2016年04月02日

要するに転向

 先日μ’sのファイナルライブ『ラブライブ!μ’s Final LoveLive!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪』2DAYSが無事終了。ラブライバーのみなさんの万感の思いを込めた6年間が幕を閉じたわけですが…有楽町のライブビューイングに人生が幕を閉じかけているおーにっちゃんがなぜか参加。「『アーロと少年』を観に行ったらすごいヲタがいたので」というわけのわからん理由で。


ラブライブ!μ’s のFinalコンサート終わった。かなり良かった。

>改めて書くけど、AKBにいろいろとないモノについて考えた。
>本当にいろいろ想像した。
>School idol といいながら実は就職している声優が人生をかけてやっているから、パフォーマンスとしていい。
>リアルな School idol であるはずのAKBは、大勢からチヤホヤされて、怠けても自分らの実力やとカンチガイしてもとるとこがある。


http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/s-final-7928.html

>School idol といいながら実は就職している声優が人生をかけてやっているから、パフォーマンスとしていい

 何言ってるのこの人?


改めて、”ラブライブ!μ´s Final LoveLive!~μ´sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪”の感想を。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-cca7.html


 そもそも『アーロと少年』(ディズニーの新作アニメ)を見に言ったらライブビューイングの客がいたのでそっちを見ることにしたって意味もさっぱりわからないんだけど。
 このクソのような文章を読んでわかることは二つある。ひとつはおーにっちゃんにはラブライブがまるで理解できていないってこと。突っ込みどころはあまりにも多い(というか全文)のでまとめて並べると

>まずいきなり、公演が始まって数曲後の、自己紹介のMCで、秦佐和子さんみたいな子が見るからに汗だくで、中継中にもかかわらずタオルで汗を拭いはじめたのを見て、こりゃすごいなあと思った。

 何が凄いのかさっぱりだw

>誰が誰か顔と名前は一致してないけど、私はそうやって9人を判別した。


 判別できてねえだろ!あとにこにー=そらまるに一目でハマるのもおーにっちゃんの安っぽさを表してると思った(別にそらまるが安っぽいというわけではない)。

>てか、なんで”ラブライブ!”にヲタが熱狂するのか、最初いろいろ考えた。
>AKBって、握手会で接触して、”擬似恋愛”というのがある。
>”ラブライブ!”には、意外なことに、”擬似恋愛”の要素がないと思った。
>難しい説明はしないけれども、とにかく9人という、誰もが認識できる人数だからこそ、ドームという大箱になっても、それぞれのメンバーのキャラが立って、パフォーマンスに焦点が当てられ、メンバー個々のパフォーマンスにヲタが一緒になって乗れる。
>これが、”ラブライブ!”の勢いの正体だと思う。
>AKBの大箱が全くつまらないのはその裏返しでもある。


 もう何もかもが突っ込めるというw「難しい説明はしないけれども」というところはわざと笑わせようと思ってるだろ!ここまで来るとわかるけれども、おーにっちゃんはラブライブをダシにしてAKBを否定、批判したいのだ。
 色々とラブライブの良さ(とおーにっちゃんが感じる)を語っているけど全部的外れなのもラブライブ=μ’sを理解して好きになってハマっているからではない。AKB批判の比較としてラブライブを持ち出しているだけってこと。9人で誰もが認識できる人数だからいいってだったらなんでAKBを応援してたんだよ!

 で、おーにっちゃんが今更AKB批判をなぜ始めるのかというと、これが二つ目の理由で、彼は今コペ転の最中なんだろう。
 アイドルファンやオタクに多いけど、ある日突然それまで好きだったものを全否定して急に大人ぶる(今までは子供丸出しだったのに)やつがいる。そういうのは大抵本人が飽きてしまった、程度のことなんだけどオタクはプライドが高いので「自分が飽きてしまったからもう見ない、応援しない」とは絶対に認めないし認めたくもない。そこでひねり出すのが「(応援する対象が)変わってしまったから」「(今まで応援してきた対象)と◯◯を比べると◯◯の方がイイということがわかったのでこちらを応援することにする」という理屈だ。
 今のおーにっちゃんは完全にコレ。彼が応援してきた岩田華怜はどうやってもおーにっちゃんの思い通りにはならないので、最近彼女のすべてを批判、否定するようなことを言い出してる。思い通りにならない=相思相愛説が完全に崩れたので自分の妄想を認めてしまえば楽になれるんだろうけど、プライドの高さがそれを認めないので「お前らよりもラブライブの方がいいんだ!」などと言い出したのだろう。
 彼は年内にはAKBのすべてを否定して、年が開ける頃には声優オタクになってそうな気がする。それで上坂すみれとかに厄介かけるんでしょ。わかります。応援は自由にすればいいけど迷惑だけはかけないで欲しい。

 こういう転向するアイドルオタクを僕は今まで何度も見てきたのでああ、またかとしか思わない。ようするにワンオブゼムってことですよ。