2017年01月01日

47都道府県ツアーだZ!!

 進化し続けるアイドル、ももいろクローバーZが2017年に全国47都道府県ツアーを行うことになったぞ!

ももいろクローバーZ ジャパンツアー「青春」
4月22日(土)滋賀県・ひこね市文化プラザ
4月23日(日)兵庫県・加古川市民会館
4月29日(土)北海道・千歳市民文化センター
5月3日(水・祝)広島県・ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ
5月4日(木・祝)福岡県・北九州ソレイユホール
5月6日(土)岡山県・岡山市民会館
5月7日(日)香川県・香川県県民ホール レクザムホール
5月20日(土)島根県・島根県民会館
5月21日(日)鳥取県・とりぎん文化会館
5月27日(土)新潟県・新潟テルサ
5月28日(日)石川県・金沢歌劇座
6月3日(土)大阪府・岸和田市立浪切ホール
6月4日(日)奈良県・なら100年会館



 なんと、4月後半から6月頭までは毎週末、日本のどこかでライブをしているというスケジュール。まさに週末ヒロイン!6月24日からは杏果のソロコンが始まり、8月には真夏のバカ騒ぎがあるので7~8を休みにして後半は9~11月から始まると思われる。ちなみにツアー前半、各箱の収容人員は以下。

ひこね市文化プラザ 1,480席
加古川市民会館 1,524席
千歳市民文化センター 1,275席
ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 2,003席
北九州ソレイユホール 2,008席
岡山市民会館 1,718席
香川県県民ホール レクザムホール 2,001席
島根県民会館 1,537席(立ち見エリア180人)
とりぎん文化会館 2,000席
新潟テルサ 1,510席
金沢歌劇座 1,919席
岸和田市立浪切ホール 1,552席
なら100年会館 1,476席
※各箱の最大収容数ホールで統一しています。

 今まで遠征しなければライブを見られなかった地方モノノフにとっては待ちに待った全国ツアー。かつての『ファンタスティックツアー2011 Zでいくって決めたんだZ!!』「ももクロ夏のバカ騒ぎ Summer Dive 2012 Tour』を彷彿とさせるツアーだ。それでもチケットの争奪戦は激しそうだけど…
 地方ノフのみんな、今こそももクロライブに行くんだZ!!





  


Posted by 縛りやトーマス at 13:46Comments(2)ももいろクローバー

2016年07月04日

真面目か!有安杏果ソロコン観戦記


リストバンド

 7/3はももクロのグリーンジャイアントこと有安杏果初のソロコン『ココロノセンリツ ~Feel a heartbeat~ Vol.0』のため横浜に向かいましたよ。
 高速バス車内では同じ目的の人々が見かけられましたが夜の車内では話す時間もないので素知らぬフリをして乗り込み、窓際の座席だったのですが通路側にいる同じ目的の人がずっと寝ていてトイレ休憩の度に起こさなければならないという面倒さに閉口したものの(通路側の人間は気を使って休憩の度に立てよ!エコノミークラス症候群が怖くないのか)、無事横浜駅に到着。ブルーラインで新横浜に向かって現地へ。横浜アリーナは横浜駅からの移動が短くていいね。埼玉ドームとかさいたまスーパーアリーナは移動の時間が長くて行きも帰りも混むので勘弁して欲しい。埼玉ドームのももクリで帰りのバスの時間に間に合わずに乗車券を無駄にして新幹線で帰るハメになったことを僕は忘れないよ

 というわけで横浜アリーナに朝8時半頃到着。当日の予定はAE(ファンクラブ)チケット、一般チケットの事前認証(されるとリストバンドと座席券が発券される)が9時半から、物販が10時から。今回はリストバンドがないと物販エリアに入ることができない。すでに横浜アリーナを半周する客の最後尾に。当日風がやや強めに吹いていたものの気温は最高33℃という真夏日だったために30分の前倒しで事前認証、物販がスタート。事前認証で吐き出されたチケットは『センター席』。横浜アリーナの座席構成はAパターン。スタンド、アリーナ、センターの順で後者ほどステージに近くなる。僕のチケットはセンターで中に入るとわかったがステージから中央のサブステージに伸びた道をももかが通ると表情がわかるぐらいの位置でももクロライブ歴でも最高(国立競技場以来の)良席。

 丁寧にチケットをしまってそのまま物販へ。もう一度横浜アリーナ外周を廻り、横アリ内の物販エリアへ(夏なので施設内でやるようだ)。空調の効いた物販エリアではももかのソロCD『ココロノセンリツ feel a haertbeat』がヘビロテされており否が応にも盛り上がる。今回の物販は事前認証しなければ入れない上に同じ商品の複数買いができないのでこの時間帯なら完売はあるまい…と思っていたら9:44の時点でこの日一番の高額商品『Vixen×Momoka Ariyasu』(双眼鏡)¥15,000がソールドアウト



 待機列の4列目辺りで「双眼鏡完売です!」「完売しました!」の声を聞き、僕は買うリストに入れてなかったけど買うつもりの人たちからうなだれ、呆然とする声が…物販開始30分も経ってないのに、どれだけ在庫絞ってたのよ…
 結果15時の時点でココロノセンリツ ~feel a heartbeat~ Vol.0 Tシャツ、BUNKER RING×Momoka Ariyasu、パンフレット、ビニバ以外の商品が完売に。この事態は客も予想を上回り希望の商品を買えなかった者たちの怨嗟の声が…まあ僕は早い時間に到着してたから余裕で買えましたがね。

 最後に横アリ正面のブースでももかのソロCDを買って(唯一複数購入可能商品)一旦離脱。隣にはももクロの旧譜を売るブースがあり¥2,000以上購入でポスターがもらえるのでそれが目当ての客が殺到し、列がまったく動いていませんでした(そしてこのポスターも予定枚数をあっさり終了)。初の大規模ソロコンのため物販の売れ行きが予想できなかったのかこの完売の嵐はちょっと見通しが甘かったのかなと。まあ僕は欲しいものは全部買えたからどうでもいいけど(しつこい)。ちなみに周囲のコンビニではキャンペーン中の紅茶花伝、ももかバージョンのみ完売という偶発的な事態も発生。

https://twitter.com/dieforyou_2/status/749433222115659776

 様々なことがありつつ、17時半、ほぼ予定通りのソロコン開始。集客は10422人。座席には茶封筒が添えてあって(開封したのはソロコン終了後だけど)中にはももかが12歳の時に20歳の自分に宛てた手紙で、11歳の時にEXILEのバックダンサーとして横アリの舞台に立ったももかが「今度はバックダンサーではなくステージの真ん中に立ちたい」とあり21歳にして夢が叶った!さらに手紙には20歳の自分が何をしているか、「夢に向かって一生懸命頑張っているかな」と書いた後で「仕事も勉強もしないでプラプラしてたらどうしよう。悪い子としてつかまってたりしてたらどうしよう」とネガティブなことを書いてあり、真面目か!!

