2020年04月08日

実写版映像研は最強の世界か?

 NHKで放送されたアニメが好評のうちに終了した『映像研には手を出すな!』のドラマ版が放送スタート。5月には映画版も公開予定だ(きっと延期されるだろうけど・・・)。





 アニメの実写版、さらにアイドルが主演ということで、はじめから色眼鏡で見る人が多く、すでに映画.comではまだ公開もしていない(誰も本編を見ていない)映画版に2.7という低評価が下されている。未見の状態で点がつけられるのおかしいんだけど!

 僕はアニメも実写も大好き野郎なので、よほどのことがない限り色眼鏡では見ない。そんな僕から言わせてもらえれば、漫画の実写映像を面白く見るポイントは、原作にどれだけ近づけているか、そうでない場合は独自の視点、その方向性が面白いかどうかだ。

 ドラマ版で描かれている、アニメ版と違う点は原作の舞台である芝浜高校の各部活動だ。冒頭で応援部という部が正式に部活動として承認してもらおうと大・生徒会にかけあうがソワンデ書記にあえなく轟沈されてしまう。
 中盤では野球部の中で反乱が起き、外野手3人が内野手らと比べやることがすくなく、疎外されているようだと抗議、言い争いになるがマネージャーが口出しをしようとした際に内野手が

「外野は黙ってろよ!」

 と叫んだことで完全に決裂。野球部は外野部と内野部に分かれることに(なんか、小演劇の舞台でありそうな小ネタだなあ)。

 おそらくこのような様々なよくわからない部活動の存在、小さな物語が実写版映像研のピースを構成する一部分なのだろう。原作にも警備部とか炭水化物革命研とかわけのわからない部活動(?)がたくさんあり、ドラマ版公式サイトでも発表されていない登場人物の枠が大量にある。

https://eizouken-saikyo.com/cast/

 このことから、実写版映像研はわけのわからぬ部活動が群雄割拠できるリベラルな校風が映画かれており・・・これってそう、あの文化部系漫画の傑作でありレジェンドの『究極超人あ~る』の現代版に見えてこないか?(文化部系漫画ではあまり描かれない運動部系の中で文化部的な争いが起きている、というのも笑える)

 それを乃木坂46という売れてる美少女アイドルに演じさせているのも最高ですね(引っ込み思案の人見知りキャラを挙動不審のコミュ障にまで高めた浅草氏・齋藤飛鳥、美少女キャラにしたら設定が崩壊しない?と思ったら存在感がありまくりになった金森氏・梅澤美波、原作のキャラとまったく同じ表情を見せてくれる水崎氏・山下美月・・・全員完璧でしょう!)。

 実写版は予想以上に「文科系サブカル」の世界観を再現してくれていて、アニメ版とは別の世界観を構築することに成功している第一回目は想像以上の好印象なので、次回以降も期待できる。これもまた、最強の世界だったのだ!

https://eizouken-saikyo.com/

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:24Comments(0)映画漫画テレビ

2020年04月03日

MOVIX堺営業休止



 行きつけの映画館、MOVIX堺が今週末の営業を中止、来週のレイトショー興行を休止にすると発表。

https://www.smt-cinema.com/site/sakai/

 埋立地にあるMOVIX堺はその立地故に車でも持ってないと行き来が大変(送迎バスは出ているがレイトショー対応していない)だが、12スクリーンと堺では最大なのでよく利用させてもらってますが、平日の昼間はいつもガラガラで週末興行が生命線と思われてたので、営業休止は思い切ったもんです。今日から『メイドインアビス』の新作や『バーフバリ』スタッフが関わった『サーホー』といった話題作が公開されてるのにこれはつらい。
 本当に映画館は大丈夫なのか??がんばれMOVIX堺。  


Posted by 縛りやトーマス at 18:02Comments(0)映画

2020年03月26日

秘宝が帰ってきた!

 今年1月に突然の休刊となった雑誌『映画秘宝』が4月21日に復刊!想像していたより早い復活には嬉しいの一言です。復刊告知の動画も発表された。


雑誌「映画秘宝」早くも復刊! のん、塚本晋也監督出演の動画公開
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1242891.html

 秘宝のアイドル、のん(かつて能年玲奈と呼ばれていた女優)さんが塚本晋也店長の本屋まで買い求めに来る、という内容。こういった町の小さな本屋も今では次々と消えて行っているので、小さな町の本屋で映画秘宝が買える、というコンセプトもしんみりします。
 にしてものんさんが復刊CMに起用される、というあたりが映画秘宝20数年の時の流れを感じさせます。創刊当時のコンセプトのままだったら、CMに出るのってみうらじゅんさんとかだったんじゃないかなあ。

