2019年01月12日

山口真帆を守ろうぜ

 NGT48の山口真帆が暴行事件に巻き込まれ、しかも暴行犯たちに山口の住所を教え、犯行をそそのかしたのが同グループのメンバーだったのではないか?ということからネットが大騒ぎになっている一件ですが、このニュースはNHKニュースを皮切りに、フジテレビ、日テレなども報道するようになって一般世間にすら浸透し始めています。

 去る10日にはNGT48三周年記念公演が行われ、渦中の人物である山口真帆本人は途中から参加し、騒動についてもコメントしました。

暴行被害告白のNGT山口真帆、3周年記念公演に参加「たくさんお騒がせして…」ファンどよめき後に大歓声
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/10/kiji/20190110s00041000265000c.html

>パフォーマンス後に「ありがとうございます。この度はたくさんお騒がせして申し訳ありません」とあいさつ。「先日お伝えしたように、私にも守りたいものがあり、このような形での発信となり、お世話になった方たちにも迷惑を掛けてしまいました。AKSとの方とも話し合いをしました。これをきっかけにNGTが新しい方向に向かっていけるように、私もチームGの副キャプテンとして頑張ります。NGTを引き続きよろしくお願いします」と語ってから深々と頭を下げた。

 この一件で被害者のはずの山口が謝罪気味のコメントをさせられるって意味がわからないよ…責任者であるはずの今村支配人は姿すら見せず、現在もノーコメントなのです。公演終了後には公式が今回の一件についてコメントを(ようやく)出しました。

https://ngt48.jp/news/detail/100003058

 ファンを名乗る男性2名が警察に逮捕、実行犯ではないがこの事件に関与したファンの男1名も運営側で把握している、実行犯とメンバーの関係性についてはメンバーの一名が帰宅時に男から声を掛けられ、自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を教えてしまったことを運営側は確認、3名については公演、握手会などに一切参加できなくしている、などの公式発表があり、今後の対策として各メンバーに防犯ベルを持たせるなどをすると、合わせて発表。

 この公式発表にネットでは更なる批判と追及が寄せられることに。「メンバーの一名が帰宅時に男から声を掛けられ、自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を教えてしまった」というコメントには「状況が不可解」であるというツッコミが。山口の告発ではメンバーと繋がっている(メンバーがファンとプライベートな関係を持つ、の意)男に山口の自宅住所を教えたばかりでなく、マンションのほかのメンバーが住んでいる部屋から男が出てきた、ということだったのに、運営の公式コメントでは道端で会ったファンに山口が帰宅する時間を教えたことになっているじゃないか。たったそれだけでマンションの部屋番号まで知ることは不可能。それに「メンバーの部屋から男がでてきた」という証言と整合性が取れないではありませんか。
 対策として防犯ベルを持たせるというのも、変な話。この事件はメンバーが暴行犯に住所を教えて犯行をそそのかした(とされる)計画的な傷害事件なんだから、防犯ベルなんか持たせたって意味ないんだけど。どうやら運営はこれがメンバー同士のいざこざから生じた計画的な傷害事件として扱われたくなくて、「ファンの暴走」として幕を引きたいのだろうか。告発直後に暴行事件のことを報道した日刊スポーツの記事では

山口真帆の暴行被害、他のメンバー関与は認められず
https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201901090000739.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

>メンバーの関与を指摘するツイートもしていたが、警察が男らのSNSや通話履歴を調べた結果、メンバーの関与は認められなかったという。

 日刊スポーツはAKB新聞の発行元。なるほど


 これらの流れから山口寄りの姿勢であるネット民たちは「もうマスゴミと運営は信用できない」とNGT48劇場支配人・今村の解任を要求する署名を集め始め、さらに独自の捜査網による新事実の発覚に努めており、現状判明したとされる真相

・NGT48メンバーの多くが住むマンションが一部の素行の悪いメンバーによって男を連れ込むヤリ部屋と化している
山口真帆はそれらの素行不良メンバーによる行為を非難していた
・素行不良メンバーはそれを逆恨みして、連れ込んでいる男に山口を襲撃させる
・事件当時、マンションの廊下で騒ぎになったため、他のメンバー、スタッフらが駆け付け事なきを得る
・警察の聴取により素行不良メンバーの関与が発覚、今村支配人に報告。今村は対処すると約束
暴行犯の背後に、あるファンの男Aがおり、Aは今村支配人と仲の良い厄介ヲタである。メンバーの住所を売る、ストーキングするならどの行為で知られているが、今村と特別な関係であることからライブ最前の特等席を与えられている。
・このAや素行不良メンバーには何のお咎めもなく、今村は何の対応もしないままだった。この対応に不審を抱いた山口がSHOWROOMで告発
・素行不良メンバーのひとりで暴行犯をそそのかしたとされるメンバーBが山口を煽るようなコメントにリプライする
・劇場3周年記念スペシャルの途中から山口が参加。コメントを出す
素行不良メンバーのひとりとされるメンバーのインスタグラムの投稿にNGT48・菅原りこが「いいね」を押す。菅原は山口と仲のいいメンバー
・3周年記念イベントを山口、菅原、メンバーBが欠席

おまけ
・ファンの男Aが真相を暴こうとするまとめサイトの荒らしを2chのコテハン、F9に依頼するが、やりとりをすべて暴かれてしまう


 これらの情報から、ネット上ではマンションがヤリ部屋になっている事実が発覚するとグループ全体の危機になり、自分の管理責任を問われると思った今村支配人が、山口を犠牲にして自己保身に走った、というのが真相だという説が生まれています。
 グループを守りたいがために今村がひとりで問題を背負い込んだ、というのは僕が当初予想した真相なんですが、そこまでして山口と仲の悪いメンバーを守る必要があるのかわからなかった。信憑性はともかくとして、まとめサイトに出ている「真相」とやらを当てはめると確かに不可解な状況や対応が納得できる。意見の中には「今村よりもっと上のAKBの全体的な責任者が真相を闇に葬ろうとしている」なんていうのもありますが、それならNHKニュースをはじめ、各民放に後追い報道までさせないと思います。話題にさせないようにマスコミ対応するはずで、今村支配人ひとりが誰に相談もせず、ひとり背負い込んだからこその騒ぎになってるのだと。ひとりで背負い込む理由はヤリ部屋の実態や、厄介ファンAとの関係を暴かれたくなかったからだとすると、いくらかの説得力はあります。

 これらが真相だとすると、NGT48というのはなんなのでしょう?アイドルグループの名を借りたオフパコサークルじゃないですか。男のメンツも中性ぶったケダモノチン〇野郎ばかりだし。こんな連中に比べたら山口真帆のハレンチハレンチ動画なんてかわいいもんやったんや!!



  


Posted by 縛りやトーマス at 16:12Comments(0)AKB48オタク日本のとんでも事件ネット

2019年01月09日

AKBグループ過去最大級のスキャンダル!NGT48・山口真帆に何があった

 一年間のどうしようもないニュースを集める地下ニュースグランプリ、最近の傾向としてAKBがらみの凄いニュースが全然なくなって、AKBもいよいよ落ち目といった感がしていたのですが、久しぶりに過去最大級のビッグスキャンダルがやってきたぞ!

