2015年05月28日

ブロックされても平気!

 鯖問題冷めやらぬ中、また新たなオタク騒動が起きた。


【悲報】声優・上坂すみれさんにツイッターでブロックされたオタク氏、キレてサイン色紙などを燃やす行為に走る
http://admin.otaden.jp/admin/entry


 「声優界の鎌倉の御前」こと上坂すみれさんにTwitterでブロックされたオタクが悔しくてサイン色紙を燃やす、CD、DVDを割るなどの焚書抗議に。よく聞けば彼はすみぺを崇める熱烈な同志諸君だったにもかかわらず、なぜかファンを辞めて叩いてたという。初の単独ライブ(東京カルチャーカルチャーのやつかな)で最前だったというのだからそりゃ大したもんだ。「売れてない時に応援して、数万落とした」ともあるので。
 売れて有名になっていくのが許せなかったのかな?こういうのオタクではよくあるよ。売れてないうちは自分のものになってる気がするんだけど、売れていくに従って自分のものになくなっていくので許せない、叩きのめしてやる!!っていう…この辺の感覚はわからない人に説明するの難しいんだよな。
 しかし叩きのめしてやるといって色紙やCDを割っても上坂すみれは何一つ損してませんけどね。むしろ厄介が居なくなったと安心だ。あとは殺害予告でもしてくれれば周囲からも「ほら、やっぱりあいつは頭おかしい奴だったんだ」とめでたく認定されてブタ箱行き。この資本主義のブタめ!!

 ホント、オタクはしょうがねえな~と人のことを笑っている場合ではなかった!俺にも火の粉が降りかかってきたのよ!昨日わかったんだけど、超人気声優の平野綾さんの公式アカウント(事務所のやつ)平野綾オフィシャルインフォにブロックされていて見られないことが発覚!!
 他のフォロワーの人が平野綾オフィシャルインフォをフォローしていて、それでつぶやきの内容が見られたので、RTしようと思ったら「そのユーザーアカウントからブロックされています」表示が!
 俺が一体何をしたっていうんだ?とりあえず過去の書き込みを検索してみると、あ、これかなってやつがあった。





 あのアイドルグループPASSPO☆のメンバーが「ホントはやりまくってるよ!」とTwitterにつぶやいたネタがらみで平野綾さんのBUBKA記事を貼ったユーザーをRTしたのと、それを揶揄して「バックバンドの人に下半身を乗っ取られた平野綾w」ってつぶやいたのがまずかったのかな…
 「そりゃあまずいだろ!」ってみんな思うだろうけど、本人としてはギャグのつもりだったのに…これぐらいで厄介認定してブロックしてくるなんて心の狭い事務所だな!本人は気にしてないと思うよ!!絶対!!!
 彼女には数万落としてきたし、あの風邪を引いて声がでなくて散々だった1st、2ndライブにも行って大満足して帰ってきたのに、アニソン紅白歌合戦で金属バットを振り回したやつには激怒したし、BUBKAの記事だって「あれはニセに違いない」と擁護してきたのに…こんな扱いを受けるなんて許せない!CD、DVDを割ってやる!!




 …とならないところが俺のいいとこだなー(なんだこいつ)いいもん、ブロックされても俺はあーやファンを続けるから全然平気!!


僕は何もしてません!


  


Posted by 縛りやトーマス at 01:38Comments(0)声優平野綾オタクお前は何を言っているんだ

2015年05月26日

鯖問題・続報

 先日勃発した鯖問題について動きがあった。現地で被害を受けた観客が被害届を出す模様。

昨日の件にて被害を受けた者です。本日、弁護士と相談を行いました。器物破損よりも確実に動いてもらえるとのことで、軽犯罪法違反でこれから被害届を提出しに行きます。警察が運営に聴取した後に、悪質性をみて威力業務妨害が成立するだろうとのことです。取り急ぎご連絡致します。
https://twitter.com/GamesenyouYew/status/602361797304131584

ひとまず、全て警察にお任せすることになりました。相手の氏名、住所等がわかれば事はよりスムーズに運ぶようですが、いずれにしろ本人のところへ聴取しに行くのには然程時間がかからないとのこと。彼の犯罪行為を煽り幇助していた同行者も含めて厳罰に処する方向で動いてもらうようにしました。
https://twitter.com/GamesenyouYew/status/602745876109393920

昨夜、加害者からDMが届きました。
1.この数日考えていて返事が遅れた
2.非常に反省している。今後活動を自粛する
3.謝って済む問題ではないが、出来るなら直接謝罪したい
とのこと。
ただ、私としては加害者からの謝罪や、楽しいライブ活動への参加自粛は求めていません。(続く
)
https://twitter.com/GamesenyouYew/status/603093524242763776

