2018年09月30日

2018年10月予定

10月予定


10月1日(月)
『メッケルさん』
会場:なんば紅鶴
開場:19:30
開演:20:00
料金:1500円(1drink込)


10月2日(火)
『旧シネマパラダイス』
会場:なんば紅鶴
開場:19:30
開演:20:00
料金:1,000円(1drink&1food込)
映画面白コメンテーター:縛りやトーマス

今月は久しぶりの怪獣映画『大怪獣ヨンガリ』!韓国映画ですけど日本のエキスプロダクションとかが入ってるのでほぼ日本映画です。




10月7日(日)
『G.G-1 CLIMAX 秋のロイヤルランブルSP』
会場:なんば紅鶴
開場:14:00
開演:14:30
料金:コスプレ する人 2000円 (2drink付き)
MIXIコミュ割  2000円 (2drink付き)
(受付で携帯MIXIのG.G-1 CLIMAXコミュトップページにして
スタッフに提示して頂きますようお願いします。)

twipla割  2000円 (2drink付き)  
(受付でG.G-1 CLIMAXのtwiplaの画像をスタッフに提示して頂きますようお願いします。)

しない人  2500円(2drink付き)

オッサンDJのプロレスごっこ的DJバトル!!

毎年、春と秋開催しているG.G-1 CLIMAX!

この秋のテーマは?

懐古DJ版ロイヤルランブル!

ロイヤルランブルとは?
アメリカのプロレス団体WWEの時間差バトルロイヤル!
クジ引きで選ばれたDJが1対1のB2Bを行い20分毎に1人づつ次々DJが変わって行くスタイル!
そして次のDJはイベント中にくじ引きでランダム決定される。
詳しいことや参加DJは
https://twipla.jp/events/337049
をご覧ください。


10月8日(月)
『深大阪地獄絵図~おおさかオモシロマップ』
場所:なんば紅鶴
開演:20:00 料金:1000円(1drink別)
出演 :射導送水 B・カシワギ 縛りやトーマス むっく


10月13日(土)
『アイドル十戒 肥後橋死闘編 其の四』
場所:アワーズルーム
開場:18:30
開演:19:00
料金:1,500円(1drink別)
出演:竹内義和 縛りやトーマス

今月は久しぶりにイベント参加話他


10月13日(土)
『決戦!大懐古!!』
場所:なんば紅鶴
開場、開演:18:00(13日)
料金:2,500円(2drink付)
10月14日(日)17時~
料金:1,500円(1drink付)
懐古DJ全国より終結!君は18時間生き延びることができるか?


10月18日(木)
『スーパーヒーロートーク@紅鶴 』
場所:なんば紅鶴
開場19:45
開演20:00
料金:1,500円(1drink込)
出演 :にしね・ザ・タイガー ソエジマ隊員 花鳥風月 緒形 縛りやトーマス

特撮ヒーロー大好き芸人たちによるひらパー、純烈他イベント参加話!


10月20日(土)
『僕の宗教へようこそ第一一〇教義~土曜ロードショー第二十一幕』
場所:なんば白鯨
開場:18:30
開演:19:00
料金:1,500円(1drink込)
出演:縛りやトーマス アシスタント・トモ

映画プレゼンコミックとネットフリックスのドキュメント映画話


10月31日(水)
『キネマサロン肥後橋』
場所:アワーズルーム
開場:19:00
開演:19:30
料金:500円(1drink別)
出演:縛りやトーマス

カルトな映画について語り合う若人の会(笑)。今月は長谷川和彦監督の『太陽を盗んだ男』!ストーンズなど来やせん!  


Posted by 縛りやトーマス at 20:47Comments(0)告知

2018年09月29日

また延期?