「イヤねぇ~映画秘宝っていつまでもみうらじゅんで・・・」
「そこがいいんじゃない!!」


 みたいな。

 時の流れとともに雑誌も、読者も変わってゆくのです。世の中にはそういうごく当たり前のことがわからない人がいて、秘宝休刊当時も「昔はよかったけど最近は・・・」「権威化してつまらなくなった」「秘宝の役目はもう終わった」とかいってかつて熱狂的な読者だったくせに、必死になって映画秘宝を否定する輩が今回の復刊に合わせてまた沸いてきているんですよ。そういう人たち、『誠のサイキック青年団』が終わった時にさんざん見たわ(今もいるけど)。
 かつては読者だったくせに、今までの自分を簡単に否定するような連中は信用できませんよ!『おジャ魔女どれみ』でおんぷちゃんのファンをやめる宣言した中田くんに「ファンだったんでしょ?なんでそんな簡単にファンがやめられるの?」といったどれみちゃんの気分だよ俺は!
 雑誌に飽きたのならとっとと読むのも話題に絡むのもやめて他に読みたくなる雑誌を探せばいいんじゃないですか?

 それはともかく、また映画秘宝が当たり前のように創刊されて、読み続ける日常が始まるんだ!ありがとう映画秘宝。



  


Posted by 縛りやトーマス at 11:56Comments(0)映画

2020年03月18日

ラジー賞を制したのはやはり猫人間

 サイテー映画を決めるゴールデンラズベリー賞がようやく決定。2019年の栄冠は予想通り『キャッツ』に決まりました。


「キャッツ」ラジー賞で作品賞など最多6部門に、名誉挽回賞はエディ・マーフィ
https://natalie.mu/eiga/news/371291


 先日、新型コロナウィルスの影響で授賞式が中止になり、ネット上での発表となってしまった今回。毎年のように「本人は授賞式に現れるのか?」がなくなったことだけは残念です。ヒラリー・ダフ、洒落で来てほしかった。

 2014年の第35回から創設された「名誉挽回賞」はラジーでいつもバカにされている常連の役者や監督が今回は傑作だったから、名誉挽回しましたね!と遠回しにほめたたえる部門には『ルディ・レイ・ムーア』のエディ・マーフィが受賞。同じネットフリックス系映画のアダム・サンドラー(『アンカット・ダイヤモンド』)を抑えての受賞です。この二本はアカデミー有力候補と言われながらノミネートすらなかったので、ラジーで評価されたとは意外。ネットフリックスはラジーにも影響を及ぼしているんですねえ。

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:15Comments(0)映画ネットフリックス

2020年03月16日

女優陣が完全に決まってますね『初恋』



 三池崇史初のラブストーリー!という触れ込みの映画『初恋』は設定だけ聞けばいつもの三池節歌舞伎町を舞台にした黒社会バイオレンス映画だ。

 孤児で才能はあるが、何事にも情熱のないボクサー、葛城レオ(窪田正孝)は格下相手に一発でのされてしまい、医師の診断は脳腫瘍で余命僅か。やる気のなさ故に生きるきもなさそうなレオだったが突然「あんたもうすぐ死ぬよ」って言われても・・・茫然自失となって夜の歌舞伎町をさまよっていると、突然現れた少女に「助けてください!」と言い寄られ、少女を追いかけてきた男を咄嗟に出したパンチ一発でKO。その男のポケットからは警察手帳が!

 レオが助けた少女モニカ(小西桜子)はヤクザのカップル、ヤス(三浦貴大)とジュリ(ベッキー)に囲われている売春婦でヤク漬けにされているせいでかつてDVを受けていた父親(山中アラタ)がブリーフ一枚で突っ立っている幻に悩まされている。この夜も客を取らされたものの、父親の幻を見てしまったのだ。
 ヤクザの組員、加瀬(染谷将太)は組が扱う覚せい剤をひそかに手に入れ、つるんでいる悪徳刑事の大伴(大森南朋)を抱き込んで横流しを企んでいた。すべての罪はヤスとジュリ、モニカにかぶらせようとしたのだがトラブルの果てにヤスを殺す羽目になり、客を装ってモニカを見張っていた大伴はレオにのされ、ジュリは加瀬が雇った殺し屋を返り討ちに。完璧だった計画は破綻し、お勤めを終えて組に復帰した組長の権藤(内野聖陽)とヤスの復讐に燃えるジュリが加瀬と大伴を狙い、さらには権藤に片腕を切られた過去を持つ台湾マフィアのボス、ワンがやってくる!閉店した深夜のホームセンターを舞台に三つ巴の殺し合いが幕を開ける。余命僅か、自分のことにすらやる気が起きなかったレオは生まれて初めて誰かのために命をかけて戦うことに。


 かつて『漂流街 THE HAZARD CITY』のクライマックスに血文字で「LOVE」なんて書いてしまうほど恋愛もの(といっても男同士の殺し合いなんだけど)に腰が引けていた三池崇史監督ですが、不幸な生まれすぎる女に惚れた男が命がけになるという、ある意味ベタな話なんだけど、そこは三池崇史なんで窪田正孝演じるレオは朴訥そのもので、モニカに惚れたような様子を全然見せない!いや、そこはもう少し露骨に惚れたような演出しようよ!

