2019年08月30日

書くことはやめられない『ガーンジー島の読書会の秘密』



 イギリス海峡フランス側に位置するチャネル諸島はイギリスのリゾート地だが連合王国に属さない、イギリス王室保護領となっている。もとはヴァイキングが収めていたノルマンディー公国の領地であった。13世紀初頭にイングランド王がフランスとの戦争に敗れノルマンディー公国を失ったが、チャネル諸島はイングランド王に忠誠を誓ったためイングランド王領のまま、現在に至っている。そんなチャネル諸島で2番目に大きい島、ガーンジー島を舞台にした『ガーンジー島の読書会の秘密』を観た。


 第二次大戦終結直後のロンドンで、駆け出しの作家ジュリエット・アシュトン(『ベイビー・ドライバー』で主人公ベイビーに無償の愛を捧げるヒロイン役で人気爆発したリリー・ジェームズが演じている)はある一通の手紙を受け取る。それはドーシー・アダムズ(ミキール・ハースマン)というガーンジー島の住民で、ジュリエットが戦争中に生活費のために古本屋に売った本をドーシーが偶然手にし、そこにジュリエットの名前と住所が書いていたので手紙を送ったのだ。戦争中はナチスに支配されていた島だったが、終戦したので島の本屋を復活させたく、ロンドンの書店の住所を教えてほしい、というもので、戦争中は“読書とポテトピールパイの会”に所属し、会は夜間の外出を禁止し、家畜すら島民から取り上げる厳しい統治をしていたナチスから豚肉を隠すために生まれた、というくだりに興味を持ったジュリエットは「会のことを教えてほしい」と返事を出す。

 ドーシーの返事には会は自分の他に若い女性のエリザベス(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)、その知人で初老の女性アメリア(ペネロープ・ウィルトン)、自家製のジンをみんなに振る舞うアイソラ(キャサリン・パーキンソン)、郵便局長の老人エベン・ラムジー(トム・コートネイ)を合わせた5人。最初はアメリアが密かに隠していた豚をみんなで食べよう、というだけであったが、その帰りにナチス兵に外出したことを咎められ、咄嗟にエリザベスは「読書の会です」といってごまかした。体裁を整えるために5人は営業していない古本屋からかき集めてきた本をみんなで読むようになり、終戦後の今もそれは続いている。厳しいナチス統治の中でただ一つの娯楽であり、「会は僕らの避難所だった」というドーシーの手紙に興味を募らせたジュリエットはこれを新聞の記事にしようとガーンジー島に赴く。船に乗り込む寸前に恋人のマーク(グレン・パウエル)から予期せぬプロポーズを受け、恋も仕事も上向きの彼女は島へ向かうが、読書会のメンバーからは「会のことを新聞記事にしたい」というとメンバーからは「記事にされるのはお断り」と言われ、距離を置かれてしまう。この場にいないエリザベスのことを聞いても「今は島にいない」と言われるだけ。

 ジュリエットは会のメンバーからエリザベスの為人を聞き出す。エリザベスは誰にも分け隔てなく優しく、他人に尽くす聖女のような人だとドーシーから教えられるが、宿の女主人シャルロットからは「あんな悪女はいない」「会の連中に嘘を吹き込まれているだけで、あの女はとんでもないアバズレさ」とまるで逆のことを聞かされる。エリザベスの秘密に迫ろうと滞在期間を延ばすジュリエットは、エリザベスが島にいない理由、その真相にたどり着くのだが・・・


 英国アカデミー賞に輝いた『フォー・ウェディング』、デップ&パチーノの『フェイク』などで知られる巨匠、マイク・ニューウェル監督による本作はナチスの支配に揺れる島の住民が戦争に翻弄され、引き裂かれる悲劇のメロドラマだ。その悲劇に島民のみならず、ロンドンで戦争の災厄に見舞われたジュリエットも巻き込まれていく。
 ハーレクインロマンスも真っ青の展開だが、ニューウェルの演出や、リリー・ジェームズ他、『ダウントン・アビー』の出演者による優雅で洗練された物語にはメロドラマには縁のない40代オッサンの僕でも思わず前のめりで夢中になってしまった。そして悩みに悩んだ挙句、物語を書くことを決意したジュリエットが怒涛の勢いでタイプライターを叩きまくるシーンには、胸にこみ上げるものがあった。一日数百アクセスぐらいしかないこのブログを10年続けている僕もどうしても書きたいこと、残したいことがあってキーボードをたたいているわけです。エリザベスと僕では書いている内容は大分違いますけど・・・書くことはやめられない!

