2015年11月30日

辻のぞみの消せない炎

 衝撃のチュッパチャップス写真で藤■綾越えを達成、レジェンド級の大ジャンプを見せてくれたSKE48、辻のぞみさんの今後に注目が集まっていましたが、最近は二度連続「体調不良」を理由に握手会を欠席し、この日ついに脱退を発表。


SKE48 研究生 辻のぞみ 活動辞退による卒業のご報告

SKE48研究生の辻のぞみより活動辞退の申し出があり、本日をもって卒業することになりましたのでお知らせ致します。

・最終活動日 → 2015年11月30日
・ファンレタープレゼント受付 → 2015年12月31日(木)到着分まで
・SKE48 Mail → 2015年11月30日(月)23:59:59

http://www.ske48.co.jp/news/?id=1448871900


 「よくできたアイコラ」「某国の破壊工作」「政権批判から国民の目を逸らすための陰謀」「SKEではよくあること」など様々な噂が経ちましたが、見事に逃亡を達成したところを見ると、本物だったのかな~と…
 この騒ぎでなぜか「SKEが紅白に落選したのはお前のせい」などと意味不明な批判に晒されていたのはいくらなんでも可哀想だと思いましたね。脱退については少しも同情しないけど。そらあんたが悪いよ。

 研究生の分際で男遊びをしているというのが充分ふざけてますね。これからアイドルとして頑張っていこうというのに、男遊びにうつつを抜かしている場合か。そんなもんは売れてからにしなさい、売れてからに!
 ファンに謝れ!そして同じ名前のために風評被害にあった元モー娘。辻希美にも謝罪しなさい!ついでに加護ちゃんにも謝っといて!さらに高部あいさんにも謝罪のメールを送るように!件名は「また、一緒にぶっとぼうね」にしといて。


 こんなアイドルとしての心構えがなってない女がいけしゃあしゃあと活動しやがったらどうするつもりかと思っていたので、悪が滅んでよかった。




  


Posted by 縛りやトーマス at 23:30Comments(1)アイドルネット

2015年11月28日

シャマランがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!『ヴィジット』



 『シックス・センス』が世界規模で大ヒットしたM・ナイト・シャマランの新作は『パラノーマル・アクティビティ』のプロデューサー、ジェイソン・ブラムと組んで作ったホラー映画。

 シングルマザーに育てられている15歳の姉ベッカと13歳の弟タイラーは、母親が恋人と旅行をする間、祖父母の家に一週間だけ預けられることに。母親は実家を駆け落ちして飛び出してきたため、以来家に戻ることがなかった。
 初めて対面する祖父母に緊張するものの、優しく迎えられた二人は美味しい料理も振る舞われ、祖父母との生活がすっかり気に入ってしまう。しかし楽しかったはずの生活は夜の9時半以降に突然急変する。物音に気づいて寝室のドアを開けると家の中を祖母が徘徊し、嘔吐する様を見てしまう。翌日姉弟が軒下で追いかけっこをして遊んでいると誰かが後ろをすごい勢いで追いかけてくる。それは二人を驚かそうとする祖母だった。不自然な体勢でハッスルしすぎた祖母、スカートから尻を丸出しにしてはしゃぐ(ギャー!)。夜中に何かをひっかく音に起こされた二人は意を決して扉を開けると、そこには全裸で家の壁を引っ掻いている祖母が…ギャー!!

 怖ぇーよ!このばあさん、怖すぎだよ!!なんなの?

 二人は事情を話した祖父から「おばあさんは病気なんだよ。治療中だから気にしないよう、このことについては触れないでくれないか?」と説得される。まあおじいさんは普通そうだし、いいか…と思っているとすぐにこのじいさんもどうかしていることがわかる。買い物のため外出すると、じいさんが「気をつけろ!私達は尾行されているぞ!!」と耳打ちし、通りがかった男に掴みかかる!じいさん、どうかしてるよ!!

