2019年03月14日

ここは世界一優しいただいまが待ってる場所『劇場版のんのんびより ばけーしょん』



 2013年と2015年に放送されたテレビアニメの劇場版。『のんのんびより』はバスは2時間に一本、牛が通行するので気をつけよという道路標識があるぐらいの田舎を舞台に、生徒が5人しかいない分校の生徒とその家族、知人たちの大した事件は何も起こらない日常を描いた作品だ。なので劇場版と言われても旭丘分校の生徒たちが世界の支配をたくらむ巨大な敵と戦うことはない。テレビアニメの延長で何も起こらない日常をただゆるく描くだけだった。『ゆるゆり なちゅやちゅみ!』と同じ。

 夏休みに入ったれんげ(小岩井ことり)ら旭丘分校の生徒たちはショッピングモールの福引で三泊四日の沖縄旅行を引き当てる。保護者替わりのかず姉(名塚佳織)、駄菓子屋(佐藤利奈)に、分校の卒業生ひかげ(福圓美里)、このみ(新谷良子)を加えた一行は沖縄へ。旅館の看板娘、新里あおい(下地紫野)と仲良くなったり、海でマンタを見たり、カヤックで川を下ったり、街中に牛がいるのを見て「ここも田舎なのん?」と思ったりもしたけれど、特に大した事件は起きない沖縄のバケーションを過ごすのだった。


 もちろん何も起きないのではお話にならないので、テレビ版にはない劇場版ならではの物語が存在する。分校の教師でありながらいつも居眠りしているれんげとひかげの姉、かず姉は木に引っかかった小鞠(阿澄佳奈)と蛍(村川梨衣)のカヤックを助けてあげたり、水分補給のペットボトルを忘れた二人の水を事前に用意していたりする。普段の様子からはありえない保護者然とした態度に驚かされるが、直後、バテて一歩も動けなくなる(やっぱり)。上京して都会暮らしをしているひかげは劇場版では完全にオチキャラになって毎度床に寝かされて笑いを取る。

 そして劇場版のメインを貼るのは、越谷姉妹の妹、夏海(佐倉綾音)であった。旅館の看板娘、あおいは同い年なんだが、真夜中にこっそりとバドミントンの壁打ちをやってる彼女を見る。「壁打ちをすると母親に怒られる」というあおいに自分も怖い母親に説教されることが多い夏海は感情移入。あおいの学校に案内してもらおうと、あおいの代わりにみんなで寝所の掃除をして自由時間をつくってあげたりする。自分の部屋の掃除すら強制されてもしない夏海が!
 夜の海での夜光虫の思い出などを経て、最後には「帰りたくない」と泣き出す。夏海は喜怒哀楽の激しいキャラなのでこのクライマックスには合っていて、観客の涙をしっかり誘う。同様に喜怒哀楽の激しいひかげも泣いていた(彼女は露骨に涙を見せるようなキャラではないので畳にうつぶせてる。劇中ずっと床に寝かされて文句言ってたひかげが床に突っ伏すって最高の演出ですね)。
 こういうシーンで落とすのなら、喜怒哀楽があまり顔に出ないれんちょんをメインにはしづらかったんだな。理解した。

※よく見たら突っ伏してたのはベッドでした


 監督、脚本とテレビシリーズと同じ川面真也、吉田玲子のコンビ。このコンビはさりげないキャラの仕草で印象付けて、じんわりと泣かせにくる。かず姉が珍しく頼りがいのあるところを見せた後でセピア色の画像でこの後のヘバリ具合を想像させたり、


在りし日のかず姉の雄姿(笑)

 最後の別れの場面も顔を拭って泣くところを見せたあと、車の中では鼻をすするぐらいで涙を抑えていたりと、日本映画特有の「泣いてまーす!悲しいでーす!」とわかりやすい表現はしない。なんてことのない日常の光景にこそ感動や涙する場面がある。
「にゃんぱすー」とれんげが手を挙げた物語は「ただいまー」で幕を閉じる。ここは世界一優しいただいまが待ってる場所。



  


