2020年08月10日

Disney+の独占ビジネス

 コロナの影響でハリウッドはいまだに大作が劇場にかからず延期状態が続いている。そんな中、ディズニーの実写映画『ムーラン』がなんと劇場での公開を取りやめ、配信サイトのDisney+にて配信公開すると発表。アメリカ本国では29.99ドルのPVOD方式で一度購入すればアカウントを持っているうちはほぼ無期限で何度でも視聴できる。

『ムーラン』配信リリースに世界の映画館が猛反発「劇場への侮辱行為」 ─ 仏映画館主、広報展示物を破壊
https://theriver.jp/mulan-dplus-backlash/

 これを受けてフランスのある映画館のオーナーは劇場内にかざってあった『ムーラン』のスタンドを怒りのあまりぶち壊す映像をアップロードしたのであった。

https://twitter.com/i/status/1291724750859808769

 そりゃあそうだろう。各地の映画館はコロナの影響をモロに受けて収益がガタ落ちしており、集客できる超大作の公開を待ち望んでいたのだ。世界中で売れる(はず)Disneyの『ムーラン』はまさにその一本だったというのに・・・
 この動画のポイントは『ムーラン』のスタンドをぶち壊すと後ろからクリストファー・ノーランの新作『テネット』のポスターが出てくるというあたり。強烈に洒落が効いているぜ(『テネット』は8月末から世界中で公開が決まっている)裏切り者ディズニーの『ムーラン』の背後からワーナー・ブラザースの救世主『テネット』登場!

 ホンマディズニーは鬼やな。自分たちが儲かればそれでいいのか?ディズニーはスター・ウォーズや多くのマーベル映画の権利を持っていてDisney+でほぼ独占的に配信している。アメリカで覇権争いをしているネットフリックスに勝つのも時間の問題と言われており、ますます増長することだろう。下手すりゃああなた、今後のマーベル映画も全部Disney+配信になるかも知れませんよ?それでいいんですか?



  


Posted by 縛りやトーマス at 00:31Comments(0)映画