2019年07月31日

着ぐるみはつらいよ

 今年の関西は例年より15日遅い梅雨明けとなり、雨だらけでジメジメした日もようやく終わったと思ったらあっという間に最高気温35度。特に昨日はバイト中に倒れるかと思った・・・
 ホンマに夏の路上バイトはキツイ。先日は大阪の遊園地、ひらかたパークで着ぐるみショーのバイトの男性が熱中症で亡くなった。

着ぐるみダンス練習後、28歳が熱中症で死亡 ひらパー
https://www.asahi.com/articles/ASM7Y5W78M7YPTIL02L.html

 そりゃあ日中の着ぐるみはキツイよな、と思ったら練習時間は夜で、それで倒れるぐらいなんだからあの着ぐるみは相当熱いよ。ひらパーにはヒーローショーを見に行くのだけど、以前ウルトラマンショーでスーツが汗まみれになり、足元が水たまりになっているのを見てギョッとした。当然握手もじっとり濡れていて、ウルトラマンも汗をかくんだな、とか笑ってる場合ではない。途中でウルトラマンの一人は耐えかねて握手会を中座したのだ。その時は5月だった。
 ひらパーでは夏のショーは危険すぎてやらないのだけど、5月でこれなんだからそりゃあ夏は中止にするよね。今回は園のマスコットキャラだから夏だろうがなんだろうが出なくちゃいけないんだ。着ぐるみはつらいよ。


このキャラも大丈夫なのかしら  


Posted by 縛りやトーマス at 23:31Comments(0)日記ひらパー

2019年07月30日

落ちぶれたレジェンド

 湖川友謙といえば大御所アニメーターで、サンライズのザブングル、ダンバイン、イデオンなどのキャラデザで知られる人、筆者の世代では安彦良和と肩を並べるレジェンドだ。その湖川さんの名前を久しぶりにネットニュースで見た。よくない扱われ方で。

「メーテル」のイラストをヤフオクに無断出品 「銀河鉄道999」アニメーターの強欲ぶり
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/07300557/?all=1

 湖川さんは最近、ヤフオクで直筆のイラストを出品しているのだが、それがダンバインやイデオンといった代表作のキャラクターの絵や、なんとかつてアニメの作画監督をしていた『銀河鉄道999』のメーテルのイラストなのだ。
 その辺の権利ってどうなってるの?いくら自分がデザインしたキャラクターでも権利は会社にあるのでは?と思ってたらなんと無許可で出品していた(!)。
 よりによって松本零士という一番面倒そうな人のキャラクターをなんで使っちゃったの?話を聞いた松本先生は当然ご立腹で、すぐさま999に乗って現れたという(嘘)

 湖川さんは「メーテルで儲けようなんて思っていませんし、オークションなんて本当はやりたくないんですよ。でも、ファンの人にイラストが欲しいと言われて、サービスのつもりで描いている。値段はいくらでもいいんです」じゃあタダであげればいいのに(それでも法的には微妙だろうけど)。なんでオークションに出してるの?さらに松本零士先生のクレームに対しても「松本さんは漫画のメーテル、私はアニメのメーテルを描いている。アニメ用のイラストは線が細く、簡略化されています。私がデザインしたものを勝手に描いて何が悪いんですか」って、またややこしそうなことを言って・・・


 そもそも湖川さん、なんでこんなことやってるのかと。新潮の記事によるとこのヤフオクビジネスで荒稼ぎしている湖川さんは

>数年前までは飲み会の代金すら払えないこともあった湖川氏は、急に羽振りが良くなったのだという。

 らしい。お金がなくてついやっちゃったって感じかな。この飲み会の代金すら払えない、っていうのが、人間、お金がなくて一番しんみりしちゃうケースだよね。同情するわ。
 湖川さんの公認ファンクラブでは東日本大震災の支援チャリティーをやってるんだけど、人に支援してる場合じゃないよ!自分の食い扶持維持しないと!