 こんなヘナチョコな「恋愛もの」もないもんだ!やはり三池崇史に恋愛モノは厳しかったか?と思ったがそうともいえない。今までの三池映画ではありえないほど女性陣がカッコよく撮られているからだ。特筆されているベッキーの怪人ぶり!完全に決まっちゃってる目で夜の歌舞伎町を裸足で疾走!これまで芸能界の優等生的ポジションがよっぽど窮屈だったのか、こんなイキイキしたベッキー、見たことない!
 ベッキーより一押しなのが、凄腕の台湾マフィアを演じる藤岡麻美!元チェキっ子、元cheeseの藤岡麻美。バンド解散後は台湾に渡って舞台やCMで活躍したのは知ってましたが、日本での仕事は久しぶり。流暢な台湾語とアクションでファンの度肝を抜いてくれました。愉快な酔っ払いのお姉さんとして1シーンだけ出てくる矢島舞美も最高だし、三池映画でこんなに女優陣がカッコイイのも珍しい。三池映画にまた惚れた。普段は三池映画を観ない人も、この映画には惚れたやろう!

  


Posted by 縛りやトーマス at 20:16Comments(0)映画

2020年03月01日

映画も中止だコロナウィルス

 ちっとも収束する気配のないコロナウィルス問題。国の歴史上もっとも無能で醜悪な安倍政権のどうしようもなさによってライブ、コンサート、舞台、演劇などのイベントが中止に追い込まれている。「要請」にすぎないにも関わらずいつもの忖度によって大小を問わず不特定多数の人間が集まるイベントは中止だ。単なる「要請」なんだから無視して血行すればいいのにね。第一、東京マラソンは開催を決行したのだから。

東京マラソンが開催されるも沿道に普通に観客が集まって物議!「卒業式がダメでこれは違和感」「これは大規模イベントじゃないの?」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6723368

 何をもって中止にするのかの基準もないのだから・・・大体不特定多数の人間が集まるのがダメなら通勤電車も中止にしてほしい。

 そんな中、唯一中止とされない娯楽のひとつが映画だ。新作映画の舞台挨拶などは中止になっているが、映画上映そのものは中止になっていない。が、公開目前の新作映画の公開延期が決まった。

『ドラえもん』『しまじろう』映画も公開延期続々 新型コロナウイルスの政府方針受け
https://mainichi.jp/articles/20200227/orc/00m/200/065000c

 政府の方針は「子供の感染は防ぎたい」ということなのがわかった。それじゃあプリキュアだってダメじゃないか!・・・が、現時点(3/01)では公開の延期は発表されていない。そりゃあ、プリキュアは大人だって見に行くしな!
 みんな!ミラクルライトでコロナウィルスを粉砕だ!




  


Posted by 縛りやトーマス at 23:55Comments(0)映画アニメ日本のとんでも事件

2020年02月29日

東京オリンピックまであと147日 中止だ中止

 本日は2020年2月29日。大友克洋の『AKIRA』で「東京オリンピックまであと147日」と設定された日であるが、現実の東京オリンピックもあと147日なのである。



 偶然とはいえ、大友克洋の先見性には首を垂れるしかない。そして京大ではこのメモリアルデイに合わせて「中止だ中止」ボードが掲示された。



「中止だ中止」「反対!」「粉砕」でおなじみの看板が京大百万遍石垣に現れたのだ。京大名物の立て看板は京都市が法令違反として立て看板を撤去せよという要請を大学側に告げ、大学側は立て看板を規制する規定を発表。これに学生らが反発、撤去を巡る騒動が起きた。現在は新しい設置場所に限り看板の掲示が認められている。
「中止だ中止」「反対!」「粉砕」は別の相手に向けられているようにも見えるのだった。漫画『AKIRA』のラストは爆心地となり(再び)崩壊したネオ東京に入ろうとした国連を金田たちが阻止して「俺たちの国から出てけェ!」と叫ぶ。

 中止だ中止!反対!粉砕!

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:59Comments(0)映画アニメ漫画

2020年02月27日

高島礼子がキャインキャインと鳴いて政伸に噛みつく!わんわんばんこ!『犬鳴村』



 清水崇監督は前作『こどもつかい』で引退直前の滝沢秀明にファンキーな衣装を着せた上で動物の毛の生えた笛を吹いて子供を操り大人を殺すファニーな役をやらせていた。ホラーよりも笑いの要素を多く含んだ作風に観客は度肝を抜かれていた。この時清水崇のギャグセンスが目覚めた!