私が求めるのは、主犯とその同行者が刑事的に責任を負うこと。そして活動の自粛ではなく、この非常識な集団が公的に一切の活動ができないようになることです。
被害を一度取り下げると、あらためて出すことが難しく、このような輩は喉元過ぎればすぐに調子に乗るので、そのままの姿勢を貫きます。

https://twitter.com/GamesenyouYew/status/603095162131099649


 この被害届と加害者との一連のやりとりがどこまで真実なのかわからないけど、常識のない人間の行動は取り締まって欲しいので、この騒動が常軌を逸したオタクの行動に対して抑止力に向かう方向に向かってくれ。当の加害者はアカウントに鍵をかけて逃亡中ですが。
 一番いいのは多くの人が常識を持った行動に出ることで、イベント入場時の過剰な警備体制とか本当にやめて欲しい。俺だけ念入りに金属探知機を使用したことがどうしても気になる(まだ言ってる)。


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:03Comments(0)オタク

2015年05月25日

イベントに生魚を持ち込むのは間違っているだろうか

 先日はアワーズルームの常連さんのご好意でグランキューブ大阪で行われた田村ゆかりさんのライブに初参加!お前、今までさんざんゆかり姫の素晴らしさを説いておきながらお前、生でみたことないのかよ!ってすいませんその通りです。
 これまで映像でしか伝わらなかったあらゆるすべて…会場の隅々まで届く圧倒的な声量、会場の隅々まで見逃さず、隙あらば拾うトーク術(ありがちな「ゆかりん好きー」の煽りに絶妙のタイミングで「ゆかりはそうでもない」と返して爆笑をさそうところ、めっちゃ好き)、時に気恥ずかしさすら覚えるもだんだんと慣れてゆく映像、約4時間という長さを感じさせないライブ構成など生のライブ体験だからこそわかる姫の魅力がより伝わって。人類には発掘すべき秘境がまだ存在することを実感したました。

 と、未踏の地に足を踏み入れた人々が大喜びしている時に、別の場所ではオタクによる阿鼻叫喚の地獄絵図がまたも繰り広げられていたのであった。

アニ×ワラ 2015
http://aniwara.com/

 天津の向さんが主宰のアニソンとお笑いの合体イベントに声優からはナンジョルノ、そらまるにみころんというミルキィホームズ組、田所あずさとかが出演していたのですが、観客の一人が鯖を振り回し、周囲が魚臭くなったとのこと。鯖って、生魚の鯖ですよ…

アニワラで魚振り回していた人を絶対に許せない。現場では言えなかったけど帰ってきて魚で汚れた服を見て泣けてきた。何しに行ったんだろ。魚振り回してた人の情報あったらお願いします。
https://twitter.com/madatokmei/status/602127557492809729

@tenshinmukai 今日はアニワラお疲れ様でした!最前列で参加させて頂きました!出演者の方は面白くて最高だったのですが、参加者のマナーが最悪でした。受けた被害としては、いきなり後ろの方が生の魚を振り回し魚の血液などが洋服に付着して汚れて生臭くなり公演を楽しめなかった事です
https://twitter.com/jimmy_allbacker/status/602150526025797632

アニワラの鯖振り事案は運営止めろよって声もあるけど、常識的に考えてまさか生魚持ち込んでるとか思わないでしょ……
客席薄暗いしぬいぐるみか何かかなって判断したんじゃないかな。
事前に荷物チェックしなかった件に関しては擁護する余地はない。

https://twitter.com/tw9900/status/602296712258949120

アニワラ前の方はサバ振り回す奴がいたり、ミルキィの時に殴りあいからの集団フルボッコとか色々危険だったようだな。
https://twitter.com/kohana125/status/602304629959839744


 田中理恵が参加するイベントにナイフ持ちこんで殺そうとした奴とか、アニソン紅白歌合戦で平野綾のファンが金属バットを持ち込んだとか、アニオタの頭がどうかしているのはいつものことですが、やつらはいつも常識の斜め上を行きますな。鯖って…鯖って…!!TwitterのTLにある「常識的に考えてまさか生魚持ち込んでるとか思わない」ってホンマその通りやで。アニ×ワラのサイトに【★会場内でのマナーについて】として

◆場内では係員の指示に従ってください
◆公演中の携帯電話の使用は禁止です
◆高度のあるジャンプ、回転、腕を振り回す、ステージに身体を乗り出す等、「オタ芸(ヲタ芸)」と呼ばれる過激な応援行為は、周りのお客様へのご迷惑や怪我、トラブルの原因となりますので、一切禁止させて頂きます。


