2015年11月09日

完全に完璧に全壁に変態さんなのですね

 中学の頃、通学途中にふと民家を見上げると二階の窓から女の人が着替えをしているのが見えてピンコ立ちした経験ありませんか。俺にはある!それ以来バレないようにその家を見上げることにしたのだが、見えたのは一度だけだった。時には見る角度を変え、または離れたところからその家の窓が見えないかと距離をとったりし、さらには通り掛かる時間を調整してなんとか着替えが見えないかと頑張ったのだが、結局見えたのは一度だけだった…それただの覗きだよ!少年法があって良かった。

 かように男は女性の下着を見ることに心血を注ぐ時期が必ずあるもの。だからこういう人の気持ちもわからなくはない!


側溝から下着のぞき見疑い 男逮捕、5時間潜む
http://www.nikkansports.com/general/news/1563944.html

 格子状の鉄蓋を開けて側道に忍び込み、午前3時から約5時間、通りがかる女性の下着を撮影していたという…そんな狭いところに入り込むのも大概だけど、5時間入ってる根性も凄いわ。というかどうやって出るつもりだったんだ…?まさか翌日の朝3時までか!?
 しかもこの犯人、2年前にも同じことをしていて。その時は「生まれ変わったら道になりたい」と語っていたという。『私は貝になりたい』かよっ!ここまでいくと立派な変態。小倉唯ちゃんの声で

 「また、なのですか。そうですか。あれが初めてじゃないのですね。完全に完璧に全壁に変態さんなのですね」

 と罵られるレベル。褒めてあげたい。

 これで職業が会社員だというのだから、普段はきちんとした(かどうかは知らんが)会社員なのだろう。無職とか自称作業員ではないあたりが立派ではないか。一般人として通常の職務をこなしながら休日には変態になるという変態界のエリート。変態とはこうありたいものだな。




  


Posted by 縛りやトーマス at 20:03Comments(2)日本のとんでも事件