2017年12月24日

お前はジーグだから『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』



 クールジャパン、なんていったところで今日本で放送されてる深夜アニメのほとんどは諸外国ではほとんど注目されず、アニメーターは相変わらずブラックな環境を脱することができず、広告代理店の連中ばかりが儲かってる状況。しかし本当に外国でも人気のあるアニメは存在していて、その一つが永井豪のロボットアニメ。『UFOロボグレンダイザー』はフランスで『ゴルドラック』と名を変えて大ヒットしフランスでもっとも知られた日本のアニメになった。当時フランスに日本の政治家が訪れるというのでフランスはグレンダイザーの像なんかを作って歓待したが、日本の政治家は誰もグレンダイザーを知らずポカーンとしたという…クールジャパン!

 グレンダイザー同様、海外で人気を博した永井豪のロボットアニメ『鋼鉄ジーグ』を幼少時にイタリアで見たというガブリエーレ・マイネッティ監督は「日本のアニメヒーローに影響を受けたイタリアのスーパーヒーローものを作ろうとした」という。『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』という不思議な日本語のタイトルにして。

 主人公のエンツォ(クラウディア・サンタマリア)は窃盗を繰り返して暮らすチンピラだ。ある日高価そうな時計を盗んで追われたエンツォは水路に沈めた放射性廃棄物のドラム缶に落ちてしまう。親父と慕うセルジョの依頼で麻薬取引を手伝うが、トラブルでセルジョは殺され、エンツォも腹に銃弾を受けてビルから落ちる。しかしエンツォは傷一つ追っていなかった。放射性廃棄物に落ちたことで自分が常人ではない、鋼鉄の肉体を手に入れたことを知る。しかしチンピラの生きざまが染みついたエンツォはせっかくの力をATM荒らしなどにしか使わない。

 劇中、イタリアの街で爆弾テロが多発している様子が繰り返し報道されるから、観客はエンツォがスーパーヒーローの使命に目覚めて爆弾テロと戦うのだと想像するが、チンピラのエンツォにとって遊べるだけの金を手にして、アダルトビデオを見ながらヨーグルトにありつく日常だけが自分のすべて。
 そんな彼だがセルジョの娘、アレッシア(イレニア・パストレッリ)がマフィアのジンガロ(ルカ・マリネッリ)に拷問されているのを見て、罪悪感と同情から助けようとする。アレッシアはエンツォの活躍を見て「あなた、司馬宙みたいね!」という。不幸な境遇から精神を病んでアニメ『鋼鉄ジーグ』のDVDを見ることだけが心の支えの彼女は現実世界と『鋼鉄ジーグ』の世界がごっちゃになっている。

「その力を人類のために使って」「闇の日から世界を救うのよ」

 わけのわからないことをいう上にチンピラ生活を戒めようとするアレッシアをエンツォは鬱陶しがるが鋼鉄ジーグのアニメを一緒に見たことで同情以上の行為を持つ。だが触れただけで彼女が激しい拒絶を示すのを見て彼女が精神を病んだ理由がセルジョに性的虐待を受けていた過去にあることを知る。自身も悲惨極まりない少年時代を過ごしていたエンツォは彼女だけのヒーローになろうとする。

 本作は『鋼鉄ジーグ』の実写映像化ではなく、『鋼鉄ジーグ』という作品をヒーローの象徴としたまったく別の物語。でありながら『鋼鉄ジーグ』というヒーローをきちんと表現している。『マジンガーZ』や『ゲッターロボ』といった他の永井豪作品とは違って『鋼鉄ジーグ』は主人公の司馬宙自体がジーグの頭部になるサイボーグで、父親によって知らない間に改造されたというすさまじい過去を持つ。ジーグはヒロイン・美和が操縦するビッグシューターという航空機から打ち出されたパーツを合体させて完成するロボットで、ヒロインがいないとロボットになれない。アレッシアというヒロインがいて初めてヒーローとして成立するエンツォという物語の設定は完全にアニメをなぞっている!

