呼んだが、周囲の道路に張られた通行規制のため処理班の車は延々遠回りをする羽目になり、現場まで4ブロック先の位置で爆弾は爆発。その瞬間はテレビで生放送されていた!ウェルズが着ていた白いシャツの胸にはGUESS(推理しろ)と書かれてあった。

 この事件知ってる!映画評論家の町山さんの『キャプテン・アメリカはなぜ死んだか 超大国の悪夢と夢』という本に書いてあったからだ。

事件の詳細↓
http://www.asahi.com/motion/ap/wmp/TKY200309050152.html


 残されたメモには強盗の手順、その後首輪を外すための鍵の入手方法が書いてあった。現場近くの道路を延々と周り、数か所に置いてある謎を解かないと次のヒントにたどり着かないという、まるで謎解きゲームのようだった、と警察はいう。時限爆弾のタイマーは60分で、「とてもそんな時間ではすべての謎を解いて鍵を手に入れられない」初めからウェルズは殺される予定だった?

 ウェルズが強盗時に持たされていた杖型の銃や、首輪からはまったく証拠が見つからず、容疑者はまったく絞れなかった。その後ウェルズの同僚だったロバート・ピネッティが自宅で死んだ。死因は薬物の過剰摂取。FBIによる事情聴取の前夜に。ピネッティの死が事件にどう関係するかはわからず、捜査は難航。

 しかし事件は急展開を迎える。「ある女の家に死体がある。処分を依頼されたが断った」という通報があった。現場に駆け付けた警察は冷凍庫に放り込まれた死体を発見、女を捕らえる。女はマージョリー・ディール・アームストロングといい、冷凍庫の死体は彼女の夫、ジェームズ・ローデンだった。マージョリーは夫を殺したとして逮捕されたが「ビルがやったのよ!あいつは大ウソつきよ」と警察署にやってきたテレビカメラに叫んだ。ビルとは警察に冷凍庫の件を通報したウィリアム・ロススタインという元電気配管工だ。彼女と長年の友人だったロススタインはローデンに嫉妬して殺されたのだと。
 FBIはこの二つの事件が関連しているとして捜査を始める。マージョリーの自宅、ウェルズがピザを配達した電波塔の隠れ家はともに離れていない距離だ。そしてマージョリーは以前にも同居していた恋人を殺した容疑がある(正当防衛とされて無罪になった)。さらにウェルズの家には機械の部品が山ほどあった。マージョリーはロススタインを「俺に逆らうととんでもないことになる、とよく脅すのよ」と言っていた。

「倹約家で金属の収集癖がある」「機械に詳しく凶暴性がある」

 というFBIのプロファイリングにも一致するためロススタインはうそ発見器にかけられたが結果はシロ。「切り抜ける方法を知っているんだ」とFBIは悔しがる。
 そうこうしているうち事件から一年後にロススタインはガンで死んでしまう。一方マージョリーはローデン殺しの件で服役中にムショ仲間にピザ配達人爆死事件のことをさも自分たちがやったように語っていた。首輪爆弾を作ったのはロススタインだとも。
 2005年にマージョリーは刑務所の移動を条件に情報を渡す。マージョリーは仲の悪い父親の遺産が自分に入らないことに腹を立て、父親を殺すことを計画。釣り仲間のケネス・バーンズに殺しを依頼(ケネスはやる気がなかったと証言)、その金を工面するために銀行強盗を計画。実行犯を脅すために使う首輪爆弾をロススタインにつくらせた(ローデンは計画を邪魔しようとしたので殺した)というえらく遠回しな計画だった。

 しかしこれだって真相ではない!ムショのマージョリーはバーンズを「大バカ」と呼び、「私は正当防衛とはいえ二人の夫を殺した。なんだって父親の殺しをあんなバカに依頼するのさ!自分でやった方が安上がりだよ!」というのだ。
 バーンズとマージョリーは互いを「真犯人」といって罵り合ったが、2007年ついにマージョリーは終身刑+30年の有罪判決。マージョリーは獄中からとんでもない真相を告白する。ウェルズもピネッティも事件の「共犯」だというのだ。「あいつは共犯なんだ!だから犠牲者じゃないんだよ!」これは重い罪を逃れるためのデタラメなのか?それとも…

 ロスステインは寂しい男で、女性の愛を望んでも得られず、いろいろな道具を発明しても誰にも認められない。マージョリーはかつては総代をつとめるほどの秀才で美しかったが、心を病んで躁と鬱の間を行ったり来たりした。夫を二人も「正当防衛で」殺したはずのマージョリーが内縁の夫扱いだったロススタインだけは殺さずにいた。そしてピザ配達人爆死事件という世にも奇怪な事件を起こした。二人はまるで犯罪で結ばれたボニー&クライドのような関係に見える。
 というと『俺たちに明日はない』みたいなカルトでロマンティックなクライムサスペンスに思えるけど、実際はどうかしてる人たちの外道以下な事件だから。ドキュメントの力って恐ろしい。

