2018年07月06日

倒錯趣味があってもいいじゃないか『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』



 アメコミ『ワンダーウーマン』の起源に迫る『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』を観た。日本では劇場公開されずDVDスルーになった作品だ。2017年公開の実写映画は全世界で異例のヒットを飛ばしたがその作品は如何にして誕生したか?

 舞台は1928年。ハーバード大で心理学の教授をしていたウィリアム・モールトン・マーストン(ルーク・エヴァンス)と妻のエリザベス(レベッカ・ホール)は嘘発見器の原型の開発にも着手していたがウィリアムよりも優秀なエリザベスは「自分には女性器がついているから博士号が取れない」と不満の日々。
 ウィリアムは新入生のオリーブ・バーン(『高慢と偏見とゾンビ』のジェーン役で知られるベラ・ヒースコート)の美しさ故に周囲から浮いている様子に惹かれ、助手に雇う。オリーブの母エセル・バーンは産児制限のハンストを起こして倒れるぐらいのフェミニスト活動家で、幼い頃は修道院に預けられていた。
 3人は研究者と助手という関係を続け、嘘発見器の完成にまで至るが、ウィリアムとオリーブの関係に嫉妬したエリザベスによって引き離される。が、オリーブが本当に想っていたのはエリザベスの方だった。彼女は同性愛者だということに苦しむけれど、ウィリアムは「だったら3人で暮らせばいいじゃないか!3Pしよう!」と堂々言い放つ(笑)。画してオリーブは他の男との婚約を解消し、マーストン夫妻とポリアモリー(三人婚)の関係に至る。ポリアモリーは男性側からの一方的な関係を迫られがちな一夫多妻制とは違い、複数人が完全な同意の元に行われる関係だが、3人の関係は当然ながら周囲の理解をまったく得られず、大学に関係が発覚するやウィリアムは解雇されてしまう。
 オリーブの妊娠もあり、3人は引っ越した上同居するが周囲にはその関係がバレないようにしていた。ウィリアムとオリーブは作家として、エリザベスはウィリアムの秘書として家計を支えることに。


 ・・・これのどこが『ワンダーウーマン』誕生につながるの?とモヤモヤするが、直後に話は急展開する。ウィリアムは偶然立ち寄ったボンデージ趣味の衣装屋でフェティッシュアートの数々を見せられる。これは自分が長年研究してきたDISC理論(DOMINANCE=支配、INDUCEMENT=誘因、SUBMISSON=服従、COMPLIANCE=承諾 四つの交互作用で人間関係は築かれるとする理論)そのものだ!

「最大の幸福は愛するものに服従すること」
「大事なのは喜んで従うことだ。自らの意思で」
「人に強いられて望まぬことをするとただの承諾になってしまう。人は承諾すると、不満と抑圧を感じるものだ」
「恨みも生まれる。極端になると犯罪や戦争、ファシズムを生む」
「承諾を避ける方法は誘因だ。考え方を変えさせる」
「完全に支配するんだ。相手は望み通りに動く。自ら喜んで。誘因こそが愛や平和をもたらす」

 衣装屋で公開SMショー(にしか見えない)を見せられたエリザベスは嫌悪感を露わにするが、ワンダーウーマンそのまんまのコスチュームを着たオリーブに見とれて”真実の縄”をオリーブに這わせる。ウィリアムはギリシア神話に登場する女性だけの部族、アマゾーンを元にした漫画原作『スプリ―マ・ザ・ワンダーウーマン』を考案し、出版社に持ち込んでコミック化に成功する。
 真実の縄は3人が完成させた嘘発見器に基づくアイデアだし、インビジブル・ジェットはウィリアムが子供たちと遊ぶためにもっていた透明飛行機からのインスパイアだ。
 ワンダーウーマンは毎回敵から拘束されたり、縛られて鞭打たれるが“承諾”の楔を断ち切って女性の自由のために立ち上がる!そしてワンダーウーマンの誘因によって世界は愛と平和で満たされるという…
 コミックだけでは伝わらない背景があるとわかって目から鱗が落ちる思いだ。しかも倒錯的な趣味嗜好があるとわかったのも衝撃だ。そんな趣味の人でも最も有名な女性ヒーローの漫画を作れるのだから、まったく趣味嗜好だけで人を変態扱いするのは止めてほしいものだ。僕だってあんなに強くてカッコイイ女性がいるなら服従させてもらう。こちらからお願いしたい。完全に支配するんだ。相手は望み通りに動く。自ら喜んで!



