2013年01月06日

僕らのrippi

1月からの新作アニメ『ラブライブ!』に期待が高まる。

僕らのrippi
電撃G's magazine、ランティス、サンライズの合同プロジェクトで9人のキャラをアイドルとして売り出す企画で、G's magazine誌上の連載でキャラの特徴や普段の様子が見られ、人気投票でユニット名やシングルのセンターポジションが決定し、その上でサンライズ制作のプロモーションビデオ付きCDが販売されるという展開。

要するにアイマスの二番煎じなんだけど、アイマスと違ってユーザーの声がある程度反映されているところがポイントか。本物のプロデューサーになれるんですね!
さらにサンライズ制作のアニメ(かなりのハイレベル)の動きを声優がライブでほぼ完全再現するため、人間が限界に挑む様を見ることができるドキュメントドラマだと言えなくもない。



去年出た1stライブの視聴映像。声優の本気を御覧ください

9人のキャラの声優には三森すずこ、徳井青空、南條愛乃、内田彩と声優ヲタにはそこそこ知られた名前もあるけど、新人もいる。そんな中で注目なのが飯田里穂
りっぴーといえば、元天才てれびくんのてれび戦士やないですか!当時は多くのロリコン紳士の熱い声援を受け、人気絶頂の頃に出した写真集『プール』『クロール』は辰巳出版の伝説と化した。が、水もの3部作(公式がそう言っているのではなく、俺が勝手に命名した)の完結編として出した2007年の『バタフライ』では子役時代とはっきり区別できる成長の跡が伺え(ズバリいうと巨乳になったってことですね)紳士たちの間に激しい動揺が起き、
「これはアリかナシか」
という議論があったわけだが・・・
そんなりっぴーが知らない間に声優として『ラブライブ!』に関わってるなんて・・・大きくなったもんだなあ。多くの子役が大人になりきれず失速して消えていくというのに。放映新社というこじんまりした事務所にいたのがよかったのかしら。チャイドルを酷使して血の一滴を最後まで絞りとってやろうということばかり考えてる事務所にいなくてよかったね!

『ラブライブ!』はりっぴーとみもりん推しで決定だな。

僕らのrippi
あまりの成長に度肝抜かれたDVDジャケット



同じカテゴリー(アニメ)の記事画像
上原正三さん亡くなる
子供部屋おじさんを僕たちは笑えるのか
年末には結婚だよ!
人気作の間に挟まれたやつシリーズ
本当に儲かってるの?日本アニメの海外展開
違和感のない実写映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』
同じカテゴリー(アニメ)の記事
 上原正三さん亡くなる (2020-01-09 11:05)
 子供部屋おじさんを僕たちは笑えるのか (2020-01-02 21:07)
 年末には結婚だよ! (2019-12-31 21:04)
 なんと劇場アニメの公開数が3桁! (2019-12-22 16:17)
 人気作の間に挟まれたやつシリーズ (2019-12-19 13:27)
 本当に儲かってるの?日本アニメの海外展開 (2019-12-19 00:11)

Posted by 縛りやトーマス at 23:01│Comments(0)アニメ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。