2016年02月03日

かっとばせ!(クスリを)キヨハラくん

 先日未明頃に世間を駆け抜けた清原、覚せい剤所持で逮捕のニュース。「えーっ、ウッソー」(死語)「信じられない」という意見もあるけど、「あぁ、やっぱり」「だろうと思ってた」な声も多いでしょう。

【清原容疑者逮捕】
「怪しみながらも、ないんかなと思ってた…」ぷいぷいメンバー、ミヤネ屋も落胆

http://www.sankei.com/west/news/160203/wst1602030071-n1.html

>芸能リポーターの中西正男氏(41)は、スポーツ紙記者時代の平成24年までに「清原逮捕情報」が3度流れ、待機した経験を明かした。

 週刊誌のゴシップじゃなくて現場レベルでこの状態だったんだから驚くことではなかったのかも。とはいえ衝撃を受けたことも事実。なにしろ西武時代、大阪府警による覚せい剤撲滅キャンペーンのポスターに起用されて「覚せい剤うたずにホームラン打とう」なる間抜けなキャッチコピーをつけられていたのだから…


今回マスコミによって発掘された当時のポスター

 中島らもさんも「こんなんで覚せい剤やめるやつがいるのか」と言ってましたが、実際本人がやってたわけで効果のなさが証明されましたな。
 巨人から放り出されオリックスで引退するまでの選手生活晩年は必要以上に筋肉つけてどんどん強面化し、しまいにゃ刺青まで入れて「昔から憧れていた」というけど、その頃から周囲に怪しげな人間がうろうろしていたからよくない人たちに影響されたんでしょうね…
 一部には「20年前から大麻をやっていた」という話もあり、どの時期に転落していったのか、に注目が集まるところだがやっぱり巨人にFA移籍した頃じゃない?おとなしく阪神に入っていれば成績が転落するぐらいで済んだのに。あの頃は巨人と阪神で争奪戦になって当時の阪神・吉田監督が「ユニホームの縦縞を横縞にしてもいい」と何かキメたかのような発言してたけど。野村監督も「スワローズに入ってミルミル飲んだらええんや」と言ってましたから(言ってません)
 あの小向美奈子が大の巨人ファンだというし、小向ルート発掘か!?引退試合にセレモニーやったのはあの長渕剛だし。周囲の人間が、ねぇ…最近の長渕はドラッグハイよりもナチュラルハイですけど。

 ぶっちぎりのネタを提供してくれた清原のおかげであんなに盛り上がっていたベッキーネタが一瞬にして埋没したんだからゲスの人やSMAP関係者も大助かりでよかったよかった(よくない)。

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:48Comments(0)小向美奈子野球シャブ中甲子園

2016年01月11日

ASKAと石原真理の最終警告

 ベッキーさんがいまや芸能界から消えかかる風前の灯火では?と話題になっていますが、一足お先に消えかかっている元CHAGE&ASKAのASKAが突然ブログを更新、近況、そして薬物を始めたきっかけなどを詳細に記した20章仕立て約9万5000字(!)という長文にも長文だった。ブログはすぐに削除されてしまい、周囲が反対する中独断で更新したとの話。

キャッシュが以下にまとめられている。
http://togetter.com/li/923645


 あまりに長文なので流し読みしただけだが、96年ロンドンでのMTVアンプラグドライブで初めてエクスタシーを経験したことから、北海道で謎の男との付き合いや文春、事件のこと…などが事細かく時系列に沿って書かれており、こんなネット上に誰でもタダで読める形にしないで、本にして出版すれば文藝春秋や太田出版、見城徹が飛びつきまっせ!
 あまりに長文すぎて誰もまともに読んでいないので「ASKA病んでる」「薬抜けてない」などの意見がネット上にあったが、文章自体にはおかしなところは見られない。長文をいっぺんにアップロードされたので読む方はこんな大量に、と思うだろうが書いてる方は長い時間をかけて書き溜めてたのだろう。それにネットが長文を読む文化じゃないからね。本ならあの長文も時間をかけて読むだろうけど、ネットはやっぱり短時間で読めるものが好まれるから。

 文章それ自体はおかしくないけど、飯島愛と知り合いになって彼女が「盗聴されている」と言い出して相談に乗り、ASKA自身も盗聴盗撮被害を訴えだすあたりから完全にヤバイ人になり始め、10章『盗聴』での盗聴器も盗撮カメラも一切出てこないのに掲示板(どこの?)に携帯電話での会話が書き込まれていたとか、謎のメッセージを発見しただのと言い出すあたりは読んでるこちらが「おいおい、大丈夫?」とASKAが心配になるレベルに。
 そこからはパラノイア気味の人の典型的な主張が飛び出し始める。自分に起きている出来事とリンクするキーワードを検索して一致した(と主張するが他人からすると一致でもなんでもない、偶然にしか見えない)という個人や集団を特定して「こいつらが盗聴グループだ!」と決めつける始末で、ここまでくると完全に危ない人にしか見えません。

