2014年02月19日

プリキュア10周年

プリキュアシリーズの11作目『ハピネスチャージプリキュア!』が始まった。



10周年記念作品(もう10年か・・・)の本作は数年ぶりにフォームチェンジが取り入れられてたり、「プリキュア」が世界中に存在していて共通言語になっていたりという設定に。
売れ線のアイドル人気をもつ声優を起用して大成功した『ドキドキ!プリキュア』も二匹目の泥鰌を狙わんとしたのか、今回も中島愛、戸松遥、藩めぐみといった面子を起用。藩めぐみが演じるキュアプリンセスが極度の人見知りでコミュ障、得意分野のことになると饒舌だがそれ以外は固まるという昨今の深夜アニメでウケてる要素をガッチリ取り込んでおり、10年間続いているシリーズだけに流行りネタにも敏感ですな。
第3話では主人公・めぐみと幼なじみの男の子が恋人同士なのかと勘ぐられ、誤解だと判明した後
「プリキュアは恋愛禁止だッ!!」
と唐突な設定が飛び出した!理由は「うまくいっている時はいいが、一度関係がおかしくなれば心を曇らせてしまう」というのもの。
「プリキュアにキュンキュンしたいヲタがチャラチャラした恋愛ごっこにうつつを抜かすプリキュアなんか見せられた日にゃあ不買運動を起こされるからダメだ!」といった理由じゃなくて安心した。それにしても女の子向けアニメってシビアなのね。低学年女児向けとされるプリキュアにこんなリアルでイヤーンな設定をつけられるなんて、高学年女児向けのアニメ『アイカツ!』を意識してるのかしら。  


Posted by 縛りやトーマス at 01:47Comments(0)アニメ