2009年11月17日

なお美と彩と必死と

以下杉本彩のサイトより

先日、私の同志と3人で、環境省へ行ってまいりました!
小沢鋭仁環境大臣に、お忙しい中、お時間を頂きました。

大谷信盛政務官、樽床伸二環境委員長、動物愛護問題に意識の高い浜松市の鈴木康友市長、
自然環境局・総務課動物愛護管理室の安田室長、今川室長補佐にも御同席頂き、私たちが
感じている動物愛護の問題点や、殺処分0に向けての陳情をさせて頂きました。

いろいろ難しい点はあると思いますが、来年の‘動物愛護管理法’改正が大きく良き方向へ
進むように、提案書をお渡し致しました。皆さんとても真剣に聞いて下さり、提案書にも
しっかり目を通して頂き、この問題について把握して下さいました。

最初20分という時間に制限があったのですが、気がつけば40分という長い時間が経って
いたようで、いろんな意見交換もでき、大変有意義な時間でした。改正に向けての、私たちの
第一歩を踏み出しましたが、これからやらなければならないことは沢山あると思います。
改正に向けて、この問題に意識の高い国会議員の方々にご尽力頂き、私たちの声を届けて
いきたいと考えています。

最後に、まだまだ日本の動物愛護の途上な現状をご存知ない国会議員の方々に、この問題を
知って頂くため、『犬と猫と人間と』を国会試写して頂けるよう、お願いも致しました。
これから、改正に向けて、署名などのお願いをしなければならないこともあるかもしれません。
その際は、是非よろしくお願いします


http://ameblo.jp/sugimoto-aya/day-20091115.html


こいつの動物愛護精神についてはどうでもいいんだけど、川島なお美のワインがどうこう言うのと同じ匂いがする。
そもそも売れそこなったタレントが芸能界に必死にしがみついてヤケクソで脱ぎの仕事したら話題になったというだけなのに、まるでエロスの代名詞のように振舞うのが理解できない。若くてピチピチしてんならまだしも!

安西先生、若くてピチピチしたアイドルのエロスが見たいです・・・  

Posted by 縛りやトーマス at 19:59Comments(0)日記

2009年11月17日

君こそ真のファンだ!

以下デイリースポーツより

AKB48メンバーの郵便物盗む

盗まれた「AKB48」のメンバーあての郵便物=さいたま・浦和署 アイドルグループ・AKB48のメンバーあての郵便物を盗んだとして、埼玉県浦和署は16日、窃盗容疑で東京都新宿区中落合の無職・渋谷耕太被告(25)=窃盗罪で起訴=を追送検した。渋谷容疑者はAKBの熱狂的ファンで「何でもいいのでメンバーのものを手に入れたかった」と容疑を認めている。自宅からは、メンバー11人あての公共料金の請求書やスケジュール表など約200通の郵便物が発見された。

個人情報が盗まれるという背筋が寒くなる事件が、いとも簡単に実行された。今年5月、メンバーの1人が浦和署に「郵便物が届かない」と相談したことから熱狂的ファンの暴走が発覚した。

同署によると、渋谷容疑者は昨年9月から順次、東京都新宿区内の郵便局にメンバーの虚偽の転居届を提出。理由については“同居することになった。2人で引っ越した”などとウソを重ね、自宅に郵便物が届くように画策した。メンバーの住所は、イベントなどで知り合った熱狂的なファン同士で情報交換し、割り出したという。

少なくともAKBメンバーについては、運転免許証などの公的書類などの本人確認がなされないまま、転居届が受理されたと思われる。

渋谷容疑者の自宅からは、今年8月までに“窃取”したメンバー11人分の年賀状や公共料金の請求書、グループのスケジュール表など約200点の郵便物が押収された。渋谷容疑者は「何でも良いのでメンバーのものを手に入れたかった」と容疑を認めている。

追送検の容疑は、昨年9~10月にメンバーの1人にあてたはがき2通を盗んだ疑い。同署は最初に相談したメンバーへの郵便物窃盗容疑で8月31日に渋谷容疑者を逮捕、9月17日には別のメンバーあての郵便物の窃盗容疑で再逮捕していた。いずれも同様の手口で昨年10月から今年6月にかけ、計20点の郵便物を自宅に転送させていた。

AKBの所属事務所は「ファンの方は法律を守った上で応援してほしい」とコメント。ある関係者は「公的な機関である郵便局には、事実関係をしっかりと確認した上で、対応してもらいたいというのが本音です。甘すぎます」と憤りをあらわにした。



http://www.daily.co.jp/gossip/article/2009/11/17/0002520729.shtml


テレビや雑誌に出ているタレントを見て、それをテレビや雑誌で見かける度気になってしまい名前を覚える。今度はそのタレントを見るためにテレビを見、雑誌を買うファンになる。そこからタレントグッズを買いあさるようになる。でもそれはあくまでコレクターでありファンの延長に過ぎない。
スケジュール帳にタレントのスケジュールを書き込み、自分の生活をタレントのスケジュールに合わせる。それでもまだ“熱心なファン”止まりだ。
もうタレントのことしか考えられない!タレントが何しているのか知りたい!何処に住んでいるのか知りたい!タレントのものが欲しい!そこまでいったら完全なオタクであり、本物のファンだ。

そういう意味で、この容疑者こそ本当のAKB48ファンかもしれない。やってることは犯罪ですけど。  

Posted by 縛りやトーマス at 12:26Comments(0)アイドル