 映画業界では間もなく11月からの年末公開ラッシュとなりかき入れ時を迎えるわけですが、ある年末公開映画の公開延期ニュースが。



映画.com
@eigacom

【#速報】

「Deadline Hollywood」によると、今年12月21日に全米公開が予定されていたJ・キャメロン製作の「#アリータ バトル・エンジェル」が、来年2月14日に公開延期となり、代わりにタイトル未定の「#デッドプール」が公開される模様です。

https://twitter.com/eigacom/status/1045834473676230657

 キャメロンの『アリータ バトル・エンジェル』は日米同時公開の大作だったのですが、この度の延期(まだ公式の発表ではないですが…)となり、ただでさえ今年の年末は大作映画が少ないと言われているのに…ちなみに2018年末の大作映画は

・ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(11/23)
・シュガー・ラッシュ:オンライン(12/21)
・アリー/ スター誕生(〃)
・仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(12/22)


 これぐらいしかないですよ…『ジャスティス・リーグ』『探偵はBARにいる3』『オリエント急行殺人事件』『ガールズ&パンツァー最終章 第一話』『DESTINY 鎌倉ものがたり』『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』『カンフー・ヨガ』『スターウォーズ/最後のジェダイ』『バーフバリ 王の凱旋』…あと『鋼の錬金術師』(笑)とかやってた去年末の大作ラッシュと比べるべくもないラインナップ…キャメロンだけが唯一の救いだったというのになぜ延期した。

 しかも『アリータ~』って一度延期してるんですよね。

「アリタ:バトル・エンジェル」の日本公開が2018年12月に延期
https://jp.ign.com/alita-battle-angel/22439/news/201812

 その理由は主人公のでかすぎるアニメ目を若干小さくするように修正していたとか…作業が間に合わなかったのかな?それをやると全体的に主人公の絵を修正しなきゃならないので、やってるうちにこうじゃない、もう少し調整しないと…ここも、あそこも、変に見えないようにしなきゃ!とまるで整形する度に満足できずあれもこれもと手術する整形中毒者になったように…
 いつまでやっても満足しないよ!妥協して妥協!もともと大した顔じゃないんだから!

  


Posted by 縛りやトーマス at 11:03Comments(0)映画ハリウッド・スキャンダル

2018年09月28日

中国版カイジ『動物世界』

 福本伸行の漫画『賭博黙示録カイジ』の中国版実写映画『動物世界』がネットフリックスで配信されているので見た。




 中国では6月末から劇場公開され、公開二日で約17億円、公開2週間で約50億円超えという大ヒットを飛ばしているのに、日本ではネットフリックス配信のみに。予告編ではピエロが化け物と戦ったりしているので別の意味で期待をあおられたのだが、有名スターが出ていないと劇場に足を運びたがらない日本の観客相手には厳しかったか。



 カイジ・ジョン(この名前、無理があるような)はゲームセンターでピエロのアルバイトをしているさえない男で、そのバイトも遅刻するわやる気ゼロのボンクラ。演じたリー・イーフォンは山田孝之っぽいイケメンで日本でも人気出そう。
 カイジは病気で意識不明の植物人間状態になっている母親の治療費さえまともに払えず、半分恋人の看護師チン(チョウ・ドンユィ)に世話をまかせっきり。彼女にプロポーズすらできないカイジは自分のダメさを嘆くばかり。チンは若い男の入院患者から浣腸をせがまれるという変態行為を迫られ(どんな病院だよ)、イライラが募ったカイジは(自分の妄想の中で)ピエロに変身!この男、精神的に追い詰められたりするとピエロに変身して怪物をやっつけるところを妄想する癖があった(どういうこと?)。カイジはブチ切れて変態患者を殴るが、それを見た他の入院患者が発作を起こしてしまう。彼氏ぶってカッコイイところを見せたところで彼女の迷惑になるだけだった…彼女が同僚の男と付き合っている話まで聞いてしまい、いよいよカイジはどん詰まり。
 カイジは街で黒服の男・遠藤に連れられ、謎の男・アンダーソンと会う。このアンダーソンが原作漫画における利根川なんだが演じるのはなんとマイケル・ダグラス!『アントマン&ワスプ』のラストで消えてしまった後どこに行ったのかと思いきや、中国で謎のフィクサーになっていたとは驚きです。
 アンダーソンはカイジが友人のジュン・リーから借金を背負わされたことを伝える。それは身を粉にして働いても30年かけなければ返せない額。アンダーソンはアラカコマカボノ島(???)を出港する客船ディスティニー号で行われるゲームに参加し、勝ち残れば借金を返済できるという。カイジは否応なく船に乗せられることに…