NGT48 山口真帆さん、号泣しながらNGTの裏側を配信で暴露→BANされてしまう 「なんでこんな怖い目にあわないといけないの?」「今回私は助かったから良かったけど、殺されてたらどうするんだろうって思うし(涙)」
http://chikaidol-matome-fire.com/topik_215/




 あのハレンチ動画でおなじみの(https://matome.naver.jp/odai/2147902947937984001)NGT48・山口真帆が1/9に配信したSHOWROOM配信で号泣しながら命の危険を訴えた。命の危険とは?
 配信の内容をおおまかにまとめると、「NGTに悪い事してる人がいる」「他のグループでは許されないのに何でNGTだけ許されているのか」「NGT劇場支配人はクリーンなNGTにする、悪い事する人間は解雇する、といったのに」「殺されるかもしれない」「モバメ送っても全てストップ」という…
 この配信は突然停止し、その上アカウントがBANされてしまった!ファンが騒然となる中、垢BAN後数時間経ったところで山口真帆はTwitterアカウントを鍵付きにして投稿。その投稿で彼女は

「先月の公演終わりに帰宅時に男二人に襲われ、その男はあるメンバーから(山口の)自宅住所、帰宅時間を教えられ、またあるメンバーは(山口の)家に行け、とそそめかして(ほのめかして、そそのかして、の間違いと思われる)いた、ファンと繋がらなかったら、繋がってるメンバーに個人情報ばらされて、襲われないといけないんですか」
「全部嘘だと思いたいけど真実です。襲われたとき信じられるメンバーに助けを求めました。その子も警察が来るまで犯人の証言を聞いたし、スタッフさんもいました。次々出てくるメンバーの名前にその子も泣いていました。もう真面目に頑張っている子が安心して安全に活動できなくなるのは嫌」


 と、俄かには信じがたい証言の数々にNGTファンでもなんでもないこちらもドン引きです。彼女の証言によると公演終わりに自宅で二人組の男に襲われ、その男たちは他のNGTメンバーから山口の住所を聞き、襲うようにそそのかされたと。しかも一人に襲われてるうちに山口の向かいの部屋からもう一人の男が出てきて、それは他のメンバーの住んでる部屋って…これ、本当の話なの?
 そしてこの報道をNHKニュースが後追い報道しました。

ファン2人がアイドル宅押しかけ
01月09日 11時52分

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190109/0023654.html

「NGT48」メンバーの自宅に男2人が押しかけトラブル 新潟
2019年1月9日 17時40分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772051000.html

NGT48山口さん宅に押しかけ
01月09日 17時42分

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190109/0023676.html

>警察によりますと、先月8日、「NGT48」のメンバー、山口真帆さんの新潟市内にある自宅の玄関先にファンの男2人が押しかけ、帰宅した山口さんの顔をつかむなどしたとして、暴行の疑いで逮捕されました。

>2人はいずれも25歳の無職と男子大学生で、調べに対し「山口さんと話がしたかった。大ごとになるとは思わなかった」と供述する一方、暴行の容疑については否認していたということで、その後、不起訴になり釈放されています。


 詳細な事件の様子が伝わる内容で、何より驚くのはこの二人の男が不起訴になっていること。山口真帆のツイッターでは「他のメンバーにより山口の家にいくようそそのかされた」ことも報道されていません。
 不起訴になったのは山口のツイッターにもある通り、お世話になっている人に迷惑がかかるから、NGTのイメージを傷つけるから、ということでこんな目に遭いながらも被害を訴えなかったのでしょう。NGTの劇場支配人・今村悦朗に相談しても「クリーンなNGTにするって言ったのに。新しいNGTにするって。 悪い事してる奴らだって解雇するって言ってくせに、何も対処してくれてなくて」この通りなしのつぶてだったことがSHOWROOMでの告発につながったと。
 今回の経緯を山口真帆が明かした「事実」+想像でまとめると

・山口真帆がファンと繋がっているメンバーらを注意する
・注意されたメンバーに逆恨みされ、山口の住所、帰宅時間などを犯人の男二人に教えて「家にいけ」とそそのかす
・山口襲われるもなんとか助かり、信じられるメンバー、スタッフを呼んで警察に連絡
・警察が犯人二人を聴取、その場で個人情報を流出させたメンバーの名前を聞き出す
・劇場支配人・今村に訴え、今村は対処すると約束。それを信じて山口は迷惑をかけたくないと、告訴しなかったため、犯人は不起訴に
・ところが今村は何もせず、逆に被害妄想だといわれる
・何もかも信じられなくなった山口がSHOWROOMで告発
・配信を切られ、垢BAN。Twitterを鍵付きにして(現在は鍵なし)連投



 いつもなら報道を隠蔽してしらを切りとおすところですが、NHKが地元新潟、さらに全国区のニュースで報道したことにより。NGT48側も知らぬ存ぜぬはもう、無理でしょう。
 ネットでは犯人の男たちの正体探しと、個人情報を流出させたほかのメンバーの特定をはじめ、あっという間に犯人とメンバーを特定。真実かどうかわからないのでここでは書きませんが、検索したらすぐにでてきます。メンバーの名前がなぜ特定されたのかというと、山口がそのメンバーのTwitterフォローを最近になって外したから…ってそんな安易な!
 さらにNGTは繋がり厨なファンとの集いがあって特定メンバーが気に入らないメンバーの個人情報を流出させてるとかいう情報もあって…このグループなんなの?怖すぎるんだけど!!

 全部妄想じゃないの?という気もするが、以前、元AKBで移籍してNGT入りした荻野由佳が帰宅時に車で連れさられそうになったというのだ。
北朝鮮を連想?NGT48・荻野由佳の誘拐未遂事件が怖すぎる!
https://www.asagei.com/excerpt/110646

 これをテレビバラエティでしゃべっちゃう荻野もどうかと思うけど、これは「個人情報が流出している」事実の裏付けともいえなくない。他にも同じNGTの中井りかや奈良未遥が自宅でSHOWROOM配信中に外からファンがコールを入れる声が聞こえたりとか、どう考えても、流出してるよね。

 今回の一件、ちょっとやそっとで収まるとも思えない。というか収まっちゃだめでしょ…NGTを覆う闇はあまりにも深すぎる。

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:10Comments(0)AKB48オタク日本のとんでも事件ネット

2018年12月23日

元AKBストーカー容疑者の異常な手紙

 元AKBのストーカー、おーにっちゃん容疑者(以下容疑者Oとする)は年明けに判決が出る予定で、今月頭にあった第三回公判では容疑者が常々ネットで主張していたトンデモ発言が繰り返され、本当の〇〇〇〇(現在のコードでは記すことができない表)っているんだなあ、と思い実刑判決まったなしと素人予想するのです。
 僕が彼のことをそれなりに知ったのがネット(5ちゃんねる)のスレッドからなんですが、そこでも常人には理解しがたいトンデモ発言を繰り返して、ねらーたちから暇つぶしにちょうどいいおもちゃだぜ、と弄ばれているのですが、彼は容疑者として拘置所に入れられている今でもおもちゃにされていて、拘置所にいる容疑者Oに会いにいく人まで現れました。彼がどういう意図で会いに行ってるのか理解できませんが、容疑者Oは自分がストーカーでないことを証明してくれる支援者だと受け取って、手紙でのやりとりがスタート。その内容は逐一5ちゃんねるで公開されることに。そこでは容疑者Oが従来の主張を変えずにまるで反省していない様子が伝わってきます。


