2018年12月08日

第三回公判

 先日12月7日はあの元アイドルの女優Aさん(裁判では本人感情に判断して匿名扱いしているのでうちもそれに倣います)のストーカー、大西容疑者の第3回公判。



今回は裁判長、検察による被告人質問。大西ヒデブ(ヲチ板で容疑者の外見が『北斗の拳』のハートっぽい、ということからつけられたニックネーム)が肉声で裁判長らに質問されて答えるのです。これまで二回の公判では一言も話すことができず、弁護士を通じてしゃべらせろアピールをしていたので、よほど溜まってるものがあるはず。あのブログやTwitterに書いている異常としか思えない主張を公の場に披露することになる、ウォッチャーたちの間でももっとも期待が高まった日。
 では、結果をご覧ください。

「今でも僕に好意を」元AKB・Aさんにストーカーの男
https://www.fnn.jp/posts/00407215CX
※記事では実名表記ですが、当ブログでは匿名表記とします

>東京地裁で行われた被告人質問で、大西被告は、「Aさんは、今でも僕に好意を抱いていると思います」と述べた。

また、根拠について、「あだ名をつけてもらったり、ほかのメンバーを紹介してくれた」と答えたうえで、「無罪が証明されたら、またイベントに行きたい」と述べた。



 裁判長による被告人質問ではストーカー警告書を受け取ったにも関わらず、Aさんが出演しているミュージカルの会場に訪れたのはなぜか、ということに「警告の内容に納得していない」、警告書の内容を守る上申書を提出したのに従わなかったことについては「納得していないが書いた」(これについてはウォッチャーたちが「納得していないのなら抵抗して書かなきゃいいのに」といわれてました)、上申書の撤回を申し入れればよかったのでは、という質問には「警察はそういうのは受け取らない」と。おかしい行動を取るくせに変なところで腰が引けるというか、物分かりのいい対応を取る大西ストーカー容疑者。

 検察による被告人質問では大西ストーカー容疑者の異常な執着心の根本である「Aさんは自分に好意を持っている」という相思相愛説について厳しい突っ込みが入れられました。検察からの「Aさんに好意を持たれているというが、本人から言われたことはあるか」の質問に「本人から言われたことはないが」

…ないんかい!!

 ではなぜAさんが好意を持っていると思うのか、の質問に対しては「おーにっちゃんというあだ名をつけてもらった」という従来の主張をするも、検察から「一ファンに対してやったことではないか」とバッサリ。ファンに対してやっていることであって、お前に特別な感情があるわけではないだろう、と。それが気に入らない大西ストーカー容疑者、「通常あり得ない」と反論。これも「あなたがそう思っているだけでしょう」と否定されると「あなたがどう思うと勝手だ」と半ギレにw

 彼のブログをずっと見ている人なら、笑いをこらえるのに必死だったでしょう。僕も笑いが止まりませんw
 この後も前回の公判でAさんが別室から映像と音声で証言したことにも「本人ではない。目元が違う」「一般的に考えてもそうだ」一般人から遠くかけ離れている容疑者にいわれても…w目元が違うってなんなの?
 このように大西ストーカー容疑者のいう根拠は常に「主観的」で、裁判や他人を説き伏せようと思ったら「客観的」な事実に基づいた話をしないとダメだよ、と何度もウォッチャーに言われてたのに…

 この公判のニュースについて元劇場支配人の戸賀崎氏がツイートしてました。

>ニュース見てたら、アイドルのストーカーで知ってる顔が出てきた。支配人部屋でも何度か話をしたけど、結局最後まで応援することの意味を勘違いしてしまったんだと思うと残念。好きに応援するのと、自分勝手に応援するのは全然意味が違うからね。
https://mobile.twitter.com/tgsk1115/status/1071182417346551808

 戸賀崎氏にまで苦言を呈されるぐらいだから、ある意味本望かもね。数あるAKBストーカー話題でもここまで時間をかけて笑わせてくれたのは、なかなかないよ。
 この裁判は年をまたいで1月8日に最終弁論。そこでも同様の主張をするだけだからその次に実刑判決でしょう。きっと見苦しく足掻いてくれるでしょう。最高のクライマックス、期待してるよ!

  
タグ :AKB48


Posted by 縛りやトーマス at 11:15Comments(0)日記AKB48