 ももクロきっての常識人、真面目っ子として知られる有安杏果らしさが炸裂しているこの手紙といい、本人が作詞した『feel a heartbeat』『Another story』『心の旋律』の飾らないストレートな今の自分の気持ち、人への感謝、夢などに溢れている。他のメンバーではこうはならないな…

 ステージではギターを披露、改めてわかる本人のちっちゃさ(横アリのステージに1人立つとはっきりとわかる)、冒頭は有安杏果の歴史を振り返るセトリに。子役時代に出演した林明日香の『小さきもの』を当時の映像つきで振り返り、バックダンサーとして横アリの舞台に立った『Kiss you』 (EXILE)、そしてももクロ以前に加入するも3ヶ月で解散の憂き目にあったグループ、Power Ageの『約束』(今はエビ中の持ち曲として知られてるけど)



 この後ももクロ加入前の歌唱力テストとして(本人は知らなかったという)歌った『Jewelry day』(絢香)をメンバー一の歌唱力でしっかりと歌い上げ、ここからはももクロのナンバーが続き、中央サブステージに映ってバンドメンバーとのアコースティックナンバー、そしてゲスト在日ファンク登場、久々ハマケンとの共演に会場のボルテージUP!
 ソロ二曲のあとはてんかすトリオの『永遠のトリニティー』、ももクロのももかメイン曲『ゴリラパンチ』(ももクロ版見る前にももかソロ版を初めて目の前で見てしまった…)、ソロ曲の『Drive Drive』で終了。この前には物販であっという間に売り切れたアロマミストをせっかくなので全員に振りまくよ!とアリーナを一周して噴射、ファミリー席のちびっ子たちにも丁寧に応対する人の良さよ…

 アンコールはももクロの『黒い週末』からだったけど、なんと中央からドラムセットとともに登場したももかが圧巻のドラムプレイを見せながら歌い上げる。圧倒された…
 ステージのバリエーションもさながらクオリティの高さにも驚かされ、子役時代からの芸能人生を振り返りつつ、手紙や最後のMCで声が出なかった時に支えてくれたメンバーへの感謝を述べる真面目さがステージにも遺憾なく発揮されたといえましょう。
 普段のももクロライブではどうしてもコールや振りコピに気持ちがいくので純粋に歌を楽しめました。ももクロはソロコンもアリだな。今後のあーりん、ももたまいも楽しみです。ももかありがとう。


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:52Comments(0)ももいろクローバー

2016年02月20日

ソロコンでありやす

 3/9に愛知県・日本特殊陶業市民会館フォレストホール(キャパ約2000)にてももクロ・高城れにちゃんのソロコンサートが行われる。これを皮切りに各メンバーのソロコンが行われる予定なのですが、公式サイトにて第二弾・ちっちゃいけれど元気で有安杏果のソロコンが決定!場所は…


有安杏果 ソロライブを横浜アリーナで開催!

http://www.momoclo.net/pub/pc/information/?id=2763

 横アリでソロコンて!キャパでれにちゃんの10倍以上あるんですけど!グループ規模やんか。この格差!推され隊に亀裂が入るのか!?
 この二会場の差から判断するに、れにちゃんの方は少人数でわちゃわちゃとする。近い距離感でのアットホーム・ライブであることが想像されるが、有安杏果はガチで聴かせる方向ってことだろう。何しろももクロ一の歌唱力があることはアコースティックライブももいろ夜ばなし第一夜・白秋での『なごり雪』で証明済みだからなあ。

 7/3(日)俺は横アリに行くしかないのか…

追記※あーりんのソロコンも横アリということが発表され、れにちゃん以外全員横アリなのまさか





杏果のガチさが堪能できる奥華子とのコラボ『三日月』

  


Posted by 縛りやトーマス at 23:09Comments(0)音楽ももいろクローバー

2016年02月12日

話題賞なんかでごまかされないぞ

 あえて言おう、カスであると!!


ももいろクローバーZ「日本アカデミー賞」話題賞に輝く

ももいろクローバーZが、「日本アカデミー賞」にて話題賞を受賞したことが明らかになった。

「日本アカデミー賞」話題賞はニッポン放送「オールナイトニッポン」のリスナーによる一般投票で決定。4万7014通の投票が寄せられた結果、ももクロは「幕が上がる」での演技が評価され俳優部門の受賞を果たした

http://natalie.mu/music/news/175865

☆ありがとうです。あーりんです。☆
http://ameblo.jp/sasaki-sd/entry-12127916149.html

 ももクロちゃんやあーりんには悪いけど、ないわー。話題賞とか、ないわー。『幕が上がる』がぶっちぎり日本アカデミー賞を受賞して当たり前だろうが…!もちろん新人賞だってもももクロ。主演女優賞を誰が取るかで揉めて結局あーりんが横からかっさらい、助演男優賞は天龍源一郎が獲得(当然)、壇上で天龍の名言、聞かせてくれよ!滑舌が悪くっても熱い気持ちは伝わるんだからよぉ!!

 …となるのが当たり前なのにすでに発表された日本アカデミー作品賞には『幕が上がる』関係はひとつもノミネートしなかった。
 今回リスナーによる投票で話題賞となったのは純粋に一般世間の声がももクロを求めたということでしょう。談合によって決められたノミネートにNo!を突きつけたということなんだぞ!日本アカデミー協会員は猛省せよ。



日本アカデミー賞協会員、反省しろ


  


2015年12月31日

2015映画ベスト10

 今年は大晦日に発表できるぞ!2015年の映画ベスト10です!それでは御覧ください!!トップ画像はこの間ABCラジオの『ほりナビ!!』に出た僕と堀江政生アナ、橋詰優子アナです!







10位 スキマスキ


 今年のエロ映画。佐々木心音の脱ぎっぷりと小悪魔演技も素晴らしかったが童貞青年を演じた町田啓太のカレーライスの食いっぷりがなんともよかった。劇団EXILE所属だから本来モテモテ野郎のはずなのに、半端ない童貞ぶりに泣けた。


9位 ビリギャル



 バカにするために観に行ったが意外によくできていたので驚いた!これはケータイ小説映画に変わる新しいアイドル映画の形なのではと思ったが、後に続くものがなかった。賞味期限切れのコーヒーを飲んだ有村架純が下痢ピーになってこれじゃビリギャルじゃなくてゲリギャルだよ!!


8位 ピクセル


 かつてのゲーマー少年だった負け犬中年がむしり取った衣笠昔とった杵柄で巨大な敵に立ち向かう。ゲームに賭けた血が騒ぐ!『ゲームセンターあらし』実写版のような展開に元ゲーマー少年の俺が泣かずにおれるか!


7位 心が叫びたがってるんだ。



 長井龍雪監督、岡田麿里脚本によるトラウマ少女が好きです…アニメ。ヒロインの凄まじいトラウマ少女ぶりが「メンヘルにもほどがある」「サークラ女の横暴」と心ない女ども(そこのお前だよ!)から批判を浴びていたが、そういう女の言葉がどれだけ人を傷つけるのか、学生時代にさんざん目の当たりにしてきたからわかる。そいつらの口を閉ざしてしまえ!水瀬いのりさんが最高です!


6位 味園ユニバース



 勘違いサブカルどもを大量に生み出したことには本気でイライラさせられたが、知ってる場所と知ってる人たちがたくさん出てくるとなんか嬉しいよね(素直に)。なにより渋谷すばると二階堂ふみはカッコ良すぎた


5位 パレードへようこそ


 イギリスを舞台にした炭鉱町のストライキをテーマにした映画に駄作なし!の定番どおり、『リトル・ダンサー』『フル・モンティ』に匹敵する傑作コメディ。俺も女の子と踊りたいんだ!