 とあるけれど、来年からは生魚の持ち込みは禁止です、って書かなきゃいけないのか。大喜利かよ!!長渕剛の「ギター持ち込み禁止」じゃないんだから。

 そして騒動を起こした当の本人はこれぽっちも反省していない、というのもいつものことです。



「光り物を振ってただけです」

「はいはい面白い面白い。ところで話は変わりますが」(田村ゆかりさんの声で)



 こういう連中って必ずと言っていいほどチェックのゆるそうなイベントを狙い撃ちするんだよな。主催側の「まさか、そんなものを持ち込むやつがいるはずがない」という甘~い、スイーツのように甘~い予想を軽く飛び越えてやってくるのだ。そういう行為がイベント、ライブ入場時の過剰なチェック…金属探知機、果ては顔認証システムの導入など面倒事につながっていくのが連中にはわかってない。
 マジな話、同様のイベントには事細かに「金属バット持ち込み禁止」「ナイフ持ち込み禁止」「ゴルフクラブ持ち込み禁止」「のこぎり持ち込み禁止」「生魚持ち込み禁止」…ひとつひとつ書いた方がいいわ。「持ち込むのは『常識的な範囲のものにしてください」とすればいいのでは?」って?やつらには常識がないのです。
 素晴らしかった田村ゆかりさんのライブでも去年携帯ラジオを投げつけたやつのおかげで今回から金属探知機が導入されたんだぜ。そのせいか、入場時に俺だけ厳しくチェックされたのはなぜなんだ!直前に会場入りした男性ファンは2,3秒軽くスキャナーを当てるだけだったのに、俺の時は人型を描くように10秒ぐらいかけやがって…それもこれも鯖を振り回すやつのせいだ!!!!


  


Posted by 縛りやトーマス at 09:30Comments(0)オタク日本のとんでも事件

2015年05月24日

この島には童貞がいません!『Zアイランド』



 宗形組組長の宗形(哀川翔)と弟分の武史(鶴見辰吾)と構成員の信也(湘南乃風・RED RICE)は対立する竹下組の鉄砲玉、反町(木村祐一)、内田(千鳥・大悟)、ジョー(野性爆弾・川島)の襲撃を食らい重傷を負う、ひとり難を逃れた武史は仕返しをするが、謝って警官を撃ってしまい10年の懲役。
 10年後、懲役を終えた武史を迎えにくる宗形と信也。すでに組は解散となり宗形は解散する構成員らと家族に生活費を渡したため、借金生活に。運送業で自分より若い社長(次長課長・河本)にこき使われ、「仕事が遅い!真面目に働けや!」と怒鳴られる毎日でかつての栄光は微塵もなし。しかし生活保護費を不正受給していた河本にだけは真面目に働け、って言われたくないで!!お前が働けや!!

 二人は武史の娘・日向(山本舞香)の世話をしていたが、出所の日に父親に愛想を尽かした日向は家を飛び出してしまう。かつて家族で旅行にいった離島の銭荷島へ友達のセイラ(水野絵梨奈)と遊びにいってしまった。
 銭荷島には竹下組の組員・吉田(宮川大輔)が組のクスリを持ち逃げして、さらにデタラメに調合したクスリを島民に売っており、そのせいか島では謎の疫病が発生。吉田は自らそのクスリを注射、発作を起こして死んでしまうが、直後蘇り島民を襲い始める。襲われた島民は感染しまた別の島民を襲う…
 島がそんなことになっているとは知らず、宗形、信也、武史、武史の元妻・桜(鈴木砂羽)は日向を探しに、一方竹下組の反町たちも吉田からクスリを回収するために上陸する。両親が島にむかっているとは知らない日向たちは警官の白川(窪塚洋介)らと脱出しようとするが…


 つとに映画ファンとして知られる(笑)品川ヒロシの監督4作目はゾンビ映画。タイトルのZはいうまでもなくゾンビのZである。だったらゾンビアイランドにしろよ!ってなもんだが、本人曰く「ゾンビってつけちゃうと売れないっていわれたんで…」とブラピの『ワールド・ウォー・Z』みたいなことをいうのだが、小賢しいったらありゃしませんな。この小賢しさが全編に渡って繰り広げられるのだ。ゾンビ映画わかってますよ、風な各場面、クスリに感染する人々を「あれでしょ、ゾンビでしょ!」って結局言っちゃう辺り(じゃあやっぱりゾンビアイランドでいいじゃない…)とかね…もう…

