2020年08月10日

Disney+の独占ビジネス

 コロナの影響でハリウッドはいまだに大作が劇場にかからず延期状態が続いている。そんな中、ディズニーの実写映画『ムーラン』がなんと劇場での公開を取りやめ、配信サイトのDisney+にて配信公開すると発表。アメリカ本国では29.99ドルのPVOD方式で一度購入すればアカウントを持っているうちはほぼ無期限で何度でも視聴できる。

『ムーラン』配信リリースに世界の映画館が猛反発「劇場への侮辱行為」 ─ 仏映画館主、広報展示物を破壊
https://theriver.jp/mulan-dplus-backlash/

 これを受けてフランスのある映画館のオーナーは劇場内にかざってあった『ムーラン』のスタンドを怒りのあまりぶち壊す映像をアップロードしたのであった。

https://twitter.com/i/status/1291724750859808769

 そりゃあそうだろう。各地の映画館はコロナの影響をモロに受けて収益がガタ落ちしており、集客できる超大作の公開を待ち望んでいたのだ。世界中で売れる(はず)Disneyの『ムーラン』はまさにその一本だったというのに・・・
 この動画のポイントは『ムーラン』のスタンドをぶち壊すと後ろからクリストファー・ノーランの新作『テネット』のポスターが出てくるというあたり。強烈に洒落が効いているぜ(『テネット』は8月末から世界中で公開が決まっている)裏切り者ディズニーの『ムーラン』の背後からワーナー・ブラザースの救世主『テネット』登場!

 ホンマディズニーは鬼やな。自分たちが儲かればそれでいいのか?ディズニーはスター・ウォーズや多くのマーベル映画の権利を持っていてDisney+でほぼ独占的に配信している。アメリカで覇権争いをしているネットフリックスに勝つのも時間の問題と言われており、ますます増長することだろう。下手すりゃああなた、今後のマーベル映画も全部Disney+配信になるかも知れませんよ?それでいいんですか?



  


Posted by 縛りやトーマス at 00:31Comments(0)映画

2020年07月30日

俺はKGBだ!『痴漢電車 満員豆さがし』



 先日、肥後橋アワーズルームで行われた竹内義和先生と快楽亭ブラック師匠の『屈曲位大放談!』にて教えていただいた新東宝、滝田洋二郎監督の『痴漢電車』シリーズの二本目。

 満員電車内で迷彩服にヘルメットに偽装用の葉っぱまで張り付けた(こんなやつ電車に乗ってだけで怪しいわ)男(成田誠)が女学生(蘭童セル。ロリータフェイスの女優なのでこの名前になったそうな)をおイタしちゃうのだが、男はその時にアソコの奥にあるケースを隠す。女学生は家に帰ってそれを取り出すと中からはカメラのフィルムが出てきた。

 男は翌日、電車でまた彼女におイタを働き、ケースを取り戻そうとするが彼女とその友人(麻生うさぎ)に袋叩きにされてしまう。男は自衛隊から脱走した隊員で、そのフィルムは自衛隊と横須賀の米軍が結託して核兵器を密かに日本政府に売り渡した証拠が収められている。3人はこのフィルムを使って政府を脅して大金をせしめようとする。

 女学生はマル暴のデカ長(久保新二)の愛人として囲われていて、デカ長は自衛隊から逃げ出した男を捕まえて出世を企んでいる。このデカ長は婦警(たかとりあみ)を利用して自衛隊の男を捕まえようとするのだが、まるで役に立たない。デカ長にハメられてるか、逆に自衛隊の男にハメられて交通事故を起こしかける(バカ)。

 この騒動に絡んでくるのが謎の黒スーツにサングラスの男。演じるはもちろん立川丹波守(当時の名前)こと快楽亭ブラック師匠。役どころはKGBのスパイだが、デカ長が女学生の友人を誘拐した現場に乗り込んでくる場面で、台本では「俺はKGBだ!」というところ、本人のアドリブで「俺はボボノフ・オメコスキー、KBGのスパイね!」とかまして爆笑を呼ぶ。ボボといえば九州地方では女性のアソコのことなので、それを揶揄したギャグかな?

