2019年03月01日

パンツじゃないから(略)適切な範囲

 最近は企業のPR広告などにアニメのいわゆる「萌えキャラ」を使ったポスターをあちらこちらで見かけます。「かつては差別されていたアニメが市民権を得たんだ!」などと安易に喜ぶのはご用心。アニメ、萌え絵を理解しない人たちはいくらでもいるので騒動の火種になりかねません。すぐにセクハラだなんだのと、バッシングの理由になるのです。


「下着ではなくズボン」 ちら見え、自衛官募集ポスターに批判
https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190228000173

 防衛省自衛隊滋賀地方協力本部の自衛官募集ポスターにアニメ『ストライクウィッチーズ』のキャラを使ったポスターが貼られたところ、キャラクターのパンツのような部分が露出していることから、「セクハラ」との批判がネット上などで上がるように。

 これはワールドウィッチーズ10周年を記念したコラボポスターで、去年の11月から発表されていたので、何で今になって揉めだすのか。

http://w-witch.jp/news/20181121_2



 この批判に対して同本部は

>「アニメの既存の図柄を使用している。指摘の着衣は、下着ではなくズボンだという設定で、適切な範囲だと考えている。多くの人から評価を得ている」


 と説明した。なんと批判に対して真っ向から反論したのである。普通は通り一辺倒の謝罪をして、回収というところになるのを下着ではなくズボンという、まさに「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」そのまんまの回答なのだった。
 同本部の腰が据わった回答には日本を守る自衛官の根性を垣間見た気がする、などと言っている場合ではない。「パンツじゃないから…」が通用するのはあくまで「完全に狂っている」アニヲタの間でのみ通用するワードであって俗世間には通じないということを考えてほしい。連中からすればいくらズボンだベルトだといおうと「パンツ!パンツです!」なのだから…
 話が通用しない連中に餌を与えてどうするのか。アニヲタだけがニヤニヤしていられる村以外への露出は控えた方がいいですよ。パンツだけに。


  


Posted by 縛りやトーマス at 16:26Comments(0)日記アニメお前は何を言っているんだ

2019年01月27日

なぜアイドルに熱を上げるオジサン、オバサンは醜いのか、という三枝成彰は醜いのか

 運営サイドが真相を明らかにするつもりがないNGT48暴行事件はすでに2月の公演再開に向けて動き出しており、第三者委員会による調査を待つどころか、委員の顔ぶれすら発表されていないのに。普通調査を待ってからじゃないの?真相を知るキーパーソンの今村元支配人はいまだに顔も出さず、AKSに守られて引きこもり中。ファンもいい加減なもので、このまま公演再開すれば何食わぬ顔して応援を続けるのでしょう。どんな気持ちで声援が送れるのだろう?
 お前らが忘れようとしても世間は忘れんで!とばかりに物申したい人々がいるのです。以下は日刊ゲンダイDIGITALに乗った作曲家・三枝成彰のコラムです。


三枝成彰の中高年革命
なぜアイドルに熱を上げるオジサン、オバサンは醜いのか

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/246214

 この問題の根本がまるでわかってない三枝。この事件の暴行犯は若い厄介、オフパコ集団なのですが、三枝はそもそもAKBのファンが若い娘に熱を上げているのが気に入らなかったようで、ここぞとばかりにいい年した中年のアイドルファンを「お前らが醜いから事件が起きた」と言わんばかりの難癖です。ついでに純烈ファンのおばさまたちにまで文句つけてるし。


>アイドルに夢中になるよりも、もっと本を読んだり、勉強したりしようとは思わないのかな。


 今の世の中は本を読んだり、勉強しても立派になれるとは限らないし、生活の足しにすらならないのです。あんたが現役だった時代とは違うのです。中年アイドルファンは上の世代から本を読め勉強しろと押し付けられて、それが何の役にも立たないことを悟った人たちであるともいえます。

>オジサンもオバサンもさみしいんだろうね。オジサンは、家庭で相手にされていなかったり、そもそも独身で彼女もいなかったりするんだろうし、オバサンは旦那とか恋人とかとセッ クスをすることもなくなったのかな。幸せじゃないから、愛されていないから、偶像にすがりつく。その気持ちは分からないわけではないけど、みっともないことはやめようよ。