 小学生の頃からの偏頭痛持ちで、そのため薬をずっと飲み続けていたというから妄想とかもその副作用だとしか思えないので、実際にASKAの主張する盗撮盗聴グループが存在するとはとても思えない。おーにっちゃんのいう工作員と同レベルの妄想でしかないだろう。「入院して治療した方がいいですよ」ぐらいしか言えないんだけど。

 病んでるイメージが一切ない人のこういう告白って読むのつらいねえ。と思ってたら上には上があるもので、元祖イカれてる芸能人の石原真理(旧石原真理子)さんはASKAを上回るアレっぷりを見せていましたよ。


石原真理ブログ “ふわっとした瞬間”

2016年に地球の未来は決まるでしょう。 今年見た初夢は2つ。 ブルーエンジェル。 私は「火の鳥になり、世界中に金の粉を巻いていきたい」と1990年に伝えていました。


http://fairyangelvictory.blog83.fc2.com/blog-entry-2111.html


 もうエントリ名だけで「うわっ」としましたわ。ふわっとした瞬間ならぬうわっと思った瞬間ですよ。


>私はどの国にいても超能力者という立場の方々とは縁がありまして、主にアメリカや欧州でお会いしたのですが数々の気になる伝言の意味も全て自然と受け止め信じられており、内容はその後に必ず現実として見せられてもいるので自然現象に間違いはないのです。
>そしてそのエネルギーは自分の超能力に関しても当たることがほとんどで今に至っているため、私の中の「信」のループは出来上がっている状態です。


 何言ってんのかさっぱりわからないんですけど、すごい自信だけは伝わってきます。


>2016年は、本当に良い人と本当に悪い人の真実が自然と現れて来る年でもあるでしょう。
>嘘つきさんはこれまでの代償を払うことになりますね。



 ASKAと同じようなこというてはるw やっぱり…アレな人の頭の中身は同じってことなのかな…
 Rockyの話をしたらテーマ曲がよくラジオで流れるようになったとか、アレな人特有の「偶然を必然と思い込む」感も満載ですね。でも石原真理さんは「あてつけ感」と言えるあたりまだ症状は軽い方なのかもしれません(どこが)。

 これからもASKAに石原真理、アレな人たちの動向に注目していきたいと思います。だからといって俺は盗聴なんかしてませんから!盗聴していないという証拠はすでにダウンロードしてあるからいつでもお見せ出来る。これは最終警告だ!


  


2015年11月12日

エレクトリカルパレードみたい

 今だ続報が続く高部あいさんのコカイン騒動、この一件は東スポが独走状態だったんだけど今週、週刊文春も記事を出した。

芸能界驚愕
国民的美少女 高部あい「コカイン逮捕」と父親不明の「妊娠」

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5601


 記事では「清純派と言われているけど、とんでもない。パーティやクラブでやるのはもっぱらクスリ。セッ クスの時も麻 薬を使っていて、『頭がおかしくなるほど気持ちイイ』って言ってましたよ」とか「幻覚を見たことを喜々として語っていた」「車から見える普通の風景を『エレクトリカルパレードみたいに見える』と言っていた」などにわかには信じがたい証言の数々が関係者から飛び出すのであった。
 しまいにゃ警察の検査で妊娠の初期段階である可能性が判明などと言われてるし。もはや言いたい放題ならぬ言われたい放題で。あの小向美奈子の時ですらこんなにあけすけに言われてなかったと思うんだけどなあ…


 彼女がこんなにボロクソに言われてるのは、元事務所のオスカーに捨てられて誰も守ってくれないからというのもあるけど、高部あいというタレント自体を誰もよく知らないってのあるだろな。はっきりいってこんな事件がなけりゃゴシップ雑誌も一生聞くことのない名前でしょ。だから「なんかよくわかんねえけど清純派のタレント」って扱いにされてる。俺は高部あいが清純派タレントだったなんて、一度も聞いたことねえぞ!こいつら、女優とかアイドルはみんな清純派なのかよ!
 なので「清純派タレントがクスリで落ちぶれた」って話ばっか。それを強調するためにキメセクやクラブ通いの話をひたすらエグく書くしかなくなってる。
 文春では「彼女が落ちた原因」として「加護亜依と親しくなったから」とか書き散らして、別の方面にまで飛び火してるし!例の加護ちゃんの男が薬物の使用を匂わせるメールを送っていることが判明して、それが誰あろう高部あい!とかよう出来た話やな(笑)