 映画『犬鳴村』は九州地方の都市伝説のひとつ「地図から消えた場所・犬鳴村」伝説を題材にしたホラーだ。怖いもの知らずのカップル、西田明菜(大谷凜香)と森田悠真(坂東龍汰)は犬鳴村伝説のある山中によりによって夜中に向かい、旧犬鳴村トンネル前にある電話ボックスの前に立つ。

「午前2時にこのボックスに電話がかかってくるそうでーす」

 と無邪気な明菜に比べてやや怯えている悠真はどうせデタラメだろうというが、電話ボックスのベルが鳴る!明菜が受話器を取ると、うめき声ともうなり声とも判別のつかない声が聞こえてくる・・・
 二人は受話器を置くとさらに闇の向こうへ進み、トンネルを超えた先にある「この先、日本国憲法通用せず」と書かれた看板を発見。そこには廃墟と化した犬鳴村があった。明菜は臆せずに廃墟のトイレで用を足す。するとトイレの壁の向こうから村人らしき複数の陰が迫ってくる。二人は大声をあげてその場を立ち去るのだった。

 犬鳴村から帰ってきた明菜は人が変わったようになり、部屋に引きこもっては不気味な絵を描き続ける。彼女を心配した悠真は臨床心理士の姉、湊(三吉彩花)にカウンセリングを依頼。湊は勤務先の病院でふさぎ込む児童の遼太郎(笹本旭)を診断しており、圭祐(須賀貴匡)と優子(奥菜恵)の両親にその場にいない「本当のママ」について語りだす遼太郎に恐ろしい何かを感じていた。
 カウンセリングの甲斐なく放尿したまま歩き回るといった奇行を繰り返す明菜に手の施しようもなかった。不意にいなくなった明菜の携帯に呼び掛ける悠真。

「なにやってんだよ?みんな探してるんだぞ」
「ごめんね。すぐ行く」

 電話が切れると、悠真の目の前に明菜は真っ逆さまに落ちてくるのだった。

 葬儀で明菜の父親は悠真の両親、晃(高嶋政伸)と綾乃(高島礼子)を「お前らのろくでもない息子のせいで娘は死んだ」と責めたてる。綾乃は申し訳ないと頭を下げ続けるが晃は憮然とした表情を崩さなかった。
 悠真と湊の弟で小学生の康太(海津陽)は夏休みの自由研究で犬鳴村のことを調べており(そんな自由研究はやめろよ!自由にもほどがある)、兄が犬鳴村にいってから何かがおかしいと思い、自分も村に行こうとするが「くだらんことはやめろ!」と晃に一喝されるのだった。

 悠真は悪そうな仲間たちとともに明菜の仇を取ろうと犬鳴村へ向かうが、旧犬鳴村トンネルはブロック塀で封鎖されていた!最初はこんなところなかったのに!
 ビビった仲間は逃げ出すが、悠真と車に隠れていた康太はブロック塀を乗り越えてトンネルの奥へ。そして・・・二人は消えてしまった!晃、綾乃、湊は警察とともに旧犬鳴村トンネルを捜索するが、二人の痕跡は途絶えていた。

「お前らには犬殺しの血が流れてるんだー!」

 と妻を罵倒する晃。半狂乱になった綾乃は警察を相手に暴れまわり、「キャインキャイン!」と泣きわめいて夫に噛みつく!以後綾乃は完全におかしくなり、犬のように這いつくばって「キャインキャイン」と鳴きながらエサを食らうのであった・・・って、犬鳴ってそういう意味なの??高島礼子みたいな美人女優に何させとんねん!!

 かつて犬鳴村には犬を殺して食べることを生業とする犬殺しの民がおり、周囲の村人からは迫害されていた。そこに都会からやってきた人たちが犬殺しの民に生活の支援をするようになった。彼らは一転裕福な暮らしになるのだが、都会から来た連中は電力会社の回し者で、この村をダムの底に沈める計画を立てていた。周囲の村人に「あいつらは犬と交配して子孫を残している」と嘯き、村に居づらくなった者たちの何人かは村を去ったが、それでも去らない者たちを小屋に閉じ込め、木に括り付けて放置した。そして犬鳴村はダムの底へ沈んだ。見捨てられた村人たちは電力会社のものたちを強く恨んで死んでいった。綾乃は犬殺しの民の生き残りの子孫で、晃は電力会社の人間の子孫だった!犬鳴村の民の呪いが電力会社の子孫たちを呪い続けるのだった!


 東映の『犬神の悪霊』(1977)みたいな話なのだった。『犬神の悪霊』がクライマックスでオカルトサイキックホラーに転じて観客を呆れさせていたように、清水崇監督は高島礼子をキャインキャインと「犬鳴」させて笑わせようとしたのだった。完全に笑わせようと思ってるよね。

 その証拠に、J:COMでやってる『笑福亭鶴光のオールナイトニッポンTV@J:COM』に映画の宣伝にやってきた清水崇監督は鶴光師匠の挨拶「わんばんこ!」の向こうを張って

「わんわんばんこ!」

 と叫んだのであった。“犬鳴”だけに・・・!

