2013年04月30日

ももクロGWの一大事

移籍・兼任・脱退・卒業・解雇といった人事異動以外は社長の愛人だったり、不倫だったり、ファンを遠征先のホテルに連れ込んだりといった汚れた話題だらけのAKB48に比べ、スキャンダル性の高いニュースがほとんどなかったももいろクローバーZがついに、初ともいえるスキャンダルが出ました!ソースはFLASH。


FLASH 2013年5月14日・21日合併号 目次
「ももクロ」の自宅が税金滞納で差し押さえられていた

http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=101002


税金滞納とは中々穏やかではない話、ということで早速FLASHを購入。GW合併号のモノクロ記事トップという扱いで注目度の高さが伺える。
記事の内容はももクロちゃんのリーダー、“茶畑のシンデレラ”こと百田夏菜子の実家(静岡県浜松市)が税金未納で浜松市に差押さえられているというものだ。
FLASHには差し押さえられている証拠として実家の登記簿謄本が掲載され、差押さえ日は平成23年8月2日。すでに一年半未納状態。
FLASHの取材陣は自宅に直撃取材し、父親は税金滞納の事実を否定百田家に近い人と称する人物によると「うっかり手続きを忘れていたとのことで、取材を受けてすべて処理して納付(約20数万円)を済ませました」とのこと。

・・・え・・・じゃあ、もう何の問題もないのでは・・・?

記事にする必要すらないじゃないか・・・
なぜ一年半も税金を収めていなかったのかという疑問は残るが、浜松市側のたかだか20数万円で差押さえするという強行な態度もどうかなと思うの。記事には浜松市で市税滞納が問題化しており、差押さえにも積極的で07年の差押さえ件数241件に比べ09年は2009件だという。今までなら問題になっていないような些細なケースでも差押え扱いにしているだけでは?
ここからは私の邪推になるが、滞納者からの徴収、差押えの実情をアピールしたい浜松市側がFLASHに百田家差押えという話題をリークしたのではないかと・・・

これ、ニュースとしては驚くほどちゃっちい話題なんだよ。FLASHも「こんなんじゃ大した話題にならないよ・・・」と思いながらも、GW前なので何でもいいから売れ線の記事を入れるしかなかったんだ、と言いたげな腰の引けた内容でね。
何しろ記事のほとんどは差押えの話ではなく、夏菜子の学生時代の話で

小学生時代
・子ども会のポートボールチームで活躍した
中学生時代
(スキー教室で同じ班だった生徒の証言)「はずみで遠くまで滑っていった時に助けてもらった」
ももクロ加入後
(同級生の証言)「いつも周りに女の子がいて騒いでたイメージ。彼氏はいなかったんじゃないかな。男の子といるのは見たことないですね」
高校時代
(地元の飲食店員の証言)「高校(東京の高校に進学した)にいっている時も課題をやりに塾へ来ていて、他の生徒からサインをねだられても快く応じていた」

とバッシングの材料にするどころか「夏菜子は性格がいい。ぐうかわいい」としか言いようのない事実しか出てこない記事で、差押えよりもこっちの方を見出しにして紙面を組んだ方が良かったのでは・・・?まあアクティブよりネガティブな紙面の方がゴシップ誌は売れるからな!

というわけでモノノフは別に気に病む必要もない話題でした。みんな一安心。


霧が晴れた向こう側
綺麗ごとだけじゃなかった
でもまけないよ
どんなにすごい風や砂にまかれても


『灰とダイアモンド』
作詞:只野菜摘

  


Posted by 縛りやトーマス at 20:34Comments(0)ももいろクローバー

2013年04月29日

ラムネとプレーンシュガー

20日深夜に放送されていたNHK『SONGS』は去年末に見事復活を遂げた華原朋美が出演。
小室全盛期を象徴する歌姫が如何に転落し、復帰したか?というつくりでなかなか見所のある番組でした。

まず朋ちゃんのリハビリに同行するカメラはかつて朋ちゃんが自動車の免許を取った自動車学校のある那須高原を訪ね、そこでアルパカと戯れる姿を撮影。動物に触れるのがリハビリにいいらしいと説明されるが、『HEY×3』で馬やら象やらに乗ってヒューヒューしていた朋ちゃんが今また動物と戯れるのは過去がフラッシュバックして本当にリハビリになっているのか不安ですが。

番組は絶頂期から転落する99年前後の話に。
「当時、つきあっていた音楽プロデューサーとの破局が転落のきっかけ」
とナレーションでハッキリ説明!本人も
「恋愛が上手くいかなくて・・・」「私、男と付き合うとダメになるんですよね~」
とキッパリ。その後もこの「音楽プロデューサーとの破局話」は必ず出てきて、病んだ原因はコイツのせいだとしか思えない。
今では誰でも知ってる公然の秘密とはいえ、こんな堂々と小室のこと話題にしていいの?と思うけれど、よく聞いたら「有名音楽プロデューサー」と言っているだけで、「小室哲哉」とは言ってない。小室の名前を出さなきゃなんでもいいのか。AKBの名前を出さなきゃ「社長とつきあってる女の集団」「恋愛がバレて制裁で丸坊主にされた女」「児童ポルノまがいの写真を出された社長のお手つき女」とかいくらでも言っていいんですね。ダメですか。