容疑者からに手紙の一部。もう少し丁寧な字で書こうよ

 容疑者Oは週刊文春で連載中のストーカー被害を受けた女性が裁判で戦った『ストーカーとの700日戦争』でストーカー問題を扱うNPO法人の代表に弁護士を通じてコンタクトを取りたがっているのですが、色よい返事をもらえずにいるので、この支援者(と容疑者が思っている)さんに代表の方の住所を調べられたり、直接コンタクトをとれるのならばお願いできないか、と依頼する始末。
 ストーカーの加害者がストーカーからの被害に苦しむ人を支援している人間に相談ってどういう性格してんだ。この人、文春の連載ちゃんと読んでる?あの連載では容疑者のような自分を悪いと微塵も思っていない人間によって追い詰められる被害者の苦悩の日々が綴られており、700日だから約2年。あんた6年以上だよ。ストーカーとの2000日戦争。
 ストーカーされた元AKBのAさんと同期だったメンバーの父親であるバーのマスターと、まだ連絡取ろうとしてるし。ちなみに容疑者Oが自分はAさんのストーカーではないという証明が、バーで蕎麦を注文した時卵をサービスしてくれたからというもの。常人には理解しがたい。

 容疑者Oはこの手紙をネットに公開してもらうことで自分の現状を伝えれば、さらなる支援者が現れるだろうと考えていて、
「私のことをリアルなプレイヤーとして援助したいと思って頂ける方は必ずいるはずで、そのためにも伝えていただければありがたいです」
 とつづっている。リアルなプレイヤーってなに?現実に馬鹿ってこと?容疑者Oはいつも「自分の現状を伝えれば支援者が必ず現れる」と何年も前から言い続けているものの、実際現れるのは彼をおもちゃにしてやろうという人だけというリアルをいつになったら理解するのでしょう。
 何年も前から自分を警察と公安によって陥れられた哀れな犠牲者だと勘違いしているのですね。確かに哀れではあると思うけど…本人が法廷にまで現れて真実を伝えても「音声変換技術と特殊メイク」による別人だとしているし。自分が特殊メイクみたいな顔してるくせに何言ってんだ。

 とんでもないのがこんな調子の手紙が10枚以上に渡って送られてきて、容疑者Oは被害者のAさんに週に2,3回ファンレターを何十枚にもわたって送っていたそうですが、その異常さを自ら証明しており、この人やっぱりどこかが変だとしか思えませんね。
 さて、このどうしようもない手紙のクライマックスにはものすごいことが書かれてます。え?これ以上まだすごいことがあるの?ってそれがあるんですよ~(失笑)


「私は日立製作所の個人情報保護法違反を訴えて2012年3月、AKBのワシントン公演のついでにニューヨークに行って、ニューヨークタイムズに訴えに行きました。
 さすがにアメリカ、“Hitachi,big Company,Crime!!"とかなんとかいったら話は聞いてもらえました。
その上で「日本の担当者に紹介する」と言われました」


 ここ読んで爆笑した。本当にニューヨークタイムズに訴えたのか?片言の英語で?結局担当者から連絡は来ずに、容疑者Oの方から連絡したが「うちでは扱えないから週刊誌にでも売り込んだら?」といわれたそうです。
 映画『ペンタゴン・ペーパーズ』ではワシントン・ポストより先に膨大な資料を手に入れていたニューヨークタイムズですが、容疑者Oもこういう時にキングジムを持ち込んでいかないと!担当者に紹介するというのも、たらい回しにされただけのような気が…きっとクレイジージャパニーズがやって来た、とかなんとか思われたんでしょうな。大体日本語でも自分の言いたいことがロクに伝わらないのに、片言の英語で伝わるわけがない。

 こんな異常な手紙が送られてきて、支援者(と容疑者Oが思っている)さんもいい迷惑。この手紙が世間に公開されても東名煽り運転の容疑者の出した手紙と同じレベルかそれ以下ですよね。これを見せられてもこの人やっぱりストーカーなんだとしか思えません。支援者は本当に現れるのでしょうか?
  


2018年12月08日

第三回公判

 先日12月7日はあの元アイドルの女優Aさん(裁判では本人感情に判断して匿名扱いしているのでうちもそれに倣います)のストーカー、大西容疑者の第3回公判。



今回は裁判長、検察による被告人質問。大西ヒデブ(ヲチ板で容疑者の外見が『北斗の拳』のハートっぽい、ということからつけられたニックネーム)が肉声で裁判長らに質問されて答えるのです。これまで二回の公判では一言も話すことができず、弁護士を通じてしゃべらせろアピールをしていたので、よほど溜まってるものがあるはず。あのブログやTwitterに書いている異常としか思えない主張を公の場に披露することになる、ウォッチャーたちの間でももっとも期待が高まった日。
 では、結果をご覧ください。

「今でも僕に好意を」元AKB・Aさんにストーカーの男
https://www.fnn.jp/posts/00407215CX
※記事では実名表記ですが、当ブログでは匿名表記とします

>東京地裁で行われた被告人質問で、大西被告は、「Aさんは、今でも僕に好意を抱いていると思います」と述べた。

また、根拠について、「あだ名をつけてもらったり、ほかのメンバーを紹介してくれた」と答えたうえで、「無罪が証明されたら、またイベントに行きたい」と述べた。



 裁判長による被告人質問ではストーカー警告書を受け取ったにも関わらず、Aさんが出演しているミュージカルの会場に訪れたのはなぜか、ということに「警告の内容に納得していない」、警告書の内容を守る上申書を提出したのに従わなかったことについては「納得していないが書いた」(これについてはウォッチャーたちが「納得していないのなら抵抗して書かなきゃいいのに」といわれてました)、上申書の撤回を申し入れればよかったのでは、という質問には「警察はそういうのは受け取らない」と。おかしい行動を取るくせに変なところで腰が引けるというか、物分かりのいい対応を取る大西ストーカー容疑者。

 検察による被告人質問では大西ストーカー容疑者の異常な執着心の根本である「Aさんは自分に好意を持っている」という相思相愛説について厳しい突っ込みが入れられました。検察からの「Aさんに好意を持たれているというが、本人から言われたことはあるか」の質問に「本人から言われたことはないが」

…ないんかい!!

 ではなぜAさんが好意を持っていると思うのか、の質問に対しては「おーにっちゃんというあだ名をつけてもらった」という従来の主張をするも、検察から「一ファンに対してやったことではないか」とバッサリ。ファンに対してやっていることであって、お前に特別な感情があるわけではないだろう、と。それが気に入らない大西ストーカー容疑者、「通常あり得ない」と反論。これも「あなたがそう思っているだけでしょう」と否定されると「あなたがどう思うと勝手だ」と半ギレにw

 彼のブログをずっと見ている人なら、笑いをこらえるのに必死だったでしょう。僕も笑いが止まりませんw
 この後も前回の公判でAさんが別室から映像と音声で証言したことにも「本人ではない。目元が違う」「一般的に考えてもそうだ」一般人から遠くかけ離れている容疑者にいわれても…w目元が違うってなんなの?
 このように大西ストーカー容疑者のいう根拠は常に「主観的」で、裁判や他人を説き伏せようと思ったら「客観的」な事実に基づいた話をしないとダメだよ、と何度もウォッチャーに言われてたのに…

 この公判のニュースについて元劇場支配人の戸賀崎氏がツイートしてました。

>ニュース見てたら、アイドルのストーカーで知ってる顔が出てきた。支配人部屋でも何度か話をしたけど、結局最後まで応援することの意味を勘違いしてしまったんだと思うと残念。好きに応援するのと、自分勝手に応援するのは全然意味が違うからね。
https://mobile.twitter.com/tgsk1115/status/1071182417346551808

 戸賀崎氏にまで苦言を呈されるぐらいだから、ある意味本望かもね。数あるAKBストーカー話題でもここまで時間をかけて笑わせてくれたのは、なかなかないよ。
 この裁判は年をまたいで1月8日に最終弁論。そこでも同様の主張をするだけだからその次に実刑判決でしょう。きっと見苦しく足掻いてくれるでしょう。最高のクライマックス、期待してるよ!