 ここからは原作第一章の『希望の船』編をほぼ忠実になぞった展開に。しかし船に乗り込む前に突然カーチェイスが始まったりと、気が抜けない。ピエロになる理由やアンダーソンとカイジの長年に渡る因縁めいたものを提示されシリーズ化を予言するような結末など、改変部分が全部つまらなく藤原竜也のビールを飲む演技がずっと一緒ぐらいしか見どころのない日本の実写版と違って自由な発想に彩られて楽しめる。ダグラス演じるアンダーソンは利根川みたいな名言をいってくれないのが惜しい。日本で失敗した実写映画は今後中国に任せればいいと思うの。


  


Posted by 縛りやトーマス at 19:31Comments(0)漫画ネットフリックス

2018年09月26日

お父さんのハイフライフロー『パパはわるものチャンピオン』



 新日本プロレスを変えた男、棚橋弘至が覆面レスラーを演じた初主演作。
 大村孝志(棚橋)はかつて善玉のスターだったが試合中のケガで善玉の試合はできなくなってしまい、今は覆面をかぶってゴキブリマスクなるヒールとして善玉の引き立て役をこなす日々。息子の祥太(寺田心)にはプロレスの仕事をしていることを黙っているが、どうしても父親の仕事が知りたい祥太はこっそりと通勤の車に潜り込む。着いた先はプロレス会場。そこで祥太はお父さんがゴキブリマスクだと知ってしまう。あんなに体がデカくてカッコイイお父さんが観客から罵倒を浴びせられるのを見て「悪役のお父さんなんか嫌いだ」と言ってしまう。
 母の詩織(木村佳乃)やプロレスマニアで大村ファンの雑誌記者ミチコ(仲里依紗)からいくら「お父さんはプロレスが好きだから続けてるの」「悪役もプロレスには必要」と教えられても祥太には通じない。学校でお父さんは団体トップのスター、ドラゴン・ジョージ(オカダ・カズチカ)だと祥太が言っていると知らされた孝志は息子が誇れる父親になろうと団体でNo.1のレスラーを決める大会Z-1CLIMAXに参戦。周囲の予想を裏切って勝ち続ける孝志だが「わるもの、やめられないの?」と祥太には自分の気持ちは伝わらない。準決勝のリングに上がった孝志は覆面を脱いで正体を明かしてしまうのだが試合には負けたうえにケガは悪化。勝手なことをしたせいで団体をクビにされるなど踏んだり蹴ったり。
 プロレスをあきらめて普通の父親になろうとする孝志に最後のチャンスが訪れる。ドラゴンから直接対決を申し込まれたのだ。孝志はケガをおして最後のリングに向かう。


 悪役レスラーの父親を嫌う息子のために無謀な戦いのリングにあがるという展開は中島らも原作の『お父さんのバックドロップ』(04)とほとんど同じ展開。お母さんの仕事が散髪屋っていうのも…違うところはプロレスに対する視点。「プロレスは真剣勝負か否か?」というややこしい問題について、だ。『パパは~』ではプロレスはショーアップではない真剣勝負(その割には棚橋と田口監督の悪役コンビはほとんどショーだけど)という視点の元で作られているのでトーナメント戦も真剣勝負という扱いだ。『お父さんの~』では熊殺しの異名を持つ空手家との異種格闘技戦という設定にしてこの問題にあえて触れるのを避けている(だが団体の社長を演じる生瀬勝久から「ガチンコやぞ!殺されてまうぞ!」と言わせているけど)。
 新日本プロレスは株式上場を控えていると言われ、WWEが上場する時シナリオの存在を明かしたように新日はこの映画でモロにプロレスには台本がある、と明かしてしまうのか!?とか妄想したんですがそんなことはなかった。その辺に思い切って突っ込めばプロレス・ドキュメントの傑作『ビヨンド・ザ・マット』(1999)ぐらいにはなれただろうに…惜しい!