Posted by 縛りやトーマス at 00:06Comments(0)アニメレンタル映画館

2019年03月01日

パンツじゃないから(略)適切な範囲

 最近は企業のPR広告などにアニメのいわゆる「萌えキャラ」を使ったポスターをあちらこちらで見かけます。「かつては差別されていたアニメが市民権を得たんだ!」などと安易に喜ぶのはご用心。アニメ、萌え絵を理解しない人たちはいくらでもいるので騒動の火種になりかねません。すぐにセクハラだなんだのと、バッシングの理由になるのです。


「下着ではなくズボン」 ちら見え、自衛官募集ポスターに批判
https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190228000173

 防衛省自衛隊滋賀地方協力本部の自衛官募集ポスターにアニメ『ストライクウィッチーズ』のキャラを使ったポスターが貼られたところ、キャラクターのパンツのような部分が露出していることから、「セクハラ」との批判がネット上などで上がるように。

 これはワールドウィッチーズ10周年を記念したコラボポスターで、去年の11月から発表されていたので、何で今になって揉めだすのか。

http://w-witch.jp/news/20181121_2



 この批判に対して同本部は

>「アニメの既存の図柄を使用している。指摘の着衣は、下着ではなくズボンだという設定で、適切な範囲だと考えている。多くの人から評価を得ている」


 と説明した。なんと批判に対して真っ向から反論したのである。普通は通り一辺倒の謝罪をして、回収というところになるのを下着ではなくズボンという、まさに「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」そのまんまの回答なのだった。
 同本部の腰が据わった回答には日本を守る自衛官の根性を垣間見た気がする、などと言っている場合ではない。「パンツじゃないから…」が通用するのはあくまで「完全に狂っている」アニヲタの間でのみ通用するワードであって俗世間には通じないということを考えてほしい。連中からすればいくらズボンだベルトだといおうと「パンツ!パンツです!」なのだから…
 話が通用しない連中に餌を与えてどうするのか。アニヲタだけがニヤニヤしていられる村以外への露出は控えた方がいいですよ。パンツだけに。


  


Posted by 縛りやトーマス at 16:26Comments(0)アニメお前は何を言っているんだ

2019年02月14日

若い声優オタクは大体厄介

 イキリピンチケばかりでおなじみのラブライバーがまたやらかしましたよ。

「ラブライブ」イベントで声優サイン上に書き込み 過激ファンツイートが炎上

https://www.j-cast.com/2019/02/11350063.html

 聖地沼津で行われたイベントに参加者が寄せ書きできる応援フラッグが用意されており、出演した声優陣もサインをしていたのだが、ひとりのファンが推している声優の諏訪ななかが書いたサインの余白部分に重なるようにメッセージを書き、自分の名前も横に書いた。その画像をツイートにアップしてアピール。要するに推しの声優に認知してもらおうという認知厨だったわけだ。


そのサイン

 当然のごとく炎上して本人はツイ消し逃亡。噂では諏訪さん本人も人づてでこの事を聞き、大変ご立腹だったという。サイン書いた人よかったね。認知してもらえたよ。
 目立って認知されれば何やってもかまわない、という人間なので、きっと今頃は反省もせず自慢げに吹聴することでしょう。
 この件で「どうしてラブライバー(特にAqoursファン)は厄介ばかりなの?」という意見を見かけたが、そりゃあ支持層が若い連中だからでしょ!
 若い連中には「オタク=知識のインプット→アウトプット」という考えがないので単に騒げればなんでもいい人がほとんどで、まだ歴史の浅いラブライブ!は恰好の材料。さらにAqoursは構成メンバーが20代だから、ファンも10代が多かろう。そりゃあ厄介になるわな。それに比べてμ'sはナンジョルノやみもりん、えみつんにうっちーなど3(ピー)な世代ばかりなのでファンもおとなしいでしょう(それはどうかな)。
 とりあえずみんな頭冷やそうか。

  


Posted by 縛りやトーマス at 03:25Comments(0)声優アニメオタク

2019年02月12日

80年代の失われた風景が今『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>



 シティーハンターが連載していた80年代は僕がジャンプ読者だったど真ん中の時代であり、僕にのってのジャンプは『キャプテン翼』『キン肉マン』『ドラゴンボール』『聖闘士星矢』『シティーハンター』であった(あとは巻来功士と黒岩よしひろ)。90年に公開された二本立て以来となる29年ぶりのシティーハンター映画。テレビスペシャルも99年以来なので新作アニメ自体が20年ぶり。「なぜ今シティーハンター?」などと野暮なことは聞かなくてもよろしい。いいものはいつ観てもいいのだ。

