2012年03月18日

声優トロイカ体制

3月末から4月にかけて竹達彩奈、悠木碧、花澤香菜の若手三大人気声優が次々ソロCDデビュー!スフィア、豊崎愛生以後大きな動きのなかった声優の歌手活動が、ここに来て大きく動き出した。特に花澤香菜は所属の大沢事務所がこの手の活動をあまりやってこなかっただけに、大きな意味がある。

ということでそろそろデビュー曲の詳細、PVなどがチラホラ出始めたのでご紹介。
まずは三人の中で一番歌唱力に難のありそうな竹達彩奈さんの『Sinfonia! Sinfonia!!』(4/11発売)



元Cymbalsプロデュースによるまさかの渋谷系w
なぜだ・・・なぜ渋谷系は小倉優子とか竹達彩奈とかに心ひかれるのか・・・
まあ竹達さんのあざといまでの可愛らしさがよく出てると思いますよ。
あとこのPVなんかで見たことあると思ったらユニコーンの『大迷惑』のPVに似てた。



ユニコーンの方が金と手間がかかってそうなんだがw

続いて悠木碧のデビューアルバム『プティパ』(3/28発売)よりリード曲の『回転木馬としっぽのうた』のPV



微妙な・・・
なんでこんなクセのあるのをリード曲にしたんだ・・・
まどマギの『また あした』とか神のみの『プラチナ』聞いて碧ちゃんの歌声にはまった人には評価しづらいぜ。
でも聴いている内にズブズブとハマりそうな具合。谷山浩子とか好きそうな人にはオススメ。

最後に花澤香菜さんの『星空ディスティネーション』(4/25発売)


作曲の北川勝利といえば牧野由依の『シンフォニー』の人ですやん。
抑揚のない花澤さんの歌声にはピッタリと思わない?
花澤さんはすでに年内4枚のシングルリリースが決まっている大型デビューなので今年一年が楽しみだわ・・・

さあみんなどれを買う?私は全部買いますが何か

  


Posted by 縛りやトーマス at 23:58Comments(2)声優

2012年03月18日

歌手は何級?

以下朝日新聞より。


〈速報〉鈴木亜美がフードアナリスト4級合格

 歌手鈴木亜美(30)が16日までに自身の公式ブログでフードアナリスト4級に合格したことを報告した。

 ブログでは「フードアナリスト!!」と題し「これから、さらに食に関する知識やマナーを学びたいと思い、フードアナリストの講習を受けて、4級を取得しました!!」とつづった。

 自炊する時に「お店で提供されるような料理を作りたい」ということがきっかけで、これまでテレビの料理番組や本で勉強してきたという。今後は、歌手の他に「食の情報」の専門家とての活動の場を広げ、「さらに級を上げていきたい」と意気込んでいる。

 同資格は、保阪尚希や真鍋かをりらも所持している。
.

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201203160204.html


小室ファミリー(笑)の一員として活躍したことがすでに遠い過去になっている鈴木亜美も今年で30歳。ソニーとの契約が切れエイベックスに移籍した後は飼い殺し同然の憂き目にあい、去年暮れに年上会社員とのお泊まり愛という報道がされるまで存在を忘れられていた女、あみーゴ。
久しぶりの話題がフードアナリスト4級取得。この程度のニュースを<速報>扱いで報道している朝日新聞、他にスクープすることないの?
歌う以外に手に職のないあみーゴ、今更将来が不安になって、資格をネタに新たな商売でも始めようというのか。保阪尚希や眞鍋かをりも所持、っていう一文が余計に虚しい。

ちなみにフードアナリストの仕事というと・・・

食品系企業での商品開発など
飲食店や食品系企業の広報担当者
ミステリーショッパー(覆面調査員として)
テレビやラジオでのコメンテーター
雑誌やタウン誌での執筆活動(書籍の出版)
フードアナリストブロガー、レビュアーとしての執筆活動
飲食店のコンサルタント
講演活動


のようなものがあるそうです。
歌手活動と何の関係もないがな。タージンのお株を奪うグルメリポーターにでもなる気か。いや、ここは円広志よろしく『鈴木亜美のグルメデート』でもやってくれないかな。円広志といえばカラオケで自分の歌を選曲するぐらい自分大好き野郎(別に選曲一回ごとに入る印税が欲しいから・・・というわけでは・・・断じてない・・・はず・・・)ですが、かつて他のアイドルらとの楽屋トークでギャラの少なさを嘆いて事務所との関係が壊れたと言われている彼女の小銭感覚は円広志の小銭感覚に相通じるものがあると思うので、ぜひスタジオ経営、エアコンの温度を上げて自販機のジュースで儲けるといったセコセコ路線を学べよあみーゴ。



フードアナリストは4級だけど、歌手では何級なのやら。  


Posted by 縛りやトーマス at 01:00Comments(0)アイドル

2012年03月16日

このアニメ、気になります!