いよいよ番組は転落時代の話になり、ニュースにもなった2009年1月の緊急搬送事件。実兄の証言によると
「当時、精神安定剤を服用していた朋美は医者から処方された薬をもらったらすぐにタクシー車内でラムネでも噛むようにボリボリ食っちゃって、状態がおかしくなってそのまま病院行き」
とのこと。ラムネって・・・漫画に出てくる定番の中毒者のような光景を思い出してゾッとした。
そう、完全に中毒者になっていた朋ちゃんは翌年8月にも歌舞伎町で同様の事件を起こして週刊誌のインタビューに
「歌舞伎町には何年も行ってません」
と事件を否定するコメントを出し、「これは・・・完全にイッてるな」と世間に中毒者のイメージを植えつけていたのだが、実際に中毒だったらしく、家族のとの仲も最悪になり、最終的に閉鎖病棟に放り込まれることに。そこで3ヶ月を過ごし無事退院するわけだが、病室で撮ったらしい写真が一枚だけ公開され、最低限のものしかない部屋で引きつった笑顔を見せる朋ちゃんはホラー映画のようだよ。
「入院している間は、自分が悪いからこんなところにいるんだ~って思って兄や家族に申し訳なかった」
と反省した彼女は父親のいるフィリピンでボランティア活動をするため退院。退院した時の写真はドーナッツを頬張る姿だった・・・甘いものを取ることがほとんどなかったためか、ただのプレーンシュガーをウマそうに頬張る彼女は禁断症状からやばいものを貪ってるように見えてしょうがなかった。
朝にやってる『仮面ライダーウィザード』でも主人公が意味なくプレーンシュガーを食らいまくっていて、魔法というテーマと中毒者のイメージがダブってヤバ目な匂いを漂わせているのを朋ちゃん見て実感した。今後プレーンシュガーはヤバいとす。

ボランティア活動を経て回復した朋ちゃんはFNS歌謡祭で自身のヒット曲『 I'm Proud』を熱唱して復活を遂げるわけですが、昔は「ただの声が高い呪文みたいな歌」にしか聞こえなかったけど、今の華原朋美の歌声で聞くと苦渋を味わってきた人間の悲哀がにじみ出ていてなんとも言えないわ。
自身のシンデレラストーリーをまんま「お姫様のようだった」と振り返る彼女が4月、7年ぶりに出したシングルはミュージカル『レ・ミゼラブル』の劇中曲カバー『夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-』って最後まで出来過ぎ!


朋ちゃんの語り入り。pianoはももクロ西武に出てた武部さんです  


Posted by 縛りやトーマス at 22:14Comments(0)アイドル

2013年04月28日

ただの幼なじみ言うな!ファイヤーレオンRound3

ファイヤーレオンRound3『潜入!ジャード秘密基地』がオンエア。

前回、ブルザックを返り討ちにされたジャードでは剛藤博士への拷問が続けられていた。厳しい拷問に白を切り続ける博士。しかし不用意に漏らした一言からファイヤーレオンを作ったのは自分だとあっさり告白。そしてクレイガー・シンは「ファイヤーレオンのパワーバランスは崩壊寸前」と伝えるのであった。

タケルが練習に励んでいるころ、道場に忍び込もうとしていた「ただの幼なじみ」ことひいなは道場主のもとみ(ミルキィホームズのネロ役でお馴染みの徳井青空)に怪しいやつと思われて捕まっていた・・・んだけど直前、薄暗い部屋でそらまるは雑巾から絞った液体をビーカーに垂らしていたのだった・・・あんたの方が怪しいよ!!
そう、なんと、三森すずこのバーターで出演したただの脇役だと思っていた徳井青空さんはジャードの関係者だったことが明らかに!なにこの急展開。急展開といえば1クールの時点で追加戦士投入してる『獣電戦隊キョウリュウジャー』なんですけど、それに匹敵する急展開だぜ。

Round3のポイントはなんといっても(繰り返すけど)ただの脇役だと思っていたもとみがジャードとつながっていたっていうのが発覚するとこだな。

普段から竹刀持ち歩いているのでどっかおかしいとは思ってたけど・・・
みんな三森すずこタンに注目してるから徳井青空の方は気を抜いてみていたのに、こんな設定だったとは・・・おそるべしファイヤーレオン。


二人目の刺客、吸血ギャラッシー(噛み付き魔フレッド・ブラッシーのパロディ)と公園で(また公園か)対決する場面は強風が意味なく吹いてきて風雲急を告げる戦いの演出だか、単に撮り直しする時間がなかったんだか、判断に苦しむところだw

空を飛ぶギャラッシーの技に苦しめられるファイヤーレオン。絶体絶命のピンチであったが何の脈絡もなく参戦した福島のローカルヒーロー、白虎タイガーに間一髪救われる。

次回Round4はジャードのアジトに偶然迷い込んだひいなに危険が迫る!ギャラッシーの噛み付き攻撃にファイヤーレオンは耐えられるのか?
次回も三森タンのドヤ顔だぜ!  


