2012年10月09日

使い回しに絶望した!

年末に公開される仮面ライダー映画MOVIE大戦の詳細が徐々に発表され、昨今の仮面ライダー映画に石ノ森キャラを使い回す伝統に則ってサナギマンや美少女仮面ポワトリン(!)を出す、というのは既報だったのですが、ここにきて新たなキャラクターの登場が伝えられた。


仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム

さぁ、ショータイムだ! 2013冬、究極のMOVIE大戦 始動。

今年で4年目となる「MOVIE大戦」最新作では、ウィザードとフォーゼが本格共演。
日本が世界に誇る栄光の仮面ライダーたちが、人類を滅ぼさんとする未知の強敵を相手に、力を合わせて立ち向かいます。

かつて人類に「悪魔」と呼ばれ、地底へと追いやられた3人の「アクマイザー」が、数千年の時を経て復活した。
ザタン、イール、ガーラは、人間の精神世界・アンダーワールドの魔力を使って、これまで仮面ライダーたちによって倒された怪人たちを次々とよみがえらせていく。
今、まさにアクマイザーによる地上征服計画が始まろうとしていた。
これを阻止するため、ウィザードとフォーゼ、メテオ、なでしこが合流する。さらにオーズ、バース、ダブル、アクセルまでもが現れた。
8人ライダーVS怪人大軍団の壮絶な戦いが、ここに始まる。
待ち受けるのは、誰も見たことがない衝撃のクライマックス――!!

2012年を締めくくる超絶エンターテインメント・ムービーがここに登場。
ライダー映画史上、最大の感動と興奮が待っています!!!


http://eplus.jp/sys/T1U90P006001P0050001P002086761P0030001P0007P0010137P0491


前回のフォーゼ映画で宇宙鉄人キョーダインが登場して悪役扱いだったのが一部ファンの不評を買ってましたが、今回もアクマイザー3からザビタン、イビル、ガブラが名前と設定を微妙に変えて登場するようだ。
前回は変身前に人間の役者がいる分、若干怒りが収まったけど、今回は気ぐるみのガワしかいないキャラだからそれもなし。
こういうキャラの使い回しや、悪役化って喜んでる人どれだけいるの?俺は少なくともこんな使い方されるの嫌なんだけど。
どうしてこういう風に使い回しのキャラが悪役化するのかっていうと、悪役を新たに描くのに手間がかかって面倒なので、その簡略化だろうね。最近の仮面ライダー映画は悪役の描き方がどんどん適当になって、とりあえず巨大なヤツが出てくるとか、今までに出たアイテム全部使える最強キャラ(例:エターナル)とか、発想の貧困さが伝わってくる。
このやり方だととりあえず数年はもつし、悪役の説明もしやすいからな。
でもなんか納得できない。いっそアベンジャーズみたいに宇宙人が攻めてきたとか、超次元の存在とかでっちあげた方がマシなような気がする。


S.I.Cのアクマイザー3。このレベルの気ぐるみが出てくるなら・・・  


Posted by 縛りやトーマス at 23:18Comments(0)特撮・ヒーロー

2012年10月09日

ももクロPV5

いつぞやのスペースシャワーTVでももクロのPV人気投票やってたが俺も個人的なランキングを決めたい!ので勝手にももクロベストPV5発表。


1位『サンタさん』


全盛期のハロプロを彷彿とさせる、普段のももクロPVとは違って可愛らしさ全開の出来に萌死にしそうです。れにちゃんのいいところにも注目!
スペースシャワーTVの方でも納得の1位でした。


2位『ココ☆ナツ』


『サンタさん』のPVにも一部メロディが使われている4thシングルのC/W。
一度聴いたら絶対に忘れない強烈なサビの歌詞でも知られるが、夏だから水着!というベタな発想を
「服の上からビキニを着る」
というアイデアで乗り切ったところが素晴らしい。メンバーがそれぞれプールに飛び込むシーンがあるんだけど、あーりんの飛び込みは完全に失敗してます(笑)


3位『行くぜっ!怪盗少女』


ここから今のももクロが始まったと言っても過言ではない傑作PV。
こういう変身ヒロインもの路線て、割とあるんだけど作り込み過ぎてない辺りがポイント。この後にやった『Z伝説』は妙に作りこんでてアレ?みたいな感じが乗れなかった。こちらはほぼ完璧。キックはわかるけどなぜか関節技をかける杏果がツボ。


4位『キミとセカイ』


エッジの利いたギターがロックファンのモノノフに好感度大なナンバー。
ロックだから不良!バイク!のPVという安易さ!
しかしメイクが完全に間違ってるのでほとんどコントの世界に・・・


5位『労働賛歌』


社会から逸脱した人たちが集うと言われているももクロ現場。
中にはちゃんと労働した後で現場に来ている人もいるんですよ!
働こう!そして現場に行こうぜ!というアイドルファン活動と社会人の清き関係を高らかに謳い上げたPVがドリフのコントレベルのドラマというのも・・・大変素晴らしい

というわけでみんなリンク先の動画をチェックな!  


Posted by 縛りやトーマス at 03:10Comments(0)ももいろクローバー