2017年01月31日

この写真集がアンチポルノ

 元AKBで園子温の映画でエロい演技を見せてる冨手麻妙。彼女はロマンポルノリブートプロジェクトの園監督作品『アンチポルノ』で初ヘアヌードを披露!これに合わせた写真集も発売しているのですが…





 この写真集、乳首もヘアも出てないのな。ロマンポルノリブートでトップもアンダーも出すというから期待して買ったファンが怒りのアンチコメントを投下しまくっている状況。これぞまさに『アンチポルノ』ってか!?
 で、肝心のトップを出した映像も見たんですが、思ってたより普通で、これじゃあ脱がない方がよかったような。『みんな!エスパーだよ!』で谷間を見せびらかしてる時が一番エロかったと思うの。グラビアみても分かる通り彼女ってナイスバディ体型でもなくて、だらしない体つきなんだよな(だからいいとも言える)。でもその系統なら神楽坂恵の方がインパクトあるし、あらゆる意味で神楽坂恵のコンパクト版にしかなりきれてない感がある。だったら水着止まりでよかったんじゃないでしょうか!!おっぱい見せてくれたことには感謝するけど。


  


Posted by 縛りやトーマス at 02:13Comments(0)映画芸能人ヌード

2017年01月30日

2017年2月告知

2月予定

2/11(土)
『僕の宗教へようこそ第九十教義~土曜ロードショー第十四幕』
場所:なんば白鶴
開場:18:30
開演:19:00
料金:1,500円(1drink込)
出演:縛りやトーマス アシスタント・トモ

日本で未公開の映画ばかり!まるで盛り上がらないアカデミー賞、誰映と映画秘宝アンケートに参加した話など


2/14(火)
『旧シネマパラダイス』
会場:なんば紅鶴
開場:19:30
開演:20:00
料金:1,000円(1drink&1food込)
コメンテーター:縛りやトーマス

先月からの続きで今月はマカロニ・ウェスタンの傑作セルジオ・レオーネ、リー・ヴァン・クリーフ、クリント・イーストウッドの『夕陽のガンマン』



2/17(金)
『深大阪地獄絵図~おおさかオモシロマップ』
場所:なんば紅鶴
開演:20:00 料金:1000円(1drink別)
出演 :射導送水 B・カシワギ 縛りやトーマス


2/18(土)
『帰ってきたアイドル十戒 四戒目』
場所:アワーズルーム
開演:19:00
料金:2,500円(1drink付)
出演:竹内義和 縛りやトーマス


2/21(火)
『スーパーヒーロートーク(仮) 』
場所:なんば紅鶴
開場19:45
開演20:00
料金:¥1000(1drink別)
出演 :にしね・ザ・タイガー ソエジマ隊員 花鳥風月 緒形 縛りやトーマス 茅野みずほ  


Posted by 縛りやトーマス at 08:49Comments(0)告知

2017年01月29日

乃木坂底辺スキャンダル

 先日の文春砲LIVEで「乃木坂メンバーのスキャンダル」とあった。一部では数日音沙汰のない中元日芽香ではないか!?と想像されていたが、フタを開けると川村真洋の熱愛スキャンダルであった。


乃木坂46川村真洋、夜の業界で働くスカウトマンとお泊まり撮 【週刊文春】
http://geinolabo.ldblog.jp/archives/5336590.html


 中元日芽香なら、文春砲LIVEじゃなくて本誌に載せるネタだろうな。川本レベルだからニコ生なのね。僕もこんなメンバーのことは知らないが、つきあっている(とされる)相手が夜のスカウトマンって…随分底辺の男とつきあってるんだな。底辺ユーチューバーとつきあってる夢アドの山田朱莉以下じゃないか。
 ファンは大ショックでマジギレ、発狂の連呼に。交際の事実よりもつきあってる相手の底辺ぶりがより大きなダメージを誘ったといえよう。ホンマ、まだ手越祐也にオッパイ揉まれてる方がマシでっせ!!とはいえ顔だけ見たら夜のスカウトマンといちゃついていても納得するような顔をしてたのであった。




 いよいよ乃木坂にもスキャンダルの波が押し寄せ、業界的にも乃木坂>AKBという扱いになってきたんだなあと。今後バンバンスクープが出て来るのを期待している。

  