Posted by 縛りやトーマス at 20:05Comments(0)特撮・ヒーロー

2013年04月28日

5月告知

5/5(日)
『ベントーvol.11』
場所:なんば白鯨
開演:19:00~
料金:1000円(1drink別)
出演:縛りやトーマス ビッグベン


5/6(月)
『アニつるvol.5 ~歌うアニソンパーティー~』
場所:なんば紅鶴
開演:15:00~
料金:1800円(1drink別)
ゲスト:岩崎和夫(青春ラジメニア)、吉田徹(アニメR)
LIVE:ペケキングテリー
DJ/Robizombie(赤犬)、イトウタカアキ(赤犬)、河合カズキラングレー(ウルトラファッカーズ)、B・カシワギ(なんば白鯨)、ブリティッシュバタードッグ(千日前プロレス)、ヤンロン、うてなゆき(鼻フックアイド ル)、Bugって花井(メガマウスアイドル)、縛りやトーマス(関西のミスターハードコア)、毒電波少女みぉんとパンダ企画、 U.coLIN TERROR、あいころ、♪よーこ♪、マタムネ、雪烏、白MEGAネ、万能竜巻、他多数


5/7(火)
『大明日は我が身』
場所:なんば紅鶴
開場:18:30 開演:19:00
料金:1500円(D代込)
出演:縛りやトーマス おでぶchan B・カシワギ DNA池上

伝説のイベントがついに最終回を迎え、名前も新たに再発信!その名も”大明日は我が身”!


5/10(金)
『ギリギリアウト』
場所:なんば紅鶴
開演:18:00~
料金:1500円(1drink別)
出演:
出演:山田じゃっく 山田あみん 万次郎 えりこぎたー 縛りやトーマス 宮城ゆか他


5/14(火)
『特撮ヒーロー広報部』
場所:なんば紅鶴
開演:19:00~
料金:1000円(1drink別)
出演:西泰幸 縛りやトーマス 火の玉アタック 花鳥風月緒形 うてなゆき 舞姫 他
MC :にしね・ザ・タイガー

特撮ヒーローの活躍をみんなで広報する集まり!


5/19(日)
『僕の宗教へようこそ第四十五教義~うたう!大声優城』
場所:なんば白鯨
開演:19:00~
料金:1000円(1drink別)
出演:縛りやトーマス アシスタント・トモ

十代とか、四捨五入したら三十代とか、永遠の十七歳とか言ってる場合じゃない!
みんなカワイイ声優の魅力を再確認するトークバトル!
この間声優ネタやったばかりなのにまたやるの?その謎は当日解ける!



5/21(火)
『踏み台寄席』
場所:なんば白鯨
開演:20:00~
料金:1000円(1drink別)
出演:デジタルケイタ、石野桜子、竹下ポップ、DNA池上、ZONO、奥山ツンヂ、シーチキン佐野、安心のカマグチ、縛りやトーマス他


5/22(水)
『縛りやトーマス救済ワンマン~生活保護は死んでも受けない!~』
場所:なんば紅鶴
開演:19:00 料金:1000円(1drink別)
出演:縛りやトーマス

仕事が好調なのになぜか金がない男の90分一人舞台!収益のすべては本人のものになります。


5/26(日)
『大山顕VS大阪千日前 ~大山悪夢の5番勝負~』
一部「VS今昔科学語 ~アカデミーの章~」
start / 15:00 / ¥1,000- (1drink別)
出演 /大山顕、アニワギはかせ、B・カシワギ

二部「VS紅鶴 バラエティーの章」
start / 19:00 / ¥1,500- (1drink別)
出演 /大山顕、まな(女子オナニー会談)、岡田レタス(とびだせどうていの森)、うてなゆき(鼻フック研究会)、縛りやトーマス(特撮ヒーロー広報部)、射導送水(おおさかおもしろマップ)、他

・工場、ジャンクション、団地、古地図、GPS地上絵などの幅広い活動で”ヤバ景”を愛しモノの形マニアともいえる”大山顕”氏を東京から迎え、なんば紅鶴レギュラーイベント陣がプレゼン大会!
今までに無い団地や工場、ジャンクションの話を大山氏に披露するため、大阪の意地を見せてやる!
第一部は割と真面目にアカデミックに!モノの形、デザインの話などありったけの質問をぶつける!

そして第二部は絡まないと思っていた下品イベントから文化的なものまで、ありったけの無駄情報をぶつける!こんな大山顕見たこと無い!!そう思える事必至の激濃イベント!!
笑いながら学ぼう!団地や工場!