 品川ヒロシはジャンル映画のオマージュを意図的にやってしまう割にそれを恥ずかしいとでも思ってるのか、堂々とやらないので見てるこっちはイライラするんだよ。コスプレを恥ずかしそうにやられると見ているこっちが恥ずかしくなってくるのと同じ。
 豪華なキャスティングに佐渡ヶ島ロケ、プレスシートの哀川翔の写真取るのにレスリー・キー使ったりして結構な金使ってるんだよね。友松直之監督のゾンビ映画の100倍はかかってるよ。でも友松映画の100億分の1もつまらないってどういうこと?この理由ははっきりしていて、この映画、童貞が一人も出てこない!冴えない奴やモテナイ男なんてまったく出てこなくて、この島には非リア充が存在していない!頭の悪そうな男と女は腐るほど出てくるけどな!
 ゾンビの世界にすら童貞とモテナイ男は存在できないとするなら、その世界の方がよっぽど地獄だわ!死んでしまった方がマシです!!結論、Zアイランドよりレイプゾンビを100回観た方が有意義だぜ!


  


Posted by 縛りやトーマス at 01:34Comments(0)映画

2015年05月23日

日教組が悪の巣窟です『ビリギャル』



 無口で友達がまったくいないさやかちゃんは友達にボールをぶつけられて怪我をする。これをいじめだと考えた母親、ああちゃん(最近やたらと見かける吉田羊)は学校に訴えるも事なかれ主義の先生たちは「大した問題じゃない」と言いはり、ああちゃんは娘をエスカレーター式の学校に転校させる。中学生で初めてできた友達と仲良くなったさやかちゃんは家にも帰らず遊び呆ける毎日。なにしろ家には自分に構わず、長男である弟をプロ野球選手にすることしか考えてないお父さん(田中哲司)がいるからだ。
 今までの寂しい人生を取り替えさんと茶髪にピアスのギャル化した中二のさやかちゃん(有村架純)はカバンに隠したタバコを担任(安田顕)に見つかり、母親呼び出し。「お前の友達もタバコ吸ってるんだろ?素直に話したら停学は勘弁してやる」という学校側にああちゃん反発。「学校は友達を売れって教えるんですか?それが教育なんですか!?」もはや学校教育に不信感しか抱いていないああちゃんの態度にシビれたさやかちゃんはダンマリを決め込んで無期限停学処分。
 家でますますギャル化するさやかちゃんに学習塾を勧めるああちゃん。金髪、ミニスカ、へそ出しルックのさやかちゃんにドン引きする学習塾の講師、坪田先生(伊藤淳史)。しかし坪田先生はどんな生徒でもイイトコをひとつでも見つけて、無理やり褒めて伸ばす超ポジティブ教育なので、さやかちゃんをこれでもかと褒め倒してすっかり乗せられた彼女は偏差値30からの慶應義塾合格を目指す。

 「成績最低のビリギャルが慶應義塾に合格するまでの話」というこれだけで映画の99%の説明が終わってしまう『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は観客の想像を裏切るような驚きのどんでん返しなどまったくなく、5分後のストーリー展開は誰にでも予想できる全年齢対象映画だ。父親にプロ野球選手になるよう教育される息子は当然のように名門校の野球部で壁にぶち当たり、「もう野球はいやだ!」と父親に逆らい野球部を辞め、地元のチンピラグループにパシリとしてこき使われる…という普通の脚本ならダメ出しされてしまう展開がごく当たり前に出てくるのだ。そう、この映画は実話を元にしているのだが、本当に当たり前のことしか起こらないので、事実は小説よりも奇なりとはまさにこの事ではないか。

 この映画の象徴的なのは学校教育を完全に悪としているところで、安田顕演じる担任教師はさやかちゃんを「お前みたいなバカが慶応に行けるわけない!」と決め付け、坪田先生のところに押しかけ「あんたの教育は理想論」と喧嘩をふっかける。ひたすら可能性の芽を摘み取ろうとする学校側は悪の巣窟にしか見えない。
 それに引き換え坪田先生は最初の学力テストで0点を取ってしまうさやかちゃんをまったく貶さず「むしろ清々しいね!」と言い、解答欄をすべて埋めていることに「やる気があるのはいいことだ!」と褒めちぎる。またさやかちゃんが「だって~何か書いとけばひょっとして当たるかも知れないじゃん?」と乗せられてしまうと「その前向きさが大事なんだよ!」とまた乗せる…
 しかも坪田先生はやる気を出させるために褒めるだけではなく、狡猾なテクニックも使う。「よかった探し」をするだけではないのだ。例えば弁護士の親を持つ落ちこぼれがやってきて、弁護士にさせようとする親父に俺は落ちこぼれることで復讐してやるんだ、というひねくれ息子に対して「もっといい復讐をしてみないか?君は司法試験に合格して、でも弁護士にはならない!お父さんはショックを受けると思わないか?これが最高の復讐だよ」といってそいつに勉強させるよう仕向けるのだ。

