2016年09月26日

宮崎あおいの慟哭と広瀬すずの脱皮『怒り』



 閑静な住宅街で起きた夫婦惨殺事件。捜査を担当した二人の刑事(ピエール瀧、三浦貴大)はあまりに凄惨な遺体に口を抑える。血で書かれた「怒り」の文字以外は大した物証もなく、捜査は難航。容疑者も特定できないまま一年が過ぎるが、ようやく「山神一也」という男が浮上。テレビの公開捜査番組で容疑者の似顔絵を公表。それと同時に千葉、東京、沖縄で容疑者と思しき3人の男が現れる。


 というオープニングの『怒り』はミステリ風のプロットなのでフーダニット(誰が殺したか)、ホワイダニット(なぜ殺したか)を観客は求めてしまうがその視点で見てしまうのは間違いである。

 千葉の漁村で働く漁師、慎洋平(渡辺謙)は家 出癖のある娘・愛子(宮崎あおい)に手を焼いていた。今日も歌舞伎町の風俗店で働いている娘を連れ戻しに上京する。この時風俗店のアルバムに乗ってる宮崎あおいの写真がいかにもヘルスの写真風で思わず指名してしまいそう。しかも今時珍しい店舗型だし。60分コースでお願いします!
 ちょっとアホの子風な愛子は連れ戻されて親戚の明日香(池脇千鶴)に説教されてもどこ吹く風。男手ひとつで娘を育てた洋平は愛子に強く出られず戸惑うばかり。そんな愛子は数ヶ月前から漁港で働き始めた素性の知れない男・田代哲也(松山ケンイチ)を気に入って弁当をつくっては昼休みの度に田代の元を訪れるのだった。やがて同棲したいと言い出す愛子。なんなら結婚も…と言いたげだ。仕事ぶりは真面目な田代と一緒になることで娘の家 出癖が無くなるのなら、と洋平は田代に娘を任せようと思うのだが、なぜか正社員にしようとするとアルバイトのままでいいという田代にはどこかあやしいところがある。漁港の前に勤めていた軽井沢のペンションに身分を問い合わせるとなぜか田代は別名で働いていたのであった。
 その頃、テレビの番組で「山神一也」の似顔絵が公開される。田代は逃亡している殺人犯なのか?


 東京。エリートサラリーマンの藤田優馬(妻夫木聡)はゲイセクシャルで、会社や周囲にはそのことを隠していた。今日もホテルのプールで行われたナイトパーティでゲイの仲間たちと大はしゃぎする。末期の病に苦しむ母親(原日出子)の看病に追われ、ゲイのことを隠して生きる優馬にとっては唯一の楽しみだ。ゲイの集まるサウナで優馬は薄暗い仕切りのない解放された休憩室で体を求めあうゲイ達を物色していると、隅っこで三角座りで縮こまっている男を見つけ、そいつの閉じた脚を無理やり開かせ後ろから押し倒す。この時の薄暗いハッテン場の描写は凄くリアル。以前難波の棒、いや某サウナ市場調査に出かけた時もこれと同じような薄暗い休憩室があって男たちが求めあってました。この映画のスタッフは現地調査したとしか思えない。
 男は大西直人(綾野剛)と名乗り、彼を気に入った優馬は家に連れ帰って同棲を始める。ゲイ仲間ともすぐに打ち解け、身の回りのことも出来て母親にも会わせられるほど出来た男の直人となんなら生涯連れ添ってもいいと思わせるが仲間の間で金品の盗難騒ぎが起き、いいパートナーだが昔のことなどを話さない直人を疑ってしまい、さらに街中のカフェで知らない女と楽しそうに話している直人を見てしまったことで激しいジェラシーにも苛まれた優馬は彼を問い詰めてしまう。その後犯人は直人ではないとわかるが、ある日コンビニに行くといういって出かけたまま帰ってこなくなってしまう(この「言い争いになってコンビニに行くといって出かけたまま帰ってこない」というのはゲイあるあるなんだそうです)。
 公開された「山神一也」の似顔絵を見てしまい、自宅にかかってきた警察からの電話を切ってしまう優馬。直人は殺人者なのか?