 しかし20ン年ぶりといわれると気になるところはふたつある。シティーハンターといえば新宿駅の掲示板に「XYZ」と書き込むとそれがシティーハンターへの依頼になるわけだが、とっくの昔の掲示板など無くなっている。今回は駅の掲示板のあった場所でスマホを起動させるとAR掲示板が出てくるのだ。
 もう一つは主人公、冴羽獠の「もっこり」である。美女の依頼は必ず遂行するが、美女と見れば見境なくナンパする男。もっこりを見せつけたまま美女を駅のホームで追いかけまわし、電車のドアにもっこりが挟まったまま山手線を一周させられる話は傑作なんだけど、現在の表現ではギリギリアウトといったところかもしれない。厳しい時代になったもんだ。

 しかし復活した今回の映画でも、もっこりネタは健在だった。美女のお尻を触ろうとし、シャワーを覗こうとし、更衣室を覗こうとピンク色に染めたドローン、その名もエローンを飛ばす。もっこり魂は2010年代にバージョンアップされていた。これがなきゃシティーハンターじゃない!!


 さらにシティーハンターのテレビアニメで思いだすのは作品を盛り上げた楽曲群だ。当時テレビアニメを見ていた視聴者の度肝を抜いたのは劇中のラストからフェードインする形でシンセサイザーのイントロが流れ、ドラムが鳴り響いて最高潮のリズムに達したときにEDに突入するTM NETWORKの『Get Wild』!劇中フェードインして流れだすEDテーマなんて前代未聞だった。この曲とともにTMはヒットチャートを駆け抜けた。1~3とシリーズを重ねる中で小比類巻かほる、大沢誉志幸、PSY・S、岡村靖幸、FENCE OF DEFENSEといったEPICソニー(CBSソニー)系アーティストの主題歌、挿入歌も話題になった。80年代はソニー系アーティストの時代だった。
 今回の映画では『Get Wild』が当時のバージョンで使用される、と宣伝されていたが、蓋を開ければアニメ1~3までの主題歌はほぼ全部使われていた。定番挿入歌の『MR.PRIVATE EYE』『FOOTSTEPS』まで使う大盤振る舞い。当時の視聴者は懐かしさが胸にこみ上げてくるだろう。

 声優陣もレギュラー陣は全員当時のメンバーが再結集。72歳の神谷明さんをはじめ、60代に達したベテラン勢が欠けずに全員集合したのは凄いこと。教授とかずえさんという映画でちょっとしか出ないキャラクターまで当時の声優だった茶風林さんと山本百合子さんをキャストしていたのでこのこだわりたるや!当時はモブの声が多かった山寺宏一さんが重要なキャラクターの声を当てたりしているのもグッとしますね。


 このように当時のファンが懐かしさに浸るための復活なので、シティーハンターファン、あなたのための映画ですよ!2のED、『STILL LOVE HER (失われた風景)』に合わせて現在の新宿の風景が流れてゆく場面…本作最高のエモーショナルなシーン。失われた風景は今も僕らの胸の中で生きている。



  


Posted by 縛りやトーマス at 00:12Comments(0)映画アニメ漫画音楽

2018年12月27日

元クッキンアイドルは?

 プリキュアシリーズ16作目『スター☆トゥインクルプリキュア』のキャストが発表。なんと!主役はでんぱ組.incのえいたそこと成瀬瑛美だ!!


https://www.asahi.co.jp/precure/twinkle/news/20181227_cast.html



 他には『スロウスタート』『かぐや様~』の藤原書記役の小原好美、『キラキラ☆プリキュアアラモード』で古のプリキュア、ルミエル役でシリーズ出演経験のある安野希世乃、『K』『モーレツ宇宙海賊』『バーナード嬢曰く。』のみかこしこと小松未可子が満を持しての起用。フレッシュどころからアイドル、他の役で出演済みのメンバーに待望の出演決定と、幅の広いキャスティングになったのでは。だがやはりえいたその起用は話題性抜群といえよう。

