2018年05月15日

韓国映画界が羨ましい『タクシー運転手 約束は海を越えて』



 この映画を観てわかったことは、最近の韓国映画のある方向性と、邦画は逆さになってもかなわないってことですね。

 1980年5月。韓国・ソウルでタクシー運転手をしているシングルファーザーのマンソプ(ソン・ガンホ)は若くして亡くなった妻の忘れ形見である11歳の一人娘を育てるために一生懸命な、ごく平凡な労働者。ソウルで連日行われる学生デモには「親の金で大学まで行かせてもらった連中がデモごっこか。サウジアラビアの油田にでも行って働け」と愚痴をこぼす。
 ある日、光州まで行ってくれれば10万ウォンを払うという外国人の客を乗せる。大金に釣られてタクシーを走らせるマンソプだが、軍の検問に引っかかって光州には入れない。しかし「光州に入らなければ金は払わない」という客は軍の兵士に向けて密かにビデオカメラを回していた。客の正体はドイツ人記者のピーター(トーマス・クレッチマン)で、光州で起きている大規模な民主化デモのことを取材しに来たのだ。マンソプとピーターは裏道を通ってなんとか光州に入り込むが、彼らが目の当たりにしたのは、民主化デモに対して暴力や銃弾で弾圧を加える軍事政権の姿だった。


 映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』は1980年5月に起きた光州での軍事クーデターに抗議する民主化デモを弾圧した光州事件を基にした作品だ。光州事件は韓国国内では長い間「共産主義者による活動」とされていたが、実際は地元の民衆が自発的に起こしたものだった。その民主化デモに対して現地で戒厳令を敷く軍隊が不当な弾圧を加えて、最終的に約140人の民間人が犠牲になった。この事件が海外に知られるようになったのはドイツ人記者のユルゲン・ヒンツペーターが命がけで光州に潜入して撮影した映像のおかげだという。ヒンツペーターが光州に向かう際にタクシーをチャーターし、その運転手の名前はキム・サボク。映画におけるピーターのモデルがヒンツペーターで、マンソプのモデルがキム・サボクだ。

 マンソプは軍部による情報統制を疑いもせずに信じているので、軍隊が何もしていない民衆に銃弾を撃ち込む様子を見せられ唖然とする。光州で現地のタクシー運転手たちに助けられながら、家に残してきた娘が心配になって命からがらソウルにひとり舞い戻る。ソウルでは光州での出来事など何もなかったように人々が暮らしている。民主化デモは「共産主義者のテロ」として報道され、民間人の死者は兵士の死とすり替えられている。食堂で注文した冷麺をすごい勢いで啜るマンソプを見て「そんなに腹が減ってるのかい?これも食べなよ」とおにぎりをサービスしてくれるのだが、マンソプは光州で出会った民主化デモの参加者が差し入れだといって渡してくれたおにぎりのことを思い出す。光州の実態を知ってしまった以上、知らないフリはもうできない。自分はただのタクシー運転手だけど、自分にできることをやろうと思った彼は娘に電話をかける。

「お父さんは大事な仕事があるんだ。大切なお客さんをソウルまで送り届けないと。それがお父さんの仕事なんだよ」

 戻れば殺されるかも知れないのにマンソプはピーターをソウルへ送り届けるためにタクシーを走らせる。無抵抗なデモの参加者に戒厳軍は銃弾を撃ち込む。倒れて呻いている怪我人を助けようとする民衆にも容赦なく撃ち込まれる銃弾!マンソプは光州のタクシー運転手の仲間たちとともにタクシーを戒厳軍の前に横付けして怪我人たちを救う。クライマックスは追っ手から逃れるカーチェイスだ。あと一歩で追いつかれそうになるところをタクシー運転手の仲間たちが駆け付ける。タクシーで!なんという胸熱の展開か。


 光州事件というのは韓国の歴史の恥部であり、政府批判の内容でありながら去年の韓国内興行成績のトップを記録した。政府批判の映画が堂々作られてそれを国民の多くが観に行っているのだ。