 こんだけむちゃくちゃ書いてるくせに『キルミーベイベー』の話はこれっぽっちも出てきてねえぞ!まあ「アニメ声優が薬物使用で逮捕」とか書いてオタク差別の方向に記事を展開されるよりはよかったかも。でも「アニメ声優が逮捕」より「清純派タレントが逮捕」の方が記事のインパクトがあっただけだろな。

 まったく週刊誌って下世話ねえ。お前に言われたくないって?



エレクトリカルパレードみたい(嘘

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:52Comments(2)アイドル声優シャブ中甲子園食べ物

2015年11月06日

キノコクラブ

 高部あい騒動後『キルミーベイベー』の作者、カヅホ先生のもう一つの連載作品、comicメテオの『カガクチョップ』はいつも毎月末に更新していたのに、10月は予定が遅れて翌月の11月4日に最新話が配信された。
 やっぱり逮捕騒動にショックを受けてしまったのか。カヅホ先生といえども。ホントコカイン、ダメ、ゼッタイ。ちなみに最新話のタイトルは…



 キノコ・クラブ

偶然?それともわざと?絶対わざとだろ!!しかも友人から薬を渡されている(おい)!!こいつ、ネタにしてやがる(さすが)!!

 内容は、いつも科学部の実験動物として扱われている盛本さんが山にキノコ狩りに行ったところ、毒キノコか普通のキノコか見分けがつかないので科学部に持込。部長の沙衣がキノコの毒を見分けるために開発した背中にキノコが生えたネズミ登場。ネズミがキノコを食べると毒キノコかどうかがわかるという。さっそくキノコを勢い良く食ったネズミが絶命



 単にネズミが毒味役になるだけだった…相変わらずの意味のない発明と思いきや、なんと絶命したネズミの背中に生えたキノコが巨大化!下の部分の活動が停止すると食用になるキノコが生える!こ、これはすごい発明だ!!(?)「まさに魔法のキノコ!その名もマジックマッシュ―」という沙衣のセリフが確信的すぎ。

 この後、すべてのキノコが毒キノコだと判明し、さらに胞子を遠く高く放り投げて、ネズミなみの繁殖力と成長力で部屋中がキノコまみれに。

 盛本さんはもちろんのこと、沙衣の体も侵食され、最後は蓮も…
 『マタンゴ』も真っ青の「おいしいよー」な展開にバッド・トリップ。


 …更新が遅れたのはこのタイミングでこの内容をよしとするか否かで話し合いがあったんじゃないかな…

 常々キノコでトリップしてるような漫画を描いていると言われがちなカヅホ先生、空気読みすぎ。ホント、このタイミングでこの原稿出してくる引きの強さ。これが才能の証明なのか。


comicメテオ カガクチョップ
http://comic-meteor.jp/kagaku/


  


Posted by 縛りやトーマス at 19:48Comments(0)漫画シャブ中甲子園

2015年10月27日

いやぁただのコカインですがな~

 『きんいろモザイク』『ご注文はうさぎですか?』などまんがタイムきらら系アニメの二期が次々放送される中、一体キルミーベイベーの二期はどうなってるのソーニャちゃん!!と訴えたくなるぞわさわさ。
 ところがそれどころじゃない自体が勃発。


現役人気アイドル・高部あい「麻薬逮捕」されていた
http://urx.red/oPsK


 忍者のあぎりさん役、高部あいさんがなんとコカイン、向精神薬所持で逮捕!あのとろけるような声は向精神薬を決めて出してたというのか(なわけねーよ)…
 これにはコカインを決めたような漫画ばかり描いている(失礼)カヅホ先生もビックリ!そりゃハロウィンまつりに参加できないわけだ!(当て付け)


コカインを貪るあぎりさん(嘘

 しかもこの逮捕は高部あいさんだけではない。いろんな方面に飛び火するかも知れないのだ…


薬物逮捕“前日”! 高部あいが出席した華やかすぎる“パーティ”がブログに!? 人気タレントたちにも影響飛び火か……
http://www.cyzo.com/2015/10/post_24610.html