 …しかしこのキャスティングを報道した一部のマスメディアに物申したい。

新作プリキュア主人公にでんぱ組成瀬瑛美 シリーズ初!アイドルを起用
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/27/0011937233.shtml

>2004年に開始した人気作でアイドルが主演を務めるのは初めて。「えいたそ」の愛称を持つ成瀬は、同作の大ファン。そのことが制作陣にも伝わり、夢が実現した。

 確かに主役をアイドルが演じるのは初めてもかもしれないが、『キラキラ☆プリキュアアラモード』で福原遥が出演してるだろうが…!福原遥は元クッキンアイドルだぞ!記事の見出しに「主役は初」って書いといて!ややこしいから!それに『ハートキャッチ!プリキュア』で水樹奈々さんが主役やってるから!水樹奈々さんは声優アイドルのようなものだから!しっかりしろデイリースポーツ。プリキュア新聞の発行元、日刊スポーツはこんなドジを踏まないようお願いしたい。

  


Posted by 縛りやトーマス at 07:15Comments(0)アイドルアニメテレビ

2018年11月19日

今日もどこかで阿久悠

 作詞家・阿久悠が手掛けたアニソン、特ソンから厳選した50曲のコンピレーションアルバム『誰もが勇気を忘れちゃいけない 〜大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた〜』が発売される。

阿久悠がアニメや特撮など子どもたちのために書いた歌50曲を収めた2CDコンピ発売決定
http://amass.jp/113531/




 アルバム名はウルトラマンレオの主題歌からである。



 他にも「君はどうする 君はどうするか 君は じゅうりんされて 黙っているか」「たのむ たのむ たのむマッハバロン」でおなじみの『マッハバロン』、「そうさ この世のどぶさらい悪にゃめっぽう強いやつとばすマシーンのシルバーが暗い闇夜をひきさいた」の『ワイルドセブン』をはじめ、ウルトラマンレオやファイヤーマンの主題歌といった追い詰められてもうあとがない、といった絶望的な状況からヒーローが登場して希望になるといったメッセージ性の強い阿久悠の歌詞が楽しめるラインナップがズラリ。
 「デビルチョップはパンチ力」という不可解な歌詞の『デビルマンのうた』、「 ため息つく程イキじゃない 拍手をする程働かない 子供の夢にも出て来ない 大人が懐かしがることもない」と自虐を突き付けつつ、「だからと云って駄目じゃない」「結構いいとこあるんだぜ」とこれまた希望を見せてくれる『宇宙船サジタリウス』の『スターダストボーイズ』も収録。映画『伊賀野カバ丸』の主題歌、『青春丸かじり』も初CD化の嬉しい二枚組は12月19日発売ですよ。



  


Posted by 縛りやトーマス at 21:44Comments(0)アニメ特撮・ヒーロー音楽

2018年10月29日

マジカル戦士プリキュア

 歴代プリキュア55人(広義では137人だが、いんだよこまけぇことは)が登場、全声優も登場する『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』がついに公開。そしてこの映画が「アニメ映画に登場する最も多いマジカル戦士の数」でギネスに認定されたぞ。

映画『プリキュア』総勢55人登場でギネス世界記録認定 初日動員も好調で歴代1位
https://www.oricon.co.jp/news/2122340/full/


 ギネスではプリキュアは「マジカルウォーリアー」というジャンル分けになるんだな。時々「プリキュアってなんなの?魔法使い?超能力者?」と聞かれることがありますが、そういう時はニッコリして「プリキュアはプリキュアなんだよ?あと『魔法つかいプリキュア!』ってのがあるから魔法使いなのは3名だけだね♪」と答えてます。ですが相手が納得しないことが多いのでどうしたものかと思案に暮れること数年。今後は「プリキュアとはマジカル戦士」だと説明できるようになったので感謝しかない。え?「マジカル戦士ってなに?」だって?それはね(以下略)



  


Posted by 縛りやトーマス at 19:17Comments(0)映画アニメ

2018年10月24日

腐ってもアイドル『ゾンビランドサガ』

 2018年の最後を飾る秋アニメがスタート。
 注目・話題作は『ソードアート・オンライン アリシゼーション』『からくりサーカス』『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』『ゴブリンスレイヤー』『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』『SSSS.GRIDMAN』あたりでしょうか。僕も見てます。グリッドマン最高ですね。ちなみに僕はアカネ派です。六花ちゃんの太ももも捨てがたいが…アカネちゃんの黒タイツ最高ですよね。
 でもでも僕の本当の今期一押しは『ゾンビランドサガ』です!!