  
タグ :AKB48


Posted by 縛りやトーマス at 11:15Comments(0)AKB48

2018年10月26日

Oーにっちゃんストーカー裁判第二回公判

 元AKBの女優AさんのストーカーやろがよことOーにっちゃんの第二回公判が25日に開かれた。

ストーカー裁判で元AKB女優が訴え「もう私の人生に関わらないで」
http://news.livedoor.com/article/detail/15498568/

 なんと!ビデオリンク方式の証人尋問で別室にいるAさんが音声のみ法廷に聞こえる形で「出廷」!前回の第一回公判を傍聴した裁判ウォッチャーの阿曽山大噴火さんが次回法廷はビデオリンク方式が使用できる法廷なのでAさんの出廷があるかも?と予想していたのがピタリ的中!さすが!前回は傍聴席35枚に対し希望者37人という肩透かしにも程がある不人気ぶりでドミノは倒れなかったのですが、今回も定員35人。整理番号は39まで出たそうで二名増えた(4名が落選)…やっぱりこいつに注目してるのって最悪スレのウォッチャーだけなのかな…以下はスレからの転載です。



307 名前:最低人類0号 (アウアウウー Sa08-ALmr [106.133.93.140])[sage] 投稿日:2018/10/25(木) 11:41:34.39 ID:yGMQApX7a
今終わった。Aさんきたわ。

弁護士が卑猥な言葉強要して泣かしてしまって、途中休憩あった。

308 名前:最低人類0号 (スップ Sd44-/y8G [1.72.0.212])[] 投稿日:2018/10/25(木) 11:44:00.79 ID:4PMjrIPVd
えっ本人来たの!?
別室でビデオじゃなくて証言台に立ったの?
というか弁護士が証人泣かすとか

310 名前:最低人類0号 (ササクッテロル Sp3f-Ha4+ [126.236.72.228])[] 投稿日:2018/10/25(木) 11:46:27.10 ID:Lrqhjm7wp
>>308
別室で証人尋問行われた。
本人が途中で泣いて証言できなくなる場面があったので休憩をはさんだ。

311 名前:最低人類0号 (アウアウウー Sa08-ALmr [106.133.93.140])[sage] 投稿日:2018/10/25(木) 11:46:42.26 ID:yGMQApX7a
別室で中継なので、傍聴人は声だけ。
大西も被告人席だから声だけ。

弁護士タノケン発動もスカるw

312 名前:最低人類0号 (アークセー Sx10-rZJc [126.189.70.109])[sage] 投稿日:2018/10/25(木) 11:47:56.02 ID:0EhKO+fex
タノケン発言もあったのかよ!?


314 名前:最低人類0号 (アウアウカー Sa4a-Ydlf [182.251.253.40])[] 投稿日:2018/10/25(木) 11:49:24.66 ID:481Yujfha
11時35分閉廷
次回12月7日13時30分429号法廷

証人としてAさん別室から証言

321 名前:最低人類0号 (スプッッ Sd5e-Ha4+ [1.75.255.32])[] 投稿日:2018/10/25(木) 12:07:39.85 ID:qswCrHcTd
傍聴人です。

弁護人の質問で吹き出しそうになったのは、
・電話で話したのは本人か?→音声変換技術を本気で疑ってたのか?w
・大西がタノケンバーへ何度も行っていたのは知っていたか?→本気で生卵で闘うつもりだったのか?w
・大学名を示唆するラインのやり取りは本人のものか?→マジで釣られてたんかw

あの弁護人全くダメダメだわ。
弁護人の尋問なら良いが大西が話す事は認められず、大西一言も喋れずw
モニター越しにAさんを一度確認したのかな。
まだ続くんかいwって感じだわwww

322 名前:最低人類0号 (アウアウイー Sa12-5Xjw [36.11.224.142])[sage] 投稿日:2018/10/25(木) 12:07:58.28 ID:gmdqAt0wa

まさか本当に卵で戦うとは


325 名前:すぎやま (ワッチョイW 2cc0-qCgN [118.241.251.87])[] 投稿日:2018/10/25(木) 12:13:06.97 ID:S53HMtTz0
簡単に書く
アナルンは、サンダルを購入した。
水色でサイズは23センチ。

Aさんは、別室より音声のみで回答。
まず、検察官がAさんへの証人尋問。
続いてアナルン弁護士から、Aさんへの反対尋問。
反対尋問の冒頭に、アナルン自ら語らせてやってくれと依頼するも、裁判長から却下。
反対尋問中に、Aさんを泣かせる。
15分休廷。
再開後、再度アナルン自ら語らせてやってくれと依頼、裁判長は再び却下。
反対尋問終わる。
終わり間際に、アナルン自ら語らせてやってくれと改めて依頼。
裁判長、何度も却下と言っているので、ありえませんと。
終わる。

弁護士からの反対尋問の後半に、タノケンの店に通っていたが、それは嫌じゃなかったのか?
なぜ拒否しないんだみたいなやりとりあり。
Aさんは、タノユカさんには、迷惑かけてしまい謝罪したとのこと。
通っている大学の件、ブログ、ラインのスクリンショットをAさんへみてもらっていたが、私が
書いたものでは無いとのことであった。

また夜にでも。

371 名前:最低人類0号 (スプッッ Sd5e-Ha4+ [1.75.255.32])[] 投稿日:2018/10/25(木) 13:26:13.05 ID:qswCrHcTd
>>366

弁護人はAさんに、恐怖を感じていた相手と電話する事になってどう思ったかとか自分から大西のブログを見る事はあったのかとか質問していた。
大西に対してそんな事が出来たのなら、それほど恐怖を感じていなかったのでは?的な質問を繰り返していたよ。

401 名前:最低人類0号 (ワッチョイW 7084-Ha4+ [125.194.18.64])[] 投稿日:2018/10/25(木) 18:11:45.44 ID:ke6EbyGU0
ブログの内容について、
Aさん「何度もシコったとか・・・」
弁護人「え? 何ですか?」
検察「何度も言わせないで下さい。もう答えていますよ」
ってところ、大西はどんな気持ちで聞いていたんだろうなあ。
中年男が何書いてんだよっていう。

405 名前:最低人類0号 (ワッチョイW 7084-Ha4+ [125.194.18.64])[] 投稿日:2018/10/25(木) 18:20:43.11 ID:ke6EbyGU0
あと、検察からも裁判長からも、それが何か関係あるのかと言われていたけど、弁護人が「あなたが主演のイメージDVDを出していますよね」っていう単なる確認があったな。
何なんだろう。
卑猥な感想を書くのは問題ないとでも主張したかったのかな。


436 名前:最低人類0号 (ワッチョイW 7084-Ha4+ [125.194.18.64])[] 投稿日:2018/10/25(木) 19:53:21.18 ID:ke6EbyGU0
ブログの内容の話、誹謗中傷については「あまり覚えていません」。
「では卑猥なとはどんな事が書かれていましたか?」
「・・・言った方が良いですか?・・・言った方が良いですよね・・・」
「ええ」
「・・・何度もシコったとか・・・」
ってな感じ。