予約は5/1より↓マデ
namba_hakugei999@yahoo.co.jp
タイトルに
「5/26昼」
「5/26夜」
「5/11昼夜通し」
と書き、
本文に氏名(カタカナ)、メールアドレス、チケットの枚数をご入力下さい。
※パソコンからの返信メールをもって予約完了となりますので、パソコンからのメールを受け取れるアドレスからお申し込みください。

なお、入場は
通し予約→予約→当日
の順で開場時間より誘導させていただきます。
予約は一定数で打ち切らせていただきますが、当日券も十分に用意しております。また、立ち見での入場になる場合があることもございますのでご了承願います。  


Posted by 縛りやトーマス at 08:56Comments(0)告知

2013年04月26日

プラチナ・データっ・・・

予告編で嵐の二宮くんが「プラチナ・データっ・・・」ってドヤ顔でささやく場面がもう・・・って柳下毅一郎さんも言ってた映画『プラチナデータ』を観る。

現場に遺されたDNAを採取し、検査にかけると犯人の身長体重性別年齢血液型などが瞬時に判明し、さらには容姿までモンタージュできる(どうやって!?)『DNAプロファイリング』なる技術を開発した責任者の神楽(二宮くん)はDNAプロファイリングから逃げられない奴はいない!と自信満々。なにしろ検挙率100%、冤罪率0%だからね!
ところがDNAプロファイリングの関係者が殺された上に肋骨の骨を一本抜かれるという猟奇殺人事件が発生。DNAデータベースに存在しないその犯人をNF13と名付けられる。そしてNF13はDNAプロファイリングのシステムを作ったプログラマー、蓼科兄妹をも殺害する。現場に遺されたDNAを検査すると二宮くんの顔がモンタージュされる!さらに殺害現場だった新世紀大学病院の監視カメラからは蓼科兄妹に最後に会った二宮くんの姿が!
検挙率100%、冤罪率0%の検査システムに犯人呼ばわりされるハメになった二宮くんはすぐさま逃亡を開始。研究所職員の生瀬勝久は
「DNAプロファイリングの責任者が犯人だってバレたらまずいからとっとと逮捕してもみ消しちゃえ」
と研究所地下にある日本中の監視カメラをいっぺんに見られるというスーパー玉出の司令部みたいな部屋から二宮くんを追跡する。あっという間に警察に先回りされる二宮くんだが、近くを偶然車が通りかかるというラッキーが二度も起きたおかげでなんとか脱出。二宮くんは自ら冤罪を晴らすために走りまわる。

まず序盤の出だしからしておかしい。関係者が殺された現場からは二宮くんのDNAは検出されないので、NF13と二宮くんは別人、と判断できるはず。「俺はNF13じゃない」って警察に説明すればいいだけじゃないの?まあ最初から「人間はDNAがすべて」「このシステムは完璧」って人間よりもコンピューターの方を信用しているタイプの人間だということが描かれるので、警察の事情聴取なんか信用してないんだろうね(こんな人間だから冤罪率0%のシステムを作り出そうとした、とも言えるけど)
監視カメラに追い回される二宮くんは監視から逃れるために田舎へ逃亡。なんと田舎にはまだ監視カメラが設置されてない場所がたくさんあったから・・・じゃあ凶悪犯は地方に逃げればいいのかよ!なにこの穴だらけのシステム。
元ネタになっているであろう映画『マイノリティ・リポート』では目の網膜を検査して逃亡者を見つけようとする追跡ロボットから逃れるために主人公トム・クルーズが眼球をまるごと入れ替え、「12時間包帯を外すな」と言われるので包帯をしたまま、追跡ロボットの熱感知から逃れるため氷水の張ったバスタブに飛び込むも、ロボットに見つけられ・・・といったシステムの不備をつくアイデアが練られていて、近未来ガジェットの使われ方も上手く、それがハラハラドキドキのサスペンスを生み出す要素になっているのですが(とはいえ、風船に隠れて逃げるってのはどうかと思ったけど)、『プラチナデータ』のスリルサスペンスはスチャラカすぎてアホらしいとしか。最初に逮捕される犯人も直前にDNAを別人のものと差し替えられていた!みたいなオチで不正アクセスすればそれでいいのかよと。それじゃ冤罪産み放題だって。

そしてこの映画の最大の問題点は、事件の黒幕が始まってすぐにわかる、というかキャスティング、チラシを見れば勘の良い人にはすぐわかるってことですよ!この映画二時間一三分は長すぎ。
二宮くんは逃亡中に助手の白鳥(杏)から手助けの電話がかかってきても「君は誰だ!」ってわからないぐらいマヌケなので事件の真相をつかむのに2時間以上かかるのはわからなくもない。でも一般のお客さんはチラシ見た時点で真犯人わかるから!