 最近の韓国ではこのような政府批判の映画が作られ、ヒットしている傾向があり、2016年に興行ランキング4位となった『トンネル 闇に鎖された男』は崩落したトンネルに閉じ込められた男を救助しようとする話だが、途中でトンネルの手抜き工事が明らかになるのに会社は一切責任を取らず、近所で大きなトンネル工事をやっている最中なのでそちらを進めたいからと救助計画の邪魔をする。大臣がやってくるが深刻そうな顔でマスコミ向けの「ちゃんとやってます」アピールをするだけで具体的には、何もしない。明らかにセウォル号事件を揶揄するような内容で、あの事件と朴槿恵政権批判が今の韓国映画界に影響を与えているといえる。

 このような映画がつくられヒットしているという事態は日本では絶対にありえないだろう。韓国映画界が羨ましい。


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:32Comments(0)映画

2018年05月13日

禁じられたキャンペーン

 夏に行われるウルトラフェスティバル2018の公式サポーターに爆笑問題が決定。記者発表会に出て爆笑を攫ったとのことですが…




爆笑問題が公式サポーターに就任!「ウルトラマンフェスティバル2018」記者発表レポート
http://hobby.dengeki.com/event/569666/


 席上ではウルトラマンと一切関係のないTOKIOや麻生大臣の不適切発言など芸能、政治の時事ネタに終始する爆笑問題。こいつらのこういう「場にそぐわない時事ネタ」そのものが不適切だと思うんだけど。なんでこいつにしたの(公式サポーターを)って発言、そのまま返してやるよ!!

 こんなの呼ばないで、歴代のウルトラ俳優を呼べばいいのに。そっちの方が嬉しいわ。映画のキャンペーンでも全然関係のない芸人がくだらないドタバタ芸をやって会場の温度を下げまくっていることよくあるけど、こういうキャンペーンはいい加減見直してほしい。ふざけるなTBS!!
 まあ地球人同士争ってもしようがないんだけど…

  


Posted by 縛りやトーマス at 08:11Comments(0)特撮・ヒーロー

2018年05月10日

変態すぎ

 久しぶりに声優オタクがやらかしましたねー

「お尻を触ってる気分」女性声優の利用した便器を触ったオタクが大炎上。イベント運営と県知事も怒りのコメント
https://togetter.com/li/1225643


 ユーフォテーブルが徳島で毎年開催しているアニメイベント『マチ★アソビVol.20』のゲストに来ていた声優の高田憂希さんが飲食店のトイレから出てきた直後に出くわしたオタクがそのトイレに入って便座を撫でまわす写真をSNSにアップ、「お尻を撫でまわしている気分」と変態丸出しのツイートをして大炎上(当然)。そういう写真をアップする行為がまず、理解できないが、あちこちから抗議を食らうと「便座に触ったぐらいで」と常識を超えた反論を展開。さすが、自分が何やってるのかわかってないだけのことはある(笑)。

 こういう人間はネコがネズミが目の前いるから捕まえた、みたいなもんで動物の本能だけで行動してるよね。声優がトイレに入った→便座を撫でる→写真撮ってSNSアップ までに一瞬の躊躇もないな。僕とか曲りなりにも理性を持った人間だからトイレに入るの見ても「ああ、花を摘みにいったのか」ぐらいのことしか考えないけど、動物に理性のある判断しろって言っても無駄ですよね。オタクはみんな動物なんだ。

 この一件で何がかわいそうって、高田憂希さんの名前を検索窓に打ち込んだらサジェスト検索で「おしり」「便器」とか出ちゃうこと。二次被害にも程がある。


この人・・・変態すぎます・・・!