『キルミーベイベー』『モーレツ宇宙海賊』『探偵オペラミルキィホームズ第2幕』『輪廻のラグランジュ』・・・と豊作だった2012年冬アニメに比べ地味な感じの春アニメ。

そんな中でも注目作が京アニ製作の『氷菓』。現在PVが公開中。




京都アニメーション『氷菓』ティーザーサイト
http://www.kyotoanimation.co.jp/kotenbu/


これは高クオリティwww
この滑らかかつエロスを感じさせる人物の動き、さすが京アニ!これが毎週見られるのか?毎週見ていいのか?
ヒロイン・千反田える(また古典を感じさせるキャラデザインがたまらない)の声優が『けいおん!』のメイン5人の中では地味目だが隠れた実力派の佐藤聡美。ついにしゅがあさんがりっちゃん以外の当たり役を手に入れる日が来たのかと思うと・・・

ベタな選択と毎度思いつつも、我々は京アニに期待してしまうのだった。
春アニメはこれと『這いよれ!ニャル子さん』の二択で決まり!

  


Posted by 縛りやトーマス at 23:39Comments(0)アニメ

2012年03月16日

コナミが今日も笛を吹く

以下アルファルファモザイクより。


3DS「NEWラブプラス」 カノジョ回収のお知らせ

http://alfalfalfa.com/archives/5302043.html


なんとショップに『NEWラブプラス』ソフトの回収、販売停止が通達されたとのこと。(ただしソースは・・・)
あまりの処理の重さ、バグ頻発に商品っていうレベルじゃなかった『NEWラブプラス』、ついに回収指示が・・・

これは回収の上で修正されたリニューアル版発売のフラグが立ったといえましょう。
3ヶ月も発売を遅らせたくせに、最初っから完全な彼女をリリースせんかい!なんかコナミに対する不信が高まったわ。
なにこの不完全な良心回路のまま目覚めさせられたキカイダーみたいなの。バグるのはプロフェッサー・ギルの笛の音だったのか!?悪魔が今日も笛を吹く!
ということは完全な良心回路を持ったキカイダー01として帰ってくるんですね!これで念願の完全な人間として・・・
でも原作キカイダーだと完全な人間になったために親兄弟も殺せるようになってそのジレンマに一生苦しめられるんですけどね。


ダメなんですよ!マナカさん!

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:32Comments(0)ラブプラス

2012年03月15日

この障害を乗り越えて・・・

ちょうど昨日で発売してから一ヶ月が経過した『NEWラブプラス』ですが、期待値とは裏腹にいまいち世間が盛り上がってない感じ。実は私もまるで盛り上がってない。あの争奪戦を繰り広げた本体同梱版もすでに高額付いてるのはネットオークションぐらいで、店に行けばほぼ定価で買えちゃう始末。なぜ??紳士たちはどこいったんだよ!!


というのも理由があって、何しろNEWラブプラスは動作が遅い。使用ハードでもあるニンテンドー3DSが高性能すぎるせいか、まず読み込み時間が長い・・・第一最初にセーブファイルを作るだけで30分かかった(付属のSDカード読み込みが遅いだけなんだが)
画面が切り替わるだけで平気で10秒経過する。コマンドを呼び出す、ステータスを表紙させる、スケジュールをひとつ進行させる・・・そのたびに真っ暗な画面できっちり二桁秒待たされる。『レリクス暗黒要塞』かっつーの!
ポリゴン表示の3Dグラフィックは確かに凄い。が動作が遅いせいでふらふらぐらぐらしとる。DSÏの方が動きが滑らかじゃないのかと・・・
とにかくストレスが溜まるようになってるので
「これならDSÏで彼女とイチャイチャする方がマシだ!」
という紳士が増えている模様。私も未だにDSÏで『ラブプラス+』を続行中。やっぱり一番長く過ごした彼女は裏切れないよ!!