この中に、犯人がいます!(ヒント:二宮くん以外の人です)  


Posted by 縛りやトーマス at 16:15Comments(1)映画

2013年04月25日

三つの力 ひとつの痛さ

『非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛』第二話。

前回のパイロット版を経て本放送となった(という体)シーズン痛だが、ラストで実は非公認ではなく、本当の公認戦隊として17番目のスーパー戦隊としてクレジットされていることが発覚。歴史上では『五星戦隊ダイレンジャー』が17番目のスーパー戦隊のはず・・・
画して赤木は何が起こっているのかを探るため秋葉の街に繰り出すとブルーレイ係長に襲われる!吹っ飛ばされた赤木の前に現れたのはダイレンジャーのレッド、リュウレンジャー・・・と思いきやマスクに目玉がついてるし、胸に「中華」って字書いてるしってコレ、ダイレンジャーの初期タイトル案『中華戦隊チャイナマン』だよ!

と相変わらずよっぽどのマニアでもないと突っ込めないネタの数々が繰り出される番組ですが、きちんと葉加瀬(内田真礼カワイイよなー)による解説が入るのでお子様(は見ちゃだめ)も安心。

その後赤木たちはダイレンジャーが存在した証を探そうとカラオケ・秋葉原パセラ電気街店に行ってハニートーストを注文した上で選曲!大野克夫作曲によるエレキベースに和楽器のリズムが響いてくる!コレ!コレだよ!!とマイクをつかむのだが、画面に現れたのは『五星戦隊アキバレンジャー』の主題歌であった・・・
その時出てくるカラオケ映像が名古屋CG映像学院卒業制作作品。あるよなーアニメ特撮系の曲を入れると今時素人が一人自宅のMACに向き合いながらでも作れるような安物CG映像が出てきて雰囲気ぶち壊すんだよな・・・
ダイレンジャーの痕跡が見つからず、さてどうしたものか・・・と途方に暮れる赤木の耳に聞こえてくるのは別室のカラオケ。
「あ・・・この曲は・・・」
その曲は『電子戦隊デンジマン』のドマイナー挿入歌『銀河ハニー』であった!ひとカラで『銀河ハニー』ってあんた、相当痛、いや通だね。どれぐらい通かというと『アニーにおまかせ』『ボディアクション、ダンスじゃないわよ』を歌うぐらい通だよ。
パセラの期間限定メニュー、レモン&ティーハニトーwithクリームチーズを食らいつつ(ハニトーだから銀河ハニーってか?)熱唱するツー将軍役の堀川りょう!ちなみに元の『銀河ハニー』を歌っているのは声優の中尾隆聖さんです!フリーザの歌をベジータが歌うというね(笑)


本編より

ネタが細かすぎて何が何だかわからない第二回は売れないアイドルやってて踏み台のためにアキバレンジャーのレギュラーになろうとする(身も蓋もない)二代目ブルー・石清水ルナとともに野暮用から帰ってきたアキバイエロー・ゆめりあタンが参戦するもなぜか苗字が変わって左手の薬指に指輪はめてるという衝撃に次ぐ衝撃の展開!!重大なお知らせはいつ告げられるのか!?風雲急のアキバレンジャーシーズン痛、次回も痛いぜ!!



以下のイベントももうすぐ開催されます。

4/27(土)
『僕の宗教へようこそ第四十四教義~特撮大全集~』
場所:なんば白鯨
開演:19:00~
料金:1000円(1drink別)
出演:縛りやトーマス アシスタント・トモ
ゲスト:かいけー(K-NORA)

今よみがえる特撮ヒーロー大全集!
男なんだろ?グズグズするなよ!
特撮ヒーローを真面目に語る会です。
  


Posted by 縛りやトーマス at 23:07Comments(0)特撮・ヒーロー

2013年04月25日

純情一直線

世の中、なんでもかんでも「ソースだせ!証拠見せろ!」という輩が多くて困りますね。世の中には出したくても出せないものがあるんですから・・・そう言う時には色んな見地から観察した結果「こういう結論に達した」と推測するしかありませんよね。宇宙人やUFOだって証拠はないけど色んな情報を総合すれば存在してるに違いないんだ!

そんな中、推測上では怪しい怪しいと言われていたAKB48河西智美に関する証拠が飛び出した。

「どう考えても、おかしかった」AKB48河西智美と運営会社社長の“お泊り報道”でつながる点と線
http://www.cyzo.com/2013/04/post_13166.html


本日発売の週刊文春にてスクープされた河西智美とAKS窪田社長のいかがわしいお泊まり愛スクープ。アイドルが運営会社の社長と付き合ってたという薄汚いにも程があるスクープ。河西智美には色んな番組を逃亡したとか、握手会を休んだり、イヤなことがあるとすぐ窪田社長に直電入れるわとワガママ放題で、普通だったら干されるところをそうならないのは社長の御寵愛があるからだ・・・というもっぱらの噂に言い逃れのできない証拠が突き付けられたのである。松本清張の小説ばりの展開に一堂騒然。

さすがのファンも擁護不可能の事態にかつての栄光をなげうって気持ち悪いAKB絶対擁護活動に邁進している小林よしのりがこの一件についてコメント。


小林よしのり「AKB48 河西智美のスキャンダルについて」
http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/27107196.html