 最後は女学生らのたくらみが台無しになってしまうという、ありがちな骨折り損のくたびれ儲けなオチで終幕。シュールかつアヴァンギャルドな展開に頭がクラクラしました。数々のゲリラ撮影(電車内は下半身のクローズアップ以外はすべて本当の通勤電車で撮影され、横須賀の施設入口ではモロに警備員が写っている横で撮っている)には低予算ポルノ時代の何者にも囚われない自由奔放さが見え隠れしているといえなくもない!

 新東宝のポルノなんて、よほどのことがない限り見ないだろうけど思わぬ逸品、珍品があるので安く扱うことはできないのであった。


  


Posted by 縛りやトーマス at 11:40Comments(0)映画

2020年07月27日

2世タレントサメ映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』



 ケージダイビング中の女子二人がケージごとサメがウヨウヨする47mの海底に取り残されてしまい、脱出を図るサスペンス『海底47m』の続編。同じヨハネス・ロバーツ監督だがタイトルがまるで『トゥームレイダー』みたいだな。ララ・クロフトならサメにワンパンで脱出するだろうが(実際『2』でやってた)、こちらは普通の女の子。

 親同士の再婚で義理の姉妹になったミア(ソフィー・ネリッセ)とサーシャ(コリーヌ・フォックス)はややぎこちない関係の二人の仲を取り持とうと、ミアの父親で考古学者のグラント(ジョン・コーベット)の提案でダイビングに出かけることに。二人は現地でサーシャの友人ニコール(システィーン・スタローン)とアレクサ(ブリアンヌ・チュー)と出会い、ただのダイビングではなくケーブ(洞窟)ダイビングに行こうと誘われる。グラントとスタッフがマヤ文明の海底遺跡を調査しており、その近くに絶好のケーブダイビングスポットがあるからだ。
 4人はケーブスポットでダイビングと遺跡巡りを楽しむが、海底で独自の進化を遂げた小魚に驚いたニコールが石像を倒してしまい、あたり一面泥で視界を閉ざされてしまう。しかも海底に潜んでいた盲目のサメが現れ、たまたま近くで作業をしていて、騒ぎを聞いて駆け付けた調査スタッフのベンを噛み殺す。4人は脱出ルートを探すも残り酸素はわずか。彼女たちは生きてマヤ文明の海底遺跡から逃れることはできるのか?

 前作は単に海上を目指して浮上すればいいだけで、それだけのことが中々できないもどかしさがスリルとサスペンスを誘っていたわけだが、今回は迷宮のようになった海底から脱出を目指すことでどうしたら脱出できるかがわからない、という上下から奥行のある物語に展開。タイミングよく助けに入った人間が実にあっさりと気持ちよく死んでいくことで話に起伏があります。クライマックスなんてまさかあんな展開になると思わなかったので本気で驚きました。

 息詰まるようなサスペンスよりもサプライズ展開を重視して、驚かせる方向にしたロバーツ監督はやりますね。

 サーシャ役のコリーン・フォックスとニコール役のシスティーン・スタローンはそれぞれジェイミー・フォックスとシルベスター・スタローンの娘という2世タレント映画でもあります。システィーンは長身のナイスバディ美女ですが、目元がお父さんに似ているのでセクシーショットもランボーに見えてしまい、そこだけ残念!!

  


Posted by 縛りやトーマス at 14:41Comments(0)映画

2020年07月03日

8月なんばパークスシネマ爆音映画祭

 なんばパークスシネマで8/6から8/13までの間、久しぶりに爆音映画祭が開催。

https://www.parkscinema.com/campaign/bakuon_namba_202008/

 今回のラインナップは『パンドラ ザ・イエロー・モンキー』『オトトキ』のイエモン映画二本(爆音初登場)に『PlainBee』(バービーボーイズ)、『ミッシェル・ガン・エレファント“THEE MOVIE”』らライブもの4本に爆音初登場となる『ミッドサマー ディレクターズカット版』『スウィング・キッズ』『T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版』他という強烈なラインナップです。