4位 セッション


 怒涛のように襲い来る「もっと!もっと!もっと!」音楽という名の暴力といっても過言ではない。そう、これは暴力映画だった!





 そしてベスト3の発表です!





3位 予告犯


 マグロ漁船に乗っていた時から評価していた生田斗真の魅力が爆発した一本。シンブンシらのように職場で理不尽な目に遭ったことがある俺は泣けて泣けてしょうがなかった。生田斗真はジャニーズ事務所内の他のタレントとは全く違う演技ができるところがすごいね。キムタクや岡田准一にはないものを彼は持っている。



2位 マッドマックス 怒りのデス・ロード


 映画という名の狂気であり、狂気という名の映画である。どんなCGや映像技術が生み出されようともこれに敵うものは誕生しない。トム・ハーディ(マックス)が主人公と思わせて実はシャリーズ・セロン(フュリオサ)の方が主人公だったという展開もグレイト!



1位 幕が上がる


 デス・ロードが狂気なら、これは映画という名の奇跡である。5人のために書かれた話と言ってもいいほど実際のももクロとリンクしたキャスティング、ストーリー。有安杏果の特性を逆手にとったキャラクターは圧巻。ももクロファンだという本広克行監督による「ももクロを真摯に応援したい」という気持ちが満ち溢れており(ももクロファンというのは彼女たちをただ応援したいやつらなのだ)、それがハロプロヲタやAKBファンとは違う点であり、『ピンチランナー』や『もしドラ』では達成できなかったものに『幕が上がる』は上り詰めた。


 選んだ10本は自分が応援できる映画にしました。『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』や『アメリカン・スナイパー』もすごかったけど、応援できるっていうのとは違うよな。


  


Posted by 縛りやトーマス at 20:02Comments(0)映画ももいろクローバー

2015年12月28日

君は生き残ることが出来るか?『ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~』

 今年のXmasは恒例のももクロクリスマスライブ、ももクリ2015に行ってきました!今年は23、24、25の3DAYS開催、そして場所は軽井沢。昼間でも氷点下になるという軽井沢のゲレンデにつくった特設会場(野外じゃねーか!)でライブ。殺す気か・・・・!!俺たちを・・・・殺す気か!!(福本伸行風)

 この辺の詳しいレポートは来月30日(土)アワーズルームで行われる『続・新アイドル十戒』で行いますのでぜひお越しを!自分でいうのもなんだけど俺は持っていると思ったわ。

 なのでこのブログではさわりだけ…ということで前日夜にバスで新宿まで。想像以上だったのは寒さではなく軽井沢までの道程。今回はJTBがバスツアーを組んで遠方からの客をバス車内やホテルに連れ込んでいたのだが、けっこう高額なのでそんなお金もない俺は深夜バスで東京・新宿に。そこからJRで大宮に行きさらに北陸新幹線で軽井沢まで直行(各駅で向かうこともできるが時間がかかるので断念)。自由席でも5000円以上かかる。バス代以外に現地までの移動費が1万円…
 しかも俺は24、25日の連チャンで参加するので現地に泊まる必要がある。そのお金もいるのだが、軽井沢の気取ったホテルや旅館に泊まるほどのお金があるわけもなく(ツアーを選択しなかった時点で…)、サウナとかネカフェとかないかな…と検索する軽井沢に一番近いJR小諸駅に一件ネカフェがあった。がよく調べると閉店していた。さらに調べるとそこからJRの佐久平というところまでいくとコミックバスターがあった。店の規模はそんなに大きくないがここが一番近くお金もかからない。
 問題はここにモノノフが大挙した結果泊まれず放り出されてしまった場合。冬の長野に取り残されて凍死ということだけは避けたい。幸い隣に24時間営業のデニーズがあるのでネカフェがだめな場合はそこしかない。とりあえず生きるか死ぬかの選択上生きることが選べる佐久平に24日のライブ終了後向かうことに。

 とスケジュールを決めて24日の新宿。バスを下りてすぐJR西口から大宮へ。少し早めについて目的のはくたか555号を待つ。
 自由席車内はほぼ満員でさらにモノノフたちが乗り込むので乗車率120%。無事軽井沢に到着。


軽井沢駅からの光景


 天候曇りだが、そんなに寒くはない感じ。この2日目が日程上一番暖かかったようでライブ中も晴れてました。シャトルバスで40分ほど揺られて軽井沢スノーパークへ。雪がそれなりに積もっている現地に到着。


照明が見えているあたりがライブ会場

 スノーパークに来てもそれなりに暖かかったので「極寒とかウソだろ!2年前の西武ドームの方が酷かったし!」周りを見ると普通のブーツ履いてる人もいるし。ユニクロで買った防寒ウォームパンツのせいもあって余裕でしたよ。ただ足元が雪、さらに会場内は踏み固められた雪が最終的に凍ってとても冷たくなったのですが…

 で、これ以上のことは1/30(土)に行われるアワーズルームでの『続・新アイドル十戒』をお楽しみに!(宣伝)ということになりますが、会場が特殊なのでいつもの大仕掛が出来ず、楽曲のパフォーマンス中心のライブであり、キャパ6000前後の距離感はかつてのライブハウス規模に近く、歌っている間にメンバーが歩いて周囲を回れるほど近かった。ホール規模のビッグマッチで豆粒のようなメンバーを見るしかなかった人やかつてのライブハウス規模のももクロを知っている人は懐かしさを感じたのでは。
 大仕掛に慣れきった一部の人からイマイチだったという声も聞かれるけど、国立ライブや日産スタジアムの桃神祭である意味頂点に達した感のあるももクロライブは今変換期にあって今回はあくまで現地にたどり着くまでの行程やスノーパークのライブというロケーションを含めての体験を楽しめてのもんでしょ!俺は去年の会員証期限切れ騒動で苦労して観に行った分、他の参加者より楽しめたという思いがあるので今回も色々苦労できて最高でしたよ。

 それに今回のライブタイトルは『ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~』だぜ。生き残れ!っていうのは過酷なロケーションの意味もあるけど、ここ数年の大仕掛中心のライブとは違うことをするが、君らはこれを楽しめないのか?落ちていくのか?モノノフなら生き残れ!って運営からのメッセージではないかと。俺は生き残ったぜ!今年も最高だったしな。


 メンバーパフォーマンスのことを書くと、今回最高だったのはあーりんで普段「人並みに出来る唯一のスポーツがスキー」と言っていたにも関わらず二日目のアンコールで他のメンバーがソリで斜面を滑降する中一人だけスキー板を履いて登場。しかしあーりんだけノロノロ超低速滑降で到着間に合わず…三日目はソリを使ったのにやはり一人だけ遅れて歌のスタートに間に合わず、最終的にソリを捨てスタッフに手を引かれ歩いてやってくるという超ヘッポコぶり(前日は間違えて石鹸で髪を洗うというドジも)を見せていたのがたまらなく可愛かった。
 ももクロChanのあーりんクッキングをはじめとする「どうも佐々木彩夏というのは実はヘッポコだったのではないか」疑惑がより深まってまたもメンバー個々の魅力が増した感じ。大仕掛がなくても楽しめるということを見せたももクリ2015、やはり最高でした。

 このさらに詳しい現地参加レポは1/30(土)の『続・新アイドル十戒』でやりますのでぜひお越しください!


