2017年12月22日

風俗遊びは命がけ

 先週、埼玉の大宮で起きたソープランド火災。

休日の大宮駅周辺騒然 すすで顔真っ黒、次々に搬送
http://blogos.com/article/266779/

 築90年(!)という古いにも程がある建物な理由は風俗営業法で建て替えなどができないせい。

大宮ソープ「築90年」でも現役だった理由 弁護士「新たに開いたり、建て替えることは法律上不可能」
http://news.livedoor.com/article/detail/14055806/

 だから最近はホテヘルなど、新築が可能なファッションホテルを使った風俗がトレンドなんだな。この火災事件を受け周辺の風俗店に立ち入り調査が行われたという。カビの生えた法律でガチガチに縛ってるくせに、何かあったらこれだもん。風俗営業法を改正して建て替え、新築が容易に行えるようにすればええだけやん。9条改正には必死になってる現政権ですが、そんな誰も幸せにならないもんはほっといて日本中のさびしい男たちを癒せるよう、風俗営業法の改正を求める。同時に実名報道についての配慮もお願いしたい。

NHK・産経「実名」、朝日などは「匿名」 大宮風俗店火災、メディアの対応分かれる
https://www.j-cast.com/2017/12/20317154.html?p=all

 記事内にもあるけど、かつて歌舞伎町のビル火災で風俗店を「飲食店」と紹介していたのには失笑したものだが、今回はモロに「風俗店」「ソープ」と書いたうえに被害者を実名報道!ひどすぎる…
 法律で縛って建て替えもできない建築物で遊ばされたうえに被害にあったら実名報道とは、肉体的にも精神的にも丸裸ではないですか。今やソープで遊ぶのも命がけだな。




  


Posted by 縛りやトーマス at 09:42Comments(0)日記ネット