2020年03月08日

緊急事態宣言まであとわずか

 まったく収束する気配のない新型コロナウィルス。感染の拡大が懸念されており、今やありとあらゆるイベントが政府の要請を受けて中止に追い込まれている。
 映画も幼児向けの作品が次々延期にされている。また映画館自体も営業時間の短縮などの対応に追われている。詳しくは以下だ。

【新型コロナウイルス】映画館のチケット払い戻し&休館&公開延期作品情報

https://eiga.com/info/notice/theater-covid-19/

 中止か延期かの判断に迫られている各イベントもあるが、今週国会を通過するといわれている特措法の成立を見てからの判断になるそうだ。

新型肺炎感染拡大 特措法成立へ 「緊急事態宣言」の実態は
https://haradatakeo.com/?p=80537
政府「緊急事態宣言」可能にする法案 14日施行の方向
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200306/k10012317651000.html

 政府の緊急事態宣言が可能になった場合、ありとあらゆるイベントが感染の拡大を防ぐために中止となり、国が補填してくれるケース(perfumeや東京事変とか)を除けば主催者側の負担となる。これが引き金になってつぶれる会社や破産する人も出てくるだろう。バイトがなくなって生活が厳しくなる非正規雇用の人には政府が10万円を融資してくれるぞ!って借金かよ!!

休業時に10万円を特例融資
https://this.kiji.is/608690199487480929


 これらの決定はすべて安倍政権が東京オリンピックを何が何でも開催したいためである。ウィルス感染の恐れがある国で誰がオリンピックをしたいと思うのか。中止という選択肢しかないはずだが・・・
 本当にこの国はどうかしているのだが、もっとどうかしているのはこういった措置を受け入れている有権者である。維新の松井や吉村のツイッターに大阪での東京事変ライブ中止をお願いするリプを飛ばしまくっていた維新支持者は中止になって大喜びしていた。制限されることを平然と受け入れる人々って・・・「ぜいたくは敵だ」「欲しがりません勝つまでは」とか言っていた時代じゃあるまいし。独裁に移行する直前の光景を目の当たりにした気分だ。  

Posted by 縛りやトーマス at 04:45Comments(0)日本のとんでも事件

2020年03月01日

映画も中止だコロナウィルス

 ちっとも収束する気配のないコロナウィルス問題。国の歴史上もっとも無能で醜悪な安倍政権のどうしようもなさによってライブ、コンサート、舞台、演劇などのイベントが中止に追い込まれている。「要請」にすぎないにも関わらずいつもの忖度によって大小を問わず不特定多数の人間が集まるイベントは中止だ。単なる「要請」なんだから無視して血行すればいいのにね。第一、東京マラソンは開催を決行したのだから。

東京マラソンが開催されるも沿道に普通に観客が集まって物議!「卒業式がダメでこれは違和感」「これは大規模イベントじゃないの?」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6723368

 何をもって中止にするのかの基準もないのだから・・・大体不特定多数の人間が集まるのがダメなら通勤電車も中止にしてほしい。

 そんな中、唯一中止とされない娯楽のひとつが映画だ。新作映画の舞台挨拶などは中止になっているが、映画上映そのものは中止になっていない。が、公開目前の新作映画の公開延期が決まった。

『ドラえもん』『しまじろう』映画も公開延期続々 新型コロナウイルスの政府方針受け
https://mainichi.jp/articles/20200227/orc/00m/200/065000c

 政府の方針は「子供の感染は防ぎたい」ということなのがわかった。それじゃあプリキュアだってダメじゃないか!・・・が、現時点(3/01)では公開の延期は発表されていない。そりゃあ、プリキュアは大人だって見に行くしな!
 みんな!ミラクルライトでコロナウィルスを粉砕だ!