1/30(土)
『続・新アイドル十戒』
場所:アワーズルーム
開場:17:30 開演:18:00
料金:2500円(1drink付)
出演:竹内義和 縛りやトーマス

  


Posted by 縛りやトーマス at 11:25Comments(0)ももいろクローバー行く年来る年

2015年11月26日

声優枠はひとつです

 今年の紅白歌合戦出場歌手がようやく発表。発表時期を一ヶ月もずらしてようやく発表されたわけだが、事前に予想されていたμ's、レベッカ、BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。、大原櫻子、乃木坂46、星野源らが初出場(つまりサプライズや目玉がほぼ皆無)。
 その影で連続出場をかけていた水樹奈々、ももクロ、SKE48が枠から漏れた。


モノノフのみなさんへ
http://www.momoclo.net/pub/pc/information/?id=2527&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

ももクロ、紅白「卒業」を宣言! 「『私たちの道』を歩き続けます」
http://www.rbbtoday.com/article/2015/11/26/137363.html


 ももクロ落選は明らかに「スタダ側からの申し出」が強いと思う。連続出場を続けるより「あえて出ない」方が話題性があると踏んだのではないか。また妹分のエビ中やしゃちほこが「ももクロに代わって紅白出場を目指す」というストーリーも描けるし。無意味にグループを拡大して落選しているSKEが「来年に再起をかける」とか盛り上がりにかける惰性の紅白出場ごっこをしているAKBグループはよりつまらなさが目立つねえ。

 気になって仕方がないのはほぼ紅白の顔として出場を続けていた水樹奈々の落選だろう。μ'sが初出場となったが、これって要するに水樹奈々の代わりだよな。
 私は紅白の水樹奈々というのはもはやアニメ・声優枠ではなくて一般の歌手枠として出ているのだと思っていたのでこの決定は疑問だ。こうなった以上NHKは水樹奈々をアニメ・声優枠として扱っているということだったのか。アニメ・声優枠はふたつもいらないよってわけね。AKB枠はいっぱいあるくせに!
 アニメファンは喜んでるかもしれないけど、水樹奈々が一般歌手枠として扱われることや、何かの間違いで田村ゆかりさんが出場したりした時の方がよっぽど衝撃的で価値があると思いますよ!





  


Posted by 縛りやトーマス at 23:53Comments(1)声優アニメももいろクローバーテレビ

2015年10月14日

ももクリ2015・軽井沢地獄編

 ももクロ年末最大のイベント『ももいろクリスマス2015』の詳細が発表された。

ももいろクリスマス2015
~Beautiful Survivors~

http://www.momoclo.net/momochri2015/




 今年の開催日は12/23(祝)、24、25の三日連続開催。場所は群馬県・軽井沢スノーパーク。か、軽井沢!?年末の軽井沢て…しかも会場はゲレンデ。屋外開催。オールスタンディング。注意書きに

◆開催時期の軽井沢スノーパークは日中でも氷点下になる可能性があります。◆

 とあるぐらい。しかも雨天決行しようという。殺す気か!!と参加するだけでも命がけなのだが、会場には徒歩で向かうことができない。これまた注意書きには

◆今回の公演では、自家用車・タクシーおよび徒歩など、ご自身による交通手段で軽井沢スノーパークに直接ご来場することはできません。◆

 山中のために徒歩で向かうことは不可能で、自動車を使わないと向かうことができない。当然観客全員を収納する駐車場などないためシャトルバスのみが交通手段にされた。この間の長渕剛富士山ライブと同じ状況なわけだ!
 ライブの観客は一人9000円のチケット代にプラスして、シャトルバス代かJTBが主催するツアーバスもしくは宿泊プランを強制的に利用させられる。そのプランは以下だ。


軽井沢駅まで主要交通機関を使って来て、シャトルバスのみを利用する場合
【パターンA】
軽井沢駅から「Survivor's Shuttle(サバイバーズシャトル)」でのご来場
チケット代 ¥9,000+往復Survivor's Shuttle ¥3,000



全国各地からJTB主催のツアーバスを利用する場合
【パターンB】
全国各地から発着の、「JTB Beautiful Survivors Tour (JTBビューティフルサバイバーズツアー)」でのご来場
チケット代 ¥9,000+ツアー代金(プランによって金額が変わります)



自家用車などで軽井沢駅周辺のももクリオフィシャル駐車場に車を止めてシャトルバスを利用する場合
【パターンC】
軽井沢駅周辺のももクリオフィシャル駐車場 + 「Survivor's Shuttle(サバイバーズシャトル)」をご利用
チケット代 ¥9,000+駐車場代 ¥2,000+往復Survivor's Shuttle(サバイバーズシャトル) ¥3,000




 このうちパターンBのJTBツアー<JTB Beautiful Survivors Tour(JTBビューティフルサバイバーズツアー)>にも複数のプランがある。
 まずは遠方に住んでいるし、各地からJTBのツアーに参加して日帰りするよ、という人は…

◆A.日帰り往復バスプラン ”乗換ナシで会場直行!!”

<出発日>
12/23(水・祝)、24(木)、25(金)
<発着地>
前橋/高崎/宇都宮/大宮/土浦/東京/横浜/金沢/富山/新潟/長野
<コースポイント>
軽井沢駅での面倒な乗換ナシ!!
各主要都市から会場へ直行。終演後は“ももクリ”の余韻に浸りながらスノーパークから乗換ナシでご帰宅出来るプランです。
なお、会場到着後バス下車の際に、不要なお荷物をバス車内にお預け頂けます!!
※バス下車後、バス乗務員は安全運行の観点から休憩となるため、終演後までお荷物の出し入れは出来ません。
<予定旅行代金>
おひとり様@12,800円~@19,800円
※発着地により料金が異なります。



 これがツアープランの中で一番低予算で安心して参加できる。そしてせっかく軽井沢まで来たんだから、ゆっくり現地で一泊して帰りたい…という人はこちら。


◆B.1泊2日往復バスプラン ”遠方からでも安心して参加!!”

<出発日>
12/23(水・祝)、24(木)、25(金)
<発着地>
仙台/郡山/浜松/静岡/名古屋/大阪/京都/広島/岡山
※名古屋が追加になりました。[10/10更新]
<コースポイント>
軽井沢駅での面倒な乗換ナシ!!
電車でのアクセスが難しいエリアにお住まいでも、安心してご参加いただけるプランです。
各主要都市から会場へ直行し、終演後は“ももクリ”の余韻に浸りながら軽井沢にて1泊ステイ!
翌日ゆっくりとバスにて帰宅できるプランです。
なお、会場到着後バス下車の際に、不要なお荷物をバス車内にお預け頂けます!!
※バス下車後、バス乗務員は安全運行の観点から休憩となるため、
終演後までお荷物の出し入れは出来ません。
<予定旅行代金>
おひとり様@25,800円~@59,800円

※発着地・ご利用ホテル・お申込み人員により料金が異なります。



 次は前日に軽井沢に到着してLIVEに備えたいという人向けの前泊プラン。


◆C.1泊2日JRプラン(前泊コース)
”公演前日に軽井沢到着、LIVEに向けてスタンバイ!!”