  


Posted by 縛りやトーマス at 21:46Comments(0)声優アニメネットお前は何を言っているんだ

2018年05月08日

突然のYouTuber宣言

 突然「私、YouTuberになります」宣言した夢みるアドレセンスのグラビア担当、京佳。

https://www.youtube.com/channel/UCJJ67U_HM7-o_zQ01J49v4w

 解説してひと月も経たない内に登録者2万人越えというさすがの人気を見せつけているわけですが、動画の内容のひどさには2万人の登録者もガッカリです。
 特にひどいのが自分の兄が動画に出てきてベッドで寝ている隣に潜り込んだり、風呂に入ってるところに乗り込んだり、IKEAでデートしたりするやつとか…どんだけお兄ちゃんと仲いいのか知らないけど、夢アドのファンはこれ見て面白いの??


 アダルトショップの18禁コーナーで買った商品を紹介するやつは最悪レベル。



 バイブレーターをスイッチオンしてヘラヘラ笑ってたり、スケスケ下着を見て喜んだりするところは、この子頭イカれてるのかと思ったわ。
 あまりの汚れ動画にファンからも厳しい意見が寄せられています。そもそも彼女は某有名ユーチューバーとの交際疑惑が持ち上がったことで炎上騒ぎを起こしてたのに、自分もユーチューバーになるとか、この開き直ったような態度はどういうつもりなんでしょうか。ちなみに関連ユーザーにそいつのアカウントが出てくる(爆笑)。

 最近では路線変更して自分の家の風呂をスパリゾート風にするとかいって胸の谷間を見せつけるという本来の持ち味を生かす方面にシフトしたり(最初からそうしろ)、同じく突然ユーチューバーになった元エビ中・廣田あいかと共演したりしている彼女。ぁぃぁぃも何がしたいのかよくわからない動画をあげてるんですけど、編集技術が凝ってるのと、本人の楽しそうな様子が伝わってきて見ているこちらもなんだか楽しくなってくる。ファンとしては彼女の楽しそうな様子が見られるのはOKです。誰も喜ばない動画(本人は楽しいかも知らんけど!)を垂れ流してる京佳とは雲泥の差。
 アイドルのYouTube動画なんて、ファンが喜びそうなものを挙げとけば大体再生数稼げるんだから。それをしないというのは彼女(とそれをやらせてる人たち)が自分のファンが何を喜ぶのかまるでわかってないか、ファンを喜ばせる気がないのか、どちらかだな。まあ…ファンを喜ばせる気があったらユーチューバーとは付き合わないよな



  


Posted by 縛りやトーマス at 04:22Comments(0)アイドル

2018年05月07日

ヤプール人の魔の手が伸びる『パシフィック・リム:アップライジング』



 奴らが帰ってきた!巨大ロボットとカイジュウ(怪獣ではない)が地球の覇権をかけて激突する映画『パシフィック・リム』5年ぶりの続編だ。怪獣大好き!ロボット大好き!なオタク監督ギレルモ・デル・トロは『シェイプ・オブ・ウォーター』に専念していたので今回の監督はスティーヴン・S・デナイトにバトンタッチ。デナイト監督はデル・トロに負けず劣らずのオタクなので、異なるアプローチで続編に挑んだ。


 海底の裂け目からやってくるカイジュウと異種族プリカーサーの侵略を巨大人型兵器イェーガーで撃退した人類は10年もの間、つかの間の平和をむさぼっていたがPPDC(環太平洋防衛軍)はカイジュウたちの再来に備えて新型イェーガーの開発とパイロットの育成を急いでいた。
 中国の巨大企業、シャオ産業は元PPDCの研究員だったガイズラー(チャーリー・デイ)の協力の元、無人機ドローン・イェーガーの開発に着手。新型の有人機第6世代イェーガーか、無人機のドローン・イェーガーのどちらを正式採用する採択されるシドニー会議の場に謎の黒いイェーガー、オプシディアン・フューリーが現れ会場を破壊する。前回にはなかったロボット同士の激突だ!しかも相手のボディは黒!ライバルロボットはやはり黒でないとな…!デナイト監督の「おまえ、わかってるな」感が早くも炸裂する!
 前作で地球を救った英雄ペントコストの息子ジェイク(ジョン・ボイエガ)と相棒ネイト(スコット・イーストウッド)のあやつるジプシー・アベンジャーはあっさり敗れ、同じく前作の英雄だった森マコ(菊地凛子)もあっさり死亡!これがあまりに突然の死すぎて、デナイト監督はマコの死を受け入れられないファンにインタビューを通して解説することに。