  


Posted by 縛りやトーマス at 23:55Comments(0)映画アニメ日本のとんでも事件

2020年01月20日

♪どこの世界からやってきたのか不思議~あれは全裸マ~ン

 去年引っ越しをしたのだが、大変治安の悪い町で、それを証明するのが、近場のコインランドリーにいった初日に、全裸の男が居た。コインランドリーで洗濯し、乾燥機にかけた服をその場で着替えていたのだ。
 パンイチならまだわかるが(わからない)そいつはパンツも脱いで全裸だった。一応気を遣っているのか、乾燥機の扉の陰に隠れるようにしていたが、店舗はガラス張りだし、道路から見えまくりだよ。その時は僕が着替えてる途中で店に来たことで気が動転したのか、着替えた衣服は紙袋に入れたまま、出て行った。なんなんだよ・・・
 日常で全裸男に出会っても驚く以外のリアクションってまずできないね。警察に電話しようとか思わないし。

早朝の空港バスに全裸男が乗り込む 神戸・三宮

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202001/0013046233.shtml

 コインランドリーに比べてバスの車内に全裸男が来たら、そりゃあ警察には通報するだろう。しかも一月の全裸はやっている方も相当の気合を入れないとできないだろう。「酔っていて覚えてない」という全裸男。気になるのはバスに全裸で乗り込んだというから、どこかで全裸になったのだ。繁華街で全裸になったのか、バス停で全裸なのか、家から全裸なのか、いったいどこからやってきたのか、気になってしょうがない!あとコインランドリーの全裸男もどこからやってきているんだ!

https://twitter.com/yume_HiGE/status/1218667265773555712
目撃者による報告

 麻美ゆまちゃんが全裸でバスに乗ってきて誘惑する『ヌーディストの女』ってAVあったけど、男の全裸はうれしくない。


全裸男の画像の代わりに麻美ゆまちゃんの2020カレンダーの表紙貼っておきますね

  


Posted by 縛りやトーマス at 23:46Comments(0)日本のとんでも事件

2019年10月17日

ツカマルシアター

 常に自分の周囲2メートルから5千キロぐらいまでのどうでもいい情報に目を光らせている僕の目に突然飛び込んできたこのニュース。


カフェで映画館、無許可営業=容疑の社長ら書類送検-警視庁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101600606&g=soc

 吉祥寺のミニシアター、ココマルシアターを運営する会社社長と元社員の男が書類送検。容疑はカフェと申告した映画館の二階で許可を得ずに映画を上映していた興行場法違反(無許可営業)だ。

 ココマルシアターはゲーム会社デジタルワークスエンタテインメントの代表取締役・樋口義男氏(今回書類送検された会社社長)が吉祥寺にかつて存在した映画館バウスシアターの魂を引き継ぎ、映画の上映だけではなく、配給、更に制作・監督まで手掛けるというビッグプロジェクトで、映画館建設のために実施したクラウドファンディングで目標額を大きく上回る約650万円を調達、約500人の応援するサポーターがつくなど、吉祥寺映画ファン界隈から熱い注目を浴びていました。

 しかし、プレオープンを予定していた日(2017年4月15日)までに工事が間に合わず、むき出しの配線がそのままにされた中、なんとか初日の上映だけは行ったものの、翌日以降の上映は中止。再工事のため正式オープンは延期に。その後しばらくの間ココマルシアターはオープン日決定→工事が間に合わずオープン日延期→工事が間に合わない→延期を果てしなく繰り返したのだった(4月15日のプレオープン日も一度延期したうえでの強行)。
 当初は2,3階も映画館として営業していく予定が今回の時事通信の記事内にもある「避難階段の数が足りなかった」ために許可が下りず、2,3階をカフェとして申告。しかし実際は2階でも映画の上映を行っていた

 なんとかオープンにこぎ着けたものの、初日の初回上映作品で「音がまともに出ない」「映像がまともに出ない」「上映中止に」というトリプルコンボをたたき出す結果に。ちなみに客は4人という・・・映画館のオープン日に4人て・・・


 このようにオープン以前、オープン直後もありえないようなトラブルを連発させていたココマルシアターはその後もクラウドファンディングやマクアケのサポーターにリターンしてなかったり、サイトの宣伝文やスケジュール表が誤字・脱字だらけだったり、館内アルバイトの態度がひどいとか、座席のシートが切り刻まれていたとか、看板からキノコが生えていたとか、そもそもココマルシアター自体がひどすぎるとか、突っ込みどころばかりが目立っていた。結局、2年数か月しかもたずに劇場は閉館。その幕切れのあとに書類送検というエンドゲームを迎えたのです。