Posted by 縛りやトーマス at 22:18Comments(0)AKB48週刊文春

2017年01月29日

まんがタイムきららCarat2017年3月号雑感



 まんがタイムきららCarat3月号購入。表紙、巻頭カラーは先月より二ヶ月連続の『ブレンド・S』。単行本3巻の表紙にもなってる真冬さんの福袋買い出しに苺香と夏帆が付き合わされる模様。殺気立った客に押されてヘロヘロの夏帆に比べ、苺香ちゃんが複数買い成功。なぜかというと目つきの悪さゆえに相手が怯えて手を離したから(あぁ…)
 その後夏帆のゲーム福袋買いに付き合わされ、福袋を睨みつけたところ「そんなに睨まなくてもハズレはありません」と店員に(あぁぁ…)苺香ちゃん、今年も辛すぎ!

 『キルミーベイベー』は久しぶりにカヅホ先生のイカれっぷりが炸裂。通販サイトでマンドラゴラの種を買ったやすな。校庭に埋める(やめろ)のだが、ネギが生えてきて、引っこ抜くと玉ねぎの球根が!仕方なく木に括って吊るすことに。残りの放置した種からは目の着いた玉ねぎが芽を出し始める。「協力して抜こう。私は耳をふさぐ係」とまったく協力じゃないことをのたまうやすな。ソーニャちゃんの馬鹿力でも抜けないために掘り起こすと玉ねぎの球根から人体が出来ていた(どういうことだよ)。


 さらなるドタバタを経て根の除草をするも、木に括っていたやつからやはり人体が伸びてきて…コワすぎる…カヅホ先生の発想とセンスに腰抜かす。



 『Aチャンネル』は双子コーデに興味を持ち始めたるんちゃんに以前から双子コーデをもくろんでいたトオルがここぞとばかりにパートナー宣言する回だが、服装を揃えることに何の意味があるのかという相変わらずのぼっち・空気読めない発言をするナギにるんちゃんが言い放った一言が金言すぎた。



 『まちカドまぞく』はシャミ子の体を借りたごせんぞさまと桃が遊びに行く話。しかしたま健康ランドで停電になった際にごせんぞ様が暗闇恐怖症だということが発覚。今まで桃を都合よく転がしてきたリリスさん、ついに弱みを握られてしまいますます桃が暗黒系魔法少女になっていくのだった。がんばれリリス!明日からは地獄の日々だぞ!!

 『リトル・リトル・アリス』はライムが格闘ゲームで全国大会No.1を目指す…ってもはや世界観が崩壊してるッ…!だがそれがイイ!!リデルちゃんが3コマしか登場しなかったのはいかがなものかと。


 来月号は『NEW GAME!』表紙&巻頭カラー、『ブレンド・S』が二本立て&センターカラーです

  


Posted by 縛りやトーマス at 11:20Comments(0)漫画

2017年01月27日

童貞絶対殺す姉妹の嫌がらせ『ネオン・デーモン』



 ハリウッドで天才の名をほしいままにする男、ニコラス・ウィンディング・レフンの最新作。無口なスタントドライバーの西部劇風サスペンス『ドライヴ』や理由なき暴力の男を描いた『ブロンソン』、人を殺した後はカラオケで歌謡曲を決めるヴィジランテロマン『オンリー・ゴッド』と男臭いドラマが続いた彼にとって初めての女性主人公の映画である。

