2020年08月09日

アクタージュは8マン方式で生き延びろ

 週ジャンの人気連載『アクタージュ』の原作者が強制わいせつ容疑で逮捕された。

ジャンプ編集部、漫画『アクタージュ』原作者の逮捕報道に謝罪「重く受け止めております」
https://www.oricon.co.jp/news/2169081/full/

 路上を歩いている女子中学生の胸を自転車で追い抜きざまに触る、という間抜けな行為で(被害者はたまったもんじゃないけど)・・・
 警察の追求を受け「おおむね間違いありません」というしょうもないギャグをかましてる場合じゃあない。

『アクタージュ』は役者を目指す孤独な女子高生が若手映画監督に見いだされ、彼女の女優・人間としての成長を描くという現代版『ガラスの仮面』で、演劇関係からの評価も高くホリプロによる舞台版の制作が始まっているが、今回の原作者逮捕を受け舞台版の制作中止、漫画連載自体の中断、打ち切りも検討されているかもしれない。

 今回のように原作・作画が分かれている場合、どちらかがトラブルを起こしたとき連載はどうなるのだろうか。

 先日亡くなった漫画家の桑田次郎先生が平井和正の原作を題材にし作画をした『8マン』は連載中に桑田先生が銃刀法違反で逮捕されてしまった。その影響で連載は打ち切りになるが最終となった回はアシスタントが代筆している。このやり方で原作者だけ変える、クレジットを外して作画と編集で話をつくって連載を続けてもよいのではないかと思う。でもやはりイメージが悪すぎるので打ち切りになるのかなあ・・・(ちなみに『8マン』はアニメ版の主題歌を歌った克美しげるが殺人事件を起こしてレコードが絶版になっていた。関係者が大変な騒ぎを起こしている作品だ)

 今のジャンプは『タイムパラドクスゴーストライター』がドベを走って打ち切り寸前なんだけど、この騒動の余波を受けて寿命がのびるのかも?それとも『タイパク』の主人公みたいに作画が原作も描くことになるのか?こうご期待!

 あと島袋光年や和月伸宏といい、なぜジャンプ連載陣には未成年わいせつ系の犯罪が多いのか。




  


Posted by 縛りやトーマス at 06:22Comments(0)漫画日本のとんでも事件

2020年08月05日

イソジン吉村の罪

 「夢みたいな話やな!」「夢やがな~」

 とは大木こだま・ひびきのネタだが、大阪府知事のスラップ吉村が「うそみたいな本当の話」と言い出したコロナ対策がイソジンでうがいをしろというもの。

吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

https://mainichi.jp/articles/20200804/k00/00m/040/324000c

 この呼びかけに応じて全国の薬局、ドラッグストアから一斉にイソジンまたはうがい薬が売り切れになり、メルカリにはプレミア価格に上がったうがい薬が多数出品。
 だが専門家からは「うがい薬を使いすぎるのは喉の粘膜を痛めるだけで、正常な細菌も死滅してしまうことがあるので、水によるうがいの方がデメリットが少ないとも言われている。

「コロナには効かない」「買占めを煽っている」

 との批判を受けた吉村知事は翌日の会見で「予防効果があるということは一切ないし、そういうことも言ってない」とたった一日で発言を否定するのだった。えー?あんたはっきりと「このうがい薬を使って、うがいをすることでコロナの陽性者が減っていく」と言ってたじゃないか。
 3歩歩いたら忘れる鳥じゃないんだから、堂々とデマを表明したことへの謝罪は一切なし。息を吸うようにウソをつく吉村知事、これこそ「うそのような本当の話」です。

 彼がなぜこのような発言をしたことについては「うがい薬関連の会社の株を買って売り抜けるつもりだったのでは」との陰謀論めいた話も出回っている。が、あながち妄想とも言い切れないのはコロナ禍の最中に「予言していた」と話題になった映画『コンテイジョン』は致死性の高いウィルスが世界中に広まり混乱に陥るという話だが、その中に陰謀論のブロガーが「ウィルスにはレンギョウが効く」という情報を発信。これは製薬会社と組んで株価を操作するのがブロガーの目的だったが情報を信じた民衆が薬局を訪れ、レンギョウを使った薬品が品切れを起こしていた。映画を見ていた維新関係者が同じ手口を使おうとしているのかもしれない。そうでなかったにしても世間を混乱させた責任からは逃れられまい。