  


Posted by 縛りやトーマス at 20:43Comments(0)日記

2019年07月31日

着ぐるみはつらいよ

 今年の関西は例年より15日遅い梅雨明けとなり、雨だらけでジメジメした日もようやく終わったと思ったらあっという間に最高気温35度。特に昨日はバイト中に倒れるかと思った・・・
 ホンマに夏の路上バイトはキツイ。先日は大阪の遊園地、ひらかたパークで着ぐるみショーのバイトの男性が熱中症で亡くなった。

着ぐるみダンス練習後、28歳が熱中症で死亡 ひらパー
https://www.asahi.com/articles/ASM7Y5W78M7YPTIL02L.html

 そりゃあ日中の着ぐるみはキツイよな、と思ったら練習時間は夜で、それで倒れるぐらいなんだからあの着ぐるみは相当熱いよ。ひらパーにはヒーローショーを見に行くのだけど、以前ウルトラマンショーでスーツが汗まみれになり、足元が水たまりになっているのを見てギョッとした。当然握手もじっとり濡れていて、ウルトラマンも汗をかくんだな、とか笑ってる場合ではない。途中でウルトラマンの一人は耐えかねて握手会を中座したのだ。その時は5月だった。
 ひらパーでは夏のショーは危険すぎてやらないのだけど、5月でこれなんだからそりゃあ夏は中止にするよね。今回は園のマスコットキャラだから夏だろうがなんだろうが出なくちゃいけないんだ。着ぐるみはつらいよ。


このキャラも大丈夫なのかしら  


Posted by 縛りやトーマス at 23:31Comments(0)日記ひらパー

2019年07月10日

ひっさつわざをふるって逮捕

 元TALIZMANのボーカルでアニソン、特ソン界で活躍し、最近はライブ活動を再開していた木村昇ことハーリー木村さんが暴力事件で逮捕。

「ルパン三世」歌手逮捕 知人男性に暴行容疑、ウルトラマンも 宮城県警
https://www.sankei.com/affairs/news/190709/afr1907090017-n1.html

 この見出しだとまるでウルトラマンも暴力をふるって逮捕されたように受け取れるが、なんでこんな見出しになったのかというと、警察(もしくはマスコミ)がハーリー木村のことをよくわかってなかったのか、本名に、韓国籍の実名まで書かれて

>容疑者は「自分はシンガー・ソングライターで『木村昇』の名で『ルパン三世』や『ウルトラマン80』の主題歌を歌っていた」と供述しているという。


 とまるで「などと供述しており」系の書かれ方されてるの、悲しすぎ。オタクに言わせるとハーリー木村といえば『テクノボイジャー』、『未来警察ウラシマン』だろ、とかうるさいけど、世間に通じるタイトルが『ルパン三世』の「LOVE IS EVERYTHING」か、『ウルトラマン80』なんだから、この見出しになったといえる。この担当記者がもしオタクだったならば、

「『はだしのゲン』の歌手逮捕」

 とか、

「『宇宙刑事ギャバン』挿入歌「青い地球は母の星」でおなじみの歌手逮捕」

 などという一般人がきょとんとする見出しになっていたところだ。いやあぶないあぶない。


「ウルトラマン80の歌手が暴力」と聞いて思い浮かべた漫画

  


Posted by 縛りやトーマス at 02:20Comments(0)日記特撮・ヒーロー音楽

2019年06月22日

どっちが税金泥棒だよ

 年金2000万円問題に対する国民の怒りはおさまらないようで(当たり前だけど)、先週末にはデモが行われた。香港の大規模なデモに影響されたこともあって、政権批判につながる報道をあまりしたがらない(どういうことだよ)テレビでも取り上げられていた。