 ジョージアの田舎町から「おら、モデルになりてぇ!」と夢を抱いて上京(アメリカでも上京っていうのかな…)した16歳の少女ジェシー(ダコタ・ファニングの妹、エル・ファニング)は見るからに田舎臭い小娘だがナチュラルな美しさを秘めており、売れっ子だが鼻は整形のモデル・ジジ(ベラ・ヒースコート)に軽く嫉妬される。
 ジェシーの秘められた美しさにファッション業界もたちまち虜になる。気難しいカメラマンのジャックは挨拶に来ただけの彼女を見て「自分と彼女以外の人間はすぐに出ていってくれ」と言い放ち、二人っきりのスタジオでジェシーを脱がして全裸にペンキを塗りたくってカメラを向ける。「彼にひと目で認められるなんてすごいわ」とジェシーのことを気にかけているメイクアップアーティストのルビー(ジェナ・マローン)は我が事のように大喜び。尊大な態度の一流デザイナーのロバートは先輩モデルのサラ(アビー・リー・カーショウ、本物のスーパーモデル)には目もくれなかったのに、ジェシーが姿を表すとハンカチをいじくっていた手を止めて「サイズを計れ」と。プライドをズタズタにされたサラはトイレで鏡を叩き割ってしまう。
 ロバートのファッションショー控室で「そこは私の席よ」とジェシーに軽く嫌がらせをするジジだが、ショーのトリをジェシーに奪われてしまいヒステリーを起こす。最初は内気で周囲に気を使っていたジェシーだがロバートから「ほとんどのモデルは所詮ガラスだ、君はガラスの海の中のダイヤモンドだ」と絶賛されてたちまち有頂天に。傲慢さを顕にするようになったジェシーにジジやサラは敵意の視線を向ける。

(ここからややネタバレ解説です)


 「モデル版ブラック・スワン」と称されており、女同士のドロドロした争いに巻き込まれながらも成長していく少女の姿を追った大映ドラマみたいなお話かと思ったら後半はまさかの『ネクロマンティック』な展開に椅子から転げ落ちそうに。そんな話になると思わなかったので完全に度肝を抜かれた。問題作すぎてもう最高。オサレ雑誌とかに持ち上げられてるから、勘違いしたカップルとかが観に行ってキャラメルポップコーン食いながらクライマックスシーンで吐けばいいと思うよ。
 度肝を抜かれると言えばジェシーが泊まっている安モーテルの管理人がキアヌ・リーブスなんだけど、態度は悪いし、エル・ファニングにやらしい目線を向けてるわで、嫌な奴だなと思ってたら後半、モーテルに止まった若い女を強姦しているというこれまた衝撃的すぎる!去年公開されたイーライ・ロスの『ノック・ノック』で一人で留守番してる家に雨宿りに来た女二人組の誘いに乗って3Pしちゃったために地獄の苦しみを味わうダメ夫を演じていたのだが、今回の『ネオン・デーモン』は『ノック・ノック』を経て完全にイカれちゃったようにも見える。これは『ノック・ノック』エピソード2だな。
 それにしてもエル・ファニングって普通に美少女なのに、なんでこんなイカれた映画にでちゃってるの?ちょっと前に姉のダコタ・ファニングもレイプされる映画に出て全世界のダコタファンが発狂してたけど、この姉妹は童貞オタクを殺す姉妹だな。嫌がらせか!!


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:46Comments(0)映画

2017年01月26日

キャンプアニメの時代が!



 ストーリー漫画誌のまんがタイムきららフォワードにて連載中のゆるいキャンプ漫画『ゆるキャン』のアニメ化が決定。『ヤマノススメ』が出るまでは存在が皆無とすら言われた登山・アウトドア系アニメ。ここにゆるキャンが参戦するとあってインドア系のオタクがキャンプ場に向かったり、使いもしないキャンプ道具を買ったりするのでしょうか?『ヤマノススメ』は5分アニメだったけど『ゆるキャン』は25分枠で描いてほしいなあ。展開がスローペースのまったり系なので5分アニメのセコセコした感じじゃ原作の持ち味が出ないと思うのさ。

 最新号ではソロキャン少女だったリンちゃんが野クルメンバーとともに集団キャンプに。友達の斎藤さん&ちくわも参加して、キャンプメシ「すき焼き」に挑むのであった・・・なぜすき焼きかって?それは作中の時期がクリスマスだからさ!詳しくは本編にて。


やっちゃいなよ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 20:20Comments(0)アニメ

2017年01月25日

疑問がないわけではない

 あの♪あきらめしょうか オンリーロンリー♪ASKAさんが二度目の覚せい剤所持摘発された際の尿検査でお茶を出したことは知られてますが、果たして警察は尿とお茶を間違えるのでしょうか?それをマネてみたのかどうかは知りませんが、尿検査をとんちで切り抜けた人がいます。