 書類送検の容疑となった無許可営業については、映画館営業中に多くのココマルウォッチャーが指摘しており、都が57回も行政指導しながら改善しなかったというのだから悪質そのものだし、いろいろなトラブルがありながらもココマルシアターを信じて通ったり、ネタにしていた人たちを裏切る行為なんじゃないですかねえ。これが何よりも問題だと思うのです。
 樋口社長がココマルシアターについて語る誇大妄想めいた発言の数々も、こうなっては痛いだけでしたね。これじゃあココマルならぬツカマルシアターじゃないか!ココマルシアターの名前が出るたびに劇場マナーCMに出ていた武田玲奈のことを思い出したり(いねえよ!そんなやつ!)、ここでイベントしていたアイドル、つりビットの解散もココマルのせいだ!(多分無関係)

 まあ、樋口社長もココマルシアターに一度も行ったことがない僕に言われたくないでしょうけど・・・


武田玲奈にも謝れ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:15Comments(0)映画日本のとんでも事件ネット

2019年09月19日

ストーカーに対するアイドル運営の適切な態度

 常にアイドルのロクでもないスキャンダルに目を向けている僕ですが、久しぶりに突っ込みどころのある案件を見つけた。

アイドル活動の女性にわいせつ行為 帰宅を待ち伏せ 男を逮捕
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190917/k10012086041000.html

天使突抜ニ読ミ
@tsukinukeniyomi
【 大切なお知らせ 】

https://twitter.com/tsukinukeniyomi/status/1173890907172556800

 とある地下アイドルの熱狂的なファンの男が、思い余ってメンバーにストーカー行為を働いた、というやつです。記事によると、

>午後11時ごろ、東京 江戸川区のマンションでアイドル活動をする20代の女性に対し、背後からタオルで目と鼻をふさいで引き倒し、体を触るわいせつな行為をしてけがをさせた疑いなどが持たれています。

女性はイベントを終えて帰宅したところ、マンションのオートロックの内側で待ち伏せていた容疑者に襲われたということです。


 アイドル活動後、帰宅したところを待ち伏せされて襲われたという、どこかで聞いたような話だね。
 その、どこかで聞いた話と違うところは、運営側が犯人を名指しで批判して「断固として戦う所存です」と意志表明し、被害に遭ったメンバーを気遣っているという部分です。どこかで聞いた話では、運営側は犯人側を擁護し、被害に遭ったメンバーを名指しで批判し、今に至るまで情報公開すら拒んで責任者は説明責任も果たさずに逃亡し続けているという。同じアイドルグループの運営なのに、随分と差があるものですね。

 アイドルを自宅で襲うなどという行為はこうやって批判されて当然なのに、そうではないどこかで聞いた話では、真逆のことが起きており、そこの運営はなぜ今回と同じことができなかったのか・・・本当に不思議な話です。




  


Posted by 縛りやトーマス at 10:43Comments(0)アイドルオタク日本のとんでも事件

2019年08月19日

なぜ無料案内所はなくならないのか

 誰も利用していないのになぜ無くならないのか?といえば竿竹屋と風俗の無料案内所とクールジャパンパーク大阪と言われてますが、そのひとつ無料案内所の存在理由が判明しました。

無料案内所に切り身200キロ 暴力団が密漁し保存か
https://www.asahi.com/articles/ASM8J3WLYM8JTOLB002.html

>長崎市の沖合で密漁をしたとして暴力団組長らが逮捕された事件で、同市の繁華街にある無料案内所に、冷凍された魚の切り身など主に加工された魚介類約200キロが保存されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。長崎県警は組長らが長期間にわたって営利目的の密漁をしていたとみている。

 今時、無料案内所で風俗店紹介されて行くやつっている?シティヘブン(もうないけど)読んで割引券使った方がましですよ。なのに風俗街には必ずあるんだよねえ。で、のぞいたら大抵誰もいないの。夜の交番かよ。だが!この記事読んで納得。そんなことに使われていようとは・・・
 さすがに大阪・ミナミやキタの風俗街無料案内所に魚は置いてないだろうけど(運び込むのが大変そうだ)。代わりに弾くやつとかは置いてあるかも。そう考えると無料案内所には近寄れない!
 でもひょっとしたら異世界と扉が繋がってて異世界風俗店に案内される、猪熊しのぶ先生の漫画みたいなことになってるかもしれないと期待してたのに!現実は残酷です。