 この国民の怒りをまるで理解していない人がいた。堀江貴文だ。

堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ! ラサール石井「頭よくない」は正しい
https://lite-ra.com/dev/print/?url=https://lite-ra.com/2019/06/post-4789.html

 リテラが批判しているように年金制度を崩壊させているのは国の方なのに、堀江は上から目線で「そんなことしてる暇があったら働け」などと言い出す。そもそもデモがあったのは日曜日なんだけど・・・
 まるで自分が富裕層かハイソサエティの一員みたいに低所得者層をこき下ろしてるんだけど、堀江なんか上流社会に憧れてる小金持ちの成り上がりに過ぎないくせに。上流階級に媚び売ったって向こうはあんたを仲間だと思ってないって。

 そこへ行くと真の富裕層に属する大富豪のビル・ゲイツのいうことは違うね。

ビル・ゲイツ氏、大富豪は「もっと税金支払うべき」 納税額は1兆円超
https://www.afpbb.com/articles/-/3163230

>これまでの納税額が総額100億ドル(約1兆700億円)を超えると明かした上で、自分のような大富豪は税制の恩恵を受けているのだからもっと多くの税金を支払うべきだと語った。

 たくさん納税をしている人は税制の恩恵を受けているのだからもっと税金を払うべきだ・・・さすが本当に稼いでいる人物のいうことはちがうねぇ~

>同氏は、議員らが拡大する格差について考え、低所得者のために「なぜ良い仕事ができていないのか」と自問すべきだと批判した

 返す刀でまさに「税金泥棒」と化している政治家も批判しているゲイツ。これは当然のことで、堀江は安倍政権こそ「税金泥棒」と批判すべきではないのか。

 大体堀江はかつて警察、検察庁、裁判所、刑務所といった税金が使われている施設でサービスを受けていたわけだが、捕まっている暇があったら納税してほしい。




  


Posted by 縛りやトーマス at 06:57Comments(0)日記お前は何を言っているんだ

2019年05月17日

哀しみのG20

 6月28日、29日の二日間に渡って行われるG20大阪サミット。誰も日本で、大阪でやって欲しいなんて頼んでないはずだけど大阪でやることは決定されている。
 各国首脳の会合なんてどっかの会議室にこもってこっそりとやっとけばいいものをなんでかイベント化して、お祭り騒ぎに府民が巻き込まれるのなんでだろう。

 金融・世界経済に関する首脳会合というのならこんなもんを開催するのに金がかかって、大阪では大規模な交通規制が敷かれ、市民が不便な生活を強いられる方が問題だと思います。会合にかけつけて高そうな飯を食わせる必要や、観光気分に浸らせる必要ゼロ。美味い水でも飲ませておけ。

 その中でも特に問題が・・・コレ。

G20の2日間、「飛田新地」で全店休業 大阪の歓楽街、料亭159店
https://mainichi.jp/articles/20190516/k00/00m/040/046000c

 G20開催中は飛田新地の「料亭」が全店休業に。

>組合の担当者は「地域の混乱を防ぐために自粛を決めた。日本で開催して良かったと言われる会合にしてほしい」としている。

 各国首脳が集まるときに「料亭」が営業していると混乱が生じたり、日本でサミットが開催されていることが良くないことになるらしいね。その因果関係をぜひとも説明してほしい。
 日本の文化ともいうべき「料亭」の実態を経験したい!と考えていた各国首脳もいたはずではないか。せっかく「料亭」のサービスというものを世界中にアピールできるチャンスだったというのに。「料亭」休業のニュースに関係者の一部は肩を落とし、「宿泊施設にこもるか・・・これじゃあG20じゃなくて自慰20じゃないか!」と嘆きのコメントをしたという(嘘)


 かつて飛田料理組合の顧問弁護士をしていた橋下徹は何かコメントしなくていいの?何もないときでも「いくらでも、しゃべりまっせ!」となんでもコメントするおしゃべり大好き橋下さん、久々にアピールするチャンスでっせ!



