2019年01月03日

覚えていれば、存在するヒーロー『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』



※文中に『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』のネタバレについて書かれています。気になる人は映画本編を見てから読んでください。


 最新作のジオウ、前作のビルドが共演するクロスオーバー作品であり、歴代ライダーも出演する、「平成最後の仮面ライダー映画」という位置づけにふさわしいオールスター映画だ。「仮面ライダーはテレビの中の存在で、虚構の存在なんだ!というあまりに衝撃的な内容である。
 仮面ライダージオウ・常盤ソウゴ(奥野壮)と仮面ライダービルド・桐生戦兎(犬飼貴丈)、それぞれの世界で仲間たちの記憶が改変され、失われていく。それはすべての記憶を消し去って自らが唯一のライダーとして君臨しようとするスーパータイムジャッカー・ティード(大東駿介)の企みであった。ティードは正体不明の少年、シンゴ(斎藤汰鷹)を追っており、ソウゴと仮面ライダーゲイツ・明光院ゲイツ(押田岳)は戦いに巻き込まれるが、そんな彼らに一般人たちが声援を送り、スマホのカメラを向け始める。二人の戦いはまるで遊園地のヒーローショーのように周りからみられていた。戦いの場に居合わせた高校生・アタル(福崎那由他)からもアトラクションのショーと勘違いされる。新世界からやってきた戦兎たちと合流する中で仲間たちの記憶が消え始める。やがてティードに洗脳された戦兎が敵に回る中、この世界では仮面ライダーが実在しない、「テレビの中のヒーロー」にされていることを知る。


 仮面ライダーが虚構の存在、という禁断の果実に手を出した内容。その世界をつくるきっかけになる高校生・アタルにはかつて行方不明になった兄がいて、家族がずっといなくなった兄のことばかりを気にかけていて、テレビで活躍する仮面ライダーが助けに来てくれたらいいのに、という思いをずっと抱いていたが、それは叶わない。仮面ライダーはテレビの中で活躍しても、現実世界の悩みを解決してくれるわけではない。というかなりきわどいテーマに挑んでいて、ライダー、特撮オタクのみなさんは痛いところを突かれてしまって、映画を観に行っても嫌な気持ちにさせられるのではないかと思ってた。そんな「現実に帰れ!」とか「気持ち悪い!」とか僕たち言われたくないんですけど!

 あの9.11テロの時にマーベルコミックのヒーローが倒壊するワールド・トレード・センタービルから人々を助け出したように、この映画は記憶を失っていく仲間たちを見ながらも、宣言する。「覚えてさえいれば、ライダーは存在する」と。映画『リメンバー・ミー』で死んだ人はあの世で元気に生きているが、現世の人たちが死んだ人のことを忘れた時に本当の死を迎えるように、記憶さえ消えなければライダーは本当のヒーローとして存在する。
 そう宣言するのが仮面ライダービルド・桐生戦兎というところがツボで、彼は本編でも存在自体があやふやな男で、彼が自身のアイデンティティを確立するまでの間、ずっと悩み続け、戦いにも迷い、敗れ続ける。それが今回の映画では不確かな存在に悩む仮面ライダージオウ・常盤ソウゴに「俺は俺で、ここに確かに存在する」とビルド本編の悩み続ける姿がウソのように堂々たる姿を見せつけるのだった。しかも雨の中で…(ビルド本編を見ていた人は「雨の中の桐生戦兎」が彼にとってあまりいい思い出のないシーンばかりだったことを記憶していると思われるが、それだけに感動もまたひとしおの場面になっている)


 さらに映画本編最大の盛り上がりを見せるポイントとなっている、仮面ライダー電王・野上良太郎を演じる佐藤健は役10年ぶりに同役を演じたわけだが、佐藤がライダー出演後、あまりに売れっ子になってしまい番組終了後も次々作られる映画版に出られなくなったので別の役者を使う羽目になってしまい、佐藤は電王には出ないのか?と言われてた。まさに存在自体が忘れ去られるというか、なかったことにされかけていて、そんな彼が再登場したのは「覚えてさえいれば、ライダーは存在する」というテーマともぴったり。
 現実の世界が辛くて虚構の中の世界に逃げ込んだ人物が、虚構の中の世界で救われたからこそ現実の世界でも救われたというのは『SSSS.GRIDMAN』にも相通じるものがあり、僕たち(誰よ)も救われた。

  


Posted by 縛りやトーマス at 20:35Comments(0)映画特撮・ヒーローオタク

2018年12月24日

祝え、新たな桃色王の誕生を

 大晦日に放送されるAbemaTVのももクロ年越しカウントダウンライブ「第2回 ももいろ歌合戦」に仮面ライダージオウの出演が決定!