【ネタバレあり】デナイト監督のパシリム裏話

https://twitter.com/i/moments/993059828313411584

 マコが死の直前に送信したデータからシベリアの廃棄されたイェーガー燃料工場に向かったジプシー・アベンジャーは再び現れたオプシディアン・フューリーを撃退。コックピットにはカイジュウの細胞が埋め込まれていた。この事態にPPDCはドローン・イェーガーの採用を決める。ハーマン博士(バーン・ゴッドリーブ)はガイズラーが10年前にカイジュウの脳とリンクしたことでプリカーサーから操られていることを知る。ガイズラーはドローン・イェーガーにカイジュウの細胞を組み込んで暴走させ、海底の裂け目から新たな3体のカイジュウの侵入を成功させる。目的は日本の富士山にある火山帯にカイジュウの血液を流し込んで大爆発を起こさせること。PPCDは残されたわずか4体のイェーガーに地球の未来を託す。イェーガーは決戦の地、東京を目指してロケットブースターでぶっ飛ぶ!


 前回は知能などまるでないように思われたプリカーサーにかなりの知能が感じられ、前作の味方を操って仲間割れのような状態を作り出している。まるで『ウルトラマンA』における異次元人ヤプールのようないやらしい作戦なのだ。そうすると東京で現れる合体怪獣の元ネタはA最終回に登場するジャンボキングか!?そういえば主人公のジェイクはラストでもう一人の女性主人公、アマーラと一緒にイェーガーに乗り込むんだけど、これってやっぱり北斗と南のウルトラタッチを意識してるのかな…二人が仲間からなかなか信じてもらえなかったり、途中で「追放だ!」って言われるのも北斗が竜隊長にすぐ「お前は謹慎だ!」って言われるのを彷彿とさせるな。
 見れば見るほどラストの決戦はエヴァ風というよりはウルトラマンA風だよな…デナイト監督、どこまでオタクなんだ!!

 こうなったら続編は死んだとされていた森マコが月星人・森マコとかになって帰ってきてくれないと納得できないな。デル・トロとデナイトならやってくれる!怪獣オタクのみなさんは満足の一本でしょう。



  


Posted by 縛りやトーマス at 00:34Comments(0)映画特撮・ヒーローオタク

2018年05月06日

今度はゲームソフトだ!『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』



 あの『ジュマンジ』が帰ってきた!「なぜ帰ってきた!?」と言われたこのリブートである。95年に公開された『ジュマンジ』は当時流行っていた『ジュラシック・パーク』の影響でCGをやたらと使ってみたかった映画のひとつで、街中でサイが暴れまわることとロビン・ウィリアムズが出ていたことや「CGで演出は派手になったけど、物語は今一つ」と水野晴郎先生がクサしていたことしか覚えていない。同じ原作者による精神的続編の『ザスーラ』はスタン・ウィンストンによるブリキのロボットやトカゲ宇宙人、流線形ロケットなどのガジェット面の見どころが多くて楽しめるんだけどねえ。

 そんなすでに忘れ去られた映画のリメイクがなぜアメリカで大ヒット。ソニー・ピクチャーズの歴代興行成績No.1というのだから…一体なぜ?と思ってたけど映画を見るとすぐにわかった。


