2012年08月19日

豪雨のZ伝説2012・8・18

8月18日。この日SUMMER SONIC 2012 OSAKAに参加した。
なぜならももクロが参加するからだ!

豪雨のZ伝説2012・8・18

サマソニには恵比寿マスカッツが出たり少女時代や小泉今日子(笑)が出たのはあったけど、ゲスト扱いでなく現役で人気絶頂のアイドルグループがサマソニに出るのは初めてだろう。
立場的には完全にアウェーである。この前に坂崎幸之助のフォーク村に出演したももクロが鼻っ柱へし折られつつも坂崎さんはじめフォーク村の温かい空気に助けられたという事もあったのでより巨大な壁に立ち向かうももクロを見ないでどうするのか!?ももクロの魅力のひとつとしてジャンルを飛び越えていくところがあるので、フェスに飛び込むももクロという図式はまさに異種格闘技戦!ええ?ここに行かないでどこに行くというのか!!

ということでBlurとRadioheadがヘッドライナーだった2003以来のサマソニに行ってきた。いいかげん年なので真夏のフェスはキツイ。本当にキツイ。がこんな機会は二度とないと思われるし、よしんば二度目があったとしてもそれは「大成功したももクロが勝者の余裕で乗り込む」ステージであって常に挑戦者であるももクロが驕り高ぶる場面など見たくもないわ!!
なのでなんとしてもこの一度目の現場に乗り込むことが大事。故に一日券購入して乗り込む。

舞州会場自体が初めてだったが、コスモスクエア駅からはシャトルバスが出ているのわずか15分で会場入りだ。降りてすぐに一日券をリストバンドに変えて会場へ。自分でリストバンドをつけるとさわやかそうなお姉さんが
「リストバンドのつけ方はわかりますか?」
とやさしく教示してくれるようで激しく後悔!先に言えよ!「リストバンドはお姉さんがつけてくれます」と・・・!
ダフ屋の波をかき分け(後で聞いたところによると夕方には7000円で買えたそうだ)現地へ。ついたのは9時半ぐらいですでに列ができており、急いで最後尾に行ったがこれはグッズ購入のための列らしく、スルーして会場へ(後でこの判断を後悔)
会場に入るとすぐにももクロが出演するフラワーステージが眼に入る。そこで初めて気づいたのだがこのステージは有料のエリアとエリアを移動する途中の広場を柵で囲ってステージにしているので、柵が異様に低い!腰の辺りまでしかない!当然周囲からはモロにステージが見える。そう、ここは有料エリアではないのでチケットが無くてもタダで見られるのではないか?

豪雨のZ伝説2012・8・18

早速モノノフ仲間の向山に「タダで見られるぞ!」と連絡。時間があったら来るとのこと。おそらく他のモノノフも同様のことをしているはずなのでこりゃライブはカオスになるな・・・

さてももクロはフラワーステージのトリなので後は時間まで他のステージを楽しむだけ!メインステージのオーシャンステージでオープニングを見た後は一番遠いマウンテンステージのTRIBESを見る。マウンテンステージが結構遠いのでこれだけで疲れる(年だからね)まだ新人なのでそんなに客はいなかったがこれから人気出そうな予感があるので青田買いをオススメ。
途中の売店ではペットボトルのドリンク500mlで200円という良心設定(西武ドームの250円はひどかったな)。炎天下のフェスは水がないと危険なので迷わず飲む。飲みまくる。
オーシャンに戻ってくるとVINTAGETROUBLE(黒人のソウルシンガーがボーカルのバンド)が客入りが本格化してきたこともあって盛り上がってた。見逃したのをちょっと後悔してそろそろ空いてると思われるグッズ売り場へ。