 気志團万博では宇宙刑事シャリバンと共演していたももクロが、今度は仮面ライダージオウと共演だ。ジオウといえば公開された劇場版映画の舞台挨拶でウォズ役の渡邊圭祐が劇中の決め台詞をとちって話題に。

『ジオウ』ウォズ役・渡邊圭祐、決めせりふ「祝え!」で噛む
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4435613

 そしてももクロ・百田夏菜子も、2015年の『ゆく桃くる桃』で「2016年もよろしく~」というところを「2015年」と言い間違えてしまったり、2017年では昭和プロの演歌歌手、塩乃華織さんへのメッセージとして同事務所の浜村淳、キダ・タローの応援Vに振ろうとしたときも「関西の珍獣の方からのメッセージが・・・」とやってしまうドジをかましてました。重鎮だよ、重鎮!そりゃ確かにキダ・タローさんは珍獣かも知れないけど…
 今年も夏菜子はドジるのか!?大晦日にこうご期待です。今年はその塩乃さん、ジオウをはじめ大原櫻子T-BOLANBOYS AND MENといった初出場組の他には久しぶりの共演となる東京女子流、妹分のたこやきレインボーモー娘。OGの矢口真里&藤本美貴といったアイドル組も顔を連ね、スタァライト九九組ヒプノシスマイクが声優界からの刺客としてあらわれ、南国ピーナッツこと松崎しげるも満を持しての登場するので控え目に言って紅白歌合戦よりすごい!!大晦日はAbemaTVを見るしかない!



  


Posted by 縛りやトーマス at 23:53Comments(0)特撮・ヒーローももいろクローバーネット

2018年12月23日

スーパー戦隊最強バトルに出る人は誰だ

 2018年のスーパー戦隊、ルパンレンジャーVSパトレンジャーもいよいよクライマックスを迎えようとしており、来年の新戦隊にも期待が高まってますが、予想外の新番組が始まる模様。

4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!
https://www.tv-asahi.co.jp/saikyo-battle/#/?category=anime

>子どもから大人にまで、40年以上にわたって幅広い層に愛されてきた
『スーパー戦隊シリーズ』が、初の4週連続スペシャルでの放送を実施!
歴代スーパー戦隊から選ばれた5人の戦士!今回限りのドリームチームを結成!
平成最後にスーパー戦隊最大の“お祭り”最強バトルを展開します!!




 なんと歴代戦隊ヒーローが5人一組のチームとなって最強決戦という、どこのダイスオーなんだ?メインで登場するのは『動物戦隊ジュウオウジャー』のジュウオウイーグル、『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイレッド、『宇宙戦隊キュウレンジャー』のサソリオレンジ、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のアカニンジャー、『烈車戦隊トッキュウジャー』のトッキュウ5号。他の戦隊メンバーも出ることをにおわせているので、誰が出るんだろう?
 出てくれそうな感じがするのは、まずスケジュール調整ができる人。東映特撮現場では「来週撮るから来て」みたいな突然の呼び出しがよくあるそうで、スケジュール調整ができずに泣く泣く出演を断念するケースが多いという。なので余裕のある人、ギャラ面で融通の利く人…そしてこの仕事が好きで好きでたまらない人かな。

 その三つの条件にハマる人といえば、『忍風戦隊ハリケンジャー』のハリケンブルー・長澤奈央(2008年に13本もの映画に出て「日本一忙しい女優」と呼ばれてたので、よっぽど仕事好きなんだとしか思えない!)。スーパー戦隊親善大使の松本寛也(マジレンジャー、ゴーバスターズ)も出ないとウソでしょ!あと『特捜戦隊デカレンジャー』のデカブルー・林剛史がGロッソでやってるルパパトショーを突然観に行ってるのですが、これもスーパー戦隊最強バトルに出る前振りか?脚本の荒川稔久、監督の坂本浩一はデカレンジャーのコンビなのでデカレン組全員出てくれるかな?
 昭和のレジェンド組は出てくれるのか微妙だけど、売りとして「あの人も出ています!」というのが一人か二人は欲しいのでライブマンから嶋大輔あたり、頼んだら出てくれるんじゃない?

 夢と期待が膨らむスーパー戦隊最強バトル!!は2月17日9:30~から放送開始!