 しかしかつてのレジェンドクラスの人がこんなセコイ商売に手を染めてるって悲しすぎるわ。絵で食っていくって大変なんだなあ。



ヤフオクに出してたイラスト。確かに松本先生の美麗なタッチとは違いますねえ。
  


Posted by 縛りやトーマス at 22:08Comments(1)アニメグッズ販売

2019年07月29日

2019年8月告知

8月予定

8月1日(木)
『カルトシネマの逆襲』
場所:アワーズルーム
開演:20:00
料金:1000円
出演:しばりやトーマス 竹内義和

スピンオフ企画、カルト映画の研究をしよう!第一回はIMDBで20年以上にわたって最低映画の地位にいた『魔の巣』


8月6日(火)
『旧シネマパラダイス』
場所:なんば紅鶴
開演:20:00
料金:1000 (1drink&1food付き)

1フード&1ドリンクでパブリック・ドメイン映画を愛でる回。今回はジョージ・A・ロメロ御大の3回忌企画、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』。家の外はゾンビでいっぱい!


8月10日(土)
『アイドル十戒放浪記 其の四』
場所:アワーズルーム
開場:18:30
料金:1500円(ドリンク別)

出演:竹内義和 しばりやトーマス

アイドルさえいなければそんなに悩まなかった人たちの話。今回も色んなアイドルのお話をします。


8月17日(土)
『僕の宗教へようこそ一二〇教義~夏休みの体験学習』
場所:なんば白鯨
開場:18:30
開演:19:00
料金:1,000円(1drink別)
出演:縛りやトーマス アシスタント・トモ

夏定番、釜ヶ崎夏祭りレポートなど体験学習の発表会。


8月22日(木)
『スーパーヒーロートーク@紅鶴 』
場所:なんば紅鶴
開場19:45
開演20:00
料金:1,500円(1drink込)
出演 :にしね・ザ・タイガー ソエジマ隊員 花鳥風月 緒形 縛りやトーマス

ひらパーのヒーローショーがお休みの間、他のところにいってきた特撮オタクたちの報告会。



8月28日(水)
『キネマサロン肥後橋』
場所:アワーズルーム
開場:19:00
開演:19:30
料金:500円(1drink別)
出演:縛りやトーマス

肥後橋でカルト映画を語る若人の会。真夏のど・カルト編第2回は首無し死体が夜歩く、『発狂する唇』(2000)!  


Posted by 縛りやトーマス at 22:06Comments(0)告知

2019年07月28日

帰ってきた?庵野ウルトラマン

 日刊大衆のWEB記事にて、庵野秀明監督がビッグプロジェクト『シン・ウルトラマン』に着手、年内にはクランクインという仰天情報が飛び込んできた!

庵野秀明『シン・ウルトラマン』発動!! 西島秀俊、斎藤工、長澤まさみ…超豪華キャスト!

https://taishu.jp/articles/-/67311?page=1

 ちょっとしたファンなら庵野がダイコンフィルム時代に『帰ってきたウルトラマン』を作って、ジャージ姿で帰りマンを演じたことは知ってるだろう。プロ顔負けの出来に当時のオタクもひっくり返ったもんだが、アニメよりも特撮に関して並々ならぬ思い入れのある庵野監督だけに、今の技術と予算、そして特撮オタクの思い入れによって作られたウルトラマンは期待するなと言われてもそりゃ無理でしょう!現在はあくまで子供向けとして作られ続けているウルトラシリーズだけど、ええ年した中年の鑑賞に堪えうるウルトラマンがついに見られるのか。

・・・とはいっても、これはあくまで大衆の飛ばし記事に過ぎないのであった。実は今年の3月にも日刊大衆は同様の記事を出していたのだ。

庵野秀明まさかの『シン・ウルトラマン』始動!『エヴァンゲリオン』最終作は先送り?
https://taishu.jp/articles/-/63863?page=1

 記事の内容はほぼ同じだが、出演予定とされている役者の名前が大きく違う。3月は岡田准一、土屋太鳳というメンツだが、最新の記事では西島秀俊、斎藤工、長澤まさみという名前になっている。
 この二つの記事のメンツを比較すると、岡田、土屋というのは実現性が低そう。岡田准一は確かにアクション、殺陣はできるが、仮面ライダーならともかく、ウルトラマン役者にアクションできる要素ってそんなにいらないし、数々の映画でコケ倒している土屋はビッグプロジェクトのメインを張る女優ではあるまい。だが、西島、斎藤、長澤というメンツはより実現性が高そうではないか。西島、斎藤なら女性客がついてるし、長澤を使えば当然興行は東宝系になるので日本でもっとも興行に強い東宝系でかけられるから、それこそ『シン・ゴジラ』なみのヒットが望める。

