2018年05月04日

絶望するビリー

 アーケードゲーム『ドンキーコング』の世界初100万点プレイヤーとして君臨していたゲーマーのビリー・ミッチェルのハイスコアが不正であるとして記録が取り消しに。

『ドンキーコング』世界記録が不正で取り消しに。初の100万点達成プレイヤーの栄誉が移動
https://japanese.engadget.com/2018/04/13/donkeykong/
アーケードゲーム界のカリスマが保持する『ドンキーコング』元世界記録が無効に。原因はエミュレーターの使用
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180205-62261/

 ビリー・ミッチェルは『パックマン』のパーフェクトゲームを達成したり、『ドンキーコング』でもハイスコアランキングのトップに長らく君臨しゲーマー界のカリスマとして知られていましたが、チャンピオンである彼に普通の高校教師のスティーヴさんが挑む映画『The King of Kong: Fistful of Quarters』ではチャンピオンの特権を利用して優位な状況で勝負を挑んだり、子分を使って妨害しようとしたりする傲慢な一面もあり、映画ではスティーヴさんに「お前の基盤、おかしいんじゃねえか?」と難癖つけてたけど、なんと本人がエミュレータでハイスコアを出していたと暴かれてしまったのです。お前がインチキしてたんじゃねえか!

 この騒動の発端は今年1月にアタリ2600のゲーム『Dragster』の世界記録が不正であったとされたことから。

世界最長の「破られることのなかったゲーム内ハイスコア」ギネス記録が無効に。36年を経て不正と判定される
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180130-61960/

 不正で記録をはく奪されたトッド・ロジャースはビリー・ミッチェルの『ドンキーコング』ハイスコアの記録証人であったことから「ビリーの記録も不正なんじゃないの?」ということで検証が行われたところ、エミュレータによる不正が発覚。初の100万点プレイヤーの称号はスティーヴさんのものになったのである。
 ビリーはいかにも不正しそうな嫌なやつだったので人は見た目が9割って本当だったんだなあ。せっかくだから堕ちたヒーローが正規の基盤で100万点を目指し、名誉を取り戻すキング・オブ・コングの続編でもつくらない?



  


Posted by 縛りやトーマス at 07:58Comments(0)ゲーム世界のとんでもニュース