  


Posted by 縛りやトーマス at 21:25Comments(2)日本のとんでも事件

2019年06月26日

ヒーローショー、ハラスメント問題

 23日、東京ドームGロッソのヒーローショーに出演している司会役の女性が今年のGW公演をもって卒業したとTwitterで発表。卒業の理由は「度重なるセクハラ」であったとしたことから波紋が広がっている。




 ヒーローショーに出演していた女性(仮にAとする)は

「どうして卒業したかというと、入った当初からの度重なる嫌がらせ(基本的に挨拶も無視、握手会中に水を掛けて妨害する、など)と、セクハラ (男性器のあだ名をつけて呼ぶ、すれ違い様にお尻を揉む、避けられない空間での卑猥な質問や直接的に胸を触る、など)に黙って1年耐えていたら、それも不愉快だったのかゴールデンウィーク明けに「力不足なのでもう来なくていいです」と言われてそれっきりです。 会社からは、余計なことを言ったらもうお前に仕事を振らないぞ、と強く言われていましたのでこれを発信するということはそういうことです。」

 と現場での口にするのも恥ずかしいセクハラ行為とそれを黙認していたら仕事を外されるという目に遭ったことを告発。

「わたしの力不足に間違いありません。しかしそれ以上に許してはいけないことが沢山ありました。 特に性的な嫌がらせは、気にしていない、怒っていないフリをし続けなければいけませんでした。 お客様のおかげでお仕事は楽しかったけれど、胸を張って子供たちの前に立つには、少し辛かったのも事実です」
「降りかかる性的な嫌がらせを、気にせず笑って流せるのがよく出来た女だとも言われてきました。でも、平成も終わり令和の時代を生きる子供たちには、前時代的なハラスメントに苦しめられることなく、自らの権利を害されることなく生きて欲しいと思います。そんなヒーローに出会って欲しいと思います」


 セクハラにどれだけ傷ついていたかということ、さらに

「パワハラ、セクハラはただの冗談だから、そういう業界だから仕方ない」と散々言われてきました。お仕事が楽しかったのであれば、本当は余計なことを発信せずに黙って耐えておくべきなのかもしれません。ですが、どんな業界であれ次の世代のために変わらなければいけないと思っています」

 ヒーローショー業界でセクハラが横行している(もしくはこのショーを手掛けているチーム内で)ことも匂わせる発言にはヒーローショーファンの間に衝撃を走らせることに。Aさんに同情的な意見や、業界内のセクハラを非難する声や、Aさんの告発自体がでたらめで、仕事をなくしたことへの恨みつらみではないか、とする色んな反響があり、それに対してAさんがさらに意見を追記。そこには「空気を読むことが苦手で未熟な私が誰かをイライラさせてしまうことは十分にありました」と自己批判する部分も。

 この手のハラスメントで問題なのは、このAさんのように「ハラスメント行為に対して、嫌なことは嫌だと訴えることをしにくい人間」をターゲットにして起こりがちで、またそれを状況、環境的に訴え出ることができることもしにくい、またはさせない空気が出来上がりがちなところで起きることです。Aさんの追記にも「「そういう業界だからうまくやれ」と言われてきました。抗議するようなめんどうくさい人間はいらないと。そのような環境が良いものとは思えませんでしたが、とりあえずは黙って耐えてきました。そんな環境で1年ほど過ごした頃から心も体もついていけなくて、消耗してただでさえ未熟な私が、どんどん周りをイライラさせてしまいました。本当にボロボロで、私の仕事ぶりに問題があると思われる方もいると思います」と、ハラスメントを訴え出ることができない環境であったこともわかります。

 ハラスメント問題に対する大事な対応はハラスメントを受けた相手も嫌なことは嫌だと言えるようになることと、現場の状況、環境的にハラスメント行為についてすぐ訴え出ることができるように、お互いが改善することではないのでしょうか。