 と、色々想像しちゃうけど、大衆の記事自体は円谷が微妙な態度を取っているんだよな。

庵野秀明監督で「シン・ウルトラマン」製作の噂広がる 円谷プロ「当社が発表したものではない」
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0306/blnews_190306_1680770018.html

>庵野秀明監督による「シン・ウルトラマン」について、円谷プロダクションに確認したところ、「当社が発表したものではない」との回答。確認なく書かれた記事だとして、「当社としては特にお話することはありません」とコメントした。

 これ、決して否定しているわけではないところがポイント。予定がないのなら「まったくのデタラメ」と書けばいいものを「特にお話しすることはない」という言い方なの。
 こんな風に言われたら制作する予定はあるけれど、発表の時期ではないというだけなのかな?とか、名前が出ているような役者が出演するわけではないからコメントできないのか、などと勘ぐってしまう。やっぱりやるんじゃない!?

 ダイコンフィルムの帰りマンを見たら、どうしても期待せざるを得ないので、まったくのデマではないと思いたい!それにクラシック・ウルトラマンが海外展開できない今では、海外で売れるウルトラマンは円谷にとっても貴重だもんね!真偽はいかに!?


シン・ウルトラマン役はもちろん庵野監督本人だ(希望

  


Posted by 縛りやトーマス at 17:56Comments(0)映画特撮・ヒーロー

2019年07月25日

引退宣言

 スレンダー系くびれグラドルの川崎あやちゃんが、グラドル引退を発表。


https://twitter.com/kawasaki__aya/status/1154043588025577475




 文面にもある通り、川崎あやちゃんはグラドル界では非常に珍しくグラドルだけをやっているタレントで、バラエティなんかでもあまり見かけない。グラドルとして売れたら普通はドラマ、映画といった演技の世界に進出するものだけど、彼女は頑なにグラドルだけを目指していて、声明文でもはっきりと「演技やタレント活動といった選択肢は出てこなかった」といってるもんね。なんと清々しいことか。本田翼みたいにCMタレントだけやっとけば何も言われなかったろうに、映画『少女』や新海誠のアニメに出てしまったがために「ドヘタ」「大根」と言われることになる娘もいるというのに・・・

 彼女がグラドルとしても天寿を全うする2020年3月まで、全力で応援していきたいと思います!




  


Posted by 縛りやトーマス at 18:35Comments(0)アイドル

2019年07月24日

「水着やらない」真相

 女優・小倉優香さんが2nd写真集を遂に発売。今回で「(雑誌の)水着はもうやらない」宣言しており、ファンの間では新た路線を祝福しつつ、悲しみの涙を流している人々もいるのですが、「水着やらない」発言の真相が明らかに。





 購入したファンの感想が漏れ伝わっているのですが、写真集の一部をアップした御仁によると



 ケツ出してますやん。なるほど、これが「水着をやらない」ということだったのか!!だったら早くそういって(違

 写真集『じゃじゃ馬』は好評発売中!


  


Posted by 縛りやトーマス at 06:52Comments(0)アイドル

2019年07月22日

これで勝ったと思うなよ~!



 2019夏アニメがスタート。ノーマークだった『女子高生の無駄づかい』の意外な面白さに胃を鷲掴みにされてます。カレーが食べたくなるBGM!
 原作ファンだったので一番の注目だった『まちカドまぞく』は予想通り、いや予想を上回る出来だったのでまだ見てない人におすすめです!

https://www.tbs.co.jp/anime/machikado/

 コレ、地上波はTBSとBS-TBSの2局しかネットしてないの!ローカルにもほどがある。MBSはスーパーアニメイズム枠として深夜のアニメ放送枠を拡大したくせに、なぜ『まちカドまぞく』を放送しないんだ・・・ネット配信枠があるからなんとか見られてるけど、ホンマどうにかしてほしい。

『まちカドまぞく』はまどマギ以降隆盛となった魔法少女モノジャンルで、目覚めると角が生えて闇の一族として目覚めた女子高生・吉田優子(魔属名・シャドウミストレス優子、通称シャミ子)が何千年にもわたって一族にかけられた呪いを解くために街にいる魔法少女を倒そうと奮闘する物語。魔法少女ではなく悪役である魔族側が主人公というところが他とは違うところ。
 しかし吉田優子という名前が示す通り、ごく普通の女の子であるシャミ子は超・激弱にして温厚な性格の上、ツイてないポンコツっぷりのため、戦いに向いていない。街ですっころんだところを8トンダンプに挽かれそうになるが、通りすがりの魔法少女・千代田桃に助けられた上、菓子パンの施しまで受けてしまう。