 とはいえこの映画が感動的で前述した作品たちに負けず劣らずなのは主演の棚橋のスター性と人の良さが物語とうまくマッチしてるからだろう。実際に良きお父さんで近所で緑のお父さんもやっているという棚橋と本作の主人公はマッチしすぎ!あえて熱狂的うるさ方のプロレスファンにはなく、プロレス初心者の入り口としてこの映画は開かれた。
 最後のリングに悪役のまま上がって戦うというのも「悪役だってプロレスには必要なんだ」という主張を裏切らない。あれが善玉で戦ってたら最悪ですよ。

 唯一引っかかるのは祥太が好いているクラスメイトの女の子。この子はドラゴンのファンでゴキブリマスクが大嫌いなので嘘をついていた祥太のことを「嘘つき嫌い!」といって突き放すのだが、最後の試合会場では悪役のお父さんを嫌う祥太に「どうして?悪役のお父さんカッコイイよ」とかいっちゃうのだ!いけしゃあしゃあと!お前がドラゴン好きだというからお父さんが悪役だと黙っていたというのに…!お前の、お前のためについた嘘で苦しんでいたというのに…都合のいいことぬかしやがって~!ホント、女の子ってこういうことありますよね

  


Posted by 縛りやトーマス at 02:13Comments(0)映画

2018年09月24日

基本的なことができていない実写版

 来年一月に公開が予定されている実写映画『がっこうぐらし!』の第一弾ビジュアルが発表された。



 めぐねえ・・・違うよ・・・これは『がっこうぐらし!』じゃないよ・・・

『がっこうぐらし!』という漫画はほのぼの日常漫画と思わせてはじまるのだが、実はゾンビ現象で崩壊後の世界で女子校生4人が力を合わせて生き抜いていくというサバイバル漫画だったのだ!というギャップが売りのひとつなので、のっけからホラー!恐怖!ゾンビ!みたいな宣伝してどうするねん…スタッフ、おまえらちゃんと漫画読んだのか!!
 原作読んでてアニメ一期(一期だとは誰も言っていないが二期があることはもはや常識!)も完走した我々(誰よ)はオチを知っていながら「ほのぼの日常学園漫画だと思ったのにビックリしました」と驚いたり、「ポスターに騙されてやってきた家族連れが泣き叫んでいました」と嘘報告をしたり、「この宣伝は詐欺だと思うし青少年に悪影響がある」とBPOに報告したいんじゃあ~!隠せよ!そういう要素は!!




 どーせ軽いノリのスタッフがあえて逆を狙ったとか、ストレートに作品の本質を捉えてみましただの、少しは考えているようなことをぬかすのだろうが、この愚か者!お前はっ、何もわかっていない!ここには夢がどこにもない!


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:54Comments(0)映画漫画

2018年09月23日

サメVSステイサム!食うか食われるか?『MEG ザ・モンスター』



 上海の海底に建設された海洋研究所ではマリアナ海溝の調査が行われていた。海底とされていた地点を越えてさらに潜航する探査艇。しかし探査艇は謎の巨大生物に攻撃を受けて浮上できなくなる。研究所の責任者ジャン博士(ウィンストン・チャオ)は元レスキュー隊員のテイラー(ジェイソン・ステイサム)に助けを求める。テイラーは5年前に沈没した原子力潜水艦の乗組員救助に向かったが謎の巨大生物の攻撃を受け、仲間を見捨ててしまった過去があった。ジャンとテイラーは今回の事故が5年前と同じ巨大鮫メガロドンが起こしたものだと想定し、テイラーは最新の潜水艇で救助に向かうのだが。


 今時珍しい巨大生物のモンスター・パニック映画。今は何年だよ?日曜洋画劇場で淀川長治さんが『ジョーズ』と同じ原作者のピーター・ベンチリーのイカ映画『ザ・ビースト』を楽しそうに紹介していた時代じゃないんだぞ!と侮るなかれ。本作は全世界で興行収入4億7300万ドルを突破しており『ジョーズ』(75)が持つサメ映画歴代記録4億7000万ドルを40数年ぶりに更新したのだ!

