2020年03月23日

バンダイの勇気に希望を見た男、スパイダーマン!

♪夜の~しじまのハイウェイ~(スパイダーマン!)

 とむせ返るような主題歌でおなじみの東映版スパイダーマン。1978年の作品がなぜか2020年の現代で話題に!!



 S.H.Figuartsのアクションフィギュアシリーズにスパイダーマンが登場。20箇所が稼働でき、フィギュア自体に装着されているスパイダーブレスレットが開閉可能。そう、巨大ロボマーベラーを呼ぶポーズも可能。そのマーベラーも超合金魂から『超合金魂 GX-33R レオパルドン&マーベラー召喚セット』として発売。2006年に「これが最後の発売になるかも!?」と謳ってリリースした『超合金魂 GX-33 レオパルドン』に追加アイテムをプラスした再販モノ。追加されたのは原寸大で腕にはめることができるスパイダーブレスレット!このブレスレット、最近の変身グッズに従って劇中の音声が出る。戦艦形態からロボットへと変形する際のBGMやTVサイズ主題歌の再生もできる!あの懐かしいCMを思い出すぜ・・・



 食玩シリーズからも『スーパーミニプラ スパイダーマン レオパルドン』が登場。4950円という値段は全然食玩じゃないと思うが!エフェクトパーツでソードビッカーを投げたり、アームロケットも再現可能。ならばこの値段は許せる!

 バンダイのファッションサイト、バンコレからはシャツ、パーカー、キャップ、缶バッヂなどのアイテムも大量に投入。

 一体誰が2020年になってから、東映版スパイダーマンの人気が再燃すると思っただろう。まもなく制作が開始されるアニメ『スパイダーマン:スパイダーバース』の続編にも東映版が登場するというではないか。あぁ・・・この人気がもう少し早ければ、映画『レディ・プレーヤー1』のラストにもレオパルドンが出たに違いないのに・・・!

 かつて東映版がイロモノとして扱われていた時代があったことすら信じられない。この大量のアイテム、『スパイダーマン・ブギ』なみのヒットになること間違いない。たわけたモノを買っている場合ではありませんぞ!モンスター教授!!

  


Posted by 縛りやトーマス at 23:03Comments(0)特撮・ヒーローおもちゃ