 早く帰りたくてしょうがない二人だが、一週間立つまで母親は迎えには来ない。もはや恐怖しかない日々の果てに二人は「決して開けてはいけない」扉を開けてしまう…



 『シックス・センス』は「まさかのどんでん返し」が判明するラストが受けたものの、以降も似たような展開の上にオチがどっちらけすぎて観客に飽きられてしまったシャマラン監督久々のスマッシュヒット。本作のポイントはカメラが二人の姉弟によるハンディカメラ撮影というところだ。
 自主映像を撮ってYou Tubeに上げるのが趣味という二人の「初めて逢う祖父母に母親のことをインタビューし、自分のルーツを探る」という体になっている『ヴィジット』は据え置きカメラのマジックを最大限に利用して怖がらせたジェイソン・ブラムとシャマランのコンビが効果的になった。
 例えば家の大きなオーブンを姉が掃除させられるシーンがあるが、観客は「無理やり押し込められるとか、何かが起きるぞ!」と期待して見るのに、何も起きずに掃除だけしておしまい!となる。画面では何も起きていないのにハンディカメラのブレの演出や据え置きカメラが肝心なポイントを外してしまうアングルの妙で観客の方が勝手に怖がるのだ。

 すると画面以外のところで観客には見えない真相が隠されているのかと思いきや、肝心のネタバレはすべて画面上に提示されているという、『シックス・センス』と同じ手口。「こんなオチ、わからないよ!」となったら観客は誰も驚かない。よく観ていたらわかることなのに観客が気づかないというのが最大の驚きになるわけで、シャマランは完全に復活した

 世界中でも大ヒットを記録して、ここ数作品の不発を払拭したわけだが、日本ではありえない小規模公開のため、なんと興行ランキング圏外という滑りっぷり。どういうこと?
 シャマランは気にしすぎの人で以前製作側に脚本にダメ出しされたら泣いちゃったんだぞ!日本でこんな小規模公開されたらシャマランが「僕の自信作がどうしてこんな扱いなんだ?」と来日しちゃうぞ!!
 つまり、これがホントの『ヴィジット』だよ!!


  


Posted by 縛りやトーマス at 15:24Comments(0)映画

2015年11月26日

声優枠はひとつです

 今年の紅白歌合戦出場歌手がようやく発表。発表時期を一ヶ月もずらしてようやく発表されたわけだが、事前に予想されていたμ's、レベッカ、BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。、大原櫻子、乃木坂46、星野源らが初出場(つまりサプライズや目玉がほぼ皆無)。
 その影で連続出場をかけていた水樹奈々、ももクロ、SKE48が枠から漏れた。


モノノフのみなさんへ
http://www.momoclo.net/pub/pc/information/?id=2527&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

ももクロ、紅白「卒業」を宣言! 「『私たちの道』を歩き続けます」
http://www.rbbtoday.com/article/2015/11/26/137363.html


 ももクロ落選は明らかに「スタダ側からの申し出」が強いと思う。連続出場を続けるより「あえて出ない」方が話題性があると踏んだのではないか。また妹分のエビ中やしゃちほこが「ももクロに代わって紅白出場を目指す」というストーリーも描けるし。無意味にグループを拡大して落選しているSKEが「来年に再起をかける」とか盛り上がりにかける惰性の紅白出場ごっこをしているAKBグループはよりつまらなさが目立つねえ。

 気になって仕方がないのはほぼ紅白の顔として出場を続けていた水樹奈々の落選だろう。μ'sが初出場となったが、これって要するに水樹奈々の代わりだよな。
 私は紅白の水樹奈々というのはもはやアニメ・声優枠ではなくて一般の歌手枠として出ているのだと思っていたのでこの決定は疑問だ。こうなった以上NHKは水樹奈々をアニメ・声優枠として扱っているということだったのか。アニメ・声優枠はふたつもいらないよってわけね。AKB枠はいっぱいあるくせに!
 アニメファンは喜んでるかもしれないけど、水樹奈々が一般歌手枠として扱われることや、何かの間違いで田村ゆかりさんが出場したりした時の方がよっぽど衝撃的で価値があると思いますよ!