 世界を救うからヒーローなのではない。たった一人の笑顔を見るために立ち上がる男こそがヒーローなのだ。胸が熱くなる映画だった。


  


Posted by 縛りやトーマス at 20:35Comments(1)映画アニメ特撮・ヒーローレンタル映画館

2017年12月09日

これぞプログラムピクチャー時代の進化系『GODZILLA 怪獣惑星』



 庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』は何十年も停滞仕切って改革すら望めそうにないゴジラシリーズに風穴を開けた一本だった。ならこのアニメシリーズ『GODZILLA 怪獣惑星』はどのようなアプローチをしてくるのか?はゴジラファンあらずとも気になるところ。『シン・ゴジラ』の延長上にあるゴジラと天災を絡めるのか、それとも…瀬下監督と虚淵玄がとったのは昭和のプログラムピクチャーへの回帰だった!

 地球上に登場した怪獣たち、それらの怪獣を凌駕する存在として登場したゴジラによって地球上の都市は破壊し尽される。やがて地球に飛来した宇宙人“エクシフ”、“ビルサルド”の科学技術を利用した対ゴジラ作戦(メカゴジラが登場する)も失敗に終わり、わずかに残された地球人類はこの星を捨て、居住可能な惑星を求めて宇宙船で旅立つ。

 エクシフとかビルサルドって何!?謎の宇宙人なんか登場させちゃって…X星人とかブラックホール第三惑星人、M宇宙ハンター星雲人じゃないんだから。「謎の宇宙人が現れる」というのは、昭和のプログラムピクチャー時代のゴジラシリーズに前述した宇宙人が出ているのをイメージしたという。彼らは大体敵なのだが、本作では絶滅寸前の地球人を救おうとする存在になっている。

 移住先の惑星を求めて11.9光年を旅したもののそれは人類が住めるような星ではなかった。長期間の移住計画の果てに食料も尽き欠け、老人たちを口減らしのため事故を装って処分する(!)事態に陥ってしまう。移民船の乗組員で子供の頃に地球から逃げてきたハルオ・サカキ(CV:宮野真守)はゴジラを撃退する方法を考案、地球にもう一度戻って戦うことを主張する。
 移民船アラトラム号は長距離亜空間航行によって地球へ帰還。その影響で地球では2万年の時が過ぎており、未知の怪獣たちが跳梁跋扈する怪獣惑星と化していた。


 ある種荒唐無稽な設定だが、昭和のプログラムピクチャー時代のゴジラに慣れ親しんでいる人々は怪しげな宇宙人が出てくると顔がにやけてしまうところ。ニトロプラスによる本作のノベライズも出版されており、そちらでは人類が地球を捨てるまでに何があったのか?という前日譚になっている。米軍がバンカーバスターでカマキラスを、日本の自衛隊がビルサルドの技術を得て完成させた潜水艦「豪天」がマンダを撃退するなどといった物語が描かれ、これが血沸き肉躍る展開なのだ。エメリッヒ版ゴジラまで登場してあっさりとやっつけちゃうんだけど、こいつは「あの」ゴジラじゃない、ぬか喜びさせるんじゃねえと世界中から怒られたりするのは笑える。これ、26話ぐらいのTVシリーズでやってくれよ!

 『シン・ゴジラ』の熱気に未だ中てられている人達には本作に物足りなさを覚えたり、「せっかくシン・ゴジラがゴジラの新しい可能性を切り開いたのに、またプログラムピクチャー時代に戻る気か?」というかも知れないが、歴代怪獣と人類軍が英知を賭けたサバイバルを展開する、というのはあの『ゴジラファイナルウォーズ』ぐらいしかなく、しかもファイナルウォーズより遥かに納得できる設定と物語は、未だかつてなかったもの(レジェンダリー版『キングコング 髑髏島の巨神』では人類は踏みつぶされるだけだからね)。これぞ昭和のゴジラ映画の進化系といったところか。しかもこれは3部作の第一弾で、あと二本まだ登場していない怪獣とのバトルが見られる、しかも公開は来年5月!毎年ゴジラの新作を見てああだこうだと言えるのだから学生時代の思い出が蘇った。あれは…いい時代だった…