 母親が起こしたトラブルで本州から沖縄の星島に引っ越してきた小宮山泉(広瀬すず)は同級生の辰哉(佐久本宝)の船で無人島に連れて行ってもらう。そこで廃墟のようなところに住んでいるバックパッカーの田中信吾(森山未來)と出会う。「俺がここにいることは誰にも言わないで欲しい」という田中の願い通りにした泉は彼と仲良くなる。
 父親が民宿をしている辰哉は父親の付き合いで那覇に行くことがあった。父親は基地問題のデモに参加することがあって、辰哉はそんな父の行動を嫌がっていた。「あんなことして、何が変わるんだろう?」
 泉と那覇にデートに出かけた辰哉は偶然田中と出会って意気投合。飲み屋で気持ちよく酔っ払ってしまう。店で田中と別れた二人だが、しこたま酔ってしまった辰哉はふらふらとどこかに行ってしまい、後を追った泉は夜の街で辰哉を見失う。泉は裏通りで二人の米兵に捕まってしまい、そのまま押し倒されてしまう。ことの最中に「警察が来たぞ!」と誰かの叫び声を聞いて米兵は逃げ出す。その後に駆けつけた辰哉は「誰にも言わないで」という泉の言う通りにするしかなかった。
 島に帰った辰哉は泉に「なぜ助けてくれなかったのか」と詰られ、「戦っても何もかわらない」と心を閉ざして引きこもるようになった泉に許してほしいがどうしていいのかわからない辰哉は泉の名を伏せて友達が米兵にひどい目に遭わされたがどうしたらいいのかと田中に相談する。田中は「基地の問題とかは俺にどうすることも出来ないけれど、俺だけはお前の味方になってやる」といい、その言葉に辰哉は少しだけ救われるのだが、テレビの公開番組で「山神一也」の似顔絵が公開されるのだった。


 3人のうち1人が真犯人の「山神一也」なのだが、最初にいったようにこれは「誰が山神一也なのか」「なぜ山神一也は夫婦を殺したのか」を探る物語ではない。普通こういう物語は3人のうち1人が犯人で、他の二人はなんらかの形で事件に関わったりしているものだが、他の二人は事件と一切関わりがない、無関係。これはミステリーとしては完全に破綻している。しかし『怒り』はミステリーではない。この物語が描くのは信じなくてはいけない人を信じられなかった人たちの絶望と慟哭、そして信じられなかった自分、信じたのに裏切った犯人への怒りだ。
 登場人物らは信じる理由もあったのに、最終的に疑うことを選んでしまう。世間体や自身を取り巻く状況であるとか、色んな理由があるが全部言い訳で結局自分が相手を信じられなかっただけなのだ。特に千葉パートの宮崎あおいの慟哭ぶりは人間ってこんな風に泣けるのかという生涯二度あるかどうかの名演。

 もうひとつ特筆されるべきは今までのイメージを吹き飛ばすような役に挑んだ広瀬すずだ。彼女は10代の女優としては間違いなくトップの役者であり、今年は『ちはやふる』で過去最大のヒットを飛ばし、『四月は君の嘘』も話題になった。漫画原作のヒロインを演じ、難病で死ぬ役をした彼女からは長澤まさみに似たイメージがつき、それ故長澤が大事にされすぎて一時期若手女優の壁にぶち当たり、それを払拭すべく挑んだ『群青 愛が沈んだ海の色』でオールヌードもやむなしだったはずが、どこかの誰かが「長澤にそんな役はさせられません」と余計な口を挟んで濡れ場が全部カットされてどうしようもない駄作になってしまい、彼女自身の評価も下がってしまった。長澤と同じような道をゆく広瀬すずもこの壁にぶち当たってしまうのか!?しかし彼女は『怒り』の名演で壁をぶち壊した。本作は名実ともに広瀬すずが10代女優の頂点に達し、尚且つ今後10年を引っ張っていくことが決まった記念作なのである。

  


Posted by 縛りやトーマス at 17:20Comments(2)映画

2016年09月26日

私の性格悪い先輩

 メンバーが5人のCOCOですら衣装を巡ってケンカしたことがあるんだから、仲良さそうに見えるアイドルグループ(しかも人数の多い)AKBグループの揉め事は日常茶飯事でしょう。しかし、あくまで仕事をする上で起きてしまう事故的な揉め事はともかく、性根の悪さに基づく陰湿な揉め事ってどうなの。


HKT48宮脇咲良が田島芽瑠の太った画像に誤爆ツイート→その後必死に誤魔化す
http://geinolabo.ldblog.jp/archives/5273886.html

HKT48・宮脇咲良、後輩中傷ツイート“誤爆”!? 「Twitterの不具合」主張も「性格悪すぎ」
http://www.cyzowoman.com/2016/09/post_21913.html


 文字通りの性格悪いわーとしか言いようのないこの一件。関係のない岩田華怜にまで騒動が飛び火してるんだからたちが悪すぎですね。先輩の底意地の悪さに苛まれた田島芽瑠さんはその後、映画『怒り』を見に行ってぐぐたすに以下のようなコメントを書き込んだ。


人を裏切ったり疑うのは簡単だけど

信じるのは難しい。
信じ続けるのはもっと難しい。


たった一つ疑うとそれを払拭するのはとても難しい。

あぁ、人間の脆さを感じました。

https://plus.google.com/101107068827865810697/posts/KQCv1fREWnV


 映画に対してのコメントなんだけど、この騒動を想起させずにいられない。先輩のことを信じられずに宮崎あおいばりに慟哭する田島芽瑠さんを想像して渡辺謙ばりに崩折れてしまいそう(詳しくは映画『怒り』をご覧ください!)。

 信じたいけど…Twitterの不具合のせいにする先輩は信じられない!こうなったらぐぐたすに血文字で「怒り」と書くしかないわ。


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:15Comments(0)映画AKB48お前は何を言っているんだ