 サイゾーの記事によると高部あいさんが逮捕されたのは15日。前日の14日には森下悠里が主催するハロウィンパーティに参加していた。翌日に逮捕され、「友人からもらった」と証言していることから「パーティの参加者から貰ったのでは?」と勘ぐられても仕方あるまい。ちなみにそのパーティの参加者は…

・森下悠里(主催)
・岸明日香
・misono
・多田あさみ
・副島美咲
・田所ミカ
・澤山璃奈
・ダコタ・ローズ
・原幹恵 他


http://ameblo.jp/yuurimorishita/day-20151018.html
http://ameblo.jp/asuka-kishi/day-20151015.html
http://ameblo.jp/rina-sawayama/day-20151016.html
http://urx.red/oPr4
http://urx.red/oPrh
http://urx.red/oPsG

 この錚々たるメンバー。全員決めとるんやな!そうやな?ちなみに2014年には愛川ゆず季と浜田翔子も参加しているぞ!まったくロクな女どもじゃねーな。付き合う相手は選んで欲しいものです。

 この影響でキルミーベイベー二期は完全にナシになったという話。そんな酷すぎる。没キャラが代わりに昇格するとか、新井里美さんが担当するとかでなんとか乗り切ってくれ。いや、これは逮捕されたのは偽あぎりさんであってもしくは分身の術だったというオチでなんとかならないものか(なりません)


いかがわしさ漂うパーティ写真


  


Posted by 縛りやトーマス at 21:29Comments(4)声優アニメシャブ中甲子園

2015年07月10日

4年9か月ぶり6回目のおひさしマーシー

 逮捕される度に「何年ぶり何回目」とまるで甲子園の出場校のように言われる季節の風物詩ににも似た逮捕常連の有名人といえば清水健太郎(逮捕6回)、岡崎聡子(逮捕7回)そして田代まさし(逮捕5回)だが、今回マーシーがまたもや書類送検。もういい加減にしろよ…



田代まさしが盗撮か 二子玉川駅ホームで通報される
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2537218.html


 去年の7月に仮出所、薬物依存リハビリ施設「ダルク」の更生プログラムを始め、 『マーシーの薬物リハビリ日記』を発売。本人のブログでは

失った信用を取り戻すのは簡単なことではありませんが、
ダルクの仲間と一緒に、がんばっている姿を見て頂くことで
「一生薬物をやめつづける」という決意を伝えられたらと思っています。


 と語っていたマーシー。薬物をやめつづける決意はしたのだが、盗撮をやめる決意は出来なかったということか…

2015年02月20日
ご無沙汰しております

http://tashiromasashi.seesaa.net/article/414378563.html


 本の売り上げの一部を阿蘇災害復興支援に寄付したっていうけど、股間のマグマを抑えきれないマーシー、阿蘇のマグマを気にしている場合ではないのでは。
 しかしこれほど薬物依存の恐ろしさを体現している男はいないな。政府広報のCMに使うべき。その上で雑誌のグラビアアイドルを撮るカメラマンにマーシーを起用して、そこでは盗撮をテーマにした写真を撮らせるとか。週刊SPA!辺りで。グラビアン盗撮魂。リリー・フランキーがゲッスイ顔してサブカル親玉気取ってるんだから、マーシーでもいいだろ。薬物決めてたという共通点があるんだから。


  


Posted by 縛りやトーマス at 16:25Comments(1)日本のとんでも事件シャブ中甲子園

2013年08月01日

僕はこの口で薬を吸う

数日前の東スポに『超大物シンガー深刻な薬物中毒』という記事が出ていた。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/166084/


ネットでは「C&AのAでは?」という噂が流れていたが、本日付けの週刊文春にてハッキリとCHAGE and ASKAの飛鳥涼だと報道。


週刊誌早読み 8月1日発売
チャゲアスASKA薬 物中毒疑惑浮上、暴力団とも関係か「もうこんな感じなんれすっ!」

http://biz-journal.jp/2013/08/post_2596.html





超大物シンガーの報道を聞いて、最初はついにロッカーHの嫁さん、Iに捜査の手が!と動揺したがまったく別人で安心した。ああよかった。
それにしても文春見出しの「シャブ&飛鳥」ってのもひどいよな・・・まるでチャゲの方が薬に手を染めてるみたいだし。誤解のないようにいうと、薬物疑惑があるのはASKAの方です。

記事によると薬の手配を依頼していた暴力団関係者がASKAからたびたび無理な発 注をされるようになってトラブルになったため、切れた関係者によってASKAがパイプで吸引するところをビデオに撮られたとのこと。
これを受けて文春がASKAに直撃するとASKAはパンパンにむくれた顔で太っており、文春にはろれつの回らない口調で何をいっているのかさっぱりわからない。かろうじて「病院にいく」ということで薬物疑惑に関しては否定。
一瞬「ラリってるの?」と思うんだけど東スポ、文春に言われるほどの「深刻な薬物中毒」だったら痩 せるよな。ASKAは現在休業中の理由として過性脳虚血症の治療、と発表しているけどそれの副作用なのか。だとしたら一体どこから薬物中毒の話が出てくるのか・・・?