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:18Comments(0)映画

2020年02月19日

これぞ真の社会正義映画!ドンキー!『ロバマン』




 世界に日本が誇るバカ映画の巨匠、河崎実監督の最新作『ロバマン』が最高にバカ!主演は吉田照美。『てるてるワイド』『やる気MANMAN』の人気ラジオパーソナリティで茶の間(死語)を沸かした男の夢のタッグだ。


 吉田照美演じる主人公、吉村公三(元ネタは『ウルトラマンA』でギターのテクを披露する隊員から)はどこにでもいる平凡な男。定年退職後はやることもなく、外へ出ればラーメン屋の行列に横入りされ、文句を言おうにも強面に恫喝され、スマホながら歩きの若者に注意もできない小市民。そんな吉村の趣味は吉田照美のラジオ番組に投稿すること(吉田の声真似タレント、HEY!たくちゃんがソックリに演じていて混乱する)。P.N.ロバマンを名乗る吉村(由来は子供のころに顔が長いからロバそっくりだな!と言われたことから・・・ってそれ本人のことやん!)はラーメン屋の行列に横入りする輩を一喝、道いっぱいに歩くおばさんにクレーム。けっして自分ではいえないことを、ロバマンという別人格になった吉村は実践する。投稿の〆のセリフは「ドンキー!」この世の悪を断罪してニンマリ。

 しかしそんな吉村は現実では長年連れ添った嫁(熊谷真実が好演)からは「うるさいこのロバ!」とバカにされ、孫娘(欅坂46・小池美波)には「おじいちゃん、お小遣い頂戴」とATM扱いしかされていない悲しき68歳男。
 だが奇跡が起きる。町中でUFOを目撃(突然)した吉村。UFOからはロバの面を被ったロバ星人(ロバの顔のマスクにウルトラマンに出てきそうな宇宙人風のコスプレで、バカ映画の傑作『ロボット・モンスター』も底抜けの扮装だ)が現れ、吉村を同類と勘違いする(顔長いからね)。故郷へ連れ戻そうとするのだが、否定する吉村へ「これでリフレッシュしろ」とブレスレットを手渡す。このブレスレットがあれば怒りのパワーが満ちた時にロバマンに変身できるのだ!

「ドンキー!」

 の合言葉とともにスーパーヒーロー・ロバマンに変わった吉村はラーメン屋の行列に横入りするやつをすごくゆる~いパンチと腰の入っていないキックで叩きのめす。これぞロバマン・アクション!スマホながら歩きの若者を押しのけ、パワハラ、セクハラおやじを鉄拳制裁!ひかえおろう!

 ロバマンのコスチュームは8マン風なのがツボ。河崎実監督は以前8マンの実写化を目指して作画担当の桑田次郎先生のところにいったものの、精神世界へ解脱していた桑田次郎先生は「ヒーローも結局暴力で敵を倒しているのだからよくない」といったことを監督にいって、実写化は実現しなかった。その後『8マン すべての寂しい夜のために』を見た監督は心底あきれ返ったという・・・そう、この映画は河崎実監督の実写8マンへのリターンマッチなのだ!

 ロバマンの活躍はたちまち世間で

「あんなに顔の長いヒーローは藤田まこと以来ですよ」
「昔、ロバのパン屋ってのがあったんだけど、ロバマンにテーマ曲はあるのかな」(みうらじゅん・談)

 話題となり、


「ロバマン最高!」
「アジアにも進出してほしい」
「アベンジャーズなんか目じゃない」
「ロバマン抱いて!」
「電エースキックと対決してほしい!」

 とSNSにもコメントが溢れかえった。吉村はユーチューバーデビューし、『ロバマンのうた』(作詞は湯川れい子、曲は伊秩弘将!)を熱唱。

 調子に乗り始めた吉村=ロバマンはより大きな悪党に怒りの鉄拳を向ける。振り込め詐欺、結婚詐欺を容赦なく制裁する。すると世間てのはホントいい加減なもんで

「やりすぎ」
「結局暴力を揮っている」(桑田次郎先生かよ)

 と批判も集まりだす。中にはタブレット純(河崎映画の常連)みたいに「待ちに待ったヒーローの登場です。ロバマンにはエイトマン、鉄腕アトム、鉄人28号、海底人8823、スーパージャイアンツの要素が入ってます」と絶賛する人もいるのだが(どんだけ入れてんの。盛りすぎだよ!)
 世間からの思わぬ批判に「俺は間違っているのか?」と悩みだすロバマン。そんな悩めるヒーローの前に現れるのは日本初のスーパーヒーロー、月光仮面だ!

「ロバマン、君の信じる正義を貫きたまえ!」

 悪人を憎まず殺さず許しましょう、の月光仮面の一言は非常に重要だ。月光仮面に勇気づけられたロバマンはやられっぱなしのいじめられっ子に「君は喧嘩もできない優しい子なんだね」と優しく励ましてやり、いじめられっ子には手を出さずに口で言い返してやれ!とヒントを与える。桑田次郎イズムをきちんと継承する河崎監督、さすが!