 今更サメ映画なんてCGを使ってド派手に暴れまわるぐらいしか作りようがないと思ったが、本作はメガロドンに対して段階を踏むアプローチを描いて観客を飽きさせない。まずは最新の潜水艇(これが『ウルトラマン』とか『原子力潜水艦シービュー号』とかに出てきそうなデザインのメカでカッコいいぜ)で救出に向かう。すると探査艇は巨大なイカに襲われる!これは前述したベンチリーの『ザ・ビースト』へのオマージュか!?サメかと思ったらイカ!と思わせてそいつがメガロドンに食われて無事主役登場。それをなんとか追い払うが研究所のスポンサーは犠牲になった遺族らへの訴訟対応としてメガロドンを捕まえようとする。まずはGPSを打ち込み、シャークケージに入れた囮を使ってサメを捕獲するがさらにデカいメガロドンが現れて『ディープ・ブルー』で演説をぶつサミュエル・L・ジャクソンが無惨にサメに食われたみたいに飲み込まれる。海水浴客でごった返すビーチにメガロドンが来襲、大惨事の中生き残ったテイラーたちが最後の戦いを挑むのだ。

 全長23メートルとバカでかすぎるメガロドンと対決するのは世界一カッコイイハゲ、ジェイソン・ステイサム。元水泳の飛び込み選手で逆三角形の肉体はスタローンみたいなステロイド系の筋肉ではなくナチュラル・マッチョなステイサムが体一つで海に飛び込みサメと死闘を繰り広げる様は説得力がある。彼のおかげで単なるB級アクション映画の範疇を軽く飛び越えた。
「サメは俺が片付ける!」と銛一本、いやナイフ状の武器で戦いを挑むクライマックスは『白鯨』のエイハブ船長かと見まがう狂乱のバトルだ。ヒロイン的立場の登場人物がいるものの、ステイサムは彼女の代わりにシャワーシーンまで見せつけて観客へのサービス(?)も忘れない。もはやこの世界で互角にやりあえるのはメガロドンとステイサムしかいないという一騎打ちの前には少々辻褄の合わない脚本(探査艇が海底と思われる海層より深く潜航したことでメガロドンが深海からあがってきた、という説明があるんだけどじゃあ5年前にステイサムらを襲ったのはなんなんだよ?)とか全然気になりませんね


  


Posted by 縛りやトーマス at 11:27Comments(0)映画

2018年09月19日

自己完結しているオタクに捧ぐラブストーリー『君の膵臓をたべたい』(アニメ)



 君の膵臓をたべたい。奇妙なタイトルである。これがホラーなら違和感もないが純愛映画なのだ。食べたいほど愛してるのか?食べたいならまだわかる。これが「売りたい」だったら大変だ。金欲しかったら膵臓売れぇ!!昔そんな人がいました。あれは腎臓だったかな。

 住野よる原作によるライトノベルのアニメ化。2017年に実写化されて35億円のヒットを記録…したものの、実写版は原作とは一部を変更され、登場人物たちが大人になって12年前の物語を回想するという内容に原作者の住野先生が不満だったと言う。
 実写版の主演はDISH//の北村匠海に当時はまだ実写『あの花』や映画『咲-Saki-』の主演ぐらいでしか知られてなかった浜辺美波というキャスティングが弱いと思われたのか、それをカバーするために客の呼べるスター、小栗旬や北川景子を「大人になった現在の登場人物」として入れたのがいかにも東宝映画らしいね。アニメ版は実写より前に企画されていた上に住野先生自ら参加していたというので、実写版のような納得のいかない変更はなく原作に忠実につくられた。