 この調子で塾にやってくる様々なダメ生徒を徹底的に褒め倒し、ありとあらゆるテクニックでやる気を出させる教育は、「お前はダメだ!ダメなやつは何やってもダメなんだ!」しか言わない学校教育に比べてどう見ても良いようにしか映らないではないか。
 「箱の中のみかんがひとつ腐ると中のみかんはみんな腐る」式教育から落ちこぼれてしまう人たちにとってこの実話が絶賛されたのはよくわかる。この映画、日教組の人たちに見て欲しい!

 そういう意味でひたすら道徳臭い話ではあるが、爆笑するポイントがひとつある。慶應義塾の試験前日に合格祈願のコーヒー(受験シーズンによくでる合格文字入りのアレ)を坪田先生に渡されたさやかちゃんは試験開始前にがぶ飲み。すると腹を下してしまうのだ。試験中だというのに二度もトイレに駆け込むさやかちゃん。これじゃ、ビリギャルじゃなくて…ゲリギャルじゃねーかよっ!!試験開始前にコーヒーを飲むのは止めましょう。

 どっからどう見てもギャルにしか見えなかった有村架純の変貌ぶりはすごかったが、男の匂いが一切しないところとか、見た目以外のギャル要素が一切なかった。その辺は「やっぱお嬢だな」って思ったわ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 02:16Comments(0)映画アイドル映画

2015年05月21日

折り鶴JK

 「風俗店ではない」と言い張り、ありとあらゆるアイデアで法の網をかいくぐりビジネスにしようとする最近のJKリフレ(実際にリフレはほとんどしていないか、形だけ)店のたくましさには呆れるほどですが、この店のアイデアには感動を覚えたほど。

「JKのお仕事見学」実は下着のぞく店 労基法違反容疑
http://www.asahi.com/articles/ASH5D3F5FH5DUTIL00B.html

>折り鶴を作る女子高生らの下着をマジックミラー越しにのぞき見る――。そんな店舗を経営していた男ら3人を、警視庁が逮捕し、12日発表した。少女が18歳未満と知りながら有害な仕事をさせたという労働基準法違反(危険有害業務の就業制限違反)容疑。

>東池袋1丁目の雑居ビルの一室で「みんなの作業所くりおね」を経営。17歳だった無職の少女にミニスカートの制服姿で低い椅子に座って折り紙などを作らせ、マジックミラーの向こうにいる男性客(21)に下着をのぞかせるという仕事をさせた疑いがある。


 少女が折り紙を折るところをみんなで生暖かく覗き見る作業所だと思ったら実は…というどんなことをしてでも女性の下着を覗きたいという男の本性を逆手にとった新ビジネス!店名の「みんなの作業所くりおね」というのも素晴らしい。職業訓練っぽいもんな。考えたやつは間違いなく天才。単に休憩室じみたい部屋でJKがだらだらお菓子食ってたり、スマホいじってるところを眺めるだけという店よりは頭使ってるなーという気がしてこれぞクールジャパン!(違う)

 記事の写真を見ると店に飾ってある紙に「黒パン&見せパン禁止」とあり、純白のパンツ、しかもマジパンを徹底させていたという経営者のこだわりも感じられ、実に良心的な店ではないか。あと折り紙も実際に折られていたようで、働く以上は折り鶴が折れないとだめというスキルも学ぶことができる職業訓練所の鑑!文字通りの作業所なのだった。
 これで月200万も売り上げていたというのだから、やっぱ金を稼ぐにはアイデアなんだなあ。手入れが入る前に一度行きたかった。同様の店が開店できるように、祈りの千羽鶴を折ろうかしら。




  


Posted by 縛りやトーマス at 18:10Comments(0)日記

2015年05月21日

フレッチャー教授が恐ろしいデス!『セッション』



 第87回アカデミー賞において助演男優賞(J・K・シモンズ)、編集賞、録音賞を獲得、制作当時若干28歳だったというデイミアン・チャゼルの才能に世界中が震撼!

