2018年02月19日

目指せ10億点『ゲーマーVSニブラー:最高得点を狙え』

 小学生の頃、近所のスーパーでやってたファミコンのゲーム大会に出たことがある。ゲームはナムコ(現バンナム)の『スカイキッド』。横スクロールのシューティングゲームで、レシプロ機を操作して宙返りで攻撃を避けることもできるゲームで爆弾で戦艦などを爆破、基地まで帰還するのが目的。アーケード版もあって何度か遊んだことがあったので他の参加者が失敗する中、僕は余裕で戦艦を破壊して決勝まで進んだが、明らかにやりこんでる高校生に優勝をさらわれてしまった。優勝賞品は当時発売されて半年ぐらいのディスクシステムだったので悔しくてしょうがなかった。準優勝の商品は『パックランド』のペンケース他ナムコグッズ。しばらくの間「スカイキッドで準優勝したやつ」ということで騒がれたことはいい思い出だ。ゲーム大会で勝つこと、というのは当時のガキの間でステータスだった。




 ネットフリックスで配信されているドキュメント映画『ゲーマーVSニブラー:最高得点を狙え』(原題『MAN VS SNAKE』)を観た。ゲーム大会で優勝した男のその後を追うドキュメントだ。
 『ニブラー』という蛇を操作して画面上のドットを食べつくすと次の面に進むゲームで、他のゲームと違ってなんと10億点まで表示できるところがポイント。100万点じゃない、10億点!
 アイオワの田舎町オタムアにあるゲームセンターでとある少年が『ニブラー』のハイスコアをたたき出しているのを見た16歳のティム・マクベイは「こんなの、僕だってできるさ」と挑戦、あっという間に前人未到の9億点をたたき出してもはや10億は目前。ゲームセンターの店長は「もう少しで記録達成だ!」と大喜びでテレビ局を呼び出し、10億点達成の瞬間は地元のテレビ局で放送。ティムの偉業は田舎町を駆け巡り、「ティム・マクベイの日」まで制定される騒ぎに。そのゲームセンターは後にゲームのハイスコアを管理・表彰するツイン・ギャラクシーだった。
 映画は40歳ですっかりデブになって地元の工場で退屈な作業の繰り返しに飽き飽きする元天才ゲーマーを映し出す。誇れるものは「かつてニブラーの世界チャンピオン」という過去だけ!PS4やXboxの時代に!

 しかもその世界チャンピオンという過去すら虚栄だったかもしれないのだ。なんと25年も経ってから、実はティムが記録達成した約一年後にその記録はあっさり塗り替えられていたことが判明する。イタリアのゲームキッズ、エンリコ・ザネッティが10億100万点のスコアを出していた!
 詳細が確認できないとツイン・ギャラクシーはエンリコのハイスコアを認めていないが、事実を知ったティムはニブラーの筐体を買って25年ぶりのハイスコア更新を目指す。さらにティムのライバルとしてドウェイン・リチャードという男が現れる。ドレッドヘアをなびかせながら自信満々に「俺がナンバーワンだ。ガタガタいうな!」という見るからに問題児な彼だが、張り合うライバルを見つけたティムはゲーム大会で激突する。そのためには特訓だとデブった肉体を絞り上げるべくBMXで街を走り回り、ロッキーのごとく階段(短いけど)を上り下り。BGMはもちろん『アイ・オブ・ザ・タイガー』(笑)

 単なるゲームのハイスコア争いというなかれ。『ニブラー』で10億点出そうと思ったら丸二日は連続プレイしないといけない。寝てる暇なんかない。トイレもメシもプレイ中にしないといけない。たっぷり自機を増やして時間切れでやられてる間にトイレとメシを済ませるのだ。あとはひたすら眠くなって集中力が切れてくる。腕も痛いし目も痛い。何時間やっても平気だった16歳の時とは違う。今はウォーターベッドで寝ないと体の疲れも取れない中年のオッサンなのだ。ついにティムはギブアップ。

 すでにゲームは卒業して、キックボクシングにハマっているというエンリコはシェイプアップされた肉体を誇らしげに見せる。40代にしてはイイ体してる。ハイスコアラーだった過去は「美しい思い出」になっている彼と比べるとティムの現在は失礼な言い方かもしれないが「落伍者」「負け犬」って感じ。ついに公式にティムを上回るスコアを出すプレイヤーが現れて文字通り二番手になってしまう。チャンピオンだった栄光の過去にすら縋れずに屈辱の二番手に甘んじるしかないのか?俺の人生どうしてこうなった?