 しかし本当の悪党は許さない!高級料亭で政治をないがしろにしている安倍総理大臣と菅官房長官(演じるのは河崎映画の常連、ザ・ニュースペーパー)がロバマンの次なる怒りのターゲットだ!

「ソバはやめましょう。モリソバ、カケソバ、今はまだちょっとね。モリカケで。ちょっと胃もたれする」
「いやーしかし安倍政権いいですねえ。いいわーいいわー、令和ってね」
「令和のおかげで辺野古もモリカケも、全部チャラ!」
「早く忘れていただいてねえ!」
「アベノミクスは失敗だ失敗だって言われてますけどねえ、失敗じゃありませんよ。うまくいってないだけですよ」
「それを失敗っていうんですから!」


 心底しょうもないギャグ(誉め言葉)のやりとりの後、政権の悪党二人にロバマンの鉄拳が炸裂する。
 映画『ロバマン』はしょうもないギャグ映画のフリをしながらこの世の本当に悪い悪を断罪している。『新聞記者』みたいな本当に悪い奴の名前を出さない腰の引けた忖度映画とは違う、『ロバマン』だけが真の社会正義を貫く映画なのだ!

 そしてロバマンは本当の悪と対決する。この地球に潜んでいるオールナイト星人とだ!演じるのは「わんばんこ!」「乳頭の色は?」でおなじみ笑福亭鶴光師匠だ!

 オールナイト星人はこの世の悪を見逃す、もしくは放置し、フェイクニュースを拡散することでネガティブなエネルギーを増幅させ地球を支配しようとする巨悪。「オールナイト~パヤパヤ~」とどっかで聞いたセリフで登場するオールナイト星人にとって正義のエネルギーをばらまこうとするロバマンは敵だ。星人に送り込まれた刺客を返り討ちにしたロバマンは奴の地下基地に突入。

「ロバマン、お前は私の敵ではない!政治も教育もありえないことが起こっているだろう」
「文化放送からニッポン放送へ移るやつ、松竹芸能から吉本興業に移るやつ!モラルもなんにもないわ!」(誰の事だよ!)

この世界を動かしているのは花札でもトランプでもない!トランプはマジックを使いごまかしている!日本の政治もしかり!この私が世界を動かしているスーパーコンピューター以上の存在なのだ!」

 急に気の利いたギャグをかます鶴光師匠!思わず「うまい!」と膝を打った。

 人の本質は悪だというオールナイト星人の攻撃(マントを翻して「私は、宇宙!」という、『ねらわれた学園』で峰岸徹が演じた魔王子・京極のパロディが突然挿入される)に屈しそうになるロバマン。そんな時助けに現れた謎のヒーローとは!?その正体に度肝を抜かれてほしい。

 ン十年間ヒーローとバカ映画を作り続けてきた河崎実監督の「徹底してバカをやる」という覚悟の前には世にあふれる「なんちゃってギャグ映画」など微塵も残さず吹き飛んでしまうであろう。韓国映画『パラサイト 半地下の家族』がアカデミー賞を獲得して「日本映画はダメだなあ」なんていってるそこの君!日本には河崎実が!ロバマンがいる!!

 ちなみにこの映画の上映時間は68分。史上最低のバカ映画と謳われた『魔の巣』の上映時間と同じ!狙った?


  


Posted by 縛りやトーマス at 01:41Comments(0)映画特撮・ヒーロー

2020年02月10日

第92回アカデミー賞直前予想



間もなく開幕する第92回アカデミー賞。直前の受賞予想です!


作品賞:
『フォードvsフェラーリ』
『アイリッシュマン』
『ジョジョ・ラビット』
『ジョーカー』
『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』
『マリッジ・ストーリー』
『1917 命をかけた伝令』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『パラサイト 半地下の家族』


予想:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 本命が『アイリッシュマン』、対抗馬『ワンハリ』、大穴で『パラサイト』と言われていたのですが、授賞式間際になって『1917 命をかけた伝令』の評価が急上昇。アカデミーの作品賞受賞作品をほぼ的中させている、全米製作者組合賞 劇場映画賞も受賞しており、ド本命に躍り出た。でも僕はタランティーノを信じますよ!