“客観的証拠ない”無罪に

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170124/3266011.html

>覚醒剤を使用した罪などに問われた男が「自分の尿から覚醒剤反応が出たのは覚醒剤を使用した交際相手の尿を飲んだからだ」などと主張し、札幌地方裁判所浦河支部が先月「被告の主張を退ける客観的な証拠がない」として覚醒剤の使用について無罪とする判決を言い渡していたことがわかりました。

>裁判官は覚醒剤の使用については「『尿を飲んだ』という供述に疑問がないわけではないが、被告の腕に注射の痕が確認できないことなどから被告の主張を退ける客観的な証拠は見当たらない」として無罪としました。


 覚せい剤を使用した相手の尿を飲んだから反応が出た!という主張に「供述に疑問がないわけではないが」という裁判官。そりゃあ普通は飲まないと思うが単に飲尿プレイだったかも知れないしなあ。メカニズム的にはあるかも知れないが、そんなんで反応って出るものなのか。恐ろしいのはこういう判例が出てしまうと同様の言い逃れをする容疑者が今後出てくる可能性があるってことだな(ひょっとしたら今までにも同じような供述をした人がいるのだろうか)。でもこの一件、北海道だしな。あんな寒いところなら尿を飲んで温まりたいのかも知れない。

  


Posted by 縛りやトーマス at 23:36Comments(0)日本のとんでも事件

2017年01月23日

いつもの「頭が弱い」綾瀬はるか『本能寺ホテル』



 去年末に『鴨川ホルモー』『偉大なるしゅららぼん』などで知られる作家・万城目学のツイッターアカウントで

「映画の製作のためオリジナル脚本を書いてほしいと依頼され、シナリオ学校に通ってまで書いた脚本は監督・プロデューサーと何度も打ち合わせをしたのに全ボツ。しかし全ボツの後も映画の企画は進行し、私が脚本に書いた非常に重要なフレーズが、映画で小ネタとして使われている。即座に抗議したが撮り直しはしない、公開は強行する、しかし謝罪はしたいというがお断りした。結局は泣き寝入り」

 といったツイートが投下。作品や相手の特定はごかんべん、ということだったが、作品タイトルはすぐに判明した。東宝の『本能寺ホテル』だ。なぜかというと作品の設定や物語がどっからどう見ても万城目学の匂いがするから(それにスタッフが万城目学作品の『プリンセストヨトミ』とかぶっている)。というか僕もこれ、万城目作品だと思いこんでました。えっ違うの?


 繭子(綾瀬はるか)は冬の京都を訪れていた。恋人の恭一(平山浩行)と結婚することを決意していた繭子は恭一の両親の金婚式に参加するはずだったが手違いで予約していたホテルに泊まれず、当て所なく京都をさまよううちに路地裏に佇む本能寺ホテルにたどり着く。無事に宿泊できたが、エレベーターに乗り込んで扉が開いた先は戦国時代!
 戦国時代にうとい繭子は出会った森蘭丸(濱田岳)に胃薬を勧めたり、織田信長(堤真一)が鳥井宗室に天下三肩衝のひとつ、楢柴肩衝の献上を申し入れているところに出くわす。献上というものの、結局は権力を嵩に脅し取ろうとするわけだが、それを見た繭子は憤慨。無理やり信長の手から茶器を奪い取って「ダメですよ!脅し取られちゃ!」と能天気にもほどがある行為にでる。もちろん、繭子は彼が信長であることなどまったく知らないのだが、それにしてもこんな頭空っぽの女子大生みたいなことするか?あわや手打ちになるところ、現代にいる本能寺ホテルの支配人(風間杜夫)がロビーのベルを鳴らしたので帰って来られた(ベルを鳴らすと過去にいった人間が現代に戻れるんだけど、なぜそうなのか説明は一切なし)。繭子は自分の身に起きたことを説明するが当然誰も信じてくれない。
 ようやく自分の行った先が1582年の本能寺であることを知った繭子は何度も戦国時代と現代を行き来し、「本能寺の変」から信長を救おうとするのだが…