「僕のニブラー魂に火が付いたよ」

 ライバルがいると燃える男ティムは再び立ち上がる。彼は世界チャンピオンの座を取り戻すことができるのか!?

 映画を見ていると昔のゲームのハイスコア争いは普通のスポーツよりもストイックだ。最近の格闘ゲームみたいに直接争うわけじゃない。ひたすら自分のスコアを高めていくだけで切れていく集中力を途切れさせないようにモンスターエナジーをがぶ飲みしてプレーヤーは画面を凝視する。ハイスコアは己との闘いなのだ。乗り越えるのは相手ではなく自分だ。

 16歳で記録を出した時のティムは「誰の挑戦でも受ける」「すぐに抜き返してやる」と言い放っていた。だが挑戦者に巡り合わないままの25年間、目的を見失ったティムは人生も完全にどん詰まり。しかし目的とライバルを見出した彼は青春を取り戻したように輝き始める。何度挫折しても立ち上がるのだ。勝つためじゃない、自分自身に挑むために。ほとんどロッキーのように。

 負けても恨み言を言わずに相手の記録は素直に褒めたたえるティムたちゲーマーのスポーツマンシップは他のどんなスポーツよりも清々しい。でも、テレビのニュース番組のキャスターからは「馬鹿な奴らの大会だろ?」って言われるんだけどね。ホントにマスコミの連中というのは…

  


Posted by 縛りやトーマス at 03:49Comments(0)映画ゲームネットフリックス

2018年02月13日

4年ぶりのブレイブ

 2月12日にソシャゲメーカーのエイリムが現在配信中のスマホ向け本格RPG『ブレイブ フロンティア』の最新作『ブレイブ フロンティア2』のリリース発表会を都内で開催。同発表会で「獣電戦隊キョウリュウジャー」とのコラボが発表。さらに4年ぶりとなる完全新作33.5話の期間限定無料配信も制作。まさか4年ぶりにキョウリュウジャーの新作が見られるとは思わなんだ…しかもキャスト、スタッフのほとんどが4年前と同じ人たちなのも感動的。脚本家の三条陸氏も当然起用。




【期間限定公開】幻の33.5話「これぞブレイブ!たたかいのフロンティア」
https://www.youtube.com/watch?v=C_3oVprAH1g

「本編の33~34話の間を描いたコラボ限定の幻のエピソード」という33.5話はダイゴたちが一旦獣電竜たちのもとに戻って特訓をしている、というところから始まる。「最後の秘石探しは鉄砕たちに任せて~」ってセリフが出てくるけど、このエピソードに続く本編34話『ふっかつ! ブラギガスしゅつげん』の秘石探しにいった鉄砕たちが最後の秘石のありかを見つけてくる、という冒頭の展開にきちんとつながってる!
 デーボス軍側はキャンデリラとラッキューロが登場。キャンデリラが「人間たちはデーボス軍よりもキョウリュウジャーの方が好きだから、キョウリュウジャーがカッコよく活躍すると人間たちの喜びの感情が集まる」という、君たちが絶対気づいたらアカンやつに目を付け、専用のデーボモンスター、デーボ・ブレイブスキーをつくる。このデーボ・ブレイブスキーがキョウリュウジャー大好きなモンスターで、外見はチェックのシャツにリュックからビームサーベル(ポスター)を突き出している…というやつで『寿飛立戸辺江州』(スピリットベース)というキョウリュウジャーグッズを集めた基地に住んでいる。

「キョウリュウジャーカッコイイなぁ~ブレイブスキー!」
「スキーってそういう意味かよっ!」


 こいつただのオタクだった!ちなみに声の担当は特撮番組スキーな杉田智和さんです。こうして作戦が決行。ラッキューロが街でキョウリュウジャー好きのお友達を集めてくることに。4年も経ってるのにキョウリュウジャー好きのお友達おるんかい、と思ったが、加藤憲史郎くんとかガブティラコスに身を包んだ大友のおじさん(本編でガブティラのスーツアクターをやっていた中川素州さんが顔出しで出演)などが集まってくれた。そこでゾーリ魔たちが大暴れ。かけつけたキョウリュウジャーたちの前にブレイブスキーが現れてあとはうまくやられてくれれば万事OK、という展開なのだがそうはいかず…