<出発日>
12/22(火)、23(水・祝)、24(木)
<発着地>
東京発着のみ
<コースポイント>
公演前日に到着し、あしたの“ももクリ”を夢見てゆったり軽井沢ステイ!
翌日の終演後、新幹線で東京へ。
なお、会場到着後バス下車の際に、不要なお荷物をバス車内にお預け頂けます!!
※バス下車後、バス乗務員は安全運行の観点から休憩となるため、
終演後までお荷物の出し入れは出来ません。
<予定旅行代金>
おひとり様@30,800円~@47,800円

※ご利用ホテル・お申込み人員により料金が異なります。



 前泊よりはライブの余韻を感じて後泊したい、という人向けのツアー。これは現地まで自力でやってきた後、帰宅は新幹線となる。

◆D.1泊2日JRプラン(後泊コース)
”公演当日に到着!! LIVEの後は、ゆっくりホテルステイ!!”

<出発日>
12/23(水・祝)、24(木)、25(金)
<発着地>
東京発着のみ
<コースポイント>
公演当日に到着し、終演後は“ももクリ”の余韻に浸り軽井沢にてゆったり1泊!
翌日、ホテルチェックアウト後、新幹線にて東京へ。
なお、会場到着後バス下車の際に、不要なお荷物をバス車内にお預け頂けます!!
※バス下車後、バス乗務員は安全運行の観点から休憩となるため、
終演後までお荷物の出し入れは出来ません。
<予定旅行代金>
おひとり様@30,800円~@47,800円

※ご利用ホテル・お申込み人員により料金が異なります。



 止めは空路で行き来する前後泊プラン。北海道、福岡、北と南、端に住んでいる人向けです。

◆E.2泊3日AIRプラン
”遠方からでも絶対参加!! すべてのアクセスが付いたスペシャルプラン!!”

<出発日>
12/22(火)、23(水・祝)、24(木)
<発着地>
札幌/福岡
<コースポイント>
公演前日に羽田空港到着、ツアーバスにて移動し、あしたの“ももクリ”を夢見てゆったり軽井沢ステイ!
公演当日は、往復共にツアーバスにて会場へアクセス。安心してご移動ください。
終演後は“ももクリ”の余韻に浸り軽井沢にてさらに1泊!(2連泊となります)
翌日、ホテルチェックアウト後、ツアーバスにて羽田空港へ。空路にて、各地へとお戻り頂きます。
なお、会場到着後バス下車の際に、不要なお荷物をバス車内にお預け頂けます!!
※バス下車後、バス乗務員は安全運行の観点から休憩となるため、
終演後までお荷物の出し入れは出来ません。
<予定旅行代金>
おひとり様@67,800円~@107,800円

※発着地・ご利用ホテル・お申込み人員により料金が異なります。



 その上で氷点下の屋外ライブのため、「防寒対策をきちんとしろ!」とお達しが。



 イラストにある「今回はタンクトップはマジでダメ!!」とは2013のももクリ(西武ドーム)について『ももクロChan』『ももクロくらぶxoxo』で高城れにちゃんが「紫推しはタンクトップで来て」「ふざけんなよ!寒くねーんだよ!」「凍った気持ちを溶かすぐらい熱くするんだよ!」「自分なりに工夫したタンクトップで来い」と煽りを入れたため、真に受けた紫推しが「俺たちは試されている?」とタンクトップで集合してエライ目に遭ったことを差している。クリスマスの軽井沢でタンクトップは本気で死ぬ。フリじゃねーぞ!絶対、やめろよ!タンクトップやめろよ!

 ということで防寒着を揃える金も要求され、今年はとにかく金がかかる。チケット、交通費以外で!!
 ももクロはどこまで俺たちを試すのか。このままではくたばるということも…やる前からくたばること考えるバカいるかよーーーーーー!!


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:19Comments(0)ももいろクローバー

2015年10月12日

女だけの時にも文句いえばいいのに

 10月末に福岡・太宰府で3年ぶりに行われるももクロのライブ『男祭り』。これは男性のみが観覧できるライブで2011年(品川ステラボール)と2012年(日本武道館)の二回、行われてきた。ところがこの開催をめぐってややこしい騒動が起きている。


「ももクロ」公演、男性限定に疑問の声 福岡・太宰府市
http://www.asahi.com/articles/ASHBB4Q81HBBTIPE00J.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr02


 開催をめぐって、福岡市の女性団体が「市が絡む公の記念行事が、なぜ男性限定なのか」とクレームをつけているのだという。今までの男祭りはホールを借りての公演だったから、そんなクレームは予想もしていなかっただろうが、今回は「水城・大野城築造 竈門神社創建1350年 九州国立博物館 開館10周年 日本遺産認定記念 ももクロ男祭り2015 in 太宰府」と銘打った市の記念行事に絡んだ公演だったので市民の税金が使われているとなると、眼の色を変える連中によって槍玉に挙げられたわけだ。

 天満宮側は別の形での開催を依頼したが、スタダ側は「この形でやりたい」と断ったという。朝日新聞デジタル版の記事では

>市の担当者は「市は実行委に入っているが、コンサートの内容を決める権限はない。
>女性限定、10代限定などのコンサートもあり、男性限定も問題ないのではないか」と話す。
>当日は福岡市の映画館などでライブビューイングがあり、女性限定で見られるという。


 とあるようにももクロは女性限定の『女祭り』も同時に開催している。そもそもこの限定ライブは「ライブの観客が男性ばかりで行き難い」というファンの意見があったことから始まった企画で、会場でコラボグッズとして出たgalaxxxyのパーカーはその後の定番アイテムにもなった、その後の路線に影響を与えたライブだぞ。それと相対する形の『男祭り』を企画しただけなんだから女性差別の思想はどこにもない。

 おそらく博多祇園山笠とかにも「女性差別だ!」と抗議するような連中が絡んでいるのだろう…こういう人たちが『女祭り』に対して「女性しか参加できないなんて、性差別だ!」と訴えるならわかるんだけどさぁ…
 「公営のライブなんだから運営は内容に気をつけるべきだった」という意見もあるけど、説明したとおり性差別の思想そのものがないので、クレーム自体、ズレてるんだよ。

 この面倒くさい騒動を解決する手段は一つしかないな…次回、太宰府で『女祭り』やればいいんだよ!今回の男祭りのクライマックスに登場した南国ピーナッツ(松崎しげる)が「次回は太宰府で『女祭りだー!」と宣言するしかないな。これで解決だ。






  


2015年07月16日

高城れに、やれんのか!やれますよ!!