  


Posted by 縛りやトーマス at 23:53Comments(1)声優アニメももいろクローバーテレビ

2015年11月25日

行き過ぎたファン

 毎月のようにひどいスキャンダルに見舞われるAKB48グループ。内部にいる人たちもそりゃあ口に出せないほど杜撰なことをしているわけだけど、それを応援している人たちも大概じゃないかな。
 NMB48のメンバー、木下百花が先日、twitterでつぶやいた内容がそんな度を越したファンの態度にクエスチョン




木下百花(きのした ももか)
‏@wanderlandlove
この前、メンバーが新幹線に乗ってたら隣に普通にファンの方が乗ってきたらしく、その方は「見かけたから乗ってきた」らしくて。多分、そのメンバーが座った席の番号確認したのちにその隣の席をネットで購入して座ってきたんだろうね。しかも聞いた感じ、気にする様子もなくずっと話しかけてきてて、、

https://twitter.com/wanderlandlove/status/667971680719900672


私はね、この前、姉の友人とかいう男性が話しかけてきてね、「覚えてる?」とか言うわけよ。そもそも知らんし、なんでこの人こんな目充血してんの?とか思いながら、なんか一緒に帰る感じの方向になってて、なんで素性も知らん目の充血した人と帰らなあかんねんと思ってね、あ、続くよ。
https://twitter.com/wanderlandlove/status/667973844708147200


ほんでねなんか「こっち?」とかいうてエスコートしてくるんよ。いやいやそれよりもっと気遣うことあるでしょうよあなた、てかなんやねんその充血は。目薬あげよか?とか思いながら「左です」て言うてその人が左方向に歩きだしたの確認してから普通に静かに右方向にフェードアウトしてったら逃げれた。
https://twitter.com/wanderlandlove/status/667975619087462400


私はねこーゆー話とか普通に出来るんだよね。他のメンバーなんてもっと日常的にそんなん起きてるんだけど、ちょっとなんかそういうの止めてくださいとか言ったら「ファンの事が嫌いなのか」だとかなんとか叩くでしょう。 違うんだってば。大半の方々はちゃんと「ファン」として居てくださるんですよ。
https://twitter.com/wanderlandlove/status/667983696733958145

でもそうやってついてきたりする人までファンとして受け入れてもうたらもう、何とも言えんけど、なんやこれてなるでしょ普通に。ついてきたりするのは普通に駄目じゃね\(^-^)/あと私はないけど握手会で連絡先しつこく聞いたりね\(^-^)/なんやと思っとるんかねほんまに\(^-^)/
https://twitter.com/wanderlandlove/status/667984531782111233


 新幹線の指定席に乗っていると普通に隣に座ってくる客が居て、馴れ馴れしく話しかけてくる! 「メンバーが座った席の番号確認したのちにその隣の席をネットで購入したんだろう」なんて冷静に分析してる場合じゃない!というかそういう手段で隣に座れるんだな…メモしておくか
 彼女自身も「姉の友人」(ガチヤンキーと噂の)という男が話しかけてきて「こっち」とエスコート。これ、完全に案件ですよ!安まちメールとかに載るやつ。
 AKBグループってタレントとファンの距離感を縮めすぎたことが人気につながったんだけど、明らかに弊害が出ているね。蜜に虫が吸い寄せられてる。いや、こういうファンはそれこそ浅田美代子がアイドルだった時代からいたんだけど。
 この木下百花って子はこういうツッコミが普通に出来て、ユーモアを交えて語りつつ行き過ぎたファンをはねつけてるからいいけど、世の中にはこんなファンに言い寄られて、そのまま付き合ったりするやつがいるんだよな~うかつに彼女たちを信用できない




あ、色々お話ししたけど、
もちろんほとんどの方々は色々と守って応援してくださってる「ファン」の方々なので、
そこには誇りを持っていていただきたいです!
その上で自分の好きな子、推しを存分に応援していただきたい\(^-^)/\(^-^)/\(^-^)/

https://twitter.com/wanderlandlove/status/667990925860208640


 ファンは弁えような。



キャラが立ちすぎてる木下メンバー


  


Posted by 縛りやトーマス at 21:10Comments(0)アイドルAKB48

2015年11月21日

火元!うるまちゃん

 同居する小生意気な妹に振り回される兄の受難を描いたシスコン漫画(だよね?)『干物妹!うまるちゃん』は普通ならキモオタドストライクな漫画であり、支持層も嫁が3ヶ月スパンで変わる萌えオタどもが愛好してるんだなーと思ったら意外にリア充読者がいるという話を聞いて驚愕した。掲載誌がヤングジャンプだからなのか…載ってるのがシリウスとかアフタヌーンならこうはいかなかった。


アパート火災で女性死亡

http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093688421.html


 沖縄のアパート火災のニュースなんだが、場所がうまる市、いやうるま市というドストライクUMR ぢゃないよ う・る・ま!