 やたらとブレイブにこだわるブレイブスキーに「こいつにもブレイブがあるのか?」と疑問を投げかけるダイゴ。それを聞いたブレイブスキーが
「おれはデーボス軍の一員だ、ブレイブを持てるはずがない!持てるなら…持てるなら!こんなに憧れたりはせん!」
 と変なところでマジになっちゃって武器のマニアックス(笑)でキョウリュウジャーを蹴散らす。オタクが変なところで強くなるというギャグ。もはや当初の目的を忘れて暴れまくる敵を「修行した直後にこんなブレイブにこだわる敵と出会えるなんてラッキーだ!」といつもの超ポジティブ思考で捉えるダイゴ。それを見て喜ぶブレイブスキー(もうなにがなんだか)。

 最終的に惜しくもやっつけられる(というか初めからやられるのが前提の戦いだったんだけど)ブレイブスキー、大好きなキョウリュウジンのサインをもらって一辺の悔いなしと爆発四散。喜びの感情を集める作戦も失敗して項垂れつつ帰路につくキャンデリラとラッキューロなのでした…結果4年も経ってたのに本編と寸分たがわぬクオリティのものが見られて笑えました。


 ブレフロをリリースした年がキョウリュウジャーを放送していた年なので、という理由と東映とのコラボの理由を明かした株式会社エイリム。エイリムがなければ33.5話はなかった!エイリムさんありがとう。ソシャゲの会社とのコラボによって過去番組の新作エピソードが作られるという手段はアリだな。この方法でどこかの会社がグリッドマンつくってくれないかなあ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 04:48Comments(0)ゲーム特撮・ヒーロー

2017年09月23日

落としても反省しないのが漫画家や

 前代未聞の「連載一回目の原稿を落とす」というやらかしをしたちょぼらうにょぽみ先生のファミ通連載『ピコピコゲーム温泉』がようやく掲載の運びに。




 まったく反省してませんね!先生!最高です!!このまま誰にも媚びないで(佐倉綾音以外は)続けていってください!決まりだ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 03:27Comments(0)ゲーム漫画

2017年08月31日

原稿を堂々落とすところからが人気漫画家

 なんとファミ通の1500号記念号よりちょぼらうにょぽみ先生の連載『ピコピコゲーム温泉』がスタート。

ちょぼらうにょぽみ‏ @choboraunyopomi

編集長ありがとうございます!
というわけで、記念すべきファミ通1500号から【ちょぼらうにょぽみのピコピコゲーム温泉】連載スタートします!応援よろしくお願いいたします!

https://twitter.com/choboraunyopomi/status/900310655059636224

 マイナー雑誌で地べたの端っこを虫のように這いずり回るような漫画ばかり描いていた(失礼)にょぽみ先生が超メジャー雑誌で連載とは…時代の流れを感じた。『いい電子』ばりの長期連載になりますようにお祈りをしたところ、さっそく第一回目から原稿を落としたのでした!先生ッ…!!!


林克彦@ファミ通‏ @Famitsu_Hayashi

ファミ通1500号(8/31発売!)からスタート予定だった、ちょぼらうにょぽみ先生の新連載ですが、なんと第1回から原稿が落ちました笑。先生から担当編集に届いた、お詫び画像をここで赤裸々に公開します。せ、先生......。

https://twitter.com/Famitsu_Hayashi/status/902086861773869059



 お詫び画像から、反省の色がまったく見られないッ…!今こそ口が富士山のJKに説教してもらわないと!とりあえずその手に持ってるニンテンドースイッチを床に置けや。

  


Posted by 縛りやトーマス at 15:59Comments(1)ゲーム漫画お前は何を言っているんだ

2017年08月23日

サンのサン

 スマホゲーム『アナザーエデン』のTVCM男性編に出演してる眉の太いお兄ちゃん、柿本幸太郎があの仮面ライダーBLACK、倉田てつをの息子と聞いてビックリ。ブラックサンのサンとは…





 正面から見ると顔めっちゃ似てるなー。役者をやっていて、まだドラマや映画の名もない端役ばかりだが、今後特撮番組とか出てこないかな。ライダーではなくあえてスーパー戦隊の方を目指してみるとか。もちろんカラーはブラックだ。そして時空を超えて共演だ。

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:06Comments(0)ゲーム特撮・ヒーロー

2017年02月25日

童貞を殺す劇場版『劇場版ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』



 VR(仮想現実)MMORPGはまだ実現化していないが、それに先駆けたラノベ『ソードアート・オンライン』とそのアニメ版(2012)は衝撃的で、2016年に「VR元年」なんてのんきなことをのたまってる間に公開される劇場版『オーディナル・スケール』ではAR(拡張現実)でのMMORPGが登場している。現実は仮想に追いつかないのか。