かつてミリオンセラーを連発したシンガーの現在がシャブ中じゃあねえ。

♪何度も吸うよ~ 僕は確かに~ シャブを愛してる~

状態じゃないことを祈ろう。
あとこんな状況でも消息が伝わらないチャゲさんにも誰か取材してあげて!  


Posted by 縛りやトーマス at 13:59Comments(1)シャブ中甲子園

2013年02月20日

4年ぶり6度目

以下スポニチより。


また…元五輪体操選手・岡崎聡子容疑者 6度目の覚せい剤

 覚せい剤を使用したとして、警視庁新宿署は18日までに、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、体操元五輪選手岡崎聡子容疑者(52)=東京都杉並区=を逮捕した。新宿署によると、岡崎容疑者は「今はやっていない」と否認している。逮捕容疑は今月、覚せい剤を使用した疑い。

 新宿署によると、15日午前3時ごろ、東京都新宿区百人町1丁目の路上でパトロール中の警察官から職務質問を受け、尿検査の結果、覚せい剤の陽性反応が出た。95年以降、これまで覚せい剤取締法違反事件で5回の有罪判決を受けている。

 岡崎容疑者は高校在学中の76年、15歳でモントリオール五輪に出場。体操引退後にはタレント活動などをしていた。


http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/02/19/kiji/K20130219005227330.html


またかよ!
覚せい剤って、本当に止められないんだなあ・・・
改めて覚せい剤の常習性、恐ろしさを知った事件であった。元五輪代表選手だけにドーピングは得意だったのか。
逮捕6回か。回数だけなら芸能界薬物関係逮捕史上(通称・熱闘!ヤク中甲子園)に光り輝く清水健太郎の6回に並んだわけですが、清水健太郎の逮捕6回のうち1回がひき逃げだったことを考慮すると、純粋に薬物で逮捕された回数でシミケンを越えた!

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:02Comments(0)シャブ中甲子園

2012年08月03日

よみがえり やみあがり

以下ZAKZAKより。


【編集局から】清水健太郎、今度こそ“再起”なるか


「失恋レストラン」のヒットで知られる歌手、清水健太郎(59)が先月までに、服役していた刑務所を出所したそうです。

 清水は、2010年8月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、1年10月の実刑判決を受けていました。これまでに6回警察のご厄介になり、うち薬物での逮捕は5度目。関係者によると、現在は支援者とともに社会復帰を目指していると言います。今度こそ再起を果たしてほしいものです。

 “白い粉”の誘惑に翻弄され続けてきた彼の半生を見ると、薬物がいかに怖ろしいものかがよくわかります。一度はまればなかなか抜け出せない。強い依存性が、使用者の人間性をむしばみます。

 その恐怖は報道などを通して何度も伝えられていますが、それでも薬物禍は一向に収まる気配はありません。

 最近では、法の網をかいくぐってはびこる脱法ドラッグも問題となっているほか、「都内で覚醒剤と似た興奮作用のあるコカインが流行の兆しをみせている」(警察関係者)とも。社会全体で負の連鎖を止めるための努力をする必要があります。


http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120803/enn1208031209008-n1.htm


プロレスラーの引退と清水健太郎の再起ほど信用できないものはないわけで・・・
きっと、また、やらかすことでしょう。

♪ねえマスター つくってやってよ 涙入りのコカイン

清水健太郎、田代まさし、岡崎聡子の三大塀の外の懲りない面々の復帰を応援します(棒読み)
最近のシャブ中甲子園は初出場組がいなくて盛り上がらないや。


優勝候補:
清水健太郎(出場5回)
岡崎聡子(4回)
田代まさし(3回)
横浜銀蝿・翔(3回)
岡村靖幸(3回)

強豪:
赤坂晃(2回)
西川隆宏(2回)

新鋭:
押尾学(1回)
酒井法子(1回)
小向美奈子(1回)
いしだ壱成(1回)
中山史奈(トルエン)
他にもいっぱいいるから書ききれない


期待の新生・加護ちゃん  


Posted by 縛りやトーマス at 23:44Comments(0)シャブ中甲子園