今回ももクログッズはパスするつもりだったが、演者のロゴが入っているサマソニTシャツが目当て。だってGREENDAY、RIHANNA、NEWORDER、Franz Ferdinandらの中にももいろクローバーZって載るのよ。こんなの二度あるかどうかわからない!価値ありすぎだろ!ということで行ってみたものの朝の早い段階で売り切れてたみたい・・・(単に名前が載ってるだけのシャツはまだあったけどロゴデザインそのまま載ってるタイプのはもうなかった)めちゃくちゃ欲しかったのに・・・

豪雨のZ伝説2012・8・18
こんな感じのやつ


気をとりなおしGYM CLASS HEROESの後半を観て(すでにオーシャンステージは8割以上が埋まってた)この後フラワーに用があったのですぐとなりにある唯一の屋内会場ソニックステージに。中で入るところを間違えて一番下のサイレントステージ(DJのプレイをヘッドホンから楽しむ)に行ったけど冷房が効いてたのでここで一旦涼む。プレイがヘッドホンからしか聞こえないのでおそらく音を切って寝てる人を数名見かける。これがフェス名物「屋内ステージで寝るために来る奴」だ!自分も前のサマソニ行ったときオリジナル・ラブの会場で寝たことあったわ。DJが日本向けということでスカパラやカウボーイ・ビバップの『TANK!』を気を遣ってかけられる。そんな気遣いはいらん!それを聴きながら細身のワンピースと巨乳のボディコンが音に合わせて不思議な踊りを激しくやっているのを見る。MPが減りそうだったので退散して外へ。

フラワーステージで目当てのHello sleepwalkers。開始前なのに声が聞こえて来て焦るがまだリハ中だった。本人が出てきて目の前でのリハは中々見ることがないので斬新。
この時点で変わったことがひとつだけあった。それはあんなに晴れ渡っていた空がいつの間にか曇っていた。この時は涼しいから助かった、ぐらいにしか思っていなかった・・・
The Cardigansを見ようと思ったけどマウンテンステージが遠いので・・・やっぱりソニックで休むかと思い、その前にポカリスエットの900mlを買って行こうとオーシャン付近の売店を回るが売り切れだったのでそうだ、オアシス(フードコートの集まった休憩所)の売店にはあったはずだとオーシャンステージのPerfumeを横目にマウンテンステージの売店へ向かう。今思えばこれが最大の選択ミスだった・・・この時遠くで雷が激しく落ち、なんとPerfumeのステージが中断してしまった!

豪雨のZ伝説2012・8・18
その時の空模様

ここで引き返せばまだ間に合ったのに、気にせずオアシスへいったのが運の尽き。雨が降り出し。やがて豪雨に・・・
当然雨避けになるテントには人が溢れ、無理やり入ったけど横殴りの雨に全身ずぶ濡れ・・・いやずぶ濡れなんてもんじゃない。服着たまま海に飛び込んだ状態。何もかもぐちゃぐちゃ。
まるで伝説のフジロック一年目みたいじゃねえか・・・
この後1時間半ほどして雨脚が弱まったのでフラワーステージに移動。わずかにモノノフが入り口テントに残っており、もうあちこち移動する体力がなかったのでここに居座ることにした。何しろ夏なのに「冷たい」「寒い」連呼したがな。
約2時間後にステージ再開。この後のスケジュールはすべて押しになり、フラワーステージは小南泰葉→Back number→阿部真央→ももクロ→UNISON SQUARE GARDENと出番も入れ替わった。おそらく東京に移動する新幹線の時間の関係と思われる。

豪雨のZ伝説2012・8・18
豪雨のZ伝説2012・8・18

此頃にはモノノフで客が増えだしていたので小南〜阿部までのステージはありえないほど盛り上がる結果に。またこういう時にアイドルファンてわからなくてもとりあえず盛り上がっとけというタイプの連中が多いので、たとえ目の前に居る人間が全然知らない演者でも、(もう二度と聴くことはない演者でも)激しくジャンプしてコールを送りまくっていた。演者はやりやすかったんじゃないかな。