452 名前:最低人類0号 (ワッチョイW 7084-Ha4+ [125.194.18.64])[] 投稿日:2018/10/25(木) 20:32:47.52 ID:ke6EbyGU0
>>436

まったく表情を変えなかったかな。
死ぬほど恥ずかしくないのかなw
終始いつものへの字口で、時折弁護人から渡されたであろう書類に目を通したりノートに何か書き込んだりしていたよ。

504 名前:最低人類0号 (ワッチョイW 7084-Ha4+ [125.194.18.64])[] 投稿日:2018/10/25(木) 23:44:47.60 ID:ke6EbyGU0
田野の名前を弁護人が口にした時も、検察から本人の特定に繋がるような質問はやめろと言われるも、いやいや、これは何としても触れなきゃ、とか言って質問始めたんだよ。
弁護人がどう思っていたのか知らないけど、逮捕前の大西の唯一の心の拠り所が本当に生卵だったというのがよく分かったよw



 Oーにっちゃんは以前警察を通してAさん本人から直接電話があってつきまといを止めてほしい、ということを言われたとブログに書いていて、それを「マネージャーに言わされてる」「音声変換技術による警察の捏造」と言い続けていたんだが、僕はずっとこの人の妄想で電話で通話などしていないと思い込んでたのだけど、この度電話は事実であったことがわかった。他の人のレポによるとその時被告人(Oーにっちゃん)は興奮していたのかずっとはー、はーと言っているだけですごく嫌だった、と言っておりブログでは「この電話がA本人のはずがない!」とか息巻いてたけど実際は本人と話せて興奮しまくってたのがわかりますね。気持ち悪い。
 あとおかしいのが弁護人が、Aさんの同期メンバーTの父親がやっているバーに入り浸っていることを知っていたか、という質問。これ何の意味があるのかと思うのでしょうが、Oーにっちゃんはこのバーに行っては父親であるマスターに「俺はAのストーカーだとして話題になっている」と吹聴し、マスターの出す蕎麦にサービスで卵を入れてもらったことを自慢気に語って「自分が本当にストーカーならば入店できないし、卵をサービスしてくれるはずがない」とストーカーでないことの根拠として主張していた(アホらしい)が、まさか弁護人はそれを鵜呑みにしてAさんに質問したというのか?
 さらに失笑を誘うのがAさんが通っているとされる大学名(おそらくデマだと思う)をブログに書き込んできたことについてOーにっちゃんは「Aが好意から、私に対して大学を教示してきたのであれば、そもそも本件ストーカー規制法違反事件は捏造である」とバカな主張をしていて、それについて弁護人が「これは正しいか。Aが書き込みをしていたのか?」と本人に聞いているのだ。書き込んでるわけないだろ(笑)。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/cat58718826/index.html

 これは裁判長に「Aさんが書き込みをしたという根拠はなんですか」と聞かれ沈黙する弁護人(ドアホ)。
 そして二度も被告人とからAに直接質問させろと求めているのだが裁判長から弁護人を通して発言させろと却下は相当間抜けだな。本人と話したくないからビデオリンクなんだろうに…
 次回は12月7日、一回目と同じ429号法廷なのでAさんの出廷はない模様。次回は検察側から被告への尋問があるので、どれだけイカレポンチな発言をしてくれるのか期待なのですが、マネージャーに言わされているという主張の証拠や同期メンバーの父親のバーに入店できて卵をサービスしてくれたのだからストーカーじゃない、という根拠の説明などしてもらえたら最高だけど、今まで被告がこの手の対話でまともなことを言った試しがないので…虚しく空回りする哀れな姿が見られるのが関の山か。
 Aさんのある意味悲惨なアイドル人生に同情するわ。こんな人非道に青春時代を無駄遣いさせられて可哀そうすぎる。


※本文の(Aさん)の部分には元AKBの人の名前が入りますが、裁判では本人感情に配慮して名前を呼ばないようにしているため、当ブログでもそれに倣うことにします。  


Posted by 縛りやトーマス at 21:05Comments(0)アイドルAKB48お前は何を言っているんだ

2018年10月22日

ポニーテールに惚れてまうやろ『あの頃、君を追いかけた』



 2011年に台湾で公開され大ヒットを記録した同名映画の日本版リメイク。台湾の作家、ギデンズ・コーが自らの青春時代を振り返った作品は90年代の台湾を舞台にしていたが、こちらは2000年代の日本を舞台にした。

 進学校に通う高校3年生の水島浩介(山田裕貴)は悪友らとつるんで不真面目な学校生活を送り、他愛もない日々を過ごしていた(高校3年生なのに…)。あまりの不真面目さに教師からクラス一の優等生、早瀬真愛(齋藤飛鳥)の前の席へ移動させられる。幼馴染の小松原詩子(松本穂香)の友人という以外は接点のない真愛とは話も合わず、「幼稚」とバカにされる浩介。ある日、教科書を忘れてしまった真愛に自分の教科書を手渡したことから二人は会話をするようになる。受験生だというのに勉強もしない浩介に真愛は手製のテストを渡す。面倒くさがりながらも彼女のテストを通じて浩介は成績を伸ばす。調子に乗った浩介は「本気出せば学内トップになれる」と豪語。真愛と髪型を賭けた対決をすることに。

「君の坊主頭が見られるわけだ」
「俺が勝ったらポニーテールな!」
「いいよ。ポニーテールでもピックテールでも」

 当然のごとく勝負は浩介が負けてしまうのだが、丸坊主を悪友たちにいじられてる浩介の目の前をポニーテールにした真愛が横切る…

 なんという胸キュン(死語)場面!本作は齋藤飛鳥が悶絶するほど可愛く撮られており、こんなん惚れてまうやろ!

 二人はその後も二人だけの勉強会を続け卒業へ。傍目にはつきあってるようにしか見えないのだが、ここまで一切告白していないので二人は仲のいい友達のまま。自分の夢のために友人たちや真愛は上京していくのだが、何もやりたいことがない浩介は地元の大学へ進むもモラトリアム状態に。やがて真愛とはすれ違うように。

 映画は10年後、大人になった浩介が10年間しくじり続けた過去を振り返るという内容で、何度も何度もチャンスとしか思えない場面があるのに、次々フラグをへし折ってゆく山田裕貴よ!何してんの!そうじゃないだろと!
 どんなに頑張っても、思い続けても叶えられないことがある、という最近の邦画では絶対にありえない話に心を打たれた。これが台湾の青春映画だ!リメイクを若手の恋愛映画が得意そうな連中に任せたら余計な改変を加えるところ、台湾版をほぼ忠実にリメイクした長谷川康夫監督の英断よ。

 『響-HIBIKI-』の平手友梨奈といい、本作の齋藤飛鳥といい、演技が上手い下手以前に役柄がピッタリ合っていて坂道グループのブレーンはホントいい仕事してると思う。

  


