2012年11月18日

命の価値は

以下AKBエンタメクラスタより。


AKB48大島優子が試写会に訪れた映画の内容を批判

〈速報〉優子試写後に号泣…「悪の教典」異例批判
 AKB48の大島優子(24)が18日、映画「悪の教典」の特別上映会に出席したが、出席が予定されていた上映後の会見には姿を現さず、映画の内容を批判した。

 観賞後、大島は肩を震わせ、号泣しながら退席し、控室に戻った。その後、映画を見た38人のAKB48メンバーと主演の伊藤英明(37)らによる会見に同席する予定だったが、急きょ欠席した。

 スタッフによると、伊藤演じる教師に生徒が次々と殺されていく同映画の内容にショックを受けたためだという。

 大島は「私はこの映画が嫌いです。人の命を大切にしないことは、認めません。命が奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。『映画だから』と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、私はダメでした」と異例の批判コメントを発表した。


http://encra48.doorblog.jp/archives/20298142.html

現在公開中の映画『悪の教典』の試写会にやってきたAKB48大島優子が映画のショッキングな内容にびびって上映後の会見に現れず、批判的なメッセージをよこしたという内容。温厚な人気者の先生が実が精神異常者だった!っていう内容で最近ヌルイ映画ばかり撮っている三池崇史のバイオレンス魂が久々に炸裂したとの噂(まだ見てない)。
そんな映画に
「命を大切にしない奴なんて、大嫌いだ!」
なんてテルーみたいなこと言われてもねえ。褒め言葉にしか聞こえませんよ。製作及び配給会社もしてやったり!でしょうな。良い宣伝だよ
『バトル・ロワイアル』公開した時にどっかの議員が内容にクレームつけて騒いでたけど、深作監督は
「タダで宣伝してくれてありがとう」
って言ってましたよ。

ただ発言が大島優子なのでまたAKB得意の炎上ステマかよっ!と白々しい感じもする。泣いて退席したってあるけど、誰が見たの?マスコミが書いてるだけでしょ。泣いて退席して批判コメント出すまで込みの仕掛けなんじゃねえの、と思えてくる。
その前にお前、人が死ぬ映画『伝染歌』に主演してたじゃねえか!あの映画で死ぬのはマエアツと小嶋陽菜の二人だけだけど!48人いるんだから半分ぐらい死ねばいいのに・・・

何よりおかしいのが、このニュースの元ネタになったニッカンスポーツの記事が現時点でNot foundになっているのだ!
一体何があった!?
記事を消すまでが仕込み?謎が謎を呼ぶ!急いで映画館に行かなくちゃ!

命の価値は



同じカテゴリー(映画)の記事画像
地獄だぞ!『地獄少女』
何も始まらないうちに終了『フッド・ザ・ビギニング』
伝説の戦車映画再び『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』
ワケわからんが、スーパーワンな『ロボット2.0』
土壇場からの大逆転、これが上田慎一郎監督の作家性だ!『スペシャルアクターズ』
ロケットやスペースシャトルが出る邦画にロクなものはない『最高の人生の見つけ方』
同じカテゴリー(映画)の記事
 地獄だぞ!『地獄少女』 (2019-11-17 16:41)
 何も始まらないうちに終了『フッド・ザ・ビギニング』 (2019-11-15 20:48)
 伝説の戦車映画再び『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』 (2019-11-04 22:06)
 ワケわからんが、スーパーワンな『ロボット2.0』 (2019-11-01 01:49)
 土壇場からの大逆転、これが上田慎一郎監督の作家性だ!『スペシャルアクターズ』 (2019-10-29 00:28)
 ロケットやスペースシャトルが出る邦画にロクなものはない『最高の人生の見つけ方』 (2019-10-25 22:07)

Posted by 縛りやトーマス at 23:57│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。