 この騒動はショーを運営している東京ドームシアターGロッソと、東映グループの広告会社東映エージェンシー、そして東映の公式サイト上にて騒動に関する謝罪コメントが出されることになった。

ヒーローショー運営におけるSNS上での訴えにつきまして
https://www.toei.co.jp/release/public/1214646_1140.html
ヒーローショー運営におけるSNS上での訴えについて
https://at-raku.com//hero/info/youtube_1/
ヒーローショー運営におけるSNS上での訴えについて
https://toeiad.co.jp/info/index.html


 Gロッソでは夏の公演が間もなくスタートし、最大の書き入れ時を迎えるので商売のことだけ考えたら黙認することだってあった案件だ。東映側が調査の上、事実の確認をすると公式に宣言したことはこの問題を軽視しないという東映の企業姿勢には驚きを隠せない。それが単なるポーズだけで終わらないことを祈りたい。東映はかつての映画製作の現場では女優がすさまじい扱いを受けていた過去があるが、まさしくAさんのいうとおり「どんな業界であれ次の世代のために変わらなければいけないと思っています」なのだから。


  


Posted by 縛りやトーマス at 12:08Comments(0)特撮・ヒーロー日本のとんでも事件

2019年02月05日

AKBを覆う病理 NGTと須藤凜々花問題

 2月になっても今村元支配人は顔を見せず、暴行犯の黒幕と言われているオフパコ野郎がこの世の春を謳歌しているNGT48問題。大方の予想通りNGT側はこの問題の真相を明らかにするつもりはこれっぽっちもなく、ほっとけばみんな忘れるだろ、ぐらいの気持ちでスルーを決め込む模様です。なにしろ第三者委員会を設置する前から公演の再開を発表しているのだから。

https://ngt48.jp/news/detail/100003104

 この決定の後にようやく第三者委員会を設置しましたが、当初「外部弁護士や有識者の5、6人で構成」といっていたのに、弁護士3人だけになり、「利害関係を有していない」人選といいながらもネット上ではこの弁護士らがAKSの顧問弁護士、電通OBだという情報が流れていて、どうしたって真相を究明する気がなさそうです。

https://ngt48.jp/news/detail/100003099

NGT第三者委は「外部弁護士・有識者で」
AKS運営責任者が明言、規律の乱れには「厳正な措置」

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190123446219.html


 そもそも本当に真相を明らかにするつもりなら、第三者委員会の報告を待ってからでもいいのに、グッズ販売、公演再開を先に決めているあたり、グループを維持することしか考えてませんね。
 NGT48ファンの人たちは本当にこれでいいんですか?ファンからすれば何もかもが以前のように元通りになってグループを応援できるようになればいい、というのが一番なのでしょうが、この状態で応援できるの?今週末9日にはみんな暴行事件やオフパコマンションのことは知らんぷりして、サイリウム振るんですか?そんなことになりそうな気がする。

 この事件の最大の問題はアイドルがファンの前では愛想振りまきながら、特定の男を相手にファンには絶対しないような行為をしていて、ファンを心の底からバカにしていたということが根本にあるということなんだけど。それが集団で行われて、運営も推奨していたって部分は悪質極まりなく、単にメンバー個人が男と繋がっていたとかじゃないわけですよ。その結果暴行事件にまで至っているわけで、本当に最悪なんですよ。これらは直接の証拠がほとんどなく、状況証拠しかないのをいいことに事件の関係者は逃げ回り、業界関係者たちが「憶測でものは言えないから…」と奥歯に物が挟まったようなコメントしかできないのを運営が都合よく利用してるんだよな。

 この一件はアイドルファンという人たちが試されてるといってもいい。これをうやむやにして、再開した公演を普通にファンが観に行って喜んでたら、もうどうしようもないとしか…お前らがヘラヘラ喜んでいる裏でオフパコしてんだぞ!!それでいいのか!?

