2019年07月18日

そりゃあ甘口カレーが嫌いなやつはいねぇよ『Diner ダイナー』



 世界の連続殺人鬼についてのノンフィクション本『異常快楽殺人』や、ホラー(?)小説『メルキオールの惨劇』などで知られる平山夢明の小説の映像化。元殺し屋のシェフが切り盛りするダイナーは殺し屋専門店。狂った殺し屋だらけの店で働くことになったごく普通のウェイトレスは無事生き残ることができるか!?

 夢も希望もない人生を送っていた普通の女、オオバカナコ(玉城ティナ)は「日給30万円」という怪しげなバイトに手を出すと、それは二人組の銀行強盗を逃がすゲットアウトドライバーの仕事で、カナコはカウボーイ(斎藤工)とディーディー(佐藤江梨子)を逃がそうとするも失敗、悪党どもに捕まって拷問。カナコは「わたしが料理ができます!」と唯一の取柄があることを伝えて命乞い。殺し屋専門のダイナーを切り盛りする元殺し屋のシェフ、ボンベロ(藤原竜也)に売られることに。

 この藤原竜也の演技がいつも以上にひどく

「俺はー、ここのー、王だ!」
「砂糖の一粒までもが俺に従う!」


 とカイジの「キンッキンに冷えてやがる!」とまったく同じノリの演技で見ていられない。でも彼が主役なのでこの映画はすべて彼がリードするのです。

「この店はー、皿の置き方ひとつで、殺されることもある!」

 という凶悪な店で、壁にはすでに殺された8人のウェイトレスの写真が飾ってある。トイレ掃除ひとつまともにできないカナコは9人目いりするのは間違いない、がボンベロの目を盗んで金庫のダイヤルを開け、中にしまってある1億円以上するディーヴァ・ウォッカを自分しかわからない場所に隠してしまう。ちなみにダイヤルの番号は5648、殺し屋!(こんな番号、誰でもわかるわ!)
 カナコはディーヴァ・ウォッカを人質ならぬ酒質にして自分を無事解放した時に隠し場所を教えるといい、とりあえず身の安全を図ることに成功。ボンベロはカナコを忌々しく思いながらも彼女を殺すわけにはいかなくなるのだった。

 店には入れ代わり立ち代わり色んな客(殺し屋)がやってきて、一騒動起こす。「砂糖の一粒までもが俺に従う!」とか言ってたけど殺し屋たちはボンベロのいうことなんか無視して騒いだり、殺しあったりする。殺しあうとはいっても、血の代わりに羽毛が飛び散る程度の描写なので、予告編などから相当にトチ狂った世界観を見せてくれるんだろうなーと期待した観客の気持ちを見事なまでにスルーしてくれる。殺し屋たちはいずれも無意味に「キャハハ」と笑って騒いで暴れまわる。なぜ笑うのか?そこには何の意味もなく、ただ「狂っているから」ぐらいの答えしかないのだろう。

 所詮、監督の蜷川実花の考える狂気の解釈がそれぐらいなのだろう。なにしろレイティング「G」だもんな!

 中盤からボンベロとカナコは心を許しあうようになる。カナコは小さいころに母親が姉を連れて家を出て行ってしまい、「自分は何の価値もないから捨てられた」と思いいつもひとりぼっち。この世に自分の居場所などないと思い込んでいるカナコは初めて自分を必要としてくれるダイナーを見つけることになるのだが、ボンベロが所属する組織の跡目争いに巻き込まれ命を狙われる。しかしボンベロが身を挺してカナコを助けだす。

「この世には、お前を必要としてくれるやつがきっといる!」

 カナコはうまく逃げられたら飲食店を開くから、そこで待ってると。うわっ、こんなしょっぱいラブロマンス劇になるとは・・・

 原作のカナコはどうしようもないクズ女で、できちゃった婚で生まれた子供を放って男遊びにふけったり、挙句その子供を自分のせいで死なせてしまったりする、読者がどうしたって共感できないキャラクターにされてるのに、映画では観客が共感して応援できる人物にされてしまい、その時点で蜷川実花のセンスのなさがねぇ・・・見ていられない。

 平山夢明の『異常快楽殺人』を読んだときは、本当に狂った殺人鬼の詳細なルポに胸糞悪くなるほどの嫌悪感を覚えたけど、何度も読んでしまうんだよなあ。本当にイカれた人間のすることになぜか心惹かれてしまうのだ。そんな風に思わせてしまう平山夢明の筆致のせいもあるのだろうが、やりすぎ、書きすぎにまで到達した表現には万人に受け入れられようとしたソフトな作品にはない、本物の中毒性がある。

 それを口当たりのよいまろやかな甘口カレーレベルに貶めた(そりゃあ甘口カレーが嫌いなやつはいねぇよ!ってわけでヒットはしているそうだが)蜷川実花は極刑に値する。
 もっと病みつきになるレベルの、ブラックカレーが食いたいんだよ!

