2012年09月06日

もう許してやれよ

小清水亜美さんのブログより。



悩んだ結果


ニコ生に出た際、私が出るたびに書き込まれる『絶対に許さない』って言葉、止めてもらいたいんですが、どうしたら良いんですかね。

手紙で送られてきたりもします。

ブログのコメント欄廃止してもあまり意味がなかったのかもしれません。


私が何かしましたか?理由もわからない。

言わないと伝わらないようなので、はっきり言いますね。
皆さんは遊びでやってるのかもしれませんが、私は気分が悪いのです。


何年も前からその状態が続いて、放置してれば飽きるのかと思いましたが、そういうわけでも無い。

悪気や悪意が無いし、相手も見えない状況ならなんでもやっていいっていうのは違う。


相手と友達なのか、見ず知らずの他人なのかという、関係性でも意味合いは変わってきたりしますが。

大人も子供も改めて、言葉の大切さを考えて。

もし自分が言われたら、やられたら、どう思うのか。
相手の立場にたって考えることを忘れないで頂きたいです。

そうすれば、もっと諍い無く生きていけるんじゃないかって。

思いやりを忘れずに。

悪者をつくる事は簡単ですが、そうじゃなく、相手の状況や立場、思考を表面的ではなく、理解しよう、汲もう、受け入れよう、その努力をしよう。

相手の顔が見えない、感情がよめないネットだからこそ、よりそれが必要だと思います。

相手に面と向かって同じ事がいえますか?
これって意外と重要なポイントじゃないですか?


お互いにそれが出来れば、もっと素敵な世の中になると思います。

キュアメロディを通じて改めて私が感じ、伝えたかった事の一つです。

考え方は十人十色ですが、少しでもそれを理解してくれる方がいることを私は信じています。



http://blog.excite.co.jp/amisketch/17936796/


絶対に許さない(ぜったいにゆるさない)とは、絶対に許さない時の言葉である。

ニコニコ動画のコメントおよび大百科記事「もう許してやれよ」に対し「絶対に許さない」で返すお約束の一つ。

9.11放屁テロ事件
一連のやりとりが猛威を振るい始めたのは、2006年9月11日に生放送された「FNS5000番組10万人総出演 がんばった大賞7」の中で、米倉涼子がコメントを行ってる最中に謎のノイズが混入し、その直後唐突に笑い出すという挙動不審ぶりが2ch内で話題になったことから。これを大半は(あくまで推定であるものの)「米倉が放屁した」ものと認定し、「ブボボ(`;ω;´)モワッ」なる顔文字まで作成された。

以降、芸スポ速報+に立つ"米倉本人を扱ったスレ"、"米倉涼子とは異なる「米倉さん」を扱うスレ"、"「ブボボ」「モワッ」などのワード(に近い語感でも可)がタイトルに含まれるスレ"では「もう許してやれよ」→「絶対に許さない」のやりとりが続けられてきたが、下記の小清水事件以降は規模が縮小。しかし現在も形を変えつつ2ch(特にニュース速報板)を中心に弄られ続けている。

小清水事件
声優の小清水亜美が2008年4月8日に『笑っていいとも!』へ出演した一件(詳しくは小清水の項を参照)。こちらにおいては本人に非が無いことから、小清水を明らかに場違いな場へ出したことに対して 「ブッキングミスをした事務所を絶対に許さない」「いいとも側を絶対に許さない」とするものとして用いられてきた。

中居「小清水亜美さん」
小清水「はい」(頷きつつ)
中居「明日の……ナージャ?」
小清水「はい……はいあの、すいません」
中居「明日のナージャのナージャ」
小清水「はい」
中居「はい、お願いできますでしょーか」
小清水「はい、あっ、みなさーん、こんにちはー、ナージャでーす」(一礼)
客席微妙な反応
久本?「カワイイ、ナージャカワイイ」
中居「小清水さんは22歳のアイドル声優」
客席「スゴイ」
中居「ぢ、17歳で声優デビューして主役に抜擢第一回声優アワードでサブキャラクター賞女優部門を受賞? するなど実力は……かっている」
"アイドル声優"言われた時は小清水手を振ってイヤイヤしてあとはうつ向きがちに、時折頷く
客席「カワイイ」「カワイイのにねー」「ププ」

----------------------------------------------------------------------

これは本人に非が無いことから、小清水を明らかに場違いな場へ出したことに対して大手掲示板2ちゃんねるでは 「ブッキングミスをした事務所を絶対に許さない」「いいともを絶対に許さない」と書き込みが相次いだ。

その後、小清水話題→いいともの話題→もう許してやれよ(本人の責任じゃないし、いいともの話は勘弁してやれよ)→絶対に許さない。というやりとりが定番化。
元々、「もう許してやれよ→絶対に許さない。絶対にだ」というやりとりが「ぬるぽ→ガッ」的な返しとして使われていた背景もあったため、ネットで大きく広がることになった。

だが、この「絶対に許さない」は使い方を勘違いして覚える→使う人間が増えて徐々に小清水が「絶対に許さない」対象だと勘違いをした人が多くでた。風評被害にも程がある。


http://tinyurl.com/o7enpx


本人、気にしてたのね・・・
このように小清水亜美さんが
「『絶対に許さない』をネットに書きこむ人を絶対に許さない」とおっしゃるので「絶対に許さない」と書く人を俺は絶対に許さない。絶対に許さない、絶対にだ。

  


Posted by 縛りやトーマス at 16:42Comments(1)声優