  


Posted by 縛りやトーマス at 12:55Comments(0)特撮・ヒーローレンタル映画館

2018年07月06日

不能のヒロイン『富美子の足』



 舞台役者として活動、週刊プレイボーイ誌上にて類まれな身体を披露した途端、認知度が上がった片山萌美さんはワンコインで買える雑誌で水着見せるなんてサイテーと言い張る吉岡里帆と違って大人の女性なので、さっさとヘアヌードを見せたにも関わらず「「脱ぐと何かが変わるよ」っていろんな人に言われてたんですけど何も変わらなかったです。自己嫌悪とかもなかったし。少し期待していたんですけどね(笑)」とさらっと言い放つような人である。
 そんな彼女はその後当然のように低予算のちょいエロ映画シリーズに駆り出されて、ちょいエロな演技をあっけらかんと見せていた。ここで満を持して谷崎潤一郎原作映画に主演!


 片山演じるヒロイン、富美子は男を虜にして止まない「足」を持っている。思春期の頃、この足のせいで義理の父親に足を撫でまわされ、電車で痴漢に遭い続ける。会社に入れば上司が隙を見て足に頬を摺り寄せられる(どういう会社だ)。そんな経験から自分の足を嫌悪するようになり、顔と胸を整形すれば男は足を見なくなる!と思うがやっぱり男は富美子の足しか見ない!
 整形の費用を稼ぐためデリ ヘル嬢を始めた富美子は資産家の老人、塚越に見初められる。
「お前の足にわしの遺産をすべてやる!」
 塚越役は『冷たい熱帯魚』で観客を恐怖のどん底に突き落としたでんでんが演じている。今回は常に絶叫口調で周囲を恫喝しまくる、最初っから最後まで常軌を逸した変人の役だ。
 塚越の家で家政婦のような仕事を始める富美子だが、塚越は甥の野田(渕上泰史)に富美子の足を見せて「この足そっくりのモノをつくれ!」野田は売れないフィギュア造形家で、塚越にお小遣いをもらうためにせっせと富美子の足をつくるのだが、彼はどう見ても現実の女性に興味のないオタクなので、塚越に富美子の足を舐めてみろ(それでインスピレーションが湧くからと)と言われて心底イヤそうに富美子の爪先を舐める。そんな調子なので塚越の望むものは出来上がらない。「こんな足からは熱も魂も感じられない!」「ちくわだ!ちくわ!空っぽのお前そのものだ!」と罵倒され、出来上がった足は叩き壊される。
 とっととこんな仕事から解放されて、遺産を受け取りたい富美子の目算は外れまくり、家に帰れば同居している車いす生活の母親に金をせびられ、それだけでは飽き足らず若い男を連れ込んでそいつの相手までさせられる(そいつから巻き上げた金は当然母親の懐に)。そんな母親となぜ同居するのかというと、富美子の足に見とれてハンドル操作を誤った男の車が母親を跳ね飛ばしたという後ろめたさがあるから。この足が私の人生すべてを狂わせる!なにしろあてがわれた若い男も富美子の足を舐めまわし続けるのだから。

 これは不能の物語だ。富美子は足のためにまともな性交や男女関係をもったこともないし、足に魅入られた塚越もおそらく不能だろう。野田はオタクだからいうまでもない(笑)。性的な満足が得られない故に3人は狂っていく。
 野田を利用しようとする富美子は女性上位で跨って虜にしようとするが朝チュンの時に野田は富美子の足を舐めまわす。やっぱりこの足のせいだ!しかし追い詰められた富美子はこの足を利用しようとする。野田を蹴り倒してドスの利いた声で彼を支配し、塚越に金をせびりに来る娘を始末させる。暴力で支配された野田は身も心も富美子の虜になってついに塚越が望んだ完璧な足を完成させる。しかし富美子が望んだ結果が得られないという、最後の最後まで不能なオチなのだった。
 不能で不満足な話なのだが、片山萌美はトップまで披露する大胆演技で観客を大変満足させてくれる。ワンコインで買える雑誌のグラビアすら否定するような吉岡里帆では到底できないような渇いた演技と濡れ場で谷崎らしい歪んだ女性像をもつ人々には理想のヒロインだ。



  


Posted by 縛りやトーマス at 00:11Comments(0)芸能人ヌードレンタル映画館