 僕の脳裏にはイソジン吉村会見の裏でほくそ笑む白竜の姿がはっきりと見えている。


  


2020年06月07日

コロナの前に任天堂と戦う公道カートビジネス

 外国人観光客向けに公道をカートで走る観光サービスを提供している株式会社MARIモビリティ開発がこの度の新型コロナウィルスの影響で営業自粛を余儀なくされ、営業再開するまでの店舗継続資金をクラウドファンディングで募っているとの話題。


公道カート観光アクティビティ「ストリートカート」、新型コロナによる経営難でクラファン開始
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1257088.html

SAVE THE STREET KART

https://camp-fire.jp/projects/view/260521

>新型コロナウィルスとの先の見えない戦いにはなりますが、近い未来に再度営業させて頂くまでの店舗存続資金を、皆様からのご支援で賄わさせて頂きたいと思います。

 クラウドファンディングのページにはこう記載されているが、MARIモビリティ開発はその前に別のものと戦っている。任天堂だ。MARIモビリティ開発は旧社名を株式会社マリカーといい、任天堂のゲーム「マリオカート」の略称を勝手に使い、キャラクターのコスチュームなどを貸し出していたことで任天堂から著作権侵害だとして訴訟され、一審でMARIモビリティ開発側が5000万円の賠償を命じられている。
 そのあと5000万円を払ったのかどうかは聞かないが、店舗継続以前の問題ではないのか。クラウドファンディングする前に賠償金払いなよ。

 この公道カートサービスは外国ではともかく、日本では不評で、その理由は狭すぎる日本の公道ではカートが集団で走られたら何より邪魔だし危険だということだ。それにマナーがあまりよくなくて、僕も見たことあるんだけど交通量が多くない道で信号待ちしているときなんかに記念写真撮るんだよな。カートから写真撮影係が降車して・・・(危ないよ!)
 その不評ぶりを証明するように現在、支援者はたった二人で集まった金額はたった1000円(500円の支援が二件)。あと24日でこれは絶望的。

 これを見て思い出したのが漫画家柳沢きみおが未完の作品『極悪貧乏人』を電子書籍で完結させようというクラウドファンディングを実施したのだが、支援者二人から16000円しか集まらなかったというミジメな結末を迎えたアレ。


柳沢きみお「極悪貧乏人」完結プロジェクト
https://camp-fire.jp/projects/view/11381


 プライドだけは高い山形先生、ショックだったろうなあ。人気漫画家が恥部を晒してまでやったクラウドファンディングも失敗するというのに、人様の人気を横取りしたうえに貶めているMARIモビリティ開発が同じよう目に遭うのは明白でしょう。コースアウトでクラッシュする前にリタイヤした方がいいのでは?




  


Posted by 縛りやトーマス at 08:13Comments(0)ゲーム日本のとんでも事件

2020年06月04日

もみあげキモヲタ無職の犯罪

 アニメ『けものフレンズ』『ケムリクサ』『へんたつ』などの監督、たつき氏を脅迫、殺害予告などの疑いで21歳の職業不詳の男性を逮捕。


アニメ「けものフレンズ」監督をネットで脅迫した疑いで逮捕 警視庁新宿署
https://mainichi.jp/articles/20200603/k00/00m/040/099000c
たつき監督に殺害予告、容疑の男逮捕 ネット掲示板でほのめかす
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/04/news042.html

>逮捕容疑は4月22日、ネット掲示板に「ナイフでメッタ刺しにして殺す」などと投稿してたつきさんを脅し、アニメ制作を中断させたとしている。容疑を認め、「実際に危害を加えるつもりはなかった」と供述している。たつきさんから被害届を受け、同署が捜査していた。

 職業不詳という名の無職キモヲタの犯罪にオタク界隈が久しぶりに震え上がったわけですが、何よりもこの犯人の面構えが話題に。



 この顔で21歳!どんな21年間を過ごしたらこんなふてくされた顔になるのわからないし、なにこのもみあげ!人の顔を笑っちゃいけないんだろうけど、いやご免笑うしかないわw
 平野綾さんに殺害予告した犯人(24)を上回る面に全ネットが泣いた。

 ネットに殺害予告を書き込むような人間にふさわしい面ってこういうことなんだろうなあ。同時に声優の石川由依さんに脅迫をしていた犯人も逮捕されたとの報道があり、まだ確定ではないのですが、ネット上では同一犯ではないかと噂されております。
 石川由依さんは悪評高い『けものフレンズ2』の主人公、キュルルの声を担当。『けものフレンズ』信者の一部は蛇蝎のごとくキュルルをキュルカスと呼んで忌み嫌っていたので、彼女を脅迫していたのなら、なぜたつき監督にも怒りを向けるのかよくわからん。