監督賞:
サム・メンデス(『1917 命をかけた伝令』)
マーティン・スコセッシ(『アイリッシュマン』)
トッド・フィリップス(『ジョーカー』)
クエンティン・タランティーノ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)
ポン・ジュノ(『パラサイト 半地下の家族』)


予想:クエンティン・タランティーノ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)


 前述のとおり、下馬評では『1917』のサム・メンデスが有力候補に挙がったが、僕はタランティーノを信じますよ!『アイリッシュマン』は面白いけど長すぎだよね。



主演男優賞:
アントニオ・バンデラス『Pain & Glory(原題)』
レオナルド・ディカプリオ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
アダム・ドライバー『マリッジ・ストーリー』
ホアキン・フェニックス『ジョーカー』
ジョナサン・プライス『2人のローマ教皇』


予想:ホアキン・フェニックス『ジョーカー』

 個人的な予想はアダム・ドライバーで、『マリッジ・ストーリー』の妻との円満な協議離婚をするはずが、こじれてしまってボロボロになってしまう情けない旦那役を見て、この人ちゃんと演技できる人なんだ・・・って思ったよ。スター・ウォーズのカイロ・レン役はなんだったんだ?
 けれどホアキンの狂気の演技はすさまじく、また『ジョーカー』関連で取りそうなのってこれぐらいしかないので・・・


主演女優賞:
シンシア・エリヴォ(『ハリエット』)
スカーレット・ヨハンソン(『マリッジ・ストーリー』)
シアーシャ・ローナン(『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』)
シャーリーズ・セロン(『スキャンダル』)
レニー・ゼルウィガー(『ジュディ 虹の彼方に』)


予想:レニー・ゼルウィガー(『ジュディ 虹の彼方に』)

 実在の女優、ジュディ・ガーランドに完全になりきったゼルヴィガーが素晴らしいとの評判(作品は未見)で対抗馬のシャーリーズ・セロンやスカーレット・ヨハンソンを抑えて受賞でしょう。


助演男優賞:
トム・ハンクス『A Beautiful Day in the Neighborhood(原題)』
アル・パチーノ『アイリッシュマン』
ジョー・ペシ『アイリッシュマン』
ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
アンソニー・ホプキンス『2人のローマ教皇』

予想:ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』


 アル・パチーノ、ジョー・ペシの二人が同一作品からランキングする事態ですが、それゆえに票が割れちゃうよな。本物のベネディクト16世そっくりになりきったアンソニー・ホプキンスも捨てがたいが、各映画賞で絶賛されているブラッド・ピットだと予想。受賞すれば初のオスカーです。



助演女優賞:
キャシー・ベイツ(『リチャード・ジュエル』)
ローラ・ダーン(『マリッジ・ストーリー』)
スカーレット・ヨハンソン(『ジョジョ・ラビット』)
フローレンス・ピュー(『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』)
マーゴット・ロビー(『スキャンダル』)

予想:ローラ・ダーン(『マリッジ・ストーリー』)

 色々と毀誉褒貶のあった『リチャード・ジュエル』で唯一評価が高いのが母親役を演じたキャシー・ベイツなので彼女に取ってほしい気もするが、冷徹で凄腕の弁護士を演じたローラ・ダーンの切れっぷりが半端ではなく、各映画賞でも絶賛。三度目のノミネートで初の受賞か。


脚本賞:
『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』(ライアン・ジョンソン)
『マリッジ・ストーリー』(ノア・バームバック)
『1917 命をかけた伝令』(サム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ)
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(クエンティン・タランティーノ)
『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン)

予想:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(クエンティン・タランティーノ)


 過去二度の受賞歴があるタランティーノが圧倒的受賞か。対抗は『ナイブズ・アウト』のライアン・ジョンソン。


脚色賞:
『アイリッシュマン』
『ジョジョ・ラビット』
『ジョーカー』
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
『2人のローマ教皇』

予想:『ジョジョ・ラビット』


 原作の最初の方しか観ないで、全然違う話にしてしまったらしい、タイカ・ワイティティに決まり!


撮影賞:
ロジャー・ディーキンス『1917 命をかけた伝令』
ロドリゴ・プリエト『アイリッシュマン』
ロバート・リチャードソン『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
ローレンス・シャー『ジョーカー』
ジャリン・ブラシュケ『The Lighthouse(原題)』

予想:ロジャー・ディーキンス『1917 命をかけた伝令』

 未見なのでなんともいえないのですが、予告編やメイキングを見る限り『1917』が圧倒的。


音響編集賞:
『フォードvsフェラーリ』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『ジョーカー』
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
『1917 命をかけた伝令』

予想:『フォードvsフェラーリ』


編集賞:
『フォードvsフェラーリ』
『アイリッシュマン』
『ジョジョ・ラビット』
『ジョーカー』
『パラサイト 半地下の家族』

予想:『パラサイト 半地下の家族』

 これはもう、応援で『アイリッシュマン』『フォードvsフェラーリ』が有力なんだけど、僕は『パラサイト』を推したい。


美術賞:
デニス・ガスナー『1917 命をかけた伝令』
ボブ・ショウ『アイリッシュマン』
バーバラ・リン『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
イ・ハジュン『パラサイト 半地下の家族』
ラ・ヴィンセント『ジョジョ・ラビット』

予想:イ・ハジュン『パラサイト 半地下の家族』


『パラサイト~』は劇中に出てくる主人公たちが暮す貧民街はなんと、セットで作られていて唸った。金持ち一家の家の非現実っぷりに比べてもあの地獄まで続くような街並みはリアルを完全に通り越していた。受賞に期待!