 ARマシン、オーグマー専用のARMMORPG『オーディナル・スケール』は覚醒状態で使用できる安全性とARアイドル・ユナ(CV:神田沙也加)の人気もあってユーザーを増やしていた。キリト(CV:松岡禎丞)はオーグマーと『オーディナル・スケール』にはやる気が起きず、ほとんどプレイしていなかったが、アスナ(CV:戸松遥)や周囲の仲間たちは皆プレイしていることと、ゲーム中にソードアート・オンラインのボスが登場するという噂を聞き、参戦することに。キリトらの前に現れたランキング2位のプレイヤー、エイジ(CV:井上芳雄)が立ちはだかる。エイジはクライン(CV:平田広明)らに重症を負わせ、アスナの記憶を奪い取る。アスナの記憶を取り戻すためキリトは慣れないARMMORPGに挑む。


 エイジはソードアート・オンライン時代にアスナが所属するギルド・血盟騎士団のメンバーだったが、モンスターとの戦闘でビビリ癖を出して攻略メンバーから外され、さらに幼馴染を死なせてしまう。ソードアート・オンラインからの生還者であったものの、後の回顧録からはキリトら一部のプレイヤーしか記録されていないことにも腹を立てて恨みをつのらせ、『オーディナル・スケール』を利用して生還者のライフログを奪って幼馴染を蘇らせようとするのが彼の目的なんだが、動機がほとんど逆恨み。しかもその幼馴染との間にはさほど恋愛感情みたいなもの、描かれてないんだよね。こいつ絶対童貞だよ!SAOにおけるキリトとアスナのイチャラブぶりは童貞臭いラノベ(失礼)にあるまじき内容で僕はまったくノレなかったので、ソードアート・オンラインに熱狂してる読者の気持ちがまったくわからない!キリトには直葉(CV:竹達彩奈)って妹がいるんだけど、この妹が頭の先からつま先まで「お兄ちゃんLOVE」な上に血の繋がらない義妹なの!じゃあアスナいらんがな!SAO事件の後眠り続けるアスナはそのまま退場しろ!と思ったことは内緒だ!
 常にセッ クスの匂いを漂わせている二人を童貞臭いチート野郎が叩きのめそうとして最終的にフルボッコされる(童貞だからね)という展開は涙なしには見られない。
 ホンマ、キリトとアスナみたいな肉臭させてるカップルをなぜ童貞臭い(いいかげんにしろ)ラノベ読者が応援できるのかわからないぜ!素直に義妹との禁断の愛を応援しろよ。

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:13Comments(0)映画ゲームアニメ

2016年11月09日

あの儀式

 かつてサターンやPS、ドリームキャストでゲームの未来を感じた世代の僕ですが、2016年になって流行っているのは美少女を描いたカードを集めるゲームだとは思っていませんでした。なのでユーザーが懐古趣味になってファミコンのソフトを内蔵したニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータなるものが発売されることは意外でもなんでもなかったのかもしれない。僕も欲しい。


「パチモンTV」経営の男、海賊版ファミコン販売容疑で逮捕 「中国から仕入れた」京都府警
http://www.sankei.com/west/news/161107/wst1611070085-n1.html


 発売を待ちきれない上に絶対発売日には入手できないから、こうなったらパチもんでもいい!とばかりに海賊版に手を伸ばす人の気持ちもわからなくはない。なにしろソフト600種類内蔵だからね。ファミコンソフトはROMカートリッジ版なら1000本以上だから、半分は入ってる。遊べるものはほぼこの一体で遊べるわけだ(携帯ゲーム機だから本格的ではないにせよ)。ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータは30本だけなのが惜しい。せめて100本近くソフトがないとお得感がしない。しかし一番残念なのはソフト内蔵型なので、カセットをフーッてやって挿すというあの儀式ができないこと。あれも再現してほしかったの…

 このハイテク時代(化石語)にファミコンソフトで遊ぼうという人間が一定数いるというのは、ゲームは高い技術がすべてではないということを教えてくれるな。




  


Posted by 縛りやトーマス at 16:22Comments(0)ゲーム

2016年07月25日

創刊伝説・ロッキー編

 大人のコロコロ、コロコロアニキ第6号が発売。

http://www.corocoro.tv/aniki/

 人気連載の『コロコロ創刊伝説』はついに『ファミコンロッキー』の話に。俺の青春時代ドストライク漫画!当時すがやみつる先生のアシをやっていたあさいもとゆき先生にすがや先生自ら「うってつけの若者がいる」と打診。当時22歳のあさい先生、「一度も漫画を書き上げたことがない」というのだが、すがや先生から「クリィミーマミのエッチな同人を描いてるでしょ!」と突っ込まれる。あさい先生何描いてんのw その後のインタビューではアニメのエロパロなどを描いてアシの給料よりも儲かっていたと告白!