  


Posted by 縛りやトーマス at 15:06Comments(1)日記

2019年05月04日

紫艶も喜楽館も、もうええねや~

 平成の終わりから令和のはじまり(はじまったところで何が変わるわけでも、新しくなるわけでもないので、こんなことに騒いでいるテレビのワイドショーは本当にアホらしい!)に飛び込んできたのは、桂文枝の愛人と言われた元タレント、歌手の紫艶が孤独死していた、というニュースだった。

紫艶さん死去、桂文枝との不倫疑惑の“真相”…文枝が訃報に絶句した“理由”
https://biz-journal.jp/2019/05/post_27766.html

 彼女が18歳の頃に出会い、数年間だけ愛人関係ではあったが、その後関係を清算したはず・・・というのが文枝の周囲の関係者が語る真相とされている。その後、喜楽館疑惑などもあって70代半ばで尚も絶好調な女性関係をお持ちの文枝なだけに本当は最近まで愛人関係だったんじゃないの?と疑ってかかるのが芸能ゴシップ誌側の意見です。

桂文枝会長「喜楽館」疑惑、名称変更「考えてない」
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801230000404.html


 紫艶は不倫告白後、一瞬だけマスコミの注目を浴び、この手の話題にすかさず飛びつくアダルト業界のスカウトを受け、数本のAVに出演していましたが、評判はイマイチであっという間に消えてしまいました。FANZAにデビュー作のレビューが掲載されてますが、これがなかなか読み応えがあるのでぜひ読んでください。


☆☆☆
「もう、ええねや」で済むかぁ!
制作者がテレビ業界人崩れなのか?安~い『金スマ』見せられた気分、エロへの情熱と追求は感じ取れません
毎回だけど、例のごとく陳腐なインタビューで始まる展開、制作側の問いかけが字幕なのでトーク苦手なのが分かる
会話の展開からじゃなく、しょっぱなからいきなり定番ギャグをしろと無茶ブリ・・・案の定すべる、女優さん可哀想!
この時点で6割終わってると感じたのだが巻き返しに期待してみることに

自分は大阪人なのでローカルでちょくちょく見かけていたのもあって女優さんのルックスには幻滅はしなかった(鼻筋を除けば)
グラビアモデルだった身体も色白で程よい弛み、ピンクだけどしっかりママの乳首がいやらしい!派手ネイルは女優さんがNGなのかな?
しかし制作側、男優陣がなんとも情けない、フリートークが出来ないの?と思うほど薄っぺらくオモロない(尼の女にはキツイやろな~)
昔取った杵柄でカメラに負けない目力があってカラミでも男優の方が視線を逸らすことが多かったのでイライラしました、ダメだこりゃ!
昼ドラみたいな劇画タッチのセッ クスなんていらんやろ!最中に笑いがあったらアカンの?会話しながら楽しく愛し合うのが普通でしょ
パンツ脱がすときに「オヨヨ!」くらい言えよ!サブいトーク中にプゥ~っと椅子から転げ落ちることもないし、サニー怒ってくるで!

コイツらの傑作を駄作にする才能はスゴイ!


http://www.dmm.co.jp/review/-/list/reviewer/=/id=56353/


 これだけボロクソに書いて、評価☆3つというのがなんともw 高すぎや!

 訃報を聞いた文枝が思わず「オヨヨ」とつぶやいたとか、椅子から転げ落ちたとか、もう、ええねや・・・と漏らしたとか、せめてオチをつけてくださいや文枝さん!そんなことでは人間国宝になるのも無理でっせ!




  


Posted by 縛りやトーマス at 00:01Comments(0)日記

2019年04月07日

ガチャで欲しいアイテムが出ないのは当たり前!

 ゲーム『ドラゴンクエスト』のCGアニメ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が「豪華声優陣を起用」と言い張って、吹き替えしたのは俳優だらけ、という宣伝に非難が集中。「豪華俳優陣と言い直せ」というのだ。邦画界では話題性だけを狙ってアニメ映画の吹き替えに職業声優をないがしろにして、俳優陣をキャスティングするというハリウッド映画の猿真似が横行していますが、そうやって集められた俳優のことごとくがヘッタクソな吹き替えを披露して、観客の怒りを買っているのです。『Mr,イングレディブル』の綾瀬はるかなど、気が狂いそうになりました。最近では原恵一監督の新作『バースデー・ワンダーランド』の松岡茉優など、ゲボが出そうです。

 こんな企画をユア・ストーリーなんて言われること自体が苦痛。こんなのは俺のドラクエじゃない!世界の半分をやるからやり直せ!