 死んだはずの女子たちがネクロマンサー・宮野真守(声)の手によってゾンビとして蘇させられ、アイドルグループを結成して風前の灯火となった佐賀県を救うのだ!という何をいっているのかいっている方もわからなくなるほど脈絡のないアニメです。

 高校二年生の源さくら(CVは『不思議なソメラちゃん』の主役や『キラキラ☆プリキュア アラモード』のあきらさんの妹役でおなじみの本渡楓さん)はアイドルグループ「アイアンフリル」の新人オーディションを受けようと申込書を投函しようとした朝に軽トラに撥ねられてしまう。

冒頭跳ねられて宙を舞う主人公w

 謎の洋館で目覚めたさくらの周囲にはうめき声をあげる少女たちがおり、襲われそうになったさくらは大雨の降る外へ飛び出し通りがかった警官に助けを求めるも銃撃される。カーブミラーに写ったさくらの顔はグリーンフェイスで…ゾンビそのものだった!


 その場を助けてくれたのは謎の男、巽幸太郎(CV:宮野真守)。彼はさくらたちゾンビ女子を集めて風前の灯となったご当地アイドル業界と佐賀県を救うべく「ゾンビランドサガ・プロジェクト」を立ち上げたのだった。佐賀県を救うべく集められた彼女以外のゾンビ女子は巽により蘇った最強チーム。伝説の特攻隊長・二階堂サキ(CV:田野アサミ)、伝説の平成のアイドル・水野愛(CV:種田梨沙)、伝説の昭和のアイドル・紺野純子(CV:河瀬茉希)、伝説の花魁・ゆうぎり(CV: 衣川里佳)、伝説の天才子役・星川リリィ(cv:田中美海)、そして伝説の山田たえ!

何者かまったく不明な伝説の山田たえw

 一体何が伝説なのかと問うさくらに
「なきゃいかんのかーい!伝説の中身がないといかんと誰がきめたんじゃい!なかったらいかんのかい!じゃあお前は何が伝説なんじゃい!いうてみろ!ほれみろないじゃろがい!もうお前だけ伝説つけてやらんからな!」
 と強引な論調で一切重要なことを説明をしない宮野節!(このアニメにおける謎・疑問などはこうして巽…というかほとんど宮野真守本人…によってロクに説明されないまま進む)

 画して飛び入り参加が認められたデスメタル系フェス中のライブハウスに初登場となったさくらたちデス娘(仮)。ちなみにこの時点でさくら以外のメンバーは自我が回復しておらず、みんな呻いて歩き回るだけ!伝説の山田たえはずっと人を噛んでるしwこれでどうやってステージに立つんじゃい!不安をぶちまけるさくらに巽はプロデューサーぶってみせる。

「この会場にいる観客は誰一人お前たちにこれっぽっちも期待していない。もちろんこの俺もこれっぽっちも期待していない。だからこそ!だからこそひっくり返してこい!お前たちは佐賀の…いや、すべての常識をひっくり返す存在なんだ…信じろ、お前ならできる!」
…無理です

 いいこといってまとめたつもりだがさくらは騙されなかった!

「オッケーイ!行ってこぉーい!GOGOGOォイ!」


 当然さくらの意思など完全に無視する巽によってゾンビアイドル初のステージが開幕するものの、ライブハウスを埋めた強面のデスメタラーたちはアイドルなんぞまるで認めてないので罵声が飛び交う。何もできず立ち尽くすさくら!その時、突然山田たえが客席に飛び込んで客に噛みつこうとする!
「もう、めちゃくちゃや~…」
 だが山田たえのパフォーマンス(と勘違いした)にデスメタラーは恐れおののき、巽がかけたデスメタルに合わせて自我に目覚めていないはずの伝説の特攻隊長・二階堂サキのデスボイスが響き渡る!