Posted by 縛りやトーマス at 04:15Comments(0)映画アイドル映画AKB48

2018年10月16日

欅坂のブレーンは目が肥えてるな『響-HIBIKI-』



 ビッグコミックスペリオールで連載中の漫画の映画化。本作が映画初主演になる欅坂46の平手友梨奈がヒロインの響を演じる。
 文芸雑誌・木蓮の編集部に届いた新人賞応募作。「鮎喰響」とだけ書かれた名前の読み方もわからない封筒の小説は傑作であることだけは間違いなかった。それを見た若手編集者の花井ふみ(北川景子)は「ネットでなければ受け付けない」条件のため、わざわざ本人に代わってネットで応募し直す。なんとかこの作品を世に出すのだ!あとは応募者本人を探し出しさえすれば…
 駆けずり回った結果、鮎喰響(平手友梨奈)はまだ15歳の女子高生であることがわかった。ただ自分の才能を確かめるためだけに書いた、という響を説得して新人賞選考に出した作品はあっという間に認められ、新人賞受賞、さらに芥川賞、直木賞を史上最年少でWノミネートという栄誉を果たす。世間が「15歳の天才少女あらわる」と持て囃すのだが、彼女は「絶対に自分を曲げられない」性格だった。

 学校でケンカを吹っかけてきた不良の指をへし折り(!)、同級生にセクハラをするかつての芥川賞受賞作家のオッサンの顔面にハイキック、新人賞を同時受賞した、世の中を斜に構えて見る田中(柳楽優弥)から「話題作りで女子校生に賞取らせてんのかよ」と絡まれ、響の小説なんか読んでいないと言われたことに腹を立て、授賞式の席上で田中をパイプ椅子で殴打!そのあと駅のホームまで追い回す…というエキセントリックなどという言葉では言い表せない奇行の数々でマスコミは大騒ぎ。いくら才能があってもこれじゃあ…と響の本を出すのに尻ごみする出版社、響に振り回される花井。しかし彼女のいうことはいつだって筋が一本通っている。響の言動に周囲は振り回されつつも影響を受け始める。


 ヒロインを演じた平手友梨奈の存在感にまず圧倒される。演技が上手いとか下手とかいう以前に役柄がバッチリハマっているのだ。彼女より上手い役者はいるだろうが、響役は平手しかいないと断言できる。ほとんど笑いもせずに相手を射殺すような目、突き刺すような声…すべて最高!
 欅坂というグループで高い人気を誇っているアイドルの初主演映画にこの作品を持ってきたブレーンは相当目が肥えているね。チャラチャラした恋愛映画に起用しなかったのは慧眼といえる。作品が尖りすぎているので大ヒットとまでいかないのが残念だ。とにかくアイドルといえば恋愛映画、という風潮にパイプ椅子殴打をかますこの一本、お前もお前もお前も平手友梨奈に圧倒されるのだ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 03:25Comments(0)アイドル映画アイドル映画AKB48

2018年06月21日

とくダネ!おーにっちゃん特集

 先日、無事逮捕と相成った元AKBメンバーをストーカーした職業不詳の男、おーにっちゃん。先日の『情報LIVE グッディ!』に引き続き今日の『とくダネ!』でワンコーナー設けられていました。普段はくだらない番組ばかりつくって視聴者を呆れさせているフジテレビですが、この件に関しては情熱あふれる取材力を発揮していますね。

 本日のワイドショーのメインニュースはコロンビアに奇跡的勝利を決めたワールドカップ日本代表と、マスメディアによる癒着、忖度が騒がれた『殉愛』騒動を彷彿とさせる紀州のドン・ファン事件とパワハラ野郎・至学館の栄監督の解任、キャバ嬢と焼肉騒動などで、「ワタシが逮捕されたら世間が騒ぐやろがよ!」と喚いていたおーにっちゃんの事件は余った時間で処理する扱いで、ほぼフジ以外のテレビ局は黙殺していました。

 さて、とくダネ!で驚いたのは容疑者に密着した、ということでなんと当日警視庁に出頭するおーにっちゃんの様子を自宅付近で撮影していたのです。


 おーにっちゃんは自ら自宅付近を特定できるような情報を発信していたので、とくダネ!のスタッフも容易に張り込めたのでしょう。本人は警視庁付近でグッディ!のカメラマンには気づいたものの、自宅付近で撮影するとくダネ!スタッフには一切気が付いていなかったので、普段は公安の工作員の活動を指摘したり、5ちゃんねるにてAKBの関係者が匿名で書き込んでいることを指摘したりしているのに、テレビ局の撮影にも気づかないなんて、それらの指摘がいかに適当なのかわかりますね。

 フジテレビのスタッフはさらに兵庫県多可町に住む容疑者の母親にも直撃取材。普段でも凶悪事件の被害者、加害者の血縁者に密着するテレビ局の強引な取材力が発揮されていました。
 ここで容疑者がWEB上に公開していた履歴書を公開。「阪大院卒」「大手電機メーカーに就職」といった経歴から番組は「エリートの転落」という視点で構成されていることがわかります。


 
 この「大手電機メーカー」というのはウオッチャーならご存知の日立。「大手電機メーカー」と匿名扱いにしたのは大企業に遠慮したからでしょうか。凶悪事件が発生した時に犯人の本棚や趣味嗜好を暴き立て、それがアニメ、漫画、ゲームだったりした場合タイトルを実名で上げてさもそれらの趣味が犯行に影響を与えた、と言わんばかりなのに大企業には配慮をする、というテレビ局の姿勢は如何ともし難い。堂々と「元・日立社員のストーカー」と報道してほしかった。
 番組では取り上げられていませんでしたが、彼がストーカーとしてこじらせることになった原因は日立社員時代にAKBファンになり社内SNS『こもれび』にAKBメンバーへのファンレターを投稿して(何やってんだ)、問題となり、上司に叱責され、結果懲戒解雇。日立時代に何をしていたかは彼の狂った行動を知る上で必要な情報だと思うのですがねえ。
 母親はテレビの取材に「昔は旅行に連れて行ってくれて優しかった」「懲戒解雇されて人が変わってしまった」とも言っているのに、「なぜ、懲戒解雇されたのか」に触れないのは変ですね。
 解雇時に日立の上司が来て「一か月ほど休ませてほしい」と頼み込んできたと母親は語る。これは『こもれび』の投稿をきっかけに上司が日立の産業医による診断を受けさせた結果、軽い躁状態なので休ませた方がいいと言った時のもので、仕事もしないでアイドルのおっかけに勤しんでる社員への扱いにしては格別といえます。日立のホワイト企業ぶりが伝わるエピソードなのでとくダネ!も取り上げた方がよかったのに。以下はおーにっちゃんのブログより。

日立製作所による個人情報保護法違反事件についてのご説明
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-8893.html
なんか希流=服部一郎がウルサイから、私がアスペルガーとかではない事実を示す。絶好の機会やから日立製作所時代の問題の資料も示すぞ。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-cabe.html


 おーにっちゃんは問題社員に「休職」を勧めることでリフレッシュして職務に復帰せよ、という日立の破格の提案になぜか反抗し喚きだした結果、年600万円の収入を失ってしまうことに。番組ではその辺に深く突っ込むことはなかったものの、おーにっちゃんの理解不能な言動の一端を示す重要なアイテムを母親が提出。それは去年の年賀状。差出人の欄に「懲戒解雇された世界革命家 神の生まれ変わり 日本の次期天皇 世界の救世主 大西秀宜」と書いてあった…