挙句バグが多い。しかも致命的なやつが。詳しくは以下のWikiで。

•致命的なバグ(ゲーム進行不能)
◦新規、引継ぎどちらでも発生
■スケジュールが前日の物を引き継いでいて入力できない(スケジュールバグ)
■リッチ取得失敗
■リアルタイムモードのデート時に画面が暗転し、進まなくなる
■カノジョが同じ内容の会話しかしなくなる
◦引継ぎのみ発生
■眠れない
•フリーズ
◦名刺編集画面
◦モード移行中
◦電話を取る
◦セーブデータアップロード
◦ミニゲームプレイ中
◦勉強会のご褒美ティータイム後の場面転換ブラックアウト時にフリーズ
◦「寝る」実行後
◦彼女から呼び出し電話で時間指定する
◦カノジョ紹介で紹介し終えた後に
•データ崩壊バグ(現時点では修復方法不明)
◦新規、引継ぎどちらでも発生
■リッチの取得に失敗する
■行動ポイントが回復しない
◦引継ぎのみ発生
■デート強制消化
■名刺編集画面で古いHNが表示される
■伝説のビーチ1回目がギャラリーに登録されない
■呼び出しデートのプレゼントがホワイトデープレゼント化
■回想データがない
■回想再ロック不能
■1年以上前の回想データ削除
■回想データが全くない
•データ崩壊バグ(修復可能)
◦新規、引継ぎどちらでも発生
■カノジョへの気持ち
◦引継ぎのみ発生
■日付がロックできない
■夢イベントが発生しない
■プレゼント類が購入できない(プレゼントバグ)
■スケジュールを再設定すると行動ポイントが変動する(回復含む)
■友達パートで一部のToDoがクリア不能になる
■スケジュール回想でみると行動がおかしい(イベント回想バグ)
■自動的に「今はやめておこう…」と出てスキンシップ強制終了になる
•画面・音声の問題
◦引継ぎのみ発生
■スキップモードでの日数カウントがおかしい
■着信音選択時の選択アイコンがズレる
■別の月の同じ日に写真アイコン表示
◦新規、引継ぎどちらでも発生
■受信メールへの返信項目がでてこない
■背景がブラック一色になる
■すれちがい通信で名刺交換すると1回目の、昔の状態に戻る。
■日付が変わったのに、スケジュールが前日の物を引き継いでいて入力できない
•仕様
◦行動ポイントが回復しない
◦「タイトル画面でコスプレ」が解禁されたのに、全くコスプレしない。


http://newラブプラス.net/%A5%D0%A5%B0%BE%F0%CA%F3.html


もはやこれを製品として売るのは詐欺じゃないかとというぐらいのバグです。発売日が遅れた理由はこれなのかと・・・
そんなこんなで紳士の不満が爆発しかけていたのですが、ついに3/14にコナミ側が『不具合』について謝罪文を出しました。



お客様各位

2012年3月13日
株式会社コナミデジタルエンタテインメント


「NEWラブプラス」に関するお詫びとお知らせ平素は弊社製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

弊社が2012年2月14日に発売いたしました、ニンテンドー3DS用ゲームソフト「NEWラブプラス」にて、 「ゲーム進行が止まる」等の不具合が発生することが確認されております。
この度は、ご迷惑をお掛けする事となり、心より深くお詫び申し上げます。また、調査確認作業に時間が掛かり、ご報告が遅れました事も合わせてお詫び申し上げます。

現在、不具合検証、改修作業を行っております。
具体的な対応方法や時期などの情報は、近日中にお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

なお、公式FAQ上で都度不具合などの情報を更新して参ります。本件に関してご不明な点がございましたら、下記お客様相談室までお願い申し上げます。


http://www.konami.jp/osirase/newloveplus/


ひと月も経ってからようやく認めるという動きの遅さ。ゲームのごとく!本来ならもっと怒りが爆発してるはずなんですけど、明らかに世間が盛り上がっているからか、謝罪文も大して話題になってない・・・ああ・・・どうしてこうなった


現時点では修正パッチなどの配信で対応するそうですが、とても対応できないと思う。もうそんなセコセコ対応してないで、修正したリニューアル版を安価で発売した方がいいんじゃない?というか絶対に出る。

