2011年04月08日

平成アヘン戦争

のりピー、ついに復帰か?



のりピー、北京でNO薬物!PR活動に参加

2009年11月、覚醒剤取締法違反(使用、所持)の罪で執行猶予3年の有罪判決を受けた元女優・酒井法子さん(40)が6日、中国・北京を訪問した。北京空港に現れた様子をテレビ朝日が報じた。関係者によると、中国側が酒井さんに薬物犯罪を防ぐPR活動の参加を依頼し、応じたという。

中国のラジオ局の公式サイトや、インターネットで酒井さんが4月6日に北京に来るといううわさが流れ、空港にはファン約200人が集結。酒井さんは髪を少し肩にかかる長さに伸ばし、白いシャツにグレーのワンピース姿で現れると、大歓声に白い歯をみせ、何度も手を振って応じた。「ファンは応援しております」と日本語で書かれた横断幕が掲げられるなど歓迎ムード。「中国のファンが待っていましたけど?」と聞かれると「本当にうれしいです」と答えた。

中国のラジオ局は、5月7日に北京で開催される日本発信のファッションショー「TGC GIRLS COLLECTION in Beijing」のプロモーション活動に協力する可能性もあると報じている。芸能活動再開とも取れる行動。前所属事務所のサンミュージックは、数か月前に中国側から薬物防止活動のオファーがあったことを明かしたが「すでに所属タレントではないので、判断する立場にないため(酒井さん側に)情報を伝えた」とした。

中国は日本よりも麻薬に対しての処罰が厳しく、中国刑法では麻薬50グラム以上の密輸に対して「懲役15年以上、無期懲役、または死刑に処する」と規定されている。


http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110406-OHT1T00288.htm


風邪薬と頭痛薬、妊娠判定薬ぐらいしか飲んだことなさそうな小娘が「クスリダメ、ゼッタイ」てなことをのたまう政府広報に活!
こういうのはのりピーみたいな体験者が言わないと説得力ないよなー
というわけで腰のひけてる日本に比べ、のりピーを反薬物のイコンとして掲げる中国政府はまったく正しいのだった。ただ小向美奈子騒動の後で執行猶予中の薬物使用者の海外渡航は中々緊張感の走る出来事ではあったけど。  


Posted by 縛りやトーマス at 23:59Comments(0)アイドル

2011年04月08日

あーや激白するよあーや

真性こまったちゃん人気声優の平野綾さんがまたもやtwitterで激白!






アニメ禁止令とは穏やかではない。
まるで阪神タイガースを応援することが禁止された世界で、役人から呼び出された虎キチが
「お前が阪神ファンでないと言うなら、このカルB野球カードを踏んでみろ!」
と言われ、出されたカードが松永とグリーンウェルで親の敵でもとるかのように踏んでたらモロバレで獄に繋がれた、とかそんな展開を想像した。恐ろしい・・・

自由のない世界で事務所の目を盗んで僕らにメッセージを届けてくれる平野綾さんはさすが人気声優やで・・・  


Posted by 縛りやトーマス at 17:41Comments(0)平野綾

2011年04月08日

夜通し


作業中
朝までコース  

Posted by 縛りやトーマス at 00:24Comments(0)日記