 まあキモヲタのやることはよくわからないということで。ああこんなキモヲタ無職にならなくて本当によかった。

  


2020年03月08日

緊急事態宣言まであとわずか

 まったく収束する気配のない新型コロナウィルス。感染の拡大が懸念されており、今やありとあらゆるイベントが政府の要請を受けて中止に追い込まれている。
 映画も幼児向けの作品が次々延期にされている。また映画館自体も営業時間の短縮などの対応に追われている。詳しくは以下だ。

【新型コロナウイルス】映画館のチケット払い戻し&休館&公開延期作品情報

https://eiga.com/info/notice/theater-covid-19/

 中止か延期かの判断に迫られている各イベントもあるが、今週国会を通過するといわれている特措法の成立を見てからの判断になるそうだ。

新型肺炎感染拡大 特措法成立へ 「緊急事態宣言」の実態は
https://haradatakeo.com/?p=80537
政府「緊急事態宣言」可能にする法案 14日施行の方向
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200306/k10012317651000.html

 政府の緊急事態宣言が可能になった場合、ありとあらゆるイベントが感染の拡大を防ぐために中止となり、国が補填してくれるケース(perfumeや東京事変とか)を除けば主催者側の負担となる。これが引き金になってつぶれる会社や破産する人も出てくるだろう。バイトがなくなって生活が厳しくなる非正規雇用の人には政府が10万円を融資してくれるぞ!って借金かよ!!

休業時に10万円を特例融資
https://this.kiji.is/608690199487480929


 これらの決定はすべて安倍政権が東京オリンピックを何が何でも開催したいためである。ウィルス感染の恐れがある国で誰がオリンピックをしたいと思うのか。中止という選択肢しかないはずだが・・・
 本当にこの国はどうかしているのだが、もっとどうかしているのはこういった措置を受け入れている有権者である。維新の松井や吉村のツイッターに大阪での東京事変ライブ中止をお願いするリプを飛ばしまくっていた維新支持者は中止になって大喜びしていた。制限されることを平然と受け入れる人々って・・・「ぜいたくは敵だ」「欲しがりません勝つまでは」とか言っていた時代じゃあるまいし。独裁に移行する直前の光景を目の当たりにした気分だ。  

Posted by 縛りやトーマス at 04:45Comments(0)日本のとんでも事件

2020年03月01日

映画も中止だコロナウィルス

 ちっとも収束する気配のないコロナウィルス問題。国の歴史上もっとも無能で醜悪な安倍政権のどうしようもなさによってライブ、コンサート、舞台、演劇などのイベントが中止に追い込まれている。「要請」にすぎないにも関わらずいつもの忖度によって大小を問わず不特定多数の人間が集まるイベントは中止だ。単なる「要請」なんだから無視して血行すればいいのにね。第一、東京マラソンは開催を決行したのだから。

東京マラソンが開催されるも沿道に普通に観客が集まって物議!「卒業式がダメでこれは違和感」「これは大規模イベントじゃないの?」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6723368

 何をもって中止にするのかの基準もないのだから・・・大体不特定多数の人間が集まるのがダメなら通勤電車も中止にしてほしい。

 そんな中、唯一中止とされない娯楽のひとつが映画だ。新作映画の舞台挨拶などは中止になっているが、映画上映そのものは中止になっていない。が、公開目前の新作映画の公開延期が決まった。

『ドラえもん』『しまじろう』映画も公開延期続々 新型コロナウイルスの政府方針受け
https://mainichi.jp/articles/20200227/orc/00m/200/065000c

 政府の方針は「子供の感染は防ぎたい」ということなのがわかった。それじゃあプリキュアだってダメじゃないか!・・・が、現時点(3/01)では公開の延期は発表されていない。そりゃあ、プリキュアは大人だって見に行くしな!
 みんな!ミラクルライトでコロナウィルスを粉砕だ!