 この世代は愛というと「家庭を持ってパートナーとSEXをする」しかないのでしょうか?アイドルや純烈にハマってるおじさん、おばさんは家庭には愛があると決めつけられ、幸せを得られなかった人たちなのかも知れませんよ?愛や幸せの形はひとつではないのです。家庭以外、パートナー以外から愛や幸せを得てもいいではないですか。
 三枝はそんな自分の価値観から外れる人間を「みっともない」と軽蔑し、ではみっともなくない事とは何か、というとこんなことを言い出します。

>第2次大戦で夫を亡くした女性のうち、子供がいなかった人は再婚した。でも、子供がいる人は大抵、シングルを貫いたそうだ。子供を守るため、どんなに苦しくても耐えて、頑張って生きた。耐えることを教えられた時代だったから、それが当然と思えたんだね


 なんでこれが「みっともなくないこと」になるのか?未亡人は子供がいたら再婚してはいけないの?なんで??子供を守るためだったら生活力のある人と再婚すればいいのでは?「苦しくても耐えて頑張って生きること」が美徳だというのなら、そんなのいらんわ!しかもそれが当然と言い放ってるんだから…もう…
 スポ根の世界で鍛えられることを立派みたいに言ってるし、三枝の世界では厳しさに耐えて頑張る人間がもっとも「みっともなくない」人間なのだろう。ブラック企業経営者の理屈みたい。柳沢きみおも少女集団(きみおいうところのAKB)が嫌いで、「娘みたいな年のアイドルに熱を上げてるオタクはみっともない」とか言ってたな。三枝とかきみおみたいなやつらは無意味な修行とかを若い奴にさせるのが大好きで、きみおの漫画『大市民挽歌~下流老人の逆襲』でも寿司職人に弟子入りする若者を立派だと絶賛していた。どんな横暴な仕打ちにも黙って従って上の命令を大人しく聞く奴隷たちをつくりたいのだろう。こういう連中が安倍政権とかを支持する基盤になっているのだ。三枝もきみおも安倍批判しているのに!野党支持層も結局は同じ穴の狢なので、いつまでたっても安倍政権が揺るがないのだ。

(おっと、つい政権批判の話になってしまったので修正して)三枝に言っておくが、お前が醜いと罵ってる中年のアイドルオタクの人たちは、お前がいうカビの生えた道徳感には愛も幸せもないと悟った人たちなので、醜いのは三枝の方です。

AKBに文句つけてるくせに、それを生み出してる秋元康とは仕事をする三枝。仕事のためならなんでもいいのか


  


Posted by 縛りやトーマス at 18:44Comments(0)日記AKB48NGT48

2018年12月19日

バンビを月一回観る権利をやる

 アメリカ・ミズーリ州で鹿の密猟をした男が月一回、ディズニーの『バンビ』を鑑賞する刑を言い渡された。

判決は「バンビの刑」。シカの密猟者に、月1回の鑑賞を刑務所で

https://www.huffingtonpost.jp/2018/12/18/bambi-sentense_a_23621115/

 容疑者は家族とともに密猟をし、数百頭の鹿を殺害した容疑。裁判所は一年の禁固刑と毎月一回『バンビ』を鑑賞するように義務付けた
 ディズニーの『バンビ』は親鹿を猟師に殺されたバンビが力強く生きていく話だから、矯正目的ということか。しかし容疑者は鹿の頭部を切り取って持ち去ったというやつだよ。食べるためならまだしもねえ、変態でしょう。そんなやつがただバンビを見せるだけじゃあなんの反省もしないよ。見せるときは器具に固定して、瞼を閉じられない状態でルドヴィゴ療法みたいにしないと。『バンビ』を見せたら気持ち悪くなって吐き出すぐらいまで追い詰めないとダメだよ!