 前回で捨てられたボードゲーム「ジュマンジ」はある人物に拾われるが、すでに時代はコンピューターゲーム全盛期。「今どき双六なんかダセえよ!」と見向きもされない。ならばこうだ!とジュマンジはゲームソフトに変身!呪いのビデオで感染する貞子が後のシリーズではネットを使って広がったような進化の過程を見るようだ。そのゲームを始めた少年アレックスはゲームの世界に閉じ込められてしまう。
 時は流れて2016年。とある高校生4人は学校で問題を起こした罰として放課後の学校で掃除を命じられる。4人は地下室で偶然見つけたゲーム「ジュマンジ」をプレイ。スタート時に選べる5人のキャラのうち4人(1人はすでに選択されていた)を選んでスタート。すると4人はゲームの世界に吸い込まれる。そのゲーム「ジュマンジ」の中では彼ら自身が選んだ実際の姿とは正反対のアバターになってしまう。やせっぽっちのゲームオタク、スペンサーは筋肉ムキムキのマッチョマン、ドウェイン・ジョンソンに。アメフト選手のアンソニーは頭脳派キャラのケヴィン・ハートに。シャイな小心者のマーサは超セクシー系の美女、カレン・ギランに。セルフィ―好きでインスタ映えしか考えてないべサニーはデブオヤジのジャック・ブラックに!(このキャラが一番強烈)
 彼らは現実の学校生活でも所属するカテゴリーが違う生徒たちなので、お互いのことをほとんど意識していなかったが、ジュマンジ内でまったく違う自分を演じさせられることで互いのことを初めて理解することができる…これって『ブレックファスト・クラブ』じゃないか!

 『ブレックファスト・クラブ』はジョン・ヒューズ監督のカルト青春映画でスクールカーストをはじめて描いたアメリカ映画とされている。近年『パワーレンジャー』(2017)でも引用されていた。ゲーム世界における荒唐無稽な冒険映画でありながら学生時代に誰もが経験したカテゴリーの違う生徒たちの衝突、それを経てわかりあう様を描いているのでどの世代の誰が見ても突き刺さる青春映画なのだ。こりゃあヒットするわけだ!まさか『ジュマンジ』で泣くとは思わなかった。改めてジョン・ヒューズの素晴らしさも再確認できる傑作なのだった。


  


Posted by 縛りやトーマス at 00:40Comments(2)映画ゲーム

2018年05月04日

絶望するビリー

 アーケードゲーム『ドンキーコング』の世界初100万点プレイヤーとして君臨していたゲーマーのビリー・ミッチェルのハイスコアが不正であるとして記録が取り消しに。

『ドンキーコング』世界記録が不正で取り消しに。初の100万点達成プレイヤーの栄誉が移動
https://japanese.engadget.com/2018/04/13/donkeykong/
アーケードゲーム界のカリスマが保持する『ドンキーコング』元世界記録が無効に。原因はエミュレーターの使用
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180205-62261/

 ビリー・ミッチェルは『パックマン』のパーフェクトゲームを達成したり、『ドンキーコング』でもハイスコアランキングのトップに長らく君臨しゲーマー界のカリスマとして知られていましたが、チャンピオンである彼に普通の高校教師のスティーヴさんが挑む映画『The King of Kong: Fistful of Quarters』ではチャンピオンの特権を利用して優位な状況で勝負を挑んだり、子分を使って妨害しようとしたりする傲慢な一面もあり、映画ではスティーヴさんに「お前の基盤、おかしいんじゃねえか?」と難癖つけてたけど、なんと本人がエミュレータでハイスコアを出していたと暴かれてしまったのです。お前がインチキしてたんじゃねえか!

 この騒動の発端は今年1月にアタリ2600のゲーム『Dragster』の世界記録が不正であったとされたことから。

世界最長の「破られることのなかったゲーム内ハイスコア」ギネス記録が無効に。36年を経て不正と判定される
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180130-61960/

 不正で記録をはく奪されたトッド・ロジャースはビリー・ミッチェルの『ドンキーコング』ハイスコアの記録証人であったことから「ビリーの記録も不正なんじゃないの?」ということで検証が行われたところ、エミュレータによる不正が発覚。初の100万点プレイヤーの称号はスティーヴさんのものになったのである。
 ビリーはいかにも不正しそうな嫌なやつだったので人は見た目が9割って本当だったんだなあ。せっかくだから堕ちたヒーローが正規の基盤で100万点を目指し、名誉を取り戻すキング・オブ・コングの続編でもつくらない?



  


Posted by 縛りやトーマス at 07:58Comments(0)ゲーム世界のとんでもニュース