  


Posted by 縛りやトーマス at 23:55Comments(0)映画アニメ日本のとんでも事件

2020年01月20日

♪どこの世界からやってきたのか不思議~あれは全裸マ~ン

 去年引っ越しをしたのだが、大変治安の悪い町で、それを証明するのが、近場のコインランドリーにいった初日に、全裸の男が居た。コインランドリーで洗濯し、乾燥機にかけた服をその場で着替えていたのだ。
 パンイチならまだわかるが(わからない)そいつはパンツも脱いで全裸だった。一応気を遣っているのか、乾燥機の扉の陰に隠れるようにしていたが、店舗はガラス張りだし、道路から見えまくりだよ。その時は僕が着替えてる途中で店に来たことで気が動転したのか、着替えた衣服は紙袋に入れたまま、出て行った。なんなんだよ・・・
 日常で全裸男に出会っても驚く以外のリアクションってまずできないね。警察に電話しようとか思わないし。

早朝の空港バスに全裸男が乗り込む 神戸・三宮

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202001/0013046233.shtml

 コインランドリーに比べてバスの車内に全裸男が来たら、そりゃあ警察には通報するだろう。しかも一月の全裸はやっている方も相当の気合を入れないとできないだろう。「酔っていて覚えてない」という全裸男。気になるのはバスに全裸で乗り込んだというから、どこかで全裸になったのだ。繁華街で全裸になったのか、バス停で全裸なのか、家から全裸なのか、いったいどこからやってきたのか、気になってしょうがない!あとコインランドリーの全裸男もどこからやってきているんだ!

https://twitter.com/yume_HiGE/status/1218667265773555712
目撃者による報告

 麻美ゆまちゃんが全裸でバスに乗ってきて誘惑する『ヌーディストの女』ってAVあったけど、男の全裸はうれしくない。


全裸男の画像の代わりに麻美ゆまちゃんの2020カレンダーの表紙貼っておきますね

  


Posted by 縛りやトーマス at 23:46Comments(0)日本のとんでも事件

2019年10月17日

ツカマルシアター

 常に自分の周囲2メートルから5千キロぐらいまでのどうでもいい情報に目を光らせている僕の目に突然飛び込んできたこのニュース。


カフェで映画館、無許可営業=容疑の社長ら書類送検-警視庁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101600606&g=soc

 吉祥寺のミニシアター、ココマルシアターを運営する会社社長と元社員の男が書類送検。容疑はカフェと申告した映画館の二階で許可を得ずに映画を上映していた興行場法違反(無許可営業)だ。

 ココマルシアターはゲーム会社デジタルワークスエンタテインメントの代表取締役・樋口義男氏(今回書類送検された会社社長)が吉祥寺にかつて存在した映画館バウスシアターの魂を引き継ぎ、映画の上映だけではなく、配給、更に制作・監督まで手掛けるというビッグプロジェクトで、映画館建設のために実施したクラウドファンディングで目標額を大きく上回る約650万円を調達、約500人の応援するサポーターがつくなど、吉祥寺映画ファン界隈から熱い注目を浴びていました。

 しかし、プレオープンを予定していた日(2017年4月15日)までに工事が間に合わず、むき出しの配線がそのままにされた中、なんとか初日の上映だけは行ったものの、翌日以降の上映は中止。再工事のため正式オープンは延期に。その後しばらくの間ココマルシアターはオープン日決定→工事が間に合わずオープン日延期→工事が間に合わない→延期を果てしなく繰り返したのだった(4月15日のプレオープン日も一度延期したうえでの強行)。
 当初は2,3階も映画館として営業していく予定が今回の時事通信の記事内にもある「避難階段の数が足りなかった」ために許可が下りず、2,3階をカフェとして申告。しかし実際は2階でも映画の上映を行っていた

 なんとかオープンにこぎ着けたものの、初日の初回上映作品で「音がまともに出ない」「映像がまともに出ない」「上映中止に」というトリプルコンボをたたき出す結果に。ちなみに客は4人という・・・映画館のオープン日に4人て・・・


 このようにオープン以前、オープン直後もありえないようなトラブルを連発させていたココマルシアターはその後もクラウドファンディングやマクアケのサポーターにリターンしてなかったり、サイトの宣伝文やスケジュール表が誤字・脱字だらけだったり、館内アルバイトの態度がひどいとか、座席のシートが切り刻まれていたとか、看板からキノコが生えていたとか、そもそもココマルシアター自体がひどすぎるとか、突っ込みどころばかりが目立っていた。結局、2年数か月しかもたずに劇場は閉館。その幕切れのあとに書類送検というエンドゲームを迎えたのです。