 ジャズ・ドラマーを目指す若者ネイマン(マイルズ・テラー)は名門音楽学校に入学、学校で最高の指揮者として名高いフレッチャー教授(J・K・シモンズ)のスタジオ・バンドに招かれて有頂天。
 「これで俺もバディ・リッチみたいなドラマーになれる!」
 というネイマンの甘い夢は練習初日に打ち砕かれるのであった。フレッチャーから「朝の6時に来い」と言われ、うっかり寝坊したネイマンはダッシュでスタジオ入りするも部屋は無人。予定表には「9時より練習」…?9時前になってようやく集まるメンバーたち。和気あいあいと談笑するメンバーは教室にフレッチャーが現れた途端空気一変。何この異常な緊張感?
 フレッチャーは練習が始まってすぐにメンバーを怒鳴り散らし、わずかなミスすらも許さない。完璧主義者の彼にメンバーは震え上がっていたのであった。「今、お前のリズムはあっているか?それともあってないか?わかるか!?」と怒鳴られて返答できないメンバーを「あっているかあっていないかもわからんやつは出て行け!」と追い出す!号泣しながら彼が出て行くと「ミスしていたのはあいつじゃない。お前だ!」と他のメンバーに怒鳴るフレッチャー…
 「やばいところに来てしまった…」
 ビビりまくるネイマン。だが休憩の間にフレッチャーは「君は初めてだから戸惑っているんだな。そう肩をはらずにリラックスしろ」と優しく接してくる。なーんだ、本当は先生、いい人じゃん!といよいよネイマンのドラムパートになるのだが、「リズムが早い!」とゆっくり叩けば「もっと早く!」早く叩けば「早いと言ってるだろう!ゆっくりだ!」ゆっくりやれば「もっと!もっと早く!」言われた通りに出来ないネイマンにフレッチャーはパイプ椅子を投げつけ、ビンタをかます!ついにネイマンは泣き出してしまう…

 ヘタレのネイマンに鬼教授のフレッチャーがスパルタ教育をかます、という展開に『愛と青春の旅立ち』『フルメタル・ジャケット』的なドラマを想像するのだが、まったく違う展開になっていくのは本当に驚いた
 フレッチャーを演じたJ・K・シモンズはサム・ライミの『スパイダーマン』シリーズでスパイダーマンを正義感気取りの覆面野郎としてネガキャンを繰り広げるデイリービューグルのジェイムソン役を演じており、ピーターに対する意地悪な演技が見ものだったのだが、それが可愛く見える狂気の鬼演技。
 彼を見返そうとするネイマンも血豆が出来るほどドラムに打ち込み、「一人前になるためには恋愛なんか邪魔なだけだ!」と勝手に思い込んで恋人を振り(それをすてるなんて とんでもない!)、バンド発表会に遅刻そうになってレンタカーを爆走させるのだが、激突事故を起こす。しかしネイマンの頭にはフレッチャーを見返すことしかない!腕を折って傷だらけになりながら会場へたどり着き、ドラムを叩くのであった…この人達、どうかしてるよ!!

 映画全体を包む異常な緊張感が観客にものしかかってきて、息の詰まるような物語の展開と一体化することができる本作は世界中で評価されるのもよくわかる。
 前述したがこれが最後にフレッチャーは最高のプレイヤーを生み出すために生徒をスパルタしていたのだ、「…先生!」「わかってくれたか、生徒よ!」みたいなオチだったらよくある物語で終わってたところ、実はフレッチャーは単なるサディストで生徒をいじめるのが好きだっただけ!というオチはあまりに強烈すぎた。この人やっぱり頭おかしかったんだ!
 だからこそクライマックス、9分19秒に渡るセッションでネイマンがフレッチャーの静止も聞かず繰り広げる嵐を呼ぶドラムプレイを見せてネイマンがフレッチャー以上の狂気の世界に突入するシーンがより異常に見えるんだよな。異常を超えるにはより異常になるしかないのか!

 一見普通に見えて本当は異常、というのが世間一般的にいう異常なんだよね。例えばまんがタイムきららMaxで連載してる『きんいろモザイク』で四六時中「金髪ー!金髪ー!」と喚いているシノや多動性障害にしか見えないカレンは誰が見ても明らかに異常なんだけどあの漫画で一番異常なのは同性愛をこじらせてる綾だからね。チャラチャラしてる陽子を許せずに
 「今から陽子のこと猪熊チャラ子って呼ぶから!」
 と言った次の瞬間に
 「でも…陽子って呼びたい!」
 と号泣するところか、どう考えても異常ですから!綾が一番の常識人に見えて実は完全に狂っているというところがこの漫画の一番恐ろしいところで読む度に背筋の凍る思いをしていますが、一見異常に見えてより異常というのがこの世で一番恐ろしい光景なのかもしれませんね。