 そんなダメ企画でお茶を濁してるスクウェア・エニックスが別の怒りを買っているのです。

アイテム入手できず…男「職員よ、首洗っとけ」
http://news.livedoor.com/article/detail/16254063/

 てっきり「俳優吹き替えは許さない」という怒りに満ちた会心の一撃をかましたのかと思ったらそうじゃなかった。

>男は2月5日、ロールプレイングゲームの問い合わせ先に「職員よ 明日殺してやる 首洗っとけよ」と脅迫するメールを送り、同社に警備を強化させるなど業務を妨害した疑い。

>調べに対して容疑を認め、「ゲームに20万円以上使ったが、欲しかったアイテムが入手できず、腹いせにメールを送った」と供述している。同社には昨年9月以降、「殺す」などと書かれた脅迫メールが約30件送られており、新宿署が関連を調べている。


 ゲームのタイトルが記事内に書かれていませんが、おそらく『星のドラゴンクエスト』だと思われます。ガチャで欲しいアイテムが出なかったんですね。
 しかしガチャで欲しいものが出ないといって切れるのは、パチンコで当たりが出ないといって切れるのと同じで、ただのアホです。
 ソシャゲがアホらしいところは、テクニックもなんもいらないとこですね。昔のテレビゲームはテクニックさえ身に着けるか、果てしなくリプレイをすればクリアまではたどり着いたもの。努力した分、クリアというゴールにたどり着いていて、努力が必ず報われたのです。勉強やスポーツでは努力すれば必ずNo.1になれるのかというとそんなことはありません。努力しても同じ結果にならない。テレビゲームでは頑張ればクリアという結果には必ずたどり着くので、現実世界の無意味な競争に疲れ果てた少年たちがみなテレビゲームにハマったのです。
 ところが最近のソシャゲはまずクリアというゴールがないので延々とリプレイするしかなく、ガチャも絶対欲しいものは出ないようになっているので、やるだけ無駄です。

 今回の犯人も、逮捕という大当たりが出るまでメール30件も出してるし。ガチャも脅迫メールも一発で大当たりは出ないんですよ!



  


Posted by 縛りやトーマス at 23:48Comments(0)日記ゲーム

2019年03月30日

サプライズドライブ

 ニチアサの『仮面ライダードライブ』に主演して知名度アップし、その後もドラマ出演で人気俳優の仲間入りを果たした竹内涼真くん、ドライブに出ていた縁なのか三菱自動車のCMに出演が決定。トライドロンのベースはホンダだけど。
 そのCM発表会でちょっとした面白シーンが…

竹内涼真、女性からドライブ同乗を懇願されるも、爽やかに断る
https://npn.co.jp/article/detail/27931901/



>この日司会を務めた女性が竹内のファンなのか、「わたしも連れていって欲しいです」と竹内に懇願する一幕があったが、これを微笑ましく受け止めつつ、「無理です」ときっぱり否定。会場を笑わせた。

 爽やかっていうか、完全なる拒絶なんですけど…なのに「爽やか」呼ばわりで済まされるなんて、イケメンって得ですねえ。番組のように「ひとっ走り付き合えよ!」とは言ってくれなかったのが残念!サプライズドライブは失敗です。

  


Posted by 縛りやトーマス at 05:38Comments(0)日記特撮・ヒーロー

2019年03月29日

脱税でまっすぐGO-!!

『空の境界』『Fate』シリーズなどで知られるアニメ制作会社のufotableに脱税疑惑が持ち上がった。東京国税局のガサ入れを受けたというのだ。

大ヒット劇場版「Fate」の人気アニメ会社に脱税疑惑 東京国税局がガサ入れ

https://bunshun.jp/articles/-/11227

>同社はアニメ関連グッズの販売などを手掛けているが、在庫数や販売数の管理は杜撰で、いくつかの店舗では、売り上げた現金を会社の銀行口座に入金するのではなく、社長自らが現金の束を回収するという悪質な所得隠しとも考えられる会計処理をしていた。