 僕はアンチだから言いたいこというけど、このAKB系列というグループ自体がしょせんはアイドルファンというものを舐め切っていて、アイドルになりたい女の子を骨までしゃぶり使い捨てる、アイドルもファンも搾取し続けるシステムなのが害悪そのもの。起こるべくして起きたとしかいいようがないね。
 それは以下のニュースを見てもわかる。

「何の説明もなく水着姿にされて」須藤凛々花が引退を決意するまでの経緯を吉田豪が語る。涙ながらの“告発SHOWROOM”で明かされた事務所との溝
http://originalnews.nico/166739

 哲学の仕事だ、と言われていったら水着撮影で、ギリギリの水着を着せられたという。こんなの昭和の時代からあった騙しの撮影なんだけど、NMBですらそんなことやってるのかと。須藤に起きたことって完全に山口真帆と同じことじゃないか!!『人生を危険にさらせ!』という本を出していた須藤が本当に危険にさらされるとは…

 ことの真相はわからないが、事務所のコントロールを受け付けなさそうな須藤を切るための措置だったんじゃないの?とも思える。利用価値がなくなったメンバーは追い込んででも辞めさせる、というこの鬼のビジネス。NGTでも同様のことが起きてる現在、AKB全体にメンバー個人を搾取し、余計なこというやつはやめさせて入れ替える、なあに、いくらでもメンバーになりたい娘はいるんだから…と考えているんじゃないかと妄想する。

 NGTや須藤の件はこのAKBというグループそのものの病理があると思うね。大規模な外科治療が必要と思われます。

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:53Comments(0)AKB48日本のとんでも事件NGT48

2019年01月23日

疑惑だらけのNGT48運営

 全然収束する気配のないNGT48暴行事件問題。ついにはNGTのスポンサー企業が離れて行っている事態に。この日、地元の新潟日報にAKSの幹部が取材に応じたのだが…

「運営側の対応に問題」と陳謝
NGT48メンバーへの暴行事件

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190123446195.html

>事件に関して他のメンバーの関与も取りざたされたが、「違法な行為をしたものはいない」と改めて強調した。

>山口さんの向かいの部屋を加害者の男が借りていたことを明らかにし、防犯体制の甘さを認めた。早川支配人は「メンバーのケアやセキュリティーなどの環境を整えたい」と話し、今後の公演については「2月をめどに通常に戻していきたい」とした。


 事件の真相でも明らかにするのかと思いきや、この場に及んでも空しい言い逃れを続ける有様。新情報として「山口真帆の向かいの部屋を加害者の男が借りていた(!)とすごい情報が飛び出したのだけど、これは今までNGT運営側が出してきた情報と完全に矛盾する。これまでは「犯人がメンバーと街中で偶然に出会い、メンバーは帰宅時間を推測できるような情報を伝えた」と言っていたではないか。運営のいうとおりなら、向かいに住んでる人の帰宅時間を聞くことに意味あるの?部屋で待ってればいいじゃないか。

 運営側がいまだにこんないい加減な情報を発している理由は早く決着をつけたいのだろう。それは新潟日報の記事に出ている。

>今後の公演については「2月をめどに通常に戻していきたい」

 なにひとつはっきりしていないのに、公演を再開しようとしているのだ。普通は「無期限休止」になると思うけど。「違法な行為をしたものはいない」と強調していることからも明らかだ。運営側はこの暴行事件の真相を明らかにする気がない。なあなあで済ませようとしているのが見え見え。よほど真相を明らかにしたくないのでしょう。必死に真相をぼやかそうとすればするほど疑惑が深まるだけなんですけどねえ。こんなんじゃあ第三者委員会による調査なんて、まったく信用できません。

 この事件についての解決は「事件に関わったとされる当該メンバーの解雇」「山口真帆への謝罪」「今村元支配人の記者会見と解任」しかないのですが、今村元支配人は一向に姿を見せず、その居場所を探ろうとしたり、直撃するメディアがどこもないのはなぜなんでしょう?NGT48のファンもこんな状態で公演再開して、楽しむことができるのでしょうか?