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:27Comments(0)映画アニメ漫画音楽

2015年05月19日

童貞がやるせない『海にかかる霧』



 韓国で実際に起きた未解決の連続殺人事件を追う二人の刑事の執念と激突を描いた『殺人の追憶』の監督ポン・ジュノが製作、脚本家のシム・ソンボが監督した『海にかかる霧』はこれまた韓国で実際に起きたテチャン号事件を舞台化した『海霧』の映画化だ。

 アンコウ漁で潤っていたのも昔のこと、長く続く不況と不漁に喘ぐチョンジン号のカン船長(キム・ユンソク)は責任感が強く、そんな状況でも船員の給料遅配だけはさせまいと借金を繰り返す。
 老朽化し故障したチョンジン号を修理に出す金もなく、「国が保証するから新しいのを買った方がいい」と言われても船に愛着を持つカンはそれを拒む。金策に悩むカンに知り合いの社長が朝鮮族の密航者を運ぶ仕事を依頼。雷雨で荒れる海に出港したチョンジン号は沖合で中国船から密航者を預かり、一路港へ。一番若い船員のドンシク(パク・ユチョン)は韓国に渡って暮らしている兄を探しに来たという女性、ホンメ(ハン・イェリ)に想いを寄せる。
 何事もなく港へたどり着けると思ったはずが、監視船がやってきたため、いつもは魚をしまう魚艙に密航者を押し込める。監視船をやり過ごしたあとに魚艙の蓋を開けると、中で密航者は全員死んでいた!魚艙にある冷凍機が爆発、フロンガスが充満したためだ。動揺する船員たちにカン船長は斧を手に密航者たちの死体を切り刻む。「細かく刻んで海に捨てろ。そうすりゃ魚が食ってくれる…一つでも陸に流れ着いたら俺たちは終わりだ!」と怯える船員たちに証拠隠滅を命令するカン。
 だがドンシクによって魚艙から機関室に移されていたホンメだけは難を逃れていた。一部始終を見ていたホンメは自分も殺されると取り乱すが、ドンシクが「君だけは守る」と言われる。機関室に誰かが降りてきたため身を隠す二人。降りてきたのはカン船長と機関長のワノ(ムン・ソングン)だ。人が良すぎるワノは密航者の命を奪ったことに心を痛め、船長に自首を勧めるのだが船と船員を守ることしか頭にないカンはワノを殴り殺し、海に捨てる…
 夜になり、霧に包まれ先も見えない船の上で正気を失い欲望をむき出しにする船員たちからドンシクはホンメを守ることができるのか。


 『殺人の追憶』のように人間の狂気、猟奇性を描いた暴力映画を作らせると並ぶもののない韓国映画にまた新たな傑作誕生!この映画、普通に考えたら金のために殺人も厭わない(しかも家族同然の身内まで殺してしまう)ロクデナシどもの暴力映画なんですが、カン船長を始めとする登場人物全員に事情があって、やるせない気持ちになってしまう。

 カン船長はどんなに不漁でも家族同然の船員のために借金してまで給料を払っちゃうの。社員を絞り上げることしか考えず、そのくせ給料すらまともに払わない日本の経営者の方々は全員この映画を見るように。そんな善人のカン船長で狂わせる、ものすごい状況なわけですよ。チョンジン号の上は。女のことしか考えてない機関員のチャンウクとか、なんでもかんでも「船長の言うとおり!」という太鼓持ちのホヨンとか、借金取りから逃げてるワノなど、みんな善人でその人達が狂気に囚われていく過程がきちんと描かれていて、悪いことしてるのに同情できるのな。観客的には若い船員でホンメを助けようとするドンシクが一番感情移入できるキャラなんですが、彼は船員仲間から若いというだけでちょっとバカにされたりして、「おめー童貞だろ?」と笑われ「どどどど童貞ちゃうわ!!」と言い返すんですが、ホンメに対する態度が明らかに童貞のそれなので(自分にだけ優しくしようとするので「体が目的なの?」と聞かれて「そそそそういうこと考えてないから!」と気弱に言い返すところとかね、もう…)他人とは思えません

 童貞でヘナチョコのドンシクが混乱の最中、ホンメと結ばれ童貞卒業した後は勇ましい男に生まれ変わってドロップキックをぶちかます!!(韓国映画のアクションは必ずドロップキックがあります)もう涙が止まりませんわ。
 ドンシクを演じたパク・ユチョンはJYJというアイドルグループのメンバーで、これって元東方神起なんだよね。あの東方神起で人気のあるメンバーが抜けちゃったので、それ以外の人たちで結成されたのがJYJなんだけど…アイドルとは思えない童貞感、いや存在感で韓国でもこのドンシク役で演技派として認められたそうです。