「これで勝ったと思うなよ~!」

 負け惜しみをしてその場は逃亡。桃色魔法少女が同じ学校の同級生であることを知ったシャミ子はなんとかして呪いを解くべく桃の生き血を奪おうとするが、身長も腕力も圧倒的な差があるため、サッカーの試合で1-7ぐらいの惨敗になるか、なぜか戦いを避けたがる桃に勧められるがままに筋トレを押し付けられたりするのだった。

 壮大なスケールを想像させる物語なのに、行われてることはご近所規模の魔法大戦という箱庭程度観に、登場人物たちの独特な言い回しととぼけすぎなテンションが不可思議な世界を生み出している。
 原作漫画でも4コマ漫画とは思えないちっちゃい絵で異常な書き込みがあり、真っ白背景にシンプルな日常会話劇が主流のきらら系のトレンドと比較しても異質な漫画!


キルミーベイベーの監督によるデフォルメのきっついED絵も異質です。キルミー2期はまだですか?

 もう魔法少女ものはこりごりやで~というあなたも見た方がいい!5巻も出てる上に1クール放送なので原作のネタは使い切れないから2期の行方も想像しながら安心して漫画も読めるぞ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 00:33Comments(0)アニメ漫画

2019年07月18日

そりゃあ甘口カレーが嫌いなやつはいねぇよ『Diner ダイナー』



 世界の連続殺人鬼についてのノンフィクション本『異常快楽殺人』や、ホラー(?)小説『メルキオールの惨劇』などで知られる平山夢明の小説の映像化。元殺し屋のシェフが切り盛りするダイナーは殺し屋専門店。狂った殺し屋だらけの店で働くことになったごく普通のウェイトレスは無事生き残ることができるか!?

 夢も希望もない人生を送っていた普通の女、オオバカナコ(玉城ティナ)は「日給30万円」という怪しげなバイトに手を出すと、それは二人組の銀行強盗を逃がすゲットアウトドライバーの仕事で、カナコはカウボーイ(斎藤工)とディーディー(佐藤江梨子)を逃がそうとするも失敗、悪党どもに捕まって拷問。カナコは「わたしが料理ができます!」と唯一の取柄があることを伝えて命乞い。殺し屋専門のダイナーを切り盛りする元殺し屋のシェフ、ボンベロ(藤原竜也)に売られることに。

 この藤原竜也の演技がいつも以上にひどく

「俺はー、ここのー、王だ!」
「砂糖の一粒までもが俺に従う!」


 とカイジの「キンッキンに冷えてやがる!」とまったく同じノリの演技で見ていられない。でも彼が主役なのでこの映画はすべて彼がリードするのです。

「この店はー、皿の置き方ひとつで、殺されることもある!」

 という凶悪な店で、壁にはすでに殺された8人のウェイトレスの写真が飾ってある。トイレ掃除ひとつまともにできないカナコは9人目いりするのは間違いない、がボンベロの目を盗んで金庫のダイヤルを開け、中にしまってある1億円以上するディーヴァ・ウォッカを自分しかわからない場所に隠してしまう。ちなみにダイヤルの番号は5648、殺し屋!(こんな番号、誰でもわかるわ!)
 カナコはディーヴァ・ウォッカを人質ならぬ酒質にして自分を無事解放した時に隠し場所を教えるといい、とりあえず身の安全を図ることに成功。ボンベロはカナコを忌々しく思いながらも彼女を殺すわけにはいかなくなるのだった。

 店には入れ代わり立ち代わり色んな客(殺し屋)がやってきて、一騒動起こす。「砂糖の一粒までもが俺に従う!」とか言ってたけど殺し屋たちはボンベロのいうことなんか無視して騒いだり、殺しあったりする。殺しあうとはいっても、血の代わりに羽毛が飛び散る程度の描写なので、予告編などから相当にトチ狂った世界観を見せてくれるんだろうなーと期待した観客の気持ちを見事なまでにスルーしてくれる。殺し屋たちはいずれも無意味に「キャハハ」と笑って騒いで暴れまわる。なぜ笑うのか?そこには何の意味もなく、ただ「狂っているから」ぐらいの答えしかないのだろう。

 所詮、監督の蜷川実花の考える狂気の解釈がそれぐらいなのだろう。なにしろレイティング「G」だもんな!