 そんなあさい先生をコロコロ編集部は「まだ一本も書き上げたことがないのは面白い!」と前向きにとらえてロッキーを描かせることに。あのゲーム拳必殺50連打は単に攻略法だけを漫画に取り入れてネームを挙げたあさい先生に編集者が「地味だね~!これじゃ熱くない!」とダメ出し、必殺拳でゲームに勝つんだ!とアイデアを授けた結果だという。

 そして当時の読者誰もが思っていた「ゲームに存在しない再現不可能な技の数々を当時のメーカーがなぜ許していたのか?」という疑問についての回答は…

 今となってはわからない!!!

 わからないのかw まあ、わからないよな~

 それとのむら先生によるロッキーヒットの背景には「めちゃエロい女の子たちがいたから」とあった。確かに!クリィミーマミのエロ同人描いてただけはある!!ちなみにインタビューによると打ち合わせはアシスタントもやってたあさい先生の奥さんに任せっきりで「もっと可愛くてエロいシーンを!」と奥さんが発破かけてたという話も。いい奥さんだな~

 おっと忘れていた。のむら先生の別れた奥さんと家族はどうなったのか?についてはなんと、ついに!娘さんからメールが来たという…



 運転免許を失効するというトラブルにまみれながらも、娘からのメールが来た先生、奥さんとの和解も近いのか!?がんばれ!のむら先生!!困った時はゲーム拳で解決だ!!


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:43Comments(0)ゲーム漫画

2016年05月16日

マリオが映画に(23年ぶり)

 WiiUなどの新ハードがイマイチな任天堂が映画事業に参入というニュース。

任天堂が映画事業参入へ 自社キャラクター活用
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1605/16/news072.html

>従来は「マリオ」の実写版などライセンスを供与する形で映画制作に関わってきたが、今後は「できるだけ自分たちでやっていきたい」として、世界的な複数の制作会社と提携交渉を進めているという。第1作は数年後の完成を目指すという。

>任天堂はマリオなど自社のIP(知的財産)を積極的に活用していく方針を掲げており、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市)の運営会社との提携も発表している。



 マリオ、ゼルダの3Dアニメ化などが想像されるところですが、先んじてハリウッド進出してずっこけたスクウェアのファイナル・ファンタジーを見る限り3Dアニメは止めておいたほうがいいのでは。やっぱり実写化でしょう!マリオの実写化なんかどうですか?えっもうある!?あれはなかったことにすればいいじゃない!FFはハリウッドで海外を意識したキャラクターにしなきゃいけなかったから失敗したんですって!マリオは日本人キャストでやればいいんだ。なのでクッパは渡辺謙、ピーチ姫は菊地凛子にしてちょっぴり海外受けを狙えばいいんです。



  


Posted by 縛りやトーマス at 13:59Comments(0)映画ゲーム

2016年05月11日

2016年のドンキーコングユーザー

 ドンキーコングハイスコア世界一が更新!以前ドンキーコング世界一に挑む男たちの対決を描いたドキュメント『キング・オブ・コング』を紹介しましたが、それ以降も世界中のプレイヤーによるハイスコア争いは激化の一途を辿り、この度ついに1,218,000に。この記録を達成したのはウェス・コープランドさん。自身がもつこれまでの記録1,195,100を塗り替えて頂点に。


AC『ドンキーコング』スコア世界記録が更新!約3時間20分に渡りタルなどを避け続ける…達成者「もはや超えられない」
http://www.inside-games.jp/article/2016/05/10/98490.html

 その様子はYou Tubeでも公開されています。全部で3時間以上!長時間に渡ってタルを避けまくってスコアを稼ぐ様、まさに神業。





 映画『キング・オブ・コング』の出演者だったビリーさんとスティーブさんは現在では18位と19位。もはやビリーとスティーブの時代ではなくなっているのでした。


Donkey Kong High Score List
http://donkeykongforum.com/index.php?PHPSESSID=0dth4g9reg3hfo56jl0si9lp44&topic=366.0


 アーケードゲーム版ドンキーコングにはキルスクリーンのバグがあるため、これ以上のハイスコアはもう出ないのか。まったく2016年とは思えないような話ですが、面白いゲームは何年経っても面白いからね。

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:17Comments(0)ゲームオタク世界のとんでもニュース