 そして山田たえのデスボイスも!(なんでや)


 これに合わせて他のメンバーが激しいヘッドバンキングを繰り出すのを見てデスメタラーも「まるで首が折れてるみたいやないかぁー!」と大盛り上がり!実際に折れてるんですけどね…
 自我はあるが記憶を無くしたさくらはヘドバンを繰り返す最中に憧れのアイドルの姿を思い起こし、観客に決死のダイブを敢行。その後他のメンバーたちが観客を襲ってライブはうやむやになるのであった(笑)。もう、何がなんだか…


 その場の勢いと思い付きだけで作られたようなアニメのようだが、佐賀県が全面協力しており、劇中に登場するさくらたちゾンビアイドルグループ「フランシュシュ」は佐賀県PR大使に任命された。どうやら本気でこのアニメに賭けているようなのだ。てっきりどっかの代理店に騙されてクソアニメを押し付けられたのかと思ったのに(失礼)。

TVアニメ『ゾンビランドサガ』「さが維新まつり」SPイベントで山口祥義佐賀県知事がフランシュシュを『佐賀県PR大使』に任命!! 第3弾「バルーンフェスタ」の詳細&ビジュアルも解禁!
https://cho-animedia.jp/event/63250/


 勢いだけの宮野真守のキャラといい、まったく何も考えていないような清々しさが痛快だ。『けものフレンズ』みたいに実は隠された謎や仕掛けられた伏線といった考察厨の入り込む余地がまったく…ない!多分!あったらスゴイと思う。アイドルアニメなので一応現役アイドルに取材してるのだが、その相手が仮面女子や劇場版ゴキゲン帝国、アイドルカレッジというあたりにカルトな方向性がはっきりと見て取れる。


何故この3組に聞いたw

 ラブライブ!サンシャイン!!とかWUGには乗れなかった僕もこれは理解できます!このアニメを見てわかることは佐賀が風前の灯ということと、佐賀の警察官は不審者にすぐ拳銃をぶっ放すということですね。あっちなみに伝説の山田たえの声優は三石琴乃さんです!…たしかに彼女は伝説だろうけど…


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:00Comments(0)アイドルアニメ劇場版ゴキゲン帝国

2018年09月19日

自己完結しているオタクに捧ぐラブストーリー『君の膵臓をたべたい』(アニメ)



 君の膵臓をたべたい。奇妙なタイトルである。これがホラーなら違和感もないが純愛映画なのだ。食べたいほど愛してるのか?食べたいならまだわかる。これが「売りたい」だったら大変だ。金欲しかったら膵臓売れぇ!!昔そんな人がいました。あれは腎臓だったかな。

 住野よる原作によるライトノベルのアニメ化。2017年に実写化されて35億円のヒットを記録…したものの、実写版は原作とは一部を変更され、登場人物たちが大人になって12年前の物語を回想するという内容に原作者の住野先生が不満だったと言う。
 実写版の主演はDISH//の北村匠海に当時はまだ実写『あの花』や映画『咲-Saki-』の主演ぐらいでしか知られてなかった浜辺美波というキャスティングが弱いと思われたのか、それをカバーするために客の呼べるスター、小栗旬や北川景子を「大人になった現在の登場人物」として入れたのがいかにも東宝映画らしいね。アニメ版は実写より前に企画されていた上に住野先生自ら参加していたというので、実写版のような納得のいかない変更はなく原作に忠実につくられた。


 病院のロビーで偶然拾った一冊の本を拾った僕(物語の主人公。CVは高杉真宙)。「共病文庫」とかかれたその本は「僕」のクラスメイト山内桜良(CV:Lynn)がつづった秘密の日記。桜良は膵臓の病気により余命僅か。「僕」は桜良の両親以外では唯一病気のことを知る人物となる。それをきっかけに桜良と「僕」は仲良くなるのだが、「僕」は自分以外に興味のない「友人のいない」人間だった。
「僕」が友人をつくらないのは相手を見て「この人は自分のことをどう見ているのか?」が気になりすぎて友人ができない、という性格は友達がつくりにくい人間の内面を見事なまでに表していて、草食系という言葉では言い足りないほどの受け身野郎。「僕」は桜良に振り回され、どう見たってデートにしか見えない行為をし、挙句は一泊旅行にまで付き合わされる(「僕」はあくまで「付き合わされる」。ラノベオタクの人にわかりやすくいうとハルヒとキョンのような関係)。恋人同士でもなければやらないようなことを平気でしているのに二人は最後まで恋人にはならない。恋人にならない純愛映画!?なんだそれは!!