 綾瀬はるかって一体いつまでこんな白痴の女子大生みたいな役をやってるんだろうね(劇中でもあまりにアーパーな行動を取る彼女を濱田岳が「こやつは頭が弱いのでございます」というセリフもある)あんた、もう31だよ!深田恭子に断れたから、綾瀬はるかに回ってきたのかな?(この二人ってお互い役を押し付けあってるようなイメージがある)
 戦国時代の中でもミステリー要素が高い「本能寺の変」をテーマにしてるから、その謎でも解き明かされるのか?と思ってたらそんなことはまったくなく、光秀もみんなのイメージ通りの悪役を演じて「敵は本能寺にあり!」って叫ぶだけ。演じたのは高嶋政宏だが、これが政伸だったら裏切り者を演じたけれど、あんた、嫁に裏切られたやん!って突っ込めるのに。繭子に自分の死を告げられても信長は死期を悟ったように振る舞うだけで天下統一という自分の夢を部下の秀吉に託して炎の中に消える。繭子は自分のやりたいことや夢というのが何もなくて、就職した会社が倒産、あとは流されるままに婚約、式の日取りや会場も全部婚約者に決めてもらって意見も言えない(自分の意見がない)。けれど自分の夢に向かってまっすぐ生きている信長を見て「私も頑張らなくっちゃ!」と決意するっていうのがこの映画の結末。なんだそれは。戦国時代のミステリーを解き明かすのではなく現代に生きる女性の夢を後押しする「お前も頑張れよ映画」だったなんて…
 
 この作品は前述したように万城目学の全ボツ食らった脚本のアイデアを無許可で使用している、とのことだけどこんな中身空っぽ映画をパクってまで作りたかった土屋健プロデューサーに鈴木雅之監督のセンスを疑う。あんたら切腹な!パクるんなら、せめて面白そうなやつをパクろうよ…ジャック・ブラックの『スクール・オブ・ロック』がドキュメント映画の『ロック・スクール』をモデルにしたように…


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:39Comments(0)トンデモ映画

2017年01月23日

みんな!ベスト&ワースト企画は面白いぞ!



 発売中の映画秘宝3月号で毎年恒例の2016年ベスト&ワースト10に参加してます。159名による2016年本当に凄かった映画はコレだ!!
 秘宝はムック本時代の「底抜け超大作」から読んでたので読者だった本に投稿とかではなく依頼されて書いた文章が載ってるのは感慨もひとしお。
 ベスト10モノって色んな人の意見が見られて面白いですね。快楽亭ブラック師匠がベストガイにひとみちゃん(『日本で一番悪いやつら』)を推してたり、佐々木浩久監督が「『セーラー服と機関銃』の原作がそもそもつまらない」とまるで『テラフォーマーズ』は原作漫画自体がつまらん!的に喝破してたの最高でした。あと、ノーマン・イングランドが「海外ではAKBのことなど誰も気にしていないし、彼女たちが出ているという理由で映画を観に行く人もいません」って言ってたけど、安心してください。AKBのファンも彼女たちが出ている映画は観に行ってませんから(じゃあ誰が観てるんだよ…)。

 よかったら来年も出たいなあ。

  


Posted by 縛りやトーマス at 02:56Comments(0)映画

2017年01月22日

暴力だけが俺の表現『ブロンソン』



 新作 『ネオン・デーモン』が公開され、日本にも再びニコラス・ウィンディング・レフンの鬼才・天才ぶりが紹介されるのかと思うとワクワク!なので過去作をレンタルでチェックするであろう人たちに傑作『ブロンソン』をご紹介。
(ネタバレありです)


「俺は有名になりたかった。ただ方法がわからなかった」

 薄暗い独房で体を鍛え上げる全裸の男、マイケル・ゴードン・ピーターソン(トム・ハーディ)。彼はイギリスで最も有名な囚人である。映画はマイケルを演じるトム・ハーディの独白、一人芝居で激しすぎる彼の人生が語られてゆく。
 マイケルは有名になりたかったが、どうやれば有名になれるのかわからなかった。いわゆる「有名になりたいという欲求があるだけで表現したい何かなどなかった」というやつ。そんなマイケルはめっぽう腕っ節が強かった。少年時代は誰彼構わずケンカをふっかけ、教師にも平気で逆らう。20歳で結婚するが働いている店のレジから売り上げを盗み、逮捕しにきた警察官を相手に暴れて、耳を食いちぎる!2年後には郵便局を襲撃して7年の実刑を食らう。