 病院のロビーで偶然拾った一冊の本を拾った僕(物語の主人公。CVは高杉真宙)。「共病文庫」とかかれたその本は「僕」のクラスメイト山内桜良(CV:Lynn)がつづった秘密の日記。桜良は膵臓の病気により余命僅か。「僕」は桜良の両親以外では唯一病気のことを知る人物となる。それをきっかけに桜良と「僕」は仲良くなるのだが、「僕」は自分以外に興味のない「友人のいない」人間だった。
「僕」が友人をつくらないのは相手を見て「この人は自分のことをどう見ているのか?」が気になりすぎて友人ができない、という性格は友達がつくりにくい人間の内面を見事なまでに表していて、草食系という言葉では言い足りないほどの受け身野郎。「僕」は桜良に振り回され、どう見たってデートにしか見えない行為をし、挙句は一泊旅行にまで付き合わされる(「僕」はあくまで「付き合わされる」。ラノベオタクの人にわかりやすくいうとハルヒとキョンのような関係)。恋人同士でもなければやらないようなことを平気でしているのに二人は最後まで恋人にはならない。恋人にならない純愛映画!?なんだそれは!!

 象徴的なのが二人が劇中でやる真実か挑戦かゲーム。トランプを一枚ずつ引き合って数字の大きい方をめくった方が負けた相手に「真実か挑戦か」と聞き、負けた方は必ず「真実」と答え、勝った方は相手が答えにくい質問をする。負けた方は質問に真実を答えるか、答えたくない場合は「挑戦」を選ぶ。勝った方は相手に要求をし、負けた方はそれに「挑戦」しなくてはいけない。
 桜良は「わたしのカワイイと思うところをみっつ選んで」といい、「僕」は答えられないので「挑戦」を選ぶ。桜良は「わたしをベッドまで運んで」と要求。ヒロインにそこまで言われないとできない主人公!
 この「真実か挑戦か」ゲームは本作の最大の魅力。最後の最後まで恋人なのかどうかもはっきりしない二人の関係を表している。二人は他愛もない質問ばかりして桜良も「君はわたしのことが好き?」とか聞けばいいのに質問すらしなくてモヤモヤする。でもこれはそんなことをとても聞けないが、言わなくても自分の中ではわかっている自己完結しているオタクが好むラブストーリーなのだ。

 こんな話が多くの一般客に受け入れられているという真実。ビックリしました。時代がオタクに追いつこうとしている!

「僕」の声を演じた高杉真宙は『仮面ライダー鎧武』でヒーローになれないのならいっそ巨悪になってやる、と覚悟を決めながら小悪党にすらなれなかったよ…というひとり難しい役どころを演じていたが、今回も捉えどころのない自己完結する主人公を丁寧にきめ細かに演じていた。芸能人吹き替えと侮ることはできない。


  


Posted by 縛りやトーマス at 23:11Comments(0)映画アニメオタク

2018年09月15日

家の鍵をなくしたストーカー

 元アイドルのストーカーOに引き続き、ストーカー事件がまたまた発生。

「家の鍵なくした」タレント中川翔子さんを待ち伏せ ストーカー規制法違反容疑で33歳無職男を逮捕
https://www.sankei.com/affairs/news/180914/afr1809140038-n1.html


 また無職か・・・

>捜査関係者によると、柴容疑者は8月下旬、都内の中川さん宅の郵便受けに「連絡先を教えてください」などと書いたノートを投函(とうかん)。今月上旬、中川さんから相談を受けた警視庁が、ストーカー規制法に基づく文書警告を行っていた。

>逮捕容疑は13日夜、警告を受けていたにもかかわらず、中川さんの自宅周辺をうろつくなどしてつきまとったとしている。関係者の通報を受けて駆けつけた警察官が柴容疑者を取り押さえた。


