2009年06月26日

ムチムチ万歳

くびれエクササイズ・コアリズムでのダイエット企画に挑戦、成功した磯山さやか(25)が
「感動の丸見え撮!」
と題したグラビアで、スレンダーになったボディを『FLASH』で披露している。

「前よりも筋肉質になったのでちょっとはカッコよく見せられて、痩せてよかったです♪」
とスリムになったボディにご満悦な様子。

7月には女性誌『FRaU』でヌードを披露することも決定している。
http://news.ameba.jp/domestic/2009/06/40541.html



一瞬期待しましたが、媒体が『FRaU』ということでおしゃれヌード確定ですね。
乳首すら見えない、せいぜいが横乳、下乳レベルの茶番劇。

それはヌードではない。

と何年も前から主張してきたのに世間の理解がえられず残念です。
それにダイエットできて本人は満足かも知れませんがデビュー当時の危ういムチムチパッツンな磯っちのボディこそ本人の魅力だと信じてきたのでこんなくびれはむしろいらない!顔まで痩せてなんか老けた感じもするし。

ダイエット反対!

ムチムチ万歳!

  


Posted by 縛りやトーマス at 01:24Comments(2)アイドル

2009年06月23日

世界を目指せ

BSフジで仲根かすみと一緒にビーチバレーしていたアイドル女優の金田美香がかねてから噂のあったサッカー選手との結婚を発表。

いつも思うのだが、どうして日本のサッカー選手は芸能人でもB級、C級のアイドル、タレント、女優と結婚してしまうのだろうか。

今回の金田美香しかり、佐伯日菜子(日本のオードリーヘップバーンと呼ばれて久しい…)、原史奈(セーラームーン舞台版)、岡本あつこ…(相手の名前すら思い出せない)
キング・カズでさえ嫁は設楽りさ子ですよ。

このカップルの存在感、まさに斜陽産業!

なぜベッカムとスパイスガールズの中の人レベルのビッグカップルが誕生しないのか?

日本のサッカーがイマイチ世界で通用しない理由がここにあるような気がしなくもない。

今若手で世界を狙う技術を持つ選手がいたらぜひ特A級の芸能人に食いついて欲しい。
まずは世界規模で活躍している藤原紀香はどや?夫婦の仲は守らなくてもウミガメは守ってるから。  

Posted by 縛りやトーマス at 10:50Comments(3)アイドル

2009年06月19日

ふたりぼっち

時事通信社のサイトより・・・

児童ポルノ、画像分析班を設置=根絶へ「重点プログラム」策定-警察庁

インターネット上にあふれる児童ポルノの根絶に向け、警察庁は18日、取り締まりと流通防止、被害児童支援の3つを柱とした「重点プログラム」を策定した。また、ポルノ画像から被害者や容疑者の特定につながる情報を探し出す画像分析班を同日、庁内に設置した。
児童ポルノ事件は2008年に676件を検挙、被害児童は338人で、いずれも過去最多。同庁によると、被害者の約1割が小学生以下で、最近は低年齢化が進み、ファイル共有ソフトの利用拡大などの傾向もみられる。
分析班は当面2人の職員で構成し、被害者の特定が難しい画像を担当する。写っている背景や物品などから被害児童のほか、犯行場所や製造者の特定につながるような情報を都道府県警に提供。被害者の保護や犯人検挙に結び付ける


(2009/06/18-10:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009061800228

このニュースのつっこみどころといえばなんといっても

>分析班は当面2人の職員で構成し

ですよね。
分析班とか大げさにいうから、少なくとも15人ぐらいのメンバーがローテーションしながら360℃モニターで埋め尽くされた分析班特別調査室とかそんな部屋の中で24時間入手したDVDを再生、同時にウィニーでやりとされるデータをチェック、発見しだいプロパイダーに通告!
・・・みたいな捜査を想像したのですが、メンバー二人だけって・・・338人の数作品に跨って出演してたら見るだけで一年以上かかるのでは・・・