>20日夜9時頃、うるま市宮里で「建物から火が出ている」と警察や消防に通報がありました。

>コンクリート2階建てのアパートにある2階の1室が全焼



 しかもアパート二階!アニメと同じだ!ここを聖地にするしか(してどうする。ちなみに本当の聖地は八王子、新宿)!それにしても

>このアパートの1階に住む74歳の男性は、「通りがかりの人がドアをたたいて教えてくれるまで、2階が火事になっていることにまったく気づきませんでした」

 このおじいさん危なすぎだろ…とじこもってゲームでもしていたのか?グータラしている場合じゃない!



死んでしまうぞ!


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:24Comments(0)日記アニメ

2015年11月21日

チャカをくれぇえ!『GONINサーガ』



 1995年、暴力団五誠会系大越組襲撃事件。元刑事・氷頭(根津甚八)、ムショ帰りの三屋(本木雅弘)らによる襲撃によって大越組長(永島敏行)、若頭、久松(鶴見辰吾)らを始めとして組員が多数犠牲になり、大越組は壊滅する。

 5年後の2000年、久松の息子・勇人(東出昌大)と大越組長の息子・大輔(桐谷健太)は命日に顔を合わせる。「組長の盾にならなかった」と蔑まされ、葬式もロクにあげてくれなかった五誠会を恨み、月命日のたびに抗議する母・安恵(井上晴美)を支えるため勇人は働きながらカタギになろうとしていた。一方大輔は五誠会三代目の誠司(安藤政信)の運転手兼ボディガードをしながら大越組を再建する夢を抱いていたが誠司らは「あいつは一生運転手だ。組の再建なんかできるわけねえだろ」と見下していた。

 そして2014年。かつての襲撃事件のきっかけを作ったディスコ・バーズは誠司のものになっていた。婚約者の百合香(松本若菜)を連れ、ここで結婚式を挙げようという誠司の前に元アイドル・麻美(土屋アンナ)が現れる。弱みを握られ五誠会に囲われたことでアイドルとしてのキャリアを棒に振った麻美は強請りのネタを渡せば消えてやると言い放つ。彼女を追いだそうとする大輔に麻美はお前もあいつに恨みがあるなら手伝えと持ちかける。

 安恵の店にやってきたルポライターを名乗る男・富田(柄本祐)が襲撃事件の真相を告げる。夫が犬死ではなく組長を守って死んだと聞かされた安恵は命日に五誠会の裏金が集まるヤミ金「皆藤お悩み法律相談所」に乗り込むが、返り討ちに遭って命を落とす。葬式の夜に安恵の店にやってきた富田は勇人と大輔に復讐を持ちかける。麻美を加えた4人でヤミ金強奪を目論み、見事大金と麻美の強請りのネタを手に入れることに成功するが、あるミスから4人の正体がバレ、ヒットマン(竹中直人)が送り込まれる。


 監督の石井隆はロマンポルノ『天使のはらわた』シリーズのヒット、そして監督デビュー以降ハードエロスの旗手として知られていたが95年の『GONIN』によってバイオレンス・アクション監督として一躍名を轟かせた。しかし翌年の『GONIN2』以降は再びエロスをテーマにした作品に戻り、再びバイオレンス・アクションを撮るまでなんと19年!
 リアルに19年後を描く『GONINサーガ』は襲撃事件によって人生を狂わされた子供たちが落とし前をつけるために立ち上がる、文字通り円環の輪のように物語が幕を閉じる。なにしろストーリーは前作『GONIN』とほとんど同じなのだから(前作を知らない人のために冒頭、ダイジェストが流れるのだが、複雑な物語を数分であっという間に語ってしまうとは恐れいった)。