 7/31エコパスタジアムの電流決戦が迫るももクロ桃神祭。そんな中、襲撃された二人のうちの一人、ビリビリ感電少女の高城れにちゃんがまさかの負傷に見舞われた。



高城れにに関するお知らせ
(2015/07/16更新)

この度、メンバーの高城れにが「桃神祭2015」ライブリハーサル中に転倒してしまい、病院で診察を受けた結果、左手・橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)全治4か月と診断されましたことをご報告させて頂きます。
7月18日(土)に開催される「ももクロChan公開収録」への高城れにの出演は見合わさせて頂きます。静岡県・エコパスタジアムにて開催される「桃神祭2015」には出演する予定です。

http://www.momoclo.net/pub/pc/information/?id=2122&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter


橈骨遠位端骨折

橈骨遠位端骨折は転んで手をついたときに多く見られる骨折で、
手首の付け根のところの骨が折れてしまうことをいいます。

http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/11toukotu.htm


 かつてのあーりんのように足の骨折ではないのでダンスなどのパフォーマンスに大きな影響はなく桃神祭には出場できるようで安心。最初はエコパ決戦への前振りかと怪しんでしまったよ。やれんのか!やれますよ!!ギブスをはめた高城れにが登場!ヒャダインの挑発を受けて腕を振り上げ、ギブスを破壊。ギブスの下からは完治した腕が!そのまま強烈なレインメーカーを放つ!金の雨を降らす高城れに!そんなエコパのリングを想像。7/31は荒れるな。




  


Posted by 縛りやトーマス at 22:21Comments(0)ももいろクローバー

2015年07月09日

ヒャダインとももクロのじょーじょーゆーじょー(アングル編)

週末ヒロイン、ももいろクローバーZにとって夏の定番ビッグイベント、桃神祭がやってきた。今年の開催地はリーダー百田夏菜子の地元静岡にあるエコパスタジアムで7/31、8/1の2DAYS行われる。




 映画、舞台『幕が上がる』以来特に大きな動きのなかったももクロにとって久々のビッグマッチだがもはや紅白の常連と化し、鶴瓶を始めとする芸能界の大物と気軽に番組までしてしまうももクロ。もはやデカイ騒動やサプライズなどありえなく、『幕が上がる』が日本アカデミー賞を取るとか、古屋マネージャーが最大の権力を握って川上を追い出すとか、高城れにがソロコンサートを武道館で開催するぐらいのことでもしないと話題がないといえば…ない!
 のだが、公式ファンクラブサイト、エンジェルアイズにファンクラブ会員しか見られない動画があるのだが、7/1に突然謎の動画がアップされたのだった。



 真っ黒の画面に音声だけが流れ、ビール瓶を叩き割るような破裂音、破片塗れで床に仰向けになっている高城れに、ももクロちゃんの悲鳴、そして去っていく謎の男の背中に被さる「ちょっと待てよコノヤロー!」「やりすぎだろ!」と川上マネージャーの怒声!最後に「7月7日 ももクロChanを見逃すな」の文字…


去っていく男の背とドン引きするももクロちゃん


 この動画がアップされるやいなや、ファンクラブ会員の間で「謎の男はヒャダインではないのか?」と噂が駆け抜ける。ヒャダイン=前山田健一は言うまでもなく『行くぜっ!怪盗少女』の作詞作曲者であり、その後のももクロの方向性を決定づけ、ブレイクに導いた功労者だが最近では楽曲の提供がなく、同じスターダストに所属している妹分グループのエビ中やたこやきレインボーに集中して曲を提供している。
 これには川上マネージャーとの確執があると長い間言われており、事実3rdシングル『ミライボウル』では「ソングライティングしたかったのに任されなかった」と不満を漏らして作曲者クレジットを大隅知宇との共作にしてくれるよう申し入れたとか、2ndアルバム『5TH DIMENTION』の際に「大切なものをなくしている」とか批判めいたコメントを出したりと、二度も確執を感じさせる発言をしていたのだった。

 最近では大物アーティストとのコラボ曲が多く、ますますヒャダインの出る幕がなくそれを寂しがるファンも多かったのでここでやらかしめいた騒動があるということはひょっとして…と期待したファンが迎えた7月7日、テレ朝で『ももクロChan』が放送。番組は関西でもオンエアされているが数週間ずれて放送されているので関西圏住人の俺は見られないのだが、テレ朝動画のサイトで肝心の場面のみが期間限定配信されているのでご覧頂きたい。結論からいうと謎の男の正体は間違いなくヒャダインであった!!



【期間限定配信 特別編】ヒャダインがエコパに参戦?!
http://www.tv-asahi.co.jp/douga/momocloch/245


 番組はなぜかテレ朝の廊下、控室の傍で撮影され、扉には「ヒャダイン様」の紙が…(隣が瀧本美織)れにちゃんがやたらと控室を気にしながら撮影は続くのだが、突如ドアが開いて不機嫌そうな顔をしたヒャダイン登場。川上マネージャーが一旦カメラを止めようとしたところ、川上の後頭部をヒャダインがビール瓶で殴打!崩れ落ちる川上!
「何やってんだよ!何やってくれちゃってんの!」
 とマネージャーがやられて怒髪天を突くれにちゃんにも容赦無いビール瓶攻撃が浴びせられる。グロッキー状態の彼女をガン無視して立ち去るヒャダイン!
「ちょっと待てよコノヤロー!7月31日エコパでリング用意して待ってるからな!ぶっ殺してやるコノヤロー!電流だ電流!」
 とさっきまでのされていたはずの川上マネージャーが激昂、ヒャダインに挑戦状を叩きつけたのであった…




 久々に高まってきましたな。プロレスヲタの川上マネージャーがちゃっかりヒャダインとの確執をネタにして桃神祭に仕込むというアングルが見事に盛り上がった!プロレスっていうなコノヤロー!ぶっ殺すぞ!!
 一般二次受付がまだやってるから申し込もうかな。




  


Posted by 縛りやトーマス at 00:18Comments(0)ももいろクローバー

2015年03月01日

一生に一度、この原作に出会えた奇跡『幕が上がる』



 「いま、会えるアイドル」ももいろクローバーZ初主演(Z以前の6人時代にモキュメンタリー『シロメ』という作品があるが、Zになってからは初)映画。こいつがアイドル映画の新たな指標になる!

 県立富士ヶ丘高校演劇部は演劇大会地区予選を優良賞(参加賞と同じ意味の一回戦敗退)で終え、2年生のさおり(百田夏菜子)は部員たちから押し付けられるように部長にさせられる。
 新年度の新歓オリエンテーションでさおりは初めて演出した『ロミオとジュリエット』の抜粋版を発表するが、惨憺たる出来と観客の反応に落ち込み演劇に楽しさも目標も見いだせなくなったさおりは部長、演劇そのものを辞めようと言い出そうとした時、新任美術教師の吉岡(黒木華)にアドバイスを受ける。役者一人一人が自分自身のことを芝居にする『肖像画』というのをやってみたらどうか、と。「シェークスピアよりは簡単」だという吉岡に簡単なことが出来ないから悩んでいるのに、とむかついたさおりは逆切れ気味に「簡単なら先生がやってみせてください」と言い放つ。「わかった」と即興で芝居をしてみせた吉岡にさおりら部員は目を奪われる。
 この場面、「黒木華が演技をすると風が吹く」という描き方でそりゃあ「凄い演技をいきなりする」って描くのは難しいだろうけど、ちょっと笑ったわ。

 吉岡が元学生演劇の女王と呼ばれた存在だとスマホで検索して知った(笑)部員らはなんとしても顧問になってもらおうと吉岡を追いかけまわし、「見学だけなら」と言わせてしまう。
 部員のがるる(高城れに)のクラスに演劇で有名な名門校から中西(有安杏果)が転校してくる。(ここでれにちゃんが「ヤバいヤバいよー!」と出川哲郎ばりの奇妙な動きを見せる、いかにもな場面)彼女が入部してくれればプラスになる、とがるるらは盛り上がるが、演劇部の看板女優であるユッコ(玉井詩織)は自分の居場所を奪われるかもと不機嫌になる。ちなみに玉井詩織の父親役がプロレスラーの天龍源一郎なんですけど(ジャンボ鶴田をもじったニックネーム、ジャンボ玉井の父親だからか)例によってまったく何をしゃべってるのかわかりません。こういうくすぐりネタもたくさんあるのでモノノフは笑ってください。