手ブラ写真のことを全面擁護した本『開戦前夜』発売直前に投下されたすべてをぶち壊すこのスキャンダルについて


>あまりにも河西のイメージ通りで、
>がっかりだ。

>少し退廃的で、
>蠱惑的な雰囲気が
>河西の魅力だと思っていたが、
>根は真面目なんだろうと
>思っていた。

>わしが純情すぎた


端から擁護するのを諦め河西はもともとそんなイメージだ、と決めつけわしが純情すぎた(から河西に騙された)、だって。悪いのはわしじゃない、騙した河西が悪いのだ・・・と言わんばかりの言説。それでもファンか?
小林って元々好きでもないメンバーに対してはつれない態度を取ることが多々あるのでこれぐらいはなんてことないのであろう。


>明日発売のわしの新刊
>『開戦前夜』 (幻冬舎) では、
>河西の「手ぶら写真事件」のことを
>全力で擁護している。

>あれだけのページを描くには、
>相当な日数がかかる。

>世間の不当な誤解は
>解いてやらねばと頑張ったのだ。



あのさあ、あんたが全力でやろうが、相当な日数をかけようが、誤解を解こうと頑張ったのも、誰に頼まれたわけでもない、全部自分が好きでやったことでしょ?
なのにこの「わしの努力を無にしやがって」的な言い分。しかもこれ、本にして売るんでしょ。商売やん。文春に「人のスキャンダルを商売にしやがって」というならあんたも同じやん。


>やっぱり 「恋愛禁止」 の
>不文律は絶対必要である

>これが崩壊したら、
>「運営の喜び組」とか、
>「枕営業」とか、
>AKB48全体のイメージを
>貶める風評が拡がってしまう。

>そんなことになったら、
>他のストイックな少女たちが
>風評被害で軽蔑されてしまう。

>それがわしは心配でならない。

>真剣に夢を目指している
>多くの少女たちを、
>わしは知っている

>わしはそういう子たちを守りたい


河西を擁護する気がない小林でも、他のメンバーは全力擁護しないといけないので「他の子はストイック」「他の子は真剣に夢を目指している」とどんなに河西を貶めても他の子だけは違う!とバランス感覚の狂った発言を平気でする。

>河西智美 も、
>これからが正念場だ。

>権力と金で
>身体を売る女と思われると、
>軽蔑されて、仕事を失うぞ


最後はゴシップ雑誌がスキャンダル報道で下品な記事を書いた後で「今後に注目だ」「バッシングに負けず頑張ってほしい」並の気持ちのこもってない「落として、持ち上げる」締めくくり方だし。
何度も言ってるけど、小林よしのりは「AKBが好き」ではなく「AKBを応援しているこの俺様自身が大好き」なので興味のない女のスキャンダルなど、自分を持ち上げるためのネタにしか思ってないね。
こんな小林が2ちゃんねるのスレでは割と好意的に受け止められている、という事実にも驚くけど。

それにしても『開戦前夜』の帯に輝く

人は自分が信じたいことしか、信じない

という惹句の虚しさときたら。

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:00Comments(0)AKB48

2013年04月23日

偏屈には支える人間が必要だ!『ヒッチコック』

『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』で夢を諦めきれない男たちのあがきを描いたサーシャ・ガヴァシ監督によるヒッチコックの伝記映画『ヒッチコック』を観る。



60歳にして『北北西に進路を取れ』を完成させたものの、口うるさいマスコミからは
「そろそろ引退ですか?」
なんて質問をされムッとするヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)。
「私が現役でなくなる時は、上映が終了した時だ」
ヒッチコックは映画会社パラマウントのオフィスで実在した殺人鬼エド・ゲインをモチーフにした小説『サイコ』を見つける。「誰も手をつけたがらないんです」と秘書に言われたヒッチコックは『サイコ』の映画化に向けて動き出す。
仕事でもプライベートでも長年のパートナーだった妻アルマ(ヘレン・ミレン)には「内容が陰惨すぎる」と難色を示されるも最終的にはヒロインが中盤で殺される展開を「最初の30分で殺すのよ」とアドバイスし、60歳の映画監督の意欲作をバックアップする。
しかし製作発表の場での評判はさんざんで、パラマウントの社長からも出資を断られたヒッチコックは自分の豪邸を担保に入れて自費制作することで同意する。
こうして始まった『サイコ』の現場はトラブルが続出し、制作の遅れを危惧した社長は撮影中のフィルムを見せろと迫るも現場をコントロールされたくないヒッチコックはスタジオの扉に鍵をかける。これまでも作品に的確なアドバイスをくれていたアルマは脚本家ウィットに頼まれた脚本の共同執筆に夢中で、ヒッチコックは妻の浮気を疑いだす。
何もかも最悪な中で完成した映画の初号試写。評価はさんざんで敗北感に打ちのめされるヒッチコック。
「君がいないと何もできない」
と嘆くヒッチコックに「解決策は一つよ。あなたと組んでやり直すの」というアルマとともに『サイコ』の再編集に乗り出す二人。どん底からの大逆転なるか?