 物語を完結させるために再度登場する氷頭役の根津甚八。彼は前作で死んでしまったのにどうやって出すんだ?と思ったら深手を追いながらも植物人間状態になって生きていた…という設定だ。
 根津自身は大病、うつ病などを患って数年前に役者業を引退していたのだが、物語の完結のためにどうしても根津が必要と石井監督が日参、台本を読んでこの一本のみの復帰を決意。劇中、病院のベッドから這って出て桐谷健太の足を掴んで「チャカを…チャカをくれぇええええ!」と鬼気迫る目で相手を睨みつけ絞りだすような声を吐く場面は背筋が凍るほどの迫力。演技は今の根津ができる限界の演技なのだが、そんな体で限界に挑む、役者魂を見せつけられて言葉を失う。

 根津の怪演が凄まじく、それだけでも価値のある映画だが、根津に引きずられるように今まで見たこともない気迫の演技で火花を散らせた新キャストらも素晴らしく、見事にサーガの終止符を打った。


  


Posted by 縛りやトーマス at 14:13Comments(0)映画

2015年11月20日

カンナ16歳※追記アリ

 ネットで拡散された写真が「奇跡の一枚」と言われ、「千年にひとりの美少女」と謳われ、あの『セーラー服と機関銃』のリメイクに主演が決定するほど今だ人気が衰えぬRev.from DVLの橋本環奈ちゃんは去年から高校生になったんだけど、世間での評価に比べ、プライベートの学校生活での人気は…いまいちです…


橋本環奈は高校で敵だらけ!?「同級生には二度と会わない」と悲痛の叫び
http://www.asagei.com/excerpt/47380


 通っている女子校で「友達がいない」「嫌われている」とテレビ番組で悲痛な告白をしたとのことですわイジメか!?イジメ、ダメ、ゼッタイ。と同情的な意見が集まることに。
 このニュースから感じることは「女子特有の妬みに苛まれて悲惨な目に遭いながらも健気に頑張っている環奈ちゃんを僕達が守ってあげないと!」という童貞男子の理論なんですが…ちょっと待て!と言いたい。
 橋本環奈ちゃんってあのルックスだから触れたら壊れそうなイメージですけど、実際は物おじしない結構気の強い娘だとの話もあるぞ。大体ドマイナーなローカルアイドルグループの中でただひとり人気者になって脱退もしないという態度にその辺が現れているのでは。本人のキャッチコピーにも「態度がデカイ」って文言が入ってるし!

 第一、福岡出身だぜ。福岡出身のアイドルといえば後藤理沙(笑)だが、彼女も中学時代に校内の不良グループに目をつけられて、ヤキ入れられそうになったところ、単一電池を握った拳で顔面を殴るという荒業で事無きを得たとBUBKAで告白してたわ。
 あの林葉直子(笑)を産んだことでも知られる福岡。福岡の女なんて全員強かでっせ!ガラスの細工のような美少女なんていても長崎ぐらいだろ!それに「でも卒業しちゃえば二度と会うこともないし平気です」なんてテレビで堂々言う娘は只者じゃない。卒業式に血の雨が降るな。

 彼女はグループでもリーダーとかサブリーダーのポジションじゃないから、孤独な存在なんでしょう。彼女は狼であっても兎ではないと思う。卒業式で同級生をフルボッコにして拳に巻いたバンテージを血に染めながら夕日暮れなずむ母校を去る橋本環奈の姿を想像してコーヒー啜った。



片手でお前らをあしらうポーズ(嘘


※追記
上記の橋本環奈ちゃんが通っている学校で嫌われてる云々の話は創作だったそうです。なんだそりゃ。


【悲報】ワイがなんJに建てた橋本環奈スレが記事に [転載禁止]©2ch.net
http://orpheus.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1447921118/

  


Posted by 縛りやトーマス at 05:37Comments(0)アイドル

2015年11月16日

デ・ニーロさん、あんたを兄貴と呼ばせてくれ!『マイ・インターン』




 ファッションサイトを運営する会社社長のジュールス(アン・ハサウェイ)。自転車に乗って自分の椅子に移動するほど巨大なオフィスには何百人もの従業員が働き、会社の成長は右肩上がり。家庭には愛する夫と子供がおり、現代女性を象徴する理想のワーキングママだ。

 そんなジュールスの元に会社が福祉事業の一環として雇用したシニア・インターンのベン(ロバート・デ・ニーロ)が部下としてつくことに。40歳年下のベンはラフなトレーナーやパーカー姿の若い社員がほとんどのオフィスにスーツとネクタイをきちっと締め、ヴィンテージもののバッグを持って現れる。ノートパソコンの電源の入れ方さえわからない彼をジュールスは「足手まといになるだけ」と適当な仕事しかさせようとしない。