 昭和の匂いを感じる所得隠しだな!ウルトラマンランドの売り上げを誤魔化していた円谷みたい。ufotable側のコメントに

>ユーフォーテーブルに事実確認を求めると、「近藤の意向が会社の意向ですので、社長に直接聞いて下さい」

 とあったのがなんとも。恐るべきワンマンスタイル。悪徳社長がオタクを食い物にして荒稼ぎしたゼニの束をわしづかみにして歓楽街に繰り出す様子が目に浮かぶ。
 ufotableといえば高い評価を受けながらDVDが爆死、そのせいで二期が作られなかったと言われている『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』で知られてますが、どうせ所得隠しをするのなら、税金対策でまなび二期でもつくればいいのに!ひょっとしたら本当はまなびでも大儲けしたのに、社長が所得を隠すために「爆死した」と装ってたのかも…極悪企業だな!

 それにしてもこの報道が週刊文春というのは興味深い。文春といえば芸能人スキャンダルでは他の追随を許さない面がありながら、他方、声優のスキャンダルネタでは花澤香菜、小野賢章のカップルという、濃いファンならみんな知ってるわ!レベルとか、茅原実里さんが一般人男性と交際しているという「だからどうした」程度のスクープとも呼べないショッパイネタばかり。なぜそんなことになっているのかというと、文春が雇っているパパラッチがNGT48暴行事件に関わっていたとされるオフパコ連中で、彼らのストーキング行為により文春は芸能人スキャンダル情報を得ていたという。
 ではなぜ文春は声優関連では、てんでダメだったのか?そう、連中はオフパコ関係ではネタを取れるけど、声優は地方アイドルと違ってオフパコなんかしないから、スクープが取れなかったというのが僕の見解です。
 今回のも単に国税局からのタレコミだろうし、文春独自の取材力が発揮されたわけでもなさそう。そもそもufotableの脱税なんて普通の雑誌では取り上げることもないでしょうから。しょせん文春はこの程度ってことですね。



  


Posted by 縛りやトーマス at 01:50Comments(0)日記アニメグッズ販売週刊文春

2019年03月01日

パンツじゃないから(略)適切な範囲

 最近は企業のPR広告などにアニメのいわゆる「萌えキャラ」を使ったポスターをあちらこちらで見かけます。「かつては差別されていたアニメが市民権を得たんだ!」などと安易に喜ぶのはご用心。アニメ、萌え絵を理解しない人たちはいくらでもいるので騒動の火種になりかねません。すぐにセクハラだなんだのと、バッシングの理由になるのです。


「下着ではなくズボン」 ちら見え、自衛官募集ポスターに批判
https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190228000173

 防衛省自衛隊滋賀地方協力本部の自衛官募集ポスターにアニメ『ストライクウィッチーズ』のキャラを使ったポスターが貼られたところ、キャラクターのパンツのような部分が露出していることから、「セクハラ」との批判がネット上などで上がるように。

 これはワールドウィッチーズ10周年を記念したコラボポスターで、去年の11月から発表されていたので、何で今になって揉めだすのか。

http://w-witch.jp/news/20181121_2



 この批判に対して同本部は

>「アニメの既存の図柄を使用している。指摘の着衣は、下着ではなくズボンだという設定で、適切な範囲だと考えている。多くの人から評価を得ている」


 と説明した。なんと批判に対して真っ向から反論したのである。普通は通り一辺倒の謝罪をして、回収というところになるのを下着ではなくズボンという、まさに「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」そのまんまの回答なのだった。
 同本部の腰が据わった回答には日本を守る自衛官の根性を垣間見た気がする、などと言っている場合ではない。「パンツじゃないから…」が通用するのはあくまで「完全に狂っている」アニヲタの間でのみ通用するワードであって俗世間には通じないということを考えてほしい。連中からすればいくらズボンだベルトだといおうと「パンツ!パンツです!」なのだから…
 話が通用しない連中に餌を与えてどうするのか。アニヲタだけがニヤニヤしていられる村以外への露出は控えた方がいいですよ。パンツだけに。


  


Posted by 縛りやトーマス at 16:26Comments(0)日記アニメお前は何を言っているんだ