というわけで今から始めよう!と思っている紳士候補生は悪いこと言わないから、修正版のソフトが出るまで待った方がいいですよ。


飛び出さなかった未来  


Posted by 縛りやトーマス at 00:32Comments(0)ラブプラス

2012年03月12日

AV30~小室友里列伝

1981年にビデオ生撮り作品が誕生してからなんと30年。AV生誕30周年らしいですよ。
30周年を記念して時代とメーカーを越えた記念事業、オールアダルトジャパン、AVベスト版がリリースされております。

アダルトビデオ30周年記念プロジェクト AV30
http://www.dmm.co.jp/av30/


といっても当の女優たちからは無許可(だと思う)で過去の素材を切り貼りした再編集版が出てるだけなんですけどね・・・そんなの、過去に何度もあったやんか・・・(確かに別のメーカーの作品、レンタル、セル系のメーカーの垣根を越えて一つにまとめられてるのは凄いけど)AV30とか大層に言うほどのことか!?と思ってたら一本だけ、凄いのがあった!

このAV30のスタートを切る一本目としてリリースされた『メーカー横断ベスト!!! 小室友里8時間』だ。


これは90年代最高のAVアイドルとして名高い小室友里のメーカー縦断ベストで、4年間で約60本の作品に出演した中から小室友里本人が24作品をチョイス、中からオススメのシーンをピックアップして2枚組8時間に凝縮したベスト版。
しかも本人がデビュー時から引退まで、当時を振り返るライナーノーツ(といってもペラペラの紙一枚なんだけど)付き。この手の女優再編集ものは何本もあるけど、本人自ら当時を振り返るってのは初だと思う。収録作品とライナーノーツの内容は以下で全文読めます。

http://www.dmm.co.jp/av30/linernotes/aaj_004.html

内容もさすが雑誌でコラムを書いてただけのことはある(今もブレイクマックスで連載中)面白さで、96年末に数ヶ月リリースが止まり、暗黙の了解で「数ヶ月リリースが止まったら自然に引退」という風潮があったので、私も引退と思い込んでましたが97年4月に『ありったけの愛液』で復帰した時のことを振り返り

>実はこの頃、こっそり業界を離れていたんです。とある企業に内定をもらっておりましたもので。ですがその企業がマルチ商法の悪徳業者だと判り、万が一の時のために弁護士を頼んで退職。再びAV業界に舞い戻った、というわけです

これは初めて知った。『ありったけ~』の内容も何かふっきれたようなノリで小室友里作品の中でもベスト5に入る傑作なんだけど、その背景にそんなことがあったとは・・・
他にも小室友里ファンならかゆいところに手が届くことが色々書いてあってまさに30周年記念事業にふさわしい内容ではないか。

彼女の引退時期であった98~99年はちょうどセル系のインディーズメーカーが台頭してきた頃で、まったく新しい形のAVを認知させるために、ベテランの域に入っていた女優が多く起用されており、彼女もそのひとりとしてインディーズ作品をリリースしたのですが・・・

>当時、ソフトオンデマンド、アタッカーズなど、インディーズメーカーがめきめきと力を付けてきたこともあり、ありがたいことに私のような、各メーカーを一回りしてしまい、王道とされたレンタルメーカーでの出演はもう難しい、出がらしの茶葉となったベテラン女優にも出演依頼が殺到していたようでした。しかし、「グラビア撮影の延長だと思えばいいから」と言われて出演した、過去のインディーズ作品が曰く付きの問題作となり、正直なところインディーズメーカーに良い印象を持っておりませんでした。

それがハリウッドフィルムの『ルームサービス』シリーズでビデ倫を通さなかったためにモザイクを薄くすることが出来、ほとんど見えとるやないか、というもので当然摘発を食らいビデオは回収。報道の度にシリーズ一作目に登場した彼女の写真が使われ、風評被害にあっていたそうです。

>90年代後半に活躍した女優たちにとって、インディーズ作品の出演は、ある意味屈辱だったのではないかと思います。
言い訳をさせてもらうなら。それは致し方ないことなのではなかったか…と。蝶よ花よともてはやされたアイドル時代が過ぎ、みるみる間に自分が汚らわしく扱われる。顔はぐちゃぐちゃにされ、ヴァギナはおもちゃにされる。もちろん演出上そうしているだけで、仕事なのだから仕方がないと納得しているつもりでも、心のどこかで否定している自分が居る。それはAV女優としてではなく、女のプライドがそう思わせる業なのではないかと思うのです。まったくもって無駄なプライドです。でもそれを捨て切れない女優たち。だからAV女優として、花を散らすことが出来たのかもしれません。