 しかしベンがシニア世代故の紳士然としたふるまい、気配りの利く人間で、人生経験も豊富なのであっという間に若い社員の間で頼りになってしまう。ジュールスは一見成功して、人も羨む人生を送っているが仕事も家庭も崩壊寸前で悩みを誰にも打ち明けられない。ベンはそんなジュールスにさりげないアドバイスを送り、彼女の心の支えになっていく…


 『プラダを着た悪魔』で現代女性の共感を呼んだハサウェイ主演の新作なので、女性層がメインターゲットなのだが、これはむしろ男性にこそ見て欲しい映画。
 いつもはギャングや気の狂った人殺しばかり演じているデ・ニーロの紳士っぷり!彼は常にハンカチを持ち歩いていて若い社員から「ハンカチなんて使わないよ」と言われるのだが、泣いている女性にそっとハンカチを差し出す。
 「ハンカチは泣いている女性に差し出すために持っているんだ」
 こうした人生経験豊富な男ならではのモテ技術の数々にハッとした若手社員たち、「あんたを兄貴と呼ばせてくれ!」とデ・ニーロ参り。彼女と仲乗りするアドバイスを送り、引越し先を世話してやり、仕事に悩む社員にもフォロー。
 日本でも老害と言われて社会の害悪扱いされているシニア世代だが、デ・ニーロ曰く「シニア世代にもまだまだやれることはあるのさ」
 実際の撮影現場でもデ・ニーロは孫ほどの世代の役者たちに慕われていたという。デ・ニーロさんこそ俺たちのヒーロー、世代を超えたスーパースター!普段はギャングと気の狂った人殺しの役が多いけど(しつこい)。デ・ニーロがハサウェイの運転手を買ってでて、ハンドル握った時にはすわ『タクシー・ドライバー』かと思ったけどな!俺に言ってるのか?

 今まではいつ何時なにが起こるかわからないから、女性を救うためにワルサーPPKを懐に忍ばせてましたが、これからはハンカチを持ち歩くことにするぜデ・ニーロ兄貴!


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:02Comments(0)映画

2015年11月15日

第二のフェラドル爆誕

 欅坂46、原田まゆ淫行問題は「交際は父親公認」という結論へと強引に結びつけられようとしていますが、そうはいかんざき!

 どこの世界に未成年の娘が中学教師と付き合っているのを認める親がいるんじゃい!しかも「会ってみたら感じのいい青年」って、だったらあんなキス、乳揉みプリクラは撮らねーよ!!!!俺は知らないけど、ひょっとするとこの世界ではあれぐらいは「感じのいい青年」のジャンルに入るのだろうか。

 まったく前代未聞の事態で華々しいスタートを迎えるどころかしょっぱなからつまずいているわけで、「いっそグループ解散でいいんじゃないの」という意見も聞かれるという。
 しかしこんな騒動すら可愛く思える緊急事態が発生!


SKE48辻のぞみ、男性との2ショットプリクラ流出
http://geinolabo.ldblog.jp/archives/5139050.html


 SKE48の7期生、辻のぞみ(某モー娘。の人と同じ名前!)ちゃんのエロ写メ流出&2ショットプリクラ彼氏発覚。しかもそのエロ写メがチュッパチャップスじゃないですか…

 時系列を整理すると


5月28日 エロ写メ流出
↓ (この間「コラではないか」などの意見が見られ、相手の男探しが始まる)
7月28日 2ショットプリクラ撮影(時間が01:30 深夜の01:30?)