  


Posted by 縛りやトーマス at 03:51Comments(0)特撮・ヒーローテレビ

2018年12月01日

闇医者よどこへ行く

 仮面ライダーエグゼイドの無免許医・花家大我でおなじみの松本享恭さんが突然姿を消したぞ。

ライダー俳優・松本享恭、事務所と「契約満了」 公式ツイッターは突如消滅
https://www.j-cast.com/2018/11/26344580.html

 単に契約更新されなかったというだけなんだろうけど、あまりにも突然でわけがわからないよ。エグゼイド番組終了後の今年はテレビドラマ、映画などにコンスタントに出続け、主演作もあったというのに契約更新されない理由って何?所属事務所のトップコートは松坂桃李、菅田将暉など特撮出身者もいるのに…

 大手事務所の縛りがなくなったのなら、特撮ジャングルとか気軽に出てくれないかなー。
 今のところ、僕が最後に観たのは『パパはわるものチャンピオン』の記者役です。



  


Posted by 縛りやトーマス at 22:28Comments(0)特撮・ヒーロー

2018年11月23日

乾巧ってやつのせいなんだ!

 2018年も終わりを告げようかというこの時期、世間を騒がす事件勃発。

こども園に不審物 不審物の中は...
https://www.fnn.jp/posts/00406019CX

 宇都宮の認定こども園の駐車場に「不審なものがある」が110番通報。爆発物処理班が直ちに出動すると、駐車場には黒色の布製トートバック。中にはジュラルミンケース。あやしい!
 爆発物処理班は近所の河川にジュラルミンケースを運び、開けると中からは…

 おもちゃの仮面ライダーの変身ベルトだった

 おもちゃのベルトって…わざわざ処理班まで出てきて…まさに大山鳴動して鼠一匹。いやバッタ一匹。ニュースでは「おもちゃの仮面ライダーベルト」としか報道されてなかったのですが、ジュラルミンケースの中に入ってるベルトといえば…仮面ライダーファイズのファイズギアかな…こども園の駐車場になんか置いて、世間を騒がせるとは…乾巧ってやつのせいなんだ!


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:21Comments(0)特撮・ヒーローおもちゃ

2018年11月19日

今日もどこかで阿久悠

 作詞家・阿久悠が手掛けたアニソン、特ソンから厳選した50曲のコンピレーションアルバム『誰もが勇気を忘れちゃいけない 〜大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた〜』が発売される。

阿久悠がアニメや特撮など子どもたちのために書いた歌50曲を収めた2CDコンピ発売決定
http://amass.jp/113531/




 アルバム名はウルトラマンレオの主題歌からである。



 他にも「君はどうする 君はどうするか 君は じゅうりんされて 黙っているか」「たのむ たのむ たのむマッハバロン」でおなじみの『マッハバロン』、「そうさ この世のどぶさらい悪にゃめっぽう強いやつとばすマシーンのシルバーが暗い闇夜をひきさいた」の『ワイルドセブン』をはじめ、ウルトラマンレオやファイヤーマンの主題歌といった追い詰められてもうあとがない、といった絶望的な状況からヒーローが登場して希望になるといったメッセージ性の強い阿久悠の歌詞が楽しめるラインナップがズラリ。
 「デビルチョップはパンチ力」という不可解な歌詞の『デビルマンのうた』、「 ため息つく程イキじゃない 拍手をする程働かない 子供の夢にも出て来ない 大人が懐かしがることもない」と自虐を突き付けつつ、「だからと云って駄目じゃない」「結構いいとこあるんだぜ」とこれまた希望を見せてくれる『宇宙船サジタリウス』の『スターダストボーイズ』も収録。映画『伊賀野カバ丸』の主題歌、『青春丸かじり』も初CD化の嬉しい二枚組は12月19日発売ですよ。



  


Posted by 縛りやトーマス at 21:44Comments(0)アニメ特撮・ヒーロー音楽

2018年11月18日

怪奇大作戦、初のブルーレイ化 封印は解かれるのか

 2019年3月に円谷プロの『怪奇大作戦』が東映ビデオより初のブルーレイ化、BOX発売される。

https://www.toei-video.co.jp/special/kaiki-bd/

 オリジナルの16㎜ネガから新たにHDテレシネ化したHDリマスター映像で収録。特典ディスクにはスタッフインタビュー、8月に行われた放送50周年記念トークショーの映像など。本編には各話の台本が収録されるという。Amazon限定版には怪人カード11枚が付いてくる、ファン垂涎のアイテムだ。



