2012年07月10日

あーや、これからっしょ

日曜、umeda AKASOで行われた平野綾ライブに行ってきた。
過去1stと2ndのツアーを見てきたが、一部マナー最低の連中が幅を利かせ、本人が体調崩しており(しかも二年連続で)声が枯れてまるで出ない(その様子はDVDで確認できる)という二重苦を味合わされ、とかくライブに関してはいい思い出のない平野綾ライブなのだが、今回は過去二度の惨事を覆す内容。体調がすこぶる良かったようで、声もはっきりと出ていたよ。以下うろ覚えのセトリ(曲目はともかく、曲順はあやふやなのであんま信用しないで!)



01.DIFFUSION (To the Other Side)
02.スピード☆スター
03.アイシテ!

MC

04.無防備なリフレイン
05.Unnamed World
06.PizzzzzzzA!!!!!!!
07.BRIGHT SCORE
08.Harmonia Vita
09.星のカケラ

MC

10.Sunday
11.RIOT GIRL
12.Super Driver
13.LOOP
14.FRAGMENTS

【アンコール】
15.君を守るために僕は夢を見る

MC

16.forget me nots...

MC

17.MonStAR
18.スターゲイズ・ラブ

【ダブルアンコール】
19.LOVE★GUN



前回までのツアーはキャパ1000以上のホールだったけど、今回は数百人クラスのライブハウスに縮小したことと、例の騒動があったことを考慮して
「それでも応援しにくる本気の客しか来ないだろう」
と予想したのですが、ズバリ予想通り、ガチの客が大挙。特に専用エリアに集まった女性ファンが本気すぎて
「あーやカワイイ!」「好き!」
連呼はまだしも
「お泊り会しよう」「愛してる」「抱いて」
まで来るとあーや若干引き気味の応対w
前に三国ヶ丘のFUZZにオーケンの電車が来たとき、客が200もいなかったのでつい「兄貴!抱いてくれ!」と叫んだが「ちょ、ちょっと待て!オレは自分で言いっぱなしのMCは得意だけど、応対は慣れてないんだよ!」と引かせた事を思い出した・・・オーケンスマソ。
今回は客席の距離も近いのでガチのファンがガンガン攻め、それを正面から受け止めるあーやというありえない図式を楽しめた。さらに男女のファン同士が信じられないほど親近感のあるやりとりをしていたのも素晴らしい。過去二年の惨状を見た身分としてはありえない光景だった。
そういったファンの声にわざわざあーやが丁寧に応対するので時間が押しまくっていた。他の会場では2時間だったけど、大阪はこの濃密なやりとりとツアーファイナルということもあって3時間費やしてました。


4曲目の『無防備なリフレイン』では本人によるピアノ、『forget me nots...』ではギター演奏アリでファン大盛り上がり。ここから『Unnamed World』へのつなぎは個人的に一番盛り上がった。バックバンドを一新したせいか、ややマイルドなアレンジになっていたのもGOOD。
ギターに関しては上手い下手をどうこういう、自称ギター通の連中がドヤ顔するのが毎回のようにいるけど、上手い下手を気にする人は平野綾のライブには来ないので、そういう下らないことはチラシの裏にでも書いといてください。絶対に見ないから。

『星のカケラ』では詩の朗読、『LOOP』(NIRGILISの名曲!)では地元名産品(たこ焼き、お好み焼き・・・)のコールつき、『RIOT GIRL』は大阪だけのセトリだったようで懐かしさもあって皆興奮。
途中MCで「辛い時期があって、もう活動できないんじゃないかと思って・・・」と例の騒動のことだとは直接言わなかったものの、当時のことを振り返るような話も切り出し、新作『FRAGMENTS』には「辛いところから立ち直っていく」ことを意味する歌詞が多いので、色んなことが蘇ってきてほろりとしたよ・・・

今回のライブ(赤坂BLITZ)の模様はWOWOWで9月に放送、秋にはニューシングルも出るということなのでこれからの平野綾にますます期待がもてそうだ。
一年前の時には地獄を味わったが、なんだかんだ言いながらまた盛り上がってきてるじゃないか。まさに

つーか、これからっしょ

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:02Comments(0)平野綾