  


Posted by 縛りやトーマス at 02:31Comments(0)映画特撮・ヒーロー

2017年12月06日

お泊り&同伴出勤でガチしょんぼり沈没丸

 終盤に向け、いよいよ盛り上がって参りました日曜朝の特撮番組『宇宙戦隊キュウレンジャー』、別の意味でも盛り上がってきました。

宇宙戦隊キュウレンジャーのレッドとグリーンが「お泊まり&同伴出動」撮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171202-00005207-bunshun-ent

 かつてハリケンジャーの姜暢雄と山本梓、キョウリュウジャーの竜星涼と今野鮎莉が交際していたことはあったけど、どちらのケースも放送終了後のことで絶賛放送中に共演者同士の交際が発覚するのはマズイのではないですか(竜星涼と今野鮎莉の時はスピンオフ舞台『俺たち賞金稼ぎ団』から二人が外されるという事態になっている)。
 しかもこの二人、脇が甘すぎ。文春がすっぱ抜いたのは11月25日、二人が東京ドームシティ、シアターGロッソで行われたキュウレンジャーショーシリーズ第4弾「宇宙船Gロッソ号危機一髪!輝け!究極のシシレッド!!」に出演後、二人で大久保桜子(グリーン)の自宅マンションに二人で帰って翌日朝、再びシアターGロッソに向かってる。お泊りの上同伴出勤かいっ!そらアカンわ。
 宇宙では気が遠くなるほど離れている場所で偶然出会った二人ですが、地球では互いの自宅が数百メートルしか離れていないというのもねえ。そりゃ交際するのに都合がいい。でもね、バレますよそんなの。三か月もすれば番組が終わってしまうのに、2月まで我慢できなかったのか。
 こんな報道が出ちゃってガチしょんぼり沈没丸~!ですけど、僕は毎週の放送が楽しみで仕方ありません。ジャークマタ―との戦いがどうなるかより、この二人の関係がどうなるかの方が気になってしょうがない!ドン・アルマゲ(ラスボス)の正体は文春記者だった!!宇宙は俺たちが取り戻す!!




  


Posted by 縛りやトーマス at 10:50Comments(0)特撮・ヒーローテレビ週刊文春

2017年11月20日

岡部淳也監督の勇往邁進を見よ『ブレイブストーム』



『巨大ロボットをフルCGで描いた特撮ヒーロー作品』というとなじみのない観客には「ウルトラマンみたいなやつ?」とか「仮面ライダーみたいなの?」と言われがちだが、本作は円谷でも東映でもない、宣弘社によるテレビ番組『シルバー仮面』と『スーパーロボットレッドバロン』をひとつの作品にしてリブートされた映画だ。

 等身大ヒーロー(後に巨大化するが)のシルバー仮面と巨大ロボットのレッドバロンをどうひとつにするのか?しかもこの二つはストーリーの方向性も違っていてシルバー仮面は宇宙人の侵略を世間に告発するが信じてもらえない主人公たちの孤独な闘いで、レッドバロンは世界征服を企む悪の秘密結社に立ち向かう、シルバー仮面に比べればやや単純明快なヒーローものだ。

 『ブレイブストーム』はベースに『シルバー仮面』の物語を置いて『スーパーロボットレッドバロン』をこの物語に絡めていく。2050年、侵略者キルギス星人によって人類が数パーセントしか生き残っていない地球。春日兄弟(シルバー仮面の登場人物)は侵略が始まる以前にタイムスリップして滅亡を回避しようとする。しかしタイムスリップのためのマシンを操作するために長男の光一(春日光一、役と同じ芸名で本作よりデビュー)と長女のひとみ(壇蜜)は2050年の世界に残る。2015年に送り出された次男の光二(大東駿介)、次女・はるか(山本千尋)、三男・光三(タモト青嵐)は科学者・紅健一郎(吉沢悠)に接触し、キルギス星人の侵略に対抗できる巨大ロボットの製作を依頼。その3年後、賭けボクサーに興じる紅健(渡部秀)の前に現れたチグリス星人によって殺されそうになったところを春日兄弟に助けられる。彼らのアジトで3年間行方不明にされていた兄・健一郎と再会した健は3年後に始まるキルギス星人の地球侵略に対抗するため健一郎が開発したロボット、レッドバロンの搭乗者にされたことを告げられる。