 コロナ禍の影響が8月にどうなってるのかわかりませんが、映画館を盛り上げようぜ。  


Posted by 縛りやトーマス at 18:32Comments(0)映画アニメ音楽

2020年06月29日

一緒や!なんぼやっても!『ランボー ラスト・ブラッド』



 80年代を代表する筋肉スター、シルベスター・スタローンの『ロッキー』に並ぶ代表作『ランボー』のシリーズ第5弾にして最終作(多分)。

 息子をシゴキあげたり、ライバルの息子をシゴキあげたりしてファミリー感を出していくロッキーシリーズと違ってランボーは第一作目から戦場で友人を助けられなかったトラウマに苛まれたり、国へ帰ってきたら長髪を咎められて保安官にいびられたりとその後も孤独な流れ者としてロッキーとは正反対のイメージを確立してきた。

 ベトナムやアフガンで戦いを繰り広げ、どんなに戦っても戦争・虐殺・軍事政権による弾圧が無くならず、「一緒や!なんぼやっても!」の空しさにとりつかれたランボーはシリーズ第4弾『ランボー 最後の戦場』にてタイで隠遁生活をするようになるが、民衆を虐殺するミャンマーの軍事政権と戦いこれを蹴散らす。映画の後でミャンマーは文民大統領による民主政治が行われるようになったが軍による少数民族への虐殺は続いておりランボーはまたも「一緒や!なんぼやっても!」のトラウマを再発させる。そして11年ぶりにつくられた新作である。


 今回なんとランボーに家族ができる!といっても知人の女性マリアとその孫ガブリエラ(イベット・モンレアル)なんだが。ランボーは実夫に虐待されるガブリエラとその母親を助けたことから養女として面倒を見るようになる。成人した彼女は家を出て行った父親がメキシコで暮らしていると聞き、祖母やランボーの反対を押し切って父に会いに行く。再会した父に冷たくあしらわれたガブリエラはメキシコでかつての知人によって麻薬ギャングに売り飛ばされる。血のつながった家族のいないランボーはたったひとりの家族といってもいいガブリエラを救出するためメキシコに渡り地元を根城にするマルティネス兄弟ら麻薬ギャングと対立する。

 ベトナムやアフガン、ミャンマーで軍事政権と戦ってきたランボーが最後の最後でメキシコのチンピラたちと戦うって・・・規模小さくなっとるやんけ!!しかもランボー何の備えも考えもなく売春宿に突撃して返り討ちに遭うし。それを助けてくれたのが妹をマルティネス兄弟によってボロボロにされた女性ジャーナリストなんだけど、この人何のためにメキシコに潜入しているのかまったくわからない。ギャングが人身売買をしている証拠を掴もうとしているように見えて、最後に怒り狂ったランボーが突撃しようとすると「巻き込まれるのは嫌」って協力を拒否するんだけど、じゃあなんで最初にランボー助けたんだよ!

 シリーズ最大の怒りMAX状態になったランボーはマルティネス兄弟の弟を首チョンパ。挑発しておいた上でアリゾナの牧場(『最後の戦場』でラストに帰ってきたあの牧場)に巨大な地下坑道をつくって麻薬ギャングを迎え撃つ。この展開はかなり強引で、もし兄貴が復讐に来なかったらどうする気だったんだ!!クライマックスの大爆破なんて、もう・・・無理がありすぎるよ・・・

 と単独の映画として観ると穴だらけなんですが、これがランボーの最後の作品だと思うと感慨深い。一作目を強く意識した地下坑道にトラップを仕掛けてギャングを虐殺する場面、どこまでいっても孤独な男ランボーにはやはり血がつながっていなくても温かい家族に囲まれて一生を終えるなど似合わない。全身に染み付いた血の匂いは消えることがないのだ。「今でも夢を観るんです・・・戦場で友人が爆死したときの夢を・・・」