  


Posted by 縛りやトーマス at 21:03Comments(0)日記世界のとんでもニュース

2018年12月08日

第三回公判

 先日12月7日はあの元アイドルの女優Aさん(裁判では本人感情に判断して匿名扱いしているのでうちもそれに倣います)のストーカー、大西容疑者の第3回公判。



今回は裁判長、検察による被告人質問。大西ヒデブ(ヲチ板で容疑者の外見が『北斗の拳』のハートっぽい、ということからつけられたニックネーム)が肉声で裁判長らに質問されて答えるのです。これまで二回の公判では一言も話すことができず、弁護士を通じてしゃべらせろアピールをしていたので、よほど溜まってるものがあるはず。あのブログやTwitterに書いている異常としか思えない主張を公の場に披露することになる、ウォッチャーたちの間でももっとも期待が高まった日。
 では、結果をご覧ください。

「今でも僕に好意を」元AKB・Aさんにストーカーの男
https://www.fnn.jp/posts/00407215CX
※記事では実名表記ですが、当ブログでは匿名表記とします

>東京地裁で行われた被告人質問で、大西被告は、「Aさんは、今でも僕に好意を抱いていると思います」と述べた。

また、根拠について、「あだ名をつけてもらったり、ほかのメンバーを紹介してくれた」と答えたうえで、「無罪が証明されたら、またイベントに行きたい」と述べた。



 裁判長による被告人質問ではストーカー警告書を受け取ったにも関わらず、Aさんが出演しているミュージカルの会場に訪れたのはなぜか、ということに「警告の内容に納得していない」、警告書の内容を守る上申書を提出したのに従わなかったことについては「納得していないが書いた」(これについてはウォッチャーたちが「納得していないのなら抵抗して書かなきゃいいのに」といわれてました)、上申書の撤回を申し入れればよかったのでは、という質問には「警察はそういうのは受け取らない」と。おかしい行動を取るくせに変なところで腰が引けるというか、物分かりのいい対応を取る大西ストーカー容疑者。

 検察による被告人質問では大西ストーカー容疑者の異常な執着心の根本である「Aさんは自分に好意を持っている」という相思相愛説について厳しい突っ込みが入れられました。検察からの「Aさんに好意を持たれているというが、本人から言われたことはあるか」の質問に「本人から言われたことはないが」

…ないんかい!!

 ではなぜAさんが好意を持っていると思うのか、の質問に対しては「おーにっちゃんというあだ名をつけてもらった」という従来の主張をするも、検察から「一ファンに対してやったことではないか」とバッサリ。ファンに対してやっていることであって、お前に特別な感情があるわけではないだろう、と。それが気に入らない大西ストーカー容疑者、「通常あり得ない」と反論。これも「あなたがそう思っているだけでしょう」と否定されると「あなたがどう思うと勝手だ」と半ギレにw

 彼のブログをずっと見ている人なら、笑いをこらえるのに必死だったでしょう。僕も笑いが止まりませんw
 この後も前回の公判でAさんが別室から映像と音声で証言したことにも「本人ではない。目元が違う」「一般的に考えてもそうだ」一般人から遠くかけ離れている容疑者にいわれても…w目元が違うってなんなの?
 このように大西ストーカー容疑者のいう根拠は常に「主観的」で、裁判や他人を説き伏せようと思ったら「客観的」な事実に基づいた話をしないとダメだよ、と何度もウォッチャーに言われてたのに…

 この公判のニュースについて元劇場支配人の戸賀崎氏がツイートしてました。

>ニュース見てたら、アイドルのストーカーで知ってる顔が出てきた。支配人部屋でも何度か話をしたけど、結局最後まで応援することの意味を勘違いしてしまったんだと思うと残念。好きに応援するのと、自分勝手に応援するのは全然意味が違うからね。
https://mobile.twitter.com/tgsk1115/status/1071182417346551808

 戸賀崎氏にまで苦言を呈されるぐらいだから、ある意味本望かもね。数あるAKBストーカー話題でもここまで時間をかけて笑わせてくれたのは、なかなかないよ。
 この裁判は年をまたいで1月8日に最終弁論。そこでも同様の主張をするだけだからその次に実刑判決でしょう。きっと見苦しく足掻いてくれるでしょう。最高のクライマックス、期待してるよ!

