2011年04月25日

わかりきったことを延々と議論している前田有一

以前の日記

http://sthomas.otaden.jp/e170984.html

でも醜態を晒していた自称映画批評家の前田有一が懲りもせずにやらかしてくれました。『100,000年後の安全』の感想文にて。こりゃひどいとしか言いようがありません。


『100,000年後の安全』65点(100点満点中)
http://movie.maeda-y.com/movie/01562.htm


>「外人は臆病だ」「外人は大げさだからね」「放射能の知識が無い」などと、したり顔で語るテレビのコメンテーターは、何一つわかっちゃいない。
>そういう連中は、こう問えば理解するだろうか。「もしあなたが高貴なる家柄の男子で、絶対に世継ぎを生んでもらわねばならぬ結婚相手に、チェルノブイリ事故当時、チェルノブイリに住んでいた日本人女性を選びますか?」と。


初っ端からコレ!前田有一に言わせると高貴なる家柄の男子(爆笑)に被爆者の血、要するに綺麗ではない血が交じると相手も穢れることになるそうです。
高貴な者には余計な血を混ぜるな危険!ってこと?優生思想かよ!
?をつけてごまかしてるけど、前田本人が「そんな女と結婚できねえよ」って言ってるのと同じ。


>とくに東北出身、なかでも福島出身の女性は、今後長きにわたって、外国人のみならず日本人からも目に見えぬ差別を受ける可能性がある。この理不尽に怒りを感じぬものはいまい。
>被ばく者の子孫には死産流産が多い、奇形児、障がい児が生まれる……そういった俗説の多くは医学的に証明されたわけではない。だが、差別とはそれが事実であろうがなかろうが関係なく発生する。今でさえ、チェルノブイリの隣の村出身の女の子を息子が婚約者候補に連れてきたら、「なんとなく嫌だな」「やめてほしいなあ」と思う親は、少なくあるまい。


この辺の書き方が本当に卑怯。
「差別を受ける可能性がある」?差別するなって言えよ。実際に県外に転校した子供が差別を受けた例は報告されているから、どうしたって怯えてしまう人の気持ちはわかる。でも中には原発から遠い、放射能漏れの影響を受けていない人まで差別されてるんだから風評被害だろう。
だったらマスコミの端っこにいる前田には風評被害をいくらか食い止めることぐらいできるんじゃないの?

「俗説の多くは医学的に証明されたわけではない」?
「今でさえ、チェルノブイリの隣の村出身の女の子を息子が婚約者候補に連れてきたら、「なんとなく嫌だな」「やめてほしいなあ」と思う親は、少なくあるまい」
遠まわしにこんな人たちは差別されても仕方がないね、と受け取れるようなことを平気で書いてるんだから恐れ入る。しかもそのほとんどは前田有一個人の思い込みなんだが。チェルノブイリの隣の村の実態なんか取材したのかよって。


前田有一は切通理作の文章読んだ方がいいね。


デオドラント化した「震災」
http://bit.ly/f97ldM


ただ昨日有本さんが、災害報道の映像自体から、傷ついたり亡くなっていたりしている
「人」が消され、データと証言でだけ被害が伝えられるありように危機意識を抱いてい
るということを聞かされ、これにはうなずかされました。

小林さんが「餓死者が続出している」という仙台の道場生の方の発言をブログで紹介しま
したね。僕がそれを一部引用してツイッターに書いたら、「餓死者のデータがどこにあ
るのか。小林さんに問い質そうと思います」と噛みついてきた人がいました。

この人は「餓死者」という言葉を記号でしかとらえていません。どこかに隔離されて、
食べ物だけ与えられないというような状態ではなく、
地震の複合的なダメージの中で物資が届かず
たとえばお年寄りが亡くなっていることを指すぐらい、
普通わかるのではないかと思います。

それほどまでに被災者の「顔」が見えないということの背景には、未曽有の災害報道に
おいてすら加工されたものしか見せないというデオドラント化した社会が背景にあると
思わざるを得ません。

しかも小林さんが「餓死者が続出している」ということで言いたかったのは、いま具体
的に直接困っている人は誰なのか、なすべきことは何なのかということであり、それは
「東京に放射能が来る」という根拠のない風評の煽りとは根本的に違うものです。



それを読んだ方のツイート。

切通理作氏が震災後の日本を「デオドラント社会」と言っていたけれど、強く同意する。自粛強制、水買占め、放射線への過度の恐怖、福島県民差別などの異常なまでの「潔癖志向」。それでいて自分は原発に代表される「業」とは無関係、クリーンである、という思い込み。自分だけは安全圏、というエゴ。
http://bit.ly/fMzu0H


「高貴なる家柄の男子は事故当時チェルノブイリに居た女性など選びますか?」
「今後福島出身の女性は差別を受ける可能性がある」
「被ばく者の子孫には死産流産が多い、奇形児、障がい児が生まれる……そういった俗説の多くは医学的に証明されたわけではない」
「チェルノブイリの隣の村出身の女の子を息子が婚約者候補に連れてきたら、「なんとなく嫌だな」「やめてほしいなあ」と思う親は、少なくあるまい」

根拠のない風評の煽りだけを強調し、放射能汚染の恐怖も煽り、買い占めはよくないという風潮の中、Amazonのミネラルウォーター販売にリンクを貼り(すぐ削除された)、それでいて自分は原発とそれらの報道を「安全プロパガンダ」と批判する側にまわり、

>映像作りに詳しいものが見れば、効果音のかぶせ方や編集の仕方で、この監督がこうしたものに懐疑的な考えを持っていることがうかがえる。
>わかりきった事を延々と議論しているような冗長さを中盤感じさせるものの、伝えようとする本質はいまの日本人にぴったり。私が見た朝一番の回は立ち見が出るほどの盛況だったが、みな意識の高そうな、きわめて真剣に鑑賞している観客ばかりとの印象を受けた。きっと気のせいではあるまい。


自分だけは違う、安全圏なのだと必死にアピールしてもほとんどの人には見抜かれてるよ!!  


Posted by 縛りやトーマス at 22:25Comments(0)映画