11月12日 2ショットプリクラが流出 男の名前などがあっという間に暴かれる



 という流れ。これとは直接関係ないが、別のメンバー村井純奈がゴムを咥えている写メが6月9日(よりによって)に流出していた。彼女はコンビニのトイレで男といちゃついていて店員に親、学校の先生呼び出されるも親が逆ギレという香ばしい展開に。まったくSKEはどうなっているんだというわけで。

 毎月のように騒動を起こすAKBグループ。これはとにかく数が多いので「人口の多い街で犯罪がよく起こる」のと同じ理屈。人数が多すぎるから誰もきちんと管理できないし、運営自体がズバリいえば「誰でもいいから」メンバーにしているわけで、質の低いメンバーが増え、管理されないことでより悪くなっていく。この悪循環をどこかで断ち切るべきではないのか。

 にしても辻のぞみちゃんはすごいね。彼女のプロフィールに特技:犬のモノマネってあるけど、バター犬のモノマネかよ。好きな言葉:何事にも挑戦そんな挑戦いらないから。

http://www.ske48.co.jp/profile/?id=tsuji_nozomi

 それにしてもまさかあの最初で最後と言われていたフェラドル(藤■綾)の称号を受け継ぐ女が現れようとは…あの、リンク先の写真がサイト主が自主的にモザイク入れてますけど、最初に流出したやつはノーモザイク無修正ですからね。藤■綾ちゃんだってモザイク入りだったというのにお前、カリビアン状態やんけ!パイレーツ・オブ・カリビアン。ジョニー・デップは関係ない方の。

 さすがに辻のぞみちゃんは「親公認」というわけにはいかんだろう。まさか親公認のフェラドルだったりして!この事態をどうやって説明するのか、運営の判断に注目。
 さっきの悪循環を断ち切る意味でも即解雇、もしくは処刑。その場面はニコニコ生放送で実況しかないでしょ!なぜそうならないんだ!現代にハングマンはいないのか!?
 枕営業はアイドルとして仕事の一環だからしゃあないけど、こんなしょうもない男との下の関係は許さん!男ともども地獄に落ちるべき!!



にょぽみ先生の正しい意見


  


Posted by 縛りやトーマス at 13:01Comments(3)アイドルAKB48日本のとんでも事件

2015年11月12日

エレクトリカルパレードみたい

 今だ続報が続く高部あいさんのコカイン騒動、この一件は東スポが独走状態だったんだけど今週、週刊文春も記事を出した。

芸能界驚愕
国民的美少女 高部あい「コカイン逮捕」と父親不明の「妊娠」

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5601


 記事では「清純派と言われているけど、とんでもない。パーティやクラブでやるのはもっぱらクスリ。セッ クスの時も麻 薬を使っていて、『頭がおかしくなるほど気持ちイイ』って言ってましたよ」とか「幻覚を見たことを喜々として語っていた」「車から見える普通の風景を『エレクトリカルパレードみたいに見える』と言っていた」などにわかには信じがたい証言の数々が関係者から飛び出すのであった。
 しまいにゃ警察の検査で妊娠の初期段階である可能性が判明などと言われてるし。もはや言いたい放題ならぬ言われたい放題で。あの小向美奈子の時ですらこんなにあけすけに言われてなかったと思うんだけどなあ…


 彼女がこんなにボロクソに言われてるのは、元事務所のオスカーに捨てられて誰も守ってくれないからというのもあるけど、高部あいというタレント自体を誰もよく知らないってのあるだろな。はっきりいってこんな事件がなけりゃゴシップ雑誌も一生聞くことのない名前でしょ。だから「なんかよくわかんねえけど清純派のタレント」って扱いにされてる。俺は高部あいが清純派タレントだったなんて、一度も聞いたことねえぞ!こいつら、女優とかアイドルはみんな清純派なのかよ!
 なので「清純派タレントがクスリで落ちぶれた」って話ばっか。それを強調するためにキメセクやクラブ通いの話をひたすらエグく書くしかなくなってる。
 文春では「彼女が落ちた原因」として「加護亜依と親しくなったから」とか書き散らして、別の方面にまで飛び火してるし!例の加護ちゃんの男が薬物の使用を匂わせるメールを送っていることが判明して、それが誰あろう高部あい!とかよう出来た話やな(笑)

 こんだけむちゃくちゃ書いてるくせに『キルミーベイベー』の話はこれっぽっちも出てきてねえぞ!まあ「アニメ声優が薬物使用で逮捕」とか書いてオタク差別の方向に記事を展開されるよりはよかったかも。でも「アニメ声優が逮捕」より「清純派タレントが逮捕」の方が記事のインパクトがあっただけだろな。

 まったく週刊誌って下世話ねえ。お前に言われたくないって?



エレクトリカルパレードみたい(嘘

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:52Comments(2)アイドル声優シャブ中甲子園食べ物