  


Posted by 縛りやトーマス at 13:12Comments(0)映画食べ物

2019年07月18日

実写化も東京オリンピックも中止だ中止

 ハリウッドで実写映画化が予定されていた『AKIRA』の製作が中止に。


『AKIRA』実写映画が無期限休止 急転直下の展開にファン衝撃

https://kai-you.net/article/66025

 レオナルド・ディカプリオがプロデュースし、ニュージーランド出身の映画監督、役者でもあるタイカ・ワイティティが監督する予定のハリウッド版『AKIRA』は2021年に公開するという時期まで発表して(それが今年5月のこと)、制作がスタートしていたはずだが、ワイティティ監督が『マイティ・ソー』シリーズの新作の監督に決まったため、撮影時期がかぶる『AKIRA』は無期限の休止ということに。

 企画自体が消滅したわけではないのが救いだが、『AKIRA』実写は噂に上っては消え、ハリウッド版に関しても何度となく企画が上がっては実現しない、の繰り返しだったので、公開時期まで発表されていた今回の企画には一部で期待が寄せられていたのだけど・・・

 そもそも「アメリカの支配なんかいらねぇ、ここは俺たちの国だ!」と戦後アメリカの支配にNo!を突き付ける原作漫画(アニメ版はともかく)をハリウッドで映像化するのは難しいのでは?どうせアメリカ人が主演するんだし。

 いっそのこと作品内の東京オリンピック(2020年に開催する!)のように中止だ中止!粉砕!




  


Posted by 縛りやトーマス at 00:07Comments(0)映画アニメ漫画ハリウッド・スキャンダル

2019年07月16日

ひもて七夕

 誰かが結婚した時には必ず話題に上がる明坂聡美さんのツイッターが久々にブレイク。また誰か結婚したのか?と思いきや・・・


明坂 聡美(あけさか さとみ)
‏@akekodao
7月7日

あ。七夕はこんなお祈りでした。

https://twitter.com/akekodao/status/1147919906362413059



 老後2000万より年収2000万円でありたい!
 学生時代のお年玉を定額預金にするぐらい実直な明坂聡美さんだけに、どうせもらえないお金なら、今よこせと。どうせやってこない結 婚相手なら、金にしてくれ!という意味にとれなくもないですね!(曲解にもほどがある)

  


Posted by 縛りやトーマス at 21:32Comments(0)声優お前は何を言っているんだ

2019年07月15日

水着は終わり!?

 近日2ND写真集が発売されるグラドル女優の小倉優香ちゃんが現在のスケジュール分を終えたら週刊誌、漫画誌での水着は終わりにするとのこと。


小倉優香
‏@ogurayuka_0905

今スケジュール入ってる撮影を終えたら
告知をのぞいて
週刊誌、漫画誌での水着は終わりにします!


https://twitter.com/ogurayuka_0905/status/1149536624021086208


 麻雀漫画の実写化『咲-saki-』や、アクション映画『レッドブレイド』の主演などを経て、本格的にアクション映画方面に進出するとの噂もある彼女だけに、グラビア卒業は少し早すぎるかもしれませんが、仕方がないことなのかも。

 この宣言に水着活動の終了を惜しみつつも、女優業進出に多くのファンがエールを送っているようですが、みんな!気が早すぎる!彼女は「週刊誌、漫画誌での水着は終わりにします!」と言っているだけで、水着グラビアを終了するとは言ってないじゃないか!もしくは水着はしないが、下着のグラビアはする、という意味かもしれないし、電子書籍といったデジタル写真集では水着続行かもしれないよ?
 とりあえず天井から吊り下げたロープを解くんだ。




これはもったいない

  


Posted by 縛りやトーマス at 14:57Comments(0)アイドル

2019年07月14日

カレーのせいでネタバレしたー!