 母親ですら「なんでこんなこと書いたんか私にはわかりません」と言わせるほどの痛々しい絵面。完全にヤバイやつでしょコレ。
 逮捕直前には手紙が送られて来て逮捕されるかもしれないという内容でしたが、それについても「私は私息子は息子と思っているので開き直っております」とあきれ気味に語る母親でしたが、こんな息子でも可愛いらしく数か月に一度の手紙や電話をよこしているとブログには書かれているのです。そんな母親を容疑者は亡命先のドイツから帰ってきた時に迎えに来てくれなかったことなどを責め、憎んでいる様子をブログにつづっており、人間性の欠片すら持ち合わせていない。こんな人の気持ちがわからない人間がつきまとわれるアイドルの気持ちなどわかるわけがないでしょうね。

 とくダネ!の放送内容は総じておーにっちゃんの総まとめとしては端的にまとめられた感があるものの、容疑者のイカレポンチぶりが深く伝わっていないのは惜しいところ。なので小倉智昭をはじめとするコメンテイターも「しょうがねえな、こいつは」程度の印象で終わっているので、長年のウオッチャーとしてはいや、この人完全にどうかしてる人なんで!と伝えたかった。もっとストーカーの恐怖や危機感を訴える内容でもよかったと思うのですが、そうするとどうしてもAKBの握手会商法を批判せざるを得ず、どんなに視聴率が低くても総選挙を生中継するほどAKBとずっぽりな関係のフジテレビでは難しかったといえます。

 最後に「カウンセリングを受けた方がいいのでは」とコメントされてましたがこれに関してはその通りで、容疑者には適切な治療が必要だと思います。警察側の発表を聞いても反省してないみたいだし。彼はせいぜい懲役されても一年ぐらいで出所されそうで、その程度じゃ「世間を騒がせたった!」と調子に乗るのが目に見えてるのですから。再犯を防ぐためにも専門の施設による長期的治療をお勧めしますよ。問題は彼自身にあって、AKBの商法そのものに問題があるとは言いきれないのだから。接触の度合いの大小あれ、勘違いするやつはどこにでもいるんだよ。


  


2018年06月20日

ストーカーおーにっちゃん逮捕

 ついにその日が来た!あの迷惑ストーカーのおーにっちゃんが警察にストーカー規制法違反で逮捕されたのです。本名を晒されて…

AKB48元メンバー、岩田華怜さんにつきまとい行為 ストーカー規制法違反容疑で42歳男を逮捕
https://www.sankei.com/affairs/news/180619/afr1806190018-n1.html


 おーにっちゃんはこの日、ストーカー規制法違反に関する聴聞会が行われるため警視庁に出頭せよとの通知を受けていました。その数日前(5/31)にホリプロより内容証明(おそらくこの件に関するもの)が届いていました。これは彼が「相思相愛」と言い張りストーキングしていた元AKB48の岩田華怜さんが出演する舞台に関する問い合わせについてのホリプロからの回答だったのですが、そんな問い合わせは身に覚えがない、というおーにっちゃんは内容証明の受け取りを拒否。これは5ちゃんねるでおーにっちゃんの動向をチェックしているウォッチャーによるなりすまし説が濃厚だったのですが、都合の悪いことは知らんぷりする性格のおーにっちゃんが自分で問い合わせしたのに忘れている可能性も捨てきれません。
 
 これを受けて6/8に秋葉原のAKB劇場で公演をロビー観覧していた(そう、彼はストーカーの分際で劇場のロビー観覧はしょうっちゅう参加していたのです)おーにっちゃんは警視庁の生活安全課の人間3人に取り囲まれ、聴聞会の通知書を渡されます。「通常は聴聞って、容疑を持たれた者の言い分を聞くためにあるはず」とまたまた自分の都合のいいように解釈する彼は不満タラタラの様子で、かつて「自分と岩田華怜は相思相愛なのに事務所が二人の仲を引き裂いている」という主張の元、起こした裁判の結審日に「どうせ恣意的な結論がでるから」と裁判所に行かなかった過去があるので、どうせ今回もトンズラを決め込むだろうと思われましたが当日、警視庁に姿を現したのです。

https://twitter.com/kthid/status/1008923314276843520
https://twitter.com/kthid/status/1008926989024034816

 警視庁にやってきた彼をビデオカメラで撮影する者がおり、これを独自の理論で公安警察呼ばわりしていていました。彼は警視庁に呼び出されたのち、逮捕。逮捕の一部始終はフジテレビの『直撃LIVE グッディ!』のカメラに収められていました。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00394637.html

 そう、彼が公安呼ばわりしていたのはグッディ!のスタッフだったのです。何が公安だ(笑)。都合の悪いことはすべて「公安のしわざ」にしていた彼ですが、まったくのデタラメだったことが判明しましたね。ちなみに僕も「あいつは公安から金をもらっている」と言われたことがあります(笑)。

 念願の全国ニュースデビューできた彼は嬉しそうにニヤニヤしながら連行されていました。よく犯人が護送、連行されている時にカメラに向かってニヤニヤする様子が写されて「逮捕されてるのになんでニヤニヤしているんだ?」と思われがちですが、ああいう犯罪者は現実を認識できていないケースが多々あり、「まるでテレビでよく見る光景だなあ」と他人事のように思ってなんだかおかしくなってつい笑ってしまうという話を聞いたことがあるので、おーにっちゃんもその類でしょう。留置所に入っている今でも自分に何が起こっているのかよくわかっていないことでしょう。


 逮捕について被害者の岩田華怜さんは以下のツイートを投稿。

岩田華怜
@karen0513_

お騒がせしています。そして今までご迷惑をおかけした全ての人に心からの謝罪申し上げます。一緒に闘ってくれたファンのみんな、苦しい思いをさせたね。それでも一緒にいてくれてありがとう。私は大丈夫です。これでこの件が終わりになることを切に祈ります。

https://twitter.com/karen0513_/status/1008998584899915777

 5年間もストーカーされて苦しんだ被害者なのに、なんで彼女が謝罪しなければならないのでしょう?彼女は15歳の頃(平成23年10月)に握手会で容疑者(ついに彼を容疑者として呼ぶことができる日が来るとは)からプロポーズされ、ショックを受けた彼女は「ホントそういうのやめてください。迷惑なんで…」と握手会レーンからおーにっちゃんを追い出し、以後AKSから握手会への出禁が通告。おーにっちゃんは「AKSが自分と会わないことを彼女に強制させている」と斜め上の発想でAKSを提訴したのでした。

 おーにっちゃんというのは岩田華怜さんが彼につけたニックネームでそれに舞い上がった彼はファンレターを送り、その中に「俺の言う通りにすれば成功する」というアドバイス(?)をし始める。翌平成24年3月ごろから彼に対する対応はぞんざいになり、ファンとメンバーがネット上で対話できるGoogle+でもアクセスブロックされてしまう。彼女と仲が良いメンバーの田野優花にもアクセスブロックされ、そのことを握手会で「ファンに対して表現をするべきアイドルが,まず自分が思うことを表現もせずに,一方的にアクセスブロックするとは問題であると思う」と,握手券5枚(約50秒)を用いた握手にて静かに言ったところ彼女は泣きだし、それを見ていたファンからおーにっちゃんが取り囲まれるという事態に。

 以降、東京高裁までいった裁判でも敗訴を経て、彼はストーカーへの道をまっしぐら。握手会では会えないからと、イベントのため新幹線に乗る彼女のスケジュールを把握し、なんと新幹線車内に乗り込んで会わせろといいスタッフと押し問答。そのことを逆恨みして彼女の母親に危害を加えてやりたいという殺害予告をネットに書き込み、ストーカー行為に対する警告書を受け取るハメに。