とこんなことまで語った上で、そのインディーズ作品の何本かをこのベスト版に収録しているというのも凄いわ。
あの飯島愛ですらAV時代のことなんてほとんど語らず、挙句は自伝本『プラトニック・セックス』で過去を都合のいい様にねじ曲げてたぐらいですから、(当時はそうでもしないとAV女優が自分を守れない・・・世間に受け入れられない時代だったんでは、と今では思いますけど)この小室友里ベストがどれだけ画期的なものなのかわかっていただけよう。
というわけで小室友里ファン以外にも、AV史を学ぶ上でも重要な作品なのでぜひ買って欲しい!そして全作品完全な形で再リリースされることを望む。

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:46Comments(1)AV

2012年03月12日

否定も肯定もないんだよ・・・

ロケットニュース24より!


「スケベなディープキス写真」を平○綾という名で雑誌に掲載されたのに平野綾はどうして否定も肯定もしないのか?

http://rocketnews24.com/2012/03/11/191638/


3/16に待望の歌手活動再開を迎え、世間のほとんどがすでに忘れているであろう( ̄д ̄)エーあの一件を蒸し返そうというのか?ロケットニュースよ!!
しかし・・・


>記事には「平○綾」と書かれているものの、「平野綾」とは書かれていない。
>よくよく考えてみてほしい。アイドル声優がそんなスケベ行為をしているとは思えない。
>そもそも、そんな写真を撮ったり撮られたりすること自体が芸能人としてプロ意識が低い。
>よって、本物の平野綾さんはそんなスケベ行為はしていないと思われる。
>あの人気声優が、スケベな行為をしているとは思えない。だからあの写真は本人ではないと思われる。



ここは完全同意したいところなのだが、私はこの一件についてはすでに一つの答えを出している。
確かにあーやがあんなスケベな行為をするとは思えないが、そこはひとりの人間なので、スケベな行為の一つぐらいするだろう。私だってしてる。
しかし、していたとしても写真に撮らせるわけがない。映画でも無い限り!だからあの写真は本人ではないという結論だ。


>今からでも遅くないので、
>「あのスケベ写真はわたくし平野綾のものではありません。ディープキスもしていません。スケベではありません」
>とTwitterやブログで報告してほしい。黙ってしまうから誤解されるのだ。



これも言わせてもらうと、あーやがスケベな行為をしていないと断定されているなら、わざわざ本人が言わなくとも良いことなのである。言わなくてもわかってるだろ?あーやは天使だってさ・・・

こんな済んだ話を蒸し返すロケットニュースは無粋というしかないな。


絶チル3ショット  


Posted by 縛りやトーマス at 01:02Comments(0)平野綾

2012年03月11日

試してフォトブック

間もなくソロデビュー作が発売となり、本格的に歌手活動も始まる若手No.1声優( ̄д ̄)の竹達彩奈さん。ソロデビューを記念した写真集(ふぉとぶっく)も発売されるよ!ということで出版元の主婦の友社サイトにて試し読みページが公開された。



竹達彩奈1stフォトブックAYANA

竹達彩奈、グアム上陸!大ヒットアニメ『けいおん!』中野梓役などで人気の声優の1stフォトブックがついに発売!まだ誰も見たことがない、キラキラの魅力が満載です。


http://www.st-infos.co.jp/book_list/book_details/tabid/78/pdid/694/Default.aspx


写真集のためだけにグアム上陸・・・(懐かしさを感じるフレーズだな・・・)
さすがあやち!今時のアイドルでもやらないことをやってのける!そこにシビれる(以下略)

写真集では悩殺寸前(笑)のバストラインが確認できたり、サンタコスでなぜか挑発的な両手の位置だったり!僕のじゃじゃ馬もWayToGoしそうですw

裏表紙にはなんと!水着ショットが・・・やっぱり写真集の王道は水着ですからね~なんか水着のサイズが巨大すぎる気もするんですが・・・まああやちの巨大なボディサイズ(以下検閲により削除)

ちなみに5月には初のイメージDVDまで出るというんだから、これからはビジュアル面でもガンガン露出してアイドル声優の地位を固めていこうということか・・・
3月→写真集 4月→CD 5月→DVD
と三ヶ月の間にどれだけ見てくれが変容するのかも気になるところですが・・・
まだ誰も見たことがない(例の彼が見た後かも知らんけど)というか誰も見たくなかったのか、やらなければよかったという結果になるかも知らんけど、なにせ発売日は3/14ホワイトデー。これは我々ファンから竹達さんへのバレンタインのお返しだろ?お返し代わりの水着なんだぜ?彼氏がどうとかプリクラがどうとかみみっちいこと言うとらんと、男らしくあやちに俺たちからのお返しだぜと3150円投げてこんかい!お金投げちゃダメですよね。  


