2020年03月01日

映画も中止だコロナウィルス

 ちっとも収束する気配のないコロナウィルス問題。国の歴史上もっとも無能で醜悪な安倍政権のどうしようもなさによってライブ、コンサート、舞台、演劇などのイベントが中止に追い込まれている。「要請」にすぎないにも関わらずいつもの忖度によって大小を問わず不特定多数の人間が集まるイベントは中止だ。単なる「要請」なんだから無視して血行すればいいのにね。第一、東京マラソンは開催を決行したのだから。

東京マラソンが開催されるも沿道に普通に観客が集まって物議!「卒業式がダメでこれは違和感」「これは大規模イベントじゃないの?」
https://news.nicovideo.jp/watch/nw6723368

 何をもって中止にするのかの基準もないのだから・・・大体不特定多数の人間が集まるのがダメなら通勤電車も中止にしてほしい。

 そんな中、唯一中止とされない娯楽のひとつが映画だ。新作映画の舞台挨拶などは中止になっているが、映画上映そのものは中止になっていない。が、公開目前の新作映画の公開延期が決まった。

『ドラえもん』『しまじろう』映画も公開延期続々 新型コロナウイルスの政府方針受け
https://mainichi.jp/articles/20200227/orc/00m/200/065000c

 政府の方針は「子供の感染は防ぎたい」ということなのがわかった。それじゃあプリキュアだってダメじゃないか!・・・が、現時点(3/01)では公開の延期は発表されていない。そりゃあ、プリキュアは大人だって見に行くしな!
 みんな!ミラクルライトでコロナウィルスを粉砕だ!




  


Posted by 縛りやトーマス at 23:55Comments(0)日記映画アニメ日本のとんでも事件