「俺にとって檻の中はブタ箱なんかじゃない。ホテルの一室だ」

 そう嘯くマイケルは刑務所内でも問題を起こし続ける。刑務作業を放棄して看守に殴り掛かる。新聞に“制御不能!”と書かれた彼をどの刑務所も扱いきれず、たらい回しにされる。挙句精神病院に放り込まれ薬漬けに。それでも収まらないマイケルの暴力癖。他の患者への殺害未遂を起こして「精神異常者」を放り込むブロードムア病院へ移送する。これをマイケルに看護師が告知するやりとりは顔の半分を看護師にメイクしたトム・ハーディが半身を翻して演じる(笑うところです)。そういう施設は異常殺人鬼とかが放り込まれるところなので「俺は誰も殺してない!」つまり、俺は異常じゃない、という主張なのだ。7年間で保釈されるはずだったマイケルの刑期は14年に及んでいた。

「この俺を不当に扱ったら、徹底的に不当なやり方でぶち壊してやる」

 マイケルはブロードムアで患者、囚人を扇動して暴動騒ぎを起こす。煙突を破壊し、建物に火をつける。機動隊が出動、上空を飛ぶマスコミのヘリコプターに歓喜のダブルピースを見せつける。この瞬間、彼は「イギリスで最も有名な囚人」になった。有名人になってやったぜ!
 甚大な被害を及ぼした囚人に匙を投げた政府は「彼は正常である」として(英国史上最大のブラックジョーク)釈放を決定したのだ。シャバに出た彼はムショ仲間を頼ってアンダーグラウンドの賭けボクシング選手としてデビューする。リングネームを決める際にムショ仲間から「映画スターのような」と言われたマイケルは少しだけ考えて「チャールトン・ヘストン」と答える。『猿の惑星』『地球最後の男 オメガマン』などで鋼鉄の肉体、不屈の魂でアメリカを背負って戦う男の名前!しかしムショ仲間は「愛らしいね。誰も屁とも思わん軟弱な響きだ」と言い捨て、「チャールズ・ブロンソンがいい」映画スターの格では言うまでもなくヘストンだろうが、地下格闘技のチャンピオンになる男なら、断然ブロンソンだ!

 筋骨隆々の肉体を持つチャールズ・ブロンソンは不細工な中年太りオヤジを叩きのめす。実入りも少なく、これでは稼げる男にはなれないと、ブロンソンは1対2、もしくは獰猛な犬(!)を相手にして連戦連勝。もはや人間ではやつに勝てない!
 そんな暴力罰当たり人間ブロンソンも恋をする。ムショ帰りの自分を支えてくれた女と結婚を考え、そのための結婚指輪を宝石店から強奪する。しかし彼女からは「他に結婚する相手がいる」とにべもない。結局出所後69日で再び彼は囚人に。当然舞い戻ったムショでも看守を監禁して、まったく懲りていない。要求は何かと聞かれ「何をしてくれるんだ?」と問い返す。そもそも要求がなかった!
 しかし刑務所内の美術教師ダニエルソンにアウトサイダー・アートみたいな絵の才能を認められ、周囲もブロンソンの更生を信じて疑わない。だがブロンソンはやはりブロンソンだった。ダニエルソンの「私は君のことを理解しているよ」的言動に苛つき、ダニエルソンを柱に縛り上げて監禁(やっぱり)。全身にボディペイントを施したブロンソンは突入した武装刑務官と乱闘を繰り広げる。


 今も囚人生活を送っているチャールズ・ブロンソン本人にあって役作りをしたトム・ハーディは異常暴力人間を完璧にこなして絶賛され、これがきっかけになって『ダークナイト・ライジング』のベイン役に抜擢されたという。
 クライマックス、「俺は屈しない」と宣言するブロンソン。一体何に屈しないのか?自分か?有名になりたいといいながら表現したいものなど何もなかったブロンソンにとってたったひとつ、暴力だけが誰にも負けない表現だった。

  


Posted by 縛りやトーマス at 11:35Comments(0)映画