Posted by 縛りやトーマス at 00:37Comments(0)声優

2012年03月09日

見たい物も見られないこんな世の中じゃ

以下サイゾーより。


「脱ぎたいのに!」沢尻エリカと事務所の対立で『ヘルタースケルター』現場が大混乱!?

7月に公開される予定の沢尻エリカ主演復帰作『ヘルタースケルター』撮影現場で混乱が続発しているという。

 沢尻に加えて桃井かおり、寺島しのぶら個性の強いキャストが集まっていることから女優同士の軋轢が生まれていることは既報の通りだが(※記事参照)、加えて問題化してきたのが、主演・沢尻エリカの「脱ぐ/脱がない」問題だ。

「『ヘルタースケルター』は岡崎京子の名作コミックを映画化した作品。主人公の“カラミ”シーンも重要な意味を持ってくる物語なんです。そこで当然、沢尻が脱ぐのか、脱がないのかが注目されるわけですが……」(芸能記者)

 今までさまざまなワガママ言動で混乱をきたしてきた沢尻だけに、今回も「脱ぎたくない」とダダをこねているかと思えば、そうでもないのだという。

「沢尻は復帰作となるこの映画に、相当な思い入れと決意を持って臨んでいるようです。ヌードシーンについても、沢尻本人は強行に“脱ぐ”と言っている。ところが、沢尻のマネジメントを担当するエイベックス側がそれを許さないんですよ」(同記者)

 だが、エイベックスと業務提携を結んでいるとはいえ、そこでおとなしく言うことを聞く沢尻ではない。

「結果、現場では“脱ぎアリ”と“脱ぎナシ”の両方のシーンを撮影しておくという、非常に面倒な進行に。現場からは『こんな撮影、聞いたことがない!』と悲鳴が上がっているそうですよ」(同記者)

 同作の公式HPにあるキャッチコピーは「見たいものを、見せてあげる」というもの。現在の沢尻のヌードが一般の映画ファンにとって「見たいもの」かどうかは微妙なところだが、果たしてどんな作品に仕上がるのか注目したい。


http://www.cyzo.com/2012/03/post_10094.html


何年も前から言ってるけど女優の脱ぐ/脱がない問題は重要。あの大根・菊地凛子が脱いだ過去だけで大女優扱いされていることからも頷けよう。
よってこの復帰作に賭けてるという沢尻の濡れ場は必要必須!これを邪魔するエイベックスはさすが『蒼き狼~』をスポンサードしただけあって映画の価値を理解しておらん!
話題性だけでも抜群なんだから、ここで脱ぎがあればさらに映画自体の価値及び沢尻のタレント的価値も上がろうというものなのに・・・連中は売りのなくなったタレントをかき集めて「他所で活躍されるよりはマシ」と言わんばかりに飼い殺しするしか能がないのか・・・読売ジャイアンツかよ。
しかも脱ぎアリ脱ぎナシの両方を撮影しておく、ってそんな一般向けをZENピクチャーズで、18禁はギガで発売する、みたいなのはやめとけ!
サイゾーは「沢尻のヌードなんてみたいの?」という論調だが馬鹿め。脱いだら見たいに決まってるだろ!!脱いだら有り難く手を合わせて見させていただく、それが女優の裸じゃないか。まったくここ数年の女優の裸の価値暴落が嘆かわしい。


蜷川じゃ大して期待できんけど  


Posted by 縛りやトーマス at 21:09Comments(0)映画

2012年03月08日

真実なんかどうでもいい

以下ライブドアトピックニュースより。


映画「先生を流産させる会」の公開に批判の声が殺到

7日、妊娠した担任教師を生徒たちが流産させようとする驚愕の実話をベースにした映画「先生を流産させる会」が5月に公開されるとシネマトゥデイが報じており、ネット掲示板では映画制作側への批判の声が相次いでいる。