世界一有名な映画監督の活動の陰に、仕事でもプライベートでも愛妻の支えがあった、というのはおっと思わせる事実で、偏屈極まりないオッサンが嫁に弱音を吐くというのは割とある光景だね。だからといって「ヒッチコックの凡人性」をさらけ出すような映画でもないのだ。なにしろヒッチコック本人を演じているのはレクター博士ことアンソニー・ホプキンスだから。
そっくりとまでは言わないけど、ヒッチコック本人に相当似せようとしていたホプキンスの演技が傑作で、あのシャワーシーンの撮影場面ではアクションがぬるいスタントマンからナイフを奪い、自らナイフを奮うと女優が本気でビビって泣き叫ぶ!なにしろレクター博士がナイフ振り回してるんだからね!マジで殺してるように見えるし。
かと思うと当初、シャワーシーンにBGMをつけることに反対したがアルマから「迫力が違う」と説得され、(あのバーナード・ハーマンのあまりにも有名すぎるBGMが最初はなかったという事実!)再編集でBGMを追加した後はすっかりお気に入りになり初日の上映時には劇場の外でBGMが鳴る瞬間を今か今かと待ちわびてステップ踏んだりするあたりがチャーミング(淀川先生風に)。
巨匠の側で寄り添うどころか旦那をリードする勢いの大活躍を見せる妻アルマ役のヘレン・ミレンの姿よ。『アンヴィル!』で変人リップスの活動を陰で支える姉や隣近所の人たちを愛情を込めて描いたサーシャ・ガヴァシがまったく同じ部分に注目したわけ。
劇中でわずかに描かれるエド・ゲインにも偏屈野郎のゲインを理解してくれる実兄の存在をさりげなく混ぜたり(すぐ殺されるけど)、監督の「偏屈には支える人間が必要だ」という主張、よくわかるよ!俺も誰か支えてくれる人を募集中。  


Posted by 縛りやトーマス at 18:51Comments(0)映画

2013年04月22日

まるっとお見通しだよ

ボストンテロ事件の翌日にニューヨークを訪問していた猪瀬直樹がパフォーマンス気分で役人いっぱい連れてマラソンしていたのを見て「こいつに爆弾放り込めや」と思ったことはナ・イ・ショ!
そんな政治的アピール、人気取りのためにしょうもないことをする公人がいる中、パフォーマンスに明け暮れるアイドルが、居た!


AKB峯岸みなみ、雑誌表紙で“短髪”披露 丸刈り選んだ理由も明かす

AKB48の峯岸みなみ(20)が、22日発売の雑誌『婦人公論』(中央公論新社)5月7日号の表紙で、ベリーショートの短髪姿を披露している。撮影は写真家・篠山紀信氏が担当し、約3ヶ月ぶりに“素”の姿をみせている。

 峯岸は、今年1月末に男性タレントとの“お泊り報道”を受けて頭を丸刈りにし、ネット動画で謝罪。その後、研究生に降格し、ウィッグを付けて活動していた。

 同誌のインタビューで、峯岸は自ら髪を丸めた理由について言及。その行動が大きな騒動となり、約3ヶ月が過ぎたが「精神的に取り乱したからではない」と当時を回顧。「自分の軽率な行為が週刊誌で報道され、どうしたら謝罪の気持ちが皆さんに伝わるか、目に見える形で誠意を伝えたいと思った時、浮かんだのが『坊主頭にすること』でした」といい、「『反省=坊主頭』というイメージが自分の中に強くあった」と赤裸々に告白している。

 また、「ハサミを入れたことに、後悔はない」と語り、「坊主になっても、AKB48は諦められなかった」と心境を明かしている。

 そのほか、同誌では「人生は時間の使い方で決まる」と題し、より良い時間の使い方を特集している。


http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2023929/full/


もう世間のほとんどが忘れ去っている丸坊主騒動。そんなことを今になって蒸し返すのは間違いなく目前に迫ったAKB総選挙のため。話している内容はこれまでにさんざん漏れ伝わってきたこぼれ話とほとんど同じ。繰り返す必要ある?

現在研修生に降格されている峯岸の皮算用は、総選挙でそれなりの順位を獲得し、その結果をもって
「禊は済んだ!」
と堂々AKB本隊に返り咲くこと。そのために今回の「反省してます」「後悔はない」「夢のために頑張っている」アピールはどうしても必要だったのだろう。
いくら万の言葉を尽くしても、その裏にはたった一つの「AKBに戻りた~い」という本音が潜んでいるわけで。
こんないやらしい発言聞いたことないわ。コレ聞いてピュアなファンや小林よしのり(ピュアとはもっとも縁遠い男)なんかは「うんうん、みなみは悪くないよ!悪いのは世間だよ!」と感涙にむせび泣いて峯岸擁護に必死なんだろうなーと思ってたら案の定でした。