 YouTubeの東映オフィシャルチャンネルで、新元号の令和になってから初の仮面ライダーシリーズの新作に関する記者会見が7月17日に行われると発表。



 平成から令和にバトンタッチするシリーズを盛り上げようという万全の態勢を整えたはずが、仮面ライダーやプリキュア、ドラえもんにアイカツ!といったキャラクターのレトルトカレーやふりかけなどを出している丸美屋の仮面ライダープチパックカレーの新作パッケージが卸売業者のタジマヤのサイトにアップされてしまい、東映よりも先にネタバレしてしまうという珍事が発生。

仮面ライダー新作が「カレーでネタバレ」 食品メーカー「情報管理の徹底を再度厳しく」
https://www.j-cast.com/2019/07/12362560.html


あえてモザイクかけときました

 よもや、カレーでネタバレしてしまうとは、キレンジャーでも気づくめえ!おいどんのせいで、ネタバレしたー!


  


Posted by 縛りやトーマス at 15:21Comments(0)特撮・ヒーロー食べ物

2019年07月11日

あいまいみー全力通常運転回

 生まれてくるのが早過ぎた4コマ漫画こと『あいまいみー』は毎回どうかしてる内容で読者の心をざわつかせてくれるのですが、今回のテーマは安楽死



 麻衣ちゃんから年金支給が無くなった代わりに消費税が35%にアップ、安楽死制度がスタートすると聞かされたミイがショックで赤ん坊に。ひどすぎるじゃねーかと憤慨するミイ。しかし「でも合理的」と相変わらず少々のことでは動じない麻衣。

「私たち学生は親に高いお金出してもらって塾行ったり習い事したり、約10年かけて社会に出る。でもその10数年の努力に応えられる企業がこの社会にあると思う?」
「終身雇用が無くなり企業の儲けは還元されずあるのは悲しい未来・・・それならいっそ」


 と迷いのない目で語りかけてくる麻衣にすっかり乗せられ、そんな『ソイレント・グリーン』みたいなディストピアが待つぐらいなら、とミイは安楽死を選択

 コンビニで安楽死の受付を済ませると、どうやら日本で最初の安楽死ということで大勢の観客の前で花火まで打ち上げることに。さああとは華々しく散るだけやで!となるが、死ぬ前に始めたケバブ屋にやってきた愛ちゃんに「来週公園に鴨のスケッチをしに行こう」と誘われる。しかしその日は安楽死当日!涙ながらに愛との約束を都合が悪いからとナシにする。

 そんなミイの苦悩を知ってか知らずか(多分興味がない)、麻衣ちゃんは電気椅子で安楽死したミイの指を乾電池代わりにテレビのリモコンが動くか試してみたいと無邪気に笑うのだった(ヤバすぎだろ・・・いつものことだけど)


 そして安楽死当日。観客の「押せ!」「死ね!」コールを前に安楽死スイッチを押すのに躊躇するミイ。麻衣は止めもせず

「人の期待に応えないとか、もしかしてアドラー心理学信者なのかなあ!?」

 と煽りまくる!ちなみにアドラー心理学とは、「トラウマがあって〇〇が苦手なんだよなぁ~」という人はトラウマがあるのではなく、苦手で、否定したい、という言い訳をするためにトラウマを利用しているに過ぎない、という考えのこと(それだけではない)です。『バーナード嬢曰く。』で言ってたから間違いない。

 寸前に止めにやってくる愛ちゃん、さっさとボタンを押させて眼鏡花火を打ち上げさせようとする麻衣の果てしない死闘(嘘)の果てに待つ衝撃のクライマックスは!?

 まあ、いつもの頭のイカれた展開で、通常運転回です。しかし「年金制度」「消費税アップ」「安楽死」といった文言に反応したアベノミクス信者みたいな人たちが安倍政権を批判されてるとでも思ったのか、作者のちょぼらうにょぽみ先生に脅迫じみたクソリプを送ってさらされてました。




 自分は頭のイカれた狂人とでも思ってるのでしょうか。残念ですが、にょぽみ先生の『あいまいみー』は『ポプテピピック』が出てくるまでは竹書房で唯一のイカれた漫画で、作者が一番の狂った創作者なので、この程度では勝てません。あなたは凡人に過ぎません。凡人は異能の人間のやることを遠くから眺めていればよいのです。生きよう!