  


2018年05月04日

絶望するビリー

 アーケードゲーム『ドンキーコング』の世界初100万点プレイヤーとして君臨していたゲーマーのビリー・ミッチェルのハイスコアが不正であるとして記録が取り消しに。

『ドンキーコング』世界記録が不正で取り消しに。初の100万点達成プレイヤーの栄誉が移動
https://japanese.engadget.com/2018/04/13/donkeykong/
アーケードゲーム界のカリスマが保持する『ドンキーコング』元世界記録が無効に。原因はエミュレーターの使用
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180205-62261/

 ビリー・ミッチェルは『パックマン』のパーフェクトゲームを達成したり、『ドンキーコング』でもハイスコアランキングのトップに長らく君臨しゲーマー界のカリスマとして知られていましたが、チャンピオンである彼に普通の高校教師のスティーヴさんが挑む映画『The King of Kong: Fistful of Quarters』ではチャンピオンの特権を利用して優位な状況で勝負を挑んだり、子分を使って妨害しようとしたりする傲慢な一面もあり、映画ではスティーヴさんに「お前の基盤、おかしいんじゃねえか?」と難癖つけてたけど、なんと本人がエミュレータでハイスコアを出していたと暴かれてしまったのです。お前がインチキしてたんじゃねえか!

 この騒動の発端は今年1月にアタリ2600のゲーム『Dragster』の世界記録が不正であったとされたことから。

世界最長の「破られることのなかったゲーム内ハイスコア」ギネス記録が無効に。36年を経て不正と判定される
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180130-61960/

 不正で記録をはく奪されたトッド・ロジャースはビリー・ミッチェルの『ドンキーコング』ハイスコアの記録証人であったことから「ビリーの記録も不正なんじゃないの?」ということで検証が行われたところ、エミュレータによる不正が発覚。初の100万点プレイヤーの称号はスティーヴさんのものになったのである。
 ビリーはいかにも不正しそうな嫌なやつだったので人は見た目が9割って本当だったんだなあ。せっかくだから堕ちたヒーローが正規の基盤で100万点を目指し、名誉を取り戻すキング・オブ・コングの続編でもつくらない?



  


Posted by 縛りやトーマス at 07:58Comments(0)ゲーム世界のとんでもニュース

2018年04月16日

モリトモ・ペーパーズとは規模が違い過ぎるな『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』



 1971年、泥沼化する一方のベトナム戦争を分析した国防総省の機密文書、“ペンタゴン・ペーパーズ”をスクープしたニューヨーク・タイムズ、そして追随したワシントン・ポストの記者たちの奮闘を描く。

 ベトナム戦線に同行したアナリストのダニエル・エルズバーグ(マシュー・リス)は「戦線は悪化している」と報告するが、それを聞いた国防長官のロバート・マクナマラ(ブルース・グリーンウッド)はマスコミに「戦線は好転している」と正反対のことをいう。政府の方針を疑問に思ったエルズバーグは7000ページからなるベトナム戦線の分析・報告書“ペンタゴン・ペーパーズ”のすべてをコピーし、密かに持ち出す。
 コピーは大手新聞社のニューヨーク・タイムズに持ち込まれ半年に渡って分析される。タイムズは「世紀のスクープ」としてペンタゴン・ペーパーズを取り上げる。終わりの見えないベトナム戦争に疲れ果て反戦運動が高まり続けるアメリカ国内には衝撃が走る(当然)。しかしニクソン大統領(当時)は「機密漏洩だ!タイムズに圧力をかけろ!」と部下に電話で命令を飛ばす。映画の中で使われている音声はなんと本物のニクソン大統領の肉声(!)。

 結果、タイムズは「最高裁の判断にゆだねる」として途中で記事を差し止める。タイムズのスクープに臍を噛む思いだったワシントン・ポストの編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は自分たちがこのスクープを後追いし、ベトナム戦争の真実を伝えるのだ、とペンタゴン・ペーパーズのコピーをなんとか手に入れようとする。そんな折、ポスト編集部にヒッピー風の恰好をした女性が靴箱を持って現れ、箱を手渡して去っていく。その中にはペンタゴン・ペーパーズのコピーの一部が…この人が何者なのか、映画の中の登場人物でなくても気になるが、その正体は映画の後半で明かされる(まさかこんな人が…というオチで驚く)。
 コピーを入手したブラッドリーと記者たちは数日で後追いのスクープをしようとするが、折しも株式上場を果たしたばかりのポスト上層部らはタイムズが圧力に屈しかけているのを見た上に、ニュースソースが同じとなればタイムズ同様、自分たちも国家機密漏洩罪になるのでは?と記事を掲載することにストップをかけようとする。ブラッドリーらと上層部、顧問弁護士らの意見はぶつかりあい、掲載するか否かはワシントン・ポスト社主であるキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)の判断にゆだねられる。
 グラハムは前社主である夫のフィリップの自殺を経て社主になるのだが、それまでは単なる新聞社のお嬢様で、新聞のことなど何もわからないし、新聞社の人間として政府の高官らや大統領ともプライベートの付き合いがある身分。マクナマラ長官とは普段からランチの時に同席するような仲だったりする。ポストがペンタゴン・ペーパーズをスクープすることは友人・知人を敵に回すことになるのだ。プライベートの付き合いを取るか、それとも合衆国憲法修正第一条に則って国民の知るべき権利のためにこのスクープを掲載するのか?