  


Posted by 縛りやトーマス at 22:10Comments(0)日本のとんでも事件NGT48

2019年01月20日

NGT48騒動、いまだに収まらず

 NGT48メンバー、山口真帆が号泣の動画配信にて暴行事件の詳細を語って以降、騒動はまったく沈静化することなく、日を追うごとに新情報が出てくる有様。NGT48運営及びAKSの対応は常に後手後手で、被害者とファンが望む真相の究明はまったく行われず、襲撃を示唆したとされるメンバーや暴行犯の黒幕とされる人物、劇場の元支配人は表に顔を見せず逃亡中。第三者委員会による調査を行うといわれてもまったく信用できないのであった。
 この騒動をきちんと取材、検証するメディアはほとんどなく、頼みの綱である雑誌社もネット上に流布される真偽不明の情報を垂れ流すぐらいで、先週発売された雑誌で独自の新情報を仕入れていたのは襲撃犯と深いかかわりだったという文春(笑)とFRIDAYぐらいであった。FRIDAYは新潟県警の副所長に直撃インタビューし、警察が不起訴に至った流れを聞き出している。答えられない質問もあったが、答えられることは答えているというところが大きい。「犯人たちはそこにいる根拠があった」(ネットで言われているマンションに住んでいた、という想像の裏付けか?)という発言や、不起訴にしたことに対する世間の批判に「いろいろと思うところがある」とまでコメントしているのは重要ではないか。
 FRIDAYの記事中で気になるのは事件直後、山口とメンバー、暴行犯、スタッフ?らが近くの公園で一時間近く話していて、その後警察が呼ばれたという部分。警察が呼ばれるまで1時間あったのは、スタッフないし今村元支配人が警察沙汰にはしないでほしい、という説得のためだったとも思える。警察が不起訴にしたのは山口、NGT48側が被害を訴え出なかったからだとしか思えないが、山口狂言説を支持する勢力が「不起訴になったのはそもそも暴行自体がなかったから」と言ってるんだよな。暴行犯と1時間も話すのはおかしい、とか。それは暴行の被害が幸いにも軽かったからだけなんだけどな。こういう連中はレイプされるとか、切り刻まれなければ暴行ではない、とか平気で言いそうだから。

 新潟県警としてもまさに「いろいろと思うところがある」からこそFRIDAYのインタビューに答えたのではないか?そしてFRIDAYと同じ発売日18日の東京スポーツにはこんな記事が出た。

NGT48暴行騒動で20代女性マネジャーも!ハンター集団の餌食
http://urx3.nu/Ps0c (キャッシュ)

>今回の騒動で本紙が報じたのは、アイドルたちを標的にした“アイドルハンター集団”の暴挙だ。女性ファンにまで手を出そうとする悪質さを伝えたが、他の被害者が存在した。それも運営側の内部関係者だ。

>「昨年いっぱいで退社した20代の女性マネジャーAさんです。彼女はハンター集団などマナーの悪い暴走ファンを問題視し、必死に闘っていた。さらに、風紀を乱しているメンバーにも注意できる貴重な人物でもあった。そのため、メンバーと接触したいハンター集団は彼女のことを毛嫌いし、食ってかかるなど、嫌がらせもしていました」(地元メディア関係者)
>その嫌がらせは日々エスカレート。ついには彼女をガムテープでぐるぐる巻きにするなど、度を超えたレベルにまでなっていったといわれる。これが事実ならハンター集団の行為は決して許されるものではない。

>Aさんはハンター集団と闘う恐怖と、山口らメンバーを守れなかったじくじたる思いを周囲に明かしながらも、新潟の地をひっそりと離れたという。


 ガムテープでぐるぐる巻きにされるってどういう状況なの?暴行まがいのことを平気でして、排除されるどころか放置されてるんだから、メンバーへの襲撃、暴行ぐらいなんてことないだろう(ちなみにこの東スポの報道をNGT側は完全に否定して抗議。東スポ側は記事を引っ込めた。事件の糾明に関しては腰が重いくせに、こういう時だけは迅速ですね!)

 オフパコサークル紛い、気に入らないマネージャーすら暴力で排除しようとする(という疑惑)チンピラが「太客」と称して客席に居座ってるNGT48もはやアイドルグループでもなんでもない、ヤリサー、オフパコ集団といってもよい。一刻も早い事件の糾明と健全化が求められるだろう。



  


Posted by 縛りやトーマス at 22:12Comments(0)AKB48オタク日本のとんでも事件NGT48