2018年11月09日

一年ぶりに更新しても勘違いしている前田有一

 長らく更新が止まっていた自称映画批評家・前田有一の超映画批評が更新された。


https://movie.maeda-y.com/

 去年の9月以降更新されずにいたので約一年ぶりとなる。この間前田がやっていたことは映画批評以外のことばかりで映画批評家の肩書が詐欺に思えてくる。
 それでも更新を待ち望んでいる読者がそれなりにいて「更新しないのですか?」という問いかけに前田は返信している。



「リニューアルする」「パワーアップして帰ってくる」「ブログ化する」
 と華々しく復活を遂げると予告していたのだが、ふたを開けてみればそのまま更新しただけなのでリニューアルもパワーアップもブログ化もなかったのであった。
 一年も休んでいれば少しはまともなことも書いてくれるのかなと思ったが、そんなことはなかった。的外れの突っ込みとペラペラの分析、「俺はエライ、すごい」という勘違いした自画自賛のオンパレードで一年前と何も変わってなかった。

 特に『華氏119』の感想文では一体どこを見ていたらそんな感想が出てくるのか、という的外れな突っ込みだらけで些末なところに粘着的に絡み、マイケル・ムーアが何を言いたかったのかまるでわかってない。映画を観ればわかるが、マイケル・ムーアは様々な問題点を洗い出して、アメリカを覆う有権者の政治への失望感や無気力感を示して観客に絶望感を与えるが、最後には「それでも希望はまだ残されている」といっている。「今立ち上がらないとダメだ!」というムーアの主張に前田は「いまさら何をいっているんだ」とニヒリズムっぽい嘲笑を浴びせているだけ。無気力がだめなんだっていってるのに人を無気力にさせることばかり書いて、まさしく「まったくもってズレズレで、見ていてあきれ果てる」だ。前田は民主党が勝利を収めた中間選挙の結果を見てどう思うんだろうね?(もちろん前田のいうことなど大体わかってる。あれは民主党の完全な勝利じゃないだとか、それでも問題は何も解決していない、とか負け惜しみを言い出すのわかってる)

 前田がこんなことを書く一番の理由は、彼がよくやる勘違い「俺が一番モノを知っている。俺はスゴくてエライ」という根拠不明の自画自賛から文章を書きだすからだ。
 杉田水脈のLGBT発言問題の時も的外れなことを書きながら「俺最強」とのたまって「俺はこの問題をよくわかってるんだ」と言いたげでしたね。

生産性発言の根本的な問題がわかっていない前田有一
http://sthomas.otaden.jp/e443891.html

 一年も休んでいて、この欠点をまだ解消していないんだから、本当にダメダメですね。リニューアルもパワーアップもしていないのになんで更新再開したのかというと1億アクセスが間近なので終わらせるのが惜しくなったのでしょう。これまでは「8000万アクセスの人気サイト」という中途半端な紹介文しか書けなかったけど、1億までいけばカッコがつきますからねえ。ブログ化などはおそらく1億アクセスを達成したあとだと予想。1億になったところで勘違いはそのままだと思いますけど。

  


Posted by 縛りやトーマス at 18:13Comments(0)映画お前は何を言っているんだ