 影を背負った春日兄弟のキャラクターはそのままにされながら、紅兄弟のキャラクターは飄々とした兄の健一郎とやさぐれた弟の健というのが現代的で、今の時代に見ても楽しめるミックス具合だ。レッドバロン、ブラックバロンのデザインは現代風の先鋭的で細身のデザインではなく重量感のあるスタイルでスローモーなモーションからヘヴィなパンチを打ち込む。着ぐるみのスタイルでは出しにくい「一撃の重み」を見せるために現代的なスピード感をあえて廃したわけだ。
 シルバースーツを着た大東駿介によるハイスピードバトルに撮影当時はほぼ無名だった山本千尋の太極拳じこみのアクションもあり、81分の上映時間内に「あれも、これも」と盛沢山!ラストにはあっと驚く続きが気になるネタもあって随分贅沢じゃあないですか!

 岡部淳也監督が自己資金調達の末に完成させた『ブレイブストーム』は一般商業作品に負けず劣らずの力作で巨大ロボット特撮モノのジャンルに文字通りの勇ましい嵐を巻き起こした。


  


Posted by 縛りやトーマス at 01:04Comments(0)映画特撮・ヒーロー

2017年11月15日

忍びなれども忍ばないエロス

 今週の週刊プレイボーイに『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のモモニンジャーでおなじみ、山谷花純の大胆グラビアが掲載されたよニンニン。

「見せたいもの、見せてあげる。」山谷花純、大胆露出セクシーショットを披露!
https://qetic.jp/art-culture/kasumin-171114/268526/




山谷花純‏ @minmin12344

情報解禁されたのでお知らせします。明日11/13(月)発売の『週刊プレイボーイ』でグラビアをやらせていただきました。テーマは、『見たいもの、見せてあげる。』タイトルと紙面の文を私が担当させてもらいました。見た人に何か届くといいな。お近くのコンビニまたは書店にて。

https://twitter.com/minmin12344/status/929556594152554496

 タイトル、紙面の文章を自ら手掛けるほどの決意の表れに読者の忍タリティも上がりっぱなしです。



 そして尻がエロ過ぎ。ニンニンジャーでは大人の事情で見せられなかった過剰露出で忍びなれども忍ばないエロスが大解放。いくらなんでも日曜の朝からこれを放送するわけにはいかなかったようだ。
 こういうものはなるべく若いうちから目に入るようにしておいて、道を誤る子供たちを大量に生産しておくべきだと思います!ニチアサキッズよ親の目を盗んで週プレを買え!もしくは週プレnetにアクセス!


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:21Comments(0)特撮・ヒーロー

2017年11月10日

わたしの乳は暴れん坊

 ニチアサで好評放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』で森の妖精・エリス役で人気爆発中の彩川ひなのちゃんがグラビアの殿堂・週刊プレイボーイでインタビューを受けたぞ。

“森の精霊エリス”で話題の彩川ひなのは素顔もファンタジー?「生身の男性には興味ないんです」
http://wpb.shueisha.co.jp/2017/11/05/94349/


 ちなみに彼女はグラビアでも人気爆発中だ。



 キュウレンジャーでは色気もへったくれもない、子供番組向けの明るさを爆発させたキャラクターなのでまったく気づかなかったが、めっちゃエロいやんけ!なんだこの下乳は!!本人自ら「暴れん坊」と呼ぶだけのことはある乳。さらに尻もいいのでもはやいいところしか見つからない!
 『ドキッ!水着だらけのキュータマ祭り』の開催を期待します。メインはラプターちゃんで。