 吉岡の指導のもと、『肖像画』の自主公演を成功させたさおりらは確かな自信を掴み、吉岡も「君たちと全国に行きたい」と本格的に演劇部に関わるようになるのだった。
 さおりは演出に専念するため、最後の大会に役者としては出ないことを選択。脚本を任されるも題材を何にしていいか悩む。この悩む場面の演出、それまでは普通の高校生の生活が描かれるのに一転ファンタジーになって見てるこっちが気恥ずかしくなった。こういうシーンいらないのに…

 夏休み、演劇全国大会のボランティアに中西とともに参加するが全国のレベルを目の当たりにし、ますます落ち込むさおり。帰りに駅のホームで中西が転校した理由を告げられ、はっきりと演劇部に誘う。ホームにやってきた電車を見て中西がつぶやいた一言からさおりは題材を『銀河鉄道の夜』にすることを決める。主人公のジョバンニはユッコ、親友カンパネルラは中西。その決定にユッコはぎこちない態度を取るのだった。
 東京での合宿を終え、万全の状態で挑んだ地区予選。だが、始まった途端に二年生の明美(佐々木彩夏)が小道具を取りこぼすというアクシデント。それをきっかけに細かいミスが連発、大きなミスはなかったものの芝居を終えた後の部員たちは完全に意気消沈。しかしなんとか3位に滑りこみ、県大会突破を目指す部員らに一通の手紙が届く。


 物語は「高校の弱小部活が教師の指導のもと全国大会という目標を目指しつつ、その中で衝突、友情が描かれ人間的成長を遂げる」という王道の青春映画であり、何よりも青春時代に打ち込めるものを見つけたとき、その人がキラキラ輝く瞬間を鮮やかに切り取った映画だ。
 主演はももクロの5人だが、ポスタービジュアルからも伺えるように部長役のリーダー、百田夏菜子が実質的な主役で、彼女は序盤までは何かにイライラするような、ふてくされた表情ばかりしているが黒木華演じる吉岡と出会って自分のイライラの原因が何だったかわかる。演劇の楽しさ、面白さを見つけられなかったからだ。それを見つけた時の夏菜子のキラキラ感、背後に星を背負っているのが見えた!彼女は途中からももクロのリーダーにされ、やりたくないのを押し付けられてまったく楽しくなかったのだがやがてリーダーとしてのやりがいを見つけてグループの中で輝き出す。
 映画のストーリーとももクロのストーリーは完全にリンクしていて、平田オリザの原作はももクロの存在を知らずして書かれた物なのに、当て書きしたかのようなのだ。中西が前の高校を辞めた理由は原作とは違っていて、演じた有安杏果のキャラクターを知っていれば冷静ではいられない。玉井詩織、高城れに、佐々木彩夏のいずれも本人らしさが滲み出ている描かれ方で、演じている本人も自分たちのことだと思って演じているのでなんとも自然な演技になっており、モノノフ(ももクロファンのこと)は普段見ているももクロをオーバーラップして見るし、ファンでない観客はあまりの自然さに違和感を感じることもない。
 このような原作にももクロが出会えたことは一生に一度あるかないかの奇跡でそんな奇跡を掴んでモノにするあたりもたまらなく「ももクロ」なのだった。
 ここで終わりじゃない、これから彼女たちの幕が上がる!というラストシーンも涙が止まらない、が「この後は舞台版でお楽しみください!」的な幕引きだけは気になった(5月のももクロが同じ役を演じる舞台版がある)。


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:20Comments(0)映画アイドル映画ももいろクローバー

2014年12月31日

胸にジンと響くDear My Fellow

 有安杏果を欠いた状態の2014紅白ももクロのステージが終了。


 なんとももかのステージ衣装を切り取ってメンバー4人に一部分ずつ縫い付けていた。特別な演出はしないと言っていたがやっぱりね~




 今回の曲『My Dear Fellow』の途中コーラス部分が入るのだが、そこを24、25日のももクリで集まった観客に歌ってもらって、その部分を紅白に使用。俺が歌った部分が紅白に使われたぞ(笑)。

♪奇跡なんかは待つものじゃない
 君がその右手で
 勝ち取るものだから


 の部分な。
 ラストでは緑のライトがステージに溢れるという演出もあり、3年間で一番気持ちが乗った回ではあった。ももか見てる?こんなの見せられたらももか泣いちゃうよ。

\ももかー/
「なんだよぉ~」  


Posted by 縛りやトーマス at 23:29Comments(1)ももいろクローバー

2014年12月31日

3年目のダウン

ついに三度目の紅白を迎えるももクロちゃん。今年は三年連続出場を記念した三度目の正直Tシャツがファンクラブで販売、俺もすでにゲットして3年目の祭りを祝うぜ!と意気込んだのだが


ももクロ・有安杏果、インフルエンザ感染…紅白は残りの4人で
http://www.sanspo.com/geino/news/20141231/ido14123105010002-n1.html
ももクロ・高城、4人での紅白出場に弱気「有安の代役は重すぎ」
http://www.sanspo.com/geino/news/20141231/ido14123116570003-n1.html

 元気なありやす、ももか!でお馴染みの有安杏果がインフルでダウン。まさかの4人編成での紅白に。グループ内ユニット“事務所に推され隊”の片割れでもある高城れにちゃんがここまでヘロヘロ(いつもなら「私が有安の分までやってやるよ!!」と勢いづくはずが)なので、相当だと思われる。
 人数が多すぎて一人二人抜けたとことで視聴者は誰も気づかないし、ズバリ言うと誰かがいなくなっても代役はいくらでもいるAKBと違ってももクロから一人抜けるのは大変なのだ。
 ももクロの出場時間帯は21時過ぎの2部が始まってすぐ。もうどうこう言ってる時間はないのだ!4人ならではのパフォーマンス、見せてもらおうやないか!


  


Posted by 縛りやトーマス at 20:55Comments(0)ももいろクローバー

2014年12月25日

ももいろクリスマス2014~このミッション、インポッシブルです!~



 今年もやってきました。ももいろクリスマス2014さいたまスーパーアリーナ大会12/24~25。2013極寒の西武ドームに轟いた国立決定の告知。あれを超える感動を求めて今年もやってきました。でも西武ドームのももクリだけはマジで勘弁して欲しい。
 そして俺にとって今年のももクリは史上最大のミッションをくぐり抜けてたどり着いたということをお伝えしたい。

 すでにエンジェルアイズ(ももクロファンクラブ、以下AE)枠でチケットを確保した俺は入場の際に必要なAE会員証を探した…が見つからない。どうも紛失したようだ。入場はAE会員証がないとできない。仕方なく会員証を再発行届けをして再発行料1500円を振込む。が待てど暮らせど会員証が届かない。振り込んだのは12月頭。開催が迫る19日にファンクラブに問い合わせの電話をする。「その時期に振り込まれたのなら、会員証の到着は翌年になりますね」とのこと。それじゃ間に合わないやん!電話の向こうの声はあくまでも冷静に「会員証未着の場合は以下のものを当日にご用意ください」というのみだった。