「婦人公論」の峯岸インタビューを読んだ。
https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=jo5r821b5-13#_13

>わしの期待を裏切る発言は
>何一つない。満足した。


俺の期待を裏切る発言は何一つない。満足したw

やれ声優になりたい、介護福祉になりたい、アーティストになりたいと沈みゆく舟からグループからトンズラする娘が多い中、アッパレなAKB愛であるな。AKB以外に自分の居場所がない、ってことがよくわかってるんだね。
アイドルとしての発言をする場がもはや政治的パフォーマンスの場になっているという異常事態。そのうち総選挙前に駅前のごみ拾いをしたり、お年寄りに席をゆずったり、あゆみの箱に募金したり、地元に帰って靴のまま田んぼに入ったりするアピールに明け暮れるAKBメンバーが出てきそうやな。


政治家よ、これがAKBだ。  


Posted by 縛りやトーマス at 22:45Comments(0)AKB48

2013年04月21日

ポカリ娘カプリ娘

リメイクされた映画『日本沈没』で主人公・草彅剛が決死の特攻作戦に出かける直前、恋人でもあるレスキュー隊員の柴咲コウのところに行くのでこれは今生の別れを惜しんで最後の契りでも交わす(文学的表現)に違いないと思ってたら草彅くんが

「僕には・・・できないっ!!」


と叫ぶのでズッコケテしまったものだが、そんな「おいおい、そりゃねえよ」と言いたくなる出来事があったのよ。


“ポカリ娘”後藤理沙、大胆濡れ場! 小向美奈子を超えられるか

ポカリスエットのCM美少女としてデビュー当時注目を集めた女優の後藤理沙(26)にAV出演の噂が浮上している。その真相は? お色気路線でアイドル出身のAV女優、小向美奈子(27)に追いつき、追い越すことができるか。

 「来週発売の週刊誌で後藤理沙の衝撃的な記事が出る」

 そんな噂が芸能界を駆け巡ったのが数日前。一部では「AVデビュー」とも報じられたが、実際はどうなのか。

 後藤の所属事務所に問い合わせると、「AVじゃないです」と噂を否定した上で、新たな出演作について説明した。

 「『くのいち』というタイトルのDVDシネマで、あるメーカーの新レーベルから6月末に発売されます。中身は時代劇の忍法帖で、濡れ場やヌードもありますが、どこからAVって話になっちゃったんでしょう?」

 AVではないものの、関係者によると、男女のカラミは相当濃厚で、かなりの露出は期待できそうだ。

 福岡県から上京し、14歳でグラビアデビューした後藤の半生は波瀾万丈だ。1999年にはポカリスエットCMで清純な魅力を開花させたものの一時引退。女優復帰後は、結婚・離婚を経験し、脂肪吸引や豊胸の美容整形を告白した。昨年はヘアヌード写真集で成熟した体を披露した。

 アイドル時代の後藤を取材したライターの永瀬白虎氏が、当時を振り返り語る。

 「大ブレイク中だった広末涼子と同じラインで、大手事務所が業務提携で推していたコです。地方出身で、すべての価値観がツッパリでカッコいい。黙っていれば顔立ちがイイんだけど、しゃべると蓮っ葉な部分がモロに出てしまう、ある意味、素朴な少女でした」

 そんなコが濃厚な濡れ場を演じるとなると、ギャップに歓喜するファンも続出しそうだが、小向を超えることはできるか。白虎氏が続ける。

 「小向は潜在的にグラドル時代のファン、つまり小向をオカズに時代を過ごした少年が多かった。一方、後藤のアイドル期は“キレイキレイ”な売り方で、顔が命の美少女路線。話題にはなると思いますが…。ヒットを狙うなら半端なことはしないこと。よりハードにすべてをさらけ出してほしい」

 さて、どこまで見せてくれるか。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130419/enn1304191533013-n1.htm


単に濡れ場アリのビデオ映画に出たのを、聞きつけた誰かが勝手にAVと勘違いしただけなのか・・・
なーんだ、よかった(ホッ)。後藤理沙がどこの馬の骨とも知らん男になめぐり回されるのかと思うと夜も眠れなかったのに。
誰だ!いいかげんなデマを流したやつは!
東スポです


うーん。さすが東スポ

メーカーとしては話題になってバンザーイてなもんだよね。
CM美少女だのなんだのといいながら当人は修羅の国の女なので、芸能の仕事のために上京する段になって会ったこともない高校の先輩に呼び出されて「あんた、芸能人になるいうて調子に乗っ取るらしいね」みたいなことを言われ、問答無用とばかりに隠し持っていた単一電池を握りしめたままグーで殴って黙らせたという『あしたのジョー』(ジョーはでかい石を握ったままグローブをはめて力石を叩きのめした)っぽいエピソードをBUBKAで話してた後藤理沙。なのでAVぐらいはちょろいと言い出すのかと思わなくもなかった!  


Posted by 縛りやトーマス at 14:47Comments(0)アイドル映画