  


Posted by 縛りやトーマス at 20:22Comments(0)特撮・ヒーロー

2017年10月26日

マイナス面をプラス面が補った過激アクション『亜人』



 good!アフタヌーン誌にて連載中の人気漫画の実写化。死んでもすぐに蘇り、「死ぬことができない」“亜人”が世界の各地で確認され、日本でも研修医の永井圭(佐藤健)が国内3人目の亜人として認定される。亜人は政府の保護を受けているとされていたが、研究所に運び込まれた永井を待っていたのは終わることのない人体実験の日々であった。本院の意思を無視して体中を切断され、反応が薄まると殺されて「リセット」されてまた人体実験が再開する…
 地獄のような日々に終わりを告げたのは研究所に突入したテロリスト、佐藤(綾野剛)であった。佐藤は国内最初の亜人であり、政府による人体実験を告発するため永井を救いにやって来た。決して死なない佐藤の前に研究所書院たちはなすすべなく殺されていく。躊躇もせず殺人を繰り広げる佐藤を恐れた永井は「一緒に戦おう」という佐藤の誘いを断って研究所を脱出、病気で入院中の妹、慧理子(浜辺美波)の元へ。その頃、佐藤は亜人二号の田中(城田優)とともに政府が隠匿してきた亜人への人体実験を告発し、亜人の保護を求めて記者会見を行うが、真の目的は亜人が普通の人間の上に君臨する支配権の確立であった。


 『進撃の巨人』『東京喰種』のような異常な生物と人間が戦う、漫画界で(特に講談社)最近流行りのテーマの実写映像化であるが、この手の実写企画がことごとく失敗しているのは原作ファンに気を使い過ぎて原作を再現するだけで精一杯だったり、原作から逸脱しすぎてわけのわからないことになっているか、どっちかなんですが、この『亜人』はこの手の漫画実写でありがちな原作の世界観を説明する時間をぶった切っている。序盤も永井という主人公の日常が亜人になってしまうことで崩れ去っていく、というシーンから始まるであろうはずが、すでに研究所で実験されているシーンから始まっている。
 佐藤ら反政府の亜人たちや、亜人の研究を指示する戸崎(玉山鉄二)や彼の部下でありながら実は亜人という下村泉(川栄李奈)という人物のバックボーンなどはまったく描かれない。説明を極端に省いているので少々理解に苦しむ展開が出てくるのだが、その分をアクションに費やしており、実にスピード感のある物語になっている。
 『るろうに剣心』『HiGH&LOW THE MOVIE』などを担当したA-TRIBEによる地面を高速で滑りゆくワイヤーアクションなどは目を見張る出来で、邦画のアクション描写は確実にレベルアップしている。特に川栄李奈が城田優に蹴り飛ばされたり、階段を生身で転がってゆく場面は相当体を張っていてそこらへんのヘナチョコ邦画では歯が立たない。

 佐藤健、綾野剛、玉山鉄二、千葉雄大、山田裕貴といったニチアサ系の俳優たちが邦画アクションの大作を背負っているというのも、特撮クラスタにしては嬉しい限り。

 説明不足の物語というマイナス部分を激しいアクションがプラスにして補っている実写『亜人』。アクションだけで金が取れる邦画の誕生です。

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:32Comments(0)映画特撮・ヒーロー

2017年10月18日

ドス竜の再来なるか

 12月に公開される仮面ライダー映画最新作『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』は仮面ライダーオーズ~仮面ライダービルドまでのライダーを演じた役者が勢ぞろいで登場することで話題になってますが、さらに敵のライダーを大槻ケンヂが演じるとのこと。

大槻ケンヂ、平成レジェンドライダーと対決!劇場版『仮面ライダー』懐かしキャラも復活!
https://www.cinematoday.jp/news/N0095388



