2015年02月27日

2014映画ベスト10

 遅ればせながら2014年度の映画マイベスト10を発表したいと思います。もう3月になろうかというのに…ねえ…あと、出演しているラジオの方は今年も続きますのでヨロシク!


10位 赤×ピンク


 仮面ライダーファイズなどに出演して特撮オタクの間ではお馴染みの元スパイキッズ(♪失敗はゆるされな~い)、芳賀優里亜が衝撃のオールヌード&レズシーンに挑戦!という如何わしい宣伝とは裏腹に様々な理由から居場所のない女たちが安住の場所を求めて足掻く格闘ロマン、二つの要 素が(文字通り)からみ合って今まで味わったことのない興奮を感動を巻き起こす!多田あさみの乳首見せないテクニックは神の領域に達していた!


9位 超高速!参勤交代


 時代劇の上にコメディという絶対ヒットしない二重苦を背負っていた本作。「5日以内に参勤交代せよ」と無理難題を押し付けられた貧乏藩が知恵を絞って絶対不可能なミッションに挑む。無茶なことばかりいって地方に迷惑をかけ続ける中央政府への批判もこっそり込められていたこの映画がクチ コミでヒットしたのは時代の流れともいえる。


8位 新しき世界


 韓国の潜入捜査モノ。ヤクザ組織に潜入した警察のスパイ、ジャソンは長年に渡る潜入捜査で疲弊し、組織の幹部である兄貴分チョン・チョンへの忠誠心にも揺れ動き、捜査を命じたカン部長への不信感はつのるばかり。組織の会長が交通事故で死に、それをきっかけに跡目争いが始まるとカン部長は「新世界」という組織壊滅計画を企てる。
 日本ではヤクザ映画なんてほとんど死滅している状態の一方、韓国の暴力映画は凄まじさを増すばかり。なおかつジャソンが潜入捜査官であると気づくのに仁義から自分の胸にしまいこんだ挙句破滅するチョン・チョン兄貴の漢っぷりにも号泣。男が泣く映画!ドラ泣きしてる場合じゃねえぞ!!


7位 ゴーン・ガール


 結婚記念日の朝に消えた美人妻を探そうとする夫に殺 害容疑がかかる。夫は本当に妻を殺したのか?背筋も凍るサスペンスに意外な真実が判明するミステリ要素も絡んだこれを見て、僕は絶対結婚なんかしないぞと誓いました


6位 オール・ユー・ニード・イズ・キル

 
 桜坂洋のライトノベル『All You Need Is Kill』を実写化したハリウッド映画。「ついに日本のラノベがハリウッドを侵略した!」とオタク大喜び案件。オタク界隈ではもはや鉄板と化したループものをベースに終わりのない戦いを挑むトム・クルーズに「アニメが実写になるってこういうことなんだなあ」としみじみ。


5位 僕は友達が少ない


 これまた人気ラノベの実写化。ただし日本で…目付きの悪い上にハーフゆえの金髪で周囲に溶け込めず、だから「友達が少ない」主人公が電波な美少女に誘われ、友達をつくるための「隣人部」を設立。あとは美少女に囲まれてウハウハハーレム天国ザブーンといったベタベタな内容。だが中盤から押井守なビューティフル・ドリーマー展開に唖然。やはりオタクはビューティフル・ドリーマーから逃れられないのか!!愛はもしかして放り投げたブーメラン!!


4位 ミスターGO!


 弱小球団の切り札として入団したのはゴリラだった!!水島新司の読み切り『たそがれちゃってゴリ』の実写化にびっくりしたゴリ。この設定だけで笑えるよね。完全に出落ち。なぜか主役の女の子の吹替が田村ゆかりさんでゆかりーん! ゆ、ゆーっ、ユアアーッ!! ユアーッ!!


3位 GODZILLA


 ゴジラがハリウッドで初の映画化!姿を見せるまで一時間もかかる溜めの展開にやきもきさせられ、ようやく全貌を表すアメリカ産に大・興・奮。そりゃあ不満もあるけれどお前らスペゴジとかがいいのかよ!!


2位 ベイマックス


 クールジャパンとはまったく別のところから、日本が影響を与えた作品。予想を軽く裏切る展開に気持よくダマされました



1位 たまこラブストーリー


 テレビではオタク視聴者に受け入れてもらうため、ドラえもん風の生活ギャグアニメだったが劇場版ではたまこともち蔵の淡いラブストーリーにするとは、本当はこういうのやりたかったんだろうなあ…たまこが好きなのに最後にはもち蔵を応援するみどりちゃんが可哀想すぎるわ!
 僕達はこういう恋愛をするために生まれてきたはずなのに、どうしてこうなった。本当の恋愛なんて二次元にしか存在しないんだ!かたじけねえ!!


 ベスト3がアニメと怪獣って!僕はそういう人間なんでご理解のほどよろしくお願いしますね!2015年も面白い映画を見たいなあ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 07:29Comments(0)映画