  


Posted by 縛りやトーマス at 22:33Comments(0)漫画ネット

2019年07月10日

ジャニーさんついに

 今年6月ごろに緊急入院の報道があったジャニー喜多川が亡くなった。


この情報化時代に本人の画像、動画が極端に少ないジャニー喜多川


「最愛の子供達の愛に包まれながら」ジャニー喜多川さんが死去、事務所が発表【全文】

https://abematimes.com/posts/7009932

 各局報道では日本のエンターテイメント業界にジャニー氏が残した功績の数々があらん限りの美辞麗句とともに語られ、散々噂として言われてきた彼のセクシャルハラスメント疑惑などは一切出てきていません。死体に鞭打つのはよくないとするきわめて日本的な考えがそうさせているのでしょうが、なんか腑に落ちない。
 そもそも、ジャニーズ事務所の公式のコメントですら、そういうのを匂わせているのに・・・

>病院のご協力もあり、ジャニーは、自身にとって子供のような存在でございますタレントやJr.との面会を果たすことができました。ジャニーがタレント達と過ごした病院での日々は、かけがえのない時問となりました

>新旧、様々な楽曲の流れる病室におきまして、年長のタレントからJr.までが同じ空問でジャニーとの思い出を語り合う、微笑ましく、和やかな時間が流れていきました。

>片時もジャニーが寂しい思いをしないよう、仕事の合間を縫ってタレント達は入れ替わり立ち替わり病室を訪れました。

>ときに危険な状態に陥ることもございましたが、タレント達が呼びかけ、体を摩るたびに危機を脱することができました。タレント達と過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事を繰り返し目の当たりにし、改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供達との絆の強さを感じました。


 タレントたちが体を摩る度に危機を脱することができたって・・・ねぇ、それって体のどこを摩ってたの?これが美談のように語られるって結構危機な感じのする報道だと思う。

 ジャニーズのタレントたちがジャニーさんのSexy Zoneあたりのjrテゴマスしていると、亀と山Pが一時的に回復して、Hey!Say!JUMPしたというわけですね。

 こういった下品なギャグも二度とできないので残念。惜しい人を亡くしました。

「新旧、様々な楽曲の流れる病室」とありますが、ブルドッグとか、スシ食いねェ!とか怪鳥人間バットマンとかも流れたんでしょうか。



  


Posted by 縛りやトーマス at 20:36Comments(0)アイドル

2019年07月10日

ひっさつわざをふるって逮捕

 元TALIZMANのボーカルでアニソン、特ソン界で活躍し、最近はライブ活動を再開していた木村昇ことハーリー木村さんが暴力事件で逮捕。

「ルパン三世」歌手逮捕 知人男性に暴行容疑、ウルトラマンも 宮城県警
https://www.sankei.com/affairs/news/190709/afr1907090017-n1.html

 この見出しだとまるでウルトラマンも暴力をふるって逮捕されたように受け取れるが、なんでこんな見出しになったのかというと、警察(もしくはマスコミ)がハーリー木村のことをよくわかってなかったのか、本名に、韓国籍の実名まで書かれて

>容疑者は「自分はシンガー・ソングライターで『木村昇』の名で『ルパン三世』や『ウルトラマン80』の主題歌を歌っていた」と供述しているという。


 とまるで「などと供述しており」系の書かれ方されてるの、悲しすぎ。オタクに言わせるとハーリー木村といえば『テクノボイジャー』、『未来警察ウラシマン』だろ、とかうるさいけど、世間に通じるタイトルが『ルパン三世』の「LOVE IS EVERYTHING」か、『ウルトラマン80』なんだから、この見出しになったといえる。この担当記者がもしオタクだったならば、

「『はだしのゲン』の歌手逮捕」

 とか、

「『宇宙刑事ギャバン』挿入歌「青い地球は母の星」でおなじみの歌手逮捕」

 などという一般人がきょとんとする見出しになっていたところだ。いやあぶないあぶない。


「ウルトラマン80の歌手が暴力」と聞いて思い浮かべた漫画

  


Posted by 縛りやトーマス at 02:20Comments(0)日記特撮・ヒーロー音楽

2019年07月09日

母の遺品のライダーベルト

 ある特撮作品で有名な役者さんが亡くなられたとき、通夜にやってきて「生前、譲ると約束した」といってその役者さんが撮影で使っていたマスクや衣装を形見分けとしてもっていた某役者の話は今思い出しても「ひどい」と思う。
 すると今回は、盗品のグッズを「母の遺品整理」と称して持ってきた男がいた。

「母の遺品の仮面ライダーグッズ」買い取り依頼 実は転売目的の万引品
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201907/0012495070.shtml

 直前に万引きした品を持ち込み、しかも二日続けて同じ店に来るって、考え足りなさすぎ。もっとうまくやれ!

