2011年04月24日

岡田真由香をもう一度!『LoveAgain』

遅ればせながら、岡田真由香の二作目『LoveAgain』を購入。そのレポートです。


前作の続きからスタート。解決屋として新たなスタートを切った真由香が最初にしたことは、ジムにいって体を鍛えることから。
以前のイメージDVDを見ているようで微笑ましい。

ジムで怪我をした真由香は病院へ。そこで三人の男が怪しいことを突き止める。そこで潜入捜査をすることになるのだが、その前に怪我を直さないといけないので、することもない真由香は暇つぶしに自宅でピンクローターオナニー

ナースとして潜入捜査することになった真由香は容疑者三名の精子を採取して被害者の体から検出されたDNAと照合、犯人を特定する手段を取る。
そのために病院の容疑者たちをあの手この手で色仕掛けすることに。

まずは手コキ→パイズリ→フェラから。
ここが必見なんだけど、手コキ、パイズリシーンは前作のような張り型ではなくて、限りなく生チンに見える。

ついに生チンに触れるとは真由香やるな!(でもゴムをつけてるのが残念)
ただフェラシーンになると張り型になるんですが・・・そこだよ、そこを生でやってくれよ!とストレスの溜まるところ。


続いて拘束プレイ→羽→ローション→クンニ→フェラ。

ここも、手コキのところは生チンに見える。でもフェラになるとまた張り型。


最後は速水とのベッドシーン。この作品唯一のカラミ。速水のネチネチオヤジ臭漂うプレイは健在で、私のようなオールドAVオタクは胸が熱くなってくる(笑)。
でもカラミ自体は淡白で前作ラストのカラミの方が濃厚だったかな。こっちもそれなりにいいんだけど。もちろん挿入は擬似ですよ。

前作同様、真由香の腰振りは本気度MAX!正常位で突かれて巨乳をぶるんぶるん揺らす場面など見所はあるんだけど、消化不良の感。事件もどんでん返しのひとつもないまま解決、というゆるいオチ。

こうやって岡田真由香のMUTEKI、二作見てきましたが、思ってたよりは良かった。けれど岡田真由香にはもっと凄いことが出来るんじゃないかと。無限の可能性を感じた(苦笑)。
だからもっとエロイメーカーで頑張って欲しいな。モブスターズで中出し乱交パーティーシリーズにいきなり出るとか。そういう汚れ路線を期待したい。当ブログは岡田真由香さんを応援しています。



同じカテゴリー(岡田真由香)の記事画像
ベストな真由香
岡田真由香、本当に最後の見納め
本当のラスト(笑)
真由香COMEBACK拒否
真由香カムバック
真由香の一体いつがラストやねん
同じカテゴリー(岡田真由香)の記事
 ベストな真由香 (2016-09-30 20:57)
 岡田真由香、本当に最後の見納め (2016-04-26 19:27)
 本当のラスト(笑) (2016-04-01 19:28)
 真由香COMEBACK拒否 (2016-03-27 02:06)
 真由香カムバック (2016-03-01 10:54)
 真由香の一体いつがラストやねん (2015-08-19 20:12)

Posted by 縛りやトーマス at 10:42│Comments(0)岡田真由香
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。