 1.再発行料の振込みを完了した通知メール(画面を見せるかプリントアウトした紙)を提示
 2.写真付公的身分証明書(免許証や学生証、住民基本台帳カードなど)


 この二つがあれば会員証がなくても入場は可能。しかし俺は唯一持っていた運転免許証が期限切れのまま更新してなかったのだった…「その場合は以下の公的身分証明証を2点ご用意ください」

 健康保険証、社員証、学生証・生徒手帳、(写真なし)住民基本台帳カード、年金手帳

 俺が持っているのはABCで仕事する時に使う入館証ぐらい。「社員証」には相当するはずだが、2点必要なのでそれだけでは入場できない。それを伝えると「2点ご用意いただけない場合は入場をお断りする場合があります」えー!チケット代払った後なのに入場できないの?
 ももクロはAE会員枠チケットの転売防止目的のため当日現地でチケットを発行したり、顔認証システム導入や、写真つき公的身分証明証を提示しないと入場できないというとにかく融通が効かないのであった。
 会員証が届かない以上公的身分証明証として運転免許証を更新するしかない。しかし現在は19日。期限切れ運転免許証を更新できる運転試験場の空いている日は月曜22日と開催日当日の24日。月曜に運転免許を更新して火曜夜に予約済みの高速バスで出発すれば問題はないはずだった…が、月曜はABCでラジオ収録がある。それが終わった後で試験場に行っても間に合わない。月曜の更新は不可能となった。
 残された手段は開催当日の朝一に試験場に飛び込んで免許更新、新大阪から新幹線で東京入りするしかない。当然バスはキャンセルだ。とほほ。しかも俺は最近すごく視力が落ちているので(知らんがな)視力検査で引っかかる可能性があるのでメガネを作る必要が。メガネ代+新幹線代の無駄な出費!このミッション、インポッシブルです!!
 でもこれらをクリアしないとももクリには行けない。バス代もチケット代もすべてパァ。徒労と浪費が残るだけ。まあ悪いのは全部自分だし。しかもこの間無くしたはずの会員証が見つかったりもしたのだった(再発行料振込み後はその会員証は無効になるので今更見つかっても意味なし)。
 
 まずはメガネを作りに行く。検眼すると視力0.2という絶望的な結果。メガネはあっさり出来たので24日、朝一で光明池の試験場へ。視力検査クリア、10時半から講習(違反者講習なのできっちり2時間…)、出来上がった免許証を手に新大阪から13時50分発の新幹線に乗り、16時半前に東京着。さいたまスーパーアリーナまでは電車で約30分。ももクリ2014は16時半開場、18時半開始なので余裕で間に合う。神は居た!
 現地で一緒に見る予定だった地獄の遺伝子・ヘル東内と待ち合わせ(ヘルの分のチケットもAE枠で取ったのだ)。さいたまスーパーアリーナ1Fの展示ブースで会員証未着を伝え、出来立ての運転免許証を「どや!」とばかり見せるが受付の人は特に気にするわけでもなく(そりゃそうだ)、粛々の受付作業が済み、チケットが発行される。長い戦いが終わった…(まだ始まってないよ!ライブ前だよ!)

 すでに開演まで1時間となった物販エリアで買う予定だったギガライトVer.5売り切れの表示を見てヘルと二人と絶望した後、さいたまスーパーアリーナ内へ。座席はアリーナ上段で会場は見渡せるけど距離がありすぎなのでなんかイマイチ感。しかしライブは最高。

 OP、ロボットダンサー集団による「笑顔を無くした機械人形」のパフォーマンス(もちろんステージで笑顔を取り戻すのがももクロというわけだ)後で検索したら黄帝心仙人というよしもとクリエイティブエージェンシー所属のダンサーが率いる株式会社タイムマシーンというグループらしい。この後ももクロメンバーを模したロボットが現れ、プロジェクションマッピングで頭部にメンバーの顔が映しだされて心のないロボットに魂が吹き込まれる…という演出だったけれどれにちゃんの顔だけ映らないという痛恨のミス。なぜいつも高城れにがオチ担当なんだ!?それともれにの魂は浮遊していたのか?何事もなかったかのようにPRIDEのテーマ(さいたまスーパーアリーナだからね)でスタート。一曲目がなんと『上球物語 -Carpe diem-』。物凄い巻舌で歌うナンバーなのに舌も滑らかになってない一曲目に持ってきていいのか?もちろん心配無用。『サラバ、愛しき悲しみたちよ』『黒い週末』のアッパーなセトリが続くが音響がイマイチで声が拾いきれてない様子なものの、『白い風』『空のカーテン』『月虹』といった聞かせてくれるナンバーの仕上がりはバッチリ。
 限定シングル収録の『Chai Maxx ZERO』は『Chai Maxx』の前、ナンバーゼロという位置づけだそうで、夏菜子が「今度はChai Maxx NEWがいい」と言い出すもしおりんから「ネクストじゃね?」と突っ込まれる。「また英語もわからないのに適当なこと言って…」とメンバーから非難されまたも天性のバカっぷりを発揮するリーダーであった。
 そしてももクリ定番の『サンタさん』~高城れにマジックショー。今回は「なぜ高城はマジックに挑むのか?」というインタビュー映像つき!今年は一味違うのか?ちなみに去年の西武ドームでは玉井詩織切断マジックを成功させた際「来年は火を使いたい」と危険なことをのたまっていたが…今年はボックスに玉井詩織を入れて高城れにの手下たちが剣をぶっ刺す…というもの。しおりんが絶賛された後で嫉妬したれにちゃんがボックス内に入り、同じように剣を刺すのだが…ここでしおりんが手下に命じて火をつける!!たちまち炎上する高城れに!最大のピンチ!!どうなる高城れに!…まあ無事脱出してるんですけどね。来年は「水を使いたい」そうです。冬なのに水?
 ゴンドラ移動にて『コノウタ』『スターダストセレナーデ』、ソシアルダンスチーム“ソシアルクローバーZ”による『全力少女』『ミライボウル』といったももクロナンバーをアレンジした社交ダンスからクライマックス、KISSライブにももクロゲスト告知でアンコールへ。初日ラストは『走れ!』でフィニッシュ。
 ももクロにとってはさいたまスーパーアリーナって定番のハコなので「ついにやってきた!」って感じでもないし、夏の日産スタジアムみたいなお祭り感もないので、初日のライブに感じたのは「堂々たるステージ」ってとこか。タイムマシーンやソシアルダンスのパフォーマンスもいつものレジェンドクラスの芸能人コラボやサプライズ的なものがない代わりにひとつひとつの完成度が高く、「圧倒的なステージパフォーマンスでみんなに笑顔を届ける」という初期のガムシャラさで突き抜けていた時期以降のももクロのコンセプトに初日はガッチリハマっていたな。
 二日目は春のライブ場所告知などにサプライズ的なものが仕掛けられると思われ、ラスト見られるモノノフが羨ましいが、初日も圧倒的だった。
 
 あと、初日を見るために並々ならぬ努力をした俺はこの日誰よりもももクロを楽しんだということだけは言っておく。まあ自分が悪いんだけど。


  


Posted by 縛りやトーマス at 15:26Comments(0)ももいろクローバー