 自宅の郵便受けに「連絡先を教えてください」と書いたノートを投函、というこの時点で怖すぎ!自宅を知ってるだけで嫌だよ!しかもノート。なぜノート?手紙じゃなくてノート!なんで!「家の鍵を無くした」ってでっちあげの理由もアホすぎ。家の鍵がなけりゃケーキを食べればいいじゃない!
 そしてストーカーOの時にもいったけど文書警告とか本当に意味ない。結局また家に来てるし!
 今ACジャパンの「日本骨髄バンク支援キャンペーン」CMでは白血病で亡くなった父・中川勝彦の年齢を越えた彼女が父との思いを綴っているがストーカー男はこれを見たのか?ストーカーにかまってるどころじゃねえんだ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:40Comments(0)アイドル今日の無職

2018年09月14日

未来結婚

 女優の志田未来さんが結婚を発表。

志田未来、一般男性との結婚発表 お相手は「古くからの友人」
https://www.oricon.co.jp/news/2119560/full/

 ドラマ『14歳の母』に主演して話題をさらった彼女、まだ25歳だったのか。芸能人で25歳の結婚は割と早めの気もしますが、9歳から芸能界にいた彼女からすれば適齢期なのかしら?

 さて志田未来ちゃんといえば2008年、ネット上で彼女に対する殺害予告が書き込まれ警察が緊急配備されたのですが、そこにファンという称する無職の男(23)が自宅のフェンスを乗り越えようとして警察に逮捕されたことがあるのです。ファンの男は「ネットの書き込みを見て彼女に会いに来た」と証言、当時はこのファンが殺害予告を書き込んだんじゃないの?と言われましたが、ひょっとしたら熱狂的なファンが「志田未来ちゃんの未来は俺が守る!」と思って来たのかもしれないじゃないか!その翌年に彼女主演の『誰も守ってくれない』という映画が公開されたから、間違いない!今回の結婚、無職のファンの人も祝福してくれるかな?




  


Posted by 縛りやトーマス at 20:18Comments(0)日記

2018年09月12日

11年ぶり4度目の逮捕

 二度あることは三度ある、一度やったらやめられない!
 とは覚せい剤について言われることですが、よっぽどいいからやめられないんでしょうな。そんなにええんか?ええのんか?

三田佳子次男・高橋祐也容疑者、4度目覚醒剤逮捕 11年に「少しでも親孝行」も更生できず

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180911-OHT1T50302.html

 この度11年ぶり4度目の逮捕となった三田次男。こうなるとまともにやめられたのは唐十郎の劇団にいた時とリハビリセンターに居た時だけだろう。中毒患者は徹底的に薬物から隔離された生活送らなきゃダメよ!
 三田次男は二度目の逮捕の時に自宅地下室でグラドルと薬物乱交パーティーしていて話題になったけど、2004年に公開された映画『ドラッグストア・ガール』になぞらえてドラッグ(覚せい剤)ストア(地下室)ガール(グラドル)とその後も揶揄され続けてた。ちなみにこの映画はドラッグストアの社長役で三田佳子が出演していて脚本担当の宮藤官九郎の嫌がらせとも受け取れる凶悪なキャスティングにひっくり返ったものだ。

 三田次男も晴れてヤク中甲子園の優勝候補になったのでこれからも頑張ってくださいね(何を)。栄冠は君に輝く。


優勝候補:
岡崎聡子(7回+6回の逮捕歴)
清水健太郎(6回+脱法ハーブ1回)
田代まさし(4回+覗き1回)
高橋祐也(4回)←new!

強豪:
横浜銀蝿・翔(3回)
岡村靖幸(3回)
小向美奈子(3回)
赤坂晃(2回)
西川隆宏(2回)
倖田梨紗(2回)
麻生希(2回)

新鋭:
押尾学(1回)
酒井法子(1回)
いしだ壱成(1回)
ASKA(1回)
長渕剛(1回)
槇原敬之(1回))
高知東生(1回)
浜田文子(1回)
江夏豊(1回)
清原和博(1回)
野村貴仁(1回)
高部あい(1回)
中山史奈(トルエン)

  


Posted by 縛りやトーマス at 12:15Comments(0)ヤク中甲子園