2020年06月21日

東映とDCのコラボ回!?(ウソ)

  東映特撮YouTube Officialにて配信中の『有言実行三姉妹シュシュトリアン』、今週は11,12話が配信。そのうちの12話『働く小学生のユーウツ』はメインの浦沢義雄ではなく、作品中6話を担当した武上純希さん担当回。


 お酉様の指令で怪人キャリアウーマンの正体を暴くことになったシュシュトリアンだったが、三女・花子(広瀬仁美)が漢字の書き取りテストで赤点を取ってしまったことから追試に向けて猛勉強をすることに。それを察した長女・雪子(田中規子)と次女・月子(石橋圭)は二人だけでキャリアウーマンの正体を探ろうとする。

 この怪人キャリアウーマンっていうのが・・・



 どう見てもキャットウーマンでした。キャットウーマンならぬキャリアウーマンて。東映とDCのコラボか!?なんてことはなく、勝手に拝借したんだと思います。『バットマンリターンズ』はシュシュトリアンの一年前に公開されてるのでスタッフないし武上さんが影響されちゃったんでしょうねえ。まんまなコスチュームもさることながら、普段はアナウンサーをしている女性が仕事と家庭に追われ、毎日を忙しく過ごしているのに世間では大して忙しくもない連中が忙しい忙しいとぼやいているのを見て、洗濯機の電気ショックで覚醒、突然エナメルの布地を切り出してスーツを手作りし、キャリアウーマンに変身するという、本家キャットウーマン誕生を丁寧に再現しているのが笑える。

「忙しいって言葉を使っていいのは私だけなのよ!」

 と暴れるキャリアウーマンの前にテスト勉強を放り出してきた花子が参戦。見事キャリアウーマンの野望は打ち砕かれるのだった。

「わたしも忙しい小学生です。ストレスだってたまります」

 という花子のセリフに浦沢テイストが忍ばされてるところがポイント高。

 シュシュトリアンといえばあのウルトラマンが登場したことで知られてますが、その前にキャットウーマンという会社の垣根を超えたコラボ回があったんだなあ・・・絶対DCは知らないと思うけど。

  


Posted by 縛りやトーマス at 01:33Comments(0)特撮・ヒーロー