 戦いを終えたランボーは安楽椅子で眠りにつく。それはいつもと同じ戦場で友人が死ぬ夢なのか、それとも・・・

 最後にきっとランボーは救われた。シリーズ屈指の幕引きではないですか。

  


Posted by 縛りやトーマス at 12:46Comments(0)映画アニメ

2020年06月23日

俺がドン・キホーテだ!『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』




『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』の巨匠、テリー・ギリアムが30年以上もかけて遂に完成にこぎ着けた、文字通りの超大作。新世界国際劇場にて鑑賞。

 呪われた企画『ドン・キホーテを殺した男』にテリー・ギリアムが着手したのはまだ20世紀の頃。撮影は2000年に始まったが、キホーテ役のジャン・ロシュフォールが椎間板ヘルニアで出演を断念、ロケ二日後に天災でロケ地の風景が変わるなど・・・他にも色々あって書ききれないほどのトラブルが続出し制作不可能となり、メイキング用に撮影していた部分を使って『ロスト・イン・ラ・マンチャ』というドキュメントだけが公開された。完成しなかった映画のメイキングが公開されたのだ。

 その後30年以上に渡りギリアムはこの企画にとりつかれ、企画が立っては消え、また立ち上がる・・・その間ギリアムがこだわり続けた役者のひとりジョニー・デップは私生活の乱れからほぼ業界追放の憂き目に遭い、ジョン・ハートは撮影に入る前に癌と診断され、その後亡くなるといったあらゆる関係者を不幸のどん底に突き落とし、それでも諦めきれないギリアムの執念によってようやく2016年にアダム・ドライヴァー、ジョナサン・プライス、オルガ・キュリレンコといったキャスティングで撮影が開始され、2018年ついに完成。が、完成後も撮影地でのキリスト教修道院を破壊したと騒がれた件や、プロデューサーとの権利関係をめぐるトラブルなど話題には事欠かなかった。

 そういった過程を経て出来上がった物語は複雑怪奇なものだった。


 スペインでドン・キホーテを題材にしたCMを撮っているトビー(ドライヴァー)はスペイン人スタッフと折り合いが合わず(そもそもこの仕事に乗り気ではなかった)夕食会に誘われてもこの仕事は失敗だから辞めたいと漏らすも周囲に説得される。


 ギリアムの企画は当初17世紀を舞台にしていたはずなのに、現代劇になっているのもまず驚くが、ドン・キホーテをモチーフにした撮影が上手くいかなくて嫌になる、ってそれギリアムのことじゃねーか!30年の時間をかけてギリアムはついに企画自体を自分を題材にした映画にすることにしたのだった!


 その場でジプシーの男から『ドン・キホーテを殺した男』(この映画の原題、ギリアムが30年間追い続けていた企画のタイトル)のDVDを売りつけられる。それはトビーが学生時代に制作した自主映画で、彼は映画監督を志してこの世界に入ったものの、CM監督として雇われ仕事の日々であった。トビーは仕事上のボス(ステラン・スカルスガルド)の妻ジャッキー(キュリレンコ)に誘われるもボスが帰ってきたため部屋を飛び出す。

 10年前、スペインでトビーはドン・キホーテの映画を撮っていた。現地の村で役者を探し、金がないので素人を雇うことに。靴職人のハビエル(プライス)をドン・キホーテに。酒場の主人ラウルの娘アンジェリカ(ジョアナ・リベイロ)をヒロインのドゥルシネーア姫に。ロケをした村が近くだったことを思い出したトビーはCM撮影を放り出してしまう。
 10年ぶりにラウルの酒場にやってきたが、アンジェリカはスター女優になることを夢見てマドリードに行ってしまったという。CM撮影でキホーテ役だったハビエルは撮影のせいで自分を本物のドン・キホーテだと思うようになり狂人として小屋に放り込まれていた。おまけにトビーをキホーテの忠実な部下サンチョだと勘違いして「わしをここから出してくれ」と頼み込む。村人ともみ合いになり、火災騒ぎの中逃げ出したトビーだったがバイクのナンバーを控えられてしまい、警察に追われることになってしまう。だがその時愛馬ロシナンテに乗ったハビエルが現れドサクサ紛れの中トビーはハビエルと旅に出る。