あとこんな部署に配属される人って間違いなく左遷ですよね。絶対に出世コースではない。
立場的にはドラマ『相棒』の特命係に近いと思う。いわばロリータ特命係

出勤するたび同僚の警官に

「おやおやロリータ特命係の◎◎ぅ~今日も朝から晩まで児ポ動画のチェックですか?精が出ますね~」

とかなじられながら、部屋に入ればすでに出勤している分析班の同僚から新たに摘発されたDVDを渡され「今日中に見ないと」と言われ「俺はこんなことするために警察に入ったんじゃない・・・」とうなだれる。

絶対ロリータ特命係とか児童ポルノ特命係とか言われてますよ。

かわいそうに・・・

この二人が反発から本物の少女愛好者になりませんように。
あと出世させてあげて!  

Posted by 縛りやトーマス at 00:32Comments(0)日記

2009年06月18日

アイドル墜落日記



小向美奈子のストリップ見に行ったとき、新幹線での暇つぶしに買った(と書くと本当に暇つぶしに買ったようだが、ファンだから買ったんですよ)この本、ぜひおススメしたい!!

著者の小明ちゃんはもともと青木小明という芸名で『史上初のエプロンアイドル、略してエプドル』として華々しくデビューしたものの、処女写真集『エプロン宣言』が返本率六割の大惨敗を喫し、この後秋葉原を中心に『秋葉のいもうと』を勝手に自称し、ライブ活動。マニアックな人気を博すも極度のストレスから全身にじんましんが発生、入院する。退院後、仕事が激減し現場で無理やり着エロ系の仕事をさせられさらにストレスを溜め込み円形脱毛症に・・・
な紆余曲折を経て晴れてアイドルを卒業!サブカル界に暗躍するアイドルライターとして君臨する・・・

というブレの激しい人生を自虐的に書いちゃってる告白本なのですが、この手にありがちな読んでるこっちがイライラする自虐本ではなく、毎度毎度オチをつけてるあたりに非凡な文才アリ。


九月九日

母に、私がグラビアで出ている不健全図書を買ってきてもらった。
母は不健全図書を購入する際、店員の若い女に怪訝な顔をされたことが恥ずかしかったらしく、「できたら不健全じゃない雑誌に出て欲しいわ」と言ってきた。
私は〇.二秒で「それは無理な注文だわ」と言って笑った。
すると母はまじまじと私を見て「そりゃそうよね・・・」とため息をついて視線を落とした。
母よ、それはそれで失礼だ。


とまあこんな感じで悲惨な現状を笑い飛ばせるぐらい勇気のある人間だなというのがよくわかる。読んでて面白い。
売れないグラビアアイドルがどんな目に遭うのか、ぜひ読んでもらいたい!!
まさに・・・

斜陽産業!!


※『エプドル宣言』ってトップスピードとかの不健全図書のグラビアで見たことある。そのときは「結構かわいいやん」とか言いながら一回ぐらい抜いたと思う。でも写真集は買いませんでしたすみません。  

Posted by 縛りやトーマス at 21:52Comments(0)アイドル

2009年06月17日

変わりすぎ



映画『パンドラの匣』に出演の仲里依紗が舞台挨拶に出ていた。
でも膨れすぎの顔を見てどこの誰かと思った。

仲と言えば細田守の『時をかける少女』で主人公の声をアテていたことでお馴染みだが、日東電工のCMに出てた時なんかはいかにもモデルらしい整った体型で「実写でもイケる」と思わせたのに、次いで出演した映画『ガチ☆ボーイ』の時はまったくの別人になって出てきてエンドロールに名前出るまで気づかなかった(出ても信じたくなかった)。

知人に
「『ガチ☆ボーイ』に仲が出ていたらしいがどんな役だ」
と聞かれ
「そんなことよりも、うちの妹馬鹿でさぁ」
とごまかしたほどだ。

彼女がモデルではなく声優に活路を見出だそうとしたのは間違いではないと思う。下手に顔出しした日には眞鍋かをりのように

「メイク失敗」

と言われるのがオチだ。


  