 この映画、ラストも本当にやるせない。
※ここから先はネタバレになるので鑑賞後に御覧ください



 沈む船から脱出したドンシクとホンメは無事陸地にたどり着くんだけど、目覚めた時、ホンメはいなくなっていて、ドンシクは懲役を食らう。臭い飯を食って数年後、懲役を終えたドンシクは定食屋で飯食ってるとホンメらしい女性の後ろ姿を見かける(その時、ホンメの好物だった青唐辛子入りのラーメンを食べている)、女性は子供を連れていた…
 助かるためにドンシクを利用するだけ利用してポイ捨てしたという強烈すぎる事実が判明するこのオチ!ひょっとしたら兄がいるというのも嘘っぱちでドンシクに見せた兄貴だという写真は自分の男だったんじゃないの!?とか色んな読みが可能なラストなんですがとにかく童貞野郎にとってやるせないオチであることは間違いない。


  


Posted by 縛りやトーマス at 16:36Comments(0)映画

2015年05月18日

膝っ子に目薬

 現在開催中のカンヌ映画祭に日本から出品されている『海街diary』が絶賛…という記事が日本のマスメディアを騒がせているが、ネットメディアでは別の意味でこの映画が盛り上がっていた。

 以下は記事内で取り上げられた劇中場面なのだが



 4姉妹を演じる綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが食卓を囲んでいる場面。長澤まさみが膝立てで食事をしているという画像を見て、
「行儀が悪い」
「まるで韓国人のようだ(韓国人女性は片膝を立てて食事をする)」
「日本の代表として出品されている映画でこのような描写があるのは屈辱的」
 などとたちまち批判の炎が燃え上がった!しまいにゃ監督の是枝裕和のTwitterアカウントに凸するやつまで現れる始末。それにたいして監督は以下のように返答。


是枝裕和 @hkoreeda
だからね、このカットは、お姉ちゃんが妹に『お行儀が悪いわよ』って注意するシーンの一部なの。突っ込む為のフリとしての立て膝。ご理解頂けますか?

https://twitter.com/hkoreeda/status/599962929664888832


 是枝監督もこんなアホらしい突っ込みをされるとは想像してなかったろうに。僕は原作漫画を知らずに試写でこの映画を観ただけなんだけど(原作にもあるシーンらしい)、それでもちょっとガサツな次女・長澤まさみの行儀の悪さを長女の綾瀬はるかが窘めるシーンなんだってすぐわかった。
 観てもいないのにたった一枚の画像でそこまで想像を膨らませて「ムキー!許せないザマス!!」と怒り心頭になる人々の気持ちがさっぱりわからない。こういう人ほど日本人の誇りだの美しい日本の心だのとすぐ口にするんだよね。腐臭を口から放って何いってんだかって感じですけど。


 映画『海街diary』は6/13(土)公開です。
http://umimachi.gaga.ne.jp/



  


Posted by 縛りやトーマス at 15:36Comments(0)映画ネットお前は何を言っているんだ

2015年05月16日

俺は岐阜の福山雅治

 世の中にはキリストの生まれ変わりとか、仏陀の生まれ変わりとかを自称する人はたくさんいますよね。皇族は私の妹、っていって大騒ぎになった女優F・Mさんとか今どうしてるんでしょうね。どっかの療養地にいるとか聞いたけど。
 生まれ変わりだのやんごとない一族だとかを自称するなんてよっぽど自分に自信がないやつが他人の名前を使って自分をデカく見せようというチンケな心の現れだと思いますけど…では次のようなケースはどうでしょう。

「福山雅治」名乗る万引き容疑の男逮捕 岐阜・北方署
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015051490001326.html

 まさかの「俺が福山だ!」と主張するのは想像してなかった。福山の弟とか、父親じゃねーんだ。しかし本人の見てくれはどっからどう見ても福山雅治ではないんだが…



 しいて似てるといえば頭髪の薄さぐらいではないかと。最近の福山雅治は頭髪の薄さに相当気を遣っていて、『真夏の方程式』でダイビングする場面、濡れて額に張り付いた前髪を違和感なく処理するCGに大金を投じたという(『ウォーターワールド』のケビン・コスナーじゃないんだから)。
 まあそれは他愛も無いジョークだとしても、この報道に触れられたくない部分を突かれた福山雅治が育毛に励んだり、リアップのCMに出演したりしないか不安だ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 15:01Comments(0)今日の無職