  
タグ :AKB48


Posted by 縛りやトーマス at 11:15Comments(0)日記AKB48

2018年12月05日

もう、誰も持っていないとは思いますが、ポケットベルの電源はお切りください

 無線呼び出しサービス「ポケットベル」のサービスが来年で終了。登場から50年目を迎えたものの、携帯電話の普及によって利用者が減少していた。

登場から50年 ついに… ポケベル 来年サービス終了
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181203/k10011732161000.html

 裕木奈江主演のドラマ『ポケベルが鳴らなくて』といったドラマのタイトルになるほど社会現象化していたポケットベル。これで思い出すのがラジオ『誠のサイキック青年団』のイベントでお客様への注意として、「携帯電話、PHS、もう、誰も持っていないとは思いますがポケットベルの電源はお切りください」というアナウンス。あのアナウンスも、もう言わなくていいんだ。もう誰もいうとらんわ!
 そのうち『シュタインズ・ゲート』のポケベルネタも、通用しなくなる時代がやってくるのです。




ポケベルといえばNTTドコモのCMに出ていた広末涼子  


Posted by 縛りやトーマス at 19:45Comments(0)日記

2018年11月23日

乾巧ってやつのせいなんだ!

 2018年も終わりを告げようかというこの時期、世間を騒がす事件勃発。

こども園に不審物 不審物の中は...
https://www.fnn.jp/posts/00406019CX

 宇都宮の認定こども園の駐車場に「不審なものがある」が110番通報。爆発物処理班が直ちに出動すると、駐車場には黒色の布製トートバック。中にはジュラルミンケース。あやしい!
 爆発物処理班は近所の河川にジュラルミンケースを運び、開けると中からは…

 おもちゃの仮面ライダーの変身ベルトだった

 おもちゃのベルトって…わざわざ処理班まで出てきて…まさに大山鳴動して鼠一匹。いやバッタ一匹。ニュースでは「おもちゃの仮面ライダーベルト」としか報道されてなかったのですが、ジュラルミンケースの中に入ってるベルトといえば…仮面ライダーファイズのファイズギアかな…こども園の駐車場になんか置いて、世間を騒がせるとは…乾巧ってやつのせいなんだ!


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:21Comments(0)日記特撮・ヒーローおもちゃ

2018年11月06日

なめくじチャレンジ

「食糧難に陥った時、虫は食料として代用可能か?」という本が出てたけど、カタツムリやナメクジは代用できるか?


豪、ナメクジ食べた男性死亡 寄生虫感染8年闘病

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018110601002818.html

 結果…できない!
 以前ごぼうを生で食ったことあったけど、腹を下すぐらいで全然大丈夫でしたね(それは大丈夫といわない)。なので生き物は警戒した方がよい。植物なら大丈夫。

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:53Comments(0)日記世界のとんでもニュース

2018年10月03日

姉妹都市解消

 大阪市がアメリカ・サンフランシスコ市と60年以上にわたる姉妹都市関係を解消した。

大阪市、米サンフランシスコと姉妹都市解消=慰安婦像設置に反発
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100201056&g=pol

 これがどれだけアホな決定なのかは以下のサイトをご覧になっていただきたい。

大阪市、慰安婦像設置を巡る「歴史戦」の末にサンフランシスコと姉妹都市解消へ
https://buzzap.jp/news/20181002-sf-comfort-women-statue2/

 僕が言いたいのは歴史修正主義者どものドアホウぶりではない。
 筋肉少女帯の名曲のひとつに『サンフランシスコ』という曲がある。



 結構前の話になるが、大阪で筋少のライブがあった時、この曲の前MCでオーケンが
「みんな知ってるか!?大阪市とサンフランシスコは姉妹都市なんだぜ~!!」
 といった。その時はじめて姉妹都市のことを知ったわけだが、僕の中では「サンフランシスコ=大阪市と姉妹都市=筋少」という連想ゲームが出来上がった。
 でも今回の姉妹都市解消でそのMCもできなくなった。維新のコピー機こと吉村市長の俺エライアピールのためだけに犠牲になったのだ。ふざけるんじゃねーよ!