Posted by 縛りやトーマス at 04:09Comments(2)アイドル

2009年06月16日

守ってあげたい

月末にやるイベントのために資料を整理していて思い出した記事。


2008年08月08日

会いたかった…志田未来のファン住居侵入

女優志田未来(15)の自宅マンション敷地に立ち入ったとして、神奈川県警大和署が7日に住居侵入の現行犯で住所不定、無職の男(23)を逮捕していたことが8日、分かった。

男は「志田さんのファンで、会いたくて来た」と、供述しているという。

7日夜にインターネットの掲示板に「志田未来を今日、殺します」との記載があるとの通報を受けた同署が、志田の家族に伝え、注意を呼び掛けていた。同署は男が書き込んだとみて関連を調べている。

逮捕容疑は、7日午後10時10分ごろ、志田さんが家族と住む同県綾瀬市のマンション敷地内にフェンスを乗り越えて侵入した疑い。

午後10時半ごろ、男がドア付近に現れ、家族から連絡を受けた署員が逮捕した。
[ 2008年08月08日 17:58 ]
以上スポニチより

これは2008地下ニュースグランプリにおいて見事グランプリに輝いた『志田未来ちゃんの自宅に侵入したファンの男性』ですが、その後まったく続報がないので書類送検されたのか、厳重注意で済んだのか、そもそも殺害予告の書き込みをしたのはこの人なのかと数々の謎を残したまま、日々のニュースに埋もれて消えてしまいました。グリコ・森永事件、ロス疑惑のように…

個人的な妄想として
「熱狂的ファンの彼はネットの殺害予告を見て、危険を察知し、『未来ちゃんの未来を守れるのは俺だけ!』とばかりに彼女の自宅に突入したのだ」
と決めうちしたのです。一体彼は今どこで何をしているんでしょう。福原遥ちゃんのファンになってたりして…  

Posted by 縛りやトーマス at 12:29Comments(0)日記

2009年06月15日

筋肉少女帯『シーズン2』ライブ


今日は大阪心斎橋BIGCATにて行われた筋肉少女帯『シーズン2』ライブに行ってきました。
以下セットリストです。

01.心の折れたエンジェル
02.ドナドナ
03.日本印度化計画
04.ノーマンベイツ ’09
05.ロシアンルーレット・マイライフ
06.踊る赤ちゃん人間
07.これでいいのだ
08.人間嫌いの歌
09.1000年の監視者
10.蓮華畑
11.イワンのばか
12.へそ天エリザベスカラー
13.踊るダメ人間
14.世界中のラブソングが君を
15.サンフランシスコ

アンコール
16.プライド・オブ・アンダーグラウンド
17.ゴーゴー蟲娘
18.釈迦
19.ツアーファイナル

この歳になるとハードロックのライブ参加が辛いのなんの。最低でも一月前からある程度体動かしてライブの押し合いに合わせないと体は翌日ボロボロです。でも筋少ライブの参加者も年々世代が上がってきているのでみんな体力に不安のある人ばかりですわ。明らかに途中で前列の観客が息切れしており、もう少し※「頑張れよ」(笑)
で肝心のライブですが、
『踊る赤ちゃん人間』は定番の涎掛けコスプレの上、

「小向美奈子のおっぱい~」

ってw
やっぱりあのおっぱいはオーケンも見たかったのか・・・
11曲目の『イワンのばか』では息切れした客が♪ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイハイハイ!のフレーズで腕が上がってませんでした。「頑張れよ」!
アンコールでは珍しい『ゴーゴー蟲娘』(筋少が若手で絶好調の時代にCMソングのタイアップを取ろう!という意気込みで企画されたものの、全身が蟲の少女が「こんなんじゃ私は愛されない」と嘆く内容で、どう考えても売れ線の歌ではなく、マネージャーが殺虫剤のタイアップを取ろうと画策する羽目になった名曲)をやったのですが、オーケン、普段やらない曲なのでキーがあってません。「頑張れよ」!