記事によると「先生を流産させる会」は、2009年に愛知・半田市の公立中学1年生11人の生徒たちが実際に作ったグループで、部活のことで注意され、不満を募らせた生徒たちは、妊娠している担任教師の給食のミートソースにミョウバンなどを混入していたという。発覚後は生徒たちが直接謝罪し、担任教師にも異常がなかったことで事なきを得たが、事件当時は、厳しいな処罰を求める声が飛び交い大きな話題となった。映画化では、男子生徒から女子生徒に変わり、物語はあくまで架空の話として進行するようだ。

これに対してネット掲示板では「日本の恥だわ。なんちゅうタイトルの映画作るんだ!!」「実際にあった事件を利用してゲデモノ映画撮りたいだけでは」と映画制作側を批判する意見が殺到したが、なかでも「実際の話というなら女子にしないで忠実に再現しろよ」「同じ思春期でも男子と女子じゃ生理現象も内面の葛藤もやはり違う」など、設定を男子生徒から女子生徒に変えたことに対する批判も多く寄せられた。


http://news.livedoor.com/article/detail/6348779/


この映画の存在は去年から知っていて、元ネタのえげつなさといい、タイトルのストレートさといいかなり気になっていて公開が待ち遠しかったのだが、公式twitterなどで案の定「タイトルを変えないと公開できない」といった声が聞かれ結局WOWOWでしか放送されないと言われてたんだけど、なんとか公開が決定。した途端にこの騒ぎである。

まあ宣伝という上では公開される前から見てもいない人間がこれだけ騒いでるんだから、大成功といえよう。しかし騒いでる奴らは100%映画館に来ないけどね。絶対。

>「日本の恥だわ。なんちゅうタイトルの映画作るんだ!!」
>「実際にあった事件を利用してゲデモノ映画撮りたいだけでは」


こんなの、実録犯罪映画っていって、昔から日本の映画にいくらでもあるよ。阿部定だって実際にあった事件だし、『帝銀事件 死刑囚』とかもあるし、『八つ墓村』『丑三つの村』だって津山三十人殺し事件って元ネタから出来てるのに。こういうこと言う奴に限ってそういう映画は見てないんだよな。

実際に映画を観た人はほとんどいないんだから、本当はどういう映画なのか観に行って確認すればいいと思うのだが、こういうことを声高に叫ぶ人はまず映画そのものを観に行かない。彼らは
「そういう語るべきものもないひどい映画であって欲しい」
と思っているだけで、なぜそう思うかというと
「自分が想像した通りの内容なら、正義漢の名の元に好き放題バッシングできる」
からだ。
これと似たことは『パッチギ!』が公開された時に自称映画批評家の前田有一がねじ曲がった物の見方で
「『パッチギ!』は反日映画だ」(要約すると)
みたいな感想文を書くと一部ネトウヨが「前田がそう言っていた」とパッチギ!叩きを始めた。映画自体は観てもいないのに。
もちろん『パッチギ!』はそういう映画ではない。観ればそんな映画ではないとわかるんだけど、彼らにとっては「反日の映画監督が作った反日映画」という図式は反日バッシングとして有効に作用するので真実どうであるか、ということより目の前の敵を叩くことを優先したわけ。とあるブログではそういった意見に対し
「そういう映画じゃないんだから、直接観に行ってから判断すればいいのでは?」
というまともな意見が書きこまれていたが、ネトウヨっぽい人の反論は
「もう、そういう映画なんだという先入観を持ってしまったのでまともに見られない」
というわけのわからないものでした。ここにも真実どうであるか、ということより、そういう映画であって欲しい、という願望の方を優先させているのがよくわかる。

例えば彼らは
「被害者本人や家族に許可を取ったのか」とか「被害者家族の感情に配慮しないのか」ともいう。
被害者と何の関係もないのに勝手に被害者の感情を心配し始める。あるかどうかもわからないものに勝手に配慮を始める。あの非実在青少年と同じ。ありもしないものに何をどう配慮しろいうのか。

見もしないで批判している人はこんな映画はゲテモノ映画で、日本の恥で、公開すべきでない映画だと信じたい。そして勝手に被害者の気持ちを理解し、自分って人の気持ちがわかる優しい人間なんだと言わんばかりに製作者を非難する。非難覚悟で映画撮ってる製作者より一段上から正義漢の旗を掲げてバッシングし放題なんだから、楽だよね(もちろん覚悟してるから製作者の方が偉い、立派というわけではない)。

最近はこういう意見ばかりでウンザリだわ。  


Posted by 縛りやトーマス at 23:58Comments(2)映画