 中盤からボンベロとカナコは心を許しあうようになる。カナコは小さいころに母親が姉を連れて家を出て行ってしまい、「自分は何の価値もないから捨てられた」と思いいつもひとりぼっち。この世に自分の居場所などないと思い込んでいるカナコは初めて自分を必要としてくれるダイナーを見つけることになるのだが、ボンベロが所属する組織の跡目争いに巻き込まれ命を狙われる。しかしボンベロが身を挺してカナコを助けだす。

「この世には、お前を必要としてくれるやつがきっといる!」

 カナコはうまく逃げられたら飲食店を開くから、そこで待ってると。うわっ、こんなしょっぱいラブロマンス劇になるとは・・・

 原作のカナコはどうしようもないクズ女で、できちゃった婚で生まれた子供を放って男遊びにふけったり、挙句その子供を自分のせいで死なせてしまったりする、読者がどうしたって共感できないキャラクターにされてるのに、映画では観客が共感して応援できる人物にされてしまい、その時点で蜷川実花のセンスのなさがねぇ・・・見ていられない。

 平山夢明の『異常快楽殺人』を読んだときは、本当に狂った殺人鬼の詳細なルポに胸糞悪くなるほどの嫌悪感を覚えたけど、何度も読んでしまうんだよなあ。本当にイカれた人間のすることになぜか心惹かれてしまうのだ。そんな風に思わせてしまう平山夢明の筆致のせいもあるのだろうが、やりすぎ、書きすぎにまで到達した表現には万人に受け入れられようとしたソフトな作品にはない、本物の中毒性がある。

 それを口当たりのよいまろやかな甘口カレーレベルに貶めた(そりゃあ甘口カレーが嫌いなやつはいねぇよ!ってわけでヒットはしているそうだが)蜷川実花は極刑に値する。
 もっと病みつきになるレベルの、ブラックカレーが食いたいんだよ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 13:12Comments(0)映画食べ物

2019年07月18日

実写化も東京オリンピックも中止だ中止

 ハリウッドで実写映画化が予定されていた『AKIRA』の製作が中止に。


『AKIRA』実写映画が無期限休止 急転直下の展開にファン衝撃

https://kai-you.net/article/66025

 レオナルド・ディカプリオがプロデュースし、ニュージーランド出身の映画監督、役者でもあるタイカ・ワイティティが監督する予定のハリウッド版『AKIRA』は2021年に公開するという時期まで発表して(それが今年5月のこと)、制作がスタートしていたはずだが、ワイティティ監督が『マイティ・ソー』シリーズの新作の監督に決まったため、撮影時期がかぶる『AKIRA』は無期限の休止ということに。

 企画自体が消滅したわけではないのが救いだが、『AKIRA』実写は噂に上っては消え、ハリウッド版に関しても何度となく企画が上がっては実現しない、の繰り返しだったので、公開時期まで発表されていた今回の企画には一部で期待が寄せられていたのだけど・・・

 そもそも「アメリカの支配なんかいらねぇ、ここは俺たちの国だ!」と戦後アメリカの支配にNo!を突き付ける原作漫画(アニメ版はともかく)をハリウッドで映像化するのは難しいのでは?どうせアメリカ人が主演するんだし。

 いっそのこと作品内の東京オリンピック(2020年に開催する!)のように中止だ中止!粉砕!




  


Posted by 縛りやトーマス at 00:07Comments(0)映画アニメ漫画ハリウッド・スキャンダル

2019年07月16日

ひもて七夕

 誰かが結婚した時には必ず話題に上がる明坂聡美さんのツイッターが久々にブレイク。また誰か結婚したのか?と思いきや・・・


明坂 聡美(あけさか さとみ)
‏@akekodao
7月7日

あ。七夕はこんなお祈りでした。

https://twitter.com/akekodao/status/1147919906362413059



 老後2000万より年収2000万円でありたい!
 学生時代のお年玉を定額預金にするぐらい実直な明坂聡美さんだけに、どうせもらえないお金なら、今よこせと。どうせやってこない結 婚相手なら、金にしてくれ!という意味にとれなくもないですね!(曲解にもほどがある)

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:32Comments(0)声優お前は何を言っているんだ