 書類送検の容疑となった無許可営業については、映画館営業中に多くのココマルウォッチャーが指摘しており、都が57回も行政指導しながら改善しなかったというのだから悪質そのものだし、いろいろなトラブルがありながらもココマルシアターを信じて通ったり、ネタにしていた人たちを裏切る行為なんじゃないですかねえ。これが何よりも問題だと思うのです。
 樋口社長がココマルシアターについて語る誇大妄想めいた発言の数々も、こうなっては痛いだけでしたね。これじゃあココマルならぬツカマルシアターじゃないか!ココマルシアターの名前が出るたびに劇場マナーCMに出ていた武田玲奈のことを思い出したり(いねえよ!そんなやつ!)、ここでイベントしていたアイドル、つりビットの解散もココマルのせいだ!(多分無関係)

 まあ、樋口社長もココマルシアターに一度も行ったことがない僕に言われたくないでしょうけど・・・


武田玲奈にも謝れ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:15Comments(0)映画日本のとんでも事件ネット

2019年09月19日

ストーカーに対するアイドル運営の適切な態度

 常にアイドルのロクでもないスキャンダルに目を向けている僕ですが、久しぶりに突っ込みどころのある案件を見つけた。

アイドル活動の女性にわいせつ行為 帰宅を待ち伏せ 男を逮捕
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190917/k10012086041000.html

天使突抜ニ読ミ
@tsukinukeniyomi
【 大切なお知らせ 】

https://twitter.com/tsukinukeniyomi/status/1173890907172556800

 とある地下アイドルの熱狂的なファンの男が、思い余ってメンバーにストーカー行為を働いた、というやつです。記事によると、

>午後11時ごろ、東京 江戸川区のマンションでアイドル活動をする20代の女性に対し、背後からタオルで目と鼻をふさいで引き倒し、体を触るわいせつな行為をしてけがをさせた疑いなどが持たれています。

女性はイベントを終えて帰宅したところ、マンションのオートロックの内側で待ち伏せていた容疑者に襲われたということです。


 アイドル活動後、帰宅したところを待ち伏せされて襲われたという、どこかで聞いたような話だね。
 その、どこかで聞いた話と違うところは、運営側が犯人を名指しで批判して「断固として戦う所存です」と意志表明し、被害に遭ったメンバーを気遣っているという部分です。どこかで聞いた話では、運営側は犯人側を擁護し、被害に遭ったメンバーを名指しで批判し、今に至るまで情報公開すら拒んで責任者は説明責任も果たさずに逃亡し続けているという。同じアイドルグループの運営なのに、随分と差があるものですね。

 アイドルを自宅で襲うなどという行為はこうやって批判されて当然なのに、そうではないどこかで聞いた話では、真逆のことが起きており、そこの運営はなぜ今回と同じことができなかったのか・・・本当に不思議な話です。




  


Posted by 縛りやトーマス at 10:43Comments(0)アイドルオタク日本のとんでも事件

2019年08月19日

なぜ無料案内所はなくならないのか

 誰も利用していないのになぜ無くならないのか?といえば竿竹屋と風俗の無料案内所とクールジャパンパーク大阪と言われてますが、そのひとつ無料案内所の存在理由が判明しました。

無料案内所に切り身200キロ 暴力団が密漁し保存か
https://www.asahi.com/articles/ASM8J3WLYM8JTOLB002.html

>長崎市の沖合で密漁をしたとして暴力団組長らが逮捕された事件で、同市の繁華街にある無料案内所に、冷凍された魚の切り身など主に加工された魚介類約200キロが保存されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。長崎県警は組長らが長期間にわたって営利目的の密漁をしていたとみている。

 今時、無料案内所で風俗店紹介されて行くやつっている?シティヘブン(もうないけど)読んで割引券使った方がましですよ。なのに風俗街には必ずあるんだよねえ。で、のぞいたら大抵誰もいないの。夜の交番かよ。だが!この記事読んで納得。そんなことに使われていようとは・・・
 さすがに大阪・ミナミやキタの風俗街無料案内所に魚は置いてないだろうけど(運び込むのが大変そうだ)。代わりに弾くやつとかは置いてあるかも。そう考えると無料案内所には近寄れない!
 でもひょっとしたら異世界と扉が繋がってて異世界風俗店に案内される、猪熊しのぶ先生の漫画みたいなことになってるかもしれないと期待してたのに!現実は残酷です。




  


Posted by 縛りやトーマス at 21:25Comments(2)日本のとんでも事件