 岩田華怜は平成28年に念願だったミュージカル・舞台に挑戦するためAKBを卒業。その後に行われたファン限定のイベントでオフレコ発言としておーにっちゃんにストーカーされたことでAKBのスタッフから「勘違いさせるような態度を取ったのが悪いのではないか」と言われたことを告白したという。
 彼女を追い詰めているとはまったく思っていないおーにっちゃんはその後も握手会がダメならばとカレンダー、DVD発売のイベントに押しかけようとしたり、彼女が出演する舞台の劇場に現れたりと迷惑をかけまくり今回の逮捕に至ったのです。

 今回の件で信じがたいのが警察の腰砕けな対応です。警告書を受け取ってから2年は経ってるのにその間警告書を無視してつきまといを続けるおーにっちゃんを放置していたのはなぜ?やりたい放題していても何も罰がないのだからそりゃあ調子に乗るよね。毎年のようにストーカー被害が報告されているのにこれじゃ警察は真面目にストーカー問題に取り組む気がないと思われてもしょうがない。

 この逮捕で一定の区切りがついたと言えますが問題はこの後のような気がする。初犯だから罰金100万、懲役一年止まりでしょう。でも彼は明らかに精神面に問題を抱えているので、しかるべき施設で治療が必要だと思うのですがねえ。最近、外国の刑務所は更生を目的としたプログラムを導入して再犯率の低下に成功しているそうですがアメリカや日本は罰則を与えることだけを重視しているので再犯率が高いといいます。おーにっちゃんだってよっぽどのことがない限り反省なんかしないと断言できる(これまでの言動を見る限り)。

 本当、ファンだというなら応援する対象に迷惑をかけるのだけはやめて欲しいものです。




  


2017年10月06日

君たちはハンバーガーだ『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』



 マクドナルドの創業者(ファウンダー)、レイ・クロックの自伝『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男―マクドナルド創業者』を元に作られた伝記映画。
「えっ、マクドナルドの創業者はマクドナルドなんじゃないの?」
 という疑問が出てきそうなタイトルで、マクドナルドを「作った」のはディック&マックのマクドナルド兄弟なのだが、なぜファウンダーがレイ・クロックになっているのかというのを知るためにこの映画を見てもらおう。

 1954年、まとめて5つ作れることが売りのミルクセーキマシンのセールスマンをしているレイ・クロック(マイケル・キートン)は自慢のミルクセーキマシンがまったく売れずに苦しんでいた。すでに50代になり、ビジネスマンとしては先が見えてしまっているレイ。俺は一生冴えないセールスマンで終わるのか?
 そんなレイの元にドライブインからマシンの大量注文が入る。何かの間違いだとそのドライブインに向かう。その店「マクドナルド」には大量の行列が出来、店が提供するハンバーガーを客が皆、笑顔でほおばっていた。マクドナルドに興味をもったレイは社長であるディック&マック(ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ)の兄弟と出会い、スピーディーに、誰でも簡単につくれるので安価で提供できる画期的なハンバーガーつくりのシステムを聞き出し、これに商機を見出す。

 このマクドナルドのシステムがどれだけ画期的かというと…兄弟は最初はレストランを経営し、ステーキやサラダといったメニューを出していたが、客の多くはドリンクやハンバーガーしか注文したのでハンバーガーのみに特化することに。メニューを限定することで注文の手間を省く。そしてハンバーガーは簡単な包装で提供する。レストランのように食器を使わないので食器代もかからず汚れた皿を洗う手間もいらない。それどころか店舗内にテーブルを置かないので店が狭くてもいい。テーブルに座って食べ終わるまでの間、席が空くのを待たなくてもいい。外で立って食べられるから。
 マクドナルドのシステムではパティを焼く担当、バンズで挟む担当、紙で包む担当…と作業が細分化され、調理の技術を持たない人間でもハンバーガーをつくることができる。そして細分化された作業をする人間が効率よく設置されて「もっとも効率のよい動線」を店内に設定するシーンは圧倒されながらもおかしいので笑ってしまう。そこまでやるのか!この作業の簡略化によってどの店舗でもまったく同じものが提供されるという、ファーストフードチェーンのシステムはマクドナルドが開発したのだ。

 レイは兄弟にフランチャイズ化を持ち掛けるが、目の届くところで適切なサービスを提供したいという兄弟はレイの提案に乗り気ではないが、最終的には根気に負けて「何かをやるときには必ず兄弟の許可を取ること」を条件にフランチャイズ化を許可する。

 フランチャイズ化はたちまち成功し、アメリカ中にチェーン店が誕生するが、レイは借金に苦しむ。チェーン店舗が次々出来ているのになぜ儲からないのか?契約上、利益のほとんどを兄弟にもっていかれ、ミルクセーキをつくるためのアイスクリームを保存する冷蔵庫の電気代はかさみ続ける。地下室に保存庫を作ろうにも兄弟は「地下室なんかつくって底が抜けたらどうする。『マクドナルドの床が抜けた』なんて報道されたらイメージが悪くなる」と地下室を作らせない。粉状のミルクセーキを導入しようとしても「品質が落ちる」と相手にされない。ついに自宅までが銀行に担保として差し押さえられそうになる。どん詰まりの状態になったレイの前に財務コンサルタントのハリー・J・ソネンボーン(B・J・ノヴァク)が現れる。
「あんたのやり方はめちゃくちゃです。これじゃ儲かるわけがない」
 ハリーはレイに新店舗の土地を買い取って、フランチャイズ店のオーナーにレンタルしろという。これまでは土地代をレイがレンタルしていたので土地代だけで儲けは吹っ飛んでいた。そのためにマクドナルド不動産を始めたレイはその後もハリーの勧めに従って儲けを増やすために新会社を設立しまくり、粉状ミルクセーキも導入。兄弟との対立は深刻化し、レイはマクドナルドの「ファウンダー」として兄弟から権利を奪い取ろうとする。


 マクドナルドのやった簡略化、画一化はファミリーレストランやウォルマートといった巨大スーパーに受け継がれる。「どこにいっても同じものが買える」画一化の始まりだ。マクドナルドのやり方は世界中に広まっていき、巨大チェーン店があちこちの町に進出し、地元の小さな個人商店を焼き尽くし、焼け野原にチェーン店がさらに進出するという流れを生み出した。画一化とはマクドナルドであり、マクドナルドとはアメリカなのだ。

 とはいえ、それはアメリカだけではない。日本にもマクドナルドそのものはもちろん、マクドナルド的なものが導入されている。それはAKBだ。同じシステムの元同じようなサービス(ステージ)がどのグループでも提供され、みんな「支店だから」といってファンが足を運んでいる。
 『ファウンダー~』のラストではレイがマクドナルドを奪おうとした理由も「名前がよかった。『レイ・クロック ハンバーガー』なんて名前で売れると思うか?マクドナルドという響きが欲しかった」というのだ。AKBだってグループの名前が何より大事で、メンバーなんか誰でもいいのだ(いつも入れ替わってるし)。その証拠にメンバーが卒業してソロ活動しても全然売れないのだから。高橋みなみだろうが篠田麻里子だろうが板野友美だろうが「AKBの~」とつかないメンバーには何の価値もない。名前を奪われた兄弟の店があっという間につぶれたように。AKBのなんとかメンバーだといっている君たちはせいぜいハンバーガーなんだぞ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 19:30Comments(0)映画AKB48食べ物