♪さようなら さようなら
こんなに遠い 異国の果てで
お別れするなんて 本当に辛い

  


Posted by 縛りやトーマス at 17:06Comments(0)日記

2018年09月14日

未来結婚

 女優の志田未来さんが結婚を発表。

志田未来、一般男性との結婚発表 お相手は「古くからの友人」
https://www.oricon.co.jp/news/2119560/full/

 ドラマ『14歳の母』に主演して話題をさらった彼女、まだ25歳だったのか。芸能人で25歳の結婚は割と早めの気もしますが、9歳から芸能界にいた彼女からすれば適齢期なのかしら?

 さて志田未来ちゃんといえば2008年、ネット上で彼女に対する殺害予告が書き込まれ警察が緊急配備されたのですが、そこにファンという称する無職の男(23)が自宅のフェンスを乗り越えようとして警察に逮捕されたことがあるのです。ファンの男は「ネットの書き込みを見て彼女に会いに来た」と証言、当時はこのファンが殺害予告を書き込んだんじゃないの?と言われましたが、ひょっとしたら熱狂的なファンが「志田未来ちゃんの未来は俺が守る!」と思って来たのかもしれないじゃないか!その翌年に彼女主演の『誰も守ってくれない』という映画が公開されたから、間違いない!今回の結婚、無職のファンの人も祝福してくれるかな?




  


Posted by 縛りやトーマス at 20:18Comments(0)日記

2018年07月27日

本日炎上したので二度目の人生を異世界で

 まんがタイムきららMAXで連載していた『本日わたしは炎上しました』の作者、どげざが過去(2012年)にTwitterでつぶやいていた朝鮮民族への差別的なヘイトスピーチが発掘され、炎上したのが6月末のこと。『本日~』は女子校生の主人公が有名動画投稿者を目指して再生数を稼ぐために炎上させることも厭わない、というギャグマンガだが、作品そのままに炎上してしまったのだ。

 同月にはホビージャパン誌で連載し、アニメ化も決まっていた『二度目の人生を異世界で』の作者が中国、韓国に対する差別発言により炎上、連載終了、単行本全巻の出荷停止、アニメ化もナシという事態に陥っていたので第二の炎上作品として話題になっていたのだった。

 炎上騒ぎを受け今月号(7月号)のまんがタイムきららMAXの掲載は見送られていたが、本日7月27日、まんがタイムきらら公式アカウントにて「先月号で最終回」となったことが発表された。


まんがタイムきらら編集部
‏ @mangatimekirara
【お知らせ】まんがタイムきららMAX連載作品「本日わたしは炎上しました」に関しまして、連載再開を予定しておりましたが、先生との協議の結果、8月号の掲載分を以って最終回とさせていただきます。作品を楽しみにしていただいていた皆様には大変申し訳ございません。


https://twitter.com/mangatimekirara/status/1022777471601496066

 先月号で最終回…!まるで先週の放送で最終回になったラジオ番組みたい!(いうなや)海の向こうのハリウッドでは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督ジェームズ・ガンが過去のロリペド大好きツイートを掘り起こされてディズニー(ガーディアン~シリーズの配給)を解雇されており、Twitterの迂闊な発言が仕事や人生を左右する事態になっているのだ。

 ネット上での倫理観の欠けた発言や思想を咎められるのは仕方がないし、出版社がこんな作品は世に出せないと封印に至るのもわかるけど、世間には年がら年中ヘイトスピーチ的発言と思想を垂れ流していながら人気作家として仕事をして、周囲からその立場を守られている百田尚樹みたいな人間もいるのである。一方で作品の存在を丸ごと消されたりする人もいるのだ。どういう基準でこうなってるの?やっぱり…金?『二度目の~』のまいん先生や『本日~』のどげざ先生(なんでこいつらどっちも平仮名3文字のPNなの?)も『カエルの楽園』ばりのベストセラーを書いていたら首にならずに済んだはず。次回作で頑張ってください。世の中所詮銭!銭がなけりゃ何もできやせんのやで!





  


Posted by 縛りやトーマス at 22:56Comments(0)日記漫画ネット