『電人ザボーガー』の悪之宮博士ばりの顔を半分覆ったマスクで悪役らしさをギンギンに出しているオーケン。なんと劇場用映画出演は男の墓場プロダクションの『怪奇!!幽霊スナック殴り込み』以来11年ぶり!って誰も覚えてねえよそんなもん!
 オーケンが演じるのは最凶のライダー(毎年似たようなこといってるけど)、カイザーだが、ここはドス竜を演じた経験を生かして最強の忍者ライダーとして登場して欲しかったが『劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』に忍者ライダー出しちゃったからなぁ~残念。

 にしてもオーケン、ゲスト出演とはいえそれなりに出番も多そうなのに大丈夫か?演技の方は!? 『空想科学任侠伝 極道忍者ドス竜』の主演に懲りた上、実写業界特有の「朝5時、高尾駅に集合」などの早出に耐えられず役者業は廃業したはずじゃなかったのか?絶対今回の映画でも「早朝にSSA前に集合」などの早出があったと思うのだけど。
 さてこれが大当たりして石橋凌のように魂焦がすのか、ドス竜ばりのトンデモ怪優として踊るダメ人間になるのか、こうご期待(多分後者)。


  


Posted by 縛りやトーマス at 20:59Comments(0)映画特撮・ヒーロー大槻ケンヂ関連

2017年08月23日

サンのサン

 スマホゲーム『アナザーエデン』のTVCM男性編に出演してる眉の太いお兄ちゃん、柿本幸太郎があの仮面ライダーBLACK、倉田てつをの息子と聞いてビックリ。ブラックサンのサンとは…





 正面から見ると顔めっちゃ似てるなー。役者をやっていて、まだドラマや映画の名もない端役ばかりだが、今後特撮番組とか出てこないかな。ライダーではなくあえてスーパー戦隊の方を目指してみるとか。もちろんカラーはブラックだ。そして時空を超えて共演だ。

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:06Comments(0)ゲーム特撮・ヒーロー

2017年08月02日

ガルパンライダー、カエルの散歩、そして忍者

 9月からの新番組、『仮面ライダービルド』の制作発表が行われ、スタッフ、キャストが発表。

http://www.tv-asahi.co.jp/build/index.html#/%E5%88%B6%E4%BD%9C%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88?category=anime


 『ウルトラマンギンガS』にUPG隊員としてレギュラー出演していた滝裕可里がキャストされており、ウルトラマンと仮面ライダーを制覇する形に。あとはスーパー戦隊だな。
 そしてもう一人のヒロインとして登場する石動美空役の高田夏帆。『王様のブランチ』のブランチレポーターとして出演中らしいが、関西方面ではオンエアされてないのでそんなこと言われても見たことないからわからない。プロフをチェックすると

2014年 第31回全日本忍者選手権大会優勝
寝る前にすること カエルの散歩


 という個性的なデータが・・・忍者選手権大会優勝…?検索すると以下のサイトが

http://koka.ninpou.jp/contest/top.html


 手裏剣の術、塀飛びの術、石垣登りの術・塀越えの術、水上走りの術、水蜘蛛の術の5ステージをクリアして、総合点で決めるらしいが、なぜ参加した。しかも優勝してるし。2014年というからには、おそらく『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のオーディションを受ける一環として出場したのかも、などと想像。残念ながらオーディションは落選しましたが…
 それはともかく、カエルの散歩って…カエル飼ってるの?(タマちゃん、ピーちゃんの二匹飼ってるとのこと)

『仮面ライダービルド』新ヒロインは全日本忍者選手権優勝のブランチリポーター高田夏帆 - 劇中で「忍者にはなりません」
http://news.mynavi.jp/articles/2017/08/02/kamenrider/

 で、カエルって散歩させる必要あるの?寝る前にすることなの??なんだか異形の闇を背負ってるようなプロフに、清水富美加がダブって見えなくもない。ベストマッチ!?頼むから撮影現場からはタクシーで帰ってね!


 主人公の名前が「戦兎」でビルドのデフォルトは「ラビットタンク」、戦車に兎ってガルパン??うさぎさんチーム?




  


Posted by 縛りやトーマス at 22:05Comments(0)特撮・ヒーローテレビ