メイクアップ&ヘアスタイリング賞:
『ジョーカー』
『スキャンダル』
『ジュディ 虹の彼方に』
『マレフィセント2』
『1917 命をかけた伝令』

予想:辻一弘『スキャンダル』

 辻さんが去年に引き続き受賞か。実際のセクハラスキャンダルを描いた『スキャンダル』はマーゴット・ロビー、シャーリーズ・セロンら出演者の激似っぷりが話題に。


衣装デザイン賞:
マーク・ブリッジス『ジョーカー』
ジャクリーヌ・デュラン『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
アリアンヌ・フィリップス『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
メイズ・C・ルベオ『ジョジョ・ラビット』
サンディ・パウエル&クリストファー・ピーターソン『アイリッシュマン』

予想:メイズ・C・ルベオ『ジョジョ・ラビット』

 あの「カッコいいナチスの服」は爆笑です。


視覚効果賞:
『アベンジャーズ エンドゲーム』
『アイリッシュマン』
『ライオン・キング』
『1917 命をかけた伝令』
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

予想:『1917 命をかけた伝令』

『スター・ウォーズ』か『エンドゲーム』といいたいところだが・・・

録音賞:
『1917 命をかけた伝令』
『フォードvsフェラーリ』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『ジョーカー』
『アド・アストラ』

予想:『フォードvsフェラーリ』


作曲賞:
ヒドゥル・グドナドッティル『ジョーカー』
アレクサンドル・デスプラ『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
ランディ・ニューマン『マリッジ・ストーリー』
トーマス・ニューマン『1917 命をかけた伝令』
ジョン・ウィリアムズ『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

ランディ・ニューマン『マリッジ・ストーリー』

 ジョン・ウィリアムズもひょっとしたらこれで最後になるかも知れないので、受賞かなとは思うが・・・


主題歌賞:
“I Can’t Let You Throw Yourself Away”(トイ・ストーリー4)
“I’m Gonna Love Me Again”(ロケットマン)
“I’m Standing With You”(Breakthrough)
“Into the Unknown”(アナと雪の女王2)
“Stand Up”(ハリエット)

予想:“I’m Gonna Love Me Again”(ロケットマン)

 これしかない。


長編アニメーション賞:
『トイ・ストーリー4』
『ミッシング・リンク』
『失くした体』
『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
『クロース』

予想:『クロース』

 サンタクロース物語を今までにない形で新生させた『クロース』がダントツ。現代アメリカの社会問題も匂わせ、幕の引き方も絶妙でした。


短編アニメーション賞:
『Dcera (Daughter)(原題)』
『Hair Love(原題)』
『Kitbull(原題)』
『Memorable(原題)』
『Sister(原題)』

予想:『Hair Love(原題)』

 なにしろひとつも見ていないので予想もへったくれもないんだけど、『Hair Love(原題)』が本命とのこと。


国際長編映画賞:(「外国語映画賞」が改称)
『レ・ミゼラブル』(フランス)
『ハニーランド 永遠の谷』(北マケドニア)
『Corpus Christi(原題)』(ポーランド)
『パラサイト 半地下の家族』(韓国)
『ペイン・アンド・グローリー』(スペイン)

予想:『パラサイト 半地下の家族』(韓国)

 これは文句なしでしょう。作品賞も取って欲しいが・・・


長編ドキュメンタリー賞:
『アメリカン・ファクトリー』
『The Cave(原題)』
『ブラジル -消えゆく民主主義-』
『娘は戦場で生まれた』
『ハニーランド 永遠の谷』

予想:『ブラジル -消えゆく民主主義-』


 昔ながらの自動車工場が閉鎖し、不況に陥った町に中国系企業がやってくるが、中国人社長は伝統の労働組合を不必要だとして低賃金、悪条件でこき使う・・・という『アメリカン・ファクトリー』が有力といわれていますがブラジルで瓦解した政権がマスメディアを牛耳り、ネトウヨが世論を支配するどっかの国みたいな状況を描く『ブラジル』を推します。


短編実写映画賞:
『Brotherhood(原題)』
『Nefta Football Club(原題)』
『The Neighbors’ Window(原題)』
『Saria(原題)』
『A Sister(原題)』

予想:『Brotherhood(原題)』

 もちろん一本も見ていないので予想はいいかげんです。


短編ドキュメンタリー賞:
『不在の記憶』
『Learning to Skateboard in a Warzone (If You’re a Girl)(原題)』
『Life Overtakes Me』
『St. Louis Superman(原題)』
『Walk Run Cha-Cha(原題)』

予想:『不在の記憶』

 韓国のセウォル号事件をテーマにした『不在の記憶』が有力か。


 というわけで色々予想しましたが、こんなものは予想するのが楽しいので、当たらなくてもいいんですよ!でも的中が多かったら「さすがだね」と自画自賛する予定。開幕は日本時間10時すぎ!  


Posted by 縛りやトーマス at 09:29Comments(0)映画