2010年11月21日

おしげなく民事再生

以下MSNより


“ラブプラス+効果”の思惑外れ 「ホテル大野屋」破綻の背景
2010.11.20 21:00


恋愛シミュレーションゲームの舞台として話題となった静岡県熱海市の大型温泉旅館「ホテル大野屋」(大野屋本店)が19日、静岡地裁沼津支部に民事再生法の適用を申請した。帝国データバンクによると、負債は約21億5000万円。通常通り営業は続ける。(夕刊フジ)

 話題のゲームはコナミが6月に発売した「ラブプラス+(プラス)」で、男子高校生が女の子と交際し、親密になると熱海に1泊旅行するというストーリー。ゲームに実名で登場した大野屋では、予約時に「ラブプラス+」と告げれば男性1人でも布団を2組用意するサービスがファンにウケて、「携帯ゲーム機片手に訪れる男性客でにぎわっていた」(関係者)という。

 ただ、近年は客数の減少が著しく、「債務超過のもとで厳しい経営を強いられてきた」(別の関係者)。1934年に温泉旅館として創業した大野屋は、一時は「ローマ風呂の大野屋」として全国的に知られ、バブル期には団体客を中心に高い客室稼働率を誇った。客室数は174室と、熱海では最大手クラス。ところが、近年、熱海への宿泊客は60年代後半の年550万人からほぼ半減しており、大野屋も「多少の集客増では経営を支えられなかった」(同)という。

 コナミは10年9月中間連結決算で、営業利益が前年同期比74・6%増の80億5000万円と、“ラブプラス+効果”で業績を押し上げた。熱海は市をあげてラブプラス+効果による人気復活を狙っていて、温泉街きっての老舗旅館も一発逆転を狙ったものの、及ばなかったようだ。



http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101120/biz1011202102011-n1.htm


そら、ラブプラスとのコラボも考えるわな。おしげなくね!
思惑外れとか及ばないとかあるけど、ゲームは十分貢献したと思うけどなあ。

>1934年に温泉旅館として創業した大野屋は、一時は「ローマ風呂の大野屋」として全国的に知られ、バブル期には団体客を中心に高い客室稼働率を誇った。

バブル時代にマスコミが押し付けた「人にとって一番大事なのは恋愛」などという妄想がスイーツ(笑)に背負わせたツケを我々紳士が払わされる羽目になるとはな!!
ほら、そんなものが偽物だということがよくわかりましたね。大事なのは心!!



同じカテゴリー(ラブプラス)の記事画像
失われたカノジョを取り戻せ
3次元こそ天国
NEW生誕祭
不完全彼女
コナミが今日も笛を吹く
この障害を乗り越えて・・・
同じカテゴリー(ラブプラス)の記事
 EVERYDAY延期 (2018-09-09 03:17)
 失われたカノジョを取り戻せ (2014-03-02 20:34)
 3次元こそ天国 (2013-05-08 00:00)
 NEW生誕祭 (2012-04-20 23:45)
 不完全彼女 (2012-04-17 00:57)
 コナミが今日も笛を吹く (2012-03-16 00:32)

Posted by 縛りやトーマス at 00:03│Comments(0)ラブプラス
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。