私8月で35になるんですけど、まだまだ二時間のライブに体がついていくことが判明しました。

画像は見事に手に入れた橘高さんの使用跡のあるピックです。

※オーケンが途中のMCとちってファンに「頑張ってー」といわれ「うちは頑張ってとか、言ったり言われたりするバンドじゃないんだよー!」と心が折れた  

Posted by 縛りやトーマス at 00:10Comments(0)筋少

2009年06月14日

6月末イベントの告知です

普段ここに書き散らしている話を人前でやります。

6月27日(土)
僕の宗教へようこそ 第八教義

個人イベント『僕の宗教へようこそ』がこの6月でなんと一周年を迎えます。
そこでこれまでの七回を振り返り、あのネタこのネタの語り直しを行います。
小向美奈子ストリップレポートもやるよ!

場所:
大阪千日前 レジャービル味園2F ライブシアターディグダグ
http://www.milmil.cc/user/digdag/

料金+ドリンク代込みで1500円

開場18:30
開演19:00

みなさんよろしくお願いします  

Posted by 縛りやトーマス at 14:32Comments(0)告知

2009年06月13日

発散の方法

小向美奈子のストリップを見に行った話で、ちらほらと聞く意見にストリップなんか行っていい歳して恥ずかしいとか、そんなのに一生懸命になって…とかいうのがある。

あと『おっぱいバレー』を見た時も恥ずかしいやつめとか言われたことある。

おっぱい見に行くのに必死になってもいいじゃない。
わざわざ遠方から行ってアホじゃないのと言われるかも知れないがアホで結構。そんな時にスカした態度で
「おっぱい画像なんかネットでいくらでも落とせるのに」
とか吐かしてるやつより、新幹線で、飛行機で、仕事休んで駆け付けるドアホウの方が私は好きだ。スカしたやつにはなりたくない。

一カ所に集まって
「おっぱい見えた!」
「やったー!」
ああなんてアホなんだ。でも愛すべきアホだし欲求の発散の仕方として間違ってない。
京都教育大のレイプ学生なんて、発散の仕方間違ってますよね。どっちがいいのかって言ったらロック座に小向美奈子を見に行く方が正しい。

北方謙三先生も
「ソープに行け」
と言ってましたよ。私も言うぜ。
「学生よ、ストリップに行け!」
と。  

Posted by 縛りやトーマス at 21:18Comments(2)日記

2009年06月12日

いやなダイエット

今週発売の雑誌フライデーに浅草ロック座でストリップやった小向美奈子の舞台隠し撮り写真が出ていた。

大阪から現場まで駆け付けて生で見て来た私からするとあの現場におけるなんともいえない一体感がストリップの醍醐味なのであって、それを写真だけ見せられてもねえ…あの写真は現場の魅力を何一つ伝えていないということだけは言っておく。

さて話は替わって同じ号に磯山さやかのグラビアが載っていた。
磯山といえば小向美奈子ストリップ騒動の時に

「(自分の活動が)低迷したら考えるかも」

とマスコミにリップサービスしていて、それを聞いて

「君、今低迷してるで」

と言ってやりたかった。
それはともかく、最近コアリズムダイエットで腰のくびれが出来たという磯山さやかの肢体は確かに引き締まっている。が限界ギリギリの豊満ボディが魅力だったのにあんなに痩せちゃあ意味ない。勿体ない…

グラドルとしての価値を無くしてます。

なぜ必要以上に痩せたがるのか。堂々とムチムチしていて欲しい。小池栄子も佐藤江梨子もMEGUMIもみーんな痩せてつまらない(そして痩せた途端グラビアを卒業する)。

森下悠里がこれ以上痩せませんように。  

Posted by 縛りやトーマス at 21:26Comments(3)日記