2020年08月05日

イソジン吉村の罪

 「夢みたいな話やな!」「夢やがな~」

 とは大木こだま・ひびきのネタだが、大阪府知事のスラップ吉村が「うそみたいな本当の話」と言い出したコロナ対策がイソジンでうがいをしろというもの。

吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

https://mainichi.jp/articles/20200804/k00/00m/040/324000c

 この呼びかけに応じて全国の薬局、ドラッグストアから一斉にイソジンまたはうがい薬が売り切れになり、メルカリにはプレミア価格に上がったうがい薬が多数出品。
 だが専門家からは「うがい薬を使いすぎるのは喉の粘膜を痛めるだけで、正常な細菌も死滅してしまうことがあるので、水によるうがいの方がデメリットが少ないとも言われている。

「コロナには効かない」「買占めを煽っている」

 との批判を受けた吉村知事は翌日の会見で「予防効果があるということは一切ないし、そういうことも言ってない」とたった一日で発言を否定するのだった。えー?あんたはっきりと「このうがい薬を使って、うがいをすることでコロナの陽性者が減っていく」と言ってたじゃないか。
 3歩歩いたら忘れる鳥じゃないんだから、堂々とデマを表明したことへの謝罪は一切なし。息を吸うようにウソをつく吉村知事、これこそ「うそのような本当の話」です。

 彼がなぜこのような発言をしたことについては「うがい薬関連の会社の株を買って売り抜けるつもりだったのでは」との陰謀論めいた話も出回っている。が、あながち妄想とも言い切れないのはコロナ禍の最中に「予言していた」と話題になった映画『コンテイジョン』は致死性の高いウィルスが世界中に広まり混乱に陥るという話だが、その中に陰謀論のブロガーが「ウィルスにはレンギョウが効く」という情報を発信。これは製薬会社と組んで株価を操作するのがブロガーの目的だったが情報を信じた民衆が薬局を訪れ、レンギョウを使った薬品が品切れを起こしていた。映画を見ていた維新関係者が同じ手口を使おうとしているのかもしれない。そうでなかったにしても世間を混乱させた責任からは逃れられまい。


 僕の脳裏にはイソジン吉村会見の裏でほくそ笑む白竜の姿がはっきりと見えている。