さて当のももクロだが、開始時間のフラワーステージはほぼ超満員。立錐の余地なし!!しかも入れなかった客が周囲を囲んでこの日最大の集客に。

豪雨のZ伝説2012・8・18
隣のソニックステージから見た光景。奥にあるのがフラワーステージ

後で知ったがオーシャンステージでやってたジャミロクワイがドタキャンしたのでその客が流れてきたのと、ソニックステージから他に移動する客の移動線上にフラワーステージがあったことなどが重なってこの混雑に・・・
こういう時に必ず計ったようにツキを呼ぶのがももクロだな。

アウェーで最高の環境を得たももクロはどんなステージをこなしたのか?
当日のセトリは

BIONIC CHERRY→D'の純情→CONTRADICTION→ニッポン笑顔百景→労働讃歌→行くぜっ!怪盗少女

とサマソニの一見客相手に正統派かつ縦横の動きの激しいナンバーで魅せてみました、といったところ。変化球(ワニシャンやココナツ)をあえて封じてみた構成。
この真正面からぶちかましてみたセトリは成功でしょう。内も外も客はいっぱいで夏フェスならではの異常な一体感&グルーヴで凄まじいステージだったからな・・・雨のこともあったし、俺たちは伝説をつくったぜ。まさにZ伝説!
ボールを撃ち出す装置があったんだけど、凄い勢いで果てにまで飛んでいってたよ(帰りのバスで明らかにモノノフでない一見さんがボール持ってました。ボールの扱いに困ってたみたいですけどいらんならくれ)。

終了後、向山と伝説を実感し合って別れる。マウンテンまでいってNEW ORDER観ようかなと思ったけど、豪雨で体力ゼロな上に途中の道がぬかるんでいてこれ以上歩く気にもなれずリアーナをちょっとだけ見て戻るとももクロの10分の1ぐらいしかいない客入りの中UNISON SQUARE GARDENがトリをやっていた。

昼間にグッズ売り場でUNISONファンの女の子二人が
「UNISON客入るかな」「でも、ももクロの前だからももクロファンの人が来るかも」「UNISONの曲で盛り上がってくれたりするかな」「そのままファンになってくれたらいいのに!」
なんて会話を交わしていた女の子たちが幸せになりますように・・・
当初のタイムテーブル通りだったらももクロ目当ての客が盛り上げてくれたろうに・・・これは切なすぎる
自分は一応『オリオンをなぞる』聴いたら帰ろうと思って横で見てたよ。そしたら一番最後までやらなくてリアーナ終わりの客が大挙してやってきたので急いで帰るハメに。
トリになったおかげでアンコールもできたからユニゾンファンの人はよかったかもね!(と強引にまとめる)

まだ乾いてもない服を着たまま帰宅。もう家ついたらぐったりでしたわ・・・
これ今日も行く予定だったらどうなってたことやら。
本当に酷い一日だったけど、終わった後は最高だと言えるね。こうして伝説は作られていくんだなあ・・・


なんにせよ、何事もなく無事に終わって本当によかった。
何も起きなかったから伝説呼ばわりだけど、何かあったら大騒動だよ。
東京会場も無事何事もなく終わりますように!



同じカテゴリー(ももいろクローバー)の記事画像
有安杏果ファンはもう少し冷静になろう
おかえり杏果
ゆく桃くる桃 第2回ももいろ歌合戦 総合司会変更
祝え、新たな桃色王の誕生を
ゆく桃くる桃 第2回ももいろ歌合戦 出演者発表
ベストジーニストかなこ
同じカテゴリー(ももいろクローバー)の記事
 有安杏果ファンはもう少し冷静になろう (2019-02-15 23:02)
 おかえり杏果 (2019-01-15 18:59)
 ゆく桃くる桃 第2回ももいろ歌合戦 総合司会変更 (2018-12-31 00:45)
 祝え、新たな桃色王の誕生を (2018-12-24 23:53)
 ゆく桃くる桃 第2回ももいろ歌合戦 出演者発表 (2018-10-22 19:33)
 ベストジーニストかなこ (2018-10-19 20:25)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。