 旅の途中で風車を観たハビエルは巨人が女性を襲おうとしていると勘違いし、風車に突撃し大けがを負う(まさにドン・キホーテ!)。女性の助けで近くの村に運び込まれるもこの村はイスラム過激派の隠れ家だった。警察が不法移民を取り締まるためにやってきてハビエルとトビーは逃亡するが、途中でアンジェリカに再会。
 ウォッカで財を成した富豪ミシュキンの愛人にされていたアンジェリカは「あんたの撮影のせいでスターになれると思ったけど、勘違いだったわ」とトビーをなじる。ボスはミシュキンをスポンサーにして映画を撮ろうとしていて、ミシュキンは狂人ハビエルを面白がってドン・キホーテの演劇を作ろうとする。その場にボスと妻のジャッキまで現れてもう何がなんだかわからない!

 火あぶりにされそうになるアンジェリカを本気で殺されると思ったトビーはお芝居なのだと気づかず命がけで助けに入るも、同じく勘違いしたハビエルもトビーを助けようとして、窓から墜落して死んでしまう!落ちたショックで目が覚めたハビエルはすべては夢で幻で、自分は平凡な靴職人なのだとわかっていた・・・とトビーに告げて絶命する。

 ハビエルの亡骸を故郷の村に届けるため旅をするトビーとアンジェリカ。その前に3人の巨人が現れる。ハビエルの亡骸を守ろうとして巨人に突撃するトビー。だがそれは3台の巨大な風車だった・・・


 ギリアムはずっと周囲に理解されない男が夢だ幻だと笑われながら、それが夢や幻ではないことを最後に証明する、という話を作り続けてきた人で、彼は30年間をかけた企画『ドン・キホーテを殺した男』をついに完成させた。しかも「俺がドン・キホーテだった!」と認める形で!

 ギリアムのドン・キホーテ同様、いつになったら終わるのかわからないエヴァンゲリヲンもこんな風に終わればいいんじゃない?最後にジャージ着た庵野監督が巨大化して巨人に突撃するけど、それは風車だったとか、最後にこれは全部作り物だ!ってバラシてチャンチャン、っていう・・・『ホーリー・マウンテン』か!!


  


Posted by 縛りやトーマス at 02:21Comments(0)映画

2020年06月19日

ランボー新作吹き替えに花澤香菜!戦争は終わってなかった!

 今月末公開の映画『ランボー ラスト・ブラッド』のヒロイン吹き替えが花澤香菜さんに決定。


花澤香菜:無謀なランボーに「一人で行かないで…!」 最愛の“娘”演じる
https://mantan-web.jp/article/20200617dog00m200046000c.html

 はなざーさんのランボー吹き替えって前にもあったような・・・そう、アニメ『ポプテピピック』スペシャル朱雀ver.のAパートだ。



 ポプテで花澤さんはランボーのパロディシーンでなぜか普段の私服がダサいとSNS上でネタにされていることへの不満をぶちまけ、「自分の金で買った好きな洋服をディスられている」「少なくともファッション雑誌には載っていた服だぞ」しまいにゃ「イベントに出ると大喜利ばかりやらされる」「毎日夢を観るんです・・・川柳大喜利ですべった時の夢を・・・」とか言い出していた。

 今回吹き替えに起用されたのはまさかこの繋がりなのか?ちなみにはなざーさん、映画の公開直前イベントでも安定のクソダサ私服だった・・・


なんだこの家で練習してるときのピエロみたいな服は・・・

 あいつらはなんなんだ!何も知らないくせに!

  


Posted by 縛りやトーマス at 08:51Comments(0)映画アニメネットフリックス

2020年06月16日

他人の揉め事は外から眺めるに尽きるね

 新型コロナウィルス騒動は全然収束していないのですが、表向きは収束していっているように見せかけたい安倍政権の肝いりで緊急事態宣言は徐々に解除され、映画館も3密対策は今だ取られているものの、公開待機中だった作品が続々と公開されています。今週はアカデミー賞ノミネートの『ストーリー・オブ・マイ・ライフ わたしの若草物語』が全国300館規模で公開、2位スタート。5週連続でトップとなった幸福の科学の映画の牙城は誰が破るのか!?

