2009年11月19日

すた☆丼



噂のすた丼関西一号店に潜入。
週刊アスキーのアキバ記事でよく取り上げられていたので、気にはなっていたものの、遠方なので行くこともできず関西に出店するというニュースを聞き今か今かと待ちわびてました。
というわけで先週から開店した店に先日行ってきました。場所は道頓堀松竹座の向かい。

入り口に食券売り場があり、そこで基本のメニューに肉飯増量の計800円の券を購入。
出てきたのが椀から零れ落ちるほどに盛られたすた丼ですわ。すき家のメガ牛丼ですら余裕で食した私ですが、これは8分目まで食って胃がもたれるほどでした・・・

量は文句なしですがニンニク醤油のタレがイマイチ好きではなかったので、味の方は疑問。あくまで量を食らうものだと思っていただきましょう。

よし次は生姜丼にチャレンジやでー  

Posted by 縛りやトーマス at 23:52Comments(0)日記

2009年11月19日

竹内さんのサイン会日程発表


『ガチョポンの約束』発売記念
竹内義和さんトークイベント&サイン会開催!


●ブックファースト新宿店
  ・1Fブルースクエアカフェ内イベントスペース

●12/13(日)午後3時~午後4時30分


あるときは、アイドルグループ「嵐」にロマンを抱く50代のいい大人。またあるときは、コラムニストやラジオパーソナリティとして人気を博すサブカル界の重鎮、竹内義和が大ヒット作『PERFECT BLUE』以来の本格小説を書き下ろし!
タイトルは『ガチョポンの約束』。主人公の着ぐるみアクター悠斗の不器用だが、まっすぐな生き方に胸が熱くなる笑いあり涙ありの青春巨編!! ミュージシャンであり作家でもある大槻ケンヂ氏推薦作品。


 その発売を記念いたしまして、竹内義和トークイベント&サイン会を開催いたします。
 参加ご希望の方は、ブックファースト新宿店・地下1階Aゾーンレジカウンターにて
 『ガチョポンの約束』(パンローリング/1,575円)をご購入ください。
 先着40名様に、参加整理券をお渡しいたします。

  ※整理券の配布は、お一人様一枚限りとさせていただきます。


  後日、大阪での開催も予定しております。

http://news.otaden.jp/e69243.html


なぜか東京から開始という・・・
しかも先着40名のみて。
警戒されているのか、警戒せざるを得ないのか・・・
何はともあれ竹内さんを人前で見る貴重な機会ですので関東方面のサイキッカーはぜひご参加ください。
大阪でのサイン会が楽しみです。  

Posted by 縛りやトーマス at 17:15Comments(0)誠のサイキック青年団

2009年11月19日

外見格差

以下リアルスポーツより


ネット上でやまない市橋コール 謎の美少女「市橋シスターズ」まで出現

英国人女性の死体遺棄容疑で逮捕され、謎の断食と事件について黙秘を続ける市橋達也容疑者(30)に対し、ネット上では女性からのラブコールが飛んでやまない。“市橋ギャル”に続いて、謎の美少女“市橋シスターズ”まで現れた。

逮捕直後からこけたほほと顔にかかるパーマの黒髪が、今一番ホットな俳優の一人とされている水嶋ヒロ(25)に似ているとネット上で大騒動になった市橋容疑者。その後、大手コミュニティーサイト上ではまたたく間に「市橋ファンクラブ」が誕生。最も大きなコミュニティーでは、メンバーが1371人にまで膨れ上がる異常事態に突入している。
「悪いことは絶対に悪い! だけど、カッコイイものはカッコイイんだもん」
「あのフード越しに見える首のライン、ちょっとエロくてかっこいい…」。
なかには「市橋達也親衛隊」なるものまで誕生。
「市橋達也愛してる。明日行徳署行きます。何差し入れたらいいかな?」
と野球部のキャプテンにあこがれる少女のごとく、熱いエールを送っている。

報奨金が1000万円にまでのぼった社会的に関心の高い事件だけに、不謹慎極まりないといったところだが、興奮冷めやらないネット上では“市橋シスターズ”まで誕生した。

ネット上には市橋容疑者への愛をうたうそのシスターズのプリクラが流出している。同容疑者が一面に掲載されたスポーツ紙を手に「市橋達也ラブ!! 達也、体大事に」と書き込むギャル系でカワイイ女性が3人。それぞれ市橋達也の「嫁」「女」「姫」と名乗っている。
これに対しネットでは「こんな可愛い子たちが市橋カッコイイとか言ってる日本…」などと批判的な書き込みが相次ぎ、さらなる騒動を巻き起こしている。
発端は、シスターズの一人が大手コミュニティーサイトでブログを開設していたこと。プロフィルによると18歳で、好きな有名人の欄に浜崎あゆみに並んで市橋達也の名前があった。好きなテレビ番組は「達也が出てる番組」というから、ちょっと悪ふざけがすぎやしないか。
事件の真相解明が待たれる中、市橋ファンクラブに対しても容赦ない批判が向けられている。ネットという匿名性に守られ、事の重大さを考えない軽はずみな行動と、それに踊るユーザー。由々しき事態といえそうだ。



http://npn.co.jp/article/detail/17727855/


アメリカとかのシリアルキラーにはよくファンクラブが出来たり(テッド・バンディとか)映画なんかいくらでも作られているから市橋ファンクラブなんてのも別に珍しくはない。ちょっと前にも上祐ギャルとか居たし。
似たケースでいえばあの秋葉原で無差別殺人起こした加藤容疑者だって当時はあの壮絶な孤独を綴った携帯サイトの書き込みを見て、やったことは悪いとわかってはいるんだが、同情論が起きたりしたし(私だってかわいそうな人だとは思った)。
しかし市橋容疑者と加藤容疑者とで決定的な違いは応援されてるか、同情されてるかってことだろう。
その評価の差はやっぱりイケメンかどうかってことじゃないかなあ。イケメンなら女の子が(ここ重要)「カッコイイ!応援してあげたい!殺人鬼LOVE!」ってなるけどキモメンだと男から(ここ重要)「お前の気持ち・・・分かるよ!お前を理解してくれる人がいたら殺人なんてしなくて済んだのに!」と男から(ここ重要)同情されるという大きな違い!

人殺しにすら外見で格差が生まれるなんて・・・なんて嫌な世の中なんだ  

Posted by 縛りやトーマス at 13:52Comments(0)日記

2009年11月19日

第二回声優グランプリ

11月14日(土)、なんば白鯨にて行われた『僕の宗教へようこそ第十一教義~第二回声優グランプリ』の模様です。
お楽しみください。

出演:
縛りやトーマス
アシスタントA

スペシャルゲスト:
わかやまん


http://www.voiceblog.jp/s-tohmas/  

Posted by 縛りやトーマス at 04:07Comments(0)声優