 そして怪奇大作戦の映像ソフトといえばみんなが待望の、欠番となった24話『狂鬼人間』の封印解禁があるのかどうか?だが、予想通りというか残念ながら今回も解禁は見送られる形に。どうしても見たい人はプレミア価格のLDを買うか、ネットで探しましょうね。





 24話『狂鬼人間』は同じ円谷プロで封印されているウルトラセブン12話『遊星より愛をこめて』と違い、どこから抗議が来て封印に至ったかの理由が現在でも判明せず、あくまで自主規制によるものなので円谷プロ側が解禁したいと思えばできるはず(でなければ余程、封印を解除したくない理由があるのだろう)。もう50年も経ってるのだし、封印解禁して欲しかったが、またの機会に譲ろう。




  


Posted by 縛りやトーマス at 22:09Comments(0)特撮・ヒーロー

2018年11月08日

ニチアサ役者の青春映画『走れ!T高バスケット部』



 弱小バスケットボール部に強豪校からの転校生がやってきて「これで全国に行けるぜ!」と俄かに盛り上がるが、転校生はある理由からバスケットを遠ざけていた…という最近では『ガールズ&パンツァー』でもおなじみの展開、王道スポーツ青春モノ。ちょっと、最近ではありえないぐらいのまっすぐ青春映画だ。


 主人公、田所陽一はバスケの強豪・白瑞高校のレギュラーだったがいじめにあっているチームメイトをかばったために今度は自分がいじめのターゲットにされてしまう。しかもかばった部員までもがいじめに加担していた!それって『HUGっと!プリキュア』と同じ話じゃないか!はなちゃんと陽一は同じだよ!めちょっく!陽一は自主退学を選び転校することに(これも同じ!)。転校先の多田野高校で勉強漬けの日々を送る陽一。しかしバスケット部の部員たちが陽一が元・白瑞バスケット部と聞いて勧誘に。多田野高バスケ部は白瑞とくらべものにならない弱小で、ただの学校イコールT高と呼ばれるぐらい。キャプテンの矢島俊介はやる気も実力もあるが他は…
「もうバスケはやらない」
 と誘いを断る陽一だが、3年の引退試合にふがいないプレーをする部員たちにくやしさのあまり憤慨するマネージャーの浩子や英会話教室で出会った謎の黒人教師との1on1を通じてバスケットの楽しさを思い出す。
「彼らとなら白瑞とは違う本当に楽しいバスケができる」
 晴れてT高バスケ部に入った陽一の影響でやる気のなかった部員たちも真剣にバスケに打ち込むように。ウインターカップ出場という目標を掲げ合宿を開始。しかし図体はでかいが気の弱すぎる部員を他の部員たちがふざけていじめているのを見てしまう陽一。蘇る白瑞時代のトラウマ!転校してもいじめはなくならないのか!?

「お前ら、やめろよ!」

 そのいじめをやめさせたのはキャプテンの俊介だった!

「俺はそういうの、一番嫌いだ!」

 俺…この学校でバスケ部には入れてよかった!白瑞とは違うんだ!結束を高めた仲間たちはウインターカップ制覇に向け突き進むが、彼らの前に立ちはだかるのは当然のごとく強豪・白瑞。いじめたやつらもいじめを訴えたが知らんぷりして責任逃れの発言に終始していた校長・教師・監督たちもまったく反省していなかった!(これだから…)
 彼らに復讐するのではなく、自分たちが目指す「楽しいバスケ」をやろうと決意するT高バスケ部だが、俊介たちが白瑞バスケ部と小競り合いを起こし、逃げる途中で俊介は車に撥ねられた!どうするT高バスケ部!


 いじめをするやつや、それを見てみぬフリする連中は心の底から腐っており、それに純粋な気持ちで立ち向かうT高バスケ部は洗練潔白な絶対の正義であるという善悪がはっきり分かれている。技術のあるなしよりも仲間の団結が勝利のカギになるという展開には若干疑問を覚えなくもないが、それは問題ではない。なにしろ役者陣の多くが東映のニチアサ、スーパー戦隊や仮面ライダーに出演した面子なのだ。

・志尊淳(列車戦隊トッキュウジャー)
・戸塚純貴(仮面ライダーウィザード)
・西銘駿(仮面ライダーゴースト)
・鈴木勝大(特命戦隊ゴーバスターズ)

 さらにゲスト出演が
・千葉雄大(天装戦隊ゴセイジャー)
・竹内涼真(仮面ライダードライブ)