 こんな風に映画館にも日常が戻ってきたのかなあ、と思ったところえげつないニュースが飛び込んできた。


アップリンクと浅井隆代表を元従業員がパワハラ提訴
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202006160000523.html

元従業員らによる声明文

https://twitter.com/UWVAH/status/1272809457584492544/photo/1
https://twitter.com/UWVAH/status/1272809457584492544/photo/2

 アップリンクの浅井隆といえばミニシアター業界、日本の配給会社を代表する存在ですよ。そんな人間がパワハラ常習者だったなんて・・・DAYS JAPANの広河隆一のセクハラぐらい衝撃です
 アップリンク京都がオープンしたばかりで、制作した『ホドロフスキーのサイコマジック』が上映を始めたところでよもやの緊急事態宣言である。

 実際のところはどうだったのか、無関係な僕には知りようもないが、心情的には元従業員に味方したいところだが、本当は・・・どうでもいいんですけどね。
 最近では快楽亭ブラック師匠の弟子のブラ坊さんが落語家を廃業し、師匠を訴える!と息巻いてブラック師匠の悪行(笑)の数々を暴露していたりして、最近は揉める人たちばかりだな!

 その件も何が真相かなんて、僕はどうでもいいですよ。揉めるならせいぜい派手に揉めてくれ!ってことで。何が真実かなんて、外にいる人間にはわかりゃしないし、正直なところどうでもいいんだから!アップリンクの件はともかく、ブラック師匠はこの一件をできる限り面白おかしくしようと企んでいる様子なので期待です。他人の揉め事を外から眺めるぐらい、面白いものはないんだから。



  


Posted by 縛りやトーマス at 21:32Comments(0)映画

2020年06月01日

となりの白骨化

 コロナ禍の最中、番組の編成に困った日テレはいつものようにジブリ祭りをやっていたわけですが、今、このタイミングでやってなくてよかった・・・という事件が。


埼玉「トトロの森」に白骨化した遺体 全身が落ち葉に覆われた状態
https://news.livedoor.com/article/detail/18342975/

>遺体は白骨化していて、全身が落ち葉に覆われた状態で見つかりました。警察は司法解剖し死因を詳しく調べるとともに、身元の確認を進めることにしています。
>現場の雑木林は映画『となりのトトロ』の舞台のモデルの一つになったといわれ、「トトロの森」として親しまれている場所だということです


 本当に死体いたんだもん!うそじゃないもん!



  


Posted by 縛りやトーマス at 22:18Comments(0)映画アニメ

2020年05月29日

宇宙へ飛び出せ!トム・クルーズ

『ミッション・インポッシブル』シリーズで飛行機に掴まったまま空を飛び、ビルからビルへと飛び移るジャンプを失敗し、膝を本当に折ってなお普通に歩いていた、不死身の男トム・クルーズがついにに宇宙へ飛び出すことに。

トム・クルーズが宇宙ロケに挑む野心作に「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督
https://eiga.com/news/20200529/7/

>タイトル未定の新作は、宇宙輸送を業務とするスペースXとアメリカ航空宇宙局(NASA)の協力を経て、宇宙で撮影を行うという前代未聞の意欲作だ

かつて『ボーン・アイデンティティー』でスタジオともめてミソをつけ、その後トムとのタッグ作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『バリー・シール』で大復活したダグ・リーマンと3度目のコンビとなる作品でトムは宇宙で撮影を行うという。この手の撮影は普通に考えたらトムの代役が宇宙空間で撮影するってことなんだろうけど、前記のように本気で撮影する男、トム・クルーズなので本人自ら宇宙空間に行く可能性は高い。なんなら男塾の江田島平八なみに生身で宇宙空間を泳いでくるかもしれない。そして・・・完