 象徴的なのが二人が劇中でやる真実か挑戦かゲーム。トランプを一枚ずつ引き合って数字の大きい方をめくった方が負けた相手に「真実か挑戦か」と聞き、負けた方は必ず「真実」と答え、勝った方は相手が答えにくい質問をする。負けた方は質問に真実を答えるか、答えたくない場合は「挑戦」を選ぶ。勝った方は相手に要求をし、負けた方はそれに「挑戦」しなくてはいけない。
 桜良は「わたしのカワイイと思うところをみっつ選んで」といい、「僕」は答えられないので「挑戦」を選ぶ。桜良は「わたしをベッドまで運んで」と要求。ヒロインにそこまで言われないとできない主人公!
 この「真実か挑戦か」ゲームは本作の最大の魅力。最後の最後まで恋人なのかどうかもはっきりしない二人の関係を表している。二人は他愛もない質問ばかりして桜良も「君はわたしのことが好き?」とか聞けばいいのに質問すらしなくてモヤモヤする。でもこれはそんなことをとても聞けないが、言わなくても自分の中ではわかっている自己完結しているオタクが好むラブストーリーなのだ。

 こんな話が多くの一般客に受け入れられているという真実。ビックリしました。時代がオタクに追いつこうとしている!

「僕」の声を演じた高杉真宙は『仮面ライダー鎧武』でヒーローになれないのならいっそ巨悪になってやる、と覚悟を決めながら小悪党にすらなれなかったよ…というひとり難しい役どころを演じていたが、今回も捉えどころのない自己完結する主人公を丁寧にきめ細かに演じていた。芸能人吹き替えと侮ることはできない。


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:11Comments(0)映画アニメオタク

2018年09月11日

過去のトラウマを掘り起こす『けいおん!Shuffle』第3話

 まんがタイムきらら10月号にて『けいおん!Shuffle』第3話です!



 今月号は主人公コンビ紫&楓と違って軽音部活に積極的でない真帆ちゃん(ギター担当・仮)主役回。彼女は強引に軽音部に誘われた上にかけもちなのですが、今回はかけもちの部活がバスケ部のマネージャーであることが判明。
 ギターがバンドの花形で自分がギター担当でいいのか?と不安になり練習中もぼんやりする真帆ちゃんの顔面にボールがヒット。黒髪ショートボブに八重歯の部員に心配される真帆ちゃん。って何気に新キャラが登場した。


この子(名前がまだ出ていない)カワイイから推すわ

 この名無しの新キャラとの会話で真帆ちゃんが過去に右ひざを大けがしてリハビリ中だということがわかる。名無しの子に復帰はいつかと聞かれ言いよどむ真帆ちゃん。しまいには自分自身にバスケも勉強もできない、そんなやつにギターなんて無理よと責められる悪夢にうなされてしまう。真帆ちゃんは勉強でも学年テストの順位で楓に負けており、その楓に勉強を教えているのは紫なので実質二人に負けていて音楽への情熱でも負けている。こんな自分が軽音部にいたら迷惑かかっちゃう!とその場を逃げ出す真帆ちゃん…何このキッツイ展開

 自宅まで追いかけてきた紫&楓に自分の思いを打ち明けることによって吹っ切れた真帆ちゃんは軽音部もバスケも全力でやるという選択を。3話にして感動的なエピソードではないですか。前作『けいおん!』の3話なんてギター買いに行ってムギちゃんが権力を利用して値引きさせる程度の話でしたよ確か。

 ゆるゆる展開のみに癒されがちだった前作に比べスポ根漫画の定番「過去のトラウマ」を上手く使ってきた『けいおん!Shuffle』からもう目が離せない。

  


Posted by 縛りやトーマス at 19:50Comments(0)アニメ漫画けいおん!