2013年04月07日

それともチョコパフェですか?

特撮ヒーロー番組、『ファイヤーレオン』の放送が始まったぞ!

ファイヤーレオン公式サイト
http://fireleon.com/index.html

世界最強を夢見る青年が正義のレスラー、ファイヤーレオンに変身して闇のプロレス団体、ジャードが送り込む悪のバイオレスラー軍団をやっつけるという、痛快すぎるプロレス特撮ヒーローものだ。
プロレスと特撮ヒーローの融合というと懐古特撮ファンには『プロレスの星アステカイザー』が思い出されるね。



かつては少年の憧れ、ホビーといえば特撮とプロレスだったよな!俺は金曜夜の7時半に『宇宙刑事ギャバン』を見てそのまま8時台の『ワールドプロレスリング』になだれ込むという清く正しい青少年だったのに、なぜこんなことになってしまったのか・・・
そんなことはとりあえずおいといて、そんな特撮とプロレスも今や下火になってしまい、今その二つを融合させてどうしようというのか?というわけで第一話を見てみた。

主人タケル(椎名鯛造)はかつて目の前で両親を謎の集団に連れ去られてしまう!タケルは夢であったプロレスラーになるための特訓に励みつつ、両親を攫った謎の集団を追い求める。
タケルは幼なじみのひいな(紗綾)と街に出る。すると突然謎の怪人に襲われる!それは闇のプロレス団体、ジャードのバイオレスラー、ブルザックだった!ひいなを守るため無謀にもブルザックに立ち向かうタケルは為す術も無くやられてしまう。
その時、タケルの脳内に響く声が・・・その声を聞いたタケルは正義のレスラー、ファイヤーレオンに変身するのだ!サバイブフィールドにて必殺技・アックスボンバーでブルザックを叩きのめしたファイヤーレオン。ジャードのバイオレスラーVSファイヤーレオンのいつ終わるとも知れない死闘の幕が上がった!


ファイヤーレオンのデザイン担当は『超神ネイガー』でお馴染みの海老名保さんなんだけど(原作、演出も担当)

得意の赤を基調としたデザインは赤のアーマー部分に青のスーツ着用というまたまた大胆な配色で(中々赤+青ってないよね)見栄えが良い。
海老名さんが関わってるからか一話目からネイガーがゲスト出演してました(他にもご当地ヒーローが色々出てくるとのこと)。
タケル役の椎名鯛造はプロフ上の身長164センチ、というとレスラーにしては小兵だけど、上背のない人間がデカイ怪人レスラーを技とスピードで圧倒するというのは『タイガーマスク』からの伝統で、タッパのない役者を起用した制作陣の目端が利いてるね。
第一回ではアックスボンバーでブルザックをやっつけた時、アックスボンバーの技解説が入り、バイオレスラーとの戦いをするごとにタケルのレスラーとしての経験値が上がっていくという展開も上手い。技解説が入るのもそのまま敵をやっつけるよりもレスラーの強さを分かりやすく説明するために必要であろう。

女優陣ではブシロードとエースクルーエンターテイメントが制作に入ってるのでブシロードでお馴染みの三森すずこさん、徳井青空にエースクルー所属の紗綾が出てくる。
三森タンはタケルのことを優しく見守るお姉さん(ツンデレ風にタケルを扱う紗綾との比較的ポジション!)として登場し、近所の喫茶店のオーナー兼店員として
「カフェラテですか?ココアですか?それとも・・・チョコパフェですか?」
と謎の押し付け!最後、飲み物じゃなくてデザートだよ!まあ俺は毎日通うけど

第一回の最後はジャードの秘密基地で実はタケルの父親がバイオレスラーを作っているという島本和彦の『仮面ボクサー』みたいな展開だったんですけど。
現代に特撮ヒーロー、プロレスキャラ人気をあえて復活させようとする『ファイヤーレオン』に注目だ!  


Posted by 縛りやトーマス at 01:48Comments(0)特撮・ヒーロー