 こんな豪華な面子をそろえられたのはテレ朝のニチアサ担当プロデューサー、佐々木基が企画に関わったからだが、毎週日曜朝に仲間を想う気持ちや団結の素晴らしさを説いている佐々木プロデューサーだからこそ、善悪のはっきりした映画にはスーパーヒーロー出身役者でなければならない…!と思ったに違いない!
 ヒロインであるマネージャー(早見あかり!)との恋愛も言い訳程度に挟まれてるけど、本当に大事なのはそこではない。イケメンたちの汗ほとばしる爽やかな友情こそが大事な要素なのだ。あといじめをする人間は心身ともに腐りきった最低の人間たちであるという真理もスポーツ界のパワハラがまかり通る現代には痛切なメッセージとして観客に届くはずだ。

 ところであの英会話教室の黒人先生はなんだったんだ?あとで会いに行ったら「そんな人は初めからいない」とか!なんなの?

  


Posted by 縛りやトーマス at 02:07Comments(0)映画特撮・ヒーロー

2018年11月01日

響鬼さん帰ってくるぞ!

 放送12周年!『仮面ライダー響鬼』がブルーレイBOX化!

「仮面ライダー響鬼」ブルーレイ化!細川茂樹の新規インタビューも
https://www.cinematoday.jp/news/N0104599

 これまでの世界観を一新し、斬新すぎるデザインと中盤からの突然な路線変更に戸惑う視聴者も生まれ、未だに忘れがたい一作であることは間違いなくこの機会にぜひ見てほしい。主演の細川茂樹が前事務所とのトラブルがあったり、二号ライダーポジションの渋江譲二が突然AVソムリエに転身したことは本編の路線変更より驚いた!秋山奈々がレイヤーとして活躍中だったり(そして二児の母!)、森絵梨佳ちゃんが子供産んでたりとか役者陣のその後にもいろいろあって話すことが尽きないな(本編について話せや)
 すでに芸能界を引退した栩原楽人くんのインタビューもぜひ入れてほしい。BOXは来年発売だ。




  


Posted by 縛りやトーマス at 08:46Comments(0)特撮・ヒーロー

2018年10月05日

周平は考え直さない『純平、考え直せ』



 今年のワールドカップ、日本代表のポーランド戦における消極的かつショッパイ試合を見てしたり顔のサッカーマニアな芸能人が代表のショッパさに理解を示す一方、こんな試合はないわーと否定的な見方をしていたのが足立梨花と野村周平。同調圧力によって謝罪させられましたが野村周平、いい奴だなと思った。そんな彼の主演作。


 歌舞伎町で組の下っ端としてこきつかわれる坂本純平(野村)は「本物の男」になるべく弱気を助け強気をくじく、今どきありえない男だ。組長(大谷亮介)から鉄砲玉になれと命じられ一丁の拳銃と支度金、決行日まで三日間の猶予が与えられる。その間に思い残すことがないよう過ごせということだ。純平はなじみのバーから依頼を受けて悪徳不動産屋から金を回収、その様子を見ていた従業員の加奈(柳ゆり菜)は時代錯誤ながら一途な純平に惚れて三日間を共に過ごす。純平とずっと一緒にいたい加奈は鉄砲玉などやめるよう説得するが純平は止まらない。加奈はSNSに「ヤクザの彼氏が鉄砲玉になるのでやめさせたいのだがどうすればいい?」書き込んで相談。SNS上は無責任なコメントであふれるが次第に純平の生き様に惚れた人たちは彼のことを本気で心配しはじめる…


 野村演じる純平の行動がSNS上で炎上するという偶然にしてはタイムリーすぎる話!ポーランド戦後の野村は本当に純平になった!と興奮していたに違いない。現実では同調圧力の前に折り合いをつけた野村だが映画ではスマホも持たない男なので騒ぎそのものを知らない。いつもコインランドリーにいる売り専のゲイボーイ(佐野岳)から「あんた話題になってるよ」と言われても気にしない。純平は組や出世だけが目的の兄貴分に利用されているだけで、事実を同期の下っ端(戸塚純貴)から教えられても彼は止まらない。純平は考え直さない!
 野村以外の人間がやっても嘘くさいの一言で済まされるが、実際に炎上した野村だからこそ今時な男が演じられたとしか思えない!そんな彼に心を寄せたために髪を切られて強姦されるヒロインを堂々演じた柳ゆり菜の熱演も素晴らしく、軽い気持ちでSNSに書き込む程度の決意では火傷する映画である。

 佐野岳、戸塚純貴をはじめ森田涼花、佐藤祐基といった特撮系役者が脇を固めているところもニチアサおじさんたちは注目だ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:14Comments(0)映画特撮・ヒーロー芸能人ヌード