 スピルバーグ監督は新作『レディ・プレーヤー1』の撮影後にこの企画に取り掛かり、わずか9か月ほどで企画・撮影・完成となり、アメリカでは2017年12月に限定公開、翌年1月に拡大公開。こんな突貫作業になったのはトランプ大統領下のアメリカでマスメディアを「フェイクニュース」呼ばわりし、萎縮する報道に「ビビらずに真実を報道しよう、ペンタゴン・ペーパーズを報道したタイムズとポストを見習おうよ!」と喝を入れるためだったという。
 今、この映画を一番楽しめるのは日本人であることは間違いない。日本でも今、モリトモ・ペーパーズ問題が大きく報道されているが(なんというベストタイミング!)、多くのメディアがビビッてしまい、まともに報道できないではないか。本家に比べてあまりにも規模が小さすぎるけれど、日本のマスメディアもぜひ戦って欲しい。
 政府に媚びを売るのが報道ではない、報道は国民の知るべき権利のためにあるのだというメッセージ、そして男性優位社会の中でまともに声をあげられなかったキャサリン・グラハムら女性たちが勇気を振り絞って戦う姿こそが正義というテーマははベトナム戦争の時代であろうが、2018年であろうが、不変のものだ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:35Comments(0)映画世界のとんでもニュース

2018年02月19日

高めの芸術点

 世間はどうか知りませんが僕は特に興味もない平昌五輪ですが、みなさん見てますかー!多分人気なんでしょう。そんな五輪のフィギュアスケート・アイスダンスペアでまさかの大珍事発生です。


http://yamachan01.com/blog-entry-10319.html

 衣装の脇からポロリ発生。最近のテレビ中継はハイビジョンでNHKなんて4Kとかですからね。高画質さらにスローモーションでどんな瞬間も逃さない。それがためにこんな恥ずかしいことになってしまうなんて…ガードの固い日本人選手ではありえないでしょうが、さすがは欧州。芸術のためならポロリも辞さないその姿勢、嫌いじゃないわ!芸術点は一体何点だったのでしょう?




  


Posted by 縛りやトーマス at 22:22Comments(0)世界のとんでもニュースアスリート系

2017年12月20日

ハラキリ!スシ!サムラーイ!

 映画『ラストサムライ』公開時に連載していた『真・ヒゲのOL薮内笹子』の最終回で映画にかぶれた白人のサムライマニアと黒人の新選組マニアが対立するというギャグに腹抱えて笑った記憶がある。外国人のサムライマニアはなぜか笑いを誘うよねと思ってたら笑ってる場合ではない事件が起きた。

英国の刀の専門家が「ハラキリ」自殺 海外メディアで話題に
http://news.livedoor.com/article/detail/14053087/

 日本刀のコレクターである51歳の英国人が腹部に刀を突きさした状態で発見されたのだという。


>2017年2月、実家に帰ってきたころには「体重も減り、寝室にこもりきり」とまるで別人に。そんな中、男性の元に一振りの刀が届く。もともと自ら所有していた刀で、ロンドンの専門家に預けていたものが返送されてきたのだという。刀の種類や来歴などは明らかではない。
>そして直後の6月、男性は自らの腹部などに刀を突き立てた状態で発見された。



 アーサー王伝説の国イギリスでサムライマニアになるとは変わった趣味の人だな。とはいえアーサー王伝説って女が男同士の結束を乱したり、自分に仕えた騎士が裏切ったりとか、イヤーな話だし絶望して自殺したくなるのもわかる(違う、そうじゃない)。
 日本刀だけではなく、武士道にも興味を持つようになっていたという男性の死を英メディアは「ハラキリ=自殺」と断定しているという。
 武士道に染まったからといってハラキリまで実践するのはありえないんじゃない?僕の想像だが、この英国人が手にしたのは妖刀なのではないか。怪しげな来歴の日本刀を入手した男性は専門家に調べてもらったが、不吉なものを感じ取った専門家がそのまま送り返し、妖刀に命を奪われたとか。こうしてイギリスに聖杯伝説に匹敵する妖刀伝説が誕生することに…

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:34Comments(0)世界のとんでもニュース