 思うにこれがすぐにバレたのは、仮面ライダーのグッズを「母の遺品」として持ってきたからだろう。「父の遺品」なら怪しまれなかったのに・・・いや、女性だってライダーグッズを集める人はいるし。
 最近では「女子の特撮オタクは泣かせろ!」とか言ってるバカがいて、特撮系俳優の方々からフルボッコにされてたけど、この犯人も怒りのあまり「女性だってライダーグッズを集めていいんだ!」と取り調べで絶叫したかもしれない。そう考えるとこいつ根はいいヤツかもしれない。考えの足りない万引き犯だけど。


画像はTwitterの「特撮オタクの部屋が見たい」タグで見つけてきたので事件とは関係ありません

  


Posted by 縛りやトーマス at 10:07Comments(0)特撮・ヒーローオタクおもちゃ

2019年07月08日

お祈りに意味はあるか『僕はイエス様が嫌い』



 この映画の監督、奥山大史はなんと22歳だという。22歳の人間が撮ったとは思えないような内容だし、熟練のベテランじみた演出で唸らされる。

 小学生の由来(佐藤結良)は東京から雪がつもる地方の学校へ転入してくる。その学校はミッション系で、毎日礼拝を欠かさず、ひとりひとりが自分だけの聖書を持っていて、賛美歌を普通に歌えるほかの生徒たちをなんだか「気持ち悪い」と思ってしまう由来には中々友達ができない。ある日、礼拝堂でひとり信じてもいないイエス様に「どうか僕に友達ができますように」とお祈りする由来の前には小さな小さなイエス様(チャド・マレーン)が現れる。
 イエス様は浮かび上がって消えてしまう。礼拝堂から外へ出た由来は小屋から逃げた鶏を追いかけるクラスメートの和馬くん(大熊理樹)を見つけ、鶏を一緒に捕まえる。サッカーは好きかと聞かれた由来は和馬くんとサッカーを通じて友達になる。転校してから元気のなさそうだった由来は食卓で和馬くんの話をするのを見た両親やおばあちゃんは顔をほころばせる。
 それからというもの、祈りを捧げる由来の前に度々イエス様は現れるようになり、ほんのささいな願い事をかなえてくれるように(本当に、ものすごく小さなことだけかなえてくれる)。


 チャド・マレーンがイエス様という配役は意外すぎるように思えたが、画面の中で小さなイエス様がちょこちょこ動き回って、由来がトントン相撲させたり(なにさせてんの)するのを見て、ほっこりした笑いが漏れてしまい、もうチャド・マレーンはどうしたってイエス様にしか見えなくなる。由来や和馬くんをはじめとする小学生たちの演技がなんとも可愛らしいのだ。奥山監督はシーンのシチュエーションだけを与えてセリフはアドリブをさせたといい、それぞれの場面にはごく普通の子供が映っているだけなのに、計算しつくされた匂いがするが、隅々まで演出でガチガチに縛っていたらあんな場面にはならないだろう。日常を描いた家族の食卓の場面も素晴らしく(今の家庭はどうか知らないが、かつての家族の日常は食卓からはじまる)、その日常にイエス様という異分子が紛れ込む演出も若手とは思えない。和馬くんのお母さん役の佐伯日菜子の「優しくて綺麗なお母さん」演技も、彼女が色んな経験を経て「お母さん役」を演じているのを見ると・・・涙がこぼれちゃう。


 イエス様のことを信じ始める由来だったが、ある出来事をきっかけにイエス様を疑いはじめる。どんなに祈ってもイエス様は現れないからだ。ようやくあらわれたイエス様を由来は叩き潰してしまう。


 クリスマスのプレゼントを強請る子供だってやがては「サンタなんかいない」という現実を知って大人になる。だが何かのために一心に祈った子供のころの体験が現実であるように、クライマックスはどこまでも浮かび上がっていく俯瞰の映像。イエス様は確かにいたんだ!
 改めてこれを22歳の日本人が監督していることが驚き。


  


Posted by 縛りやトーマス at 15:34Comments(0)映画